月ゴン

2009年02月15日

ややこしや

私がパーカーを着ていたときのこと。

座っていたら、後ろから月ゴンがフードをかぶせてきた。
脱いでも脱いでも、おもしろがってフードをかぶせる月ゴン。


しつこかったので脅かそうと思い、フードを深くかぶって

「ややこしや〜、ややこしや〜」
と低い声で言ってみた。


「おかーたんに戻って〜
 ごめんなさい〜」と、大泣き


予想以上の反応に私もびっくりだったよ


ちなみに「ややこしや」は、なだぎ武  じゃなく
NHK「にほんごであそぼ」に出てくるキャラクター??

フードをかぶって般若の面をつけた人。
こんなに怖いのに、なぜ幼児番組に出てくるのか不思議

映像はこちら

kokakokamama at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月15日

冬の朝は…

今週は毎日寒い


ツインを6時半に起こすのだが…。

「もう起きてる〜」と言ったまま布団から出てこない。


特に月ゴンは、怒りながら泣いて、言い訳する。
「もう起きてる〜」
「まだ寝るもん
「保育園休む〜」etc.


布団をはがせば、すぐに自分で掛けちゃう。

無理矢理、抱っこして起こしても、すぐに布団に戻ってしまう。



ようやく(渋々)起きてきても、着替えをさせると…。

「寒い!!冷たい!!お着替えしなくていいよっ
泣いて困らせ、毎朝グズグズ。


もっとすんなり起きてくれたら、貴重な朝の時間に余裕があるのになぁ。
暖かくなってくれば、このグズグズは無くなるかな???
なくなって欲しいっ

kokakokamama at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月07日

家族構成

我が家の家族構成は、プロフィールにもあるとおり
私達夫婦とツインの4人家族。

私からすると、旦那と二人の息子がいる。


が、この家族構成が気に入らない()方が…。


月「ねえお母さん、お母さんの妹は?」

私「お母さんの妹は、○○ちゃんだよ」

月「違うよっ○○ちゃんはお母さんの妹じゃない!
  月ゴンが妹!!」

私「月ゴンは、お母さんの息子だよ。」

月「違うっ月ゴンはお母さんの妹だってば〜

私「あぁ、そうだね…。月ゴンはお母さんの妹かもね
  (↑反論するのも疲れるため、早々に妥協)


という、どうでもいい会話を朝からしていた。



それにしても月ゴンは「妹」に、なぜこだわる???
「妹」って、何か特別な存在だと、どこかでインプットされたのかもね

kokakokamama at 22:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年12月07日

でたーー!!!

12月は、旦那がとっても忙しく、休みがほとんどない。
今週末もずっと仕事だったので、ツインを連れて実家へお泊り。


実家では「舌きりすずめ」のDVDがあり、ツインはそれを見ていた。

欲張りなおばあさんが、すずめのお宿から、なかば無理矢理に
ツヅラをもらっていく。
家に帰る途中、だんだんツヅラが重くなってきて、ツヅラの中から
「欲張りばあさんは、おまえかーーっ!!」と、お化けが
おばあさんを追いかける…。
というシーンがあって、ツインはその場面を怖がりながらも
けっこう楽しんで見ていた。


その夜…
12時すぎにトイレに起きた月ゴン。
トイレが終わって部屋に戻る途中、ふすまがスーッと開いた。
そして暗い中「月ゴン、起きたのかね」
と声がしたものだから、月ゴン、びっくり
悲鳴?泣き声?どちらとも言えないような大声で叫ぶ月ゴン。

更に追い討ちをかけるように
「月ゴン、泣かなくていいよ。」と声がする。
もう月ゴン、大パニック


「おばあちゃんだよ。」


んっ??おばあちゃん??

偶然、同じ時間にトイレに起きた、おばあちゃん(曾祖母88歳)だった。
でも月ゴン、もう、おばあちゃんかどうかなんて、わからない

そりゃ、暗闇の中、黒い人影が出てくるだけでも、驚くよね〜。
その影が、「月ゴン」なんて名前を呼ぶんだから、怖がるのも無理はない。


私は最初から祖母だとわかっていたので、月ゴンの慌てぶりが
おかしくておかしくて

「怖かったよ〜。」と泣きながら、いつしか眠りについた月ゴンだった。

kokakokamama at 23:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年11月23日

いろんな理由

ツインを連れて、私の実家へ行ってきた。

翌日は、朝9時から七五三のご祈祷のため、日帰り。


でも、月ゴンは泊まりたくて仕方がない
そんな月ゴンを尻目に、自動車に乗せて自宅に向けて出発


自動車の中では、月ゴン泣いて泣いて大騒ぎ

泣きながら
「月ゴン、お腹いたくなちゃった〜。」
「頭がいたいよ〜。」
「気持ち悪い〜。」


に、はじまり

「もう、疲れて歩けない〜。」
「足が痛くて、歩けない〜。」
(チャイルドシートに座ってますが…)


「もう、眠たくなっちゃった〜。」
「疲れたから、もう寝たい〜。」
(どうぞ、どうぞ、寝てください)


最初は、私も相手をしていたのだが
次から次へと、自動車を降りたい理由が出てきて(泣きながらなので大音量)
途中から、適当に返事をしていた。

それにしても、よくぞこれだけ言えるようになった
と、変なところで感心したりして…。

20分近く、大騒ぎしたところで

海ゴンが「もう月ゴン、うるさいよっ静かにしてよっ


海ゴンの剣幕に、一瞬シーンとなったが、またまた月ゴン
「うぁーん海ゴンに怒られた〜。もっと優しくしてよ〜。」
ひとしきり泣いた後、海ゴンの一言が効いたのか、諦めがついたのか
はたまた疲れただけなのか…静かになった月ゴンであった。

kokakokamama at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月20日

ぬれぎぬ

今朝5時に突然泣き出した月ゴン。
「りんごがー!りんご〜。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン」と言ってる。

「りんご食べちゃった〜。うわ〜ん」


「おたーたん、か・え・し・て・っ!!!!(`□´)」


えーーっ?私???


最近、家でりんごは食べてないのに、なにその夢!?


抱っこしても「おたーたんがっ!!おたーたんがっ!」
と、暴れて蹴っ飛ばしたり叩いたり…。痛い…。

布団に寝かせても、ゴロゴロ転がって隣に寝ている海ゴンや旦那に
パンチとキックをあびせる。

30分近く「りんご食べちゃった〜。おたーたん、かえしてよ!!」
と暴れまくって、ようやくまた寝た。





夕食の支度をしているとき、月ゴンが
「おたーたん、りんご食べちゃったね〜。月ゴン泣いたっけね〜。」
とニコニコしながら言っていた。

それ夢だから!!
現実じゃないから!!

人騒がせな夢を見るのやめてくれ〜(-ε-)ブーブー

kokakokamama at 22:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年08月19日

そりゃないよ…

17日(日)の夜に自宅へ戻った私達。
ツインは実家でお風呂に入れ、自動車に1時間ゆられて爆睡!!
そのまま朝まで寝てくれた。


旦那はあいかわらず忙しく、お盆休みなんて無いに等しい。
昨夜(18日)も9時半すぎに帰ってきた。
ちょうど、寝かしつけをしている最中でツインはうとうと。
海ゴンは8割方眠りかかっていたので、旦那を目で追ってはいたけれど無言。
そのまま就寝。
月ゴンは旦那を見るなりガバッと起き上がって
「おとーたん、帰ってきちゃだめ!おたーたんと寝るの。」
とどめに「おとーたん、きらい!」


忙しいなりにも急いで帰ってきたのに、そりゃないよぉ〜。
毎日お風呂に一緒に入ったり、ときには朝食も作ってくれたり
けっこうマメにツインの面倒見てるのにね。
かなり落ち込んでたよ…。


まさかMEIが言わせてるんじゃ???と、冗談半分で勘ぐってたけど
いくら私でも、そんなことはしませんっ!!!

kokakokamama at 22:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年08月11日

髪の毛?

今日は、旦那がタンクトップを着ていた。

夕食のとき、月ゴンの隣に座っていた旦那。
なかなか食事がすすまない月ゴンの手伝いをしようと、旦那が手をのばした。


そしたら月ゴン、「おとうたんの髪の毛、ここにあるの?」と言いながら、
わき毛をひっぱる

坊主頭の旦那。頭には毛がないのに、わきに毛があるのは不思議だったようだ。
しばらく「これ髪の毛?髪の毛?」と質問なのか独り言なのか、わかりにくい事を
言っていた月ゴン。


最後は「もう、おしまいね。ナイナイしてね。」
旦那、伸ばしていた手をようやく下ろすことができた瞬間だった…。



それにしても、毎日旦那(おとうたん)とお風呂に入っているのに
気づかないもの

kokakokamama at 23:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年08月10日

お着替え日和

朝、起きたときにおもらしをしていた海ゴン
(たま〜に、失敗するけれど二人とも、一応オムツ卒業!)

朝からシャワーをあびて、全身着替え。
ついでにシーツを洗って布団干し。
まあ、たまにはこんな日もあるさっ。


午前中はジイジバアバと、池の鯉を見ていたツイン
私は家でのんびり…。

30分ほどして、素っ裸の海ゴンを義母が連れてくる。
「池に落ちちゃったのよ〜」
またまたシャワーをあびて、お着替え。



「ちんぢょ(金魚)さんとこね、バッチャーンしたの。ちょっと泣いたよ。」
と、海ゴン何度も言っていた。


普通は、池に落ちたりしないんだからねっ!!
それから金魚じゃなくて、鯉だよ〜。

午後は、お着替えするようなアクシデントもなく、過ごせたよ




kokakokamama at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月27日

こわい〜 2連発

土曜日の夜、どこの花火か知らないが我が家から花火が見えた。
窓のところに椅子を並べて「おいでー」とツインを呼ぶ。

海ゴンは椅子に座って「きれいだね〜」なんて言いながら花火を見ていた。
でも月ゴンは、なかなか来ない。
私が椅子に座らせようとすると「いやっ、いやっ」と抵抗する。
もしかして、花火の音、怖いの〜

結局、月ゴンが椅子に座って花火を見ることはなかった…。
(ドーンと大きな音がするたびに、ビクッとなっていたのは気のせいか???)


そして今日、ツインを連れて初めての海水浴。
月ゴンが怖がるのは予想していたけれど…みごとに予想通り
波打ち際に、少ーし足を入れただけで「もうおしまい」すでに半無き。
そのうち慣れるだろうと思いきや、2〜3回波打ち際に連れて行ってみたけれど
すぐにレジャーシートまで戻ってしまう。
ついにはシートの上にいるのに「もうおうち帰りたい〜」と号泣。

海ゴンは波を楽しんでいたのに、30分で撤収する破目になってしまった

kokakokamama at 23:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0)