2013年01月05日

およそ1年ぶり

に、ブログかきこ。

あけましておめでとうございます。
このブログ、2004年から始めてるから、もうじき8周年となる。

古けりゃいいってもんじゃないけど、
続いてるってことも結構重要かもね。

元日に体調を崩し、まぁそこそこの体調のまま新年5日目を迎えてます。

今年に入って使ったお金もまだ近所の神社でのお賽銭だけという…

ちなみに今書き込みながらおかゆをたいているところです。

ライスボウル観に行きたかったけど、今年はテレビで観戦。
すごくしまったいい試合だったなぁ。

さ、もう休み明けモードで再起動じゃ!

今年もよろしくお願いします。  
Posted by kokemaru110 at 09:27Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月30日

PCのカスタマイズ

以前から、このPCをブルーレイ対応にしたいなって思ってました。

幸い大きなテレビもそばにあるし、
できれば3Dにも対応できたらいいななんて思っちゃってたりして。

この週末、近所のPCショップでセールがあり、
そこで内蔵型のブルーレイドライブがいい値段で売ってたもんだから
ついつい買ってしまいました。

SATAケーブルを買い忘れてもう一度出かけるという
間抜けなこともありましたが、
無事ドライブ内蔵完了、PCのバージョンアップってところ。


問題は、まだブルーレイ関連のソフトを持っていないってところで、
その実力をまだ実感できていないってとこかな。


このPCでのこけら落としに、以前DVDに落とした映画「炎のランナー」を観ました。
ユダヤやカトリックといった宗教の問題や産業革命、
イギリスのどんよりとした空が、いかにも西岸海洋性気候だなあってところなど、
高校の社会科の教材にはもってこいのコンテンツ。
もちろん映画作品としても素敵です。
  
Posted by kokemaru110 at 20:42Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月28日

蕎麦!

120128_1204~0001



昼飯にと、蕎麦を打ちました。

会津のそば粉が少し残っていたので、それをベースに、
足りない分は石臼でそばの実を挽いたものを加えて
ちょいちょいと打った次第。


120128_1225~0001



ようやく麺の長さがそれらしくなりました。

はじめは粉が何グラムで水が何ccとか、そういうところを気にしていましたが、
やっぱこういうもんは指先の感覚を頼るのが一番で、
量るのをやめた瞬間からうまくいくようになりました。
そう意味では、裏打ちの糊作りなんかによく似ています。
感覚を人に教えるのって、容易じゃないんですよね。
最終的には「習う人のセンス」というしかない。


蕎麦打ちのDVDと、漫画の「そばもん」あたりがいい教材でした(笑)


めんつゆも「返し」から作ってます。
こちらはほんの少し醤油が効いてたかな?

楽しいもんですわ。

  
Posted by kokemaru110 at 14:54Comments(2)TrackBack(0)

竹簡完成!


120114_1114~0001


竹簡、できました。

郭店楚簡という、1990年代に発見された
紀元前300年ごろ(戦国時代)の中国は楚の国の役人の墓?から
出土したものを復元したものです。

その中には論語や老子などが書かれたものが多くあったようでして、
ここでは老子の一節を15枚の竹片に記し、麻ひもで綴りました。




120122_1748~0002




書道の先生に伺った話では、「冊」という文字は、
この竹簡の形状からできた字だそうです。



120122_1754~0001





ね、細かい字でしょ?
篆刻に使う特別に細い筆を使いました。
この時期湿度が低いので、墨の濃さが一定にできなかったところが失敗点。




120122_1749~0001





書体にも注目してください。
読めますか?これ。
漢字は、始皇帝によって文字が統一されて、
漢代に現在のような形になるので、
それ以前の文字は、このようになかなかなじみにくい形なんです。
これを書いている際には、字の書き順などがわからないので
そういう面でも書くのが大変でした。


これは、紙ができる以前の記録媒体として、
世界史の授業で使いました。
書道や情報の授業でも使える教材かと思います。
授業での反応はそこそこ良かったので、
作った甲斐がありました。
  
Posted by kokemaru110 at 14:37Comments(1)TrackBack(0)

2012年01月21日

教材

気が付けばだいぶご無沙汰の更新ですね。

今年もよろしくっていっても、このタイミングじゃちょっと間抜けだ。


今挑戦していることの一つに、
和紙の文化の発祥と発展についての教材作りっていうのがあります。

まずは、紙以前の筆記について、
竹簡をつくってみよう、なんてなことを現在やっております。

教材でそういうキットがあるから、それほど大変じゃないんだけど、
そこに文字を書いていかなきゃいけないってところが悩ましいところ。

まず、字はとても小さく書かないといけない。
もちろん毛筆で。

しかも、秦の始皇帝が文字を統一する前の
つまり戦国時代の楚の文字で、書き順すらわからないから困った。

でもまあ、3分の2ができたから、もうじき教材として使えるようになりそうです。  
Posted by kokemaru110 at 22:41Comments(0)TrackBack(0)

2011年12月16日

もう1年過ぎました

明日は父の1年祭で、
秦野の出雲大社に行ってまいります。

親父が逝って1年。

早かったなぁ。


すごくいい飲み相手だったもんだから、
今自宅で飲んでもちょっぴり物足んないな。


  
Posted by kokemaru110 at 21:45Comments(0)TrackBack(0)

2011年12月13日

年末テスト総括

年末最後の大仕事

それは、テストの採点と成績付け。

今年は4科目だからまだましなんだけど
(ここつっこみどころ。普通の先生はこんなに講座を持つことはないんだから)
去年は5科目、多い年は6つか7つあったっけ。

一部でかなり痛いミスかましちゃったけど、
それもまた知力で跳ね返せる生徒も結構いて、
今回は採点が楽しかった。

白紙の解答欄に「あぶりだし」って一言。
ちょっと笑えた。けど、ほかの教科のテストではしないほうがいいかも。

でもまあ、たいへんだよ。
寝ている場合じゃないし。

現時点では上々の出来!
でも思考力を問う問題はどうも苦手な子が多いみたい。
世間じゃ刑事ドラマなんかが多くて、
年がら年中推理している様子を見ているはずだろうけど、
いざ自分で考えるとなると、難しいのかな?

あとは漢字を読み書きする力と読解力と時事問題!
これって一夜漬けじゃあできっこない!
出来れば毎朝、新聞を読んでほしいな。

茶の間のテレビの横には国語辞典と英和辞典と
出来るだけ最新の地図帳を置いて、
ニュースなんかで気になった言葉や地名を
家族を巻き込んでその場で調べると
みんなで楽しく賢くなれるからおすすめ。

社会科の復習は、まずノートを読み返し、
そのあと教科書を素読。
できごとや項目ごとに用語や人名を整理してみるっていうのも一つの方法です。


ということで、ようやくゆっくり眠れますわ。

じゃあの。  
Posted by kokemaru110 at 20:55Comments(0)TrackBack(0)

2011年11月14日

新作

5e98afad.jpg
467c453d.jpg
73199ef3.jpg
上から

天龍寺青磁のマグカップ。

以前勤めてた学校でもらった釉薬をかけて、還元焼成したもの。コーヒーの色に負けないいい色になったと思います。


次はナスの葉や枝を焼いた自作の釉薬を還元焼成したもの。
マーブルはこちらの演出です。

酸化で焼くと薄い緑色になるのですが、こちらは青みがかった透明色です。
ここにきてナスの色がでた気がします。


SATO Eiske:)
  
Posted by kokemaru110 at 21:27Comments(2)TrackBack(0)

2011年11月13日

長胡椒

612a2cf3.jpg大航海時代の授業で使います。


古代ローマから中世まで、これがスパイスの王様だったそうです。

一握りの長胡椒で10人の奴隷を買えたとか、西ゴート人との和平に使ったとか、同じ重さの金と交換できたとか。

とにかく貴重だったわけで、今でもこれまた稀少!ようやく買えました。20gで400円。


とてもいい匂いがします。

これ以外にホールナツメグや普通の黒胡椒、クローブやシナモンをみてもらいながらコロンブスの話をするつもりです。
毎年このスパイスをかじって悶絶する生徒がいます。でもそういう体験、すごく大事だと思う。

SATO Eiske:)
  
Posted by kokemaru110 at 22:01Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月18日

北海道ではない!

14dda974.jpg我が地元綾瀬です。

最近朝、地平線の向こうまで散歩しています(笑)





SATO Eiske:)
  
Posted by kokemaru110 at 10:18Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月04日

R−18(よい子は見ちゃだめ笑)

198cc073.jpg人から新作作れっていわれたから、苦肉の策で、昔の作品を縛ってみました。

あくまでもしゃれです!私にこういう性癖はありませんのでご安心を(笑)


ほんとは今日行われた地元の地区センター祭で展示するつもりでしたが、さすがにちょっと…

完全に思春期のノリですね(笑)


縛り方ググってみたら、きれいなお姉さんがご丁寧に動画で…(以下自粛)


おふざけのつもりだったんだけど、これはこれで作品だねぇ…

来週の高校の文化祭に出したら…あかんな、やっぱり。


ちなみに地区センター祭には他の作品を10点出品しました。

SATO Eiske:)
  
Posted by kokemaru110 at 20:22Comments(2)TrackBack(0)

2011年08月29日

トマトのピクルス

昨日、PTA関連のお仕事で、役員さんのおうちにお邪魔しました。
藍染めをするのですが、その準備ということで。

今年はいい藍が育っています。
きれいな色に染まればいいな。

最近ジーンズを新調したので、
これに合う色のシャツを作ろうかなんて思っています。


作業中、そのお宅でいただいたトマトのピクルスが
もうたまらないほどうまい!
よく冷えてたし、味も絶品!
特にまだ青いまんまのトマトがしゃきしゃきしててうまいのよ。

だいたい味から作り方がわかったんだけど、
若干ネットで補完して、作ってみました。

やはりうまい!

ご自宅でミニトマト栽培中って方などはすぐ作れます。
もちろん青くない普通のトマトでもおいしくつけられます。

で、そのレシピ。

材料
トマト:だいたい両手ですくえるくらい
酢(できればワインビネガー):140cc
水:1カップ弱
砂糖:100g
塩:小さじ2杯
ブラックペッパー(ホール):5粒くらい
クローブ:2粒
ローリエ:2枚くらい
唐辛子:1本
ハーブ:適宜
今回はバジルの葉を数枚入れました。オレガノもいいかなぁ

作り方
1:トマトは湯むきする。青いトマトは包丁で皮をむく。
2:それ以外の材料を鍋に入れて煮立たせ、ピクルス液をつくる。
砂糖が溶けたら火を止めて冷ます
3:1と2をあわせて保存容器に入れて冷蔵庫へ。
2時間も漬ければおいしく食べられます。

玉ねぎなんかも一緒に漬けてもいいと思います。  
Posted by kokemaru110 at 22:07Comments(2)TrackBack(0)

2011年08月26日

第2弾:バカ迷惑メールをさらそう!

第2弾:迷惑メールをさらそう!

------本文ここから------

ゆとり教育のせいで夏休みが短くなっちゃった!!
マジ最悪〜...
去年まではフツーだったんだよ?
急になんてありえなくない?
まだまだ遊んでたいし泊まらせて♪(わら
ママにはまだ夏休みって言ってあるから大丈夫だよー☆
http://(((アクセスしちゃダメ.com)))/
泊めてくれるならこのサイトで待ってるからメールちょーだいね♪

------以上-------

さてと。

まずは1行目。
夏休み、短くなってないし。
もしそうでもゆとりとは関係ない。ゆとってんのは君の頭だ!

「急になんてありえなくない?」急にどうこうなるもんじゃない。
せめて年間予定を確認しよう。

「ママにはまだ夏休みって言ってあるから大丈夫だよー☆」
最近は通知表とセットで夏の予定なんかも伝えるらしい。
しかも手渡しじゃなくて郵送だから、この手は古いのだ!

あ、ちなみに我が家なら泊まっても大丈夫。
そのかわり、朝から畑仕事だよ〜  
Posted by kokemaru110 at 21:04Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月21日

竜宮職員室

ff2d956c.jpg私の机の周辺。

ちなみに一番奥の窓際の、ほとんど私物がない席が私の席。

夏休みが明けてすぐに文化祭があるので、ここでいろいろ仕込んでは吊っております。


おかげさまでかなりおめでたい状態になってます(笑)




SATO Eiske:)
  
Posted by kokemaru110 at 15:07Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月20日

福神漬けのレシピ

110820_1244~0001




福島の桃が売れないらしい。

ひどい例になると、贈られた桃を着払いで送り返すなんて話もあるくらいで、
(真偽はともかく…しかしひでぇ話だ)
少なくとも市場に出回るものは大丈夫だろうって思う。
食べ物の放射能が心配なら、
ばっちり添加物が入った、工場でできた食べ物食ってなって言いたい。

食べて被災地支援をという言葉に反論する人がいるけど、
自分が丹精込めて作った食べ物をおいしく食べてもらうことって、
作った人にとっては最高の喜びで、
それがあればまた頑張ろうって気になるんじゃないかな?
その気持ちが復興への大きな力になるんじゃないかって思うんだけど。

料理だってそうじゃん。

「おいしかった」の一言が何よりのお礼でしょ?


で、福島の桃を買って、半分は丸かじり、
半分はムースを作ってみました!

いいコーヒー豆をいただいたので、
それに合う何かを作んなきゃって思って。

あんがい簡単にできました!
味は…ちょっとしたソースをからめるとおいしくなるかな。
これだけでは味も食感もバナナそっくり!


110820_1245~0001


以前どっかで話した福神漬け。

材料は
大根500gくらい・なす4本・れんこん1パック・なたまめ5本・きゅうり4本・にんじん1本・しょうが少々・しその実少々・いりごま少々

(全部そろってなくてもよい(とくになたまめ)
大根となすとしょうがだけでもできるみたい)

調味液:濃い口しょうゆ:1カップ みりん:1カップ 砂糖:大さじ3杯 水:1/4カップ
(好みで昆布茶・一味唐辛子・ナンプラーなどを少々)

作り方
1:だいこん・なす・れんこん・にんじん・きゅうりをいちょう切りにする。
なた豆は小口切りに。きゅうりは皮をむき、種もとる。
 切ったら野菜にしその実と塩(分量外)をまぶし、なじんだらしっかり水分を絞る。
ここでしっかり水気を取ることがポイント。
ある程度絞ったら、野菜に残った塩を抜くため軽く水に浸しまた絞る。

2:調味液の材料を鍋に入れてよく混ぜながら沸騰させる。
野菜に残った塩分のこともあるので、味は若干甘目にしたほうがいいと思います。

3:熱した調味液によく絞った野菜を入れ、そのまま1分程度加熱し、火からおろす。
このときにしょうがを加える。
そのまま鍋の中で冷ませばできあがり。冷蔵庫で3週間くらい持ちます。

カレーの付け合せだけでなく、おにぎりの具などにしてもおいしいです。  
Posted by kokemaru110 at 13:43Comments(4)TrackBack(0)

2011年08月18日

寒川旭 『地震の日本史 大地は何を語るのか 増補版』

寒川旭 『地震の日本史 大地は何を語るのか 増補版』
中公新書 2011年6月(増補)

著者の寒川(さんがわ)先生は、私が大学生だったころ
ずいぶんお世話になった方で、
今から20年位前、会津坂下町(あいづばんげまち)での
活断層のトレンチ調査に参加させていただいたことがありました。
大柄な割には威圧感もなく、とても優しい静かな方です。
退職直後にもお会いして、私の体調を気遣っていただいたこともありました。

たいへん漫画が上手な方で、賀状などにも生き生きした線で
絵を書かれていたのを覚えています。
先生の著書などにもよく自作のイラストが載っています。

日本の地震災害は過去の震災と同様のパターンで起こることが多く、
そのパターン(=歴史)を知ることにより、
過去の自然災害の規模や、それによる社会への影響などを学び、
また、現在未来の防災へと役立たせる学問が「地震考古学」。

本書では、現在知られている歴史上の大地震について、
文献による「実況」と遺跡などからわかる「状況」を組み合わせて
わかりやすく解説されています。

(今の大河ドラマでも、本来秀吉の時代に大地震があったのですが、
今回それがドラマで描かれていません。
ひょっとしたら、今回の震災を受けてそのシーンを割愛したのかもしれませんね。
もしくは例の火災のシーンが本来は伏見地震だったのかも)

平安初期、貞観年間にも東北で今回のような大津波を兼ねる大地震があったそうです。

で、怖いのはここから。

その後各地で大地震が頻発、とくに南海地震が起きているっていうのがこわい。
今後も同様のパターンで地震があるかもしれないってこと。

南海地震も津波の恐れがある地震。
以前から専門家はここ30年でこの地震が起こる可能性があるといっています。
特に阪神地域に津波が来たら、梅田の地下街なんかたいへん!


愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶって、昔の歴史家は言ってるけど、
経験からも学べなくては…困りますよね。
ぜひ、この本のような話を単なる研究結果にとどめるのではなく、
ここから防災についての備えへと構えていただけたらと思います。  
Posted by kokemaru110 at 17:53Comments(2)TrackBack(0)この本読んで!

2011年08月09日

学校のグリーンカーテン

a6c8155a.jpg
1a27f821.jpg
というよりグリーンモンスター(笑)

職員室の窓が真西に当たるので、ゴーヤだけでもなんて始まったんですが、
欲張りすぎたのか、こんなことになっちゃった。高さ5mはあるぞ…


何故かカボチャも植えていて、高さ3mほどのところに実をつけている。


収穫…かなり決死隊でした。



SATO Eiske:)
  
Posted by kokemaru110 at 11:53Comments(3)TrackBack(0)

2011年07月31日

今年の陶芸作品

大皿



ようやく今年の本焼きが終わりました。
当初は節電などの都合で焼けないかもって話もあったくらいだから
こうして無事にできてほんとによかった。


初挑戦 直径30センチの大皿です。

作品を乾燥している最中に知らない子供が入ってきて皿の端っこをふんづけて逃げていきやがった、
かなりいわくつきの作品です。

まあ、面白い感じで出来上がったからいいか…


ワインクーラー


これはワインクーラー。
まだ使ったことはないんですが。

蛍手


蛍手という技法で作った茶碗。
小さな穴をあけて、そこに釉薬が入ってその穴をふさいでいます。
ふさがるまで2回焼きました。

蛤皿


はまぐり型の皿2枚組。
どさくさまぎれに作ったものですが、そこそこ気に入ってます。

焼酎サーバー


やっぱ呑兵衛だから酒関連の作品ばっか(笑)

焼酎サーバーです。

土台も自作。柱なんかもバーナーで焼いて作ってます。
これは試用済み!

これ以外はたいしたものはありません(きっぱり)
  
Posted by kokemaru110 at 18:24Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月21日

静かな自宅

本日をもって神奈川県内の勤務経験校すべて野球は敗退。

でも、わが母校福島県立会津高校は今日も勝った!
もう少し夢を見させておくれよ〜

座間高校サッカー部はインターハイ進出。
水泳の飛び込みと少林寺拳法も。
今日は寄付金も払ってまいりました。
こういう支出もまた気持ちいいもんだ。

さっそくテレビを処分してもらう。

ちょっとコネを使い、34インチのテレビを格安にて引き取ってもらった。

急に家が広くなったような…


で、本格的に静かになる。

人生の中で、テレビのない生活って結構体験している。
入院するとまずテレビは見ないしね。
大学生活の最初2か月もテレビなしだったし、
京都時代にもそんな生活を数か月していた
(見かねた弟がテレビを買ってくれた)

かえってこういう環境だと本が読めるんだ。



賢くなりそう。うふ。



今日は年に一度の陶芸の窯だし第1弾
(節電などの都合でそうなっちゃった)

大皿なんかが焼けました。

個人的には焼酎サーバーができたのでちょっとご機嫌。

これから土台作りと水漏れ防止剤の塗布をして、

使うぞ〜飲むぞ〜!


ついでに、たくさん右腕を酷使したからまた腱鞘炎が悪化。
今度は相当に痛い。夏休みに入ったことだし医者に行こう。

今年はどっか湯治に行こうかな?

酔いがさめたらまた痛いのなんのって。  
Posted by kokemaru110 at 21:27Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月06日

藍染め実験中

f4341336.jpg発酵建ての藍でおよそ10回染めてこんな感じ。



発酵が十分ではないのか、まだ緑の色素が強いようで、あまりきれいな色ではないのですが、深みはあるのかなぁ。キライな色ではないです。


SATO Eiske:)
  
Posted by kokemaru110 at 09:22Comments(3)TrackBack(0)