October 28, 2015

Foxconn Renaissance 再セットアップ

クセの強いというかアップデートがないFoxconn Renaissanceの備忘録

■起動しない
  • メモリとATXパワーコネクタの間にあるLEDが点灯している場合。
    →リチウムコイン電池(CR2032)の消耗。
  • オレンジ色のスロットにDIMMがない場合は起動しない。

■グラフィックボード
  • メモリを4GB以上にしている状態で、ある世代以降のグラフィックボードに交換すると、システムの速度が著しく遅くなる。
    →メモリを3GB以下にする、もしくはグラフィックボードを古いものに戻す。GeForceGTX570はダメ。おそらくGTS250世代までは大丈夫。他メーカーのマザーボードでは修正BIOSが存在するので、X58チップセット共通の問題かも。Renaissanceには提供されていないので、根本的な解決にはお買い換え('A`)

■不明なハードウェア
  • Intel(R) ICH10R LPC Interface Controller - 3A16 が不明なハードウェアとしてリストされる。
    →BIOSからIrDAを無効にする。


kokesuta at 10:00│Comments(4)TrackBack(0)clip!PC | ハードウェア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無し   January 17, 2016 00:34
http://gyozawang.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/foxconn-renaiss.html
上記サイトを参考にbios更新されたら、ビデオカードの問題は解決しますよ。
2. Posted by こけすた   March 07, 2016 23:42
UEFIの件もあり、ひそかにマザボを買い替えていましたのでチェックが遅くなってました(ノ∀`)アチャー
頂いた情報で Renaissanceをバックアップに回せそうです。情報ありがとうございました(*'ω'*)
公式サポートがないためか、RenaissanceシリーズはX58の中では中古が安いですから保守目的では非常に有用な情報ですね(*'ω'*)b
3. Posted by kimura   April 25, 2016 19:03
ヤフオクでパーツそろえて自作してみましたが、起動せず何日か悩んでいました。色々調べてここにたどり着き、
「メモリとATXパワーコネクタの間にあるLEDが点灯している場合。
→リチウムコイン電池(CR2032)の消耗。」
私の現状と酷似していたため早速100円ショップでCR2032を購入し交換してみるとブーンとファンの音がして無事起動しました。
接続の確認を何度もした後だったので、まさかリチウム電池が消耗しているとは気づきませんでした。
この記事に感謝です。
ありがとうございました。
4. Posted by こけすた   June 21, 2016 16:50
kimuraさん
お役に立てて嬉しいです(=゚ω゚)
他のバーツがきちんと接続されていると、余計に電池のところまで気が回りませんよね(´・ω・`)
私の場合はしばらく放置されていたPCでしたので、とりあえず電池も変えておこうと準備してたのが幸いしました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔