2013年09月29日

ごあいさつ

 1968年、ひよこ保育園は子どもたちの幸せを願う多くの方々のご支援で、四日市市で初めての産休明け乳児共同保育所として誕生しました。1989年に社会福祉法人の認可を受け、1997年には、それまでのプレハブ園舎から念願の本格的な園舎(鉄筋コンクリート造り、延べ面積856.80屐定員90名)を建てることが出来ました。
 それから10年、今度は法人として第2園となる「こっこ保育園」を開園することになりました。

 さて、今日、子どもたちは「競争社会」の中で大変厳しい時代に生きることを強いられています。また保育の世界にも市場原理がもちこまれ、ひとりひとり子どもの思いをしっかり受けとめることが大変難しくなって来ています。

園舎外観

「くう・ねる・あそぶ」

くう


ねる


あそぶ


遊び1 私たちは、「くう・ねる・あそぶ」という子どもの成長の三大栄養素をたっぷり蓄えることの出来るあたりまえの保育をめざしています。親同士のつながり、親と職員のつながりを強く、太いものにし、子育てを通して、親と職員も共に育ちあいたいと考えています。

いろいろな花が咲くように、子どもたちもひとりひとり違ったその子ならではの花を咲かせます。私たちは、子ども一人ひとりを大切に、その子の持ち味が生かされる保育、そして子どもの可能性が最大限引き出せる保育を創っていきたいと思います。



kokkohoikuen at 22:35│clip!ごあいさつ