河合副教学部長
「平成10年6月2日 寝屋川文化会館にて」
(長い指導をいくつかに分けています) 
 
 この間、悲惨な話を聞いた。ある婦人部が家庭の問題で悩んで1000万遍をあげたが、解決しなかったので落ち込んで寝込んだというのです。
 先輩が心配していって見たら、「こんなに拝んでも良くならない。御本尊の馬鹿!」と拝んでいたそうです。
 形は信心強盛でも心が不信だから解決しなかった。「あなたは不信ですよ。」「いや、私は信心強盛です。」「でも不信じゃない」「じゃあどうすればいいの?」「いつまでにどう解決したいですか?そう決めて祈ってご覧なさい。」と言われて、そう決めて祈ったら2週間で解決したそうです。

 唱題ではなく祈りが大事。
 婦人部はよく唱題されます。立派です。唱題会も良いが、自分と御本尊は1対1だから、きちんと祈れば叶う。唱題のための唱題では何も叶わない。
 10時間唱題会なんてやらないほうがいい。 
 あれは拷問の一種だから。
 個人がやるのは何時間やっても良い。自分が決意して祈るのは良いが、みんなを縛っちゃいけない。これは先生の指導。

 リレー唱題会も割り当てでやっていますが、あの功徳はどこへ行くんでしょうか?また、100万遍あげて落ち込んでる人が婦人部にはよくいます。信仰とは祈ること。頑張るための信仰をしてはいけない。
 
 婦人部は頑張っています。立派です。でも全然変わっていない。これからは「頑張ります!」と言ってやるのはやめましょう。
 「頑張ります!」「頑張りましよう!」「でも変わりません!」だから、信仰は頑張るためにやるのではない。変わるためにやるもの。何が変わるのか?生活が変わり、生命が変わり、環境が変わる。変わるための信仰。頑張ってれば変わるのではない。変わるために頑張るべきなんです。「頑張ります!」ではつまらない。「変わりましょう!」「変わります!」「変わりました!」これを『信心の三段活用』と言う。
 こう言っても、皆さんは帰りに「頑張ります!」と言って帰るでしょう。なかなか身についた習性は抜けない。
 信仰というのは、行動の因果ではない。ただ頑張ればいいのではなく、一念の因果、どういう一念で頑張るか、その一念に功徳がある。頑張っても結果のでないのは一念が間違っているから。行為は正しい。一念が間違っていれば空回りになったり、功徳がなかったり、マイナスになることもあり得る。