最近はオキナワカブトムシの
やみくもな、交雑化の噂も
聞かれなくなってきて
このブログの目的も、そこに主眼を
おいてきたので、そういう意味では
目的を達成できたかな〜
伝える事がなくブログの更新も
疎かになってしまいました(;^_^A

活動は研究員であるe-yanが年に数回
環境フェア―などで無人ブースでの資料や
標本の展示などは続けていますので
細々とはやっています。

研究所の事務所では飼育中の
本土カブト♀ですが早くも羽化しました(*^^*)
クワカブ仲間のK氏からの頂き物の本土カブト虫ですが
5頭中3頭が蛹、成虫となりました
全て♀ですので、他の2頭が♂だと良いのですが・・・・・(;^_^A

同時飼育の久米島カブトはまだまだ
蛹化の兆しは見えてません
いわゆる積算温度の違いですね!

KIF_0983
KIF_0982