2016年5月後半、「春原提督」「ぽんこつ☆春原」といったアカウント名でツイッターをしていた人が、大勢の人から凶悪な嘘つきとしてバッシングされ、炎上するという出来事がありました。
春原さんを批判するまとめがいくつも作られ、閲覧数が数万に達するものもめずらしくありませんでした。

 アイコン1
春原さん

春原さんを批判する記事とまとめの例
春原さんのようなヤバイ級嘘つきの脅威と対処困難性についての要点説明
【注意喚起】女性向け界隈にいる、虚言を繰り返す悪質なアカウントにご注意ください

バッシングを主導していたのは「大澤めぐみ」さんという人物でした。大澤さんは、「本物川」という通称で呼ばれることも多い人です。

アイコン2
大澤めぐみ=本物川さん

炎上のために、春原さんはアカウントを削除する羽目になりましたが、本物川さんはそれでも追撃の手を緩めませんでした。本物川さんは、春原さんが新しいアカウントでツイッターに戻ることがないよう監視をつづけるといっています。
ba6


春原さんの発言に嘘があったのは事実のようです。
春原さんには、自分のプロフィールを偽る癖がありました。男性を称し、自分が男性であることを前提とした経験談をよく語っていましたが、本当は女性だったようです。のちに春原さん自身が「浜梨」というアカウントでそれを認める発言をしました。自分は「休業中の作家」だと述べていたことも、たぶん真実ではないでしょう。

しかし本物川さんの春原さん批判は、ほんとうに正義感から発したものだったのでしょうか。

春原さんは次のような証言をしています。
hama4
hama8
本物川さんは、とある女子高生をかわいがっていた。
その女子高生は、えっちな自撮り画像をツイッターで公開していた。
春原さんはその女子高生について警察に情報提供し、その事実がバレたために、
攻撃されることになった、というのです。

もちろん本物川さんにいわせれば、これは春原さんが本物川さんを悪人にしたてようと
ついた嘘である、耳を傾けてはならない、ということになります。
ba16

ba17
魚拓

本物川さんは、そんな自撮り画像などなかったとも明言しています。
ba10


すると、もし春原さんの言っている女子高生が実在したなら、状況は反転するかもしれません。
春原さんは偽りの自己設定を語るという、ネットではありふれた悪癖の持ち主にすぎず、
本物川さんのほうが多くの人をだまして味方につけ、一個人を攻撃させていた、
大嘘つきということになってしまうかもしれませんね。

そしてこの女子高生は実在しました。
かつては「ここの」さん、現在は「佐藤のココア」さんと名乗っているアカウントが
問題の「えっちな自撮りJK」だったのです。
3アイコン
ここのさん

アイコン4
佐藤のココアさん


本ブログでは、この問題を検証していきたいと思います。。


つづく