モバP「モバマス昔話」

1:2016/04/29(金) 14:04:48.83 ID:hvVe73my0

〜桃太郎〜


昔昔、あるところにそれはそれは仲の良い夫婦が住んでおりました。

P「おっし、山に芝刈りにいくか!」

ちひろ「それよりもっと金になる仕事やってこいよ穀潰しが」ボソリ

P「・・・行ってきます」

ちひろ「行ってらっしゃい」ニコリ

おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯へ出かけました。

おばあさんが川へ洗濯に行くと、上流からとても大きな桃が流れてきました。

ちひろ「こんなに大きい桃は初めてですね。売ればどれだけになるんでしょうか・・・」

おばあさんは桃を手に入れ、家に持ち帰りました。

P「こんなに大きな桃、どこからくすねてきたんだ?」

ちひろ「あなたと違って私は日頃の行いがいいので、天からの贈り物に違いません」

P「まあいい。取りあえず、刃を入れてみるか・・・」

ちひろ「ちょっと待ってください。これは売るんですよ。どこかの金持ちにでも売りつければ・・・ふへへ」

おばあさんは慌てておじいさんから包丁を奪い取りました。

P「おっまあっぶな! 怪我したらどうすんだよ! 俺がいなきゃ生活なりたたねえぞ!」

ちひろ「・・・そうですねえ。それは、昨日までの話じゃ、ありませんか?」

おばあさんはしばし思案して、妖艶な笑みを浮かべました。それは今までに見たどんなものより恐ろしいものでした。

P「おいちょっと待て。包丁を下ろせ」

ちひろ「大丈夫ですよ」

P「何が!?」

おばあさんが包丁をおじいさんに突き刺そうとしたそのとき、桃が真っ二つに割れました。そしてそこから白く細い腕が二本、おばあさん目掛けて伸びました。

まゆ「・・・私のPさんに何をやっているんです?」

断末魔の悲鳴に驚いて目を閉じたおじいさんの指先に伝わる感触は生暖かく、ドロリとした何か。それは・・・

まゆ「うふふ。やっぱりPさんとまゆは運命の赤いリボンで繋がっているんですねえ」

手の先から続く、赤い液。それはまゆと名乗る女の手に繋がっていた。

まゆ「今まで育てていただいた恩、返しに来ましたよお♪」ニコリ

その笑顔は先ほどのおばあさんより怖かったそうな。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461906288



続きを読む

P「うちって961プロより黒くないか?」

1:2014/03/19(水) 00:25:39.46 ID:iROaYIFC0

律子「確かに社長は黒井社長にも負けないくらい色は黒いですね。」

P「いや、そこじゃない。それもそうなんだが……」

律子「何が言いたいんですか?」

P「ももクロのマネージャーの昨年冬のボーナス額知っているか?」

律子「スターダストの川上さんですか?1500万でしたっけ?」

P「東スポソースだから信憑性はアレだが……」

律子「ももクロの去年の売上、スターダストという大手事務所……」

P「あのマネージメントの実績を考えればありえなくはない。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395156339


続きを読む

【ラブライブ】 希「届かない…」

1:2014/12/01(月) 02:29:53.71 ID:ogBndX1u0


希「絵里ち、あんな? いってなかったことがあるんやけど」


絵里「なに?」


希「うち、絵里ちのこと好き…」


絵里「私もよ、μ'sのみんな」


絵里「大切な友達だから」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417368583



続きを読む

まほ「七夕か…」

1:2016/07/05(火) 00:48:03.03 ID:kwBj+DEk0

※pixivでSSを書いているものです。

※このSSは百合SSというより黒森峰仲良しSSかと思われます。

※みほはまだ転校していません。

※みほまほです。

※初スレ立てです。
わからないことまみれですが投下していきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467647282



続きを読む

【艦これ】提督「ロシアから客が来るらしい」【響】

1:2014/06/29(日) 15:58:21.01 ID:z5z7v70/0

僕です 今回はシリアス(?)ものです
割りと苦手ですが、書くと達成感があるので頑張ってみます

緊張感みたいなのを出したいですね…
あと、SSを書いてる最中に
Aくん「こんにちは」
そうやって彼は親しげに挨拶を交わしてくれた…

みたいに、誰かがしゃべっている間に、文をはさむ
これはあったほうがいいですか?それともなくていいですか?
緊張感出すにはあったほうがいいと思うのですが…



4時半ごろから始めます それより前かもしれませんが

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404025100



続きを読む

穂乃果「久しぶりに希ちゃんのおっぱいが飲みたいな」

2:2016/11/20(日) 18:44:29.59 ID:5WCltimSO


ことり「え?」

絵里「は?」

花陽「」

希「ちょっ…、穂乃果ちゃん!」




続きを読む

陽乃「君の居場所はどこ?」

1:2015/02/15(日) 23:43:27.02 ID:xuqU+ANw0

短編です。

本編終了したら安価取って短編書きます。

では、投下します。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424011406



続きを読む

北条加蓮「嫌いだった言葉」

1:2014/09/05(金) 21:30:34.01 ID:oVE2GZJB0

 都内の病院の一室に、一人の少女がありました。

少女は、年間の多くをこの病室で過ごしていましたが、かけがえのない夢を持っていました。

それは、アイドルになることです。

でも、その夢は、追いかけられるものではないと思っていました。


「加蓮ちゃん、呼ばれたから検査行きましょうね」

こう言いながら、看護師さんが車いすを持って病室へとやって来ました。

大抵の日は、こうして検査を受け、先生の話を聞き、あとはベッドの上で過ごしていました。

加蓮は、何も変化のない毎日を繰り返しているうちに、意欲を失っていってしまったのです。

だから、持っていたはずの夢も、だんだんと小さく遠いものへとなっていきました。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409920223



続きを読む

モバP「ワンパンロンパ」

1:2013/08/11(日) 18:17:17.47 ID:0zT/lnfHo

※このSSには暴力シーンが含まれています





ありす「論破なら簡単なんですけど」

ありす「……この拳で、打ち貫くのみですから」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376212637



続きを読む

貴音「銀河鉄道」

1:2014/04/07(月) 17:01:46.15 ID:jwhVXhwao

「ふぅ…。」

荷物を網棚の上に置き、息を吐きます。

これから、生まれ育った土地から、たった独りで東京へと向かうのです。

慣れない電車に四苦八苦し、ようやくじいやの教え通りに席に着く事が出来ました。

まもなく、電車は走り出します。時刻は早朝、乗客もまばら。

がたん、ごとん。ゆっくり走り出した電車は次第に速度を上げ、窓が振動で軋み始めます。

外を見ると、私の知っている景色が見え、そして知らない景色へと移り変わります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396857705



続きを読む


上に戻る
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ
QRコード
QRコード
アクセスランキング ブログパーツ Subscribe with livedoor Reader