1:2013/03/13(水) 22:18:05.76 ID:
~~~~シンクロテスト中~~~~

リツコ「アスカとシンジ君は絶好調よ、記録更新だわ」

リツコ「ただ、レイの調子が悪いのよ…シンクロ率が不安定ね」

ミサト「どうしたのかしら…」

リツコ「ちょっと調べましょうか…」



ミサト「OKよ、みんな揚がって」


アスカ「どうだった?」

リツコ「アスカが一番よ、シンジ君も記録更新したわ」

アスカ「このくらいあったりまえよ!
     それにバカシンジもバカシンジの割りには良く頑張ったじゃない」

アスカ「ま、あたしには遠く及ばないようですけどぉ」

シンジ「ははは…アスカには叶わないよ…」

アスカ「優等生はどうだったのよ?」

リツコ「あまり良くなかったわ」

アスカ「ちっ、しっかりしなさいよねぇ~戦闘中あたしの足引っ張ったら許さないから!」

綾波レイ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1363180685

2:2013/03/13(水) 22:22:15.03 ID:


レイ「…」

アスカ「~~っ!なんとか言いなさいよ、この鉄仮面女!!」

アスカ「エヴァを巧く動かせなくて、作戦が失敗したらあんたのせいよ!!」

アスカ「だ~いたいあんたは、碇司令に贔屓されてるからって調子に乗りすぎなのよ!!」

シンジ「アスカ!言い過ぎだよ!やめなよっ」

アスカ「あんたは黙ってなさい!!」



レイ「ごめんなさい…」

アスカ「ふん!もういいわ、帰るわよバカシンジ!」


シンジ「綾波…ごめん!アスカも本心から言ってる訳じゃ無いと思うんだ、だかr 「こらぁ~!バカシンジっ!もたもたすんな!」

シンジ「あわわ…じゃ、またね綾波!」

アスカ「さっさと帰ってハンバーグ作りなさいよ!」

シンジ「え~…またかよ…」

アスカ「なんか文句あんの?あんたはあたしの専属料理人なんだから、黙って言うこと聞いてればいいの!!」

シンジ「わ、わかったよ…しょうがないな…」

アスカ「そーそー、聞き分け良いのが一番よ!」ナデナデ

シンジ「や、やめろよアスカ~」

ミサト「さあさあ帰るわよ二人とも」




レイ「……」ヂリッ


リツコ「レイは残って、話があるわ」

レイ「はい…」



3:2013/03/13(水) 22:23:53.26 ID:
~~~~~~~~


レイ「赤木博士…」

リツコ「最近調子が悪いわね、どうしたの?」


レイ「心が…」

リツコ「?」

レイ「何故か心がヂリヂリする…」

レイ「碇くんが弐号機パイロットと一緒に居るのを見ると…ヂリヂリする」


リツコ「う~ん…多分それは嫉妬ね(最近シンクロ率が不安定なのはこれか…)」


レイ「嫉妬?」

リツコ「シンジ君とアスカが仲良くしてると、嫌な気分になるんでしょう?」


レイ「はい…」

リツコ「あなた、シンジ君が好きなのね」


レイ「好き…」

レイ「わからない…でも碇くんの事を考えると、心がポカポカする」

リツコ「それが好きって事になるわね」

リツコ「私も特定の男性の事を考えるとポカポカするわよ?」


レイ「そう……博士も…」

レイ「どうすればこのヂリヂリ…消えますか? 
    ポカポカだけにするには…どうすれば良いですか?」


リツコ「シンジ君と恋人同士になれば良いわ」


レイ「こ、恋人…同士」ドキッ

レイ「恋人同士、どうすれば…なれますか?」


リツコ「先ずはレイの想いをシンジ君に伝える事ね」


レイ「想いを…伝える」

レイ「どうすれば良いのかわからない…」

リツコ「二人きりの時、あなたが好きですって言うのよ、簡単な事ね」


レイ「!?」

リツコ「少なからずシンジ君もレイの事は気になってるはずよ」



レイ「わかりました…やってみます」


リツコ「頑張りなさい」


4:2013/03/13(水) 22:26:32.68 ID:
~~~~~~~~

リツコ「…」ピッ

プルルルルル…プッ

ミサト『はい、ミサトの携帯よん♪』

リツコ「レイの不調の原因が分かったわ」

ミサト『なんだったわけ?』

リツコ「恋の病ね」

ミサト『マジで?』

リツコ「ええ」

ミサト『もしかして』

リツコ「相手はシンジ君よ」

ミサト『やっぱし…』

リツコ「なので告白させる事にしたから」

ミサト『なっ!?』

リツコ「このままじゃ作戦運用にも支障が出かね無いわ、告白して白黒付けた方が良いと判断したの」

ミサト『うわ~…ちょっちややこしい事になりそうね~』

リツコ「問題はアスカね、ミサトがなんとかしなさいよ」

ミサト『ええ~!?嫌よめんどくさい!』

リツコ「パイロットが一人減ったら大変よ?」

ミサト『くっ…分かったわよ、何か考えとくわ、じゃ…』ピッ

~~~~~~~~

ミサト(下手したらパイロット二人使い物にならなくなりそうじゃん…)

アスカ「どしたのミサト?」

ミサト「いえ、何でもないわ、おほほ…」

シンジ「ミサトさん、スーパー寄ってくださいね!」

ミサト「はいは~い」


5:2013/03/13(水) 22:29:07.51 ID:
~~~~~~~~

レイ「わたしは…碇くんが好き…」キュン…

レイ「今度はポカポカじゃなく…心が…キュンキュンする…」

レイ「ポカポカより…強い気持ち…」


レイ「そう…これが好きって気持ちなのね…」

レイ「碇くん…」キュン…


レイ「明日…言おう…」キュンキュン




~~~~~~~~

ミサト「は~食べた食べた…満腹ね~」

アスカ「ビールもたらふく飲んで、そんなに食べたらビア樽みたいな体になるわよ」

ミサト「大丈夫よ~鍛えてるから~」

ミサト「毎日腹筋200回やってるし~」

アスカ「へ~そんなにやってるんだ?意外だわ」


シンジ「アスカ~お風呂入っちゃってよ」

アスカ「わかったー」



6:2013/03/13(水) 22:30:53.85 ID:
~~~~~~~~

ミサト「ふ~…」

ミサト「ねぇシンちゃん」

シンジ「何ですか?」

ミサト「レイの事、どう思う?」

シンジ「あ~、調子が悪い事ですか?」

ミサト「ううん、じゃなくて、異性としてどう思ってるかなって」

シンジ「ど、どうって聞かれたって…返答に困るよ…」

ミサト「でしょうね~…」

シンジ「何でそんなこと聞くんです?」

ミサト(言っちゃった方が、心の準備が出来そうね…)

ミサト「実はね、レイがシンちゃんの事が好きらしいのよ」

シンジ「ええっ!!まさか!?」ガタッ

シンジ「うそですよね!?なんで僕なんか!//」カァッ

ミサト「ところがそのまさかなのよねぇ~」

シンジ「あ、綾波が…僕なんかを…//」



アスカ「あ~良いお湯だった~」スタスタ

ガタタッ!

アスカ「ん?何やってんのよ」

シンジ「な、何でもないよ!」
ミサト「な、何でもないわ!」

アスカ「ふ~ん…なんか怪しいわね…」

アスカ「あたしに隠れて…アイスとか食べたんでしょ!?」

シンジ「そ!そうなんだ!アイス食べちゃったんだよ!」オタオタ

ミサト「さ~て、腹筋しよ~っと!」スタスタ

シンジ「み、ミサトさ~ん…」

アスカ「バカシンジ!どうでも良いけど、あたしの分あるんでしょうね!?」

シンジ「あ、あるよ!ちゃんとあるからっ!」

アスカ「さっさと出しなさいよね、グズシンジ!」


シンジ(バカとかグズとか…一々付けないでよ……無口だけど綾波の方が全然優しいや…)


7:2013/03/13(水) 22:35:38.01 ID:
~~~~~~~~

ミサト(アスカになんて言おうかしら…)

ミサト「あ~~もう、めんどくさい!直球勝負よ!」



~~~~~~~~
コンコン

ミサト「アスカ~起きてる~?」

アスカ「何?起きてるわよ」

ミサト「ちょっち話があるんだけど」

ガラッ

アスカ「何、話って?」



8:2013/03/13(水) 22:36:04.75 ID:
~~~~~~~~


ミサト「アスカはシンちゃんの事、どう思ってる?」

アスカ「はぁ?別に何とも思ってないわよ!強いて言うなら下僕ね!下僕!」

ミサト「じゃあ好きとかそう言うのは無いの?」

アスカ「あ、あ、あるわけ無いでしょ!そんな気持ち!!///」カァッ

アスカ「大体下僕を好きになる主人が、どこの世界に居るのよ!?///」フンッ


ミサト「………そっか…(こりゃアスカも好きだわ…)」

ミサト(こうなりゃヤケよ!)


ミサト「あのね、レイの不調の原因が分かったの」

アスカ「なんでそこでエコヒイキが出てくるのよ?」

ミサト「まあ聞いて」

ミサト「レイはね、シンちゃんの事が好きらしいのよ」

アスカ「えっ!?」

ミサト「それであなた達が一緒に居るところを見ると、焼きもちで居ても立ってもいられないって訳」

ミサト「心の乱れがシンクロ率に影響を及ぼしてるのよ」


アスカ「そ、そんなの知らないわよ!エコヒイキが勝手に…」

ミサト「恐らく明日辺り、シンちゃんに告白するかも知れない」


アスカ「………」


アスカ「か、勝手にすれば良いじゃない!シンジなんてくれてやるわ!」

アスカ「あたしはシンジなんて何とも思って無いし!!」

アスカ「告白するなら勝手にすれば良いのよ!」


ミサト「あなた平気なのね?」

アスカ「ははん!平気も平気!ぜ~んぜん影響無し!あたしの心は常に平常心で安定よ!」

アスカ「だいたいシンジなんて暗いし弱っちぃし、あいつら暗い者同士でイチャついてれば良いのよ!」


ミサト「分かったわ、その言葉しかと受け止めたわよ」

アスカ「分かったらさっさと出てって、あたし寝るんだから!」


ミサト「おやすみなさい、アスカ…」




16:2013/03/15(金) 17:12:34.68 ID:
~~~~アスカの部屋~~~~

アスカ(エコヒイキがバカシンジを…)


アスカ(ふん、あたしには関係無いわ、勝手にしろウルトラバカ!)





アスカ(…シンジ……)


アスカ(シンジはエコヒイキと付き合うのかな…)


アスカ(……なんか…やだな…)

アスカ(エコヒイキなんかに…シンジを盗られたくない…)


アスカ(え?あたしはシンジが好きなの?…)


アスカ(そんな事ない…あんな冴えないやつ、あたしが好きになるわけ無いじゃない…)

アスカ(でもなんで?…胸が苦しい…)


アスカ(…ワケわかんなくなってきた…)


アスカ(…………)

アスカ(…………)


アスカ「zzz…」



17:2013/03/15(金) 17:15:33.25 ID:
~~~~翌日~~~~

シンジ「アスカ!朝だよ起きてよ!」


アスカ「……うっさいわね…朝から大声出さないでよ…」

シンジ「早くしないと遅刻するよ!さっさとご飯食べちゃってよ!」

アスカ「わかってるっつーの、あたしに命令しないで…」


シンジ「なんか元気無いね、大丈夫?」

アスカ「なんでもない、ほっといて」

シンジ「風邪でもひいた?」

アスカ「うっさい!!ほっといてって言ったでしょ!!」バンッ!

シンジ「うっ…わかったよ…」

シンジ(何キレてんだよ…)




18:2013/03/15(金) 17:17:39.66 ID:

シンジ「はいこれお弁当、僕日直だから先行くから…」

アスカ「……」シッシッ



シンジ(なんだよあの態度…せっかく弁当作ってやってんのに…)

ミサト「シンチャン、チョット…」ヒソヒソ

シンジ「何ですか?」

ミサト「実はさ、夕べアスカに話しちゃったの、レイの事」

シンジ「え?」

ミサト「だから機嫌が悪いのよ…」

シンジ「どうしてアスカが機嫌悪くなるんですか?関係無いじゃないですか…」

ミサト(ホントに鈍いわねこの子)

アスカ「アスカもシンちゃんの事、好きっぽいのよね」

シンジ「ええっ!!?」

ミサト「し~、声がでかい」

アスカ「あんた達何話してんのよ!!バカシンジはさっさと消えろ!!」バンッ!

シンジ「あわわ…とりあえず学校行きます…」

ミサト「あ、うん いってらっしゃい…」



19:2013/03/15(金) 17:18:47.61 ID:
~~~~登校中~~~~

シンジ「なんだよ…アスカまで…」


シンジ「きっと何かの間違いだよな、いつも罵倒するし暴力的だし、奴隷のようにコキ使うし…」

シンジ「そんなアスカが、僕の事好きなはず無いよ…」


シンジ「綾波…逢いたいな…」



20:2013/03/15(金) 17:20:15.46 ID:

~~~~教室~~~~

シンジ「ふぅ、机も並べたし綺麗に拭いた…後は」

レイ「碇くん」

シンジ「あ、綾波!?」ドキッ

シンジ「ずいぶん早いじゃないか」ドキドキ

レイ「わたしも日直」

レイ「遅れてごめんなさい…」

シンジ「あ、そうだっけ…」

レイ「日直の仕事…終わったの?」

シンジ「あ、後は花瓶の水取り換えるだけだよ」

レイ「わかった…わたしが換えてくる」


レイ「…」ジャー



レイ「終わった…」コトッ

レイ「碇くんに殆どやらせて、ごめんなさい」

シンジ「気にしなくていいよ!僕が早く来すぎただけだから」ニコッ

レイ「そう…」キュン…

シンジ「後はみんなが来るのを待つだけか」


レイ(今がチャンス…)



21:2013/03/15(金) 17:23:26.96 ID:


レイ「碇くん」

シンジ「はひっ!?」ドキッ!


レイ「碇くんに…聞いてもらいたい事があるの…」

シンジ「な、なにかな?(キタ~~~!)」ドキドキ


レイ「わたし…」

シンジ「ゴクリ…」


レイ「碇くんがs」「ちょっと待ったあぁぁぁ!!」ガラッ!

シンジ「うわあぁぁぁぁぁぁ!!」ガタタッ

アスカ「エコヒイキ!その言葉!待ってもらうわ!!」

シンジ「あ、あ、アスカ!?なんで!?」

レイ「弐号機パイロット…あなた何故ここに…?」

アスカ「ふん!なんだっていいじゃない…」

アスカ「それよりエコヒイキ!あんたあたしの下僕たるシンジに何を言う気!?」

レイ「想いを伝えるだけ」

アスカ(くっ…やっぱり…)



22:2013/03/15(金) 17:25:44.46 ID:
アスカ「あたしは認めないわ!シンジはあたしだけの下僕なんだからっ!」

レイ「碇くんは下僕じゃない」

アスカ「うるさい!生意気よエコヒイキのクセに!」ガシッ

レイ「離して…痛いわ」グイッ

シンジ「止めろよ二人とも…」オロオロ…

アスカ「シンジは黙ってろ!」
レイ「あなたは黙ってて…」

シンジ「うぅ…(どうしよう…そろそろみんなが来るよ…)」オロオロ


アスカ「あんたなんかにシンジはやらないわ!シンジはあたしの物よ!」

レイ「碇くんは物じゃない、わたしの大切な人」グッ

アスカ「黙れ!!」パーン!
シンジ「アスカっ何を!?」

レイ「っ!」

レイ「あなた…」キッ

レイ「おかえし」パーン!

アスカ「きゃっ!」

アスカ「やったわね…このっ…」キッ

シンジ「ちょっ!止めろよ二人とも!もうみんな来るよ!」

ガヤガヤ



23:2013/03/15(金) 17:28:59.67 ID:
ガラッ

トウジ「おはよーさん!今朝も元気に糞が2キロは出たでぇ~」

ケンスケ「朝から何言ってんだよ」ゲラゲラ

ヒカリ(は、恥ずかしい…鈴原のバカっ)


トウジ「ん?なんやセンセ、嫁二人とも顔腫らしてどないしたんや?」

アスカ「なんでもない!!」ダダダダダ

ヒカリ「あ、アスカ!」


レイ「………」ガタッ

ヒカリ「あの、綾波…さん?」

レイ「何?」

ヒカリ「アスカとどうしたの?何か有ったの?」

レイ「何でもないわ」


ヒカリ「そ、そう…」

ヒカリ(こうなったら碇君に聞くしかないか…)


ヒカリ「ちょっと碇君!何が有ったか説明して!」

シンジ「えっ!え~と…ぼ、僕の口からは何とも言えないよ…」

トウジ「さては、嫁1号2号がセンセの取り合いでケンカでもしとったんちゃうか?」

シンジ「ち、違うよ!!そんなんじゃ…無いよ…///」

ケンスケ(それか…)

トウジ(それやんか…)

ヒカリ(それなのね…)



レイ「……」




24:2013/03/15(金) 17:30:20.85 ID:

~~~~~~~~

トウジ「なぁいいんちょ…何とかならんのんかいな」

トウジ「空気が重とうてかなわんわ~」


アスカ「……」

レイ「……」


ヒカリ「困ったなぁ…」



ヒカリ「ねぇアスカ…」

アスカ「何?…」

ヒカリ「碇くn」「ほっといて!」

アスカ「ヒカリごめん…ほっといて欲しいの…」

アスカ「自分で答えを見つけるまで…」

ヒカリ「…わかった、アスカが納得行くまで考えて…」




25:2013/03/15(金) 17:32:11.53 ID:
~~~~葛城邸~~~~

シンジ「……」カチャカチャ


アスカ「……」

アスカ「ごちそうさま…」ガタッ

シンジ「……」フキフキ



アスカ(シカトか…)

アスカ(あんなことしちゃったし、無理もないか…)




~~~~アスカの部屋~~~~

ゴロン…


アスカ「はぁ…」

アスカ(シンジなんか好きでも何でも無いはずなのに…)

アスカ(あたし何ムキになってんだろ…バカみたい…)

アスカ(でも、エコヒイキだけには絶対負けたくない…)




26:2013/03/15(金) 17:34:32.60 ID:

~~~~レイのアパート~~~~

レイ「碇くん…」

レイ「言いそびれてしまった…」

ピロリン♪

レイ「…メール?」パカッ

レイ「碇くん?」


from 碇くん

subject ゴメンね
============
今朝あんな事になってゴメン、
まさかアスカがビンタまでするとは思わなかったよ。
痛くなかった?ホントにゴメンね。

それに、あの時
大切な人って言ってくれて嬉しかったよ。

ありがとう(*^.^*)

============


レイ「碇くん…」キュン…

ポチポチポチポチ…ピッ


~~~~~~~~

チャラリロン♪

シンジ「返ってきた!」パカッ

名前 綾波

件名 大丈夫
============
何とも無いわ、心配しないで。
大切な人って言ったのはわたしの本心、
わたしは碇くんが好き。
碇くんと恋人同士になりたい。

============

シンジ「ぶっーーー!!」

シンジ「あ、綾波!直球過ぎるよ!」ポチポチポチポチ…ピッ




27:2013/03/15(金) 17:46:42.34 ID:
~~~~~~~~

ピロリン♪

レイ「……」パカッ


from 碇くん

subject 嬉しいよ!
============
綾波の気持ち、確かに受け取ったよ!
僕も綾波が大好きだ!
ずっと一緒に居たいよ!
(^ε^)-☆Chu!!
============

レイ「……///」キュンキュン…
ポチポチポチポチ…ピッ


~~~~~~~~

チャラリロン♪

シンジ「!」パカッ


名前 綾波

件名 わたしも嬉しい
============
直接言えなかったのは残念だった、
でもメールで気持ちが伝わって良かった。
こう言う手段も有ったのね、
メールって便利。
============


シンジ「うんうん、そうだね♪」ポチポチポチ…ピッ




28:2013/03/15(金) 17:47:22.66 ID:
~~~~~~~~

ピロリン♪

レイ「……」パカッ


from 碇くん

subject これからも
============
メールしても良いかな?
直接逢って話とかしてると、
また誰かさんに邪魔されるかもだし、
メールだと素直に表現出来そうだしね!

============

レイ「……」ポチポチ…ピッ

~~~~~~~~

チャラリロン♪

シンジ「……」パカッ


名前 綾波

件名 もちろん
============
わたしからもお願いするわ、

メールだとあまり恥ずかしく無いのね。
碇くん好きよ[ハート]

============

シンジ「にへっ///」ポチポチ…ピッ


~~~~~~~~

ピロリン♪

レイ「……」パカッ


from 碇くん

subject 僕も
============
綾波が好きだよ[ハート]
それじゃそろそろ寝るね、
おやすみ(^ε^)-☆Chu!![ハート][ハート]
============

レイ「碇くん///」キュンキュン

ポチポチ…ピッ


~~~~~~~~
チャラリロン♪

シンジ「……」パカッ

名前 綾波

件名 件名無し
============
おやすみなさい[ハート][ハート]
============

シンジ(ふふっ♪)


29:2013/03/15(金) 17:49:00.94 ID:

~~~~シンクロテスト中~~~~

リツコ「凄いわ、レイとシンジ君のシンクロ率が上がってる」

ミサト「上手くいったみたいねあの二人」

ミサト「で、アスカはどうなってる?」

リツコ「それが、変わり無いのよ」

ミサト「そうなんだ…てっきりメンタルズタボロだと思ったのに」

ミサト「シンジ君の事好きじゃ無かったのかしら…」

リツコ「もしかしてアスカ…怒りで集中力が増してるのかも…」




30:2013/03/15(金) 17:50:47.92 ID:
~~~~~~~~

アスカ「負けてたまるか、負けてたまるか、負けてたまるか、
   負けてたまるか、負けてたまるか、負けてたまるか…」メラメラ

アスカ「コロしてやる、コロしてやる、コロしてやる、
   コロしてやる、コロしてやる、コロしてやる、コロしてやる…」メラメラ


~~~~~~~~

リツコ「このグラフ見て」

ミサト「こ、これは?」

リツコ「ぶちギレ状態ね、これじゃエヴァに乗せたら暴走しかねないわ」

ミサト「まずいわね…」



31:2013/03/15(金) 17:56:15.74 ID:
~~~~~~~~

シンジ「綾波!はいミネラルウォーター」

レイ「ありがと」ニコッ


アスカ「……何よ…いちゃついちゃってさ」

シンジ「べ、別にいちゃついてる訳じゃないよ…」

シンジ「普通に飲み物渡しただけじゃないか」

アスカ「だったらあたしにも奢りなさいよね」

シンジ「わ、分かったよ…」

ガタン

シンジ「はい、いつもの…」

アスカ「あんがと…」プシュ


アスカ「何黙ってんのよ、あんたら付き合ってんならおしゃべりしたら?」

シンジ「うるさいな!アスカには関係無いだろ!放っといてくれよ!」

アスカ(っ…)イラッ!

アスカ「あら、あたしがお邪魔みたいねぇ~」

レイ「ええ」

アスカ「」ムカッ!

アスカ「ふんっ!根暗同士せいぜい仲良くしてなさいよ!」ズカズカ!


シンジ「……(また殴りあいになるかと思った…)」ドキドキ

レイ「……」



アスカ(あの場に居たら、また掴みかかる所だったわ…)ズカズカ

アスカ(あーもう!ムカムカする!)




32:2013/03/15(金) 18:08:08.02 ID:
~~~~葛城邸~~~~

アスカ「もうこんなとこ居られない!」


ミサト「ちょ!アスカ!荷物なんかまとめてどうするの!?」

アスカ「出てく!バカシンジと同じ屋根の下なんかで暮らせないわ!」

ミサト「落ち着いてアスカ!それなんだけど…」


~~~~~~~~

アスカ「え?シンジがここから出る?」

ミサト「ええ、シンちゃんはネルフの宿舎に引っ越しよ」


アスカ「そ、そう…」

アスカ「でもなんで?」
ミサト「あの二人がああなってしまったら、シンちゃんと顔合わせ辛いでしょ?」

ミサト「公私共にライバル視してるレイに、便利な家政夫シンちゃん取られちゃったし…
    だから引っ越ししてって、シンちゃんに頼んだの」

アスカ「別に…ライバル視なんてしてないわよ、エコヒイキなんか…」

アスカ「確かに便利な家政夫持ってかれたのは悔しいけど…」

アスカ「でも、あたしなんかが残っちゃって、いいの?」

ミサト「あたしはあなたの味方よ、安心して」ニコッ


アスカ「ミサト…」ウルッ


アスカ「し、仕方ないわね!そこまで言うなら居てあげるわ!」

ミサト「そうよ、その調子!それでこそアスカよ!」

ミサト(こうでもしないと、この子壊れてしまう…)



33:2013/03/15(金) 18:10:29.14 ID:
~~~~数日後~~~~

シンジ「それじゃ、お世話になりました」ペコリ

ミサト「元気でね、って本部で顔会わすもんね、別にサヨナラするわけじゃないか」フフッ

アスカ「………」

ミサト「荷物は宿舎に送ってあるからね」

シンジ「ありがとうございます、じゃ行きますね」


アスカ「バカシンジ…」

シンジ「ん?何」

アスカ「た、たまには顔出しなさいよね…ここに…」

アスカ「ほ、ほら…多分食生活がガタガタで栄養偏ると思うからさっ」


アスカ「たまにはシンジのハンバーグ…食べたいじゃない…」

シンジ「はは、分かったよ、肝に命じとくよ!」

シンジ「じゃまた!ネルフ本部で!」




ミサト「行っちゃったわね…」

アスカ「………」ジワッ


ミサト「さ、おやつにしましょ!ケーキ買ってきたんだ♪」

アスカ「……」コクン



34:2013/03/15(金) 18:13:54.69 ID:
~~~~~~~~

ミサト「ん~美味しい~♪」

ミサト「ほらアスカも食べなさいよ~」


アスカ「………」


アスカ「……シイ…」ジワッ

アスカ「…サビシイヨ…ミサト…」ポロポロ


ミサト「アスカ…」ギュッ…

アスカ「グスッ…ウック…うぇぇぇ……シンジが居なくなったぁ~…なんでよぉ~…」ボロボロ

ミサト「~~~~~!」

ミサト「大丈夫よ、二人で頑張りましょ…」ギュ~…



~~~~~~~~

アスカ「はぁ…」ゴシゴシ

ミサト「スッキリした?」

アスカ「うん…びどじぎり泣いだらズッギリじだ…」チーン!


ミサト「そう…」


アスカ「さーて、家事分担表書き直さないとね!」

ミサト「ええ」ニコッ




35:2013/03/15(金) 18:17:10.61 ID:
~~~~ネルフ宿舎~~~~

シンジ「A棟106号…ここか…」

ピッ  プシュー

シンジ「お じ ゃ ま し ま~す…」

???「遅かったな…シンジ…」

シンジ「うわああああ!!だ、誰っ!?」ガタタッ!


ゲンドウ「私だ…」クイッ

シンジ「父さん!どうしてここに!?」


ゲンドウ「…引っ越しの、手助けだ…」

シンジ「え?あ、ありが…とう…ござい…ます」



ゲンドウ「これは…何処に置くのだ?」

シンジ「それはその辺に置いててよ、先ず机とかベッドとか設置しないと」

ゲンドウ「そうか…」



~~~~~~~~

シンジ「よし!大体収まったぞ、父さんのお陰でだいぶ早く終わったよ!」ニコッ

ゲンドウ「あ、あぁ… 問題無い…」クイッ


ゲンドウ「本部に…戻る」

シンジ「あ、うん…ありがとう父さん…」

ピタ

ゲンドウ「一つ言い忘れた事が有る…」

シンジ「なに?」

ゲンドウ「レイを頼む…」

シンジ「へっ?あ、はいっ!」



36:2013/03/15(金) 18:20:46.60 ID:
~~~~~~~~

シンジ「なんで父さん…綾波との事知ってるんだよ…」

ポチポチ…ピッ


~~~~~~~~

ピロリン♪

レイ「メール…」パカッ


from 碇くん

subject まいったよ…
============
今日引っ越ししたんだけど、
部屋に父さんが待ち構えてたんだ。
ビックリしたよ(´・ω・`)
まあ、荷物とか色々手伝ってくれたから
すごく助かったけどね(笑)
でも来るなら来るって
連絡くれたら良かったのに。
寿命が3日ほど縮まったよ~

============

レイ「……」ポチポチ…ピッ



37:2013/03/15(金) 18:22:09.49 ID:
~~~~~~~~

チャラリロン♪

シンジ「……」パカッ


名前 綾波

件名 ごめんなさい
============
わたしが報告したの。
迷惑だった?

============

シンジ「……」ポチポチ…ピッ


~~~~~~~~

ピロリン♪


レイ「……」パカッ


from 碇くん

subject ううん
============
迷惑なんて思ってないよ!
ただビックリしただけ(笑)
僕らの事も知ってて二度ビックリだよ(爆)

============

レイ「……」ポチポチ…ピッ




38:2013/03/15(金) 18:25:01.34 ID:
~~~~~~~~

チャラリロン♪

シンジ「……」パカッ


名前 綾波

件名 ごめんなさい
============
それも合わせて報告したの、
言わない方が良かった?

============

シンジ「……」ポチポチ…ピッ


~~~~~~~~

ピロリン♪

レイ「……」パカッ


from 碇くん

subject いいよ(笑)
============
いずれ分かることだし、
あまり怒ってる様子も無いし、
ちょっとホッとした(笑)

============

レイ「……」ポチポチ…ピッ


~~~~~~~~

チャラリロン♪


シンジ「……」パカッ


名前 綾波

件名 件名無し
============
そう、わたしが報告したときも、
最初驚いてたけど、
しばらく黙ってて、
最後に 良かったな…レイ
って言ってくれた。
嬉しかった。

============

シンジ「そうだったんだ」ニコ

ポチポチ…ピッ




39:2013/03/15(金) 18:27:13.87 ID:
~~~~~~~~

ピロリン♪


レイ「……」パカッ


from 碇くん

subject そっか
============
父さんが僕らの事、認めてくれたんだ。
なんだか嬉しいや♪

あ、そうだ。
今度ウチに来なよ!
一緒に料理して食事しよう!

============

レイ「碇くん…」キュン…

ポチポチ…ピッ


~~~~~~~~

チャラリロン♪


シンジ「……」パカッ


名前 綾波

件名 うん
============
行く。
楽しみにしてる。
じゃ、おやすみなさい
碇くん大好き
[ハート][ハート]

============

シンジ「やった♪」ポチポチ…ピッ


~~~~~~~~

ピロリン♪


レイ「……」パカッ


from 碇くん

subject 件名無し
============
おやすみ綾波!
愛してるよ!
(^ε^)-☆Chu!!
[ハート][ハート][ハート]

============

レイ「ウフッ…」キュンキュン




40:2013/03/15(金) 18:45:53.78 ID:
~~~~シンクロテスト中~~~~

リツコ「レイもシンジ君も安定してて良い感じね」

ミサト「アスカは?」

リツコ「聞いてビックリ見てビックリ、今日のトップよ」

ミサト「そう…よかった」ホッ

リツコ「グラフもアングリーな部分が無く、すこぶる良好」

リツコ「ミサト、あなたどんな魔法使ったの?」

ミサト「うふふ、ちょっちね~♪」




~~~~昨夜・葛城邸~~~~

アスカ「シンジのばっきゃろー!!」

ミサト「そーだそーだ~!」

アスカ「エコヒイキのブスぅ~~~~!!」

ミサト「そーだそーだ~!」

アスカ「シンジのつまようじ野郎~~!!」

ミサト「そーだそーだ!恥ずかしい~!!」

アスカ「エコヒイキの冷酷鉄仮面女~~~!!」

ミサト「そーだそーだ!冷酷だ~!!」

アスカ「あたしは天才美少女アスカ様よ!庶民共ひれ伏しなさ~~~~い!!」

ミサト「そーだそーだ!美少女だ~!イカす、しびれる、カッコいい~!!」

アスカ「はぁはぁ…スッキリしたぁ~」

アスカ「ミサト!ビールもう一本!!」

ミサト「はいは~い、おまた~ん♪」

カシュッ! グビッ!グビッ!グビッ! ダンッ!

アスカ「ぷはぁぁ~」ゲフゥッ

ミサト「いよっ!良い飲みっぷりっ!!いい女!!」


41:2013/03/15(金) 18:57:37.85 ID:
~~~~~~~~

リツコ「アスカにお酒飲ませて、あらんかぎりの罵詈雑言を吐き出させたですって!?」

ミサト「そうなの、あたしもムシャクシャしたとき、よくやるし~」

ミサト「スッキリするのよね~♪」

リツコ「それは分かるけど、アスカはまだ中学生よ?良いと思ってるの?」

ミサト「良いじゃな~い、バレなきゃなんでも良いのよ~♪」


リツコ「……呆れた……あなたもしかして、晩酌相手が出来て喜んでるんじゃないの?」

ミサト「実はそう♪」テヘペロ

リツコ「はぁ~…なんてこと…」

ミサト「それでお願いがあるのよ」

リツコ「何よ?」

ミサト「アルコール中毒にならないような薬無いかしら?」

リツコ「いい加減にして!」バキッ!

ミサト「あべしっ!」



42:2013/03/15(金) 19:17:43.21 ID:
~~~~~~~~

アスカ「ミサト~~!」

アスカ「結果どうだった?」

ミサト「アスカがトップよ!」

アスカ「やりぃ!」

アスカ「どーよあんたたち!やっぱり天才美少女アスカ様には敵わないでしょ!?」

シンジ「う、うん…さすがアスカだよ!ははは…」

レイ「あなたには…とても勝てる気がしないわ…さすがね…」

アスカ「ふっふーん、どんなもんよ!あ~気分爽快!きんもちいい~♪」

シンジ「…ははは…」
レイ「…うふふ…」


リツコ「あの二人の様子…なんかおかしくない?」

ミサト「実はね、アスカの機嫌を損ねないように、口裏合わせてたのよ」ヒソヒソ

ミサト「名付けて、アスカアゲアゲ大作戦!」

リツコ「呆れを通り越して泣けてきたわ…」

リツコ「まさかこれ、ずっと続ける気?」

ミサト「もっちろ~ん♪」


アスカ「ミサト~~今夜もアレやろうね~~♪」

ミサト「ええ!思いっきしやりましょ♪」

シンジ「一体なにするんだよ…?」

アスカ「へへ~ん、あたしはあんたたちより先に大人の階段昇ったのよ!」

シンジ「な、なんだよそれ!///」

アスカ「バカシンジ!あんた変な事考えたでしょ!このエロシンジ!!」

シンジ「ええっ!ち、違うよ!そんなこと考えてないよ!」

アスカ「ウソおっしゃい!あんたのその冴えないショボくれ顔に書いてあるわ!」

シンジ「なんだよ~そんなの書いてるわけ無いじゃないか~」

レイ「碇くん…書いてあるわ」

シンジ「マジで!?ウソ!?」

レイ「ウソ」プッ

アスカ「あははは!レイ、あんたもやるじゃない!」ケラケラ

シンジ「酷いや綾波まで…」




43:2013/03/15(金) 20:07:31.76 ID:
アスカ「そうだ、今度ウチに来なさいよ!久しぶりにハンバーグ食べたいわ!」

シンジ「う、うん…良いけど…」

アスカ「レイ!あんたも来るのよ!」

レイ「わかった」



リツコ「驚いた…作戦が効いてる見たいね…あの子達、丸く収まってるわ」

ミサト「でしょ~」

リツコ「さすが奇跡の作戦成功率を誇るミサト様ね」フフッ



ミサト「さ~あなた達!今度と言わず、今日ハンバーグパーティーするわよ!」

アスカ「可決!」
シンジ「否決」
レイ「条件付き可決」

アスカ「条件ってなによ?」

レイ「碇くんの調理の手伝いをわたしにやらせること」

アスカ「なんだ、そんなことか…もちろんOKよ」

ミサト「じゃ決まりね!」

シンジ「」




47:2013/03/16(土) 17:04:32.11 ID:
~~~~葛城邸~~~~

シンジ「綾波、サラダ盛りつけて」

レイ「わかった」


アスカ「お腹減った~!早く~」

シンジ「もう少しだから待ってよ!」

ミサト「久しぶりね~シンジ君の料理♪」


~~~~~~~~

シンジ「さぁ出来たよ!」

アスカ「きゃっほ~い♪いっただきま~す!」

モグモグ…

アスカ「う、美味い…美味すぎる…」ダクダク

ミサト「普段レトルトやコンビニ物ばっかしだったから、感動的だわ~」モグモグ

シンジ「そんなのばかり食べてたら身体壊しますよ」

シンジ「以前アスカにカニ玉教えたじゃないか」

アスカ「だってめんどくさいんだも~ん」

シンジ「はぁ…ダメだこりゃ…」


レイ「美味しい…」モグモグ

アスカ「あれ?あんた肉ダメじゃなかったっけ?」

レイ「麻婆豆腐で克服したわ」

レイ「しっかり火が通ってたら大丈夫…血が滴るようなステーキはダメ…」

アスカ「あれが美味しいのに…」

ミサト「シンちゃんビールお願い」

シンジ「あ、はい」
 
 
 


48:2013/03/16(土) 17:06:46.81 ID:
~~~~~~~~

シンジ「じゃあ僕ら帰りますね」

ミサト「今日はありがとね、お陰さまで堪能したわ♪」

アスカ「また作りに来なさいよね」

シンジ「はは、わかったよ」

レイ「それじゃ」




~~~~~~~~

ミサト「さてと…アレやりましょうか」

アスカ「OK~♪」


アスカ「シンジの薄ら馬鹿~~!!」

ミサト「そーだそーだ!馬鹿野郎だ~!」

アスカ「エコヒイキの赤目はおかしいぞ~~!お前はウサギかっつーの!!」

ミサト「そーだそーだ!おかしいぞ~!」

アスカ「はぁはぁ…スッキリしたぁ~」

ミサト「後はお風呂でサッパリしてきなさい♪」

アスカ「らじゃ!」



ミサト(すっかり良くなったわね、もう大丈夫かな…)

 
 


49:2013/03/16(土) 17:33:40.56 ID:
~~~~シンジの宿舎~~~~

シンジ「は~…えらいめにあったよ…」

レイ「大丈夫?」

シンジ「うん、平気だよ」

シンジ「綾波は?疲れてない?」

レイ「平気」

レイ「碇くんほど疲れてない…座って少し休んで」

シンジ「うん、綾波は優しいな」ニコッ


レイ「ねぇ碇くん」

シンジ「なに?」

レイ「そろそろ名前で呼んで欲しい…」

シンジ「え?あ、そう?」

レイ「わたしも名前で呼ぶ」


シンジ「わかった、名前で呼ぶよ」



シンジ「レイ…」

レイ「シンジ…」



シンジ「なんか照れ臭いね//」

レイ「うん//」


レイ「でも…なんかイイ」

シンジ「そうだね」ニコッ


レイ「ねぇシンジ…」

シンジ「ん?」

レイ「明日買い物付き合って」

シンジ「いいよ、何買うの?」

レイ「お泊まりセット」

シンジ「ぶっーーー!」

シンジ「お、お泊まりセット?」


レイ「ええ、それとパジャマ」

シンジ「パ、パジャマ?」

レイ「それとコップとかペアの食器類」

シンジ「そ、そんなに?」

レイ「ええ」



50:2013/03/16(土) 17:37:47.62 ID:
 
レイ「彼氏が独り暮らしを始めたら、そう言うの買って置くものだって」

レイ「赤木博士が言ってた」


シンジ「リツコさんか…」


シンジ「わかったよ、一緒に買いに行こう」

レイ「ありがと」



51:2013/03/16(土) 17:50:38.50 ID:
~~~~~~~~

シンジ「あ、これなんかどう?」

レイ「いいかも」

レイ「これにする」


シンジ「歯ブラシも同じのにする?」

レイ「もちろん」

レイ「シンジも新しくしたらいいわ」

シンジ「うん、そろそろ換え時だと思ってたからちょうどいいよ」

レイ「次…パジャマ」



~~~~~~~~

シンジ「もしかして…パジャマもおそろい?」

レイ「もちろん」


レイ「この水玉模様がいい」

シンジ「青い水玉と黒の水玉があるね」

レイ「これがいいわ」

シンジ「レイって買い物悩まないんだね」

レイ「買い物に悩むなんて不合理よ」

シンジ「そ、そっか」

シンジ「その方がこっちも助かるよ」
 
 



52:2013/03/16(土) 18:00:27.49 ID:
~~~~~~~~

シンジ「さ、大体揃ったから帰ろうか」

レイ「うん」

シンジ「荷物は僕が持つよ」

レイ「ありがと」




シンジ「……」

レイ「……」ソッ

シンジ「!?」

レイ「手」キュッ

レイ「繋いで歩きましょう」

シンジ「う、うん//」ギュッ




シンジ「今夜は何食べようか?」

レイ「シンジの作るものなら何でもいい」

シンジ「じゃ今夜はシチューにしよう」ニコッ

レイ「うん、わたしも手伝う」ニコッ




おしまい




→→もっとエヴァンゲリオンを読む←←