1:2014/07/07(月) 22:54:05.01 ID:
澪「りつ わたしの かおに すわり あつを かけてくれ」

律「うん いいよ えいえい」

澪「あっー あっー」

律「くるしく ないか」

澪「くるしいよ でも きもちいい」

律「そうか ならもっとだ えいえい」

澪「あっー あっー」

律「どうだ きもちいいか」

澪「さいこう」

田井中律


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404741244

2:2014/07/07(月) 22:55:16.33 ID:
澪「りつ いつ けっこん する」

律「そうだな だいがくそつぎょう したらかな」

澪「ふふ そうか」

澪「じゃあ りつ うぇでぃんぐどれすは どっちが きる」

律「そうだな どれすは むぎに きせたいな」

澪「ふふ そう」

澪「なに」

律「わたしは むぎと けっこんする」

紬「嬉しいわ~」

澪「なん だと」


3:2014/07/07(月) 22:56:03.93 ID:
澪「はあ うつだ」

梓「なんですにゃん みおせんぱい いつにまして しんきくさい」

澪「あずさ」

澪「りつがな むぎと けっこんするって いうんだ」

梓「ふうん どうでもいい」

梓「わたしは ゆいせんぱいと けっこん しますから」

澪「いいなあ しきには よんでくれ」

梓「いいですよ せっかくだから ばんど やりましょう」

澪「そうしよう ふふ いまから たのしみだ」


4:2014/07/07(月) 22:57:27.99 ID:
澪「えっー えっー」

梓「なんですにゃん みおせんぱい きもい こえを あげて」

澪「あずさ」

澪「りつとの しんこんせいかつを もうそうして えつに いっていた」

梓「ふうん さびしい せいしゅん」

梓「だが わたしも ゆいせんぱいとの しんこんせいかつを いめとれ しておこう」

澪「おう いっしょに やろう」

澪「えっー えっー」

梓「にゃっー にゃっー」


5:2014/07/07(月) 22:59:05.30 ID:
唯「お疲れさんです!」

澪「おお ゆい」

梓「唯先輩!?おおお疲れさまです!」

唯「あずにゃーん!今日も可愛いねえ!」

梓「ゆ…唯先輩ったら…」

澪「ふふ ふたりとも なかが いいな」


6:2014/07/07(月) 23:00:10.10 ID:
澪「りつ わたしは むぎに せいせきで かっている」

律「そうだな でも むぎの ほうが かねもちだ」

澪「りつ わたしは むぎに むねの おおきさで かっている」

律「そうだな でも むぎの ほうが かねもちだ」

澪「なんてことだ かねの ちからには かてないのか」

律「そんなこと ない かねに まさる ちから それは あい」

澪「りつ」

律「わたしは むぎを あいしている」

紬「私もよ~」

澪「なんたること」


7:2014/07/07(月) 23:01:00.36 ID:
律「ううう きついよう きついよう みお」

澪「どうした りつ もう そんなに こじかの ように みを ふるわせて」

律「きついよう もう やめたいよう」

澪「いきたいんだろう りつ そら もっと からだを じょうげに」

律「ううう」

澪「ぶどうかんに いくには まず たいりょくづくり」

澪「うでたての つぎは ふっきんだ」

律「ひええ」


8:2014/07/07(月) 23:01:42.20 ID:
澪「くんか くんか すーはー」

梓「なんですにゃん みおせんぱい ぶたの ごとき はないき」

澪「あずさ」

澪「りつの くつが あったから かいでいたんだ」

梓「ふうん くさそう」

梓「どれ わたしにも かがせて みろです」

澪「いいぞ ひだりを やろう いっしょに かごう」

梓「くんか くんか くっせえ くっせえ」

澪「くんか くんか たまらん」


9:2014/07/07(月) 23:02:34.32 ID:
澪「りつ けつを なでさせて くれ」

律「だめだ わたしの けつは むぎの ものだ」

澪「じゃあむぎ けつを なでさせて くれ」

紬「私のお尻はりっちゃんのものだからダメよ~」

澪「くっ あ あずさ」

梓「お断りですにゃん」

澪「ゆ ゆい」

唯「いいよー、ほい」

澪「ふひひ やわけえ やわけえ」

梓「唯先輩!?だ、ダメですよそんな簡単に!」

梓「でもどうせなら次は私で」


10:2014/07/07(月) 23:03:19.77 ID:
梓「唯先輩、ここのところ上手く弾くコツを教えてください」

唯「ここ?ここはねえ、こうギュワーンて感じで」

唯「そこからギュイイイーンって続くの」

梓「唯先輩かっこいい…」

澪(ゆいは うまいし やさしいし)

澪(あずさは かわいい こうはい)

澪(けいおんぶ ちょう たのしい)


11:2014/07/07(月) 23:04:39.17 ID:
澪「むぎ りつは かねめあてだ その さつびらが ねらい なんだぞ」

紬「私は構わないわよ~?」

澪「い いいのか」

紬「りっちゃんはお金が好きで、私もお金が好き」

紬「好きなものが同じなら仲良くできると思わない?」

澪「いわれて みれば」

紬「澪ちゃんはお金嫌い?」

澪「すきかも」

紬「じゃあみんなで仲良くできるわ~」

澪「ほんとだ はは なんだか きせき みたいだ」


12:2014/07/07(月) 23:05:41.15 ID:
和「失礼します」

澪「おお のどか」

和「律、また申請書出てないんだけど?」

律「わすれてた まってて いま かく」

紬「お茶でも飲んで待ってて~」

和「ありがとう」

和「ところで、なんで唯の膝に梓ちゃんが乗ってるの?」

唯「あずにゃんは猫さんだからだよ~」

梓「そうですにゃん」

澪「ふたりは なかよし だからな」

和「そうなんだ」


13:2014/07/07(月) 23:06:36.61 ID:
澪「そっちの へやに すーつが あった りつ きてみて くれ」

律「いいよ ほら」

澪「りつ かっこ

紬「りっちゃん格好いいわ~とってもよく似合ってる!」

律「へへ そうか」

澪(みつけたのは わたし なのに むぎ ばっかり)

律「ほら みお どうだ にあうか」

澪「りつ」

澪「うん うん にあうよ ちょう かっこいい」

紬「ね~」

澪「うん」


14:2014/07/07(月) 23:07:39.26 ID:
澪「あきは せつない なあ」

梓「なんですにゃん みおせんぱい くらい くらすぎる」

澪「あずさ」

澪「あきの せつなさに おもい はせていた」

梓「ふうん じさぼけ」

梓「いまは まだ はるですにゃん」

澪「いまの きせつは どうでもいい」

澪「あきの せつなさに ついて いま かんがえるのが ひつよう なんだ わかるか」

梓「ご ごめんなさい」


15:2014/07/07(月) 23:08:28.35 ID:
梓「先輩たちが卒業したら軽音部はどうなっちゃうんだろう」

憂「新入生一人も入らなかったんだっけ?」

純「しょうがないなー、そしたら私たちが入ってあげようか?」

憂「そうだねー」

梓「本当!?」

純「わたしも みおせんぱい みたいに なりたい からね」

梓「じゅんには むりじゃ ないかな」

憂「私はお姉ちゃんみたいになりたい!」

梓「憂ならなれるよ」

純「なんだよう この あつかいの さは」


16:2014/07/07(月) 23:09:10.63 ID:
律「ゆい みろ こうていに たつまきが」

唯「おお!りっちゃん隊員、出動だ!」脱兎!

律「いくぞ ゆい」だっと

梓「こども みたい ですね あの ふたりは」

紬「私、竜巻に乗って飛ぶのが夢だったの~」脱兎!

梓「こども」

澪「たつまき こわい たつまき こわい」

梓「わたしが しっかり せねば」


17:2014/07/07(月) 23:10:20.07 ID:
澪「りつ ちつを のぞかせて くれ」

律「だめだ わたしの ちつは むぎの ものだ」

澪「じゃあむぎ ちつを のぞかせて くれ」

紬「私の膣はりっちゃんのものだからダメよ~」

澪「くっ あ あずさ」

梓「お断りですにゃん」

澪「ゆ ゆい」

唯「いいよー、ほい」

澪「ふひひ じゃあ さっそく

憂「澪先輩、それ以上は洒落になりませんね」

澪「ご ごめんなさい」

梓(憂…いつの間に入って来たんだろう)


18:2014/07/07(月) 23:11:07.29 ID:
澪「みえる みえるぞ」

梓「なんですにゃん みおせんぱい ききょうな ふるまい」

澪「あずさ」

澪「つつを とおして せかいを みていた」

澪「せかいは かわらない だが せかいの みかたが かわるんだ」

梓「ふうん きょうみぶかい」

澪「わたしの みかたも かわったか」

梓「いいえ ぜんぜん」

澪「がーん」

梓「みおせんぱいの そういう かんせい さいしょから りすぺくと なんで」

澪「てれる」


19:2014/07/07(月) 23:12:34.85 ID:
澪「きめた わたし むぎんちの おてつだいさんに なる」

律「どうした きゅうに」

澪「だって そうしたら りつと ずっと いっしょに いられると おもって」

紬「澪ちゃんなら大歓迎よ~」

唯「えー?それなら私もムギちゃんちのお手伝いさんになりたいー!」

紬「唯ちゃんも来てくれるの?すごい、すごい、今から楽しみだわ~」

律「いいのか みおは ともかく ゆいは てつだわれる ほうだろ」

唯「ぶー!りっちゃんしどい!」

紬「みんな私が養うから大丈夫よ~」

澪「かいしょう あるなあ」


20:2014/07/07(月) 23:13:43.02 ID:
澪「ひとつ かしが かけたぞ」

梓「よし きかせて みやがれ です」

澪「わたしの こいは あいすくりーむ」

澪「なめて ねぶって とろかせて あなたの こうい あい すくりーむ」

梓「ふざけるなッ!なんだそのどビッチな歌詞はッ!!」

澪「ひいっ」

梓「反吐が出るほど甘ったるい、菓子のような歌詞こそ秋山澪の真骨頂だろうが…!」

梓「中の人につられて日和ったかッ!?」

澪「ち ちがうんだ りつの ことばかり かんがえてたら しぜんと こうなって」

梓「………澪先輩」

梓「……あなたに期待しているファンを…あんまり不安にさせないでください……」

澪「ご ごめん あずさ ごめん なかないで くれ」


21:2014/07/07(月) 23:15:10.75 ID:
澪「なつ だなあ」

梓「なつ ですねえ」

澪「みろ」

澪「りつが あせで あんなに すけすけ ひひひ」

梓「なんの」

梓「ゆいせんぱい だって ふとももが すてきに むぼうび にゃへへ」

澪「なつは いいなあ」

梓「なつは いいですねえ」


22:2014/07/07(月) 23:16:21.29 ID:
澪「にっー にっー」

唯「澪ちゃん何してるの?」

澪「すてーじで きんちょうすると えがおが できないから れんしゅう してた」

澪「そういえば ゆいは きんちょう しないな」

唯「うん!お客さんはおかずだから!」

澪「おかず とは」

唯「私たちをご飯とすると、お客さんがおかずでぱくぱく食べられるでしょ?」

唯「だから緊張しないんだよ~」

澪「なるほど さんこうに なる」

梓(言ってることはさっぱり分からなかったけど唯先輩は今日も可愛い)


23:2014/07/07(月) 23:17:16.71 ID:
紬「ぬっ」

澪「ひゃあ おどろいた」

紬「私、澪ちゃんを驚かすのが夢だったの~」

澪「ばか ばか おどろかせて むぎの ばか きらい」

紬「私のケーキの苺、あげるから許して?」

澪「むぎ すきかも」


24:2014/07/07(月) 23:18:10.63 ID:
律「ねつが でて きょうは やすんだ」

紬「りっちゃん、お見舞いに来たわよ~」

律「むぎ ありがとう」

紬「どういたしまして~」

律「ところで みおは いっしょに こなかった のか」

紬「……澪ちゃんね、私に一人で行けって言ってくれたの」

律「そうか」

紬「……やっぱり澪ちゃんに来てほしかった?」

律「そんなんじゃないよ むぎが きてくれて うれしいよ うん それで じゅうぶん じゃないか」

紬「……そうね…」


25:2014/07/07(月) 23:20:17.72 ID:
紬「のっぺらぼう~」

澪「ひゃあ のっぺらぼう」

紬「私、特殊メイクでのっぺらぼうになるのが夢だったの~」

澪「こわい こわい むぎの ばか きらい」

澪「もう おこった いちご くれても ゆるさないぞ」

紬「そう…困ったわ、せっかく新曲が書けたのに…」

澪「ほんとに みせて みせて」

澪「うわあ すごい むぎは やっぱり すごいなあ」


26:2014/07/07(月) 23:21:03.14 ID:
澪「わたしの はつこいは りつ だった」

律「わたしの はつこいは みお だった」

澪「りつ」

律「はつこいは みのらぬ ものだ」

澪「かまわない わたしが おもいつづけて さえ いれば」

澪「そして ろくじゅうねんご」

澪「むぎと しにわかれた りつと そうしきで さいかいする」

澪「きゅうこうを あたためる うちに ふたりは いつしか はつこいの あじを おもいだすのだ」

律「みお おまえの じんせい それで いいのか」

澪「いってて けっこう ぐっと きたので ありかも しれない」


27:2014/07/07(月) 23:21:50.65 ID:
澪「ひっー ひっー」

唯「澪ちゃんさっきからしゃっくり止まらないね」

律「おどかすと しゃっくりは とまるん だよな」

紬「私、澪ちゃんのしゃっくりを止めるのが夢…」

澪「やめて ひっー むぎに おどかされると ひっー しんぞうが ひっー とまって しまう」

紬「残念だわ~」

梓「……実は私、犬だったんです」

澪「なん だと」

梓「しゃっくりは止まりましたか?」

澪「とまってる なんだ あずさ おどろいたぞ」

唯「」

律「お おい ゆいの こきゅうも とまってる」

梓「ゆゆ唯先輩!?嘘ですよ!?あずにゃんは犬じゃなくて猫さんですよ!?唯先輩ー!?」


28:2014/07/07(月) 23:22:33.46 ID:
澪「そうさくいよくが ふつふつと わいて きた」

澪「うおお かくぞ むぎの しんきょくに まけて られない」

梓(どれどれ まえの ように なってないか みて おかないと)

梓(うん こんどは だいじょうぶ いつもの あまい かし)

梓(それにしても あまったるい みてるだけで むねやけ してきた)

梓「むぎせんぱい おちゃ おかわり いいですか」

紬「はーい、ただいま~」

澪「うおお」


29:2014/07/07(月) 23:23:29.26 ID:
紬「いくら澪ちゃんの頼みでもそこは譲れません」

澪「そんなこと いわずに おねがい しますよお むぎさあん」

梓「澪先輩は何をへつらってるんですか?」

唯「会心の歌詞が書けたから、曲を歌詞にあわせて手直ししてほしいんだって」

律「きょくづくりは ふたりに まかせてるけど こんなふうに もめるのは はじめてだ」

律「こりゃあ あれるぞ」

梓(確かに…音楽のことでこんなに熱くなるなんて軽音部らしくない…)

梓(……あれ?)


30:2014/07/07(月) 23:24:12.77 ID:
澪「いやあ ほっと した」

紬「ほつれた糸たちが一本に紡がれるように……今、新曲が完成したわ!」

唯「つむぎだけに!」どやあ

梓「唯先輩……」

梓「でも本当に凄いです!澪先輩の詞とムギ先輩の曲、二人の音楽がぴたりと合わさって…!」

律「ああ これは えいちてぃーてぃーの」

律「いや けいおんぶ しじょう さいこうの きょくと いっても かごん ではない」

律「ようし もえてきた さっそく れんしゅうだ」

一同「おー!」


31:2014/07/07(月) 23:25:03.07 ID:
律「まて まつんだ みお」

澪「うわあん わたし もうだめ さがさないで ください」だっと

唯「澪ちゃん…?あんなに張り切ってたのにどうしちゃったの…?」

紬「……多分そのせいよ…」

紬「最後のライブだからって張り切る分だけ、不安や緊張も大きくなってるのよ…」

梓「なるほど…」

唯「ねえ、私たちも探しに行った方がいいんじゃない…?」

紬「……いいえ、ここはりっちゃんに任せましょう」

梓「…いいんですか?ムギ先輩…」

紬「………」


32:2014/07/07(月) 23:26:13.27 ID:
律「みお みつけた」

澪「りつ りつ どうしよう」

澪「こわいんだ こんなに ふあんに なったのなんて いままでに なかった」

律「じしんが ないのは しっていたが これほどとは」

澪「ううう」

律「しようの ないやつだ ほら」なでなで

澪「りつ」

律「わかるか わたしは ここにいる」なでなで

律「わたし だけじゃない むぎも ゆいも あずさも いるんだ」なでなで

律「じしんが ないのは もう しようがない なら なかまを しんじて もっと きらくに やればいい」なでなで

澪「りつ うん そうする そうするよ」

澪「だから もうすこし このまま」

律「ああ」なでなで


33:2014/07/07(月) 23:27:26.31 ID:
梓「いよいよライブ本番……今日は頑張ろうね、むったん」

律「あずさも ぎたーに なまえ つけてるのか」

梓「そうですよ」

唯「その方が可愛いもんねー、ねえギー太!」

澪「あいちゃくが わいて いいぞ なあ えりざべす」

紬「面白そう!私も……そうね……キー坊にするわ!」

律「むぎまで」

梓「律先輩はどうしますか」

律「わたしか わたしは えっと ええっと」


律「どらむったん」

梓「微妙にパクられた!?」


34:2014/07/07(月) 23:28:23.44 ID:
澪(かいじょうを うめつくす ひと ひと ひと)

澪(それも もう こわくない わたしには なかまが いる)

澪(りつの どらむは きょうも はしる だが きょうの ふんいきに ぴったり ここちよい はやさ)

澪(むぎは きょうも たのしそう みてるだけで こっちまで うきうき してくる)

澪(ゆいは ぼーかるも えむしーも きれっきれ やはり てんさいの たぐいか)

澪(あずさ ちょっと きんちょうぎみ でも その じつりょくは たしか)

澪(つぎなるは おまたせの しんきょく かいじょうの もりあがりは さいこうちょう)

澪(こうよう とうすい そして ねっきょう)

澪(わたしと ばんどと かんきゃくと すべてが いったいと なって ましろな ひかりに のみこまれていく かんかく)

澪(きっと いっしょうの うち この いっしゅんにしか あじわえぬ)

澪(ああ)

澪(おんがく やってて よかった)

澪(いきてきて ほんとうに よかった)

澪(こうして こうこう さいごの らいぶの まくは おりたの だった)


35:2014/07/07(月) 23:29:50.58 ID:
紬「打ち上げはモツ鍋よ~」

澪「なぜ もつ」

紬「順番だったからよ~」

梓「順番…?」

唯「ムギちゃん!ご飯はあるの!?」

紬「たっぷり炊いておいたわ~」パカッ フワッ

唯「ぃやったあ!乾杯しよう!乾杯!」

律「かんぱい ちゃわんで やるのかよ」

唯「そうだよ!ほらみんな、お茶碗持った?それじゃあ……今日はお疲れ様でした!乾杯!」

一同「乾杯!」


36:2014/07/07(月) 23:30:53.71 ID:
澪「やつが くる」

澪「おぞましい ぎょうそうで すそを はく しの あくま」

梓「何ですにゃんいきなり」

唯「やつは数字を見せつけ私を追い詰めてくる……恐ろしい…!」

梓「唯先輩まで…やつとは一体…?」

さわ子「みんなお疲れー……って何で鍋!?」

澪「ひいっ」

唯「ひゃああ」

梓(やつとはさわ子先生のこと…?)

紬「先生、こちらにどうぞ~」


37:2014/07/07(月) 23:31:50.57 ID:
紬「先生もゆっくりしていってください~」

さわ子「モツ鍋で打ち上げも乙なものね」

さわ子「でも、こうなると一杯やりたくなるわね…」

紬「日本酒でいいですか~?」

さわ子「悪いわね……って何でお酒用意してるの!?」

紬「モツを煮るのに使ったんです~」

さわ子「なるほど」

紬「まま、お一つ~」

さわ子「おっとっと」

律「さわちゃん がっこうだぞ ほんとうに のむのかよ」

さわ子「こんな日だもの、いいじゃない」


38:2014/07/07(月) 23:32:54.97 ID:
律「この よっぱらいは」

唯「さわちゃん寝ちゃったね」

紬「裏方として奔走してくれたんだもの…もうしばらく寝かせておいてあげましょう」

梓「そうですね」

澪「ちょうどいい さわちゃんが おきるまで みんな わたしの はなしを きいて くれないか」

梓「何ですにゃん改まって」

澪「むかしの はなしだ なあ りつ いいだろう」

律「そうだな ころあい かも しれないな」

紬「二人の昔の話なの?」

澪「ああ あれは ちゅうがくに はいりたての ころ だった」


39:2014/07/07(月) 23:35:19.08 ID:
律『キャラつくっていこうと思う』

澪『何だよ藪から棒に』

律『中学生になったら音楽やろうって話してたろ』

律『折角だから音楽性に合わせたキャラ付けしようと思って』

澪『まだ始めてもいないのに……で、どんなキャラにしたいんだ?』

律『こんな かんじで いこうと おもう』

澪『!?何その古いゲームみたいなの』

律『ようし そうと きまったら おんがくしつに なぐりこみだ』

澪『お、おい待て律…っていうかそれ音楽関係ないだろ!?』

律『いくぞ うおお』だっと

澪『律ー!?』


40:2014/07/07(月) 23:36:44.21 ID:
澪『律……』

律『ちくしょう あいつら ばかに しやがって』

澪『当たり前だろ…そんな変な1年が入って来たら…』

律『くそう くやしい くやしいよ みお』

澪『…とりあえずそのキャラやめる気は無いのか?』

律『いまさら ひけるか このままで びっぐに なって あいつらを みかえして やる』

澪『馬鹿律…』

澪『しょうがない わたしも つきあって やるよ』

律『みお いいのか おまえまで』

澪『ばかな りつに つきあえる ばかは わたし ぐらいの ものだ からな』

律『みお』

澪『だが もし ほかに こんな ばかに つきあえる やつが あらわれたなら』

律『ああ そのときは きっと』


41:2014/07/07(月) 23:37:28.21 ID:
澪「これが わたしたちの るーつだ」

梓(このキャラが律先輩の浅い思い付きだったとは…)

律「いやあ ちゅうがくじだいは あんこく だったなあ」

梓「ほぼ自業自得じゃないですか…」

律「なんだと なかのー」

紬「さすがに私もそう思ったわ…」

律「むぎまで」

律「ゆい ゆいは わかって くれるよな」

唯「え?なんだって?」ぱく!ぱく!

律「めっちゃ ごはんが すすんどる はなし きいて なかったのか」

唯「ちゃんと聞いてたよ~」ぱく!ぱく!

唯「でもさ」


42:2014/07/07(月) 23:39:39.77 ID:
唯「どんな苛烈な過去があったとしても、私には変えられない」

唯「私にできることといったら……今!一緒に楽しくご飯を食べることだと思うのです!」ふんす!

梓「唯先輩…」

澪「ふふっ ちがいない」

律「まったく ゆいには かなわねーな」

唯「だからほら、みんなもう一度お茶碗持って!……軽音部に!」

一同「乾杯!」


澪「なあ りつ」

澪「私たちは本当にいい仲間に恵まれた」

律「ああ みお」

律「今、最高に幸せだ」


紬(りっちゃん……澪ちゃん……)


43:2014/07/07(月) 23:41:44.59 ID:
澪「しろつめくさ しろつめくさー」

梓「なんですにゃん みおせんぱい のぐそでも なさるの ですか」

澪「あずさ」

澪「よつばの くろーばーを さがして いたんだ」

梓「ふうん それなら ほれ わたしの あしもとに」

澪「でかした あずさ これで いつつ そろった」

梓「そんなに あつめて よくばりな」

澪「いいや これは おしばなにして みんなに くばる ひとつは あずさの ものだ」

梓「わたしに」

澪「もうすぐ わたしは そつぎょうして いなくなる しかし わたしの おもいは ここに」

梓「みおせんぱい」

梓「……澪先輩……卒業したらヤです……」

澪「らいねんは ういちゃんと すずきさんと いっしょに やるんだろう」

澪「わたしが いうのも なんだが あずさが しゃんと しないと」

梓「はいです…」


44:2014/07/07(月) 23:43:56.28 ID:
澪「わっー」

紬「……?」

紬「あっ!わ、わー、驚いたわ~…」

澪「ふふふ おどろいたか これで いままで おどろかされたのと おあいこだ」

紬「そ……そうね……」

紬「………」

紬「……ねえ、澪ちゃん」

澪「なに」

紬「…りっちゃんをとっちゃった私のこと……どう思ってる…?」

澪「にくい しっとの ほむらが わたしの さんずいを ゆに かえる」

紬「そう……そうよね……」

澪「そんな むぎに これだ」

紬「これは…!?」


45:2014/07/07(月) 23:46:05.99 ID:
澪「おしばなを つくった むぎに やる」

紬「私に…?憎い私にどうして……」

澪「まえに むぎが いったろう すきなものが おなじなら なかよく できるって」

澪「けーきが すき おかねが すき おんがくが すき」

澪「りつが すき」

澪「にくい こいがたき でも それいじょうに たいせつな ともだちだ」

紬「澪ちゃん…」

紬「……本当は私もずっと嫉妬してた……私の立ち入れない二人の絆に……」

紬「だから澪ちゃんを驚かせて意地悪して……なのに…ごめんなさい……私……」

澪「しってた そして それは さっきので おあいこと いったろう」

紬「澪ちゃん…」

紬「この押し花…一生大事にするね……」

澪「うん」


46:2014/07/07(月) 23:47:29.61 ID:
澪「りつ ぱんつを みせてくれ」

律「いいよ ほら」

澪「い いいのか」

律「いろいろ がんばって くれた からな ごほうびだ」

澪「そうか ふひひ じゃあ さっそく

梓「どれどれ…うわっ臭そう」

唯「りっちゃんのくせに可愛いぱんつ履いてるー生意気!」

紬「私、みんなでりっちゃんのぱんつ見るのが夢だったの~」

律「な なんだ なんだ みんなして」

澪「そうだぞ わたしの ための ぱんつ なのに」

澪「ふふふ でも なんだか こういうのも たのしい」

澪「みんなで ばかな ことして さわぐの たのしいな」

律「その いわれかたは しんがいだ わたしの ぱんつ なのに」

澪「ふふ おこるな りつ」

澪「やっぱり けいおんぶ さいこう だな!」





→→もっとけいおんを読む←←