1:2013/05/29(水) 13:15:39.82 ID:
注意

・クロス?パロディ?

・百合あり

・亀ペースです

・元ネタ、魔法陣グルグル

秋山澪


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369800939

2:2013/05/29(水) 13:23:14.65 ID:
─ジミナ村─

ガヤガヤ

「なんだこのたてふだ?」

「都の王様からだってよ」

「なんて書いてあんだ?」

「え~なになに…勇者募集?」

「勇者?」

「あ~、なんでも魔王か何かが復活したらしいな。魔王を倒したら賞金が出るって書いてあるよ」

「へ~、魔王ねぇ…賞金は魅力的だけど命がいくつあっても足りねぇや」

「どうする?じゃまだから抜いちまうか?」


3:2013/05/29(水) 13:34:01.17 ID:
「まてまて、これ勇者マニアの田井中さんに見せれば喜ぶんじゃね?」

「あーそうだなぁ」

「ほら、噂をすれば…お~い田井中さ~ん!!」

律父「ん?なんですか?」

「このたてふだ見てみなよ」

律父「こ、これは!!」

律父「律ー!!」ドドドド

「あ~あ、やっぱり持っていった」

「りっちゃんも大変だなぁ」





律父「おーい律!律はいるか!!」バタン

律「なんだよ父さん……」ムニャムニャ

律父「お前こんな時間まで寝てたのか!」


4:2013/05/29(水) 13:45:26.40 ID:
律「いいじゃん別に……」ボー

律父「まあいい!そんな事よりこれを見なさい」バン

律「ん~?勇者募集……なっ!?私、嫌だからな!!」

律母「なに言ってるの『勇者』」

律「げっ!母さん!!」

律父「そうだぞ『勇者』早く旅立って魔王を倒すのだ!」

律「勇者いうな!それに私、女だぞ!聡に行かせればいいじゃん!!」

律母「馬鹿いわないで。聡はまだ子供でしょ」

律「私だってまだ子供だー!!」

律父「だまらっしゃい」ペチーン

律「へぷっ!?」


5:2013/05/29(水) 14:01:06.42 ID:
律父「だいたい男が勇者とかいつの時代の話だ!いまどきゲームとかでも女勇者とか普通だからな」

律「ど、どんな理屈だよ……」

律父「理屈も何もない!とにかくお前は勇者だ、勇者律だ!」バン

律「え~やだよー。それにどうせなら魔法使いの方がカッコ良さそうだしー」

律母「律、残念だけどあなたの頭じゃ魔法は覚えられないわ」キッパリ

律(うっ…説得力あるけどひどい……)

律「と、とにかく私は勇者になんかならないからな!!」

律父「えーい!これじゃ話しが進まん!とっとと城に行って来い!!」バコーン

律「ぎゃ~!」ピューン





律「はぁ、けっきょく追い出されてしまった」テクテク

律「これからどうしよっかなー。一人で行くのもなんだし誰か一緒に来てくれる人は……」


6:2013/05/29(水) 14:12:09.19 ID:
律「そうだ、澪を誘おう!昔から本読んだり頭いいし確か魔法も使えたはず」

律「よ~し、そうと決まれば澪ん家へ行くか」

唯「お~い、りっちゃーん!」

律「ん?唯、それに和じゃん」

唯「りっちゃん今からお城に行くんだって?」

律「えっ?なんで知ってんの?」

和「さっきアンタのお父さんが言いふらしてたわよ」

律「あの親父め……」

唯「りっちゃん大変だねぇ」

律「まあな、それで一人で行ってもつまんないから澪も誘おうと思ってさー」

和(……澪も災難ね)


7:2013/05/29(水) 14:24:11.69 ID:
律「そうだ、和たちも一緒に行かないか?」
和「私は嫌よ」

律「即答かよ!じゃあ唯は?」

唯「ん~村の外は危険がいっぱいだから出ちゃダメだって憂が……」

律「はぁ、そうだよなー…だいたい魔王退治とかふつうありえないっつーの……」ブツブツ

和「まあ、本気で行くのなら止めないけれど気を付けて行きなさい」

律「あー、ありがと」

唯「じゃありっちゃんまたね。ばいば~い」フリフリ

律「おう、またなー」

律「……結局一人か、まあ澪が一緒ならそれでいいや」テクテク


8:2013/05/29(水) 14:33:24.87 ID:


コンコン

律「ごめんくださーい」

カチャ

澪「はーい…ってなんだ律か」

律「なんだとはなんだ!」

澪「もう、うるさいな。何しに来たんだ?」

律「あー…実は澪に頼みたい事があってさ」

澪「頼み?」

律「あのさ、どっかで魔王が復活したらしくて父さんが行けってうるさいんだよ。それで澪も一緒について来てほしいなって」

澪「!?」

澪「や、やだ!絶対にいやだぞ!!」


9:2013/05/29(水) 14:42:29.69 ID:
律「え~…いっしょに行こうよ~。ねぇお願いみぃ~お~」

澪「やれやれ……」

澪「ってダメだダメだ!絶対に行かないからな!!」プイ

律「えー…みおー」

律「みーおしゃーん……」

澪「………」

律「………」

律「……うぅっ」グスン

澪「……律?」チラッ

律「澪!!あの時の…約束は、嘘だったのか!!」バッ

澪「……?」


10:2013/05/29(水) 14:54:37.33 ID:
律「私が勇者で、澪が魔法使いでずっと…ずっと一緒に旅をしようねって…!」ウルッ

律「約束…してたじゃない!!二人で修業したあの日!!」チラッ

律「あの時の言葉は…嘘だったのかー?」チラッチラッ

澪「そんな約束はした覚えはない」ジトッ

律「あれ、そだっけ?」テヘッ

澪「だいたいいつもそうやって律は……」ブツブツ

律(うーん…だめか、ならば……)

律「あれ~?さっきからやけに否定的だけどもしかして澪しゃん魔物(モンスター)がこわいとか?」

澪「そ、そんなわけないだろ!魔物くらいべ、別にへっちゃらだし!」


12:2013/05/29(水) 15:19:52.45 ID:
パロディは初めてですSS書くのも三回目くらいです。


13:2013/05/29(水) 15:29:28.91 ID:
律(フフフ…澪は負けず嫌いだからな。そしてさらに……)

律「澪が行かないなら私一人で行くけどもう澪とは会えないかもなー」

澪「え、な、なんで?」

律「だって今回の旅は大変そうだし、もしかしたら途中で死んじゃうかも」

澪「な、なに言ってるんだよ!そんなの絶対ダメだからな!!」

律(一度不安にさせといてとどめは!!)

律「あ~あ、澪と一緒に旅して綺麗なお城や妖精さん見たかったな~」

澪「お城……妖精さん……?」ポワポワ

律(澪のメルヘン心をくすぐる……完璧!)


14:2013/05/29(水) 15:37:20.54 ID:
律「な?澪、一緒に行こうよ」

澪「しょ、しょうがないな…律は私がいないとダメだからな」

律「やったー!ありがとーみおー」

澪「し、仕方なくだからな///」フイッ


こうして『オサナナ・ジミナ村』を旅立った律と澪は勇者を募集しているお城へと向かったので


律「あった」キリッ

澪「なに一人でナレーションしてるんだ」

律「お約束お約束♪」


15:2013/05/29(水) 15:45:15.23 ID:
澪「まったく」

律「それよりほら。そんな事いってる間についたぞ」

澪「本当だ、大きいな!!」

─お城─

門番「ん?君たち何か用かい?」

律「あ、私たち勇者募集のたてふだを見て来たんですけど」

門番「ああ、それなら向こうの部屋にみんな集まってるから行ってみなさい」

澪「ありがとうございます。律、あっちみたいだぞ」

律「だな、じゃあ行ってみるか」


ワイワイガヤガヤ


16:2013/05/29(水) 15:51:21.52 ID:
律「うわー凄い人だな。これみんな勇者候補か?」

澪「り、律、やっぱり帰ろう無理だよ……」オドオド

律「まだ来たばっかじゃん……」

「おい、王様が来たみたいだぞ」

「おお!やっとか」

ざわ・・・ざわ・・・

律「ほら澪、王様が来るぞ」

澪「えっ?」

「王様のおなーりー」

ジャーン


17:2013/05/29(水) 16:00:49.42 ID:
唯B「みんな、お城へようこそ~」

律澪「」ズルッ

律「ゆ、唯!なにしてんだよ!?」

澪「唯が王様だったのか!?」

唯B「な、なんの事かな~。ゆ、唯なんて人知らないよ~」キョドキョド

律「ウソつけ!めちゃくちゃきょどってるじゃん。それにセリフの前に『唯B』って出てるし」

澪(セリフの前に名前?)

唯B「と、とにかく人違いだよ。世の中には似てる人がいるんだよ」

律「だいたい王ってなんだよ、女なんだからせめて女王だろ」


18:2013/05/29(水) 16:11:40.46 ID:
唯B「うう……う~い~」グスッ

憂「どうしたのお姉ちゃん?」サッ

律澪(憂ちゃんもいるのか…!)

唯B「りっちゃんがいじめるよぅ」

澪(りっちゃんって言ってるし……)

憂「ふーん…へぇー…お姉ちゃんをいじめる人がいるんだー」ユラリ

律澪「ひぃっ!?」ビクッ

律「ス、スミマセン!人違いでした!!」ドゲザッ

澪「ご、ごめんなさい!!」ペコペコ

憂「え?なにか言いました?」キラリ

律澪(ほ、包丁!?)


19:2013/05/29(水) 16:24:54.23 ID:
唯B「憂!もういいよ、りっちゃん達もわかってくれたし」

憂「………」ギラリ

律澪「」ガタガタ

憂「……まあお姉ちゃんがそういうなら」スッ

律澪「ホッ…」

唯B「ところでりっちゃん」

律「へ?」

唯B「りっちゃんは勇者になりたくてここに来たんだよね?」

律「まあ一応そうだけど?」

唯B「う~ん…じゃあもうりっちゃんが勇者でいいや」






20:2013/05/29(水) 16:33:09.74 ID:
律澪「……え?」

律「な、なんで!?普通これから勇者としての資質を調べたりするんじゃないのか!?」

唯B「だってこの中から一人選ぶのめんどいんだもん!」ビシッ

律「ちょ、私が言うのもなんだけどそれでいいのかよ!?」

「そうだそうだー!」ワーッ

「俺たちは何の為に集まったんだー」

ガヤガヤ

唯B「ほえ~」

律「あーあ、みんな納得してないみたいだぞ」

唯B「ど、どうしようりっちゃん」

律「知るか!」


21:2013/05/29(水) 16:41:00.60 ID:
ダン!!

「」ビクッ

憂「みなさん…お姉ちゃんの言う事に従えないんですか?」

「い、いえ、まったく問題ないであります!!」ドゲザッ

憂「お姉ちゃん、みんな納得してくれたよ」ニコッ

唯B「ありがとう、うい~!」ダキッ

憂「お、お姉ちゃん///」

律「……もう憂ちゃんが勇者やればいいと思うよ」

澪「たしかに……」





─玉座の間─



22:2013/05/29(水) 16:48:04.30 ID:
律「ほぇ~。ホントにお城って感じだなー」キョロキョロ

澪「す、すごいな」

唯B「あ、りっちゃん澪ちゃんこっちこっちー」ブンブン

澪「唯が呼んでるぞ」

律「ああ」

唯B「さあ、りっちゃんと澪ちゃんにプレゼントだよ。この宝箱を開けてみて」

律「プレゼント?」

ガチャ

律「こ、これは!?」

澪「……短剣と杖?」

唯B「そうだよ!!」



23:2013/05/29(水) 16:59:20.47 ID:
律「あのさ…こういう時って普通お金が入ってるんじゃないのか?」

唯B「普通はね!でもお金をもらって装備を整えるなんて地味な場面だれも喜ばないよ!!」

澪「地味って……」

律「まあそれもそうだな。それに剣があればなんとかなるか」ブン

澪「そんなもんなのか?」

唯B「さてりっちゃん、さっそくだけどこのお城を出たらまずは北の方にある町に行ってほしいんだ」

律「北?」

唯B「うん、最近町に魔物があらわれて町の人にいじわるするんだって」

律「うーん…さっそく魔物退治か……」

唯B「行ってくれる?」




24:2013/05/29(水) 17:12:10.64 ID:
律「まあ、魔王がどこにいるか分からないし何か情報が得られるかも知れないから行ってみるか」

澪「……本当に無計画だな」

唯B「二人ともありがとう!じゃあ地図を描いてもらうから今日はお城でゆっくりしていってね」

律「ああ、わかった」





平原

律「腹へったよーみお~」グー

澪「もうすぐお昼だしな」テクテク

律「まったく、しきたりだかなんだか知らないけど旅立ちの洗礼があんなに長いなんて……」




25:2013/05/29(水) 17:23:51.15 ID:


『……のパーティとして遠くへ旅立ち……戦う事を誓いますか?』ペラペラ

律(話しなげー)ボー

澪(ふぁ…昨日は興奮してあまり眠れなかったな……)ボー

『……こいつら聞いとらんな』

『………』

『ゴホン、それでは新郎律、新婦澪、二人は病める時も健やかなる時も慰め、助け、永久に愛しあう事を……』

『誓いますか!!』クワッ

律澪『へ!?は、はい!ち、誓います!!』ビクッ

『よろしい!じゃあこれにサインしてとっとといけ!!』

律澪『は、はーい!!』


26:2013/05/29(水) 17:34:11.18 ID:
───
──


澪(……なにかあの時とても大事な事があったような……)

律「みお~弁当食べようよー。作ってきたんだろー?」

澪「えっ?ああ…一応作ったけど時間がなくてこれくらいしか出来なかったんだ……」カパッ

律「おお~おにぎり!うまそ~!!」ヒョイ

澪「その…大きすぎないか?」ドキドキ

律「え~?私ごはん好きだし。好きだぞ、澪が作ったおにぎり」

澪「!!」

澪「そ、そうか?」ニコニコ

律「うん!うまい!!」パクパク

澪「ふふ…ところで律?」

律「ん~?」モグモグ


27:2013/05/29(水) 17:42:38.21 ID:
澪「私たち今どれくらい来たんだ?」

律「えーっとちょっとまって、この地図によると……」ゴソゴソ

律「……あれ?」

澪「どうしたんだ、律?」

律「……ない」

澪「……え?」

律「地図…なくしちゃった……」

澪「なくしちゃったって!?どどど、どうするんだよりつぅ~!」ガシッ

律「お、落ち着け澪!」ガクガク

澪「こ、このままもし遭難したら……」ガタガタ


28:2013/05/29(水) 17:58:40.40 ID:
律「だ、だいじょうぶ!こんな時のために良いもの持ってきたんだ」

澪「……良いもの?」ウルッ

律「ああ、えっとたしかこのへんに……あった!」ゴソゴソ

テテテテッテテー

律「HTTナビ~」ジャーン

澪「HTTナビ?」

律「ああ、これは目的地を入力すれば音声で道案内してくれるすぐれものなんだ」

澪「へぇすごいな。でもHTTって何の事なんだ?」

律「それは言えません!」ドン

澪「……HTTってなn律「言えません!!」ドーン


29:2013/05/29(水) 18:04:10.50 ID:
澪「……じゃあ行くか」

律「うむ」





─北の方の町─

澪「よかった…無事にたどりついた」

律「ああ、それにしても思ったより人多いな」

澪「うん、でも町の人っていうより武具を付けてる人がおおいみたいだ」

律「んー…たしかに。ま、そんな事よりまずは魔物の情報を集めないとな」

澪「そうだな」

律「あそこにいる人に聞いてみるか。すみませーん!」


30:2013/05/29(水) 18:12:18.11 ID:
「ん?見かけない顔だね旅の者かい?」

律「えーっと、まあそんなとこ。ちょっと城の方からね」

「城から?またなんで?」

律「最近この町で魔物が悪さをするっていうから魔物退治を頼まれてさ」

「ええっ!?あんたら魔物を退治してくれるのかい!?」

律「一応そのつもりだけど」

澪「本当に大丈夫なのか律?」ボソボソ

律「だーいじょうぶだって」

「それはありがたい!それならこのあたりの領主様のお屋敷で詳しい話しを聞いてくれ」

澪「領主様?」


31:2013/05/29(水) 18:19:41.33 ID:
「ああ、領主様が兵を雇ってこのあたりの魔物を押さえつけて下さったんだが最近じゃそれでも魔物が町へ悪さをしに来るんだ」

律(それで武具を付けている人が多かったのか……)

律「それじゃあその領主様に話しを聞けば良いんだな」

「ああ」

律「うーん、じゃあ行ってみるか。おっちゃんありがとー!」

澪「ぁ、ありがとうございました」ペコリ

「おう、坊主も嬢ちゃんも頑張れよ!」

律「なっ!?」

澪「ぷぷっ…坊主…」クスクス


32:2013/05/29(水) 18:27:37.97 ID:


律「おーい。いつまで笑ってんだよ澪~」

澪「だ、だって…坊主」クスクス

律「む~あのおっちゃんも失礼だよなー。こーんな美少女をつかまえて」

澪「くっくっ…そうだな…」

律「まったく、一回つぼに入るとなかなか抜けないんだよな澪は」プイ

澪「あはは、ごめんごめん」

律「ふん…っていうか屋敷みえないなー」

澪「さっきの人の話しだとすぐって言ってたんだけど……」

律「ナビじゃもう着いてんだけどな~。それにしてもさっきからあるこの高い壁はなんなんだよ」




33:2013/05/29(水) 18:33:50.31 ID:
澪「とりあえずこの壁づたいに歩いてみるしか……律、あそこに人がいるぞ」

律「お、本当だ、あの人に聞いてみよう」

律「すみませーん」

門番「何だい?」

律「このあたりの領主の屋敷ってどこにありますか?」

門番「ああ、それならここだよ」

律澪「えっ?」クルッ

ドドーン

律「うわ!?」

澪「な、なんだこれ!?」


34:2013/05/29(水) 18:43:31.71 ID:
律「城みたいにでかいぞ!?」

澪「さっきの壁は全部塀だったのか!?」

門番「ああ、この屋敷は町で何かあった時の最後の砦だからね。いざという時はみんなが避難できるようになってるんだ」

澪「す、すごいな……」

門番「ところで君たちは?」

律「あ、私たちちょっと魔物退治に」

澪「そんなおつかい頼まれた子供みたいに……」

門番「おお!魔物退治に協力してくれるのかい?戦力は一人でも多い方が良い。執事さんに話しをしてくるから待っててくれ」

澪「あっ」

律「いっちゃった……」


36:2013/05/29(水) 20:21:36.84 ID:




門番「いやーおまたせ」

澪「来たみたいだぞ律」

律「ん」

執事「ようこそいらっしゃいました」

律澪「ど、どうも……」

執事「ただいま旦那様は仕事で留守にしておりまして…そこでぜひ、お嬢様の方からお話をさせて頂きたいとの事なんですが……」


37:2013/05/29(水) 20:30:55.46 ID:
律「お嬢様?どうする澪?」

澪「うーん…どっちにしても話しを聞かなきゃ先に進めそうもないしな」

律「そうだなー。じゃあ行ってみるか」

執事「おお、それではこちらへ」サッ

律「おじゃましまーす」

澪「お、おじゃまします」



律「うわー。高そうな壺……」サワサワ

澪「あんまり触って壊したりするなよ」

執事「どうぞこちらのお部屋へ。すぐにお嬢様が参りますので……」カチャッ

律「はーい」

澪「……なんだか緊張するな」

律「こんな屋敷に住むお嬢様ってどんな人だろうな」

澪「住む世界が違いすぎてけんとうもつかないよ」

律「だなー…」




38:2013/05/29(水) 20:37:38.39 ID:
しゃらんらしゃらんら

律澪「!!」

律「来たみたいだぞ」ヒソヒソ

澪「失礼のないようにしろよ」ヒソヒソ

?「ようこそいらっしゃいました」ペコリ

律澪「は、はいっ!」

澪「綺麗な人だな」ヒソヒソ

律「……なんだろう花を背負ってるように見える」ゴシゴシ

?「お城の方からいらっしゃったとか。さぞおつかれでしょう」

澪「い、いえそんな事……」
律「あー少し」




39:2013/05/29(水) 20:45:45.14 ID:
澪「お、おい!?律!!」

律「だってー疲れたんだもーん」

?「くすっ」

澪「あ、どうもすみません///」

?「うふふ…良いのよ」ニコニコ

澪(うう…はずかしい……)

?「あっ、そういえば申し遅れました。私、琴吹紬っていいます」

澪「琴吹…紬…さん」

律「ん~紬かー。紬、つむぎ、ムギ…良し!よろしくなムギ!!」

澪「だから何でそんなにかるいんだよ!!」ゴツン

律「いてー!?」

紬「………」キラキラ


40:2013/05/29(水) 20:55:22.08 ID:
澪「あ…ごめんなさい!ほら、律もあやまれ!!」

紬「ううん!良いのっ今まで私の事そんな風に呼んでくれる人いなかったから凄く嬉しいの!!」

律「へっ…?ほ、ほらみろだいじょうぶじゃん」

澪「え……えっ?」

紬「ふふふ、それでね、えっと……?」

澪「あ、私は秋山澪です、それでこいつが」

律「ふっふっふっ、私は容姿端麗、頭脳明晰、さわやか笑顔で幸せ運ぶみんなのアイドル、田井中~」
紬「りっちゃんね!」

律「へっ?」キョトン




41:2013/05/29(水) 21:02:15.36 ID:
紬「だってさっき澪ちゃんが律って呼んでたもの」

律「ちぇ、なーんだ」

澪「っていうか自分だけ持ち上げすぎだろ……」

紬「うふふ」ニコニコ

律「えーっと、それで何だっけ?」

紬「あ、そうそうそれでね、りっちゃんと澪ちゃんにお願いなんだけど……」

律「なんだ?」

紬「二人にこの辺りのボスを倒してほしいの」

澪「へ~ボスか………ってボス~!?」


42:2013/05/29(水) 21:11:41.04 ID:
律「お、おい澪!?」キーン

澪「ボスっていったらこのあたりで一番強いんだろ!?怖いんだろ!?やめようよ、りつぅ~」ガクガク

律「落ちつけ澪!」

澪「はっ!ゆ、夢か、いや~びっくりしたよ私が魔物退治なんて変な夢だよな~アハハハハ…」

律「はいはい澪しゃんあきらめましょうね~」

澪「いーやーだー」ウルウル

紬(た、楽しい!!)

澪「だいたい私たちまだ一度も魔物と戦った事ないのに何で律はそんなに余裕なんだよ!」グスッ

律「そ、それは……」

澪「……それは?」ジッ


43:2013/05/29(水) 21:21:36.83 ID:
律「澪がいるから、かな……」ポリポリ

澪「ええっ!?///」カアッ

律「あっ、そのー…あれだ!私が出来ない事を澪が出来るし、澪が出来ない事を私がフォロー出来るっていうかなんていうか///」アセッ

律「と、とにかく!私は澪がいればなんだって出来るんだよ!!///」

澪「う、うん///」

律「澪はどうなんだよ///」

澪「わ、私?私は…私も、かな///」

律「みぃ~お~!!」ダキッ


45:2013/05/29(水) 21:27:28.44 ID:
澪「り、りつっ!?///」

紬「!!」

紬(こ、これは……!!)ウットリ

澪「こ、こら、まだ話しの途中だろ!離れろ///」グイグイ

律「えー」シブシブ

紬(あぁ…終わっちゃった……)

澪「そ、それで琴吹さん、このあたりのボスって?」

紬「………」


46:2013/05/29(水) 21:35:20.57 ID:
澪「……琴吹さん?」

紬「つーん」プイッ

澪「えっと…もしかして……ム、ムギ?」

紬「なぁに澪ちゃん?」ニコッ

澪(そんなにムギって呼ばれたのが嬉しかったのか……)

澪「そのボスの事なんだけど」

紬「うん、あのね。この町も昔は古くから伝わる踊りが有名でとても平和なまちだったの」

紬「それがボスを名乗る魔物があらわれてからは町に魔物がおりてきて悪さをするようになって……」

律「ふむふむ」


47:2013/05/29(水) 21:44:23.82 ID:
紬「たくさんいた踊り子たちも他の町に避難して……。ボスさえ倒せばまた昔の様に活気のある町に戻ると思うの」

律「なるほどな。……つまりどういう事だ澪?」キリッ

澪「わかってなかったのか…。だからボスが来るまで平和だったんだからボスさえ倒せば魔物の統率がとれなくなって町に手をださなくなるんじゃないかって事だろ?」

律「おーそういう事か」ポン

澪「とにかく、どんな相手なのか作戦を練らないと……」

律「え~めんどくさい~」グテッ

澪「しっかりしろっ!」

バタン

執事「お、お嬢様~っ!!」


48:2013/05/29(水) 21:52:00.87 ID:
律「ん?…さっきの執事さん?」

紬「どうしたの斉藤、そうぞうしい」

斉藤「も、もうしわけございませんお嬢様…!それがまた町に魔物があらわれまして…!!」

紬「!!」

律「魔物か!澪行ってみようぜ!!」

澪「えっ、でも作戦は!?」

律「そんなのいーから、なんとかなるって!」ギュッ
澪「お、おい、りつぅ~」ズルズル

紬「まって、私もいくわ!」タッタッタッ

斉藤「お嬢様!?」





キャーキャー

 


54:2013/05/30(木) 20:10:59.06 ID:
律「あっちから声がきこえる、急ごう澪」

澪「ま、待ってよ律」

紬「りっちゃーん、みおちゃーん!」タッタッ

律「ん?なんだ、ムギも来たのか」

紬「うん!」

斉藤「な、なりませんぞ!お嬢様!!」

紬「斉藤!?」

斉藤「これより先は危険です!」

紬「でも、りっちゃん達は……」

斉藤「律様は鍛えておられるから大丈夫なのです!!」

律「いやいや……」



55:2013/05/30(木) 20:16:12.12 ID:
斉藤「たとえばこのような巨大なハンマーで殴られても」ズン

紬「まあ、本当?」キラキラ

律「……へ?」

斉藤「い、いきますぞ~」フラフラ

律「ちょっ、まっ!?」

バッ!!

澪「り、律をいじめるな!!」ウルッ

し~ん・・・




56:2013/05/30(木) 20:24:12.38 ID:
斉藤「も、申し訳ございません。つい勢いで……」スッ

澪「ホッ…」

律「いやー助かったよ澪」モゴモゴ

澪「律、だいじょうぶか?………ってどこに隠れてるんだ!?///」

ガチン!!!

斉藤「おお…会心の音が…!」

紬「スカートの中に……///」ハァハァ

律「きゅ~~~……」ガクッ

澪「ああ、律!?」

斉藤「気絶しておられる……」


57:2013/05/30(木) 20:31:53.84 ID:
「なんだなんだ~」

紬「!?」

「なにやら騒がしいと思ったらここにも人間がいたか」

澪「ひぃ!?魔物!?」

斉藤「り、律様……は、まだ気絶しておられる。ど、どうすれば……!」

「うん?……ほう、美しい娘だ。よし、お前らは魔王様への貢物として山へ連れて行こう」

斉藤「な、なんですと!?」

澪「えっ!?」ガシッ
紬「きゃっ!?」ガシッ

斉藤「ま、まちなされ!!」


58:2013/05/30(木) 20:37:06.89 ID:
「ふははは……さらばだ」

紬「斉藤~!」
澪「律ぅ~!」

斉藤「お嬢様~!!」


─紬邸─

律「……うぅっ」フラ

斉藤「おお!律様、お目覚めに!!」

律「う~ん?私はたしか……あれっ澪は?」


59:2013/05/30(木) 20:53:27.68 ID:
斉藤「それが…澪様とお嬢様が魔物にさらわれてしまいまして……」

律「な、なんだって!?」バン

律(くそっ!!澪がさらわれるなんて……………澪!?)

律「し、しましまのどんぶりっ!?」ガタッ

斉藤「り、律様!?」

律(な、なぜ澪を思い出そうとすると縞々のどんぶりが……?)

斉藤「やはり頭を強く打たれて…おいたわしや……」

律(澪…思い出せないけど無事だろうか。こんな大変な時に私は気絶してたなんて情けない……)

律「私が付いていながらみすみすさらわれるなんて…。いなくなって改めて気付いた……私、やっぱり澪の事愛してる!!こんな恥ずかしい事、人には絶対聞かれたくないけど!!」キリッ

斉藤「良い話しじゃ~」ウルウル




60:2013/05/30(木) 20:58:27.58 ID:
そのころ・・・

紬「………」

紬「キマシタワー!!」キュピーン

澪「ど、どうしたんだムギ!?」ビクッ

紬「ちょっと受信したの~」ニッコリ

澪「……受信?」


遠くにいながらにして百合を感じとっていた


61:2013/05/30(木) 21:09:19.07 ID:




律「ところで澪たちは何でさらわれたんだ?」

斉藤「はあ、何でも美しい娘を魔王への貢物にするとか」

律「な、なに!?」バン

斉藤「り、律様!?」

律「くそっ!!何で…何で……!!」ギリッ

斉藤(おお…さぞ澪様の事が心配なのでしょう…。わかります、わかりますぞ…私も紬お嬢様に何かあったらと思うと……)ホロリ

律「……なんで私は連れて行かれなかったんだー!!」ドーン

斉藤「……は?」

律「私だって美しいだろ!?なんだ?胸か?胸なのか?ちくしょー!!」



62:2013/05/30(木) 21:16:10.85 ID:
斉藤「律様、落ちついて下され」アワアワ

律「どうにもならない今日だけど~♪へーいたんな胸じゃきっとつまらな~い♪……ってやかましいわ!!」ガシャーン

斉藤「律様がご乱心なされたー!?」

されたー

れたー

たー





─砦─

律「ふぅ…色々あったけどなんとか砦までたどり着いたぞ。……まってろよ澪、ムギ!」




67:2013/05/31(金) 20:10:33.84 ID:


─牢屋─

澪「私たちどうなっちゃうのかな……」グスッ

紬「きっと大丈夫よ。りっちゃんが助けに来てくれるわ」

澪「うう…むぎ~」ギュッ

紬(りっちゃんと離れて不安なのね)ナデナデ

澪「ぐすっ……そうだよな、律が来てくれるよな」


律「うわ、魔物かっ!?」ズバ
「ぐえっ!」ドサ


澪「う~ん、う~ん……」ググッ

紬「なにしてるの澪ちゃん?」


68:2013/05/31(金) 20:22:42.37 ID:
澪「いや、せめて牢屋から出られればと思ったけど鉄で出来てるしやっぱり開かないな」

紬「私もやってみたい…!」キラキラ

澪「あはは、いいけどムギじゃ無理だよ」

紬「えーっと、こうやって引っ張るのね」グッ

紬「……えいっ!!」グイ

ぐにゃり

澪「えっ?」

紬「えっ?」

澪「て、鉄が曲がった!?」

紬「あ、開いちゃった」


律「んー…どっちだろう……。左に行ってみるか」タッタッ


紬「な、なんで曲がったのかしら?」

澪「ハハ…きっと傷んでたんだよ(私も同じ所をやったけど……うん、ムギは怒らせないようにしよう)」



69:2013/05/31(金) 20:30:25.35 ID:
澪「と、とにかくこれでここから出られるぞ!もしかしたら律も来てるかもしれないし律をさがしながら出口さがそう」

紬「そうね!」


「まて~人間め!」
律「うわー逃げろ~」タッタッ


紬「待って澪ちゃん」バッ

澪「ど、どうしたんだムギ?」ビクビク

紬「しーっ、あそこに魔物がいるわ」コソコソ

澪「……本当だ。何か話してる」


70:2013/05/31(金) 20:41:01.23 ID:
「おい、何か人間が一人忍び込んだらしいぞ」

「うむ、いったいどんな奴なのだろう」

「なんでも茶髪のちんちくりんなガキらしい」

澪紬「!!」

澪「律だ!やっぱり律が助けに来てくれたんだ!」ヒソヒソ

紬「魔物たちもこの砦に集まって来てるみたいだし早くりっちゃんを見つけて逃げなくっちゃ……」ヒソヒソ

「とにかく我々の手で捕まえるぞ」

「おう!」

ドドドド・・・

紬「……行ったみたいね」ヒョコ

澪「なあムギ、あそこ!」クイッ

紬「……ドア?」


71:2013/05/31(金) 20:48:25.95 ID:
澪「あのドアの方に行ってみるか?」

紬「そうね…ここで見つかったら逃げ場もないし……」

澪「行くしかない、か」ドキドキ

紬「ええ、行ってみましょう」ワクワク

ガチャッ


律「いったい二人ともどこにいるんだ?」

律「まさかもう魔王の所へ!?……いや、まだそんなに時間はたってない。この砦にいるはず……」

律「そうだ!こんな時こそ落ち着いて………」スッ


72:2013/05/31(金) 20:53:32.36 ID:
シーン・・・

律「………」

律「………」

律「……いた!澪の足音だ!!」

律「向こうか!」タッタッタッ


バタン

澪「結構進んだけど出口も律も見つからないな……」

紬「でも今から引き返すのも危険ね」

澪「そうだな………あっ!」

紬「どうしたの澪ちゃん?」


73:2013/05/31(金) 21:03:27.41 ID:
澪「今度はドアが2つある……」

紬「ドアが2つ?両方開けてみる?」

澪「いや、こういう場合ひとつは罠だと考えた方がいい。冷静に考えないと……」

紬「そうなんだぁ」

澪「でもどっちに行けば……」チラッ

右・・・ぬこ部屋
左・・・コスプレ部屋

澪「左は絶対いやだー!」ダーッ

紬「ま、まって澪ちゃん!?」

バタン


ゴゴゴゴ・・・


74:2013/05/31(金) 21:13:12.58 ID:
紬「澪ちゃん……」

澪「う、うん…この部屋はダメだ……!」

紬「早く出ましょう!」

?「そうはいかないデス」

澪紬「きゃ~っ!?」

?「ふふふ…あなた達が逃げた事はとっくに知ってたです!」

澪「だ、だれだ?」ビクビク

?「ふふっ、いいでしょう冥土の土産に教えてあげます」

?「私はこのダンジョンのボス、アズキャットです!」

澪「ア、アズキャット…!?」

紬(猫耳の女の子!!)キラリッ


75:2013/05/31(金) 21:22:47.80 ID:
アズC「今からあなた達を魔王様の所へ連れて行ってやるです」

澪(うぅ、律…助けて!)

「待て!そこまでだ!!」

澪「この声は……」

澪「律!!」

バーン

律「みおっ!!」ダッ

澪「りつぅ~」バッ

律「………」ピタ

澪「?」

律「お前はだれだ!」

澪「えっ?」

律「私の澪はしましまのどn澪「何を考えてるのか想像つくけど取りあえず忘れろ!///」ゴツン

律「あ痛っ!?」


77:2013/06/02(日) 14:31:39.35 ID:
ワイワイガヤガヤ

アズC「………」

アズC「わ、私を無視しないで下さい!!」クワッ

律澪「うわっ!?」ビクッ

アズC「急に現れてあなた何なんですか!?」

律「ん?……だれ?」

紬「りっちゃん、この子がこのあたりのボスよ」

律「なにっ!?」

アズC「ふふふ…今更あやまっても許しませんよ」

律「……何か弱そうだぞ」

アズC「!?」




78:2013/06/02(日) 14:42:57.28 ID:
澪「お、おい律」

アズC「……もう怒ったです」チャキッ

律「来るかっ!?」チャッ

アズC「やってやるです!」シャッ

律「はっ!」キン

アズC「まだまだ!!」ブン

キンキンキンキン

律「な、なんて速さだ…!」キーン

アズC「ふっふっふ」シュッ

紬「まずいわ…りっちゃんが押されてる!」

澪「律!」


79:2013/06/02(日) 14:57:59.24 ID:
律「くっ!いったん距離を…!」バッ

アズC「逃げても無駄です!!」シュッ

ブォン・・・シュルルル

律「うわっ!?」サッ

澪「律ー!!」

紬「なに!?なにか投げたわ!?」

アズC「ふふふ…私の髪は巨大なひじきで出来ていてブーメランになるのです!」パシッ

澪「何だって!…このままじゃ律が危ない。……でもどうしたら」

律「距離をとってもひじきが来るし近づいても速さじゃ勝てない……このままじゃまずいな」

澪(魔法は使えるけど実際にどんな効果があるか試したこと無いし……)
澪(でもこのままじゃ律がやられちゃう!!)グッ

紬「!」


80:2013/06/02(日) 15:04:55.08 ID:
紬「み、澪ちゃんなにしてるの!?」

澪「ムギ!危ない(かもしれない)から離れて!!」シャーッ

紬「これは…!魔法陣!?」

アズC「ふふふ…とどめです!!」ブワッ

律「くっ!」

澪「律!離れてー!!」タンッ

律「澪!?」バッ

アズC「な、なに!?」ビクッ

ぼうん!

律「やった、魔法か!?」


81:2013/06/02(日) 15:14:33.59 ID:
アズC「な!?きゃあぁぁぁぁぁ!」

アズC「……あれ?何も…起きてない?」

律「な、なんだ?失敗か?」

律「……ってなんだこれ!?」ビクッ

ねこのしっぽ「…」フリフリ

紬「地面から…しっぽがはえてる?」

しっぽ「…」パタパタ

律「これ…澪の魔法だよな。どんな効果があるんだ…?」

澪「わ、分からないよ、今日初めて使ったし……」

しっぽ「…」フリフリ


82:2013/06/02(日) 15:21:00.82 ID:
アズC「良く分かりませんが失敗したみたいですね。こんなしっぽなんて……」

しっぽ「…」パタパタ

アズC「何の…」ピクッ

しっぽ「…」フリフリ

アズC「役にも…」ウズッ

しっぽ「…」パタパター

アズC「………」ウズウズ

しっぽ「…」フリフリー

アズC「こ、これは飛び掛からずにはいられないです!!」バッ


83:2013/06/02(日) 15:28:42.81 ID:
律「な、なんだ!?急にしっぽに飛び掛かったぞ!?」

澪「どういう事だ?」

紬「……!」

紬「そうよ!わかった!あれは大っきなねこじゃらしだったんだわ!」

澪「ね、ねこじゃらし?」

律「言われてみれば確かに猫っぽい魔物だけど……」

アズC「ふんっふんっ!」シャッシャッ

しっぽ「…」ヒョイヒョイ

律澪紬「………」ポカーン


84:2013/06/02(日) 15:36:34.39 ID:
律「……はっ!い、今だ!!」

澪「そ、そうか、今は隙だらけだ!」

律「いくぞー!うお~!」バッ

澪「いけーっ!りつぅーっ!!」

アズC「んにゃ~ん」ゴロゴロ

ドカッ!!

アズC「ぐっぐふっ!」ドサッ

律「……またつまらぬ物を切ってしまった」シャキーン

澪「や、やったのか!?律!」

律「ああ」ビッ

紬「やったねりっちゃん!」


85:2013/06/02(日) 15:47:29.97 ID:
ガチャッ

「なにやら騒がしいな」

「ああっ!?アズC様が倒れてる!?」

律「ふっ…峯打ちだ…さっさと連れてこの町から出てけ!(一度こういうセリフ言ってみたかったんだ)」キリッ

「うぐぅ…ここはひとまず退散だ!」スタコラ

紬「……行っちゃたわね」

澪「も、もう大丈夫なのか?」ビクビク

律「ああ、ボスも倒したしこれで町も平和になるぞ」

紬「ありがとう!りっちゃん、澪ちゃん!」

澪「それじゃあ早くここから出よう」ソワソワ

律「そうだな町の人たちにも早く報告しないと」

紬「それじゃあ帰りましょう」

律「ああ」


86:2013/06/02(日) 15:56:04.62 ID:




─琴吹邸─

紬「りっちゃん、澪ちゃん、二人にはどんなにお礼を言っても足りないわ」

斉藤「まことに…こうして無事お嬢様も助けていただいて」

律「いやー別に良いって」

澪「ああ、でも魔王に関しての情報は得られなかったな」

律「うーん…取りあえず一度城に戻ってみるか。なにか新しい情報が得られるかもしれないし」

澪「そうだな」

紬「………」


87:2013/06/02(日) 16:04:24.64 ID:
紬「今日はもう疲れたでしょう?今夜はうちに泊まって行って」

律「良いのか?」

澪「ありがとうムギ」

紬「ううん、良いの。遠慮しないでね二人とも」

斉藤「それでは私はお部屋のご用意を……」

紬「お願いね斉藤。あ、それと………」ヒソヒソ

斉藤「は、はあ…?よくわかりませんがお嬢様がそうおっしゃるのならそのように」

紬「うふふ…」ニコニコ

律澪「?」


88:2013/06/02(日) 16:11:50.03 ID:




カチャ

斉藤「こちらのお部屋でございます」

律「入ろうぜ澪」

澪「し、失礼します」スッ

律「うお、また凄い部屋だな」

澪「うわぁ…本当だ」

斉藤「それでは私はこれで、何か御用の際はなんなりとお申し付下さいませ。それでは失礼いたします」ペコリ


89:2013/06/02(日) 16:21:38.24 ID:
パタン

澪「本当に凄く広い部屋だな……」

律「ああ…そしてそこに不自然なほど小さい……」

律澪「ベッド」

澪「な、なんで一つしか無いんだよ!?」

律(さっきのムギの耳打ちはこれか……)

律「どうする?執事さん呼んでもう一つ出してもらうか?」

澪「での…部屋まで用意してもらってそれも申し訳ないような……」

律「じゃあ良いじゃんくっついてれば入るし」

澪「それは…そうだけど…///」

律「あれあれ~みおしゃんお顔まっかになっちゃって」

澪「なっ!?そんな事///」


90:2013/06/02(日) 16:26:50.30 ID:
律「もしかして何か期待してるのかな?」ボソッ

澪「り、りつ…?///」ドキッ

律「ふふふ…今夜は寝かせないぜ!みおちゅわ~ん!!」ガバッ

澪「きゃっ!?///」ドサッ

律「………と、行きたい所だけど」

澪「……?///」

律「いるんだろ?……ムギ」


91:2013/06/02(日) 16:34:29.46 ID:
カチャ

紬「ふふっ、バレちゃった」

澪「なっ!?ム、ムギ!?///」ガバッ

紬「ごめんなさい、おじゃまだったかしら」

律「ん~…まあ、ね」チラッ

澪「///」プシュー

紬「ふふっ…ごめんね澪ちゃん。でも覗くつもりじゃ無かったのよ」

律「うん?」

紬「あのね…明日、りっちゃんと澪ちゃん帰っちゃうんでしょ?」

律「まあそのつもりだけど」


92:2013/06/02(日) 16:43:06.53 ID:
紬「……私ね、二人にお願いがあるの」

澪「な、なんだ?///」

紬「私も…私も二人について行きたいの!」

律澪「ええっ!?」

紬「あのね、ずっと考えてた事なの。…この町が平和になったら世界を旅したいって」

紬「そしてこの前話したこの町に伝わる踊りを世界に広めたいって!」

律「踊り?」

紬「うん!私、『百合百合踊り』と『百合』を世界中に広めるのが夢だったの!!」

律「ゆ、百合?」

澪「百合百合…踊り?」


93:2013/06/02(日) 17:02:35.83 ID:
律「澪、百合って花の事だよな…?」ヒソヒソ

澪「そう…だと思うけど……」ヒソヒソ

律「じゃあムギはその踊りと百合(花)を広めたいのか?」

紬「そうなの!踊りよりむしろ百合(GL)を広めるのが夢だったの~」

澪「百合(花)を広めるか…うん!素敵な夢じゃないか」

紬「本当!?ありがとう澪ちゃん!!」

澪「でも私たちと一緒でいいのか?」

紬「うん!というより、りっちゃんと澪ちゃんだからこそ百合が広められると思うの!!」

律澪「んんっ?」

律「まあ良く分かんないけど旅は人が多い方が楽しいし良いよな、澪?」

澪「ああ、もちろん」

紬「本当?良かった~」


94:2013/06/02(日) 17:12:06.94 ID:
律「よし、決まりっ!じゃあ明日は三人で一度城に戻るってことで」

紬「あのっ!……それともう一つ」

律「ん?」

紬「……この事は斉藤にも、誰にも言ってないの……」

律「ええっ!?」

澪「それってまずいんじゃないか?」

紬「ええ、だから夜中にこっそり抜け出したいの……」

律「いや、さすがにそれは……」

紬「お願い!…私ね、小さい頃から外の世界は危険だからってずっとこの家で育ってきたの…。たとえ町に出てもいつも付き人がいて自由になんて出来なかった……」

澪「………」


95:2013/06/02(日) 17:21:51.38 ID:
紬「いつも窓から外を眺めて自分と同じ位の子たちが遊んでるのをずっと見てた……」

紬「家でピアノを弾いてる時間も楽しかったけど、それでも外の世界に憧れてたの」

澪(……昔の私と一緒だ。いつも一人で本を読んでた私を律が外の世界に連れ出してくれたんだ)

紬「……今日も魔物にさらわれて怖かったけどそれ以上にワクワクもしたの。だからお願い!どうしても外の世界を見てみたいの!…みんなにバレたら止められちゃう!!」

律「そうはいっても……なあ、澪?」チラッ

澪「いや、行こう律」

律「えっ!?」


96:2013/06/02(日) 17:28:34.26 ID:
澪「良いんだ!私もムギの気持ちが分かるから!!」

紬「澪ちゃん!!」

律「あー…(こうなった時の澪は止められないな……)」

澪「律!」

紬「りっちゃん…!」

律「……分かったよ。ただし夜中に動くのは危険だから明日の朝、みんなが起きる前だ」

澪紬「!!」

紬「二人ともありがとう!!」

澪「良かったなムギ!」

紬「うん!!」

律「じゃあ明日にそなえて今日はゆっくり休もう」


97:2013/06/02(日) 17:41:22.47 ID:




翌朝

律「う~…ねーむーい~…」ボー

澪「ほら、しっかりしろ。律が朝からって言ったんだろ」ヒソヒソ

律「うぅ、そうだな…。ムギはだいじょうぶだったか?」

紬「うん、ここに来るまでは誰にも見つからなかったわ」ヒソヒソ

律「じゃあ行くか。忘れ物はないな?」ヒソ

紬「先生!」ボソッ

律「ん?」

紬「バナナはおやつに入りますか?」ヒソ

律「遠足かっ!」ビシッ

澪「……どこで覚えたんだ」ヒソ

紬「ふふ、本で読んだの~」




98:2013/06/02(日) 17:49:00.82 ID:
律「さて、お約束もすんだ事だし行くか」

澪「はぁ、先が思いやられる…」

紬「うふふ」ウキウキ


律「さて問題は門番だけどどうすっかなー」

澪「そうなんだよな……」

紬「門番だけは二十四時間体制で交代してるの……」

律「だとすると少し危険だけど塀を越えるしかないな……」

澪「ええっ!?」

紬「でもどうやって?」


99:2013/06/02(日) 17:59:34.90 ID:
律「うん、とりあえず一番身軽な私が先に登るから、そのあとロープを下して……」

澪「……ふーん。一番身軽ね」ピキッ

紬「……そうよね」ピキピキッ

律「あ、いや、そういう意味じゃなくて…!」ゾクッ

律「と、とにかくみんなが起きる前に登らないと」アセッ

澪「それもそうだな」

紬「気を付けてねりっちゃん」

律「まっかせなさい!」

律「よーし………行くぞっ!!」ダッ

「まちなされ!!」

律「どわーっ!?」ズサーッ


100:2013/06/02(日) 18:34:27.92 ID:
澪「律!?」

斉藤「ゴホン」ズン

紬「さ、斉藤!!」

斉藤「なにをされておられるのですかな?」

紬「あ…その…さ、散歩!朝の散歩を!!」

斉藤「お嬢様、この斉藤、お嬢様にお仕えして何年になると…。お嬢様がお考えになられる事などお見通しです!」

紬「うっ…」

澪「どうしよう律」

律「どうしようったって……」

斉藤「……そしてお嬢様のお気持ちも」

紬「斉…藤…?」
 


101:2013/06/02(日) 18:46:56.62 ID:
斉藤「私はお嬢様がお生まれになってお世話をまかされ、誰よりも近くで見守ってまいりました」

紬「………」

斉藤「小さな頃から好奇心旺盛だったお嬢様が外の世界に興味をもたれる事も分かっておりましたし、窓から外を眺めているのも知っておりました……」

紬「………」

斉藤「……律様、澪様、どうかお嬢様をよろしくお願いいたします」

律澪「えっ!?」

紬「斉藤…!良いの!?」

斉藤「ふぅ…どうせ止めても無駄なのでしょう?少々早い気もいたしますが世界を見る事も琴吹家の為になります。旦那様の方は私が説得いたしましょう……」

紬「でも…!それじゃ斉藤が…!!」


102:2013/06/02(日) 18:55:44.34 ID:
斉藤「大丈夫です、ご心配にはおよびませぬ。それより律様、澪様なにとぞお嬢様を……」

律「……だってさ。良かったな、ムギ」

紬「斉藤~!」ダキッ

斉藤「お嬢様…お気を付けて…!」ギュッ

紬「…うん」グスッ

澪「良かった…本当に良かった…!」ウルッ


こうして新たに紬を仲間に加えた一行は一度城へと戻るのであった。


108:2013/06/04(火) 20:39:12.29 ID:




─オサナナ・ジミナ村─


澪「律、本当にこの道であってるのか?」

律「うーん…ナビじゃこっちが近道なんだけどなぁ」

紬「~~♪」ルンルン

律「ムギは元気だなー」

紬「うん!それにここはりっちゃんと澪ちゃんが育った村でしょう?」

律「んー…そうなんだけどこっちは危険だからってあんまり来た事ないんだよなー」

澪「……だから普通に行けばよかったんだよ」


109:2013/06/04(火) 20:45:38.92 ID:
律「だって仕方ないだろ。……ん?なぁ、あそこに何かあるぞ」

紬「え、どこどこ?」

澪「何だろう?」

ガサガサッ

?「あれが…澪ちゃんね」


律「何だぁこれ?石像?」

紬「不思議な形ね……」

澪「本当だ……あれ、ここに何か書いてある」サワッ


110:2013/06/04(火) 20:50:55.19 ID:
ズルッ

澪「え?」スルッ

スルルル・・・

澪「手、手がっ!?」スルッ

律「澪!?」ガシッ

紬「り、りっちゃん!」ガシッ

澪「ど、どうなってるんだこれ!?吸い込まれ……!?」シュルルル

律澪紬「うわ~っ!?」

スポッ


111:2013/06/04(火) 20:58:03.62 ID:




ドサッ

澪「いたた……」

律「う…だ、だいじょうぶか二人とも?」

紬「わ、私はだいじょうぶだけど…ここはどこ?」

律「ん…?」キョロキョロ

「何だお前たち」バタバタ

「どこから入ってきた!」

「捕まえろ」バッ

ワーッ


112:2013/06/04(火) 21:02:20.90 ID:
律「な、なんだなんだ!?」

澪「りつぅ~!」ガシッ

紬「キャーッ!」ガシッ


ガチャーン

澪「……また牢屋か」

律「こらー!出せー!!」

「ええい騒がしい!!」


113:2013/06/04(火) 21:07:31.27 ID:
「ねーねー何の騒ぎ~?」

「はっ、侵入者です!」

律澪「えっ?」
紬「?」

律澪「ゆ、唯!?」

唯B「ほえ?りっちゃん?」

律「何で唯がここに!?」

唯「何いってるのりっちゃん、ここお城だよ」

律澪「ええっ!?」


114:2013/06/04(火) 21:16:12.20 ID:
澪「ど、どうなってるんだ?」

律「わかるかよっ」

唯B「ねえねえ、りっちゃん達どこから入ってきたの?」

律「い、いや、だから澪が村の石像にさわったらすーっと……」

スッ

?「唯」

唯「の、のどかちゃん!?」

律澪「和!?」
紬「??」

澪「……この和も村の和と違うのか?」

律「ややこしいな……」

和「唯、この子たちの始末は私に任せてくれないかしら」

唯B「し、始末って…和ちゃん…?」

律澪紬「!!!」


115:2013/06/04(火) 21:27:04.06 ID:
和B「唯、だいじょうぶよ。………あなた達はしばらくそこに入っててもらうわ」

律「ま、まてよ和!」

ガシャーン

澪「そ、そんな……」ガーン

律「どうなってんだ!」


─玉座の間─

和B「………」

唯B「ひどいよ和ちゃん…!りっちゃん達をどうするつもり?」

和B「……あのね唯、あの子たちから何か邪悪なものを感じるの」

唯B「……邪悪?」


116:2013/06/04(火) 21:32:15.66 ID:
和B「そうよ、だからあの子たちは早めに処分した方が良いわ」

唯B「そんな…そんなのかわいそうだよ……」

和B「唯………。それじゃ私、処分してくるから」

唯B「のどかちゃーん!?」

───
──


…きて……起きて……

?「澪ちゃん!」

澪「だ、だれっ!?」ガバッ


118:2013/06/05(水) 10:19:41.42 ID:
?「しーっ、私は味方よ。澪ちゃんの事を迎えに来たの」

澪「私を?律とムギは…?」

?「まあ連れて行っても良いけど話しは後!早くここを出るわよ」

澪「り、りつ、ムギも起きろ。ここからでられろぞ!」

律「んあ~…なんだよー…」ムニャムニャ

紬「ん…」ボー

澪「この人がここから出してくれるって!」

律「んん……だれ?」


119:2013/06/05(水) 10:28:25.67 ID:
?「私の事は後から説明するから、今は早くしないと人が…!」

「おい!なにをしている!!」バッ

?「ちっ!もう見つかった」

?「……仕方ないわね」スッ

「な、なんだ?」

律澪紬「?」

ボウ!

「なっ!?こいつ魔法使いだ!にげろー!」スタコラ

澪「す、すごい!火だぞ律!!」

律「おおーっ便利そう!」

紬「手品みた~い!!」ワクワク

?「……緊張感ゼロね。…とにかく今のうちに」


120:2013/06/05(水) 10:39:30.80 ID:
ザッ!

?「!?」

和B「闇の者ね。ここで何をしているの?」

律「和!?」

?「……ここを通してもらうわ」

和B「そうは…させないわ!!」バッ

ゴーッ

?「くっ!?」ブーン

ブワッ

和B「シールド?めんどうね、ならばこれでどう?」ブン

パリーン

?「なっ!?しまった、シールドが!!」


121:2013/06/05(水) 10:50:41.35 ID:
澪「す、すごい…!」

?「こいつ強いわね……。これは最後の手段だったけど」ハラリ

?「澪ちゃん、プレゼントよ」サッ

澪「こ、これは…魔法陣?」

?「そうよ、澪ちゃんに渡すために持ってきたの。早く描いて!」

澪「は、はい」サッ

紬「新しい魔法ね!」

律「少し離れよう!」

和B「魔法陣!?じゃあ、邪悪な感じはあの子から!?」

?「リツミオがついに見られる!」ゴクリ


澪「えいっ!」トン


122:2013/06/05(水) 10:56:57.44 ID:
ピカッ

律「こ、これは!?」

和B「なん…なの…?」

ズン!

梓?「………」

紬「この子はいったい……?」

澪「わ、わからない」

和B「ふっ、この子になにが出来るっていうの?」

?「くっ、失敗したの!?」


123:2013/06/05(水) 11:04:03.76 ID:
梓?「………」スウッ

律「?」

梓?「ボ~エェェェ~~~…♪」

澪「な、なんだこの声は…!?」ヘロヘロ

和B「ち、力が抜ける……」フニャフニャ

紬「こ…これは…歌?」フニャッ

?「なんてひどい声なの…!?」ヘロッ

ひどい歌声の梓「ホ~ゲェェェ~~♪」


124:2013/06/05(水) 11:13:11.77 ID:
?「澪ちゃん、これじゃ戦闘にならないわ。早くアレしまって…」ボエー

澪「そ、そんなこと出来ませんっ……」ボェー

律「なんだなんだ?みんなどうしたんだ?」ケロッ

紬「えっ、りっちゃんには効いて無いの?」ボエー

澪「はっ!そ、そうか!律は普段から気が抜けてるから!!」ボェー

?「……そんなことってあるの?」ボェー

律「ふむ…よくわかんないけど取りあえずチャンスってことだな!」キラリッ

和B「うい~あいす~」ボェー

律「行くぞ和ぁ!!」ダッ


125:2013/06/05(水) 11:21:38.75 ID:
スパッ

和B「きゃあぁぁぁぁ………」

ボウン

律「うわっ!?」ドサッ

澪「やった!」

?「へぇ…」

紬「やったねりっちゃん!」

律「へへん!」ピース

?「ふーん…りっちゃんね…」

律「ん?」

?「ねぇ、あなたも『デスデビル』に来る?」

律「デス…デビル?」




126:2013/06/05(水) 11:39:46.56 ID:
?「そう、私は秘密結社デスデビルの山中さわ子。『リツミオ使い』つまり澪ちゃんの事をさがしてたの」

澪「リ、リツミオ使い?」
律「澪が…?」

さわ子「そうよ、詳しい事は向こうで話してあげるわ」

澪「どうする、律?」

律「う~ん…そうだな、どうせ次の目的地も決まってないし行ってみるか」

タッタッタッ・・・

唯B「りっちゃーん、みおちゃーん!!」

澪「唯!」


127:2013/06/05(水) 11:47:02.25 ID:
唯B「みんな閉じ込めちゃってごめんね!…あの和ちゃんはニセモノだったんだね」

律「ああ、でも大丈夫もう倒したよ」

さわ子(……本当にとどめをさせたのかしら?)

唯B「りっちゃん達もう行っちゃうの?」

律「一応つぎの目的地も決まったしな」

唯B「……そっか。また会えるよね?」


128:2013/06/05(水) 11:51:27.50 ID:
澪「もちろんだ」

さわ子「さあ、そろそろ行くわよ」

律「よーし、じゃあみんな行くか」

紬「おー!」
澪「ぉ、おー」

唯B「みんな気を付けてね~」フリフリ


129:2013/06/05(水) 11:58:02.30 ID:




─秘密結社デスデビル─

?「………」

さわ子「はい、澪様を連れてきました。総裁」

律「なんだ?カーテンの向こうにだれかいるのか?」ヒソヒソ

澪「影しか見えないけど多分……」ヒソヒソ

紬「……開きたい」ウズウズ


130:2013/06/05(水) 12:09:07.71 ID:
律「ところでさっき話してた澪が『リツミオ使い』っていうのは何なんだ?」

さわ子「そうね…簡単にいうとリツミオっていうのは闇魔法でも最高峰といわれているの」

さわ子「つまりそれを使える澪ちゃんは私たちにとって神様みたいなものなのよ」

澪「ええっ!?そんな、わ、私なんかが神様だなんて」ブンブン

さわ子「そんなこと無いわ。あなたの祖先である『ミオミオ族』はその昔リツミオを使って魔王と戦ったのよ」

律「ミオミオ族……」

総裁「……?」

律「ん?」

さわ子「ああ、この子は何か非凡なものを感じたので連れてきてしまいました」

総裁「………」

さわ子「は、はあ…わかりました」


131:2013/06/05(水) 12:21:26.23 ID:
律「なんだってさわちゃん?」

さわ子「ええ、何だか総裁がりっちゃんの事うさんくさいから調べろっていうの…ってさわちゃんってなによ!?」

澪「そうだぞ律!ちゃんとさわ子先生って呼べ!!」

さわ子「先生?」

澪「あ、いや…なんか色んな事知ってるし魔法も凄かったのでつい」

さわ子「……もうなんでもいいわ」

律「そ、それより調べるって私なにされるんだよ!?」

さわ子「別に大したことじゃないわよ。そうねぇ…一般的にはこれね」コトッ

澪「コップに…水?」

さわ子「そう。これは水見式といって手をかざして水が増えれば…」

律「ちょ、それ違うのになってるから!」




132:2013/06/05(水) 12:27:09.44 ID:
さわ子「そんなことどうでもいいからさっさと手をかざしなさい!」

律「えー…じゃあ……」サッ

ピカーッ

律「うおっ!?」

さわ子「こ…これは!?」

澪「水が光ってる…?」

総裁「……!?……!!」

さわ子「ええ、そうですね。りっちゃんは特s…じゃなかった光の者ね」

律澪「光の者?」


133:2013/06/05(水) 12:37:54.25 ID:
澪「それっていったい……」

さわ子「光の者は私たち闇の者と正反対の力を持つ者よ」

律「ふーん」

総裁「……!……!!」

律「なんだ!?なんかいってるぞ!?」

さわ子「ええと…総裁は『光』と『闇』が一緒にいると力が反発しあってメチャクチャになるって言ってるわ」

律「えー。でも今までなんともなかったし、なあ澪?」

澪「うん」

総裁「……!」

律「今度はなんだって?」

さわ子「えーっと、そんなはずは無い。すぐに光の者を追い出せって」

澪「や、やだ!律と一緒じゃなきゃ嫌だからなっ!!」

律「澪……」ジーン


134:2013/06/05(水) 12:42:58.28 ID:
総裁「……!……!!」

さわ子「ああ!総裁、そんなに暴れたら……」

ドタバタ

紬「………」ウズ

紬「………」ウズウズ

紬「………」ウズウズウズ




紬「えーい!!」ブワッ

バサッ

さわ子「あっ!?」

律澪「えっ!?」


135:2013/06/05(水) 12:49:56.89 ID:
さわ子「……カーテンが」

紬「取っちゃった!!」フンス

総裁「!!!!」アセッ

律澪紬「こ、これは!?」

さわ子「ああ……」

律澪紬「ねこ!?」

あずにゃん2号「何てことするんですか!!」フーッ

律「猫がしゃべった!?」

澪「ひぃ!?ミエナイキコエナイミエナイ……」ガタガタ

紬「可愛い!なでてみた~い!」


136:2013/06/05(水) 12:59:22.48 ID:
さわ子「はぁ…総裁は一見ねこだけど魔王の呪いで姿を変えられてしまったのよ」

律「何だコイツどこに電池が入ってるんだ」モゾモゾ

梓2号「ちょっとやめて下さい!電池なんか入ってません!!」フーッ

紬「あ~ん、りっちゃん私も~」

澪「ミエナイキコエナイ……」

キャッキャッ

さわ子「……聞いて無いわね」



紬「うふふ…」ナデナデ

梓2号「ふにゃ~」ゴロゴロ


137:2013/06/05(水) 13:04:17.09 ID:
澪「こうして見ると可愛いな…」

律「なんか画になるよな」

梓2号「……はっ!?と、とにかく、私、本当はツインテールの似合う美少女なんです!それが魔王のせいで!!」

律「ほんとかー?」

梓2号「本当です!!」

澪「でも、その呪いって……」


138:2013/06/05(水) 13:12:00.74 ID:
梓2号「ええ、魔王を倒さないと解けません…。一刻も早く呪いを解いて欲しいですが今のままじゃとても魔王には勝てません!!」

律「……ムギの膝の上で言われてもなぁ」

紬「よしよし」ナデナデ

梓2号「はにゃ~」ゴロゴロ

律「だめだこりゃ」

さわ子「……もう総裁は放っておきましょう」

律「んで?結局、私たちは何したらいいんだ?」

さわ子「そうね、総裁が言っ通り今のままじゃ魔王は倒せないからりっちゃん達にはレベルアップしてもらうわ」

律澪「レベルアップ?」




139:2013/06/05(水) 13:21:24.18 ID:
さわ子「そう、ここからずっと西にある『トヨサト谷』という所に啓示を与える高僧がいるそうなの」

律「啓示?」

さわ子「ええ、簡単にいうと人間の隠された力を目覚めさせるそうよ」

澪「なんだか凄そうですね」

さわ子「私も詳しくは分からないけどりっちゃんなら光魔法を引き出してもらえるかもしれないわ」

律「光…魔法…?」

さあわ故「そうよ、光の者が使える魔法よ」

澪「すごい!律、魔法だって!!」

律「私が…魔法……」

さわ子「とにかく、どうなるか分からないけど行って損はないと思うわ」


140:2013/06/05(水) 15:15:53.92 ID:
律「そうか…うん、そうだな!よし、次の目的地はトヨサト谷だ、いいな?澪、ムギ?」

澪紬「うん!」コクリ

さわ子「ふふ、気を付けて行ってらっしゃい」

律「あれ?さわちゃんは来ないの?」

さわ子「ええ、ついて行ってあげたい所だけど長い間ここを離れると総裁に餌をあげる人がいなくなっちゃうから」

律澪(ナチュラルに餌って……)

さわ子「まあ、そういう事だからあなた達だけで行ってちょうだい」

律澪紬「はーい」

紬「じゃあね、ねこちゃん」フリフリ

梓2号「ふにゃ~」ゴロゴロ


こうして一行は新たな目的地『トヨサト谷』をめざし、はるか西へと向かうのであった・・・



141:2013/06/05(水) 15:22:01.46 ID:




律「さすがに遠いなー」

澪「ナビを見た感じだとまだ半分くらいしか来てないみたいだな」

律「え~もうやだー歩きたくないー」ダキッ

澪「こ、こら、ちゃんと歩け!」

紬「あ~りっちゃんズルい、私も~!!」ムギューッ

澪「ああ、ムギまで…!これじゃ歩けないだろ///」

紬「えへへ」

澪「はあ、でも確かに少し疲れたな。この先に村があるみたいだから今日はそこで休もう」

律「やったー!」


142:2013/06/05(水) 15:29:10.19 ID:
澪「やれやれ、休めると分かったとたんに元気になるんだから」

律「ほら~早く行こうぜー!」タッタッ

紬「りっちゃんまって~」タッ

澪「ちょっ、律、ムギ!?待ってよ~!!」





─西の村─

律「つ、ついた~」フウ

紬「りっちゃんはや~い」ハァハァ

澪「って、いうか、なんで全力で、走るんだよ!!」ゼェゼェ

律「だって澪しゃんが追いかけて来るんだもーん」


143:2013/06/05(水) 15:38:02.12 ID:
紬「私、おにごっこするのが夢だったの~」

律「あは、それいーな。澪鬼だ!」

澪「うるさい!!」ゴツン

律「あいたっ!?」ジーン

澪「まったく、そんな事より日が暮れる前に宿をさがそう」

律「ふえーい」

澪「えっと…宿屋、宿屋……」キョロキョロ

律「ん~…どこだ?」

紬「あっ、あそこじゃない?」

律「お、本当だ。行ってみようぜ」

澪「うん」


144:2013/06/05(水) 15:43:53.51 ID:


─宿屋

律「すみませーん」

女将「はいはい」

澪「あの、一晩泊めてもらいたいんですけど…」

女将「えーと三名様ですね。それでしたら正面の部屋が空いておりますのでそちらの方へどうぞ」

澪「あ、はい」

?「………」ジーッ

澪「!?」ゾクッ

?「………」サッ


145:2013/06/05(水) 15:50:19.95 ID:
律「ん?どしたー澪?」

澪「いや…今だれかに見られてた様な……」

律「んー?誰もいないみたいだけど気のせいじゃないか?」

澪「そ、そうかな……」

律「そうそう、それよりムギが早く部屋に入りたそうにしてるぞ」

紬「私、こういう所に泊まるの初めて!」フンス

澪「ああ、ごめん。じゃあ部屋に行こうか」


?「ふふ…澪ちゃん…か」


146:2013/06/05(水) 15:57:55.00 ID:


律澪紬「ダンス大会?」

女将「ええ、今夜この村でダンス大会があるんですよ」

律「へーっおもしろそうじゃん、澪でなよ」

澪「絶対に嫌だからな!人前で踊るなんて考えただけで…///」プシュー

律「ちぇっ……あれ?そういえばダンスっていったらムギは…」

紬「わ、私、出たい…!!」キラキラ

律「そうそう、えっとなに踊りだっけ?」

紬「百合百合踊り!!」

澪「そういえば世界に広めるのが夢って言ってたもんな」


147:2013/06/05(水) 16:02:54.68 ID:
紬「お、おどってもよかですか!?」ドキドキ

女将「ええ、もちろんかまいませんよ。飛び入り参加も自由です」

律「おお良かったなムギ」

紬「うん!!」ワクワク





「という事で優勝は……さんです!」

ワーッワーッ

紬「………」

律澪「………」

紬「………」シュン


148:2013/06/05(水) 16:14:55.67 ID:
澪「あ、あの…ムギ、優勝は出来なかったけど、その…凄く良かったと思うぞ」アセッ

律「そ、そうそう!ちょっと前衛的すぎてみんなにはまだ早すぎたっていうか……」アセッ

紬「……ありがとう……」グスッ

律(……頬を膨らませて手を頭と顎でパタパタするのははたして踊りなのか……)

澪「ほ、ほら、今回はダメだったけど世界に広めたいんだろ?」

紬「……うん、そうよね、私、がんばる!踊りよりむしろ百合(GL)を広めるのが夢だから!!」メラメラ

律「そ、そっか、私たちも協力するからな」

紬「ありがとう!二人がいれば百人、いえ千人力よ!!」

律「はは、種をまくだけでそんな大げさな」

紬「種?」キョトン

律澪「え?」


149:2013/06/05(水) 16:20:31.28 ID:
律「……まあ、よくわかんないけど今日は疲れたし宿に戻って休もう」

澪「そ、そうだな、明日も早いし」

紬「?」





次の日

律「ふぁー…あ…良く寝た…」ムニャムニャ

紬「あ、おはようりっちゃん」

律「おはよームギ…」ボー

紬「はい、りっちゃん」コトッ

律「紅茶?サンキュー」コクッ

紬「どう?」


150:2013/06/05(水) 16:33:11.55 ID:
律「う、うまい…!?これムギが入れたのか?」

紬「うん、お口に合って良かったわ♪」

律「いやーホントにおいしいよ」コクッ

律「……あれ?そういえば澪は?」

紬「澪ちゃんなら村を出る前に買っておきたい物があるからって出かけちゃったわ」

律「ひ、一人で!?」ピクッ

紬「ええ、りっちゃんが起きた時誰もいなかったら困るだろうからって」

律「ふ…ふーん…」ソワソワ

紬「ふふっ心配?」ニコニコ

律「へっ!?べ、別に…!?」

紬「ふふふ…」ニコニコ


151:2013/06/05(水) 16:46:01.79 ID:
律「それにどうせすぐ帰ってくるだろ」ソワソワ

紬「んー…そうかしら?」

律「な、何で?」ピクッ

紬「澪ちゃんかわいいから誰かに声かけられたり……」

律「」ガターン

紬「だ、だいじょうぶ!?」

律「だ、だいじょぶ、ちょっとバランス崩してコケただけだから」ガタタッ

紬(わかりやすいわりっちゃん!!)


152:2013/06/05(水) 16:56:43.68 ID:
律「………」ソワソワ

紬「………」

律「…んー…」ウロウロ

紬「………」

律「……なあムギ」ピタッ

紬「なぁにりっちゃん?」ニコッ

律「ここで待ってるのも退屈だし、澪さがしにいかないか?」

紬「そうね、やっぱり心配だもんね」クスクス

律「そ、そんなんじゃねーし!退屈だからだし!!///」

紬「ふふふ」


153:2013/06/05(水) 17:02:55.64 ID:




澪「あの、これください」サッ

店員「はーい」

澪「さがすのにてまどって少し遅くなっちゃたな…。早く戻らないと」

店員「はい、どうぞ」サッ

澪「ぁ、ありがとうございます」カサッ

店員「ありがとうございましたー」

澪「えっと…宿はあっちだったかな」

ガサッ

?「………」ジッ


154:2013/06/05(水) 17:12:45.01 ID:

澪「……こっちであってるよな…だんだん人気がなくなって来たけど」ドキドキ

澪(はやく宿に帰りたい)

?「………」サッ

タッタッタッ

澪(な、なに?足音が……)

ガシッ!

澪「ひぃ!?」ビクッ

律「やっと…見つけた…!」ハァハァ

澪「りりりり、律!?」

律「ちょっと、まって、息が……」ハァハァ

澪「だ、だいじょうぶか?」


155:2013/06/05(水) 17:22:15.70 ID:
紬「みおちゃーん、りちゃーん!」タッタッ

澪「ム、ムギも…?」

紬「りっちゃん急に走りだしちゃうんだもん」ハァハァ

澪「?」

律「ふぅ…まったくどこ行くつもりだったんだよ。宿は逆方向だぞ」

澪「え…うそ?」

律「まったく、私たちが来なかったらどうなってた事か……」

澪「ご、ごめん」シュン

紬「ほーんと、りっちゃん心配してたんだから。村の人たちにに釣り目で黒髪ロングの可愛い子を見なk…」モゴモゴ
律「ム、ムギ!?何いってんだよ!?///」ガシッ

澪「あ、ありがとう…律///」カァッ


156:2013/06/05(水) 17:28:24.58 ID:
律「と、とにかく、早く宿に戻って出発するぞ///」

澪「う、うん///」

紬「は~い」ニコニコ

ザッ

?「ちょっと待ちなさい!!」

律澪紬「!?」ビクッ

?「昨日からみおたんを見てる時にチョロチョロと…!あんた……邪魔なのよ!!」ブン

律「うわっ!?」サッ

澪「り、りつ!」


157:2013/06/05(水) 17:42:37.22 ID:
律「なんだ!?いきなり切りかかってきたぞこいつ…!」チャキッ

?「問答無用!」シュッ

キン

律「うおっ…!」ギリッ

キンキンキン

律「くそ…!急にあらわれていったい何者だ!!」バッ

?「ふふふ…いいわ、何も知らずに死ぬのも可哀そうだから教えてあげる」

?「私は聖屠界のプリンセス、曽我部・先輩・恵!訳あってミドルネーム付きよ!!」

律澪紬「曽我部先輩!?」


163:2013/06/06(木) 19:56:04.24 ID:
律「その先輩が一体なんの用だ!」

恵「ふん!本当に用があるのはアンタじゃなくて澪たんよ!!」バッ

律「澪!?」

澪「へ?わ、私!?」

恵「そうよ……。澪たん!!」ビシッ

澪「は、はい!?」ビクッ

恵「昨日、宿で見かけて一目惚れしました!好きです!!付き合って下さい!!」ドンッ

澪「ええっ!?///」カァッ

律「」

紬(キマシタワー!!!!)


164:2013/06/06(木) 20:04:12.01 ID:
律「なななな、何いってんだよお前!?それに澪も赤くなってんじゃねー!!」

澪「だ、だって急にす、好きって…///」

紬(嫉妬りっちゃんごちそうさまです!!)

律「だいたい一目惚れだって私の方が先だし!こっちは十歳の時だからな!!」ドヤァ

澪「な、何で張り合ってるんだよ///」

律「だってくやしーじゃん!!」

恵「ええい、隙あらばいちゃいちゃと…!!とにかく澪たんを渡しなさい!!」シュッ

キーン

律「澪は絶対に……渡さん!!」ジリッ

澪「り、律…///」キュン


165:2013/06/06(木) 20:11:32.57 ID:
キンキンキン

バッ

恵「ちっ!なかなかやるじゃない」グッ

律「へっ!そっちこそ!」ザッ

澪「す、凄い…。わ、私もなにか魔法で援護しないと……」

紬「まって澪ちゃん」バッ

澪「ム、ムギ?」

紬「ここは私に任せて」

澪「ムギ、戦えるのか!?」

紬「ふふふ…今こそ百合の力、見せてあげるわ」

澪「百合の…力?」

紬「りっちゃんと澪ちゃんに協力してもらうけど」ニッコリ

澪「?」


166:2013/06/06(木) 20:19:27.07 ID:
キーン!

律「ぐっ!」

恵「ふっ、アナタの力はこんなもの?」ジリッ

律(つ、強い…!こうなったらイチかバチか突っ込むか?)

紬「待って!!」ザッ

律「ム、ムギ!」チラッ

恵「ふん、なに?あなたも殺されたいの?」

澪「ムギ、武器も防具も無のに大丈夫なのか?」ハラハラ

紬「安心して澪ちゃん、百合に武器はいらないわ」

澪「で、でも…」

紬「りっちゃんこっちに!!」

律「ムギ…?(何か考えでもあるのか?)」ギリッ


167:2013/06/06(木) 20:26:02.72 ID:
サッ

澪「律!大丈夫か!?」

律「ああ、それよりムギ!あいつを倒す方法が見つかったのか?」

紬「んー…あの人を倒すっていうかりっちゃんを倒すっていうか……」

律「へ…私?」

紬「とにかく私にまかせて!」

恵「何をごちゃごちゃ言ってるの?こないのならこっちから行くわよ!!」

律「く、来るぞムギッ!」バッ

恵「はあぁぁぁっ!!」ダッ

紬「今ね!!」キラリ


168:2013/06/06(木) 20:30:03.97 ID:
紬「りっちゃんごめんね!えいっ!!」ドン

律「うわっ!?」グラッ
澪「えっ?」

ドサァ

恵「!?」

紬「キタ…!!」グッ

律「い、いたたた…く…ない?」ムニュ

澪「り、りつ…ちょっと…///」ムニッ


169:2013/06/06(木) 20:40:56.40 ID:
律「へ…?うわぁ!?み、みお、ごごご、ごめん!!///」ムギュ

澪「あ、んっ…そ、そんな急に動くなバカ!///」ムニムニ

恵「み…みおたん…押し倒されて、お、おぱい…間に…顔………」ガタガタ

紬(GJ!GJ私!!)ハァハァ

恵「い、いやーっ!!」ダダダ…

律澪「へ?」

紬「フッ…。二人の百合オーラに耐えきれなくなって逃げたわね」キラーン

律澪「な、何だったんだ?」ポカーン

紬「うふふ…それじゃあ宿に戻りましょ?」

律澪「は、はあ…?」


175:2013/06/07(金) 19:56:50.88 ID:




律「………」

律(はぁ…私って弱いのか……今度はムギに助けられてしまった)

律(砦やお城でも私だけじゃ勝てなかったろうし…早く強くなって二人を守れるようにならないとな……)

律「………」チラッ

紬「ねえねえ、澪ちゃんこれは?」

澪「ああ、それはこっちに」ガサガサ

律「……みーおー、こっちは準備できたぞー」

澪「ああ、こっちもいま終わった」

紬「おまたせりっちゃん」

律「ん、じゃあ出発するか」


176:2013/06/07(金) 20:05:27.43 ID:
澪「あっ、ちょっと律、その前に…これ……」ガサッ

律「……箱?何これ、開けていいの?」

澪「うん…その、似合うかどうか分からないけど……」

律「あっ、カチューシャ?」カサッ

澪「ほら、魔物と戦ってる時に髪で視界が悪そうだったから。それに子供の頃はよく着けてただろ?」

律「じゃあ朝、買いにいってたのって……」

澪「ああ、これを探してたんだ…」ドキドキ

律「うわっ、ありがとう澪!大事にするよ!!」

澪「よ、よかった、喜んでもらえて」パァッ


177:2013/06/07(金) 20:13:58.29 ID:
律「じゃあさっそく…」

澪「あっ私が着けてやるよ」スッ

律「お、サンキュー」

紬(……夫婦みたい)ホウ

澪「……良し」サッ

律「おお~…どうだ、ムギ?」クルッ

紬「うん、とっても似合ってるわ」

律「へへっ…」ニコニコ

澪「……それに髪下ろしたかっこ良い律みてたら私の心臓がもたないしな」ボソッ

律「ん?なんか言ったか澪?」

澪「べ、別に何も!///」アセッ

紬「うふふ」




178:2013/06/07(金) 20:24:12.55 ID:
律「うん?まあ準備も出来たしそろそろ行くか!」

澪「あっ、それともう一つ」

律「ん?」

澪「さ、さっきはありがと…その、嬉しかった///」モジモジ

律「え?何が?」キョトン

紬「澪は絶対に…渡さん!!」キリッ

澪「///」プシュー

律「うわああああっ!?///」カァッ

澪「は、はずかしいっ///」ダッ

律「いや!恥ずかしいのは私…って澪!?待てよ!」タッタッ

紬「澪は絶対に……」バッ

澪「いや~///」

律「みーおー!!」

紬「渡さ~ん!!」


182:2013/06/08(土) 20:23:35.38 ID:




─トヨサト谷─

律「まさか、ここまで、全力で…走る事に、なるとは…」ゼェゼェ

澪「おかげで…早く、ごほっ…着いたけど」ハァハァ

紬「ごめんなさい、つい、楽しく、なっちゃって……」ゼェゼェ

律「まあいいさ…」フゥ

澪「それにしてもすごい人だな…」キョロキョロ

ワイワイ

律「ああ、世界中から啓示を受けようって人が集まってるんだろ」

澪「そっか…この谷のどこかにいるんだよな……」

ゴォォー・・・

律「……なんだかこの世の果てって感じだな」

紬「うん……でもどうやって進むのかしら?」

律「……えっ?」

ヒュー・・・


183:2013/06/08(土) 20:30:47.36 ID:
律「こ、こういう時は他のパーティに聞けば良いんだよ!」アセッ

澪「そ、そうだなっ」アセッ

律「ほらっ、あの人に聞いてみよう!」

澪「ああ!」

律「こ、こんちは~」

「ん?」

律「えっと、この谷に啓示を与えてくれる高僧がいるって聞いてきたんですけど、どこにいるか知りませんよねー…なんて」

「ああ、あんたらも啓示を受けにきたのかい?」

澪「は、はい」

「ふむ…一応手がかりがあるにはあるが……」

律澪紬「!!!」

律「お、教えてください!!」


184:2013/06/08(土) 20:39:59.74 ID:
「うーむ…まだ確かな事は分かっていないのだが、実はこの谷には龍がおってな」

律澪紬「龍!?」

「そいつがどうやらこの谷を一日一回決まったコースで周っておるようなんだ」

律「おるようなんだって…まさか……」

「まあその龍の背中に乗ってこの谷のどこかに降りて探すしかないようだな」

律澪「い、いやだー!!」
紬「乗りたい!!」フンス

澪「はぁ!?な、なに言ってるんだよムギ!?」

律「さ、さすがに冗談だよな!?」


185:2013/06/08(土) 20:49:53.50 ID:
紬「ううん、本当よ!だって私、龍に乗るの夢だったの~」キラキラ

律澪「ウソを付けウソを!!」

紬「……りっちゃん」ウルウル

律「そ、そんな目してもダメだぞ」

「まあ悪い事はいわん。みんな確信が無いからこうやって足止めをくってんだ。お嬢ちゃんも実際に龍を見たら乗りたいなんて言えなくなるさ」

澪「ほら、この人もこう言ってる事だし」

紬「えー…でも…」

律「な?他に方法があるかもしれないし龍は危ないって」

「まあついでだから見物していったらどうだい?ちょうど通りがかる時間だし、本物の龍なんてめったに見れないよ」

澪「え、で、でも…」

紬「私、見たい!!」バッ

澪「ムギ!?」


186:2013/06/08(土) 20:54:24.18 ID:
律「はぁ…しょうがないな、見るだけだぞ?」

紬「ありがとう!!」パァ


ワイワイガヤガヤ

律「お~、みんな集まってんなー」

澪「なんだか怖いな」ギュッ

律「だーいじょうぶだって。龍も人を襲ったりしないらしいしさ」

紬「♪」ワクワク

「おーい!龍が来たぞ~!!」


187:2013/06/08(土) 20:58:52.86 ID:
ザワッ

律「きたきたっ」

紬「………」ウズウズ

ゴオォォォ・・・・・

律「うおっ!?」

澪「いやーっ!?」ダキッ

紬「す、すごーい…!!」ウズウズ

律「で、でかーっ!!」
澪「ひぃ~っ!」ガクガク

「おい!嬢ちゃん危ないぞ!!」


188:2013/06/08(土) 21:05:02.72 ID:
律澪「えっ?」クルッ

紬「りっちゃん…澪ちゃん…ごめんなさい」フラフラ

ゴオォォォ・・・・・

律澪「ム、ムギ!?」



紬「ツムギ!行きまーす!!」イキマシタワー

「うわー!?女の子が龍に飛び乗ったぞー!?」

ズゴゴゴ・・・・

紬「りっちゃーん、澪ちゃーん!いってきまー…──

律澪「ムギ~!!」


189:2013/06/08(土) 21:11:33.40 ID:
澪「う、うそ……」

律「行っちゃた…」

澪「ど、どうしようりつぅ」

律「どうしようったって……」

澪「もしムギに何かあったら…」ウルッ

律「バカ!きっと大丈夫だ!!」

澪「……でも」グスッ

律「くそー、ムギの性格を考えれば目を離すんじゃなかった……」

澪「ムギ……」





律「だめだ、色々聞いてみたけどやっぱり待つことしか出来そうにないな」

澪「そうか…」


190:2013/06/08(土) 21:16:11.79 ID:
律「何もなければ明日の同じ時間に龍が戻って来た時に帰ってくるはずだけど……」

澪「ムギを信じるしかないか」

律「だな、とにかく明日もう一度ここへ来よう」

澪「うん…」


次の日

ワイワイ

澪「そろそろかな…」

律「ああ」

澪「無事だと良いけど




191:2013/06/08(土) 21:22:34.77 ID:
ゴォォォ・・・

「龍だ!龍が見えたぞ!!」

律澪「!!」

律「ムギは!?女の子は乗ってますか!?」バッ

「ちょっとまて……ああ!だれか乗ってるぞ!!」

澪「ムギだ!無事だったんだ!!」

「ん、ああ?あれ女の子か?…何ていうかあれ……」



「ブタじゃね?」

律澪「………ブタ?」


192:2013/06/08(土) 21:26:24.91 ID:
ゴォォォ・・・

澪「ど、どういうことだよ律!?」

律「わかんないよ!」

澪「見まちがいだよな?」

ゴォォォ・・・

「来るぞー!」

律「とにかく下ろすぞ!!」

豚「………」

律「……ぶたを……」

澪「……は?」


193:2013/06/08(土) 21:33:59.54 ID:
ズズズ・・・

律「そぉい!!」ガシッ

豚「」ズルッ

律「どわっ!?」グラッ

澪「り、律!あぶな…」

ドサッ

豚「いたーい!?」

律「い、いたた…って…」

律澪「ブタがしゃべった!?」ビクッ

豚「あっ!りっちゃん、それに澪ちゃん!!」

澪「ひぃぃ…ってこの声は?」

律「ムギ!?」




194:2013/06/08(土) 21:42:03.44 ID:
澪「ム、ムギ…どうしてこんな姿に……はっ!まさかムギも魔王の呪いに!?」

紬「あ、それは違うわ」スポッ

律澪「へ?着ぐるみ…?」





紬「………っていう事があったの」

律「うーん、つまりある地点を通りがかったら魔物に着せ替えられたと……」

澪「着せ替え好きの魔物ってなんなんだ?」


201:2013/06/09(日) 14:32:00.58 ID:
律「ん~でもこうして一応無事に帰ってこれた事だし、ムギの話しじゃあどうやら降りて探せる所もあるみたいだな」

澪「え!?じゃ、じゃあやっぱり龍に乗って…!?」

律「まあそうなるか……」

澪「いやだ~!!」





ゴオォォォ・・・・・

澪「ほら!律、律!あれ見て!!」グイグイ

律「お、お~…」ガクンガクン

澪「ほら、今度はあっち!あれ何だろ!?…って聞いてるのか律!!」ブンブン


202:2013/06/09(日) 14:40:38.20 ID:
律「聞いてるよ~…ただの雲だろー(ああ、何か変なスイッチ入ったな澪…)」フラフラ

澪「む!でも凄いじゃないか、こんな近くに雲があって……」ワクワク

澪「ああっ!向こうにもなにか……」キャッキャッ

律「ほーら、あんまりはしゃぐと他のパーティに迷惑かかるぞ」

澪「……うん」ショボーン

律(あ、泣きそう…)

澪「なあ律、少しだけ前の方見てきていいか?」チラッチラッ

律「ん~、じゃあちょっとだけだぞ?」

澪「ありがとう!!」パァッ

律(可愛いななちくしょう)


203:2013/06/09(日) 14:47:09.68 ID:
澪「じゃあ行ってくる!」タッ

律「気をつけろよー」

紬「ふふ、澪ちゃん楽しそうね」

律「まったくしょうがないよなー」ニコニコ

紬(ふふふ、りっちゃんったら)クスクス

律「ふう、それにしても龍の上ってもっと不安定かと思ってたけど案外乗り心地いいのなー」

紬「そうね」

律「あ、そういえばムギ?」

紬「なぁに?」

律「ムギが魔物に襲われた場所ってどこなんだ?」

紬「ん~、確か……」


204:2013/06/09(日) 14:53:41.64 ID:
「うわ~!魔物が出たぞー!!」

紬「このあたりよ!!」キリッ

律「うん、遅かった」

「なんだこのウサギみたいなのは!」

ワラワラ

律「はっ!澪は!?」

澪「り、りつぅ」ガタガタ

兎「…」ワラワラ

紬「ああっ澪ちゃんが魔物に!!」

律「み、澪!すぐに行くから待ってろ」ダッ


205:2013/06/09(日) 15:00:03.53 ID:
兎「…」ウサウサ

澪「い、いやっ!!」グラッ

律「あっ!?」

澪「えっ?」ズルッ

コロン

澪「きゃあぁぁぁ…!?」

ヒューッ

律「澪が落ちた!?」ガバッ
紬「澪ちゃん!!」ダッ

ストン

キャサリン「………」キャッチ
澪「えっ!?」ガタガタ

律「澪!!」ホッ

紬「よ、よかった~」


206:2013/06/09(日) 15:10:39.97 ID:
キャサリン「………」ニタァ

澪「あ…あ…」ゾクッ

律「な、何か様子がおかしいぞ!?澪!すぐ行く!!」ダッ

紬「私も…!!」タッ

キャサリン「………」ガバッ

スッポン!

律「にょ!?」ピタッ

澪「!!!?」

律「ふ、服が…!!///」

紬「あらあらまあまあ」

律「待ってろ澪!!」\みおっぱい/

紬「りっちゃん!下心がかくせてないわ!!」


207:2013/06/09(日) 15:16:33.65 ID:
澪「見るな、来るな~!!///」ペチーン

律「へぷっ!?」

紬「りっちゃん!?」

律「な、なんで私だけ……ぐふっ」バタッ

澪「や、やらしい目で見るからだ!!///」

ワラワラ

キャサリン「ああ、新しい獲物が三人も…」ジュルリ

兎「…」ワラワラ

澪「うう、囲まれた」


208:2013/06/09(日) 15:24:23.52 ID:
キャサリン「うふふ、どの子にしようかしら」ジロッ

律「ひっ!?」ゾクッ

キャサリン「めんどうね、みんな脱がせちゃいなさい!」ビッ

兎「…」ワーッ

律澪紬「!!!」

律「くっ、こうなったら」チャキッ

ザッ

?「みんなすとーっぷ!!」

律澪紬「!?」

キャサリン「やばっ!?」サッ

兎「!」ピタッ


209:2013/06/09(日) 15:34:30.70 ID:
?「ごめんね、この子たちは着せ替えが好きなだけの魔物なの」

律澪「ま、また唯!?」

唯C「?」

紬「……お城にいたこ?」ヒソヒソ

律「まあ、そのはずなんだけど…」ボソ

唯C「こんな所に人が来るなんて珍しいねぇ」

澪「あ、ああ、龍から落ちちゃって……」

唯C「え~大変だね!じゃあ泊まる所も無いんでしょ?家においでよ」

澪「ど、どうする?」

律「どうするったって……」

キャサリン(……ばれなかったわよね……今のうちに逃げちゃお)カサカサ


210:2013/06/09(日) 15:41:56.12 ID:




─谷の隠れ家─

澪「うわ~…」

律「これはまた……」

紬「すごーい!見た事ないのがいっぱい!!」

ごちゃっ・・・

唯C「えへへ、ごめんねごちゃごちゃしてて。私あと片付け苦手なんだ~」

律「ですよねー」



唯C「へ~、それじゃありっちゃん達は魔王を退治するために旅をしてるんだ~」

律「まあそういう事」


211:2013/06/09(日) 15:48:14.01 ID:
律「ところで唯」

唯C「なーに?」

律「この辺に啓示を与えてくれる高僧がいるって聞いてきたんだけど何か知らないか?」

唯C「ん~…知ってるよ?」

澪「本当か!?」

律「どこにいるっ!?」バッ

唯C「ちょ、ちょっと待ってよ…えーとねぇ……」

律澪紬「………」ゴクリ


212:2013/06/09(日) 15:53:57.09 ID:
唯C「そうだ!私だった!!」

律「うそだろ!?」

唯C「えへへ…最近やってないから忘れてたよ~」

律「おいおい…マジか」

澪「じゃ、じゃあ私たちの力を目覚めさせてくれるのか!?」

唯C「ん~…良いけどお金かかるよ?」

律「げっ!金とんのかよ」

澪「まあ仕方ないか…それでいくらなんだ?」

唯C「ん~とねぇ、一人五万だよ」バッ


213:2013/06/09(日) 16:00:34.28 ID:
律「ご、ごま…!高すぎるだろ!?」

唯C「え~、だって…」

澪「そんなお金もってないよ」

紬「ごめんなさい、私もカードしか……」

澪(カード?)

律「と、とにかくそんなお金ないよ、たのむ唯!」

唯C「え~…でも憂が……」
律「良し、払おう」キッパリ

澪「り、律!?」

律「だって憂ちゃんこえーよ!」


214:2013/06/09(日) 16:08:37.75 ID:
澪「でもどうするんだよ」

律「うーん。どうにかしてお金を稼がないと……」

紬「何かを売ったりとか?」

律「……そうか!それだ!!」ピーン

澪紬「えっ?」

律「ここにステージを作って澪が歌って踊るんだ!」

律「そしてブロマイドやグッズを握手券と一緒に売ってゆくゆくは『MIO30』としてデビュー…」

澪「やめい!」ゴツン
律「いたい!?」

澪「少しは真面目に考えろ!!」プンプン


215:2013/06/09(日) 16:17:24.49 ID:
律「え~、けっこう本気だったのに……」

澪「なお悪い!!」ガツン
律「きゃん!?」

澪「ふう、でもムギの言うとおり何かを売るっていうアイディアはいいかもな」

紬「私、お店を開きたい!」

澪「それは良いけど何を売るんだ?」

律「んー……そうだ!こんな所だしなんか食べ物とか売ったらどうだ?」

澪「おお、律にしてはまともだ」

律「みおしゃんひどいっ!!」ガーン

紬「うふふ」


216:2013/06/09(日) 16:22:05.63 ID:
律「でもこれで方向性は決まったな」

澪「ああ」

紬「お弁当屋さんね!」

律「よーし、そうと決まればさっそく準備だ!」

唯C「ん~…よくわかんないけど用があったら呼んでね。それまでゴロゴロしてるから」ゴロゴロ

律「唯…お前ってやつは……」





数日後

ガヤガヤ


217:2013/06/09(日) 16:29:35.85 ID:
紬「ご注文を繰り返させていただきます」

紬「ご一緒にお飲物はいかがですか」

紬「ありがとうございます!」

律「おお~。ムギの接客も完璧になったな」

紬「えへっ♪」

律「澪は恥ずかしいって裏で弁当作ってるからなー」

紬「でも良かったわ、順調にお客さんが増えて」

律「ああ、澪の手作り弁当とムギに癒されたいって人がさっとうしてるみたいだぜ」

紬「わぁ」パァッ

「おーい弁当二つくれ~」

紬「あ、は~い」パタパタ


218:2013/06/09(日) 16:35:53.09 ID:
律「よし、私も頑張らないとな」クルッ

澪「りつぅ~…」ヒョイ

律「ん?どした~?」

澪「ゆび、ケガしちゃった…」

律「ちょっと見してみ?」サッ

澪「少し切っただけだけど」スッ

律「血が出てる」

澪「止血すれば大丈夫だと思うけど……」

律「その前に、ん…」パクッ


219:2013/06/09(日) 16:43:20.04 ID:
澪「つっ………」

律「ん…ちゅ…ぺろっ…痛むか、みお?」

澪「ん、へいき……」


紬「ご覧ください、傷口を舐めるといった誤った行為すら美しく見える!これこそが百合です!」キリッ

「おお…!!」ザワザワ

紬「それではお一人様五十円になります♪」ニコッ

「払う、払うからもっと!!」
「おい、こっちにも見せろ」

ワイワイガヤガヤ

律「なんだなんだ?」

澪「さあ…?」


220:2013/06/09(日) 16:51:40.95 ID:




律「なーんか良く分かんないけど今日の売り上げ良かったなー」

澪「そうだな、でも何でだろう?」

律「まあ、売上落ちたんじゃないしいーじゃん。それより明日からどうするかだな……」

澪「ああ、この指じゃ……」

律「このさい恥ずかしがってる場合じゃないから澪にも表に出てもらうとして問題は弁当だな」

澪「う、ごめん…」

律「いや、しょうがないよ。こうなったら私が特製ハンバーグを作って…」

紬「!?」

紬「ダ、ダメよりっちゃん!明日は澪ちゃんと二人でお店に立って!きっとその方がお客さんも来るから!」ガバッ


221:2013/06/09(日) 16:59:22.68 ID:
律「んん?でも弁当はどうすんだよ?」

紬「私が作る!私、厨房に立つのが夢だったの!」

澪(……便利な言葉だな)

律「それは良いけど料理なんて出来るのかムギ?」

紬「うっ…私、頑張るから!」

律「気持ちは嬉しいけどムギまでケガしたら困るしなぁ」

紬「……りっちゃん」

澪「………」

律「やっぱりここは私が…」
澪「なあ、考えたんだけどおにぎり位ならムギでも作れるんじゃないか?

紬「!!」


222:2013/06/09(日) 17:06:40.21 ID:
紬「作る!私、作るから!お願いりっちゃん!!」

律「んー…まあ確かにおにぎりなら刃物も使わないし具を変えればなんとかいけるか……」

紬「じゃ…じゃあ!」

律「わかった、頼むよムギ」

紬「やったぁ」パァッ

澪「ごめんなムギ」

紬「良いのよ澪ちゃん♪」

澪(せっかくお客さん増えてきたのに私のせいで二人に迷惑かけるのは嫌だからな…)

澪(でも人前に出るのは少し不安だな……)ドキドキ

律「……みーお」

澪「えっ?」


223:2013/06/09(日) 17:10:52.51 ID:
律「そーんな顔すんなよ。私も付いててやるからさ」ポン

澪「律…うん、ありがとう」





ガヤガヤ

澪「あの…えっと…い、いらっしゃいませ!」

「おにぎり二つ頼むよ」

澪「は、はい!ありがとうございます…!」

律「まいどありー!」


224:2013/06/09(日) 17:19:04.58 ID:
澪「うぅ…緊張する…」ドキドキ

律「いやーでも一時はどうなるかと思ったけど問題なくて良かったよ」

澪「ああ」

むぎゅっむぎゅっ

律「澪しゃんの初々しい接客がかわいーんだってよ」ニヤニヤ

澪「や、やめてくれ///」カァッ

むぎゅっむぎゅっ

律「まあまあ、それにムギのおにぎりも評判良いみたいだぜ?絶妙な塩加減とタクアンがくせになるって」

澪「へぇ、そんなにおいしいなら一度たべてみたいな」

律「だな、あとから作ってもらおうぜ」

むぎゅっむぎゅっ

「おーい、こっちにもおにぎり一つくれるかい?」

律「あ、はーい!」


225:2013/06/09(日) 17:25:42.63 ID:
「いやー、ホントここのおにぎりうまいよ」

澪「あ、ありがとうございます」

むぎゅっむぎゅっ

「どれさっそく…うん、うまい!」パクッ

「ところでさっきから聞こえてる音は何だい?」

律「あー、たぶんムギがおにぎり作ってる音かな?」

「ああ、この前までお会計してた娘だね」モグモグ

律「そうそう、ちょっと覗いてみる?」

「おおっ良いのかい!?」

澪「おい、律!?」


226:2013/06/09(日) 17:30:16.02 ID:
律「だーいじょうぶだって、ムギが作ってる所みせればもっとお客さん増えるかもしんないじゃん!」

澪「で、でも…」

律「いーからほら、ムギーちょっと開けるぞ?」シャッ

むぎゅっむぎゅっ

律「」ピシッ

澪「どうしたんだよ、り…つ!?」ピシッ

「なんだ?早く見せてくれよ」

律澪「」コキーン


227:2013/06/09(日) 17:39:19.36 ID:
「んん?もう勝手にみるぞー」チラッ



斉藤「ほっ!ほっ!」ムギュッムギュッ

紬「斉藤!もっと早く!りっちゃん達がまってるわ!!」

斉藤「お嬢様の為ならこの斉藤ぅぅぅ!!」ムギュッムギュッ

「お、おっさんがわきの下でおにぎりを!?」グハァ

斉藤「ほっ!ほっ!」ムギュムギュー





律「お客さんまったく来なくなったな……」

紬「ご、ごめんなさいっ!!」

斉藤「ぬおぉ~!お嬢様は悪くございませぬ!悪いのはこの斉藤めにございます!!」

律「まあそれは否定出来ないけど……」

斉藤「はぅ!?」ガーン


235:2013/06/10(月) 20:21:40.38 ID:
澪「でもどうしてこんな事に……」

紬「ごめんなさい…その、これ……」コトッ

律「ん?石?」スッ

紬「……それ、おにぎりなの」

澪「ええっ!?」

律「石じゃないのか!?」

紬「実は…りっちゃん達がお店に出たあと……」


236:2013/06/10(月) 20:27:05.95 ID:




紬『よーし、二人に任されたんだから頑張らなきゃ!』

紬『えっと…まずはご飯をとって中に具を入れるのよね…』

紬『次は確かこれを三角形に握るのね……』ドキドキ

紬『……せーのっ!』グッ

紬『えいっ!』ムギュギュギュギューン

紬『……で、出来たわ!』パァッ


237:2013/06/10(月) 20:32:55.22 ID:
紬『………』

紬『誰も見てないし一つくらい味見しても良いかしら…?』キョロキョロ

紬『……いただきま~す』ドキドキ

ガリッ

紬『かったーい!?』

紬『なんで!?なんでこんなに硬いの!?』

紬『……ど、どうしよう』ウルッ

───
──



238:2013/06/10(月) 20:42:28.13 ID:
紬「そのあとも何個か作ってみたんだけど結局全部……」シュン

律(一体どんな力で握ったらこうなるんだ!?)

紬「それでもなんとかしなきゃって思ってたら、偶然近くに来てた斉藤がおにぎりなら早く作れるって…」

斉藤「一個、約三秒で出来ますぞ!」キリッ

律「良いから黙ってて(…っていうか着けて来たな)」

斉藤「はっ」

澪「これからどうしよう……」

律「んー…すでにおっさんがわきの下でおにぎり作ってるって噂になってるし、店はもうムリだなー…」

紬斉藤「」ビクッ


239:2013/06/10(月) 20:49:04.76 ID:
律「澪、いま幾らくらいたまったんだ?」

澪「まだ二万円くらいかな……」

律「ぜんぜん足りないな」

紬「ど、どうしましょう」オロオロ

律「まいったな……」

斉藤「……こ」

律澪「こ?」

斉藤「こんな時こそ金ですじゃ!金で解決ですじゃ!!幸い金は持ってきましたぞ~!!」

律澪「はっ!?」

紬「斉藤!!」ブワッ

律澪「琴吹家ェ…」


244:2013/06/11(火) 20:10:57.94 ID:




ドンッ

律「……という訳でもってきたぜ!」

唯C「おお~さすがりっちゃん!よく揃えられたね!」

律「予定とは大幅に違ったけどな」

唯C「ほえ?まあ良いや」

唯C「それじゃあ啓示を始めるけど、その前にりっちゃんの職業を教えて?」

律「職業?」

唯C「そうだよ~」

澪「律の職業って何だ?」

律「えっと…ゆ、勇者?」

唯C「勇者は職業じゃないよ~」


245:2013/06/11(火) 20:19:32.48 ID:
律「ええっ?じゃあ私は何なんだ?」

唯C「ニートだね!!」

律「うぉい!?」

唯C「えへへ、冗談だよ~」

律「冗談って……」

唯C「まあまあ、それじゃあちょと調べてみるね」

紬「調べる?」

唯C「うん、えっと…あった!」

コトン

亀「…」

律澪紬「亀?」


246:2013/06/11(火) 20:25:57.28 ID:
唯C「うん、この亀の甲羅をなでるとその人の職業が分かるんだよ」

紬「すごーい!おもしろそう!」キラキラ

澪「どういう仕組みなんだ?」

律「わかんないけど澪もやってみたら?」

澪「私はいい」キッパリ

律「ですよねー…」

律「まあ仕方ないしやってみるか」スッ

サワッ

亀「……ツー……」

律澪紬「ツ?」




247:2013/06/11(火) 20:31:16.95 ID:
紬「『ツ』ってなにかしら?」

唯C「えーっと『ツ』はねぇ……盗賊だね!」

律澪紬「盗賊!?」

律「私が盗賊!?ウソだろ!?」

唯C「ウソじゃないもん、何か心当たりない?」

律「え~…んなこと言ったって……」

澪「……はっ!そうだ!あるぞ!!」

律「え!?」

唯C「なになに~?」


248:2013/06/11(火) 20:39:30.91 ID:
澪「私が住んでいる家の寝室は二階にあるんだけど……」

唯C「うんうん」

澪「いつの間にか律が窓から侵入してるんだ」

律「……うん…まあ確かにやったことあるけど」

唯「へ~」
紬(リアルロミジュリね!)ピクッ

澪「それにまだあるぞ」

律「え?」

澪「眠ってる私の唇を奪ったり…」

唯C「ほうほう」

律「み、みお!?///…って起きてたの!?」


249:2013/06/11(火) 20:51:33.50 ID:
澪「そ、それにあの日の夜、優しく私のはじm律「うわーっ!?///」ガシッ

唯C「まあ、聞きました奥さん?」ヒソヒソ

紬「澪ちゃんの大切なものを奪っちゃって」ヒソヒソ

唯C「とんだ盗人だね」ヒソヒソ

紬「ホントよね~」ヒソヒソ

律「も、もう分かったから!盗賊でもなんでもいいから早く啓示を始めてくれ!!///」
澪「……!」モゴモゴ

律「澪も余計な事しゃべるなよ!///」
澪「……!」ジタバタ

唯C「も~二人とも暴れないでよ~」

律「誰のせいだ、誰の!」
澪「……!」バタバタ


254:2013/06/12(水) 17:03:34.85 ID:
唯C「じゃあ始めるけど準備があるからりっちゃんもついてきて」

律「わ、私も?」パッ
澪「ぷはーっ」

紬「準備って何かしら?」

澪「さ、さあ…?」





バーン!

律唯C「あたしだよん☆」キャピッ

紬「すごーい!りっちゃんが二人いる!?」

澪「………」




255:2013/06/12(水) 17:10:31.08 ID:
律唯C「どっちが本物でしょうかっ!」

澪「こっちだろ」グイッ
律「うわっ!?」

律「なんでわかんだよー」ブーブー

澪「私が律を見まちがえるはずないだろ」

律「ちぇっ」

紬「愛の力ね!」グッ

澪「ところで何で律のまねして遊んでるんだ?」

唯C「遊びじゃないよ?『啓示』はこうやってその人になりきる所から始めるんだ~」

律「そうなのか?私はてっきり澪をからかうのかと……」

澪「おい」




256:2013/06/12(水) 17:20:45.48 ID:
唯C「まあまあ、とにかくそろそろ始めるよりっちゃん……いや光の者よ」

律「なっ!?私が光の者って知ってたのか!?」

唯C「当たり前だよ、そんなの見れば分かるよ~」ジーッ

律「ちょっとまて、なんで私のデコを見て言うんだ!」キラリ

唯C「えへ、じょうだんだよ~」

澪「でも本当に、何で律が光の者ってわかったんだ?」

唯C「それはね、この谷には伝説があるんだよ」

律澪紬「伝説?」

唯C「そう、『リツミオ使い』とともに現れる『勇者』のね」

律「えっ!じゃ、じゃあ澪がリツミオ使いって事も知ってたのか!?」

唯C「うん」


257:2013/06/12(水) 17:29:45.43 ID:
澪「それで、その伝説って一体どんな…?」

唯C「あのね、勇者の働きで大地が裂けてババーンと鳥が出て来て、聖なる理想郷『イルクーツク』に連れってってくれるんだって!」

律「えらく大雑把だな……」

澪「イルクー…ツク…?」

唯C「そう、そこには『ミオミオ族』、澪ちゃんのお父さんとお母さんがいるんだよ」

律「!!」

澪「私の…パパと…ママ…?」

紬「じゃ、じゃあもしかして澪ちゃん今まで一人で…?」

澪「………」コクン

律「ああ、ムギには言ってなかったけど澪はずっと一人だったんだ……」


258:2013/06/12(水) 17:36:56.84 ID:
紬「そんな……一体なにが?」

律「そうだな…あれは私が…私たちが十歳の時だった……」

澪「……律」

唯C(このパターンは長くなりそうな……)

紬「………」

律「ある日、家の近くの広場で泣いてる澪を見つけたんだ」

律「そして……」

唯C「………」ゴクリ

律「あまりにも可愛かったから家に連れて帰ったんだ」

紬唯C「………はっ?」

澪「ああ…懐かしいな……」


259:2013/06/12(水) 17:57:52.08 ID:
唯C「いやいや!?りっちゃんそれ犯罪だよ!?」

律「ばっ!?ちょっおま…!?実際その時の澪を見てないからそんな事いえんだよ!!」

律「あの時の澪ったらもう!むしろ可愛さが犯罪級だったよ!!」

律「ちょっと想像してみ!?ちっちゃい澪がうつむいて涙目上目使いで…!いや、マジで天使が舞い降りたかと思ったよ!!」

唯C「わ、わかったからりっちゃん落ち着いて!?」

律「はっ!?ご、ごめん、つい……」

澪「まあ私の事はどうでもいいよ、それより唯…」

唯C「う、うん、とにかくその伝説のおかげでりっちゃんと澪ちゃんが来ることは分かってたんだよ」

澪「そうか……」

律(……あれ?答えになってなくね?)


260:2013/06/12(水) 18:03:23.84 ID:
唯C「そういうことだから、そろそろ本当に啓示を始めるよ」

律「あ、ああ…」

唯C「それじゃあそこに立って、何も考えないで私の目を見てね」

律「わかった」\みおっぱい/

唯C「りっちゃん……」

澪「律!」ジロッ

律「わ、わかってるて」ビクッ

律「………」ジッ

唯C「………」ジッ

澪紬「………」ドキドキ

律「!」ピン


261:2013/06/12(水) 18:13:06.35 ID:
ドサッ

澪「り、りつ!?」サッ

律「」シーン

紬「どうしたのりっちゃん!?」オロオロ

唯(律)「「な、なんだこれ!?」」

澪紬「えっ!?」

唯(律)「「今、りっちゃんの魂は私の体に乗り移ってるんだよ」」

唯(律)「「ど、どういう事だ!?」」

唯(律)「「だから、りっちゃんの魂は自分の肉体から離れて自由なんだよ。おもいっきり力を出して殻を破ってみて」」

唯(律)「「殻を…破る…?」」

澪紬(一人芝居……)


262:2013/06/12(水) 18:18:21.89 ID:
唯(律)「「わ、わかったよ…やってみる」」

澪紬「………」ゴクリ

唯(律)「「うおぉ……!!」」ピカー

紬「あっりっちゃんが!?」

澪「律が光を発してる!」

唯(律)「「うわぁ!」」ブォン

澪「何もない所から剣が出た!?」

澪「これが律の…律の本当の力なのか!?」






263:2013/06/12(水) 18:24:51.94 ID:
唯C「………」

律「………」フー

律「あれだけ盛り上がってたのに唯のくしゃみで啓示が終わるとはな」

唯C「だ、だって埃っぽかったんだもん」

律「部屋かたづけないからだろ!」

唯C「うっ…」シュン

紬「でも…あの剣は一体なんだったの?」

唯C「うん、あれは…光魔法『ピカピカ』だよ」

律「ピカピカ?」

唯C「そう、自分自身のエネルギーを剣に変える幻の光魔法だよ」

澪「す、すごい!」


264:2013/06/12(水) 18:33:17.61 ID:
律「私…自身の…?」

唯C「そうだよりっちゃん、その剣ならきっと魔王を倒せるよ」

唯C「その剣で世界を救ってね。……頼んだよ、りっちゃん」ガシッ

律「……唯」

唯C「りっちゃ……へっくち!」

律「……いちいち決まらないな」

澪「でもこれで律は光魔法が使えるようになったんだな?」

唯C「うん、一度きっかけさえつかめば後は自由につかえるよ」

律「そ、そっか、じゃあ次は澪の力を解放してくれ!」


265:2013/06/12(水) 18:44:31.74 ID:
唯C「うーん…それが出来ないんだよ」

律澪紬「えっ!?」

律「出来ないって何で?」

唯C「あのね、『リツミオ』については私もよく分かってないんだ」

澪「そうなのか…?」

唯C「うん、でもりっちゃんがカギをにぎってるのは間違いないんだよ」

律「わ、私?」

唯C「そうだよ、『リツミオ』はハートの魔法って言われてて、光と闇、りっちゃんと澪ちゃんの様な真逆の性格」

唯C「相反する二つの力がぶつかって、ゆれる思いがマシュマロみたいにふわふわなんだよ!」

律「うん、よくわからん!」

唯C「私も言ってて良く分からなかったよ」

唯C「とにかく、私じゃ澪ちゃんの力を解放する事は出来ないけど代わりにこれをあげるよ」サッ




266:2013/06/12(水) 18:49:56.50 ID:
澪「これは…」

律紬「新しい魔法陣!?」

唯C「うん、澪ちゃんに渡すために守ってきたんだ」

澪「ありがとう、唯」

唯C「あとね、これとは別にこの谷にはもう一つ魔法陣があるらしいんだ」

澪「もうひとつ?」

唯C「場所までは分からないけどね」

律「よーし、それじゃあその魔法陣を探しに行くか!」

澪「ああ!」


267:2013/06/12(水) 18:55:46.40 ID:
紬「あの、ちょっと待って!!」

澪「ムギ?どうかしたのか?」

紬「あの…私の啓示…」

律「あっ…!すまん、忘れてた!!」




紬の百合イヤー(百合を感知する)の範囲が半径五kmに広がった






273:2013/06/14(金) 19:45:49.42 ID:




紬「うふふ…」

律「ムギ、嬉しそうだなー」

澪「よく分らなかったけどそんなに凄い力をもらったのか?」

紬「うん、すっごく!これで何も怖くないわ!!」

澪「そんなになのか……」

律「それはそうとしてまいったな…。適当に歩いてるけど魔法陣なんてどこにあるんだ?」

澪「ああ、これだけ広いとな…」

律「ナビも役にたたないし一回、龍の所に戻って他をさがすか?」

澪「そうだな……」

紬「あっ!ねえ、二人ともあれ見て!」

律澪「ん?」




274:2013/06/14(金) 19:55:50.82 ID:
澪「吊り橋…?」

律「おっ!おもしろそーじゃん、行ってみよーぜ!」

澪「ええっ!?」サーッ

律「!」

律「あれあれ~澪しゃんもしかして怖いとか?」ニヤニヤ

澪「べ、べつに怖くなんかないぞ!」アセッ

律(くっくっ…わかりやすいやつ)

律「ほらほら~じゃあ早く行こうよー」グイグイ

澪「わっ!?ちょっ、押すな!?」

スッ

「ちょっと待ちなさい!!」

律「だ、誰だ!?」ドキッ

?「ふふふ…おとなしく澪たんを渡しなさい!」

律「この声は…!!」

澪「そ、曽我部先輩!?」ビクッ


275:2013/06/14(金) 20:10:52.76 ID:
恵「ふふっ、お久ぶりね澪たん」バーン

律「まだ澪のこと狙ってたのか!」バッ

恵「あいにくあれくらいで諦める私じゃないわ」

律「何てしつこいやつだ!」

恵「ふっ、何とでも言いなさい。それに今回は強力な助っ人がいるからこの前の様にはいかないわよ」

律「なに!?」

ザッ

和(B)「久しぶりね、律」

律「和!?」

澪「そんな、あの時お城で倒したはずじゃ……」

和「別に驚く事じゃないわ。幻覚を見せて逃げ出すくらい訳ない事よ」

律「なっ!?そうだったのか!」


276:2013/06/14(金) 20:17:34.88 ID:
和「とにかく、あなた達の力が育つ前に死んでもらうわ」
恵「あっ澪たんは殺さないでね」アセッ

律「ふっふっふ……」

和「何がおかしいの?」

律「少し遅かったみたいだな!私たちをこの前までの私たちだと思ったら大間違いだぞ!」ザッ

和「何ですって!?」

律「ムギ、離れろ!澪、さっき唯からもらった魔法陣を!!」

澪「分かってる!」シューッ


277:2013/06/14(金) 20:21:43.84 ID:
和「くっ!魔法陣!?」

紬「りっちゃんも急いで!」ササッ

律「ああ!」サッ

和「先輩、離れて下さい」バッ

恵「え?え?」アタフタ

澪「えい!!」トン

ボウン!!

恵「なにっ!?煙でなにも見えないわ」

和「何かを召喚したわね!!」グッ

律「あ…あれは……」


278:2013/06/14(金) 20:27:38.00 ID:
ユラリ

いちご「………」スッ

澪「女の…人?」

紬「だれかしら?」

律「こ、この子が戦ってくれるのか?」

いちご「………」ボー

恵「なに?なにが起きてるの?」アワアワ

和「……先輩は下がってて下さい」スッ

いちご「………」ボー

律「み、澪!何か指示を出してみるんだ!」

澪「や、やってみる!」サッ

和「来る…!」


279:2013/06/14(金) 20:31:58.91 ID:
澪「あ、あの二人をやっつけてくれ!」ビッ

いちご「………」

いちご「………」

いちご「………」

いちご「…やだ」

ヒュー・・・

いちご「…帰る」スタスタ

律澪紬「………」

恵和「………」


280:2013/06/14(金) 20:40:58.30 ID:




律「ふっふっふ……」

和「何がおかしいの?」

律「少し遅かったみたいだな!私たちをこの前までの私たちだと思ったら大間違いだぞ!」ザッ

澪紬恵(無かった事にした!?)

律「澪、ムギ!離れてろ!私の目覚めた『力』見せてやる!!」ザッ

和「何ですって!?」

律「光魔法ピカピカ!!」バッ

恵「光魔法!?」

ピカッ!!

澪「で、出たっ!」

紬「これが…ピカピカね…!!」


281:2013/06/14(金) 20:41:37.82 ID:




律「ふっふっふ……」

和「何がおかしいの?」

律「少し遅かったみたいだな!私たちをこの前までの私たちだと思ったら大間違いだぞ!」ザッ

澪紬恵(無かった事にした!?)

律「澪、ムギ!離れてろ!私の目覚めた『力』見せてやる!!」ザッ

和「何ですって!?」

律「光魔法ピカピカ!!」バッ

恵「光魔法!?」

ピカッ!!

澪「で、出たっ!」

紬「これが…ピカピカね…!!」


290:2013/06/16(日) 14:42:39.74 ID:
シュウ・・・

律「ふっ…これが私の新たな力だー!」キリッ
?「…」クニクニ

澪「……か」

律「か?」
?「…」ウニウニ

澪「かわいい!律だ、ちっちゃい律だ!!」

律「へ?」
?「…」クネクネ

律「な!?なんだこりゃ!?」
?「…」ヘロヘロ


291:2013/06/16(日) 14:50:41.51 ID:
澪「なあ、名前は何かな?りっちゃん?それとも律2号?」ワクワク

紬「まって、体の所に何か書いてあるみたい」

律「ん?…ホントだ…なになに、澪…いの…ち?」
澪命「…」フニャフニャ

澪「な!?なに書いてるんだよ!?///」

律「い、いや、違っ!?これはかってに///」アタフタ

澪「……違う…のか…?」シュン

律「あっ、いや違わないけどさ!///」アセッ

紬「りっちゃんは照れただけよね!」

律「あぅ…///」

澪「バ、バカ律///」



292:2013/06/16(日) 14:56:10.80 ID:
和「ええい!黙って見てればイチャイチャイチャイチャうっとうしい!!」クワッ

律澪紬「ひぃっ!?」ビクッ

恵「ぐ、ぐやじい~!!」ギリギリ

和「お遊びはここまでよ!さっさと来なさい!!」

律「くっ、しかたない、こうなったらやってやる!」ダッ
澪命「…」クネ


293:2013/06/16(日) 15:02:35.18 ID:
律「たあ~っ!」ブン
澪命「…」ヒョイ

和「えいっ」ポカッ

律「とあ~っ!」シュッ
澪命「…」クネッ

和「えいっ」ポコッ

律「て~いっ!」シャッ
澪命「…」クイッ

和「えいっ」ペシッ

律「………」
澪命「…」フニャフニャ

澪紬「………」

和恵「………」


294:2013/06/16(日) 15:09:29.47 ID:
律「何で剣が避けんだよ!?」カッ
澪命「…」フニフニ

和「はぁ…もうアンタ達とは付き合ってられないわ」

律「おい!和にあきれられたぞ!」
澪命「…」シュン

和「もうこれで終わりよ」スッ

澪「り、律!危ない!」

律「へ?」

和「死になさい」バッ

ゴウッ

澪「炎!?」


295:2013/06/16(日) 15:14:19.60 ID:
律「うわっちち!?澪、ムギ!橋まで逃げるぞ!」タッ

紬「うん!」

澪「わ、わかった!」ダッ

和「逃がしはしないわ」

恵「ああん、まって~」





紬「りっちゃん、澪ちゃん早く!」グラグラ

律「わ、わかってるけど」フラフラ

澪「ゆ、揺らすなっ!?も、もっとゆっくり!」ギュッ


296:2013/06/16(日) 15:18:12.68 ID:
ザッ

和「追いかけっこもここまでのようね」

律「く、追いつかれたか!」グラグラ
澪「りつぅ」ギュッ

和「さようなら…律」バッ

ボウッ!!

紬「橋に火が!」

律「走れ…!」

澪「ま、まにあわ…」

プツン・・・


297:2013/06/16(日) 15:22:26.75 ID:
澪「いや~~っ!?」

紬「きゃ~~っ!?」

律「うわーーっ!!」

ヒュー・・・

恵「みおたーん!!」



───
──


…お!みお!!


298:2013/06/16(日) 15:29:31.14 ID:
律「澪!!」

澪「はっ!?」パチッ

律「澪!?良かった!!」ダキッ

澪「り…つ…?」フラッ

律「みお~!」ギューッ

澪「り、つ…苦しいよ…」

律「あっ!?ご、ごめん!」パッ

紬「良かった!澪ちゃん目が覚めたのね!」グスッ

澪「え…?あっ!そういえば私たち橋から落ちて……」

紬「澪ちゃん二日も目を覚まさなかったのよ」スン

澪「そ、そんなに!?」


299:2013/06/16(日) 15:39:03.96 ID:
紬「りっちゃんも澪ちゃんが起きないって泣いちゃって大変だったんだから」グスッ

律「べ、別に泣いてねーし!」グスッ

澪(律の目…真っ赤…)

澪「……ありがとう、律」ギューッ

律「う…おう///」

澪「うう…でも本当に死ぬかと思ったよ」

律「ああ、木の枝がクッションになってなかったらと思うと……」ゾクッ

律(それに落ちてる時に一瞬ひっぱりあげられた気がしたんだけど何だったんだろう…?)

律「まあ、それより澪も起きた事だしちゃんと休める場所をさがそう」

紬「ええ」


300:2013/06/16(日) 15:44:27.77 ID:
澪「ごめんな二人とも」グッ

澪「っ痛!」ズキッ

律「ど、どうした!?足、痛むのか!?」

澪「ちょ、ちょっとな……」

紬「ケガじゃないみたい」

律「ひねったのかな」

澪「だ、だいじょうぶ」ズキッ

律「む、無理するな!」スッ

澪「えっ?」


301:2013/06/16(日) 15:51:06.61 ID:
律「ほら、おぶってやるから早く乗んなって」クイッ

澪「で、でも私…重いし///」

律「いーからいーから」

紬「りっちゃんの言うとおりよ、澪ちゃんあまり無理しないで」ワクワク

澪「う…わかったよ」スッ





澪「律……」

律「んー?」

澪「その、疲れたらすぐ降ろしてくれて良いんだぞ」

律「へーきへーき、それより落ちないようしっかりつかまってろよ」


302:2013/06/16(日) 15:59:00.68 ID:
澪「……うん」ギュッ

律(うお~~~っ!?背中におっぱいの感触が!?)

澪「本当に無理するなよ」ムニュッ

律「だ、だいじょうぶ!みなぎってきたから!!」ムニムニ

紬「うふふ」ニコニコ

澪「?」





律「けっこう歩いたけど休めそうな所ないな……」ムニッ

澪「日が暮れる前に探さないと……」

紬「そうね…」

ガサガサ・・・

澪「な、何だ!?」ギュッ

紬「何か物音が……」


303:2013/06/16(日) 16:05:34.44 ID:
律「誰かいるのか!?」ムニムニ

ガサッ

兎「…」

律「あっ、こいつ唯の所にいた兎か!?」ムニュムニュ

澪「こんな所まで来てるのか」

紬「……ねえ」

律「ん?」フニュッ

紬「この子たちについて行けば上に戻る事が出来るんじゃないかしら?」

律「おお、そうか!ナイスムギ!!」フニフニ

紬「えへ」


304:2013/06/16(日) 16:13:38.60 ID:
律「よーし、それじゃあさっそく…」フニ

澪「あ、ちょっと待ってくれ」

律「んー?」ムニュッ

澪「足の痛みも引いたみたいだしここから先は自分で歩くよ」

紬「!?」

律「ん…そうか?」ガッカリ

澪「ああ、ありがとう……律?」



ガサガサ

律「……いったいどこまで行くんだ?」

澪「本当に上まで戻れるのかな……」


305:2013/06/16(日) 16:19:08.33 ID:
兎「…」ガサガサ

紬「あっ!見て、茂みの中へ入っていくわ!」

律「やばっ!見失うぞ!」アセッ

澪「早く追いかけよう」

ガサガサ・・・ガサッ

兎「…」スッ

律澪紬「!!!」

フワーッ

紬「す、すごーい」

律「魔法陣に乗った兎が」

澪「浮いてく…」


306:2013/06/16(日) 16:25:13.17 ID:
律「唯が言ってた魔法陣がこれだな!」

紬「きっとミオミオ族が上り下りに使ってたのね」

律「澪!さっそくこの魔法陣をメモだ」

澪「わかったっ」カキカキ

紬「これで脱出ね!」

『…な……る……』

律「ん?」

紬「……何かしら?いま声が……」

澪「ま、まさかオバケ」ビクッ


307:2013/06/16(日) 16:32:59.76 ID:
『みんな聞こえる?』

律「あっ、この声は」

澪「さわ子先生!?」

さわ子『良かった、聞こえたみたいね』

律「何だ!?どこにいるんださわちゃん!」キョロキョロ

さわ子『ああ、これはケータイという魔法であなた達に直接話しかけてるの』

律「ケータイ?」

さわ子『そうよ、まあそんな事よりりっちゃん、ちゃんと啓示は受けられたの?』

律「ああ、澪は出来なかったけどちゃんと受けたぜ。まあ強くなった実感はまったく無いけど」

さわ子『あら、そうなの?』


308:2013/06/16(日) 16:44:40.05 ID:
律「それよりさわちゃん、それを聞くために呼んだのか?」

さわ子『あっ、そうそう!これだけじゃなくてもうひとつ凄い情報が手に入ったの!!』

律「凄い情報?」

さわ子『いい?よく聞いて、これからりっちゃん達に向かってほしい所があるの』

律「向かってほしい所?」

さわ子『ええ、今いる所から更に西に向かった山奥に伝説の魔境”ナツフェス”があるの』

澪「魔境…ナツ…フェス…?」

さわ子『そう、その魔境はその昔ミオミオ族が作ったと言われているわ』

律「ミオミオ族が…それでさわちゃん、私たちはそこで何をすればいいんだ?」

さわ子『りっちゃん達にはそこで魔王を封印する事が出来るという最強の魔法陣をさがしてほしいの』

律澪紬「最強の魔法陣!?」


309:2013/06/16(日) 16:50:24.29 ID:
さわ子『そうよ、その魔法陣を使えばどんな魔物でも封印出来るといわれているわ』

澪「どんな…魔物でも?」

律「なんだかすごそーだな!」

澪「それで…その魔法は何ていうんですか?」

さわ子『え゛…その魔法の名前…!?』

律「ああ?さわちゃん知ってるんだろ?」

さわ子『そ、そうね…な、名前ね…』

律「ん?」

さわ子『えーと…それはね…』


310:2013/06/16(日) 16:58:12.11 ID:
さわ子『ぴゅ……』

律「ぴゅ?」

さわ子『ぴゅあぴゅあハートよ!!///』カァッ

律「あー…」

澪「ぴゅあぴゅあ…」

紬「はーと…?」

さわ子『……///(だ、だから言いたくなかったのよ!)』

律(……まあ○歳でぴゅあぴゅあはキツイよなぁ)

紬「澪ちゃん!ぴゅあぴゅあハートですって!」キャッキャッ

澪「ああ!なんだかかわいいな!」ウフフ

律(なんか盛り上がってるし!?)ガーン


311:2013/06/16(日) 17:08:36.56 ID:
さわ子『と、とにかく、魔王も封印されまいと兵を送りこんで来るはずだから気を付けて行ってちょうだい』

律「ああ、まかせとけって」

澪「ここまで来たらやるしかない、か」

紬「私も頑張る!」

さわ子『みんな、頼んだわよ!』


こうして一行は魔王を封印する魔法陣を手に入れる為、トヨサト谷に伝わる『鳥』を目覚めさせ古の魔境『ナツフェス』へ向かうのであった………


ゴゴゴゴゴ・・・

デラ・モチマッズイ「さらばだ娘よ、フッフフッフッフ」

ゴオォ・・・

プシュー・・・


312:2013/06/16(日) 17:13:00.88 ID:
律「………」

澪「………」

紬「………」

律「……確かに…鳥、だけどさぁ…」

紬「……鶏って飛べるのね」

澪「いや…普通は飛ばないししゃべらないだろ……」

律「……まあ目的地には着いたし」

澪「……ああ、深く考えるのはよそう」


324:2013/06/19(水) 11:08:47.12 ID:




─魔境ナツフェス─

ワイワイガヤガヤ

澪「凄い人だな」

律「ここが…ナツフェス!」

紬「よく分らないお店がいっぱーい!」

律「それにほら!人だけじゃなくて魔物もたくさんいるぞ!」

澪「ホントだ、さっきさわ子先生が言ってた通りだ」

律「『人と魔物が共存する町』…!!」

澪「それに町が音に包まれてるみたい…!」

紬「なんだかわくわくするっ!」


325:2013/06/19(水) 11:12:28.37 ID:
律「さわちゃんは早く魔法陣を見つけろって言ってたけど」

紬「探検したい!」

律「だなっ!!」

澪「お、おい律!?ムギまで!」

紬「澪ちゃんも早く早く!」

律「おいてくぞみお~」

澪「まってよぅ!」


326:2013/06/19(水) 11:18:38.64 ID:




澪「律、律!シャツ売ってた!!」

律「お~良いじゃん!」

澪「買ってきた!」

律「私も欲しいなー」

澪「律も買いなよ!」

律「うーむ…」

紬「ねえ、りっちゃん!あの人が食べてるのなぁに!?」

律「ん?ああ、焼きそばじゃないか?」

紬「あれが…焼きそば…!!」

紬「わ、私、買ってくる!」


327:2013/06/19(水) 11:27:54.75 ID:
律「ん?じゃあ私たちも行くよ、はぐれたら危ないし」

紬「ううん、一人で大丈夫よ。それより、りっちゃんは澪ちゃんと二人で楽しんできて!」

律「う~ん…じゃあ私と澪はこの辺の店を見て周るから、一時間後に町の入口で落ち合おう」

紬「うん、わかったわ!」

律「気をつけろよー」

紬「はーい♪」





澪「りつ、りつ!」

律「んー?」

澪「あの人の杖レフティ使用だ!!」ユサユサ

律「あー…嬉しいのは分かったから落ち着けってー」ブンブン

律(……っていうか杖に右とか左とか関係あるのか?)


328:2013/06/19(水) 11:38:22.65 ID:
澪「はぁ~」キラキラ

律(あ、そろそろムギとの待ち合わせの時間だな……)

律「みーおー、そろそろ戻んないと」

澪「………」ジーッ

律「みぃーおー、ほらー行くぞー」
澪「やだ」ジーッ

律「子供かっ…っていうかムギが待ってんだって」
澪「やだ」ジーッ

律「んもー。ほ~ら、みおちゃーん」ガシッ
澪「うわっ!?ちょっ、りつぅ」グイッ

律「はいはい帰りまちょーねー」ズルズル
澪「やだってもーっ!」グラグラ

律(やれやれ)グイッ
澪「ちょっ、あぶな、うわぁ」グラッ

ドサッ




329:2013/06/19(水) 11:43:23.27 ID:
律「あ…なーにやってんだよーみおー」
澪「もういいよっ!!」キッ

律「え……」

澪「バカ律……」スタスタ

律「み、澪、ちょっと…」ボーゼン

ガヤガヤ





紬「あっりっちゃん!」

紬「りっちゃーん、こっちよー!」フリフリ

律「あ…ムギ…」トボトボ


330:2013/06/19(水) 11:50:03.62 ID:
紬「りっちゃん一人?澪ちゃんと一緒じゃなかったの?」

律「え…澪まだ来てないのか?先に行ったからてっきり……」

紬「ううん、まだ来てないわ」

律「……澪」

紬「……りっちゃん、澪ちゃんと何かあったの?」

律「……いや、大した事じゃないよ」

紬「ケンカ、しちゃったの…?」

律「………」

紬「ねぇりっちゃん、澪ちゃんをさがしに行きましょう」


331:2013/06/19(水) 12:00:50.75 ID:
律「え…でも、どっちか残ってないと澪が戻った時に困るんじゃ…」

紬「澪ちゃんなら大丈夫よ、それに二人で捜せばすぐ見つかるわ」

律「………」

紬「ね?」

律「わかったよ…行こう…」



恵「まったく!何で私がこんな所に来なくちゃいけないのよ」ゲキオコ

和(B)「先輩、魔王様に聞かれたら怒られますよ」

恵「ふん!だいたいリツミオ使いを始末したのに魔法陣を探し出して封印しろだなんて人使いの荒い!」プンプンドリーム

和「ミオミオ族の生き残りが他にもいるかもしれませんから、転ばぬ先です」


332:2013/06/19(水) 12:09:58.15 ID:
恵「はぁ、もうどうでもいいわ…。澪たんも死んじゃったしさっさと終わりにして帰りましょう」

和「情緒不安定ですね」

和(それにしてもこの広い魔境でどうやって魔法陣をさがしたら……)

ドンッ

和「きゃっ!?」

律「いてて…すみません、急いでたもので……」

和「いえ、こちらこそ考え事してたもので……」

律和「!?」

律「の、のどか!?」バッ

和「律!?」バッ


333:2013/06/19(水) 12:46:19.24 ID:
律「なんでこんな所に!」

和「あんた達こそ死んだんじゃなかったの!?」

律「悪運が強くてね!」

和「ふっ、まあいいわ。それだったらもう一度ころs恵「澪たんは!?」ガバッ

律「うわっ!?」

恵「澪たんは無事なの!?」

律「み…お…?澪も無事、だけど……」

恵「け、けど…?」

律「澪とケンカしちゃって…そうだ、私こんな事してる場合じゃなくて早く澪に謝らなきゃ…!」

恵「澪たんと…ケンカ…?」

恵(ケンカして落ち込む澪たん→先に見つける→そばで支えてあげる→澪たんが私に惚れる→いやっほう!)


334:2013/06/19(水) 12:54:08.51 ID:
恵「ちょ、ちょっと待ちなさい!!」バッ

律「な、何だよ!」

恵「アナタを行かせるわけにはいかない!」

律「はぁ!?」

恵「アナタ達にはここでしんでもらうわ!」クワッ

律「なに!?」

紬「りっちゃん、ここは私に任せて先に行って!!」

律「な!?バ、バカ!ムギを置いて先に行けるわけないだろ!」

和「そうよ、それにここから先へは私が通さないわ」ジリッ

律「くっ!」


335:2013/06/19(水) 12:59:42.27 ID:
ザッ

「まって!」

和恵「!?」

和「このパターンは!」バッ

澪「律!」バーン

律「澪!?」
恵「澪たん!?」

澪「りつぅ~」ダッ

律「み、澪、無事だったのか」ダキッ
澪「うん……りつ、さっきはごめん」ギュッ

律「へ?」


336:2013/06/19(水) 13:07:10.96 ID:
澪「私、自分の事しか考えてなかった……」ギューッ

律「いや…私の方こそいつもわがまま言って迷惑かけてるし……」ナデナデ

澪「ううん、そんな事ない、本当に迷惑なら律と一緒にいないよ」ジッ

律「みお……」

澪「……それに私は律だけじゃなくてムギにまで迷惑かけて……」ウルッ

紬「問題ないわ」キリッ

律「………」ナデナデ

澪「律…本当にごめんなさい……」

律「……うん」


337:2013/06/19(水) 13:15:22.49 ID:
恵「ええい!だからこっちを無視していちゃいちゃするのは止めなさい!!」カッ

律澪「!?」ビクッ

紬「………チッ」

和(今、ものすごい殺気が!?)ゾクッ

恵「とにかく、今度こそあなた達を始末して澪たんとどこか遠くで暮らすわ!」チャキッ

和「律、三度目の正直よ。今度こそここで死んでもらうわ」スッ

律「へっ…!二度ある事は三度あるっていうぜ!!」スッ

律「………ん?」スカッ

律「あ、あれ…?」スカッスカッ

紬「りっちゃん?」


338:2013/06/19(水) 13:21:17.01 ID:
律「け、剣が無い!?」ガーン

澪紬「ええっ!?」

律「ど、どこかに落としたんだ!」アワアワ

紬「そういえば吊り橋から落ちたあとりっちゃんずっと手ぶらだったわ」

澪「そ、そんな……」

律「や、やばいかも……」

恵「よく分らないけど、どうやらチャンスのようね」

和「ふふふ、いま楽にしてあげるわ」バッ


339:2013/06/19(水) 13:29:35.57 ID:
和「ツリイサナデギイカウョチブ・ツリイサナシダケドトウヨシウドウコ」ブツブツ

紬「じゅ、呪文?」

律「……なんかすっげーソワソワする」

澪「……なんだか凄く不安な気持ちになる」

和「ネクイイカトイセシタワアャジ!!」バッ

ドカーン!

律「うわっ!?」ドサッ
澪紬「きゃっ!」ズサッ

和「ふふ…間一髪かわしたみたいね。でも次は外さないわ」スタスタ


340:2013/06/19(水) 13:37:21.11 ID:
律「痛ぅ…二人とも大丈夫か?」グッ

澪「私は大丈夫……」ヨロッ

紬「私もなんとか……ってりっちゃん!?」

律「ん?」ハラッ

律「あっ!?澪からもらったカチューシャがない!?」サッ

紬「りっちゃん…あそこ…!」

律「!!」

澪「あ……折れてる……」

律「そ、そんな……」

律「……さない!」ギリッ

澪「律?」


341:2013/06/19(水) 13:51:42.30 ID:
律「澪が買ってくれたのに…!絶対に許さない!!」

澪「!」

律「ここは私ひとりでやる!」ザッ

紬「でもどうやって?」

律「私には『ピカピカ』がある!それに今なら本当の自分の力が出せそうな気がするんだ!」

澪「律…!」

澪「……わかった、律を信じる」チラッ

紬「………」コクリ

律「ありがとう!」

和「さあ、そろそろお別れの時間ね」

律「そうはさせないっ!」ザッ


342:2013/06/19(水) 14:00:20.14 ID:
和「フッ…武器も無いあなたに何が出来るっていうの?」

律「武器ならここにあるさ!」

律「光魔法ピカピカ!!」キーン

カッ!

律(ど…どうだ…?)チラッ
澪命?「…」シューッ

和「何かと思ったらこの前の役に立たない剣じゃない」

律「くっ!(やっぱり私の力はこんなものなのか?)」
澪命?「…」

紬「いえ…違うわ…!よく見て!!」


343:2013/06/19(水) 14:09:10.69 ID:
律「えっ…?」
澪命?「…」

澪「あ、あれは…!パイナップルだ!パイナップル律だ!」

律「ホ、ホントだ…!」
澪命パイナップルver「…」

和「ふん、髪型が変わったくらいで何が違うっていうの?」

澪「はぁ、パイナップル律もかわいいなぁ///」キュン
恵「!?」

恵「ぐぬぬ…真鍋さん!早くやっつけっちゃって!!」

和「わかってます」


344:2013/06/19(水) 14:15:46.28 ID:
律「よーし、どうなるか分かんないけどいっちょやってみるか!」

律「行くぞ!和ぁ!!」ザッ

和「来なさい」バッ

律「とおーっ!」ブン
澪パイ命「うにゅーーーーーん」和「なっ!?」ドカッ

律「うりゃーっ!」
澪パイ命「うにょーーーーーん」和「うっ!」ボカッ

澪「す、すごい!」

紬「剣が伸びてるっ!」


345:2013/06/19(水) 14:22:42.00 ID:
律「な、何だ?この最低にしっくりくる感じは!?」
澪パイ命「…」クネクネ

律「でも凄いぞ!」
澪パイ命「…」ウニウニ

恵「何よアレ!?剣が伸びるなんて聞いてないわ!」

律「これが私の本当の力だ!」キリッ
澪パイ命「…」シャキーン

澪「……何でだろう…凄く複雑な気がする」

和「くっ!たかが剣が伸びたくらいで調子に乗らないでちょうだい!」バッ


346:2013/06/19(水) 14:28:26.63 ID:
ボウッ

律「よっと!」サッ

和「な!?今度は完全にかわされた!?」

律「へへっ!その魔法はもう見切ったぜ!」ピース

澪「律…!///」ポッ

紬「りっちゃんかっこいい!」

律「さあ、まだまだ行くぞ!」ブン
澪パイ命「ぐにゅーーーーーん」

和「!!」

和「ならばこっちもかわすまでよ!」サッ


347:2013/06/19(水) 14:33:50.30 ID:
律「ていっ!」サッ
澪パイ命「みお~~~~ん!」和「きゃっ!?」ドカッ

恵「今度は曲がった!?」

和「うっ…ゴホッ…」ヨロッ

律「さあ、これで最後だっ!」キッ
澪パイ命「…」

律「行くぞっ!」ダッ
澪パイ命「…」


348:2013/06/19(水) 14:44:28.00 ID:
バッ!

恵「ま、まって!」サッ

律「!?」ピタッ
澪パイ命「…」

恵「私たちの負けよ!降参するわ!」

和「なっ!?先輩!?」フラ

恵「良いのよ!これ以上戦ったらあなたの命が危ないわ!」

和「ですが…それでは魔王様に……」

恵「……別に魔王なんてどうでも良いのよ。そもそも私は澪たんと仲良くなりたかっただけだし……」

和「……先輩」

恵「そういう事だから、もうあなた達に手はださないわ」


349:2013/06/19(水) 14:48:56.12 ID:
律「………」ジッ
澪パイ命「…」

恵「本当よ、信じて」

律「……どうする澪?」
澪パイ命「…」

澪「そういう事なら私は別に……」

律「そっか…じゃあ…」スッ
澪パイいn───フッ

律「……ふぅ」クラッ

澪「だ、大丈夫か律!?」ダキッ


350:2013/06/19(水) 14:56:18.25 ID:
律「ん…ああ、少し疲れただけ」ヨロ

恵「はぁ…それじゃあ私たちはもう帰るわ」

律澪「えっ?」

恵「これ以上馬に蹴られるのはごめんって事。それにそんなにナチュラルにいちゃつく所を見せられるのはもっとごめんだわ」

律澪「あっ///」ダキッ

恵「それじゃあね…もう会う事は無いと思うわ」ヒラヒラ

恵「行きましょう真鍋さん」スタスタ

和「あっ…は、はい」スッ

律澪「曽我部先輩……」


351:2013/06/19(水) 15:03:06.06 ID:




恵「うぐっ…びぃおだ~~ん」グスッ

和「……やっぱり無理してたんですね」

恵「だっ…だっでぇ~~」シクシク





紬「りっちゃん本当に大丈夫?」

律「へいきへいき」

澪「ムリするなよ?」

律「だーいじょうぶだって、二人とも心配しすぎっ」

律「そんじゃーそろそろ魔法陣をさがしに行きますか」

澪「あっ……ちょっと待って!」

律「ん?どしたー?」


352:2013/06/19(水) 15:12:41.72 ID:
澪「……どうやら時間切れ、みたいだな」

律「え?」

澪「律、ムギ…あっちの私も反省してるみたいだから…出来れば許してやってほしい」

紬「み、澪ちゃん、なに言ってるの?」

律「そ、そうだよみ、あっ!?」

澪「………」スーッ

紬「そ、そんな…体が透けてる…!?」

澪「そろそろお別れだ……」

律「み、みお!」バッ
紬「澪ちゃん!」

澪「じゃあな…りts──フッ


360:2013/07/03(水) 10:53:59.46 ID:
律紬「!?」

律「う、うそだ…ろ?」

紬「澪ちゃんが…消えちゃった……」

律「ど、どうしようムギ!!」

紬「落ちついてりっちゃん!」

律「ま、まさか澪、死n紬「りっちゃん!!」

律「ご、ごめ…で、でもっ!」

?「そうですよ、勝手に殺さないでください」

律紬「!?」ビクッ

律「だ、だれだ!?」バッ


361:2013/07/03(水) 11:04:26.65 ID:
?「私ですか?」

?「……私は天使の梓です」スッ

律「て…天使?」

梓「そうです、天使=私みたいなところありますし。天触れです」

梓「そもそも吊り橋から落ちた時も私が引っ張ってなかったらどうなってた事か」ブツブツ

紬「あのー…」オズオズ

梓「あっはい、すみません、つい…」

紬「それで、その…梓ちゃんはどうしてここに…?」

律「そ、そうだよ……はっ!?ま、まさか澪を連れて行くつもりじゃ!?」

梓「だから違います!むしろその逆です!!」

律「逆?」


362:2013/07/03(水) 11:08:56.86 ID:
梓「そうです」

梓「とにかくこっちです。付いて来てください」スッ

紬「りっちゃん行ってみよう?」

律「あ、ああ…」





梓「さあ、この先です」

律「ここに…澪が?」

紬「……りっちゃんあそこ!」

律「えっ?」

紬「あそこに倒れてるの!」


363:2013/07/03(水) 11:13:30.64 ID:
律「み、みお!?」ダッ
紬「りっちゃん待って!」タッタッ

律「澪!…澪!!」ユサユサ
澪「………」

紬「澪ちゃん!!」

梓「安心してください、眠っているだけです」

紬「寝てる?」

梓「はい」


364:2013/07/03(水) 11:19:08.21 ID:
律「そ、それじゃあこのまま目を覚ますのを待ってれば良いのか?」

梓「いえ、そういう訳でもありません…」

律「じゃあどうすれば良いんだ?」

梓「それは……これです」スッ

律紬「これは?」

梓「ハートの半分です」

紬「ハート?」

律「ど、どういう事だ?」

梓「そもそもの原因はさっきのケンカですよ」

律「えっ?」


365:2013/07/03(水) 11:27:40.11 ID:
梓「ケンカをして別れたあと、一人になって深い自己嫌悪を感じていたみたいです」

梓「そこで自分の嫌な部分を体に残してもう一人の素直な自分を魔法で作りだしたのです」

律「じゃあさっきまで私たちと一緒にいた澪は……」

梓「はい、嫌われたくないという想いから作られた魔法です」

紬「澪ちゃん……」

梓「まあ早い話しが分かれてしまったハートを元の体に戻せば目を覚ますということです」

律「ハートを戻す……でもどうやって?」

梓「ああ、それは簡単です。ハートをもってちゅうすれば良いんですよ」サラッ

律紬「!?」


366:2013/07/03(水) 11:37:01.38 ID:
律「ち、ちゅうってキキキ、キスするって事か!?///」カァッ

梓「そうです、昔から眠りについたお姫様は愛しの王子様のキスで目を覚ますと相場が決まってます」

律「な、なんだよそれ!?そんなこと出来るわけないだろ!?///」

梓「何をいまさら…どうせ何時もされてるんでしょ?」

律「そ、それは……」ボソッ

梓「?」

律「……てない……」ゴニョゴニョ

梓「えっ?」

律「だから何時もはしてないって言ってんの!!」

紬梓「ええっ!?」


367:2013/07/03(水) 11:48:27.63 ID:
紬「そ、そんな…嘘よ…!」ガタガタ

律「嘘じゃねーし!」

律「そりゃぜんぜんした事ないわけじゃないけど…あの通り澪は恥ずかしがり屋だし、無理やりやって嫌われたくないし……」

紬「りっちゃん…なんて不憫な……」

梓「案外奥手なんですね、もしくはヘタレです」

律「ほっとけ!とにかく澪はロマンチストだからさ、そういう雰囲気にならないとさせてくれないんだよ」

梓「まあ分からなくはないですけどだったらなおさらチャンスなんじゃないですか?」

律「へっ?」キョト

梓「だって考えようによっては王子様のキスで目を覚ますなんてそれこそロマンチックじゃないですか?」

律「う…でもやっぱり……」ウジウジ


368:2013/07/03(水) 12:05:18.16 ID:
紬「それにりっちゃん眠ってる澪ちゃんにキスしたって言ってたじゃない」

律「そ、それは二人っきりだったし」モジモジ

紬「もう!りっちゃんがそんなんじゃ澪ちゃんはいつまでたっても目を覚まさないわ!!」クワッ

律「ム、ムギ…?」

紬「もういい!私がりっちゃんのかわりにするっ!!」フンス

律「は!?」

梓「ああ、そういう事でしたら私がやっても良いですよ?」

律「んな!?」

律「ダ、ダメ!絶対ダメだ!!それなら私がする!!」バッ

紬梓「どうぞどうぞ」ササッ

律「……え?」


369:2013/07/03(水) 12:29:31.99 ID:
紬梓「さあ早く」ニヤニヤ

律「謀ったなコノヤロー!」

梓「まあ良いじゃないですか。さあこのハートを持って」サッ

律「うぐぅ…わかったよ……」スッ

紬「さあ、りっちゃん早く!!」ハァハァ

律「………」ドキドキ

律「よ、よし!い、いくぞ!!」ドキドキ


370:2013/07/03(水) 12:33:11.01 ID:
律「………」

律「………」

律「……押すなよ?」チラッ

紬「もちろん」ニコッ

律「………」

律「………」

律「……絶対に押すなよ!」チラッ

梓「だから押しませんってば」


371:2013/07/03(水) 12:38:29.09 ID:
律「………」

律「………」

律「………」

律「押せよ!!」カッ

梓「早よせい!」ゲシッ
律「うぉっ!?」ドサッ

律「何すんだよ!危うく本当にキスする所だったじゃないか!?」

梓「自分から振ってきたんじゃないですか」

律「まあそうだけど」テヘッ

梓「けっこう余裕ありますね」イラッ


372:2013/07/03(水) 12:44:28.48 ID:
律「まあ冗談はこれくらいにしてそろそろ澪を起こさないと……」チラッ
澪「………」スヤスヤ

紬「そうよ!早く早く!!」グッ

律「あのー…そんなに見られるとやりにくいんだけど」

梓「気にしないでください」ジーッ

律「はぁ…わかったよ…」

律「よ、よし、今度こそ」ドキドキ

紬梓「………」ドキドキ


373:2013/07/03(水) 12:50:07.54 ID:
律「……澪」スッ
澪「………」スヤスヤ

律「帰ってこい」チュッ
澪「…ん…」ピクッ

紬(キマシタワー!!)

梓「さあ、これで目を覚ま…!?」

律「んむっ…はぁ…み、お…」チュッ

澪「あっ…りふぅ…んんっ…」ピチャッ


374:2013/07/03(水) 12:58:48.13 ID:
梓「なっななな、何やってるんですか!?///」

紬「ああっ!?邪魔しちゃダメよ梓ちゃん!」ガシッ
梓「ん~~~!?」モゴモゴ

律「み…お…んっ…」チュッ

澪「り…つぅ…ん…ふぅ…」

紬「はぁはぁ///」
梓「………!」ジタバタ

律「んんっ…」スッ

澪「ん…はぁ…」ツー

紬「ああ、りっちゃんと澪ちゃんの口から糸引いて……なんて煽情的なのかしら///」ウットリ
梓「むが~っ!」ガバッ


375:2013/07/03(水) 13:09:14.63 ID:
紬「!?」

梓「はぁ、はぁっ…て、手で口を塞がないでください!い、息が…!」

紬「ご、ごめんなさい、私ったらつい…」

梓「それに!な、何であんな…その、深いキ、キスをしてるんですか!?軽くで良いのに!///」

律「ふぇっ?」

律「だ、だっていつもやってる様にしただけだし……」

梓「なっ!?でもさっき恥ずかしがるし無理やりはしないって言ってたじゃないですか!」

律「だから普段できない分『そういう』雰囲気になった時はつい最後までシちゃうっていうか///」テレテレ

梓「ああ、ダメだ、この人たち奥手どころか全然ぴゅあぴゅあはーとじゃなかった」


376:2013/07/03(水) 13:17:14.03 ID:
律「あっ!?そういえば澪は!?澪はどうなった!?」

澪「ん……りつ…?」フラッ

律「澪!良かった目が覚めたんだな!!」ダキッ

澪「えっ…?私は一体……あっ!」

澪「わ、私、律とムギに謝らなきゃ!!」

律「もういいよ」

澪「えっ?」

律「ちゃんとわかってるから」

澪「で、でも…」

律「もうすんだ事だよ、なあムギ?」チラッ

紬「はぁはぁ…」
梓「………!!」モゴモゴ


377:2013/07/03(水) 13:22:42.65 ID:
律澪「ム、ムギ!?」

紬「はっ!?いけない私ったらまた」パッ

梓「ぷはぁーっ!」

梓「だ、だから口を塞がないでください!」ゼエゼエ

律「鼻で息すりゃ良いじゃん」

梓「!?」

律「気付かなかったのか……」

澪「あの…律、この子は一体だれなんだ?」

律「ああ、梓っていって天使らしいんだ」

澪「……天使」


378:2013/07/03(水) 13:32:36.26 ID:
梓「あ、初めまして梓っていいます」ペコッ

澪「天使って本当にいたんだ……可愛らしいな」

梓「あ…そんな///(あんなキスシーン見せられてまともに顔みれないよ)」カァッ

澪「?」

律「それに梓がいなかったら澪は目を覚まさなかったかもしれないんだぞー」

澪「えっ!?そうだったのか……ありがとう梓」

梓「いえ、私は方法を教えただけでなにも…///」

澪「方法?」

律「ま、まあそれは良いじゃん!こうやってちゃんと目を覚ましたんだし……あはは///」アセッ

紬「うふふ…」ニコニコ

澪「あやしいな…何か隠してるだろ律」ジリッ


379:2013/07/03(水) 13:41:09.65 ID:
律「あ…あーっ!そ、そういえばごめん澪、さっきカチューシャ落として壊しちゃったんだ!」

澪「えっ?」

梓「話しをそらしましたね」ボソッ

律「バカ、もし澪にみんなの前でキスしたなんてバレたらまた気絶するだろっ」ボソボソ

澪「律?」

律「んあ!?ご、ごめん!せっかく澪が買ってくれたのに」

澪「いいよ…それにさっき夢の中で見たんだ」

律「へっ?」

澪「はっきりとは覚えてないけどまた和たちに襲われたんだろ?仕方ないよ」

律「澪……」


380:2013/07/03(水) 13:50:20.72 ID:
梓(ん…ハートが戻ってからも問題はなさそうですね……)

梓(それじゃあそろそろ……)

梓「あのー…」

律「ん?」

梓「私、そろそろ帰りますね」

律「え?もう帰るのか?」

紬「せっかく梓ちゃんと仲良くなれたのに……」

澪「私の事も助けてくれたみたいだし、梓さえ良ければ私たちと一緒にこないか?」

梓「はい、本当に嬉しいんですが天使はあまり人間と干渉してはいけない決まりがあるんです……」

紬「そんなぁ…」




381:2013/07/03(水) 13:58:08.51 ID:
梓「それに向こうに直とスミ…ゴホン、後輩たちを待たせてるので」

律「そっか…」

紬「また会える?」

梓「もちろんです、なにかあったら飛んできます」

紬「きっとよ!」

梓「はい!……それでは失礼します」バッ

澪「翼が…!」

梓「………」バサッ

律「じゃあなー梓!」

紬「梓ちゃんまたねー!」

澪「梓っ!ありがとーっ!」

梓「………」ニコッ

ピューン・・・


キラン


382:2013/07/03(水) 14:04:55.64 ID:
律澪紬「………」

紬「行っちゃたね…」

澪「ああ…」

律「なんか不思議なやつだったなー。ついさっき会ったばかりなのに昔から知ってたような……」

紬「うん……」

律「ま、梓も言ってたようにきっとまた会えるさ」

澪「……そうだな」

律「よし、それじゃあそろそろ魔法陣を探しに行きますか」

さわ子『りっちゃん大変よ!!!!』ガーッ

律澪紬「」キーン


383:2013/07/03(水) 14:12:23.30 ID:
律「な、なんだよさわちゃん!?急に話しかけるなよビックリするじゃん!!」ドキドキ

澪(しんみりしてたのに台無しだ……)

さわ子『ああ、ごめんなさい…ってそんな事より大変なのよ!!』

律「な、なんだよ、私たち今から魔法陣をさがしに…」

さわ子『魔王が封印されたわ!!』

律澪紬「………は?」

さわ子『だから魔王が封印されたのよ!!』

律澪紬「ええっ!?」

律「ど、どういう事だよさわちゃん!?」



384:2013/07/03(水) 14:23:36.77 ID:
さわ子『それがね、どこかの国の男の子と女の子が魔王を封印したらしいのよ。だから魔法陣をさがす必要は無くなったわ』

律「」

さわ子『まあ世界中におふれが出てたからりっちゃんたち以外にも勇者のパーティがいたのね』

律「なんだよそれ!?」

澪「それじゃあ私たちの旅って…」

さわ子『言いにくいけど無駄足だったってことね』サラリ

律「ぜんぜん言いにくそうじゃないじゃん!」

紬「せっかくここまで来たのに……」

澪「なんだかどっと疲れが……」クラッ

さわ子『まあまあ、良いじゃない。あなた達若いんだからまたすぐに別のやりたい事がみつかるわよ』

律「そもそも好きで魔王退治やってたわけじゃないんだけどな……」




385:2013/07/03(水) 14:30:35.89 ID:
さわ子『とにかくそういう事だから。私は総裁の様子を見に行かなくちゃいけないしここでお別れね』

さわ子『また縁があったら会いましょう、それじゃ』プツン

律「おい!?ちょっ、さわちゃん!?」

澪「……切れたな」

律「こらーっ!言いたい事いって勝手に切るなーっ!!」ウガッ

紬「待ってりっちゃん!」

律「!?」ハッ

紬「こういう時こそ冷静に考えなきゃ」

律「あ、ああ、すまないムギ……」


386:2013/07/03(水) 14:36:53.46 ID:
紬「………」

紬「………」

紬「………」

紬「……ふんどし!!」ダイコンッ

律「さわちゃーん!出てこーい!!」ガーッ

澪「もうなにがなんだか……」





澪「どうだ、少しは落ち着いたか?」

律「しゅ、しゅみましぇんでした…」プシュー

紬「み、澪ちゃん!私も叩いて!!」ハァハァ

澪「……なんで律を叩いたのにムギが興奮してるんだ?」



387:2013/07/03(水) 14:46:14.22 ID:
澪「とにかく、これからどうするかちゃんと考えよう」

律「あー…あのさ、その事なんだけど」

澪「どうした?」

律「このまま村に帰っても良いんだけど私は澪のお父さんとお母さんがいるって所に行ってみたいなって思うんだよね」

澪「えっ…!?」

律「いや、一回ちゃんとあいさつしときたいっていうか何ていうか…それに澪も会いたいだろ?」

澪「私のパパと…ママ…」

澪「うん…会いたい!」

律「よし、じゃあ決まりっ!もちろんムギも行くだろ?」

紬「もちろん!!」


388:2013/07/03(水) 14:55:38.83 ID:
紬「……って言いたいけれど」

律澪「えっ?」

紬「私はここでお別れするわ」

律澪「ええっ!?」

澪「な、なんで…!?」

紬「ふふっ、私もりっちゃん達の話しを聞いてたらお父様とお母様に会いたくなっちゃた。本当に魔王が封印されたのなら家に帰ってるはずだし」

紬(それにこれ以上二人の邪魔はしたくないしね)ニコッ

律「そっか…まあ無理に引き止めらえないしな」

澪「でも帰りはどうするんだ?」

紬「それなら心配ないわ」

律澪「?」


389:2013/07/03(水) 15:12:43.39 ID:
紬「斉藤……いるんでしょう?」

ガサッ

斉藤「さすがお嬢様、バレておりましたか」

紬「ね?大丈夫でしょ?」

律澪(やっぱりついて来てたのか……)

律「じゃあムギともここでお別れか」

澪「寂しくなるな……」

紬「いつだって会えるわ」

澪「パパと…お父さんとお母さんに会えたら絶対連絡するから」

紬「うん、楽しみに待ってる」ニッコリ

紬「……それじゃあ私もそろそろ行くね」

律「ああ、元気でなムギ!」

澪「また遊びに行くから!」

紬「うん!それじゃあさよなら、りっちゃん、澪ちゃん!」


390:2013/07/03(水) 15:22:29.21 ID:






律「行っちゃったなー…」

澪「ああ……」

律「また二人旅だ」

澪「うん…でも律と一緒ならどこにだって行けるよ」

律「おっ!村を出る時とは大違いだ」ニヤニヤ

澪「ばーか」

律「へへっ」

澪「これからどうする?また鳥を呼べばパパたちの居場所はすぐ分かるかもしれないぞ?」

律「ん~…ま、ゆっくり歩きでいーんじゃない?」

澪「そっか…うん、そうだな…」


391:2013/07/03(水) 15:29:45.63 ID:
律「それにしても色々あったなー」

澪「まだ旅は終わってないだろ?」

律「そうだけどさ」

澪「まあ確かに色んな人と出会えて楽しかったけど、崖から落ちたりとかは二度とごめんだ」

律「ははっ、まあそれも私たちの新婚旅行の思い出って事で良いじゃん?」

澪「そんな思いでなんていらないよ」

澪「………………って…えっ?」

律「ん?」

澪「ちょ、ちょっと待って!?誰と誰の新婚旅行だって!?」

律「へ?だから私と澪のに決まってんじゃん」

澪「な!?わ、私たち結婚した覚えないぞ!?」


392:2013/07/03(水) 15:35:35.80 ID:
律「はぁ!?お城を出る時に婚姻届にサインしただろ!?」

澪「あ…うそ…あれって婚姻届だったのか……」

律「気付いてなかったのかよ……」

澪「………」ボーゼン

律「あーあ、お~い、みぃーおー」

澪「………」ボー

律「みーおしゃーん」フリフリ

澪「………だ…」

律「へ?」

澪「こんな新婚旅行嫌だ!!」

律「うぇっ!?」




393:2013/07/03(水) 15:45:26.41 ID:
澪「私は…私は二人っきりで南の島なんか行って夜は浜辺で星を見る、それからその後は……」

律「み、澪?」

澪「そんな新婚旅行が夢だったのに!!」プルプル

律「お、おい、落ち着けって!?」

澪「やり直しだ!」カッ

律「えっ?」

澪「そうだ、そうだよ!今から行こう!今からでも素敵な新婚旅行にするんだ!!」

律「ちょっ!?澪のお父さんとお母さんはどうするんだよ!?」

澪「後で良い!パパとママより今はこっちが大事だ!」ガシッ

律「うぉっ!?」

澪「さあ行こう律!!」グイグイ

律「ま、まてよみお~」ズルズル


394:2013/07/03(水) 15:52:14.83 ID:




─ナツフェスの森─

斉藤「お嬢様、どちらへ!?」アワアワ

紬「うふふ、りっちゃんと澪ちゃんのト・コ・ロ」

斉藤「で、ですが!お屋敷にお帰りになられるのでは!?」

紬「そんなのりっちゃん達を二人っきりにさせるための嘘に決まってるじゃない」

斉藤「し、しかしこっそりのぞくようなマネは…」

紬「あら、こっそりのぞくだなんてそんな事しないわ」

斉藤「で、では…?」

紬「だって私には百合イヤーがあるもの」ニッコリ

斉藤「お、お嬢様!?」


395:2013/07/03(水) 16:09:27.59 ID:




─秘密結社デスデビル─

さわ子「総裁!」

さわ子「もう、総裁の呪いも解けたはずなのに何処に行ったのかしら……」

「……………!」

さわ子「向こうの部屋から声が聞こえるわね」

さわ子「総裁!」バン

純「やったーっ呪いがとけたー!!」

さわ子「」

純「いやーこれで私も自由だ…って何してるんですか?」

さわ子「……ツインテ…ツイ…」

純「?」

さわ子「モップじゃない!!!」ゲシッ

純「どわーっ!?」

ドサッ

純「あう……」

さわ子「こんな事ならりっちゃん達と一緒に行けばよかったわ」プンプン

純「いたた…」

純「………」

純「………」

純「えっ?なに?」

純「……ちょっと」




純「これで終わり?」


・おわり




→→もっとけいおんを読む←←