1:2013/12/06(金) 18:35:47.54 ID:
宮迫「どーもどーも」

蛍原「こんばんわー」

宮迫「さあ今回は」

蛍原「ええ」

宮迫「まあなんというんですかね・・・・・・学校関係の話題になると思います」

蛍原「ほうほう。 まあなんとなく予想つくわ」

宮迫「おお、なんやと思いました蛍原さん?」

蛍原「イケてないとか、運動神経悪い、とか」

宮迫「ぜっんぜんちゃいます!」

蛍原「なにキレてんねんwwww」

比企谷八幡


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386322547

2:2013/12/06(金) 18:39:58.09 ID:
宮迫「蛍原さんが勘悪いことはわかってたけどここまでとは」

蛍原「ほっとけ!wwwwwwww」

宮迫「お客さんどうですか? わかります?」


シーン


蛍原「これは難しいみたいよ~」

宮迫「この企画初めてですからね」

蛍原「ホンマか?」

蛍原「この企画の内容とは、そしてゲストは誰なんでしょうか。お呼びしましょう。この方々ですどうぞー」


4:2013/12/06(金) 18:43:28.46 ID:
BGM「アザレアを咲かせーて 暖かい庭まーで 連れ出してー連れ出してーなんてねー」ダダンダンダン

宮迫「ほー」

蛍原「いやこれはますます難しくなってきたよ」

宮迫「みんなめっちゃガッチガチやな」

蛍原「みなさんうつむいちゃだめですよwwwwwwちゃんとカメラみてカメラ」

蛍原「さ、というわけで聞いてみましょう」

蛍原「皆さんは、何のくくりですか?」


5:2013/12/06(金) 18:49:31.70 ID:
八幡「俺たちは!」

八幡雪乃結衣「変な部活やってる芸人です!」

ワーーパチパチパチパチパチパチ

宮迫「変な部活?」

蛍原「うわめっちゃ気になる!」

宮迫「まさかまさかの帰宅部とか」

蛍原「そんなんやったら呼ばんわwwwwwwww」

宮迫「スタンド部?」

蛍原「なんの話やねんwwwwwwww」

宮迫「あなたジョジョ芸人でやったこともう忘れたんですか?」ドッwwwwwwww

蛍原「知らんわ!」

宮迫「蛍原さんwwwwwwまじめな話wwwwwwあなた記憶力悪すぎでしょwwwwww」

蛍原「覚えなくてもええやんかそんなことwwwwwwww」


6:2013/12/06(金) 18:56:36.34 ID:
宮迫「とりあえず早く進めてください」

蛍原「誰のせいやねん誰の」

蛍原「えーとそれでは一人一人話を聞いていきましょう」

蛍原「えーっと」

雪乃「奉仕部部長、雪ノ下雪乃です」

蛍原「おっ部長さん?」

宮迫「美人さんやな君」

雪乃「セクハラですよ」ニコッ

宮迫「うわっ!すんませんwwwwww」

蛍原「しっかりした娘やわ」

八幡「気にしないでくださいこいつ誰にでもこうなんで」

雪乃「だれがあなたに話す許可を与えたのかしら? ここにくる前に、黙っていなさいと言っておいたはずなのだけれど」

八幡「おれは犬かよ。犬なの?」


7:2013/12/06(金) 18:58:59.65 ID:
蛍原「ストップストップwwwwww雪乃ちゃん、部員はこれだけなの?」

雪乃「ええそうですが」

宮迫「三人だけいうのも珍しいな」

雪乃「それもおいおいお話できればと思っています」

蛍原「なるほどー非常に楽しみですねーこれは」


8:2013/12/06(金) 19:04:49.20 ID:
蛍原「さーお次は」

八幡「奉仕部部員。比企谷八幡です」

宮迫「はちまん? ちょっと変わった名前や」

八幡「まあ、よく言われます」

蛍原「八幡もっと元気よく喋ろうや。 さっき雪乃ちゃんと喋ってたときみたいに」

宮迫「八幡深呼吸深呼吸」

八幡 スーハースーハー

宮迫「あかんこりゃ陸にあげられた魚や」

八幡「どういう意味ですか」

宮迫「イケメンな方なんやけど君、目がちょっと」

八幡「また・・・・・・目・・・・・・」

蛍原「またってことは」

八幡「いろんな人から言われてますよ。 こいつにも」

宮迫「雪乃ちゃんまで言うてんの?」

雪乃「ええ」

宮迫「八幡しゃんとせえ!」

八幡「なんで怒られるんだよ」 


15:2013/12/07(土) 18:41:19.69 ID:
蛍原「さー次は」

結衣「由比ヶ浜結衣です」

蛍原「あらかわええ」

宮迫「君ちょっと派手な感じやね。 八幡と雪乃ちゃんとはなんか感じ違うわ」

結衣「まーよく言われますー」

八幡「宮迫さん、はっきり言ったらいいんですよ。 ビッチって」

結衣「なっ! ビッチ言うなし! しかもテレビで!」

宮迫「八幡アカンwwwwww君結衣ちゃんのことそんな思てたの?」

雪乃「比企谷くん、奉仕部に泥を塗るならかえってもらえるかしら」

八幡「いや、俺は宮迫さんが言いよどんでたからだな」

宮迫「それでもビッチはないわwwwwww」

蛍原「ホンマやで八幡。女の子にそんなこというたらアカン」

結衣「ヒッキーそういうとこあるんですよねー ちょっと口悪いというか」

宮迫「あら結衣ちゃん優しいなー 殴ってええんやで」

八幡「ちょっと! やめてください! そんなこと言うのは」

結衣「引っぱたくくらいなら普段からやってますけど、まあ殴るのはちょっとね・・・・・・」

雪乃「比企谷くんには殴る価値はないものね」

八幡「おまえはどうしても俺を悪く言いたいんだな」


16:2013/12/07(土) 18:51:01.13 ID:
蛍原「さーというわけで全員の紹介終わりましたけども」

宮迫「三人だけいうのもな」

蛍原「江頭さんだけの時とかもあったし大丈夫やろ」



雪乃「放送を少しみたのだけれど、通常は5人、6人でやっていたわ」ボソボソ

結衣「だよねーつーかゆきのん今頃アメトーク見たのー?」ボソボソ

雪乃「そ、その言い方は何かしら? 私を馬鹿にしているの?」ボソボソ

八幡「まて雪ノ下。由比ヶ浜にそんなつもりはないと思うぞ。だってこいつアホだし」ボソボソ

結衣「ちょっと!なにそれ!」ボソボソ

雪乃「そうね。言われて見ればその通りだわ」ボソボソ

結衣「納得しちゃうんだ?」ボソボソ


宮迫「皆さんなんの相談してるんですかwwwwww」

蛍原「本番中やで本番中」

雪乃「すいません。比企谷くんが」

八幡「ええっ? 俺何もしてないよね?」

宮迫「八幡、出てけwwwwww」ドッwwwwwwww

八幡「普段はこんな扱いされたことないのに」

雪乃「それはあなたに友達がいないからでしょう」

八幡「いちいち答えなくていいんだよ・・・・・・」


17:2013/12/07(土) 18:53:35.53 ID:
蛍原「さーひとまずひな壇に座りましたけど」

蛍原「やっぱりね三人でトークだと少し寂しいとかいうか賑やかさにかける」

宮迫「否定はできんわな」

蛍原「そ・こ・で!」

宮迫「ほーほー」

蛍原「特別ゲストの方々をお呼びしておりまーす」

オーパチパチパチパチパチ


24:2013/12/09(月) 18:38:30.38 ID:
蛍原「それではお呼びしましょう。 この方々ですどうぞー」

BGM「アザレアを咲かせーて 暖かい庭まーで 連れ出してー連れ出してーなんてねー ダダンダンダン」

静「こんばんわ」ペコ

小町「やっはろー!」

八幡(それ夜でもOKなのかよ)

蛍原「はいこちら、奉仕部顧問の平塚静先生と八幡の妹の小町ちゃんでーす」

パチパチパチパチパチ

宮迫「八幡うらやましいわ。 いつもこんなかわいい子たちに囲まれてるとか」

八幡「こいつらの本性を知ればそんなこと思わなくなりますよ」

結衣「ヒッキー! それどういう意味?」

八幡「本性っていうのは、隠された本当の性格ってことだ」

結衣「はあ? 知ってるから! あたしのことどんだけ馬鹿だと思ってるの!」ポカポカポカ

雪乃(私も比企谷くんと同じ解釈をしていたのだけれど......)


25:2013/12/09(月) 18:48:34.40 ID:
蛍原「八幡、結衣ちゃん、けんかしたらアカンよ」

小町「蛍原さん。兄があんな風に人としゃべるの久しぶりなんで大目に見てやってください」

宮迫「八幡、普段どんな生活してんのwwwwww」

雪乃「非生産的で怠惰で無意味な」

八幡「なんでおまえが答える......しかも意味重複してんだろそれ」

宮迫「確かにそれっぽい」

八幡「納得しないでください!」

宮迫「君イケてないグループやろ?」

雪乃「彼には友達がいないのでグループというのはちょっと違いますね」

八幡「雪ノ下さん、いつもよりきつくないっすか」

結衣「ゆきのんもテレビでてはしゃいでるんだね」

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん。絶対にそんなことはないわ」

宮迫「あかんwwwwww入っていけへん。なんか邪魔してる気がする」

蛍原「やっぱええね。青春やなー」

八幡「蛍原さん。そんなものはありませんよ」

宮迫「八幡、君ホンマに何があったんwwwwww?」


26:2013/12/09(月) 18:55:39.30 ID:
蛍原「っと八幡のせいで脱線してしまいましたけど」

八幡「違うだろ...絶対違うだろ」

蛍原「特別ゲストの方々にも加わって貰って、お話を聞いていこうと思います」

蛍原「先生、今日はよろしくお願いします」

静「いえいえ、こちらこそ」

蛍原「小町ちゃんもよろしくな」

小町「はい!こちらこそ。うちの兄を今日はよろしくお願いします」

八幡「だからなんでおれ?」

雪乃「わからないの? あなたは本来ならカメラにうつるだけで放送事故になる目をしているのよ」

八幡「なるほど。世界が壊滅しかねないブラッディ・ナイト・アイを持っているわけだな」

結衣「開き直った...中二になった」


30:2013/12/10(火) 18:39:33.00 ID:
パパパパーン

蛍原「奉仕部ってどんなとこーーーーー」

パチパチパチパチ


蛍原「さっ、まず奉仕部というのはどんな部活なのかを、具体的に教えてもらおうと思います」

宮迫「めっちゃ気になる」

蛍原「雪乃ちゃんどうなん?」

雪乃「そうですね。まず答える前に蛍原さん」

蛍原「はいはい?」

雪乃「奉仕部と聞いて、蛍原さんは何を思い浮かべますか?」

八幡(あれ? 雪ノ下こんなことするやつだったか? 聞かれたらキビキビと答えるそうなんだが)

蛍原「そやねー 奉仕やから・・・・・・ボランティアとかやな」

雪乃「そのボランティアの内容とは?」

蛍原「んーなんやろー」

宮迫「学校の草むしり?」

雪乃「・・・・・・基本的に肉体労働はありません」

八幡「草むしりだったら俺マジで逃げ出してるよ」

静「ほー、本当か、やらせてみよう、草むしり」

八幡「あんたはなに川柳詠んでるんですか!」

宮迫「八幡黙っとれwwwwwwww」

八幡「いや今のは・・・・・・」

宮迫「先生、少しお静かにお願いします」

静「はいはーい」

八幡「宮迫さん・・・・・・」


31:2013/12/10(火) 18:54:38.48 ID:
蛍原「やっぱボランティアゆーたら、ゴミ拾いとか掃除とか、そんなんちゃう?」

宮迫「募金活動とかもあるわな」

結衣「全然違いますよー」

雪乃「お二人の言う奉仕とはつまり、自発的に行動して、ゴミ拾いや掃除を行うというわけですか」

蛍原「まー」

宮迫「そーいうこっちゃな」

雪乃「0点!」

宮迫「えーーー」

蛍原「全部ちゃうの?」

八幡(それはそうと雪ノ下テンション高すぎだろ)

蛍原「どんなことしてんの?」

宮迫「雪乃ちゃん、降参です。教えてください」ズザーッ

蛍原「おいっwwwwwwおまえなに土下座してんねんwwwwwwww」

宮迫「蛍原さんもホラ一緒に」

蛍原「やるかアホwwwwwwwwww」

八幡(芸人って・・・・・・すげえ・・・・・・)

結衣「わーわー、宮迫さんそれはちょっと」アタフタ

蛍原「結衣ちゃんが困っとるやろが! はよやめろwwwwww」

宮迫「wwwwwwwwww」


32:2013/12/10(火) 19:17:14.36 ID:
雪乃「私たちは基本的に、誰かからの依頼がないと動きません」

蛍原「そーなん?」

宮迫「部活つーより会社みたいやな」

雪乃「そうですね。もちろんお金は受け取ってませんよ」

蛍原「それで、どんな依頼くんの?」

雪乃「もうなんでもありです。料理を教えたり、小説の手直しをしたりと」

宮迫「ホンマやな。ってちょっと待って。君らそれ全部やってきたの?」

雪乃「そうですが?」

宮迫「君ら料理もできるし、小説も書けるの?」

蛍原「万能集団か君らwwww」

八幡(端からはそう見えんのか・・・・・・)

雪乃「万能ではないですけど・・・少なくとも比企谷くんは無能ですね」

八幡「てめーのそういうとこも無能だ!」

蛍原「はいはいストップストップっwwwwww」

小町「雪乃さんはそういってますけど、兄はすごく頼れて優しいんですよー全然しゃべらないから人に伝わらないですけどねー」

宮迫「おーそうなんか?」

八幡「小町・・・・・・」

小町「今の小町的にポイント高い」

八幡「その一言がなければいいんだが・・・・・・」


33:2013/12/10(火) 19:50:57.27 ID:
蛍原「その依頼は、生徒から?」

雪乃「はい」

結衣「あー実は私も依頼したことあって・・・・・・」

八幡(言ってもいいのかよそれ)

宮迫「ホンマ? なになに?」

結衣「あの料理教えてほしいってやつ」

宮迫「あーあれ君なん?」

蛍原「料理苦手なん? 意外やな」

八幡「こいつの料理の下手さは神がかってるとしかいえませんよ」

雪乃「クッキーが木炭になるものね」

結衣「ちょ! 二人が言わないでよ!自分でいうつもりだったのに!」

八幡「あっ、すまん」

雪乃「そうだったの。悪かったわ」

蛍原「軽っるwwwwww」

宮迫「二人とももうちょっと、ちゃんと謝ろうやwwwwww」


36:2013/12/11(水) 19:14:26.63 ID:
蛍原「小説の手直しってのは?」

雪乃「あれはその・・・・・・なんというか」

八幡「正確に言うと批評ですね。書いたんで評価してほしいって依頼だったんですよ」

宮迫「おもろかった?」

八幡「全然です。 なんかのパクリかと思うレベルでした」

宮迫「なんなんそいつwwww」

蛍原「それ評価するって、ちょっと言葉に困るなwww」

八幡「でしょう? 普通はきついこというのも躊躇するのにこいつときたら」

雪乃「言っておいた方がいいでしょう」

宮迫「雪乃ちゃん、なんていったん?」

八幡「つまらなかった。読むのが苦痛ですらあったわ。想像を絶するつまらなさ。まず文法がむちゃくちゃね。てにをはの使い方わかってる?」

雪乃「それは・・・誰のマネをしているつもり?」ゴゴゴゴゴ

結衣「ヒッキーうまーい」パチパチ

雪乃「由比ヶ浜さん、関心している場合ではないと思うのだけれど」

宮迫「八幡wwww不意打ちでモノマネやめろwww」

蛍原「いきなりなんなんよもうwwww」

八幡「そ、そんなに笑うとこですかねここ」

静「驚いた・・・比企谷にそんな特技があったとわな」

雪乃「比企谷くん、それは二度とやらないこと、わかった?」

八幡「いや、でも」

雪乃「死にたいの?」

八幡「ワカリマシタ」ショボーン


37:2013/12/11(水) 19:25:49.94 ID:
蛍原「ではここまで聞いて小町ちゃん、どうやった?」

小町「家ではゴミみたいな兄もちゃんと活動してるんだなーってちょっと見直しました」

八幡「ご、ごみ? ゴミ・・・・・・」

雪乃「あら、あなたを的確に表している言葉だと思うのだけれど」

宮迫「八幡、おまえ家でなにしてるからゴミ言われるねんwwwwww」

八幡「だーっ!ゴミゴミうっさいよ!さっきから!わかってるよそんなこと!」

結衣「そんなことないって・・・ヒッキーはただ・・・」ボソボソ

蛍原「大きい声でしゃべりー結衣ちゃん」

小町「まー家にいてもなんだかんだで楽しいですよー からかうのが」

八幡「おい」


38:2013/12/11(水) 19:32:47.64 ID:
蛍原「先生、どうでしたか?」

静「そーですねー 自分でも改めて奉仕部のコンセプトを見直せたし、部員たちがどう思っているのかわかったのでよかったです」

八幡(なにその口調。きれい通り越してキモい)

宮迫「俺が学生の頃にもほしかったわ奉仕部」

蛍原「なー」

宮迫「蛍原さんはあれでしょ、おかっぱ直したいとかそんな依頼するでしょ?」

蛍原「違うわ!」

雪乃「それは奉仕部ではなく美容院に行ってください」

宮迫「その通りやwwwwww」

蛍原「冷静なツッコミきたよー」

八幡「実際きたらなんだかんだで直しそうだなおまえ」

雪乃「人の行動を勝手に予測するのはやめてちょうだい」


39:2013/12/11(水) 19:51:28.15 ID:
パパパパーン

蛍原「奉仕部の活動みてみよーーーーーーー」

パチパチパチパチ


蛍原「さっ、実はですね、番組スタッフが」

宮迫「おっ」

蛍原「奉仕部の活動の様子を撮りにいってくれましたーーーーー」

オオオオーー パチパチパチパチ

宮迫「見たい見たい」

雪乃「はしゃぎすぎです宮迫さん」

宮迫「そ、そやね」アセアセ

八幡「あれ、見せんのかよお蔵入りにするべきだろ」


40:2013/12/11(水) 19:54:34.04 ID:
蛍原「さっ、ではVTRをご覧ください。どうぞ」

奉仕部部室前

スタッフ「えーいまから奉仕部の活動の様子を撮影したいとおもいます」

ガラガラガラッ


41:2013/12/11(水) 19:56:59.51 ID:
結衣「ヤッハロー」ボソボソ

雪乃 ペラッ

八幡 ペラッ

結衣 カチカチカチ

シーン



結衣 カチカチカチ

雪乃 ペラッ

八幡 ペラッ

シーン




結衣 スースースー

雪乃 ペラッ

八幡 ペラッ


シーン


結衣 スースースー

雪乃 ペラッ

八幡 ペラッ


シーン


42:2013/12/11(水) 20:00:52.40 ID:
蛍原「ちょっと! なんなんこれ!」

宮迫「君らなんもしてへんやないかwwwwww」

八幡(だから流すなっていったのに)

雪乃「あの日は依頼が来なかったので」

宮迫「先生良いんですかあれ?」

静「基本的に依頼があっての活動なので、普段はあれでもいいんですよ」

蛍原「めっちゃゆるーい部やな」

宮迫「毎日毎日依頼人殺到してるかと思ってたわ」

八幡「そんなんだったらとっくにやめてますって」

静 パキリ ポキリ

八幡「冗談ですじょーだん」


43:2013/12/11(水) 20:05:07.15 ID:
蛍原「さっ、ここまで聞いて小町ちゃん」

小町「また兄のことなんですか、家にいるときとやること変わってませんね」

宮迫「八幡、読書すきなんか?」

八幡「えーそりゃまあ」

雪乃「友達がいないから読書をするしかないのよね」

八幡「補足しなくていいんだよ。おまえはもうだまってろ」

宮迫「雪乃ちゃんも読書好き?」

雪乃「ええ。そうですね」

宮迫「で、結衣ちゃん」

結衣「はい?」

宮迫「君寝とったけど、ええの?」

結衣「あ、あのときはたまたま眠くってそれで」アタフタ

八幡「カメラいるときぐらい我慢しろよ・・・・・・」


44:2013/12/11(水) 20:12:30.48 ID:
八幡「まーいつもああってわけじゃないんで、それは頭入れといてください」

雪乃「何を偉そうなことをいっているのかしら。たまにこないあるわよね。どうせサボりなんでしょうけど」

八幡「勝手にきめんなよ」

雪乃「あらぼっちのあなたには予定なんてないのでしょうけどあらごめんなさい失言だったわね」

八幡「なにその棒読み」

蛍原「はいそこまでーストップストップwwwwww」

宮迫「あのね、君らさっきからなんなんホンマwwwwww痴話喧嘩なら家でやってやwwwwww」

雪乃「なっ! 痴話喧嘩ですって?」

宮迫「だってそうやんwwwwww八幡が何かしゃべったら君食いついてくるしwwww自分のトークには八幡のこと引用するしwwww」

雪乃「悪い例がこの男しかいないからです」

八幡「おれ良いとこは? 悪い例しかないの?」

宮迫「とにかくバカップルのノリはまた別の番組でやってくださいwwwwww」

雪乃「こっ・・・宮迫さん・・・・・・」

八幡「うっぜえ」


45:2013/12/11(水) 20:20:36.60 ID:
蛍原「さっ、変な部活やってる芸人、奉仕部編というわけで見てきてまいりましたけど」

蛍原「小町ちゃんどうやった?」

小町「なんかお兄ちゃんがやめないで続けてるっていうのは、ひょっとして雪乃さんがいるからかなって」

蛍原「可能性あるな。確かにwwwwww」

雪乃「比企谷くん、ストーカーはやめなさい」

八幡「してねーよ。小町いい加減なことを言うな」

蛍原「先生は?」

静「比企谷はまだまだ指導の余地があるようなのでビシビシ鍛え直します」

八幡「え、えー・・・・・・」

蛍原「八幡はがんばれや!」

蛍原「さて、奉仕部が何をしているのかがよく分かりました。みなさん今日はありがとうございました」

アリガオトウゴザイマシター

蛍原「では、来週またお会いしましょーさよーならー」

パチパチパチパチ


46:2013/12/11(水) 20:21:29.91 ID:
お わ り




→→もっとやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を読む←←