1:2014/03/19(水) 13:58:40.96 ID:

P「……え?」

響「え?って…自分の新しい家族だってば」

春香「……へ?」

響「なんで皆そんな不思議そうな顔するんだー?」

しま次郎「」

亜美「いや…だって」

真美「…ね→?」

響「せっかく皆と仲良くなれるように事務所に連れてきたのに…」

しま次郎「」

美希「……ねえ、響」

響「ん?どーしたんだ美希」

美希「その着ぐるみどこで拾ってきたの?」

春香「美希っ!?」

我那覇響


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395205120

2:2014/03/19(水) 14:07:52.17 ID:

響「…え?」

美希「見た目はすっごく可愛いけど身長がハニーと同じくらいでなんだか怖いの…ムグッ」

P「そこまでだ!美希!」ガシッ

響「…え…着ぐるみ…って、そんな…そんな事」

春香「…響ちゃん」

響「ち…違うよな…!?しま次郎!?お前は着ぐるみなんかじゃないよな!」

しま次郎「」

響「……」ウルッ

しま次郎「ちがうよー(裏声)」

P「!?」

春香「!?」

響「良かったぁ…」パァッ


3:2014/03/19(水) 14:20:44.48 ID:
響「良かった…しま次郎が着ぐるみなんかじゃなくて…」グスッ

しま次郎「僕は着ぐるみなんかじゃないよー、ひどいなぁ響ちゃんは(裏声)」

響「えへへ…ごめんな?」

しま次郎「なんくるないさー(裏声)」

響「え!?しま次郎うちなーぐちも使えるのか!?」

しま次郎「!!…いや、知ってるのはこれだけなんだよー(裏声)」

響「そっかあ…」シュン


春香「…なんなんでしょう…アレ…」

P「…ううむ…」


6:2014/03/19(水) 14:26:39.91 ID:

ガチャッ

貴音「ただいま戻りました」

美希「あ、貴音…」

真美「お姫ちんおっか→」

亜美「ひびきんが凄いの連れてきてるよ→!」

貴音「はて…凄いのとは一体…」

響「あ!貴音おかえり!自分の新しい家族のしま次郎だぞ!」

しま次郎「はじめましてー(裏声)」

貴音「……面妖な!」


10:2014/03/19(水) 14:36:07.63 ID:

貴音「」サササッ

響「ど…どうしたの貴音?自分の盾になるみたいな事して」

貴音「響…これは得体が知れません…危険なので私から離れてはなりません」スッ…

響「ちょ…ちょっと待ってよ!しま次郎は自分の家族だってば!」アタフタ

しま次郎「そうだよー(裏声)」

貴音「黙りなさい…ならば何故そうして顔を隠す必要が…」

響「貴音!!」

貴音「響…?」

響「違うんだ…しま次郎は、本当に…本当に自分の家族なんだ!」

しま次郎「…」

貴音「……判りました、今はそういう事にしましょう…」スッ


11:2014/03/19(水) 14:43:28.55 ID:
響「良かったなぁ!しま次郎!」

しま次郎「うん、ありがとー響ちゃん(裏声)」



貴音「あなた様…あれは一体…」

P「んー…どうやら害はなさそうなんだけどなぁ」

春香「明らかに男性の裏声なんですよね…」

美希「着ぐるみはカワイイ分、ちょっと怖いの」

真美「でもなんか面白いよね→?」

亜美「誰が入ってんのかな→」

P「とりあえず今のとこは様子見だな…」


13:2014/03/19(水) 14:56:52.77 ID:
その後…

ガチャッ

千早「おはようございます…!?が、我那覇さん…その人は一体…?」


ガチャッ

雪歩「おはようございますぅ…ひィッ!?お…ぉとこの人が…!す…すみません!穴掘って埋まってますぅうう!!」


ガチャッ

真「ただいまー!、って響…それ…まさかタイガーマスクのゆるキャラか何か?」


ガチャッ

やよい「わー、すっごい大きな虎さんですね!よろしくお願いしまーすっ!」


ガチャッ

あずさ「あらあら…なんだか暑そうですけど…大丈夫ですか?」



15:2014/03/19(水) 15:07:08.02 ID:

ガチャッ

律子「!?…あ、ぷ、プロデューサーですね!?なにふざけた格好して…あれ…?プロデューサーはこっち…?」


ガチャッ

小鳥「ピヨッ!?な、なんなのコレ…え?響ちゃんの新しい家族…ま…まさか響ちゃん…獣○プレイをしたくて怖いからって…?す、すみませんプロデューサーさん!律子さん!冗談ですから!!」


ガチャッ

伊織「……もしもし?ええ…私だけど事務所に猛獣がいるの、今すぐに捕獲班を揃えてちょうだい」





響「もー!なんで皆家族だって言っても納得してくれないんだよー!?」


16:2014/03/19(水) 15:18:33.20 ID:

春香「だって…」

千早「ええ…」

美希「明らかにシルエットが人なの」

貴音「成人男性の身長と一致します…」

真美「兄ちゃんと同じくらいだよね→」

亜美「兄ちゃんより着ぐるみ着てる分強そ→にみえるYO!」

雪歩「あ、あきらかに男の人ですう…」オズオズ

真「なんだが腕回りはプロデューサーより筋肉ありそうだよね?」

あずさ「見た目は本当に可愛らしいのよねぇ」

伊織「それが逆に不気味なのよ、見た目がそういう分」

やよい「でもなんだが悪い人には感じないですー」

小鳥「あんな腕に抱きしめられたい…」ジィ…

律子「小鳥さん…」ハァ


ガチャッ

社長「やぁ、皆おはよう」今日も賑やかだねぇ…?


18:2014/03/19(水) 15:34:36.60 ID:
P「…あ、社長、おはようございます」

社長「んー…そちらの彼は…?」

響「自分の新しい家族でしま次郎だぞ!よろしくね!」

しま次郎「」ペコリ


社長「…うーむ、んー…?」ジィ…

響「…?」

P「…?」

社長「…うむ!ティンと来たよ!」ティン

P「…へ?」


22:2014/03/19(水) 15:53:24.01 ID:

TVスタジオ


響「我那覇響とー!」

しま次郎「しま次郎のー!(裏声)」

響・しま次郎「「動物バンザイ!!」」


ワー!! キャーヒビキチャーン!! シマジロー!!

響「今日は自分の他の家族も連れてきたぞー!しま次郎紹介よろしくね!」

しま次郎「うん、僕の友達のみみりん、にゃっきぃ、とりっぴぃだよー(裏声)」

響「って違うでしょー!うさ江にねこ吉、おう助さー!」

しま次郎「えへへ、間違えちゃったよー(裏声)」


ドッ!! アハハハ!! ワハハハ!!



P「…めちゃめちゃ人気出てる…」


23:2014/03/19(水) 16:02:50.85 ID:

律子「凄いですね…!彼と一緒に仕事を始めてから響の番組の視聴率はうなぎ登りらしいですよ…」

P「ああ…この番組なんて局で一番の人気番組みたいだからな…」

律子「社長の目に狂いはなかった…って事なんですかね…?」

P「まぁ…そういう事だな、それにしても…」

律子「どうかしましたか?」



響「もー!しま次郎はおっちょこちょいだなぁ」アハハ

しま次郎「ごめんごめん(裏声)」


P「なんだか響は他のアイドル達とユニットを組んだ時より息が合ってるな…って思ってな」

律子「アドリブにも完璧に対応してますからね…響はなれてるのもありますけど…彼、しま次郎も対応出来てますからね…」

P「なんか…昔からの友達みたいな?」

貴音「……」



24:2014/03/19(水) 16:03:17.72 ID:

律子「凄いですね…!彼と一緒に仕事を始めてから響の番組の視聴率はうなぎ登りらしいですよ…」

P「ああ…この番組なんて局で一番の人気番組みたいだからな…」

律子「社長の目に狂いはなかった…って事なんですかね…?」

P「まぁ…そういう事だな、それにしても…」

律子「どうかしましたか?」



響「もー!しま次郎はおっちょこちょいだなぁ」アハハ

しま次郎「ごめんごめん(裏声)」


P「なんだか響は他のアイドル達とユニットを組んだ時より息が合ってるな…って思ってな」

律子「アドリブにも完璧に対応してますからね…響はなれてるのもありますけど…彼、しま次郎も対応出来てますからね…」

P「なんか…昔からの友達みたいな?」

貴音「……」



29:2014/03/19(水) 16:18:13.19 ID:

数ヶ月後


P「劇場版に…しま次郎をですか!?」

社長「うむ、スポンサーからアイディアが出てね…今企画している『眠り姫?』に響のパートナーとして出してみては…とね」

P「お言葉ですが社長、眠り姫?は前作の続編で…春香と千早が再び巡り会う話が軸なのに…世界観がまるで違う着ぐるみの彼をどこに出せば… 」

社長「うむ、私もまさかここまで彼がのし上がるとは…正直想定外だよ」


コンコン


社長「む、どうぞ…入って構わんよ」

貴音「失礼致します」ペコリ

P「貴音?どうしたんだ…」

社長「何か用かね?」

貴音「社長、あなた様…お二人にお話が…」


30:2014/03/19(水) 16:20:42.50 ID:
数ヶ月後

P「劇場版に…しま次郎をですか!?」

社長「うむ、スポンサーからアイディアが出てね…今企画している『眠り姫2』に我那覇くんのパートナーとして出してみては…と ね」

P「お言葉ですが社長、眠り姫2は前作の続編で…春香と千早 が再び巡り会う話が軸なのに…世界観がまるで違う着ぐるみの彼をどこに出せば… 」

社長「うむ、私もまさかここまで彼がのし上がるとは…正直 想定外だよ」

コンコン

社長「む、どうぞ…入って構わんよ」

貴音「失礼致します」ペコリ

P「貴音?どうしたんだ…」

社長「何か用かね?」

貴音「社長、あなた様…お二人にお話が…」


32:2014/03/19(水) 16:32:34.50 ID:

会議室

コンコン

響「失礼しまーす…あれ、誰もいない…?プロデューサーから呼ばれたのに…自分たちに用事ってなんだろうね?しま次郎」

しま次郎「……」

貴音「響…」

響「うわわっ!?な、なんだ…貴音か…急に後ろにいたからびっくりしたさー」

貴音「申し訳ありません…しま次郎も驚かせてしまいましたか?」

しま次郎「」フルフル

響「しま次郎はびっくりしてないって!自分も大袈裟に驚いてごめんね?」

貴音「ふふ…二人とも本当に優しいのですね…その様な所もそっくりです」

響「…?」

しま次郎「…」


33:2014/03/19(水) 16:44:39.04 ID:

貴音「最初はとても面妖な存在としか認識できませんでしたが…響とのこんびを見ていて私もてぃんと来たのです…」

貴音「二人の息の合い様…れっすんや日々の暮らしだけでそれ程までに完璧に合わさるのかと…そして気付きました」

貴音「しま次郎…貴方は響の兄上様ではありませんか?」


響「…え?」

しま次郎「……」

響「はは…た、貴音何を…」

貴音「そして響…貴女もそれに薄々気付いてたのでは?」

しま次郎「!?」

響「……!!」


36:2014/03/19(水) 17:06:03.47 ID:

数ヶ月前・夜

タッタッタッ…

響「ふー、今日の仕事も自分完璧にこなしてたよね?ハム蔵!」

ハム蔵「じゅいっ」

響「えへへ、早く家に帰って皆のご飯作ってあげなきゃね!」

タッタッタッ…


??「……」ドーン


響「…?」

(なんだろ…自分の部屋の前におっきな段ボール箱…?宅配便の荷物か何かかなぁ…?)


響「ええと…何々、『拾って育てて下さい』って…生き物なのか…?だとしたら段ボール箱の中なんて大変さー!今出してやるからな!」アタフタ

ビリビリ バリバリ!!


しま次郎「」ペコリ


響「…な、なんだコレ…」


37:2014/03/19(水) 17:15:57.59 ID:

響の部屋


しま次郎「……」チョコン

響「……」

響(どうしよう…着ぐるみを着た男?の人を部屋に上げてしまった…まだプロデューサーすら部屋に上がらせた事ないのに…)

響(勢いって怖いさー…段ボール開けたら着ぐるみ着てる人なんて…悲鳴をあげるのも忘れてた…)

しま次郎「…」チョコン

響(そして…なんか小さくなる感じで肩を竦めて大人しく正座してる…なんか可愛いけど…)


いぬ美「ばうっ」

響「あ、ご…ごめんいぬ美…皆のご飯だよね…今用意するさー…」

しま次郎「…」スッ

響「え…ど、どうしたんだ?そっちは台所…」

しま次郎「」テキパキ

響「み、皆のご飯…用意してくれたの?」

しま次郎「」コクリ


39:2014/03/19(水) 17:33:43.84 ID:

しま次郎「」スッ…

響「え…これ自分の分まで…?」

しま次郎「」コクリ

響「あ、ありがと…あ、ゴーヤチャンプルー…」

スッ…

しま次郎「」チョコン

響(また元の場所に戻って正座してる…)パク…

響「!?」

響(お…美味しい!こんなまーさんなチャンプルー食べたの久しぶりさー!)

響(…それに…なんか懐かしい)モグモグ

いぬ美「ばうっ!」

ねこ吉「みゃあ」

ハム蔵「ぢゅぢゅっ」

しま次郎「」ナデリナデリ


響(……皆なついてる…悪い人じゃなさそうさー…)


40:2014/03/19(水) 17:45:28.66 ID:

現在・会議室


響「それで…なんだか懐かしい感じになって…家族の皆もなついて喜んでたから…一緒に住んでたんだ…」

響「最初はあんまり感じなかったけど…一緒に過ごす内に懐かしさがどんどん蘇ってきて…」

貴音「確信を持ちはじめていた…のですね」

響「……」コクリ

ガチャッ

社長「失礼するよ」

P「響…」

響「…プロデューサー…社長…」

P「貴方は…響のお兄さんだったんですね」

しま次郎「……」

P「どうして…わざわざ顔を隠してまでこんな事を…?」

社長「待ちたまえ、君」スッ



41:2014/03/19(水) 17:56:39.35 ID:

P「社長…」

社長「ご挨拶が遅れて申し訳ありません…765プロの社長の高木と申します」ペコ

社長「我那覇くんはとても良い子で事務所の為、そして共に働く仲間達の為に頑張ってくれていますよ…」

しま次郎「……」

社長「……どうでしたか?この数ヶ月、我那覇くんと共に仕事をした感想は」

しま次郎「…とても大変でした(裏声)」

社長「…そうでしょう、ですが貴方はそんな格好までして我那覇くんと仕事がしたかった…いや、同じ場所に立って我那覇くんがいつも過ごす感覚を感じたかった…ですかね?」

しま次郎「…!!」


42:2014/03/19(水) 18:10:11.94 ID:

社長「貴方は…我那覇くんと一緒の苦労を味わいたかったのですね?」

響「にぃに…?そ、そうだったの…?」

しま次郎「…すまなかった、黙ってて(裏声)」

響「!!」

しま次郎「お前がなかなか沖縄に帰らないからな、忙しいのは判るけど…あんまー達は心配してるんさー…だから代わりに様子を見に来たんだ(裏声)」

響「だ、だったら最初から普通に…!」

しま次郎「お前に普通に言っても玄関先で軽く話して帰らないって言われるのがオチだと思ってな…考えて考えて…最初は着ぐるみで話し掛けてみようと思ったんさー(裏声)」

響「にぃに…」

P(あ、似た者兄妹だわコレ)


43:2014/03/19(水) 18:17:28.97 ID:

しま次郎「早く正体を明かすべきだったのにすまない…お前と過ごす日々が懐かしくて…ついつい長居し過ぎたよ(裏声)」

響「にぃに…」グスッ

しま次郎「お前はあんなに大勢の人の前で大変な仕事をこなしてたんだな…お前と同じ場所で同じ景色をみてようやく実感出来たよ…響、お前は凄いな(裏声)」ナデナデ

響「う…うわぁん!!にぃにぃいい!」ガシッ


社長「美しきかな…兄妹の愛か…」

貴音「まことに…そうですね」フフ…

P(いつまで裏声で話すんだろうか…)


45:2014/03/19(水) 18:39:55.85 ID:

しま次郎「もうお前の事は心配ないみたいだからな…あんまー達は寂しがるだろうけど土産話がいっぱい出来たよ だから大丈夫さー(裏声)」

響「にぃに…うん、自分頑張る…今よりもっと頑張ってトップアイドル目指すから…沖縄で見ててよね!」ニコッ

P「…え?お兄さんは沖縄に帰られるんですか?」

しま次郎「…ええ、まぁ…響にもバレちゃったし…(裏声)」

P「で…でも…あんなに人気があったのに…なんだか勿体ない気が」

しま次郎「でも…本当は自分…人前に出てアイドルなんて恥ずかしくて(裏声)」

響「にぃにって意外に内気だもんな」アハハ

貴音「まぁ…だから着ぐるみをされていたのですね」ウフフ

P「…あんなにアドリブかまして対応してたのに?」


社長「ふむ…ならば最後に一つ大きな花火を打ち上げてはいかがですかな?」

しま次郎「…?」


47:2014/03/19(水) 18:48:29.10 ID:

一年後


「本日は『眠り姫2』完成披露試写会に御越しいただきありがとうございます…」

客「やぁ…本当に楽しみだよねえー春香ちゃんと千早ちゃんがまた巡り合えるなんて」

客「僕的には貴音ちゃんの復活が楽しみかな…前作は悪役っぽい感じになってたけど今回は味方らしいし…」

客「お!はじまるみたいだよ?」


ゲキジョウデノマナーハオマモリクダサイ…


バッ!!

響「はいさーい!皆!元気かなー?」


客「「「!?!?」」」


48:2014/03/19(水) 18:57:33.83 ID:

客「え…な、なんで響ちゃんが…?」

客「公開の舞台挨拶じゃないの…?」

客「で…でもなんだかノリが…」


響「今日はしま次郎の為に集まってくれてありがとー!!皆!早速しま次郎を呼んでみよー!」


客「「「!?!?」」」


響「せーの!しま次郎ー!!」マイクカタムケ


客 シーン…

響「皆!声が小さいぞー!?もう一回!!」



客「しま次郎ってなんだよ…?」

客「待って…しま次郎って確か…」

客「ああ…響ちゃんの相棒で…一年前流星の如く現れて姿を消した伝説の…!?」


49:2014/03/19(水) 19:04:31.32 ID:

響「いくよー!しま次郎ー!!」


シマジロー           シマジロー

シマジロー


響「よーし!声が出てきたよ!それじゃあ最後に皆で合わせて大きな声で!」


客「もしかしたら…会えるのか!?」

客「かもしれない…!!」

客「よぉし…いっちょ頑張ってみますか…」


響「せーのっ…!!」


響・客「「「しま次郎おおおおおおおおおおおおっっ!!!!」」」








50:2014/03/19(水) 19:15:17.56 ID:

しま次郎「はーーいっ!!(裏声)」



ワァアアア!!!! キャアアアアア!!! シマジロー!!オカエリー!!! ワァアアア!!


響「…ははっ!にぃに何だか嬉しそう」

亜美「めちゃ機敏だね→?」

真美「ふなっ○→より凄いYO!」

真「さすが響のお兄さんだね…すっごい、バク転までしてる…」

やよい「うっうー!カッコいいです!」

伊織「なかなかやるじゃない、前座としてはまあまあね!」

雪歩「わ…私達も頑張って挨拶しないとだね」

千早「劇場版の続編なのに…この挨拶以上に盛り上げれるかしら…」

あずさ「あらあら…千早ちゃん大丈夫よ、落ち着いて」

美希「そうだよ!美希達も負けてられないの!」


51:2014/03/19(水) 19:32:15.53 ID:

春香「よし…私達も行こう!!皆!準備はいい?行くよー!765プロ…ファイトー!」

「「「「「「おおおおおおおおっ!!」」」」」」


ワァアアア!!!! キャアアアアア!!!




律子「…しかし、一夜限りの復活祭、しかも劇場公開試写会でって聞いた時は何をトチ狂ったのか心配しましたけど…」

小鳥「この歓声で皆の答えが聞けましたね…!」

社長「うむ…上手くいって良かった良かった!」

P「ええ、本当に…!」


P「でも……」


ワァアアア!!
シマジローガレンゾクバクテンヲ!!
キャアアアアア!! ワァアアア!!


P「内気って絶対嘘だよなアレ…」




おしまい




→→もっとアイドルマスターを読む←←