1:2013/08/12(月) 20:30:44.97 ID:
貴音「どうしたのです、響。またハム蔵が逃げだしたのですか?」

響「そうなんだ! 自分がハム蔵のエサを黙って食べたから、怒っちゃって…」

貴音「あれほど気をつけるようにと言ったのに」

響「うわーん、分かってるよぉ! でもお願いタカえもん、何か良い道具出してよー!」

貴音「ふむ、仕方がありませんね……」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

貴音「お金~」

我那覇響


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376307044

2:2013/08/12(月) 20:33:34.18 ID:
響「た、タカえもん……お金を出して、どうするんだ?」

貴音「これで新しいハムスターでも買いなさい」

響「そ、そんなっ!?」


響「そんなのって無いぞ!!」 ハム蔵「ヂュヂューッ!!」


響ハム蔵「あっ」

響「はっし!」ガシッ!

ハム蔵「し、しまった!!(ヂュヂュッ!!)」


貴音「ふふっ、お金さえあればなんくるないですね」ニコッ

響「うわーい、タかえもんありがとう! お礼にラーメンおごるね!」

貴音「うふふ、らぁめん」


~『タカえもん 響のハム蔵包囲網』 おしまい~


5:2013/08/12(月) 20:36:22.68 ID:
美希「ヒビえもーーん!!」


響「どうしたんだ、美希。またあふぅにおにぎり横取りされたのか?」

美希「ううん、違うの! ミキのいちごババロアを取られちゃったの!」

響「またあふぅか!」

あふぅ「ナノーwwww」

美希「お願いヒビえもん! あの子をギャフンと言わせられるような道具出して!」

響「うーん、しょうがないなぁ……」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

響「サーターアンダギーミックス~(沖縄製粉)」


美希「? サーターアンダギーを作るの?」

響「そうさー。完璧な自分が、美希に完璧なサーターアンダギーの作り方を教えるぞ!」

響「手作りサーターアンダギーがあれば、プロデューサーのハートはイチコロさー!
  あふぅにも差をつけられるぞ!」

美希「お、おぉーっ!!」

あふぅ「ナノッ!?」


6:2013/08/12(月) 20:38:24.29 ID:
あふぅ「ナノッ! ナノッ!」

響「なになに、自分にもサーターアンダギーの作り方を教えてほしいって?」

あふぅ「ナノッ」コクッ

響「ちゃんと美希に謝って、一緒に仲良く作るんだぞ。いいね?」

あふぅ「ナノーッ!」ピョン!



P「へぇー。これ二人で作ったのか、良い出来じゃないか」

美希「ハニーに褒められたし、あふぅとも仲直りできたの! ありがとう、ヒビえもん!」

あふぅ「はにぃ!」ピョン ピョン!

響「うふふ、サーターアンダギー」


~『ヒビえもん 美希と完璧なおやつ』 おしまい~


8:2013/08/12(月) 20:41:00.99 ID:
律子「ミキえもーーん!!」


美希「どうしたの律子、さん。メガネ割れてるよ?」

律子「そうなのよ。おかげで歩きにくいったらありゃしないわ」

美希「危ないなぁ。ねぇねぇ、ミキがいいもの出してあげよっか?」

律子「えぇ、お願い」

美希「ふんふふーん♪」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

美希「代わりのメガネ~」


律子「ちょ、ちょっとそれプロデューサーのメガネじゃない!」

美希「そうだよ?」

律子「そうだよ、じゃないわよ! 度が合ってないし、そもそも人の物を…!」

美希「あーっと、手が滑っちゃったの!」パリーン!

律子「!? あ、あぁ~~っ!!」


9:2013/08/12(月) 20:44:17.35 ID:
律子「な、何てことをっ!! あなた、プロデューサーのメガネを……!!」

P「あれ? おーい」



P「うーん……まぁ俺のは安物だし、ミキえもんも反省しているからその辺で……」

律子「いーえっ!! 今日という今日はこの子を許しておけません!!」ガミガミ!

P「まぁまぁ。せっかくの機会だし、一緒にメガネを買いに行かないか、律子?」

律子「……えっ?」


美希「…………」ニコッ

律子「み、ミキえもん……あなた……!」

P「ほら、行くぞ。メガネ無いから歩きになるけど」グイッ

律子「あっ、ちょっと……」


美希「行ってらっしゃいなのー」フリフリ


~『ミキえもん 律子とダーリン』 おしまい~


10:2013/08/12(月) 20:45:28.55 ID:
あずさ「リツえもーーん!!」


律子「あずささん、今どこにいるんですか!?」

『えぇと、ここは……一体、どこなのかしら~』

律子「と、とにかくそこを動かないでください! すぐに何とかしますから!」

『は、はい、すみません。ご迷惑をお掛けしちゃうわ~』

律子「いえいえ、それじゃあ一旦切りますね」

ピッ!


律子「やれやれ、こんな時は……」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

律子「iPad~」


11:2013/08/12(月) 20:49:16.16 ID:
ヴィー!… ヴィー!… 『コノー サカーミチーヲー ノーボール- タービニー♪』

あずさ「あっ、はーやい」

ピッ!

あずさ「もしもし、三浦です~」

あずさ「えぇ、えぇ…………えっ、もう近くに来てる?」

ブロロロロロロ… キキィッ

あずさ「あら、リツえもんさんの車だわ~」


律子「ふぅー……携帯を探せるアプリを導入しておいて良かったですよ」

あずさ「そんな便利な機械があるだなんて、知らなかったわ~」

あずさ「でも……使い方によっては、皆のプライベートも分かったりしないかしら」

律子「それは大丈夫です。皆に仕事用に渡している携帯のみ登録してますから」



P「ぐふふ、亜美達は今プールに行ってるのかぁ」ニヤニヤ

あずさ「あら~……」

律子「プロデューサー、ちょっとこっち来てください」


~『リツえもん あずさと人間観察』 おしまい~


12:2013/08/12(月) 20:53:22.95 ID:
伊織「アズえもーーん!!」


あずさ「あら~、伊織ちゃんどうしたの?」

伊織「シャルルが……シャルルが見当たらないの!」

あずさ「え、えぇっ!?」

伊織「どこで落としたのかも……全然、覚えてなくて……!」ジワァ…

あずさ「い、伊織ちゃん、大丈夫よ。落ち着いて、私が何とかしてあげるから」

伊織「アズえもん……」


あずさ「えぇと、確かこの辺に……あら、あったわ~」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

あずさ「占い道具~」


13:2013/08/12(月) 20:55:26.27 ID:
伊織「アズえもん……あんた、まさかそのショボイ棒で占おうなんて気じゃないでしょうね」

あずさ「とりあえず、ものは試しで」

伊織「試し、って……」


あずさ「ん~~……えいっ!」パッ



あずさ「……あら~?」

伊織「倒れない……? ということは……」

あずさ「この真上、っていうことかしら~?」

伊織「とりあえず、屋上へ行ってみるわ!」ダッ!

あずさ「あらあら、伊織ちゃん待って~」テクテク…



伊織「あっ! あれは!?」

あずさ「しゃ、シャルルちゃんが……!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…!


~『アズえもん 伊織と未知との遭遇』 つづかない~


14:2013/08/12(月) 20:57:03.98 ID:
真美「イオれもーーん!!」


真美「イオれもん! イオれもん!」

伊織「ちゃんとイオえもんって呼びなさいよ!」

真美「ねーねーイオえもん。真美ね、今度亜美の代打で竜宮のライブに出るんだけどさー」

真美「いまいちダンスで上手くいかない所があって困っとるのだよ」

伊織「そんなの練習でどうにかしなさい」

真美「そう言ってポケットに手を突っ込むのは、何か良い道具を出してくれるんっしょ?」

伊織「なっ……う、うるさいわね! 私の勝手じゃない!」ゴソゴソ…

真美「んっふっふ~、イオれもんは相変わらずツンデレですな→」


キコキコキコーン!

伊織「ノーリツチャッチャカ錠~」


真美「えっ? これって……」


15:2013/08/12(月) 20:59:36.05 ID:
伊織「ノーリツチャッチャカ錠」

伊織「これを飲めば、知能・運動能力・反射力などのあらゆる能率が上がり、迅速に物事を処理することができ…」

真美「いや知ってるよ! 何これ、ガチじゃん! ガチの秘密道具じゃん!」

伊織「水瀬財閥の技術力にかかればこんなものよ」


伊織「あんたもこれを飲めば、ちょっとはダンス上手くなるんじゃない? にひひっ♪」

真美「……真美は飲まないよ、このお薬」

伊織「はぁっ? あ、あんたせっかくこの伊織ちゃんが…!」

真美「イオえもんは、これ飲んだことあるの?」

伊織「飲んでないわよ、当たり前じゃない。
   水瀬財閥の力なんて借りずに、私自身の力でトップの座を掴みとることが……」

伊織「! ま、真美……?」


真美「イオえもんの覚悟を共有すんのも、同じチームなら当然っしょ!」

真美「というわけで……ごめん、イオえもん。やっぱ練習、付き合ってくれないかな」

伊織「……しょうがないわね」


~『イオれもん 真美とトップをねらえ!』 おしまい~


16:2013/08/12(月) 21:01:17.23 ID:
やよい「マミえもーーん!!」


真美「やよいっち、どったの? 今月の給食費がピンチとか?」

やよい「ち、違うよ! 実は、お母さんの誕生日が近づいてて……」

真美「ふむふむ」

やよい「どんなのをあげたらいいのかなーって」

真美「やよいっちは偉いなぁ」ナデナデ

やよい「私の方がマミえもんより年上だからね!?」

真美「んっふっふ~、そういう時はねぇ……」ゴソゴソ…

やよい「えっ、何か良い道具あるの?」


キコキコキコーン!

真美「ゴージャスセレブプリン~(8個入り)」


17:2013/08/12(月) 21:03:45.38 ID:
やよい「あっ、それって伊織ちゃんがこの前買ってきてくれたヤツだー!」

真美「兄ちゃんにお願いして真美んち用に買ってきてもらったんだけど、やよいっちにあげるYO!」

やよい「えっ? い、いいよ! 悪いよ!」

真美「いーからいーから。また兄ちゃんにもう一箱買ってきてもらえばいいんだし」

やよい「マミえもん……ありがとう!」

やよい「うっうー! 今日からしばらくはチラシ寿司祭りですー!」ピョン!

真美「やよいっち、それ違う! プリンはウニじゃないよ!」



真美「……ていうことがあったら困るっしょ?
   だからねー兄ちゃん、やよいっちと真美のためにウニ買ってきてYO→」ウリウリ

P「いや、そのりくつはおかしい」

やよい「うっうー! 今日のお仕事で、キュウリと蜂蜜いーっぱいもらえましたー!」

やよい「今日からしばらくはメロン祭りですー!」

P「やよい、それはメロンじゃない! 待ってろ、俺が本物のメロンを食わせてやるからな!」ダッ!

真美「やよいっちはさすがやでぇ……」ゴクリ…


~『マミえもん やよいと貧乏お料理さしすせそ』 おしまい~


18:2013/08/12(月) 21:05:21.98 ID:
小鳥「ヤヨえもーーん!!」


やよい「小鳥さん、どうしたんですかー? すごい息が荒いですけど」

小鳥「えぇ、年甲斐もなく全力疾走したおかげで脇腹が痛いわ……」

小鳥「って、そんなことはどうでも良いの。ヤツよ! ヤツが給湯室に現れたの!」

やよい「給湯室? ……ま、まさか、G!?」

小鳥「そう、ゴキブリ!」

やよい「言葉濁してください、そこは!」

小鳥「あぁごめんなさい。と、とにかく! 何か良い道具出して、ヤヨえもん!」

やよい「えっとー、そういう時は~……」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

やよい「洗剤~」


小鳥「洗剤? な、何で洗剤?」


19:2013/08/12(月) 21:08:48.96 ID:
やよい「Gさんの体の表面には、呼吸をする気門っていうのがあって、
    その周りを油まみれの毛が覆って、外からの水をガードしているんです」

やよい「だから、こういう洗剤を浴びて体の油を落としてしまうと、
    気門に水が入って、Gさんは窒息してしまうんですー!」

小鳥「す、すごい! ヤヨえもんはかしこいなぁ!」

やよい「これを使えば、どんなGさんもイチコロなんですよー! うっうー!」


カサカサカサ…

小鳥「!? ひ、ひぃぃっ!! 出たぁ!!」ビクッ!

やよい「あっ、いたなー。えいっ!」ビューッ!

サッ! バタタタタタ…!

小鳥「か、かわされ……飛んだぁ!! 危ない、ヤヨえもん!!」

やよい「……ッ!!」バッ!

がしっ ぐちゅっ!


小鳥「」

やよい「いざって時は素手ですー! うっうー!」


~『ヤヨえもん 小鳥とGのお始末さしすせそ』 おしまい~


20:2013/08/12(月) 21:10:41.40 ID:
亜美「ピヨえもーーん!!」


小鳥「あら、どうしたの亜美ちゃん?」

亜美「あのさー、赤ちゃんってどうしたら生まれるの?」

小鳥「ほう」

亜美「学校の男子が、その話題でチョ→盛り上がってるんだYO!
   そんなにすごいことなのかな?」

亜美「ねーピヨえもん、亜美に赤ちゃんの作り方教えてYOー!」

小鳥「そう……亜美ちゃんにもアレを渡す時が来たのね……」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

小鳥「薄い本~」


21:2013/08/12(月) 21:12:45.25 ID:
亜美「うわっ、何このマンガ。何かテカテカしてるね」

小鳥「この本に、亜美ちゃんの求める答えがあるわ」

亜美「わー、ありがとうピヨえもん!」


P「おっ。どうしたんだ亜美、嬉しそうな顔して」

亜美「あっ、兄ちゃん! ピヨえもんが、赤ちゃんの作り方を知るならこのマンガだって」

小鳥「あっ」

亜美「兄ちゃんもコレ一緒に読もうYO→!」


P「律子に言いつけてやる!」ダッ!

小鳥「ま、待ってくださいプロデューサーさん! これには深いワケが…!」ガシィッ!

P「うるさーい! 律子は怒らせると怖いぞー!」ジタバタ!

小鳥「やめてー! どうかひらにー!!」ジタバタ!

律子「おい、仕事しろよ」


~『ピヨえもん 亜美と危ない保健体育』 おしまい~


22:2013/08/12(月) 21:14:01.56 ID:
千早「アミえもーーん!!」


亜美「おや、千早お姉ちゃんどったの? 珍しく鼻息荒いけど」

千早「どうしたも何も無いわ。これは一体どういうことなのかしら」

スッ

亜美「……はわっ!」ギクッ!

千早「私が大事にしていた新譜のCDにこんな落書きをするの、あなたか真美しかいないわ」

亜美「あ、あわわわ……」ガタガタ…

千早「いい加減に、やって良いことと悪いことの分別をつけてもらわないと困るのだけれど」

亜美「ご、ごめん千早お姉ちゃん! 今すぐ何とかしますからゆるちて!!」

千早「まったく……」

亜美「えぇと、確かこの辺に……あっ、あった!」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

亜美「お金~」


23:2013/08/12(月) 21:16:13.03 ID:
亜美「千早お姉ちゃん、サーセンした! すぐに買い直してきました!」

千早「そう、ありがとう」

亜美「んじゃ、そういうことでー」フリフリ


千早「………………?」

千早「ちょっとアミえもん、これ私が持ってたCDと違……」

千早「……まぁいいわ。とりあえず聞いてみましょう」

千早「…………」カチャッ ポチッ



 ――――1ヶ月後。

 そこにはステージで元気にコミックソングを歌う千早の姿が!


千早「あの時、私が嘉門達夫のCDと出会っていなければ、今の私は無かったでしょう」

千早「素敵な出会いを届けてくれたアミえもんには、本当に……感謝しています」


~『アミえもん 千早の鼻から牛乳』 おしまい~


24:2013/08/12(月) 21:19:02.71 ID:
雪歩「チハえもーーん!!」


千早「あら、萩原さん。私に何か用かしら」

雪歩「チハえもん、あの……私、自分の歌声に自信が持てなくて……」

千早「そうね、確かに萩原さんの声量には不安が残るわ」

雪歩「うぅぅ、ズバッと言ってくれるなぁ……」

雪歩「だ、だから! チハえもんのようにキレイな歌声を出せる道具って、あるのかなーって……」

千早「まぁ、無いわけでは、ないですけれど」

雪歩「ほ、本当にっ!?」

千早「効果があるかどうかは、萩原さん次第ね」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

千早「ダンベル~(2kg)」


雪歩「だ、ダンベル?」

千早「そう。豊かな歌声を出すには、豊かな体……すなわち筋肉が必要なのよ。胸ではなく」


25:2013/08/12(月) 21:21:38.82 ID:
千早「さぁ、これを首の後ろに持って仰向けに寝転がって」

雪歩「あ、は、はいぃ」

千早「私が足を押さえるから、その状態でおへそをのぞき込むように腹筋!」

雪歩「ふ、くっ……んん~~……!」プルプル…


雪歩「む、無理ですぅ! はぁ、はぁ……!」バタッ

千早「だらしないわね、ゆきぽを見習いなさい」

ゆきぽ「ぽえぇ~」ブンブン!

雪歩「ひゃ、100kg近いバーベルを振り回してますぅ……」

千早「ゆきぽにできて、萩原さんにできないはずがないでしょう?」

雪歩「うぅ……そ、そうだ!
   ゆきぽの生体を探れば、私もひんそーじゃない体を持てるのかも!」ティン!

千早「実に良いアイデアね。協力するわ、萩原さん」



P「……何で雪歩までダンボール箱で寝てるんだ?」

千早「し、知りません……」

P「目泳いでるぞ」


~『チハえもん 雪歩といっしょにとれーにんぐ』 おしまい~


26:2013/08/12(月) 21:22:51.24 ID:
春香「ユキえもーーん!!」


雪歩「あ、春香ちゃんどうしたの?」

春香「ユキえもん、はいコレ!」

雪歩「えっ? あっ、かわいいお菓子」

春香「最近は和菓子にも挑戦してるんだー。上手くいってるといいんだけど」

雪歩「……うん、おいしい!」

春香「いやったぁ! ありがとう!」

雪歩「えへへ、それじゃあ私からも……」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

雪歩「お茶~」


27:2013/08/12(月) 21:24:18.91 ID:
雪歩「やっぱり和菓子には日本茶ですぅ」ズズ…

春香「相変わらず結構なお手前だねー」ズズ-


ガリッ

雪歩「ングッ!?」

春香「えっ? ユキえもん、どうかした?」

雪歩「和菓子の中に、何かが……」ウエッ

ポロッ


雪歩「えっ……これって、指輪…?」

春香「わわっ!! ナシナシ、今のナシだから!!」バシッ!

雪歩「ひっ!?」ビクッ!

P「おーい、何を騒いでるんだ?」

春香「プロデューサーさん! 来るのが遅すぎですよ、遅すぎ!」

P「な、何だよいきなり……」

雪歩(ひょっとして、食べちゃいけないヤツ食べちゃったかな……)


~『ユキえもん 春香の甘い罠』 おしまい~


28:2013/08/12(月) 21:26:17.20 ID:
真「ハルえもーーん!!」


春香「あっ、おはよう真! どうしたの?」

真「ハルえもん! ボク、どうしたらハルえもんのようなかわいい子になれるのかな」

春香「えっ? わ、私?」

真「ハルえもんは、ボクにとって女の子の理想像そのものなんだ!
  どうやって女子力を磨くのか教えてよ!」

春香「そ、そんなこと急に言われても……」オドオド…

真「あ、いや、ごめん、全然変な意味は無いから」

春香「あっ、そう」

春香(雪歩がすんごい眼でこっち見てきたから焦ったよぅ……)


春香「えぇと、よく分かんないけど、まずはお料理! かな?」

真「料理? なるほど!」

春香「えへへ、ちょっと待ってね……」ゴソゴソ……


キコキコキコーン!

春香「包丁~」


真「いつも持ち歩いてんの、それ!?」


30:2013/08/12(月) 21:29:09.32 ID:
春香「お料理ができる女の人は、男の人からも好かれるらしいよ」

真「よ、よぉし! ボクも一人前の包丁さばきを習得して、キャッピキャピになってやる!」



 ――――1ヶ月後。

 そこには事務所の給湯室で元気に生魚を捌く真の姿が!


春香「真、すっごくかっこいいよ! 板前さんみたい!」

真「どうしてこうなった」

P「ハマチくれ」

真「へい、兄さんハマチ一丁!」シャオッ!


~『ハルえもん 真の花婿修業』 おしまい~


31:2013/08/12(月) 21:31:39.93 ID:
貴音「マコえもーーん!!」


真「あっ、貴音。お腹空いたの? はい、活け造り」

貴音「ありがとうございます」モシャモシャ

真「しっかし、そんなに食べててよく太らないよなぁ。羨ましいよ」

貴音「何事も鍛錬ですよ、マコえもん」

真「鍛錬かぁ……ボクも空手やってた頃のトレーニングは欠かさず続けてるけど、
  それでもちょっと気を抜くとすぐに増えるんだよ」

貴音「増えても良いではありませんか。まこちーも少し太い方がかわいいですよ」

真「そ、それはまこちーだからだよ!」

貴音「ふふっ。ちなみに、マコえもんの鍛錬とはどのようなものを?」

真「ん? んっとね……」ゴソゴソ…


キャッピピピピーン!

真「まっこまっこりぃ~~ん!」


33:2013/08/12(月) 21:39:59.61 ID:
貴音「………………」

真「……って言うのを毎日、朝晩必ず行うんだ」

貴音「毎日、ですか」

真「う、うん……」


貴音「………………」

真「……ごめん、貴音。今のは誰にも言わないで」

貴音「委細承知しております。
   人には誰しも、他人に知られたくない秘密の一つや百個はあるものですから」

真「ありがとう、貴音。お礼にラーメンおごるね」

貴音「うふふ、らぁめん」



美希「きゃっぴぴぴぴーん!」

小鳥「こっとこっとりぃ~~ん!」

響「ひっびひっびきーん! だぞ! あははは、これ面白いさー!」

貴音「はて、響だけに内緒で伝えたはずが、いつの間に皆に……面妖な」

真「何で響に言うんだよ、貴音のバカー!! わーん!!」ダッ!


~『マコえもん 貴音の杜撰な管理体制』 おしまい~


34:2013/08/12(月) 21:42:02.57 ID:
高木「プロえもーーん!!」


P「どうしたんですか、社長?」

高木「た、大変だよプロえもん! 黒井のヤツがとうとう我が765プロに宣戦布告を!」

P「な、何ですって!?」

高木「金にモノを言わせて、765プロの事務所を差し押さえると言ってきている!」

P「そ、そんな……!」


黒井「ヒャッハー! 今日こそ貴様らの命日だ高木ィー!!」ドルン ドルン!

高木「あぁっ! もうすぐそこまで!!」

P「……手はあります」

高木「何っ! そ、それは本当かね!?」

P「えぇ。イチかバチか……」ゴソゴソ…


キコキコキコーン!

P「ネクタイと靴下~」


35:2013/08/12(月) 21:52:13.05 ID:
黒井「ハァーッハッハッハッ!! そぉれ、こんなオンボロビルなど跡形もなく…」

???「待ていっ!!」

黒井「な、何っ!?」


???「たとえどれだけの苦しみを味わわせようとも、高潔なる心を砕くことは永遠にできん」

???「いかなる状況においても決して動じず、他者への慈しみを忘れぬ男」

???「人、それを……『紳士』という!」

黒井「き、貴様! 一体何者だ!!」


P「お前達に名乗る名前は無いっ!」デデーン!

黒井「う、うわぁっ!! 貴様なんだその恰好はぁーッ!?」

警察「あーまたですか765さん」



黒井「まさか765プロがあんな事務所になっているとはな……」

黒井「潰そうとするたびにあんな変態が現れるのでは、二度と関わり合うのはごめんだ」

高木「いやー、助かった。さて、新しいプロデューサーをスカウトしてくるよ」

律子「あ、はーい」


~おしまい~




→→もっとアイドルマスターを読む←←