1:2013/03/20(水) 00:19:27.46 ID:
響「今日は東急ハンズまで行くぞ!」

我那覇響


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1363706367

2:2013/03/20(水) 00:28:06.55 ID:
スタート地点 ―――丸ノ内線新宿駅―――

響「リニューアルしたペットコーナーに行くんだ!」

響「ふっふっふ・・・今からでも楽しみすぎてニヤニヤが止まらないぞ!」

響「さぁまずはこの忌々しい地下鉄から離れよう!」

響「えーと、新宿西口・・・?西武新宿・・・?あれどっちだろう?」

響「うーん、迷った時は左! 新宿西口っていうほうの改札を出るぞ!」


3:2013/03/20(水) 00:33:15.49 ID:
―――丸ノ内線新宿駅 西口方面改札―――

響「ふぅ。まったく、改札から出るのにも一苦労だぞ」

響「えーと・・・。どっちだろう? とりあえずまっすぐ歩こうかな?」

響「うわっ、この道曲がってて先が見えないぞ・・・。大丈夫かなぁ?」

響「それにしてもさっきまで人いっぱいだったのに、ここは全然いないぞ?」

響「これなら歩きやすいし、ぶつからなくて済むし、完璧だぞ!」スタスタ


4:2013/03/20(水) 00:36:45.03 ID:
―――新宿駅地下 A16付近―――

響「あ、沖縄のお菓子・・・」

響「露店かぁ・・・。ちょっと気になるけど・・・ここは先を急ぐぞ!」

響「って、こんなたくさんのロッカーだれが使うんだろう?」

響「やっぱり東京はよくわからないさー」


5:2013/03/20(水) 00:45:51.59 ID:
―――新宿駅地下 A18出口付近―――

響「お、行き止まりだ」

響「とりあえず、地上にでるさー」

ビュゥゥゥァァァ
響「うわっ風強いなー、ってなんだこれはー!?」

http://goo.gl/maps/c1XIB

響「うぎゃー! なんかすごい高い建物が出てきたぞー!」

響「しゅといこう? 絶対ここじゃないぞー!」

響「戻ろう! 元来た道を戻るんだ!」


6:2013/03/20(水) 00:49:52.35 ID:
―――新宿駅地下 A16出口付近―――

響「ううぅ・・・なんなんださっきのバカみたいにでかい建物は・・・」

響「あーあ、戻ってきちゃったぞ・・・」

響「適当に歩いてたらつくかなーって思ってたけど・・・そうはいかなさそうだぞ・・・」

響「・・・いいや! 今日は絶対ペットコーナーに行くんだ!」

響「自分完璧だからそれぐらい余裕さー! いくぞー!」


7:2013/03/20(水) 00:54:53.13 ID:
―――丸ノ内線新宿駅 西口方面改札―――

響「とは言ったけど・・・まったくと言っていいほど当てがないぞ・・・」

響「こうなったら、人の流れに身を任せて行くぞ!」

響「東急ハンズにはつかないだろうけど、それに近いところなら行けそうな気がするぞ!」

響「えーと、人の流れは・・・あっちかな?」

響「JR? 小田急? よくわかんないけど階段の方へ流れてるぞ」


8:2013/03/20(水) 01:03:22.37 ID:
―――新宿駅 A12付近―――

響「うわぁ・・・また一段と人が多くなったぞ・・・」

響「あ、糸人形でなんかやってる」

響「帽子ひっくり返して中にお金が入ってるぞ」

響「路上パフォーマンスっていうんだよな。初めて見たぞ」

響「ってそんなことより! うーん・・・この人ごみに突っ込むのはいやだなぁ・・・」

響「先は分からないけど、階段を上るぞ!」


9:2013/03/20(水) 01:11:07.19 ID:
―――小田急線新宿駅 中央西口改札付近―――

響「なんか高級そうなエレベーターだなぁ」

響「エレベーターガールまでいる。意味あるのかなぁ?」

響「お? 光が見えるぞ! 出口だ! やった!」

響「よぉし、今度こそ到着さー!」


http://goo.gl/maps/1LbsP

響「うわっ、なんだあの変な形の建物は!」


10:2013/03/20(水) 01:17:24.82 ID:
―――新宿駅西口―――

響「なんかやたら解放感があるところに出たぞ! ここも人多い!」

響「けいおー・・・? あ、こっちはおだきゅー? うぎゃー! 全然違うぞ!」

響「だめだ、ここも外れさー! もう一回戻るぞ!」

響「ううぅ・・・これ以上進むと本当に戻れなくなるぞ・・・」

響「迷路すぎるぞ・・・新宿駅・・・」


11:2013/03/20(水) 01:20:20.75 ID:
―――丸ノ内線新宿駅 西口改札付近―――

響「ふぅ・・・。戻ってくるのも一苦労だったぞ」

響「まったく、なんでこんなに人が多いんだよー! 本島より多いんじゃないのか!?」

響「はぁ、人ごみのせいでなんか疲れてきたぞ・・・」

響「もうなるべく戻りたくないなぁ・・・・・・。そうだ!」

響「プロデューサーに連絡して行き方を教えてもらえばいいんだ!」


12:2013/03/20(水) 01:26:38.84 ID:
TLLLLLL・・・

P『なんだ? どうかしたか?』

響「あ、プロデューサー。自分、今新宿駅にいるんだけど、東急ハンズまでの行き方教えてくれないか?」

P『新宿!? 響、今新宿にいるのか!? 大丈夫か!?』

響「大丈夫じゃないから聞いてるんだぞ。ねーおしえてよー、自分、今丸ノ内線ってとこにいるぞ」

P『あー・・・丸ノ内線か・・・。うん、まぁ教えてもいいけど・・・』

響「はやくー、もったいぶらないで言ってよー」


13:2013/03/20(水) 01:31:33.22 ID:
P『でもな響、言ったところで分からないと思うぞ?』

響「え!? なんでだよー」

P『だって新宿駅だぞ? 中央東口と東口の区別がつかないような奴はもれなく迷うぞ?』

響「むー! 自分完璧だから場所さえ分かれば余裕でいけるぞ!」

P『いやぁ、そういう問題じゃないんだけどな』

響「早く! 早くありかを吐け!」

P『・・・・・・高島屋は新南口が最寄りだ』


14:2013/03/20(水) 01:35:48.05 ID:
響「新南口だな! 分かったぞ!」

P『でも待て! 今から俺がそっちに行って』

響「だから自分一人で行けるって言ってるだろー! 切るぞ!」

P『あ、電話切るなよ! そこで待ってろ!』

響「こなくていいよ! バカプロデューサー!」ブチッ

響「まったく、一人で行けるって言ってるのにあの変態プロデューサーは・・・」

響「でも新南口だな! もう仕留めたも同然だぞ!」

響「さあ、出発さー!」


15:2013/03/20(水) 01:38:33.00 ID:
―――メトロプロムナード―――

響「なんかここ天井が低いなー」

響「あ、自分達のポスター貼ってある。ふっふっふ・・・自分も随分と有名になったもんだ!」

響「あはっは! なんだか気分がいいぞ!

響「この調子でどんどん行くさー!」


16:2013/03/20(水) 01:41:52.71 ID:
―――新宿駅地下 紀伊国屋付近―――

響「はぁ・・・でもやっぱり人が多すぎるぞ・・・」

響「しかもこれどこまで続いてるんだよー・・・」

響「どこまでいっても柱ばっかりだし、本当にこっちなのかなぁ?」

響「あれ、また改札があるぞ? なんの改札だろう?」

響「丸ノ内線? あれ?さっきのも丸ノ内線だったような」

響「えーと・・・・・・新宿三丁目駅・・・?」


17:2013/03/20(水) 01:47:38.78 ID:
―――丸ノ内線新宿三丁目駅―――

響「え・・・? どういうこと・・・?」

響「さっきも丸ノ内線だったけど、駅は新宿三丁目・・・?」

響「てことは、自分違う駅に来ちゃったのか・・・?」ガクガク

響「うぎゃー! どどどどうしよう! 自分今度こそ帰れないぞ!」

響「新宿三丁目・・・。一体ここはどこなんだー!」


19:2013/03/20(水) 01:54:07.71 ID:
響「おおお落ち着こう・・・。一旦落ち着こう」

響「スーハー・・・。うん、大丈夫。地下でずっとつながってたからきっと大丈夫さー・・・」

響「と、とりあえず外に出ればなんとなく場所が分かりそうだぞ。うん、そうしよう」

響「適当に上に続いてる階段を上って・・・」


響「ふぁ、久しぶりに外の空気を吸ったけど・・・」

http://goo.gl/maps/S2OUB

響「やっぱりどこだか分からないぞ・・・」


20:2013/03/20(水) 02:02:15.35 ID:
―――新宿 伊勢丹前―――

響「うぅぅ・・・地下歩いてたから自分がどっちから来たのかさっぱりだぞ・・・」

響「南ってどっちだ・・・? 太陽沈んじゃったからわからないぞ・・・」

響「ぐぬぬ・・・もうこうなったら直感だぞ! 自分の感覚を信じるんだ!」

響「うーん・・・・・・、なんかごちゃごちゃしてるからこっち! 間違いないぞ!」


22:2013/03/20(水) 02:09:28.04 ID:
―――新宿通り―――

響「なんか一層ごちゃごちゃしてきたぞ・・・」

響「ABCマート? 中村屋? おいおい? うーん・・・」

響「でもこれだけお店があったら、きっと東急ハンズもあるよね! きっとそうだぞ!」

響「あ、なんかこっちの道やたらオシャレだぞ」

響「並木道みたいになってるし、こっち行ってみよう!」


23:2013/03/20(水) 02:15:47.14 ID:
―――モア 4番街―――

響「なんか外国みたいだなー、道にイスとか置いてあるし」

響「休憩とかできるんだろうけど・・・自分は絶対に落ち着かないと思うぞ。こんなとこじゃ」

響「って、あれ? また大きな道にでたぞ。今度はさっきよりでかいな」

響「なになに? 靖国通り?」


24:2013/03/20(水) 02:19:34.31 ID:
―――靖国通り―――

響「うわー、また広い道だなー」

響「えーと、どっちに行こうかなー・・・」

響「うーん・・・・・・。悩んでも仕方ない! 左に行くぞ!」

響「あ、信号青だ! 渡っちゃおー」

響「ん?でっかい看板に何か書いてある」

響「歌舞伎町・・・?」


25:2013/03/20(水) 02:25:44.31 ID:
―――新宿歌舞伎町―――

響「かぶきちょうって・・・テレビでよくやってる、あの歌舞伎町・・・?」

響「りゅーがごとくってやつ・・・? あの有名な歌舞伎町・・・?」

響「自分、もしかして今来ちゃいけないとこに・・・」ガクガク

響「う、うぎゃー! 逃げるぞ! 一刻も早くここから逃げるぞー!」ダダダダッ


26:2013/03/20(水) 02:33:01.99 ID:
―――????―――

響「はぁ・・・はぁ・・・なんかよくわからないけど怖かった・・・」

響「気を取り直してって・・・ここどこだ?」

響「あれ・・・? 線路・・・? 戻ってきたのか? それともまた違う駅の線路なのか?」

響「広場? 凄い人・・・。もう一体何が何だか分からないぞ・・・」

響「ううぅ・・・疲れた・・・。寒い・・・。もう歩けないぞ・・・」


27:2013/03/20(水) 02:40:02.92 ID:
響「やっぱり自分には無理だったのかな・・・」

響「歩いても歩いても建物ばっかだし・・・」

響「人多いし・・・分かれ道ばっかで階段も多いし・・・」

響「自分、どうやって帰ればいいんだろ・・・。帰り道わからないぞ・・・」

響「・・・・・・自分はここで死ぬのか?」

響「もうおしまいだぞ・・・。自分はここで動けなくなって朽ち果てるんだ・・・」

TLLLLL・・・

響「・・・・・・? 電話?」


28:2013/03/20(水) 02:43:32.90 ID:
響「はい、もしもし・・・」

P『響か? 今新宿についたんだが、今どこにいる?』

響「プロデューサー・・・。自分、もう疲れて動けないぞ・・・」

P『何? では急ごう。その様子じゃ自分がどこにいるかさえ分からないって感じだけど・・・』

響「その通りだぞ・・・。最初からプロデューサーの言う事聞いてればよかったさー」

響「自分はもう助からないんだ・・・。さようならだぞ、プロデューサー」

P『凄い卑屈になってるし・・・。響、そこから何か見えるものはあるか?』


29:2013/03/20(水) 02:46:56.03 ID:
響「見えるもの?」

P『そうだ。どんな些細なものでも構わない』

響「えーと、広場があって、線路が見えて、信号があって・・・。あ、あとドリアン売ってる果物屋があるぞ」

P『ドリアン・・・? まぁとりあえずそこで待ってろ』

響「プロデューサー、さっきはごめんなさい・・・」

P『気にするな。今行くから』



30:2013/03/20(水) 02:49:53.16 ID:
響「うぅぅ・・・今行くって言ってたけど・・・本当に来れるのかなぁ・・・」

響「自分、何時間も迷ったのに・・・そんなあっさり・・・」

P「来れたぞ」

響「・・・え?」

P「大丈夫だったか? ほらハンズ行くぞ」

響「え? えっ? なんで?」


31:2013/03/20(水) 02:56:49.39 ID:
P「新宿でドリアン売ってる果物屋って聞いたからさ。それでなんとなくわかったよ」

響「そ、それだけで分かったのか!?」

P「それだけって訳じゃないけど・・・。まぁそれが中心?」

響「す・・・すごいぞプロデューサー!! 一発で自分のいるとこが分かるなんて!」

P「そうか? 慣れてしまえばこんなもの」

響「自分感動したぞ! うぅ、なんだか涙が出てきたぞ・・・!」

P「おいおい泣くなよ。さぁ、さっさと行くぞ」

響「うん!」


32:2013/03/20(水) 02:57:15.26 ID:
―――高島屋タイムズスクエア―――

ホンジツノエイギョウハ、シュウリョウシマシタ・・・

響「」


33:2013/03/20(水) 03:02:12.57 ID:
P「あちゃーハンズって8時半までなのか」

響「プロデューサー、今何時だ・・・?」

P「8時45分。」

響「」

P「しょうがないなこれは。また今度だ」

響「」

P「それにしてもお前、どんだけうろうろしてたんだよ。疲れて動けなくなるまで歩くなんて」

響「」

P「・・・響さん?」

響「」ポロポロ

P「わぁぁああ!! 泣くな響! よしよし可哀想に残念だったなぁ!」ナデナデ


34:2013/03/20(水) 03:06:26.67 ID:
響「うっぐぅ・・・だっで・・・ひっく・・・だっであれだけ・・・歩いたのに・・・」ボロボロ

P「よしよし、お前は頑張ったよ!」

響「一人でっ・・・よくわからないとご・・・あるいたっ・・・ひっく」ポロポロ

P「うんうん! また今度くればいいだろ! 東急ハンズは逃げないさ!」

響「またっ・・・まよっぢゃうぅぅうわぁぁぁあん!!」ボロボロ

P「あーよしよし! 次は俺もついてってやるから! な!? だから泣きやんでくれよー! 警備員さんこっち見てるから!」


35:2013/03/20(水) 03:12:13.77 ID:
―――新宿サザンテラス―――

響「プロデューサー食べないのか? 自分食べちゃうぞ!」

P「あぁ、気が済むまで食べろ。俺の奢りだ」

響「おおっ! 流石プロデューサーだぞ!」

P「はぁー・・・ドーナツでころっと気が変わる響でよかった・・・」

響「ん? なんか言ったか? 凄い失礼な事言われた気がするぞ」

P「なんでもないよ。クリームついてんぞ」


36:2013/03/20(水) 03:20:57.89 ID:
―――丸ノ内線新宿駅 西口改札―――

響「今日はありがとうプロデューサー!」

P「ああ。もう一人で新宿をうろつこうなんて思うなよ」

響「わかってるぞ。今度からは必ず誰かつれてくさー」

P「そうか。ならいい」



37:2013/03/20(水) 03:21:30.57 ID:
響「自分、プロデューサーが助けに来てくれてすっっっごく嬉しかったぞ! 本当に死んじゃうって思ってたんだからな!」

P「ははは、そんな大げさな」

響「大げさなんかじゃないぞ! じゅんににふぇーでーびる、プロデューサー!」

P「はいはい、ほら電車行っちゃうぞ」

響「うん! あ、ドーナツありがとう!」タッタッタ

P「まったく・・・」


38:2013/03/20(水) 03:28:24.30 ID:
―――都内某所 765プロ事務所―――

響「でさー、プロデューサーがドーナツ奢ってくれたんだぞ!」

春香「へー! いいなー! でもそんなに迷ったの?」

響「迷うなんてもんじゃないぞ! あれはもう遭難だぞ!」

春香「そんな大げさな・・・、だって東京のど真ん中だよ?」

響「春香も一人で東急ハンズに行ってみるといいぞ! 絶対無理だから!」


39:2013/03/20(水) 03:32:48.99 ID:
春香「でも思わぬ形でプロデューサーさんとデートできたね」

響「で、デート!? そんなんじゃないぞ!」

春香「えー? だって夜に中睦まじく二人でドーナツ食べてたんでしょー?」

響「うぐっ、そうだけどさ・・・」

春香「もうどっからどう見てもそれにしか見えないよ! よかったね響ちゃん!」

響「ううぅ、なんか目がこわいぞ春香・・・」


40:2013/03/20(水) 03:39:07.92 ID:
P「ただいま戻りましたー」

春香「あ、おかえりなさい!」

響「おかえりだぞ!」

春香「プロデューサーさん、ハンズ行きましょうよ!ハンズ!」

P「え?ハンズ? って響話したのか」

響「そうだぞ。必ず誰か連れていくーって言ってたから、プロデューサーにも来てもらうぞ!」

P「今からか。まぁいいけど。帰り道だし」


41:2013/03/20(水) 03:45:03.10 ID:
春香「プロデューサーさん、いつも何線で帰ってるんですか?」

P「俺か? 西武線だけど」

響「西武線・・・? どっかで聞いたことあるような・・・。それってどこにあるんだ?」

P「駅なら歌舞伎町のあたりにあるけど」

響「かぶきちょう・・・」

春香「歌舞伎町って怖いイメージですよねー」

P「まぁ実際ホストとか多いけど、昼間は結構観光客とか多いぞ」

響「かぶきちょー・・・」

春香「へー、知らなかったです・・・って響ちゃん?」

響「うぎゃー!! 逃げるぞー!! 今すぐ逃げるんだー!!」ダダダッ

P「うわぁ!? どこ行くんだ響!?」




42:2013/03/20(水) 03:57:49.77 ID:
後半載せ忘れたストリートビュー
響にはこんな感じに見えていました

新宿通り http://goo.gl/maps/m5u0b

モア 4番街 http://goo.gl/maps/zOgku

靖国通り http://goo.gl/maps/kvMgl

歌舞伎町 http://goo.gl/maps/B2PVd

響救出場所 http://goo.gl/maps/gYskf

これ上手く見れてるのか?




→→もっとアイドルマスターを読む←←