1:2013/12/08(日) 00:14:36.32 ID:
やよい「プロデューサー!」

P「はいぃっ!」

やよい「うう、今度やったら、許しませんからねっ!」

P「ありがとうございます!ありがとうございます!」

やよい「なんで、いつもありがとうって言うんですか!」

P「え、だって、ほら…な?」

やよい「ううー??」



響「…あははっ、プロデューサー、またやよいに叱られてるぞ」

響「でも、なんであんなに、うれしそうなんだ?」

響「まさか、なにか秘密があるのかっ!?」

響「…気になる」

我那覇響


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386429276

2:2013/12/08(日) 00:17:49.57 ID:
響「やよい…自分を叱ってくれぇ!」

やよい「ふぇっ!?」

響「やよいぃ!」

やよい「ひ、響さん?」

響「お願いだぁ!」

やよい「ちょっとまってくださいぃ!急にどうしたんですか?」

響「…自分、今日もハム蔵のご飯、食べちゃったんだ」

やよい「そうなんですか?」

響「いけないことでしょ?」

やよい「そ、そうですね?」

響「だから自分を叱ってくれぇ!」

やよい「私がですか!?」

響「やよいに叱ってほしいんだ、やよいに!」

やよい「わ、わかりましたっ」


4:2013/12/08(日) 00:20:39.18 ID:
響「…ほ、ほら、早く」

やよい「響さんっ!」

響「はい!」

やよい「か、勝手にハム蔵のご飯、食べたら、めっ!ですよ……あの、こ、こんな感じですか?」

響「うひゃぁぁっ……!」

やよい「響さん!?」

響「ふはぁ…、ありがと、やよい」

やよい「なんだったんだろう…」


5:2013/12/08(日) 00:21:43.00 ID:
伊織「ちょっと響!」

響「あ、伊織、どうしたんだ?」

伊織「さっきの、あれ、どういうことなの?」

響「もしかして、見てたのか?」

伊織「ええ、そうよ」

響「やよいに叱られてたんだぞ♪」

伊織「はぁ?あんた、やよいになにしたのよ…っていうか、なんでうれしそうなわけ」

響「えへへっ、自分は、なにもしてないぞ?」

伊織「ますます意味がわからないわね」


6:2013/12/08(日) 00:23:39.98 ID:
響「伊織も、やよいに叱られてみれば、きっとわかるさー」

伊織「そ、そう…響、あんた、頭おかしくなったんじゃない?」

響「伊織は、やよいに叱られたことあるのか?」

伊織「え?そうね…たぶんないと思うけど」

響「そっか…ないのかぁ」

伊織「なんなのよ…」

響「ないなら、わからなくても、仕方ないな」

伊織「一体やよいに叱られると、なんだっていうのよ!!」

響「それは教えられないぞ。実際に叱られてみたらいいんじゃないか?」

伊織「……」


7:2013/12/08(日) 00:24:41.73 ID:
伊織「ね、ねえ、やよい」

やよい「伊織ちゃん!どうしたの?」

伊織「…そ、その…ねえ…」

やよい「うう?」

伊織「私のこと…叱ってくれないかしら?」

やよい「えぇっ!?」

やよい「さっき、響さんにも同じこと言われたよ?」

伊織「へ、へえ…そう」


8:2013/12/08(日) 00:26:05.18 ID:
伊織「やよいっ!」

伊織「実は、私、今日のレッスンさぼったのよ!」

やよい「えぇっ!?伊織ちゃんがっ!?」

伊織「うん、そうなの」

やよい「そんな…」

伊織「いけないことよね」

やよい「そうだね…」

伊織「だから、叱りなさいよ、私を叱りなさい!やよい!」

やよい「(なんでわたしなんだろう…)」


9:2013/12/08(日) 00:29:03.05 ID:
伊織「やよいが叱ってくれないなら、私、明日もさぼるわ」

やよい「そ、それはだめだよ!」

伊織「なら、早く叱りなさいよ!」

やよい「…うう」

やよい「……こらっ!伊織ちゃん!」

やよい「レッスンさぼったら、めっ!ですよ!わかりましたか!」

伊織「!?ひゃぁっ…(な、なによこれ…なんなのよっ!なんで、こんなに…)」

伊織「(胸が高鳴るわけ!?)」

伊織「ふわぁぁっ……!」

やよい「伊織ちゃん!?だいじょうぶ!?」

伊織「やよい…」

やよい「なに?」

伊織「ありがとう」

やよい「う、うん…?」


10:2013/12/08(日) 00:30:40.18 ID:
伊織「響……」

響「なんだ?」

伊織「頭おかしいなんて言って、ごめんなさい」

響「んーん、別に気にしてないぞ」

響「それより、その感じだと、伊織もわかってくれたんだな」

伊織「ええ…」

響「感想は?どうだったんだ?」

伊織「…最高ね」

響「だろっ!」

伊織「にひひっ、伊織ちゃんを、あんな気分にさせるなんて、やよいもあなどれないわね」

響「うんうんっ」


11:2013/12/08(日) 00:34:20.76 ID:
伊織「まったく…一番やよいの近くにいる私が気づかなかったなんて…」

響「仲がいいと、叱られることなんてないだろうしなー」

伊織「ん、でも、なんであんたは、このことを知ってたのよ」

響「プロデューサーがやよいに叱られるのを見てたんだぞ」

響「そしたら、プロデューサーがにやにやしてたから」

響「気になって、自分も叱られてみたんさー…そしたら、もう……っ!」

伊織「あの変態…」

響「自分たちも人のこと言えないぞ?」

伊織「うっ…そうね」


12:2013/12/08(日) 00:35:25.19 ID:
P「話は聞かせてもらったぞ」

響「!?」

伊織「!?」

P「まさか、お前たちがなぁ…」

伊織「あ、アンタっ!」

響「いつからそこにいたんだ!?」

P「いつも散々、人のことを、変態だーヘンタイだーって言ってるお前らがなぁ…」

伊織「くぅ…な、なによ!本当のことでしょ!」

響「そ、そうだぞ!」

P「まあ、な。別にお前らに、文句を言いに来たわけじゃない」

伊織「どういうことよ」


13:2013/12/08(日) 00:39:02.14 ID:
P「まあ、見ておけ」

P「やよいの、アレにはな、もうひとつ上の段階があるんだ」

伊織「はぁ?」

響「わけがわからないぞ」

P「すぐにわかる」



P「やよいっ!」

やよい「プロデューサー?どうしたんですか?」

P「ほらっ」サッ

やよい「!…いきますよー!はいっ、たーっち」

P「いえいっ!」

やよい「いえいっ!」

P「うむ、元気でよろしい」

やよい「えへへーっ」


伊織「いつもと変わらないわね」

響「でも、やっぱりやよいは、かわいいなぁ」

伊織「そんなの、当たり前じゃない」


14:2013/12/08(日) 00:41:32.07 ID:
P「そんな、元気なやよいにやってもらいたいことがある」

やよい「う?なんですか?」

P「演技の練習だ!」

やよい「練習ですか?いいですね!がんばっちゃいますよー!」

P「そうか!ではさっそくはじめよう」

やよい「どんな演技をすればいいんですか?」

P「とにかく俺を叱るんだ、ただし、いつものように敬語ではなく、命令口調でだ」

やよい「えぇっ!?そ、そんなことできません!」

P「む…」

やよい「プロデューサーに命令なんて……」


15:2013/12/08(日) 00:45:04.24 ID:
P「やよい、これはあくまで練習なんだ。遠慮はしなくていい」

やよい「でも……」

P「やよいがアイドルとして、もっと上を目指すためだ、わかってくれ」

やよい「…わ、わかりました……がんばります!」

P「よしっ!それじゃあ叱れっ!俺を叱るんだやよい!」


伊織「傍から見たら、ただの変質者ね…」

響「じ、自分たちも、あんな感じだったのか?」



やよい「うっ………プロデューサーっ!!」

P「はい!」

やよい「いいかげんにしなさいっ!!」

P「!?」



伊織「なっ…!」

響「うぎゃぁっ!」


16:2013/12/08(日) 00:52:00.57 ID:
やよい「こんなことやってないで、早く仕事にもどりなさーいっ!!!」

やよい「わかったの!?わからないの!?どっちなの!」

P「わ、わかりましたぁぁぁっ!」

P「ありがとうございます!ありがとうございます!」

やよい「……はぁっ……はぁっ…………はわっ!?ぷ、ぷろでゅーさー!わ、わたし……」

P「やよい……」

やよい「はひっ!」

P「ああ、もう、やよいはかわいいなぁ」ナデナデ

やよい「ううー?」



伊織「やよい!」ウズウズ

響「やよいぃ!」ウズウズ

やよい「うう?……い、伊織ちゃん!?響さん!?なんですかぁ!」


17:2013/12/08(日) 00:53:45.43 ID:
ガチャッ


千早「おはようございます」

P「ん、おはよう千早」

千早「あの、プロデューサー…」

P「どうした?」


ガミガミ

やよい「響さん!!」

やよい「伊織ちゃん!!」

響「ふぁぁっ…!」

伊織「ふぁぁっ…!」




千早「あれ…なんですか?」

P「…さあ、聞いてみたらいいんじゃないか?」






おわり




→→もっとアイドルマスターを読む←←