1:2014/07/09(水) 08:30:49.70 ID:
キャラ崩壊
パロディ

我那覇響


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404862249

2:2014/07/09(水) 08:34:03.31 ID:
P「どうすっかなー、何かやりたいことあるか?」


響「ありましぇーん」


P「マジで765プロって暇な時多いよなー」


響「本当それ、だぞ」


P「転職でも考えっかな…ん?これ…」


響「ん?どうかした?」


4:2014/07/09(水) 08:41:30.57 ID:
P「これって…」


響「仕事の情報雑誌?あ、ジュース切れた」プハーッ



P「お、おい、これ!」


響「これは……?」




6:2014/07/09(水) 08:46:25.83 ID:
P「961プロが765プロをぶっ潰すメンバー募集だってよ!いいなこれ!」


響「おぉ!いいな!」


千早「……いや、これ、敵の会社ですよこれ。」


響「男はジュピター、女はフェアリー…そして見事765を潰したら3年間の有給!?」



P「うおぉぉぉぉぉ!これは恋を始めるっきゃねぇ!」


7:2014/07/09(水) 08:48:31.13 ID:
響「よかったな、仕事を見つけて。じゃ、自分は帰るぞ」


ガチャッ


P「………」


8:2014/07/09(水) 08:52:03.94 ID:



バイクにまたがる響


響「よし、帰るか」


P「待てよ、響」


響「?」


P「…お前、いつまでこんな生活続けんだよ…」



響「……ほっといて欲しいぞ」



P「お、俺はお前のためを思ってだな!」


9:2014/07/09(水) 08:55:49.05 ID:
響「……しつこいぞ、プロデューサー。ほっといてよ。」


P「っ……。お前だけじゃなく、貴音のためにもだなぁ…」


響「へっ、余計な心配は……要らないさぁ!」ぶぉぉぉぉおん!



P「あっ、待て!響!」


P「……行っちまった。響……。」


千早「何ですかコレ、何ですか」


10:2014/07/09(水) 08:58:50.30 ID:
マンション


響「ただいまー」


貴音「お勤め、ご苦労様です。響。」


響「お勤めって、結局プロデューサーとお喋りしていただけなんだけどな」ははっ


貴音「……じきに、料理が出来ます、コタツでお待ちください」


響「うん」


11:2014/07/09(水) 09:01:11.27 ID:
貴音「……響、あの方とは、何のお話を?」


響「ちゃんとした生活を送れ、だってさ、笑っちゃうぞー」ケラケラ


貴音「………」



響「ねぇ、可笑しいよね?」


12:2014/07/09(水) 09:03:13.61 ID:
貴音「……響、あなた、私と余生を供に過ごすつもりはあるのですか?」


響「な、なんだぞ、急に……あ、当たり前じゃないか!」


貴音「嘘つき!」


響「!?」


13:2014/07/09(水) 09:05:46.52 ID:
貴音「仕事もせずに毎日だらだらと娯楽に勤め……私の事など考えていないでしょ!」ザパーッ



おでんを響にぶっかける貴音



響「おあちゃあー!!!」


14:2014/07/09(水) 09:09:57.85 ID:
貴音「あなたはトップアイドルを高みに目指すと行っており、ダンスを極めたいと言いますが……」パクッパクッ


落ちたおでんを食う貴音


響「そ、そうだぞ、自分、ダンスを売りにトップアイドルに…」


貴音「あなたが何時も部屋の隅に置いてあるのは……」


貴音「ダンスではなく、『リンス』ではありませんか!」


15:2014/07/09(水) 09:13:12.82 ID:
貴音「あのりんすぅ、無駄に薔薇の香りが漂よわせ、ご飯どきにキツイのですよ!」



響「な、なんだとぉー!?」



貴音「もう私は…見ていられません、響」ポロポロ



貴音「……っ」ダッ!



部屋を走り出て行く貴音


16:2014/07/09(水) 09:16:47.40 ID:
響「たっ……貴音ぇぇぇぇえ!」


響「たっ…貴音…」グスッ


律子「…ねぇ、これまだ続くの?」


響「もうちょい…」グスッヒグッ


律子「長そうに感じるんだけど」


響「頑張って100以内に終わらせるから…」グスッヒック


律子「そう」


出て行く律子



18:2014/07/09(水) 09:56:58.49 ID:
30分後


響「…………」ボーッ


電気のつかない中、空虚を見つめる響


ガチャっ


響「!?た、貴音!?」


P「………」


響「……何だ、プロデューサーか」


19:2014/07/09(水) 09:59:03.26 ID:
P「さっき、泣きながら走ってた貴音に会った。お前ら、別れたんだってな」


響「へっ…笑いたかったら笑えばいいぞ」


P「笑えねぇよ」


響「帰ってくれ!何しに来たんだ!」


20:2014/07/09(水) 10:00:46.70 ID:
響「どうせ心ん中じゃあざ笑ってるんだろ!何しに来たんだ!」


パサッ


響「!?」



P「履歴書を届けによ」


21:2014/07/09(水) 10:02:44.99 ID:
P「変わりゃいいじゃねぇか、今から。961プロ、受けてみろよ」


響「か……変われるかな……自分」グスッ


響「変われるかな!?自分!?」ウワァァァァァン!


22:2014/07/09(水) 10:05:04.81 ID:
P「無理」


響「えっ」



P「無・理!」


響「………………」



ぶっ殺してぇ……そう思う響だった


23:2014/07/09(水) 10:07:13.33 ID:
次の日



P「えらく、気合い入った服装だな」



響「自分、今日から生まれ変わるからな」


響「よし、じゃあいざ……」


961プロへ!


律子「行っちゃいました」


24:2014/07/09(水) 10:09:40.90 ID:
961プロ


響「ここが待合室か。緊張してくるな」


響「ん?」


美希「あふぅ」


響「!?」


響「あ、あいつは……」


25:2014/07/09(水) 10:12:24.09 ID:
P「知ってるのか、響?」



響「あぁ、あいつは……忘れもしないぞ」



響「あれは…そう、自分が小学生時代の事だった……」


26:2014/07/09(水) 10:15:46.09 ID:
自分は小学生時代、天才の将棋士だった。


だれもが自分に勝てず、だれもが自分の将来に期待をしてくれた


そう…あいつが現れるまで


あいつは、将棋大会の決勝で自分と鉢合わせになった


美希「よろしくね」


響「誰がだろうと、将棋じゃ負けないさ!」


27:2014/07/09(水) 10:17:24.84 ID:
だれもが我那覇響が勝つ、そう思っていた。



しかし


美希「チェックメイト、なの」


響「……ま、参りました」



美希「ルール知らないけど勝てたの」


28:2014/07/09(水) 10:20:21.55 ID:
こうして、自分は逃げるように将棋世界を去った


P「そんなことがあったのか」


響「まさか、ここで会うだなんて…」


雪歩「美希ちゃん、寝ちゃダメだよ」


美希「眠いの…」


響(ん……美希?)


29:2014/07/09(水) 10:23:30.18 ID:
回想


響「くかぁースピー」ムニャムニャ


貴音「…」スヤスヤ


貴音「っ!ダメですよ…美希」スヤスヤ


響「んっ?…寝言か」


響「美希?……誰だ?」


30:2014/07/09(水) 10:26:34.82 ID:
回想終了



響「美希……!?あいつかぁ!」


玲音「えー、では、集団面接を行います。」


玲音「呼ばれた方はこちらへ来てください」


玲音「我那覇響さん、星井美希さん、Pさん、どうぞ」


31:2014/07/09(水) 10:29:06.18 ID:
面接室


冬馬「では、今から961プロ集団面接を行います。」


冬馬「では、最初にPさん、何か特技などはありますでしょうか」


P「そうですねぇ…強いて言うなら」


32:2014/07/09(水) 10:31:03.98 ID:
P「扇風機の前で『あーっ』って言うやつですかね」



P「大会にも出ました」


冬馬「大会あんのかそれ!?」


P「準優勝でした。」


33:2014/07/09(水) 10:34:15.79 ID:
冬馬「んな特技、アイドル活動に役立たねぇよ…なぁ、北斗」


北斗「…………」スッ


扇風機の前で『あーっ』と言う大会優勝カップを出す北斗


冬馬(こいつ優勝しとるぅぅぅぅう!?)


34:2014/07/09(水) 10:37:55.50 ID:
翔太「準優勝だなんて、凄いねお兄さん!」スッ


扇風機の前で『あーっ』と言う大会3位のメダルを取り出す翔太


冬馬「お前も!?」


35:2014/07/09(水) 10:39:49.42 ID:
冬馬「……………じ、実は俺も」


53位の残念賞を取り出す冬馬


翔太「53位だってwwwwwwwwwwwwwww」


北斗「ぬっwwwwwwはっwwwwwwはっwwwwwwwww」


36:2014/07/09(水) 10:41:59.66 ID:
冬馬「うぅっ……お前らなんて声の届かない迷路に迷え……」グスッヒグッ


翔太「悪かったよう……泣かないでよ冬馬くん」


北斗「では、我那覇響ちゃん、君の特技は?」


響(ついに来たか……)


響「はいっ、自分は……」


37:2014/07/09(水) 10:44:04.42 ID:
響(貴音……誰に何言われようと……自分は)


響「自分の特技は……ダンスです!」


響(自分はこれしかないんだ!)



北斗「へぇ…少し、見せてもらえるかな?」


38:2014/07/09(水) 10:46:03.60 ID:
響「はいっ!」スッ


市販のリンスを取り出す響


響(届け…自分の気持ち)


響「では、踊ります。『オーバーマスター』」


40:2014/07/09(水) 10:51:00.65 ID:
響「スゥ~リルのない愛なん~て~し~げきあ~るわけな~いじゃ~な~いぃ!」シャコシャコシャコシャコ


市販リンスを押し続ける響


P「うわっ、リンスが飛んでくる!」


響「あ~りえ~なく~なぁ~いぃ~!?」シャコシャコシャコ


美希(ステップが甘いの)


41:2014/07/09(水) 10:56:04.41 ID:
響「た~めし~てみ~れ~ばぁ~!」シャコシャコシャコ



響「グッドラック!トゥゥゥゥゥユゥゥゥゥゥ!」シャコシャコシャコ


響「ハァハァハァ………」


響(届け……あたしの気持ち……)


42:2014/07/09(水) 10:58:59.65 ID:
冬馬「床、磨いとけよ」ポイッ


雑巾を投げつける冬馬


響「……………」ハァハァ


届かなかった…………


響「はい………」


北斗「うっ……グスッ……」


響「!?」


45:2014/07/09(水) 12:34:52.43 ID:
響(届いた!?)


北斗「目にゴミが……」


翔太&冬馬「シュビビンシュビビンシュビビビーン!!!」


46:2014/07/09(水) 12:36:34.18 ID:
響「古いっちゃあ…古いな」


冬馬「では、最後に、星井美希さん、特技は?」


美希「特技はねぇ……」


美希「暗殺なの」カチャッ


銃を構える美希


47:2014/07/09(水) 12:39:13.85 ID:
ジュピター「ひぃぃぃぃぃぃいい!!!」


美希「動くな、なの。私はある方から命じられてここに来たの。」


スチャッ



美希「!?」


リンスを美希に向ける響


響「動いたら、シャコっだぞ」


美希「Shit...」ナノォ


48:2014/07/09(水) 12:42:27.12 ID:
P「お前ら!全員動くんじゃねぇえ!」


響「!?」


P「これを……見ろぉ!」


響「そ、それは!!」


Pの体にPSストアカードが大量に張り付いている




49:2014/07/09(水) 12:45:32.65 ID:
響「ま、まさか……やめろ!プロデューサー!」



P「うるせぇぇえ!俺はやるぞぉぉぇお!」



『マネーを加算します』カチッ



P「うぁぉぉぇおぉぉぇお!」



『マネーを加算します』カチッ
『マネーを加算します』カチッ
『マネーを加算します』カチッ
『マネーを加算します』カチッ
『マネーを加算します』カチッ



響(そんな事したら……そんな事したら……)


50:2014/07/09(水) 12:48:10.42 ID:
ーーー毎月出るDLCを全部買いたくなっちゃうぞーーー



P「かかってこいやぁぁぁぁあ!バンナムぁぁぁぁあ!」



冬馬「………くっ!」ガチャ!



机の引き出しを開ける冬馬


51:2014/07/09(水) 12:50:18.70 ID:
ダンッ!!


冬馬「っ!?」


机が銃弾により小さな穴が開いた


美希「今、出そうとしたものを出すの」


冬馬「………」スッ


52:2014/07/09(水) 12:52:44.53 ID:
ダンッ!


冬馬「っ!?」



銃弾により机に小さな穴が開いた


美希「今、机の引き出しから出そうとしたものを出すの」


冬馬「くっ……」スッ


53:2014/07/09(水) 12:54:51.17 ID:
冬馬「ほらよ…」


ぷちます二巻


冬馬「……アニメ終わったから次は漫画で楽しもうかと思ってよ……」


シャコっ


美希「っ!?」


54:2014/07/09(水) 12:58:21.84 ID:
美希「?っ……薔薇臭いっ……」バタッ


倒れる美希


響「言ったろ……動くなって……」


北斗「ほら、冬馬、次のページ次のページ!」


冬馬「うるせぇっ!まだ2コマ目しか見てねぇよ!」


翔太「僕この話、本誌でみたよ」


55:2014/07/09(水) 13:08:14.06 ID:
冬馬「ところで、知ってるか、今このぷちますBD&DVDが一期は3巻まで、二期は2巻まで出て、3巻は7月30日に発売なの」


翔太「あったり前じゃーん!しかも、同日に「ぷちます! 明音イラストギャラリー はっぴーれっど」が出て、8月27日に「ぷちます! 明音イラストギャラリー はっぴーれっど」が出るんだよね!」


北斗「おっと、毎月出ているぷちますキャラクターソングCDも忘れてもらっちゃ困るぞ?」


冬馬「はやくぷちます二期を全話一気に見たいぜ」


翔太「そんな冬馬君のために……なんと!ニコ生で7月25日に振り返り一挙放送があるよ!」


北斗「な!?本当か!!」


冬馬「そりゃ見るっきゃねぇな!では皆さん、一緒に!」



ジュピター「ぷっちまぁ~~~~~す!!」




終わりや






→→もっとアイドルマスターを読む←←