1:2014/03/10(月) 17:23:21.69 ID:


響「んあ? 何だ? イキナリ……」

P「いいから!! 時は一刻を争うんだ!! 早く!! 早く髪を解いて!!」


響「……何言ってるんだ? へんた P「良いから早くっ!!」


響「わ、解ったぞ……どうしたんだ? 急に……」シュル

P「早くっ!! 早くっっ!!!!」

響「解った!! 解ったから!! …………こ、これで良いのか?」パサッ

P「後ろ向いて!!」


響「ね、ねぇプロデューサー? コレ何な P「良いから早くっっ!!!!」


響「うぅ~~……」クルッ

P「失礼します!!」ズボッ

響「ギャッ!!!! ちょ!! ぷ、プロデューサー!!??」




バタンッッッッ!!!!




響「!?」

P『……』

律子「……………………響」

響「あ、り、律子? お帰りなさい」

律子「ただいま……」

響「ど、どうしたの? その、何か、怒ってないか?」

我那覇響


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394439801

2:2014/03/10(月) 17:27:28.13 ID:


律子「響…………あの糞……いや、プロデューサー見なかった?」

響「プロデューサー? それなら……痛”っっ!!」ガクン

律子「ん?」



P『やりすごして!!』



響「え? えぇ!?」

律子「響?」



P『お願いだ!! 響にしか頼めないんだ!!』



響「あ、えと……?」

律子「聞こえなかった? プロデューサー見なかった? って聞いたんだけど」

響「……あ!!えっと……自分、し、知らないなぁ~」

律子「……本当に?」ズイッ

響「う、うん、こっちには来てないと、思う、ぞ?」


律子「」ジーーーー

響「」メソラシーーーー


律子「……まぁ、良いわ、見つけたらスグに連絡して」

響「お、オッケ~~」

律子「そう言えば……」

響「!!」ビクッ!!

律子「…………髪、解いているのね、それも可愛いわよ」

響「あ、そ、そう? た、たまにはさ? アハハハハハハ」

律子「…………」

響「あは……は…………」

律子「…………どこ行った? 絶対に粉々にする……分子レベルまで分解する……」ブツブツ




バタァンッッッッ!!!!




響「…………」

P『…………』



3:2014/03/10(月) 17:29:45.46 ID:


P『…………行った?』

響「多分ね……」

P『ふはぁ~~…………助かったぁ~~……』

響「ちょっと!! プロデューサー!! 律子に何したんだ!?」

P『いや、ちょっとな……』

響「尋常じゃない怒り方だったぞ!! 若干鬼の角が生えてるの見えたくらいだからな!!」

P『ん、まぁ、その、律子の眼鏡をな? 度入りの鼻眼鏡に交換するってイタズラしてたら』

響「……」

P『テレビの大物が集まる結構大事な会議の打ち合わせにそのまま行っちゃってな……』

響「しょーもな!! 想像していたより3億倍しょーもないぞ!!」

P『同席してたんだけど、席が離れた場所になっちゃって、注意できなくてだな……』

響「しかも一緒に居たの!? 移動中とかはどうしたんだ!?」

P『電車の中でクスクス笑われている律子が面白くて……放置してた…………』

響「本っっっっ当っっ!! ダメプロデューサーだな!!」

P『いや~~見せたかった「このプロジェクトは!! 私達765プロにとっても一大プロジェクトで!!」とか自信満々に鼻眼鏡でプレゼンする律子を』

響「…………ぷふっ……や、やめろさー!!」

P『「と言うわけなのです!!」とかキメた後にテレビ局の一番偉い人に「君のその眼鏡はファッションかね?」とか言われちゃってさ』

響「……ふっ……ぷふっ……あは、あははははははは、そ、それは見たかったさーー!!」

P『いや、俺も大爆笑、そっからだよ、テレビ局から事務所まで律子との全力追いかけっこが始まったのは』

響「いや……それは完全にプロデューサーが悪いだろ」

P『走りながら全力で謝ったよ!! でもな、律子のやつ「殺○」としか言わなくて利く耳持たなくてさ…………』

響「そりゃそうさー…………」



4:2014/03/10(月) 17:32:59.99 ID:


P『いや、それにしても……』

響「ん~~?」

P『響、お前やっぱり髪の量凄いな、俺がスッポリ隠れるぞ』

響「ん~~まぁね、サイドテールとかにすると、重さでバランス崩れるし」

P『それに……』

響「ん?」


P『良い匂いだ、なんか柑橘系の香り、地元のシャンプーか何かか?』スーーーハーーー


響「お!! 良い所に気が付いたな、それは地元でも人気…………な…………」


P『』スハスハスハスハ



響「うぎゃーーーーーーーーー!!!! は、離れるさ!! この変態プロデューサー!!!!」



P『待て!! 響!!』

響「待つわけ無いだろーーーー!!!! もう早く離れて~~~~!!!!」

P『違う!! 誰か来る!!』

響「えっっ!?」



5:2014/03/10(月) 17:37:26.61 ID:


ガチャ


小鳥「ただいま帰りました~~って、あら? 響ちゃん?」

響「あ……お、お帰り、ぴよ子!!」

小鳥「はい、ただいま、あら? 髪解いているのね? 可愛いわよ?」

響「え? そ、そうか~? あはははは、ありがとな!ぴよ子!!」



P『…………響、よ~~く考えろ?』

響『……何をだ!! この変態プロデューサー!!』

P『今、響の髪の毛から俺がヒョッコリ出てみろ??』

響『いいから早く出るさ~~!!』

P『その場合、変態と思われるのは……俺だけだと思うか?』

響『……え?』



小鳥「あれ、そういえばプロデューサーさんは?」

響「ふえ!? いや、えっと、その…………」



P『良く聞け響、今、この状況と言うのは響の協力無くして作れない』

響『ど、どう言う事?』

P『解らないか? つまり響も同犯って事なんだぞ?』

響『うぇ!? だ、だってコレはプロデューサーが勝手に……』

P『その通り、俺がムリヤリ作り出した状況だ、そこは間違いない』

響『な、なら!! 正直に言えば』

P『だが、だがしかしだ、実際音無さんは、そう、思ってくれるかな??』

響『……ぅえ?』



小鳥「ん~~…………まだ帰って来て無いのかしら?」



P『…………頭の良い響なら、今、この状況で、どうするのが正しいか、解るだろ?』

響『う……うぅううううう……』



小鳥「ねぇ響ちゃん? プロデューサーさん見てない?」

響「……………………う、うん、自分は……見て、無い……ぞ?」

小鳥「あら? そうなの、解ったわ」



P(響チョロ~~~~~)




6:2014/03/10(月) 17:40:56.18 ID:


P『響……お前、この状況で緊張しているのか?』

響『……急に…………何で?』

P『頭皮にうっすらと汗が……』



響「ぎゃっっっっ!!!!」



小鳥「どうかした? 響ちゃん」

響「え!?…………い、いや、あ、あんでもない、ぞ?」



響『ヤメるさ!! そう言う事言うの!!』

P『いや…………でも、この香りも…………非常に良い』クンクン

響『ぎゃーーーー!!!! 本当にヤメて!! お願いだから!!!!』



小鳥「……ひ、響ちゃん、なんと言うか、あの、大丈夫?」

響「ふえ!? な、何がだ?」ガクガク

小鳥「い、いや、あの、全体的に赤いと言うか、色っぽいと言うか」ドキドキ

響「え? いや、そんな事無いぞ? 自分、いつも通り元気一杯だっっっっぴゃぅうう!!!!」

小鳥「!!??」



P『すまん、息苦しくてつい息を首元に吹きかけてしまった』

響『も、もぉおおおお……本当にやめてよぉぉおお……』ゾワゾワ



小鳥「本当に大丈夫? 何ならソファで寝てたほうが…………」

響「ぜ、全然なんくるないさー!! ぴよ子は、気にしないで、仕事してて、大丈夫だぞ?」ハァハァ

小鳥「そ、そう? …………じゃあ、何かあったらすぐに言ってね?」

響「う、うん!!」



7:2014/03/10(月) 17:44:02.20 ID:


響「……」

小鳥「……」カタカタカタカタ



P『』スハスハスハスハ



響「……んふっっ」ビクッ

小鳥「……!?」カタカタカタ



P(やべぇ、ハマる、響、メチャクチャ良い匂いだ)スーーハーー



響「くっ……ん……ふっ///」ピクッ

小鳥「……」カタカタカタカ…………タ



P(すっげー温かくなってきた、響、体温高いな……)フスーーーー



響「あひゃぅっっ///!!」ビクンッ!!

小鳥「いや、ねぇ響ちゃん!? 全然なんくるなくないんだけど!?」ガタッ



P(うわ、うなじに汗かいてる、なぞったれ)ツーーーー



響「ち、ちが……あ、あにょっ!!」ビクビク!!

小鳥「ね、ねぇ? 大丈夫、ソファーまで連れてってあげようか?」



P(舐めて……いや、いやいや、それはイカン……でも、テイスティング、そうテイスティングなら……な)ペロッ



響「ら、らいじょう、ぶっっ!! あの、ぴよこぉ、なんれもっ!! にゃいから……っっう!!」ビクンッッ!!

小鳥「大丈夫なように全然見えないわよ!! ほ、ほら、手を貸して!?」



P(ふむ……芳醇で、まろやかで、ナッツ系の香りと柑橘系の香りを混ぜたような)ペロペロッッ



響「ぴ……っっ……ょこぉ……っっ!!」ビクンッ!!ビクンッ!!

小鳥「ひ、響ちゃん!? ほ、ほら、手をとって?」


響「な…………なんくる、ないから、ね?」ニコッ

小鳥「っっ!!」ゾクゾクゾクゾク



8:2014/03/10(月) 17:46:24.06 ID:


小鳥「い、急いで冷えピタ買ってきてあげるからね!!」(やべぇ、押し倒しそうになったピヨ……)


バタンッ


響「……」

P『……』

響「……」ヘニャヘニャ

P「ぷはっ!! おい、響!! 響大丈夫か!?」

響「プロリューラー……自分……自分んぅ…………」クタ

P「可哀想に、よほど怖い目に合ったんだな…………待ってろ、今ソファーまで運んでやるからな!!」


響「わるな……」


P「ん? どうした? 響」


響「金輪際……自分に障るなぁぁああああ!! この変態プロデューサーぁあああ!!!!」ガバッ!!


P「おうふ!! 響、な、何をそんなに怒っているんだ??」

響「コレで何に怒っているか解らないんだったら変態じゃなくてバカプロデューサーだ!!!!」ポカポカポカポカ

P「ちょ、ちょっと待て、話を聞いてくれ響」

響「絶対聞かない!! バカ!! バカバカバカバカバカプロデューサー!!!!」ポカポカポカポカ


P「待て!!響の、響の魅力が悪いんだぞ!?」


響「……ふぇ?」ポ……カ……



9:2014/03/10(月) 17:50:03.51 ID:


P「確かに、やりすぎてしまった所はある、それは素直に謝ろう、ゴメン」

響「そ、そうだぞ」


P「だが、あの 可 愛 い 響の髪の中に入る事ができ」


響「か、可愛い?」


P「あの 魅 力 的 な響の傍に寄る事ができ」


響「魅力……的……」


P「 芳 醇 と言って良い香りの響を、じかに嗅いでしまったんだ」


響「ほ……芳醇……///」


P「これはもう人として当然の行動、こうなるべくしてなった、そうは思わないか?」

響「い、いや、でも!!」

P「仮にっっ!!!!」

響「」ビクッ

P「仮に……コレが貴音であったと考えよう!!」

響「ふぇ!?」

P「恐らく、貴音は俺と同じ事をする……賭けても良い」

響「い、いや、貴音はそんな事……」

P「しないか?」

響「……………………する……かも」



10:2014/03/10(月) 17:52:35.35 ID:


P「貴音と言えば、家の事務所でもあずささんと双璧を成す人格者だ、そうだな?」

響「うん」

P「その貴音であったとしても、だ? 響の髪に隠れたらああならざるを得ないんだ、解るな?」

響「う? うん」

P「つまり、俺が魅力的で可愛い響に、あんな事をしてしまったのは」

響「……」

P「響が魅力的で可愛過ぎるからであり、俺の責任ではない」

響「……」

P「……そう言う事にはならんか?」


響「…………」


P「…………なるな?」


響「……なる……の、かな?」


P「いや…………ここで勘違いして欲しく無いのは、俺はこの件に関して響を責めているんじゃない」

響「え? いや、その…………」

P「むしろ感謝している、その事だけは解って欲しい」

響「ん? あれ? どう言う…………」

P「つまり、響も俺も、どっちもサンキューって事さ、サンキュー響!!」

響「……じ、自分も? あれ? サンキューだぞ、プロデューサー?」



11:2014/03/10(月) 17:54:18.21 ID:


P「と言うわけで、この関係は暫く続けていくと言う事で、もう一回髪の中、入っても良いか?」

響「んえ!? な、何でそうなるんだ!?」

P「響、良いか? もう一回言うぞ? この関係はいわば双方得をする、WINWINの関係なんだ」

響「う、うぃんうぃん?」

P「響に損は無いし、俺は響を堪能できる、違うか?」

響「あれ? それって自分は何の得に……」

P「響!! 難しい事は考えるな、考えるな、感じろ、だ!!」

響「は、はぁ……」

P「と言うわけで……」


律子「お邪魔しま~~す何て事になるわけないですよね」


響「…………」


P「…………」


律子「…………」


P「ひぃ!! り、律子だ!! 律子が出たぞぉ!!!!」

律子「おう、この○×△□野郎? あ? てめぇ、自分とこのアイドルに何してんだクラァ?」

P「い、いや、違う!! 違くてだな!! 律子」

律子「言い訳は悲鳴で聞くわ、屋上来い」ムンズ

P「い、いやだぁ!! 屋上逆さ吊り放置は嫌だぁ!! 響!! 響助けてくれぇ!!!!」

響「……いや、その……いってらっしゃーい」

律子「おう、覚悟決めろ、今回は3日は吊るすかんな」

P「いやぁああああぁぁあああ!!!! 新記録にチャレンジしちゃうぅにょぉおぉおおおお!!!!」


ズリズリズリズリ


バタンッ!!!!


響「…………」


響「…………///」ブルッ



13:2014/03/10(月) 17:56:57.92 ID:



3日後



カァーーカァーーカァーー


P「ん……あぁ……3日目の夕陽か……」

P「綺麗だ……な……」



バタンッ!!



貴音「あ、あぁ……どうしましょう、どういたしましょう」ガタガタガタガタ

響「……どうしたんだ貴音?」

貴音「あの……わ、わたくし、ふとした不注意で雪歩が大切にしていた急須を割ってしまい…………」

響「あちゃ~…………」

貴音「最低の行為だとは解っていたのですが…………謝罪もままならぬまま逃げ出してしまったのです」

響「貴音らしくないなぁ、そう言うのはちゃんと謝らないとダメだぞ?」

貴音「いや、解っているのです、ですが!! 今の雪歩は怒りに我を忘れている様子で……その」

響「…………」

貴音「お願いです響!! 雪歩の怒りが峠を越すまで、どこぞで匿ってはくれませんか?」ウルウルウル

響「…………///」ゾクッ

貴音「響ぃ……後生ですぅ……」ウルウルウル



響「ま、全く…………しょうがないなぁ!! 貴音は!!」シュル


貴音「……響?」


響「自分のとっておきの場所…………貸してあげるぞ!!」パサッ




14:2014/03/10(月) 17:59:03.10 ID:


何だこれ。


駆け足で失礼しました。

髪を解いた響は特S級に可愛いと思うのです。

その特S級に可愛い響の髪の中なんて桃源郷だって思うのです。





→→もっとアイドルマスターを読む←←