1:2014/03/17(月) 07:00:56.63 ID:
ガチャッ

響「……」

響「……」スタスタ

P「えっと、今日のスケジュールはっと…」カタカタ

響「……」

P「ん…うおっ!?ひ、響!?」

響「……」

P「来てたのか…声かけてくれればいいのに」

響「……」

P「?」

我那覇響


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395007256

2:2014/03/17(月) 07:02:41.44 ID:
P「響?どうしたんだ、なんか今日は随分とおとなしいな」

響「……」スタスタ

P「聞こえてるのか?」

響「……」ストン

P「(ソファに座って)」

響「……」ゴソゴソ

P「(カバンの中いじって、何か探してるのか)」

響「……」ペラペラ

P「(本を取り出して読み始めた…)」


3:2014/03/17(月) 07:04:54.71 ID:
響「……」ペラ

P「な、なあ響」

響「……」チラッ

P「(なんて冷たい視線なんだ…ほんとに響なのか?)」ゾクッ

響「……なに」

P「へっ、あ、あのですね、どうして全然喋らないのかなーと思いまして」

響「……」ジー

P「ほ、ほら、いつもの響ならまず元気にあいさつをだな…」

響「……おはようございます」

P「お、おう…」

響「……」ペラ

P「(なんなんだ一体)」


4:2014/03/17(月) 07:07:02.94 ID:
P「(何か嫌われるようなことしたっけ…)」

P「(それとも、これが反抗期ってやつなのか)」

P「あのー…もう一つ聞いてもよろしいでしょうか」

響「……なんですか」

P「(で、ですか?さっきから響が俺に対して敬語を使っている…)」

P「なにか、怒ってます?」

響「……?」

P「違いますか」

P「(頼む、だれかこの雰囲気を変えてくれえ!)」

ガチャッ

P「(お?)」


5:2014/03/17(月) 07:08:01.08 ID:
真美「やっほ!」

P「真美ぃぃ!」

真美「どうしたの兄ちゃん、そんなに慌てて」

P「響がおかしくなっちまったんだ」

真美「ひびきんが?どんな風に?」

P「見てもらえればわかる」

真美「ふーん…」

響「……」ペラ

真美「本読んでるだけじゃん」

P「それはそうなんだが…」


6:2014/03/17(月) 07:08:57.81 ID:
真美「ひびきーん!おはよ!」

響「…おはよう」

真美「ん、なんか元気ないね」

響「……そんなことない」

真美「そ、そう…」

響「……」ペラ

真美「なに読んでるの?」

響「…秘密です」

真美「(で、です?なんで敬語?)」


7:2014/03/17(月) 07:09:46.54 ID:
真美「に、兄ちゅぁん…っ!」ウワーン

P「わかってもらえたか」

真美「あんなのひびきんじゃないよ!ぜんっぜん元気ないし!」

P「ああ、おかしいな」

真美「それに、真美に敬語使ったよ?」

P「俺にも使ってた」

真美「兄ちゃんにも!?兄ちゃんに敬語とかありえないっしょー」

P「ま、まあ…それは、本来ありえるべきなんだけどな…」

真美「え~?だって兄ちゃんだよ?」

P「……俺ってそんなにダメな人間?」


8:2014/03/17(月) 07:11:19.26 ID:
真美「うあうあ~!そんなことよりひびきんだって!」

P「そうそう、俺のことはどうでもいいの」

真美「なんだか、いよーなふいんきを出してたよ」

P「ふんいき、な」

真美「あ~それそれぃ」

P「けど、なんだかおしとやかと言うか…上品に見えて、あれはあれでいいかもしれん」

P「清楚な美少女って感じがするよ」

響「……」ピクッ

真美「(あ、反応した)」

真美「お姫ちんみたいな感じ?」

P「それに近いな」

P「いつもの、元気でかわいい響もいいが、こういうのもいけるんだな」

響「……」チラチラ

真美「(あ、こっちチラチラ見てる…ちょっと顔も赤くなってるよ)」


9:2014/03/17(月) 07:12:08.58 ID:
真美「……」ジー

響「……」チラ

真美「……」ジー

響「……!」

真美「にやにや」

響「……っ」ペラペラペラペラ

真美「(んっふっふ~、どうやらいつものひびきんが見え隠れしてきましたな~)」

真美「ねえ、ひびき~ん」

響「……な、なんですか」

真美「なんで、敬語なのさぁ~」

響「……」ペラ

真美「あー!無視するなぁ!」


10:2014/03/17(月) 07:13:24.57 ID:
真美「無視するやつには……こうだぁ~!」コショコショ

響「ひゃあ!?」

真美「おっ、変な声でた!いつものひびきんにもどるまでやめないよ~!」コチョコチョ

響「……ぅっ…プフッ…」

真美「ほほう、けっこう耐えますなぁ」コショコショ

響「……ウヒヒ……クフフ…」プルプル

真美「それそれぇ~!」コチョコチョ

響「うぁっ!?…もっ…や、やめっ…」

真美「ん?なにかいったかね?」コショコショ

響「……ぷ、ぷははははっ!!じ、じぶんのまけだぞぉっ!ひひひひひっ!!!」

真美「あ、いつものひびきんだ」


12:2014/03/17(月) 07:14:10.21 ID:
P「でかしたぞ真美!」

真美「まあまあ、真美にかかればひびきんなんて、いちころだよー」

響「うう、くすぐりは卑怯だぞ!」

P「なあ響」

真美「ねえひびきん」

響「うっ…な、なに」

P「どうしてあんなキャラを演じてたんだ?」

真美「教えないと、もっかいくすぐりの刑だかんね!」

響「それだけは勘弁してぇ!!もぅ……」

響「うう、これだぞ……」

P「ん?これって」

真美「ひびきんが、さっきまで読んでた本?」


13:2014/03/17(月) 07:15:22.50 ID:
響「それ、自分が最近読んでるラノベなんだ」

真美「ラノベ?」

P「ライトノベルの略称だな、ようは小説だ」

真美「ふむふむ。それで、なんであんなことになるの?」

響「……それは…その……かっこよかったから…」

P「えっ?」

響「こ、この本に出てくるヒロインが寡黙な子で!だ、だから自分も真似してみようかなーって…あははは」

真美「えー!なにそれ~!」

P「そんなことだったのか…」

響「うっ…笑いたかったら笑えばいいさー!」


14:2014/03/17(月) 07:16:33.53 ID:
P「笑うって言うか、呆れたよ…」

真美「これはちまたで言う、中二病ってやつですな」

響「うぐぐ……あっ、そうだ!」

響「プ、プロデューサーなんて途中から自分に敬語使ってたんだぞ!」

P「ぎくっ」

響「あの時は笑いをこらえるのに必死だったぞ」

P「お前があんな冷たい視線を向けるからだ!」

響「ふーん、こんな感じか?……」ジー

P「ひええええ!や、やめろって!」

真美「うあうあ~!怖いよひびきん!兄ちゃんが敬語使っちゃうのも、うなずけるよ~!」

響「ふっふっふ~、自分も怖いぞ!…自分の才能が!やっぱり自分は天才だなっ!」

P「すぐ調子に乗る…」

真美「やっぱりひびきんはひびきんだねぇ」

響「ん?何か言ったか?二人とも。褒め言葉ならなんでも聞くぞ!」


15:2014/03/17(月) 07:18:13.76 ID:
P「しかし、ほんとにいい演技だったな響」

響「そうでしょそうでしょ!むふふっ~、もっと褒めてよ~!」

P「へいへい」ナデナデ

響「えっへへへへ……♪」

真美「むむむ……」

響「どうしたんだ?真美」

真美「ひびきんっ!真美にもその、ラノベ?っての一冊貸してよー!」

響「へっ?べつにいいけど……真美が読んでもおもしろくないかも」

真美「いいからぁ!このカバンの中だねぃ…って、うわっ、なんでこんなにいっぱいもってんの」

響「仕事まで時間つぶすつもりだったからね」

真美「んん~まあてきとうでいいや!んじゃあねぇ~……これ!借りてくね!」

響「ちょ、ちょっと!真美!」

P「行っちゃったな…」

響「行っちゃったぞ…」


16:2014/03/17(月) 07:19:52.44 ID:
ガチャッ

真美「おっはよー!兄ちゃん!」

亜美「おはおは~!今日は亜美もいるかんね」ヒョイ

P「おう、おはよう」

響「おはよーっ!亜美!真美!」

真美「あっ、ひびきん!昨日借りたの返すね」

亜美「なに借りたの?」

真美「んっふっふ~、そうだねぃ……」

響「あっ…これ…」

真美「真美の妹がこんなに可愛いわけがない!」

亜美「へっ?」

P「はい?」





おわり




→→もっとアイドルマスターを読む←←