1:2013/10/13(日) 13:57:23.82 ID:
モバマスとエドモンド本田のSS。
かな子Pは閲覧注意

本田未央


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381640243

2:2013/10/13(日) 13:59:02.11 ID:
エドモンド本田「親戚の未央ちゃんがアイドルをやっていると聞いての!! お邪魔したわけじゃ! あんたがプロデューサーとやらかのう?」

P「え、ええ……。そうですけど」

E.本田「ほう、性根の座った目つきじゃのう! 今からでも力士にならんか?」

P「え、遠慮しときます……」

E.本田「そうか、残念だのう」


3:2013/10/13(日) 14:00:47.75 ID:
P「な、なぁ未央。本当にこの人、あのエドモンド本田なのか?」

未央「嘘ついても仕方ないじゃん。見ての通り、正真正銘本物のエドモンド本田だよ!」

P「まぁ他を当たってもこんなインパクトのある人はいないしなぁ」

未央「何でもワールドに相撲を広めるために取組を抜けてたみたいなんだけど、私がアイドルやってる! って聞いて遊びに来たんだって」

E.本田「ガッハッハッハ!! まぁよろしゅう頼むでごわす!」

P(似ても似つかねぇ……)


4:2013/10/13(日) 14:01:58.38 ID:
E.本田「さてと、どうしたものかのう。アイドルと言うが、ここに居るのは女子ばかりでごわすな」

P「うちは女の子のアイドル専門の事務所ですからね」

E.本田「むぅ……、出来るものならば各界の新たなスターを見つけたかったが……」

P「それはまた別の事務所に……」

かな子「お疲れ様です! はぁ、仕事終わりは甘いものを食べたく……」

E.本田「!! か、彼女は誰でごわす!?」

P「えっ? うちの事務所の三村かな子って言いますけど……」

未央「!! ま、まさか……」


6:2013/10/13(日) 14:02:34.35 ID:
かな子「? お客さんですか?」

E.本田「お前さん! どこの部屋のモノでごわすか!?」

かな子「えっ? 306号室ですけど……」

E.本田「そうじゃなくて相撲部屋の話じゃ! 重心も低く、いい面構えじゃのう!」

かな子「す、相撲部屋? ……プロデューサー、どういうことですか?」

未央「あちゃー……。展開読めちゃったよ。どうするよこれ」

P「お、俺に言われても!!」


7:2013/10/13(日) 14:04:11.71 ID:
E.本田「どうじゃ? うちの部屋に入門つもりはないかのう?」

かな子「あ、ありませんよ!!」

E.本田「そこをなんとか頼む! あんたのように可憐な乙女が力士になれば、相撲への注目も集まるはずなんじゃ!!」

未央「確かに最近の強いお相撲さんって、大概外人さんだもね」

P「あの人も外人の血が入っているんじゃないのか?」

未央「違うよ? あの歌舞伎っぽいメイクも外国人にもわかりやすい日本人をアピールしていて、エドモンドってのは海外で活躍する用の名前だよ? 実際は江戸主水本田だよっ!」

P「へー、それでエドモンドとな」

未央「ちなみに! 名付け親はなんと私!! すごいでしょ!」


8:2013/10/13(日) 14:05:07.11 ID:
E.本田「わしの部屋に入門した暁には毎日美味しいちゃんこ鍋を振舞っちゃる! どうじゃ、魅力的と思わないか?」

P「相撲といえばちゃんこ鍋だな」

未央「最近寒くなってきたからね、食べたくなっちゃった」

P「そんなこと言うなよ。腹減るじゃないか」

かな子「ちゃんこぉ……って私は女の子を捨てたくないです! 他を当たってください!」

E.本田「ぐぬぬ……、上手くいかんもんじゃのう。しかし、お前さんは見過ごすには惜しい逸材。どうしたもんか……」


9:2013/10/13(日) 14:06:32.34 ID:
E.本田「ちゃんこで物足りないなら……ティラミス食べ放題も付けよう! わしの好物じゃ!!」

P「あの風貌でティラミスを食べるのは想像し難いな……」

未央「意外だよね。でも流石のかな子ちゃんでもティラミスで釣られるなんて」

かな子「ティ、ティラミス……ですか……」

E.本田「そう! 特別に食べ放題で一つどうかのう?」

かな子「た、たべほうだい……なります……」

P「アカン、目がハートになってる」

未央「やっぱりスイーツには勝てなかったか……」


10:2013/10/13(日) 14:08:07.12 ID:
P(ティラミス食べ放題という餌により、かな子は本田さんの部屋に入門することになった)

かな子「ふんっ! ふんっ!!」

未央「様になっているのが怖いよ私は……」

E.本田「ガッハッハッハ! わしの目には狂いはなかったわい! どうじゃ、あんたもこの際角界に入らんか?」

P「すみません、間に合ってます」

E.本田「なに、いつでも待っておるぞ!!」

未央「気に入られちゃったね」

P「なんだかなぁ」


11:2013/10/13(日) 14:09:03.64 ID:
P「と言うか女子相撲ってアリなの?」

未央「流石にプロの世界はないけど、アマチュアではあるみたいだよ? この子とか」

P「あら可愛らしい。是非ともプロデュースしたい子だ」

未央「こっちはこっちでスカウト癖は治らない、か」

E.本田「ほれほれ、ぶつかってこ~い!!」

かな子「ふんっ!!」

E.本田「踏み込みが甘いのぉ! 本物のぶつかりは、こういうもんじゃあ!! うっほい!」

かな子「凄い! ロケットみたいです!」


12:2013/10/13(日) 14:11:08.50 ID:
E.本田「どうじゃ、これがスーパー頭突きじゃ!!」

未央「思ったよりシンプルな名前だね」

P「ちょっと待った! そ、そんなの有りなんですか!? 避けられたら土俵から落ちちゃうじゃないですか!」

E.本田「お偉いさんは分かってはくれんがのう、これぞわしの相撲のスタイルでごわす!」

P「相撲と言うかSUMOUと言うべきか……」

かな子「こ、こうですか? うっほい!」

P「できちゃった!?」


13:2013/10/13(日) 14:12:01.35 ID:
E.本田「飛び出しが甘いのう! そんなもんじゃわしゃあビクともせんぞ!!」

未央「うっほい! 意外と難しいなぁ、これ」

P「……だから何故出来ぐふっ! お、俺に飛び込むなよ……」

未央「あっ、ごめんネ。加減し忘れちゃった!」

E.本田「次は百烈張り手じゃあ! フンフンフンフン!!」

P「凄い……! あまりに早すぎて手が沢山あるように見える!!」

かな子「相撲は……奥が深いです!」

E.本田「相撲は豪快に決めてなんぼじゃからのう! これぞ日本の伝統、国技でごわす!」


14:2013/10/13(日) 14:14:28.56 ID:
E.本田「ちゃんこ鍋の時間じゃあ!! デザートはティラミスでごわす!」

かな子「美味しそうな匂いがして来ました!」

未央「バカウマだからね! 私も好きなんだ!」

E.本田「ささ、あんたも座りんしゃい!」

P「あっ、俺も良いんですか?」

E.本田「ちゃんこは大勢で囲んだほうが楽しいからのう! これも相撲の醍醐味じゃ!」

P「そうですか? じゃあ俺も頂き……」

E.本田「まだじゃあ! 最初はつくねを浸さんかい! そして次は……」

P(あっ、この人鍋奉行だ)


15:2013/10/13(日) 14:16:54.67 ID:
E.本田「ふぅ、食った食った……」

かな子「お腹いっぱいで幸せです……」

E.本田「うちの部屋じゃ5食は食うからのう! まだまだあるぞ!」

P「毎日続けたら飽きそうな気もするけどな」

未央「力士のみんなはよく飽きないなって思うもん」

E.本田「ファッハッハ! 飽きるほど食べても不思議と飽きが来んのがちゃんこ鍋じゃあ! 何なら飽きるまで食べてみるか?」

P「あはは……」


16:2013/10/13(日) 14:21:16.10 ID:
ウワーナンダコレハー!

未央「ん? なんだろう、やけに外が騒がしいけど……」

E.本田「!! これは……殺気! 伏せい!!」

かな子「きゃあ!」

P「何だ何だ!? かな子、大丈夫か!?」

かな子「ちょっと擦り傷ができちゃいましたけど……、大丈夫です」

未央「あ、あれは!! お弟子さんたちがボロボロに!」

E.本田「お前たち! 何があったんじゃあ!」

丸乃湖「あ、あいつらが……」

E.本田「お、お前さんたちは!!」


17:2013/10/13(日) 14:22:33.87 ID:
ベガ「ぬははははは! 肉だるまの分際でこのベガ様に楯突こうなど笑止千万!」

バイソン「たりぃなぁ、こいつら殴ったところで金にもサンドバックにもなりゃしねぇ!」

バルログ「ヒョー」

サガット「この者たちには帝王に挑む資格すらない!!」

P「な、なんかヤバそうな人たちが来たんだけど!!」

E.本田「あやつらは……シャドルー四天王じゃ!」

P「しゃ、しゃどるー?」

未央「レイナサマみたいに世界征服でもするところじゃない?」


18:2013/10/13(日) 14:25:15.54 ID:
バイソン「その通り! と言いてぇところだが今回はちーと事情が違う。冥土の土産に教えてやんよ!!」

サガット「俺たちの目的は唯一つ」

バルログ「ヨロレイヒー」

ベガ「みんなのミツボシ☆☆★アイドル未央ちゃんの我が手中に収めることが我らの使命なり!! とりあえずサインください」

かな子「」

P「なんだよそれ!!」

未央「……サイン書けばいいのかな、これ?」

P「あー、うん。サインで世界が救われるなら、いくらでも書いてくれ」


19:2013/10/13(日) 14:32:34.58 ID:
バイソン「うっひょー! ちゃんみおのサイン貰っちまったぜ! 絶対売らねぇからな!!」

バルログ「ヨロレイヒー?」

サガット「俺はどちらかと言うと藍子ちゃん派なのだが……、だがこれでリュウに自慢できる」

ベガ「次回総選挙はシャドルー総出で投票します! 頑張ってください!」

未央「あれ? この人たち見た目によらず意外と普通……?」

ベガ「ふはははっ! しかしそれとこれとは話が別!! 未央ちゃんはベガ様の嫁なのだァァァァ!!!」

未央「ええ!? 攫われるの私!?」


20:2013/10/13(日) 14:36:46.36 ID:
P「未央! あんたら未央を返せ!」

サガット「タイガーアラモッ?」

P「うわぁ!! 荒猛怒だとぉ!?」

未央「プロデューサー!」

E.本田「あんた! 大丈夫でごわすか!?」

バイソン「素人がプロに勝てると思ってんのか!? なぁバルログよぉ!」

バルログ「ヒョー」

ベガ「貴様のプロデューサーとしての手腕だけは認めてやろう。しかし! 未央ちゃんはベガ様にペロペロされるのだ!!」

未央「嫌だよ! なんか顎割れてるし!! なんか足地面についてないし!! なんかお父さんより年上っぽいし!!」

かな子「他に言いようないのかな……」


21:2013/10/13(日) 14:38:11.24 ID:
ベガ「まぁいい。私のサイコパワーがあればどうとでもなるのだからな」

未央「あぅ……」

P「くそっ……。俺には未央を救えないのか?」

E.本田「プロデューサー殿、わしに任せんしゃい」

P「本田さん!」

E.本田「うちの弟子たちと可憐な乙女達を傷つけたバツ、しっかり受けてもらうでごわす!!」


22:2013/10/13(日) 14:40:36.30 ID:
バイソン「はっ! 肉だるまごときがボクシングに勝てるわけ……」

E.本田「どすこいっ!!」

バイソン「ぐはぁ!!」

バルログ「ヨロレイヒー!」

E.本田「うっほい!」

バルログ「ヒョー!? わ、私の美しい顔がァァァァ!!」

かな子「普通に喋れるんですね、あの人」


23:2013/10/13(日) 14:43:13.71 ID:
サガット「2人を倒すとは……面白い。ドラム缶の方がまだ手応えあるかと思ったが、大間違いだったようだな。帝王と呼ばれた俺が相手になってやろう」

E.本田「さっきの2人とは比べ物にならない闘気……、この男できるでごわす!」

サガット「タイガーショット!」

P「手からなんか出てきた!?」

E.本田「こんな技もあるんかい! 世界は面白いのう!」

サガット「タイガーアパカッ!」

E.本田「うおっ!」

P「本田さん!!」

E.本田「止めるでないプロデューサー殿! これはわしと奴の真剣勝負! 心配せんでも、地面に膝は付けんわい!」


24:2013/10/13(日) 14:47:29.86 ID:
かな子「親方を信じましょう!」

P「……あの人まだ関取になってないんだけどね」

サガット「まだ立ち上がるか。では、最大奥義で行くとしよう! タイガーアラモッ」

E.本田「フンフンフンフンフン!!」

サガット「ッドぉぉ!! くはぁ!!」

E.本田「敵ながら天晴れじゃ。気が向いたら、部屋の扉を叩くといいぞ」

P「やった! 百烈張り手が炸裂した!」

かな子「あとはあの人だけです! でも強そうです」

ベガ「ふん。所詮四天王といえども三下どもよ。このベガ様のサイコパワーにひれ伏すがいい!!」


25:2013/10/13(日) 14:49:06.33 ID:
ベガ「サイコクラッシャー!!」

P「スーパー頭突きだと!」

E.本田「ぐはぁ! 中々効いたわい! だが、頭突きがなっとらん! よく見ておくんじゃ! これがスーパー頭突きじゃああ!!」

ベガ「ふん! そんなもの、避けてしまえば意味が……」

E.本田「この国にはのう、油断は禁物という言葉が有るんじゃ! よう憶えときんしゃい!」

ベガ「何を……」

かな子「うっほい!!」デュクシ

ベガ「がはぁ!! ば、馬鹿な……二段構え、だと……」

かな子「やったぁ!」

P「ユ、ユーウィン!!」


26:2013/10/13(日) 14:51:32.13 ID:



かな子「アイドルは応援しても、手を出しちゃダメですからね!」
ツッツテテッテーテーテーテレレレッ




28:2013/10/13(日) 15:02:16.63 ID:
未央「んん……、アレ? 私よく分からないパワーで気絶して……」

P「ああ、あいつらなら早苗さんにムショまで連れて行かれたよ。シャドルーとかいう組織も、中国の婦警さんのやらが何とかしてくれたみたいだし。もう危険な目には合わないだろうな」

かな子「未央ちゃんが無事で良かったなぁ」

P「特にあのケツ顎なんてかな子の頭突きで倒せたし、意外とこっちの才能もあるのかもな」

かな子「それはあんまり嬉しくないです……」

E.本田「やはりわしの目に狂いはなかったのう! そうだ! 一緒に世界を旅せんか!? 四股名は波亜武(バアム)なんてどうじゃ?」


29:2013/10/13(日) 15:03:08.41 ID:
かな子「それも面白そうですけど……、私はアイドルですから! 今はトップアイドル目指さないと!」

P「すみませんね、そういうことでかな子は諦めて欲しいかなーって」

E.本田「ガッハッハ! それもそうじゃ! お前さんにはお前さんの夢があるからのう! お前さんのことは忘れん! 是非とも次会ったとき、手合わせ願いたいのう」

P「最後まで豪快な人だなぁ……」

未央「なんてったって私の親戚だからね!」

P(わしより強い奴を張り手しに行く、そう言い残して本田さんは再び旅立った)


30:2013/10/13(日) 15:03:48.26 ID:
かな子「相撲を習ったおかげで、友達を助けることができたんですね!」

P「ああ、力と力のぶつかり合い! バチバチって来るぜ!」

未央「地方巡業もあるから、最寄りの場所と日程は相撲協会のHPを見てね! さもないと……」

デーモ○小暮閣下「蝋人形にしてやろうか!!」

力と力のぶつかり合い、相撲――


31:2013/10/13(日) 15:04:40.93 ID:
P「ってCMなんですけど! 相撲がいかにすごいかをアピールしつつ、アイドルも活躍! さらにはストリートファイターと芸能界切手の相撲好きのデーモ○小暮閣下のの宣伝も兼ねて……」

P「えっ? 事務所に帰るんだな、お前にもアイドルがいるだろうって? ちょっとー!! 折角企画したのにー!!」

かな子「……プロデューサーさん。何ですか、この企画書は……」

P「あ、あるぇ? かな子、どうしてここに?」

かな子「うっほい!!」

P「うわぁうわぁうわぁ!!」


32:2013/10/13(日) 15:05:40.40 ID:



かな子「これでも私標準体重なんですよ?」
ツッツテテッテーテーテーテレレレッ




33:2013/10/13(日) 15:06:28.64 ID:
CONTINUE PRESS:START

10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0

P「うわぁうわぁうわぁ」

GAME OVER――


34:2013/10/13(日) 15:07:32.28 ID:
紗南「一応実績解除はできたけど……妙にリアルじゃない? このシャチクエストって」

ちひろ「モデルの人の実体験ですからね! リアリティを追求しましたよ!!」

紗南「まっ、難しいゲームほどやる気が出るのがゲーマーの性なんだけどさ!! 次は軍曹の米軍待ちガイルートを……うげっ、スタミナ切れで遊べない!?」

ちひろ「早く遊びたかったら課金してくださいね!!」

P「……14歳から搾取しようとしないでください」

GAME OVER




→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←