1:2013/06/28(金) 20:17:18.37 ID:

ガチャッ

早坂美玲「おはよーございまーす」

多田李衣菜「美玲ちゃあぁぁぁああん!!」ガバッ

美玲「うぇぇっ!?」

李衣菜「お願いします! 私にロックとは何なのかを教えてください!」

美玲「ななななんだよッ急に! ビックリしたじゃん!」

李衣菜「だって……だってぇ……」グスグス

美玲「……なんで泣きながらこっち来たんだ りーなは」

李衣菜「だってね……こないだ新しく買ったギターの写真を見せたらプロデューサーが……」



P『お前、これギターじゃなくてベースだぞ』



李衣菜「って、うわぁぁぁあん!!」ブワッ

美玲「それ、りーなが間違えただけじゃないのか……」

多田李衣菜


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372418238

3:2013/06/28(金) 20:25:21.40 ID:


早坂美玲(14)



多田李衣菜(17)


4:2013/06/28(金) 20:26:46.24 ID:

李衣菜「美玲ちゃんって眼帯つけてるけど」

李衣菜「歩くときに周り見えなかったり、邪魔にならないのかな?」

美玲「そんなの! いつも付けて慣れてるから平気だし!」

李衣菜「へー、案外大丈夫なものなんだ」

美玲「ふふん! あ、喉かわいたからちょっと飲み物を―――」ガンッ

美玲「~~~ッッ!!」

李衣菜「ちょっ、大丈夫!? おもいっきり足ぶつけたけど!」

美玲「た、たまたまだから……っ!」プルプル


5:2013/06/28(金) 20:35:54.55 ID:

李衣菜「ギターの、あの……なんか弾くのを『ピック』と言います!」

美玲「ふむふむ」

李衣菜「また『ピック』という言葉には『ツメ』という意味もあります!」

美玲「うんうん」

李衣菜「そして今、美玲ちゃんが手に持っているのは『ツメ』ですね?」

美玲「そうだな」

李衣菜「この三つから考えられる事はつまり……!」

美玲「つまり……?」

李衣菜「そのツメでギター弾いてみたいから貸してく」

美玲「貸さないぞ」


6:2013/06/28(金) 20:49:08.20 ID:

美玲「そういえば事務所に入った時に、少し李衣菜のことを紹介されたなー」

李衣菜「そうだったの? 紹介どんな感じだった?」

美玲「たしか『あいつロックロックうるさいけど気にするなよ』って」

李衣菜「ひどくない!? 誰だそんなこと言ったの!」

美玲「プロデューサーとかだったけど」

李衣菜「とか!? プロデューサー以外にも言ってたの!?」


8:2013/06/28(金) 20:54:52.99 ID:

李衣菜「じゃじゃーん! どうだー! これが私のギターだ!」

美玲「おー本物だー……でも本当に弾けるのか?」

李衣菜「失礼な! なつきちに教えてもらったからちゃんと弾けるよ!」ジャーン

美玲「おお!」

李衣菜「ふふふ、どう? 今、私サイコーにロックな……」

美玲「りーなっ! もう一回! もう一回さっきみたいに弾いて!」ピョンピョン

李衣菜「えっ!? えーっと……こ、こう?」ジャラーン

美玲「わー……カッコいいなりーな……」

李衣菜「そ、そこまで言ってもらえるとは……なんだか私も照れちゃうなぁ……はは」テレテレ


11:2013/06/28(金) 21:02:07.74 ID:

李衣菜「多分この辺に……あーあったあった」ゴソゴソ

美玲「何探してるんだ? あ、それって……」

李衣菜「そう! この前のライブで使ってた美玲ちゃん専用ヘッドホン!」

李衣菜「いやー、こういうの見つけたら性能を確かめずにはいられなくってねー……」カチャ

李衣菜「ってあれ、コードは? もしかしてワイヤレス?」

美玲「それ作り物なんだよ。ちゃんと使えるやつじゃないぞ」

李衣菜「えー!? せっかく2時間探して見つけたのに……」

美玲「よくそんな探してられたな!」


12:2013/06/28(金) 21:22:33.36 ID:

李衣菜「~~♪」シャカシャカ

美玲「りーな! ちょっとりーなっ!」

李衣菜「ん? ああごめん! ヘッドホンしてたから聞こえなかった……どしたの?」

美玲「いや、暑いからアイス買ってこようと思って声かけたんだけど……」

美玲「ずっとそれ聴いてるしそれも少し気になって」

李衣菜「これ? なつきちが私が好きそうなやつをって選んで入れてくれたんだー」

李衣菜「美玲ちゃんも聴いてみる?」

美玲「え? んー、じゃあちょっとだけ……」スッ


13:2013/06/28(金) 21:30:53.32 ID:

美玲「 !!! 」

美玲「りーなっ! なんっ、これスゴい! カッコいい!」バタバタ

李衣菜「こんな一瞬で気に入ってくれたんだ……そっちもスゴいかも」

李衣菜「あ、そうだ! 美玲ちゃんアイスは?」

美玲「ふんふん、ふんふん……」

李衣菜「聴き入ってるなあ。まいっか、私がちょっと行って買って来ちゃおう!」ガチャッ パタン



美玲「あ、これで終わりか……」カチャ

美玲「…………?」キョロキョロ

美玲「りーな?」


14:2013/06/28(金) 21:45:07.33 ID:

美玲「りーなー?」トコトコ

美玲「りーいーなー!」

美玲「……帰っちゃったのか?」

美玲「…………」

美玲「うっ……」ジワッ



ガチャッ

李衣菜「アイス買って来たよー、ってうわぁ! どうしたの美玲ちゃん!」

美玲「勝手にいなくなるなよばかぁっ……!」ポロポロ


15:2013/06/28(金) 21:52:01.09 ID:

―――


李衣菜「ごめん! まさか泣いちゃうとは思ってなくて……」

美玲「あ、謝んなくていいって! りーなが悪いって訳じゃないし……」

美玲「代わりにさっきの忘れてくれれば……」

李衣菜「さっきのって?」

美玲「その……泣いたの……」

李衣菜「あーなるほど、恥ずかし」

美玲「忘れろッ!!」ガー

李衣菜「お、オッケー! 今ので全部忘れたよ!」


16:2013/06/28(金) 21:58:26.24 ID:

李衣菜「まーいろいろスッキリしたことだし、早速アイス食べよっか!」ガサガサ

美玲「行ってきてくれたんだ……あ、その前にこれ」スッ

李衣菜「ん? 何?」

美玲「プレイヤー。さっき聴き終わったから」

李衣菜「美玲ちゃん、他にもなんか聴いた?」

美玲「いや……聴いてないけど?」

李衣菜「もし良かったら、も少し聴いててもいいよ?」


17:2013/06/28(金) 22:00:59.86 ID:

美玲「え? でも……」

李衣菜「他にもいっぱい入ってるし、さっきのも気に入ってたみたいだから」

李衣菜「これでロック好きになってもらったら私がきっかけ、って感じでなんか嬉しいしね! 選んだの私じゃないけど!」

美玲「借りてもいいのか? りーなのヤツなのに……」

李衣菜「もちろん! まあ美玲ちゃんが良かったらだけどね」グッ

美玲「……うん、じゃあもっと聴いてみる。 ありがと、りーな!」

李衣菜「ふっふっふー、どういたしまし……」

美玲「あ、このアイス溶けてる」

李衣菜「えっ、嘘!?」


18:2013/06/28(金) 22:04:49.24 ID:

次の日

李衣菜「美玲ちゃぁぁあああん!!」ガバッ

美玲「また!?」

李衣菜「またなんですよぉ……またプロデューサーがぁ……」グスン

美玲「今度は何があったんだよ……」

李衣菜「あのね、どんなギターが好きなのかってプロデューサーと話してたら……」



P『お前アコギとエレキ一緒だと思ってたのかよ……』



李衣菜「ってプロデューサーが! うわぁぁぁああん!」ブワッ

美玲「えっ」

李衣菜「えっ?」



おしまい




→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←