1:2013/08/23(金) 22:38:47.89 ID:
事務所―――


がちゃっ

李衣菜「戻りましたー」


李衣菜「って、あれ?」キョロキョロ

李衣菜「……誰もいないのかな」トテトテ


「――♪」


李衣菜「! ……歌?」



音葉「~~~♪~~~♪」



李衣菜「あ……音葉さんだ」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377265127

2:2013/08/23(金) 22:41:34.28 ID:
――夜空を翔る流れ星を今

  見つけられたら何を祈るだろう?

  旅立つ君と交わした約束

  心の中にいつもある――



音葉「――ふぅ……」


ぱちぱちぱち……


音葉「!」クルッ

李衣菜「あ、ごめんなさい。驚かせちゃいました?」

音葉「李衣菜ちゃん……帰ってきてたのね。お疲れさま……」

李衣菜「はい、お疲れさまですっ。音葉さん、やっぱり綺麗な歌声ですね」


3:2013/08/23(金) 22:43:43.85 ID:
音葉「ふふ……ありがとう」

李衣菜「私、今の歌聴いたことあります。私も好きですよ」

音葉「本当……?」

李衣菜「たとえ離ればなれでも、いつも心は繋がってる、見守ってる……そういう歌ですよね?」

音葉「ええ……。事務所で独り、こうして座っていたら……ふと寂しくなって」

音葉「……けれど……心と心が響き合えば、きっと美しい旋律が生み出せるはず、って……」

音葉「そう想いを込めて、歌ったの」


4:2013/08/23(金) 22:45:53.56 ID:
李衣菜「ふふ。音葉さん、なんだか詩人みたいです」

音葉「あら、そうかしら……」

李衣菜「ただ……つまり、音葉さんが言いたいことって」

音葉「なぁに?」



李衣菜「単にお留守番を頼まれた、ってことですよね?」

音葉「……そうとも言うわ」クスッ


5:2013/08/23(金) 22:47:47.20 ID:
李衣菜「どうせPさんでしょ? あの人ったら、平気で女の人を一人にしちゃうんだから!」

音葉「ふふ……私は気にしてないけれど」

李衣菜「少しは気にした方がいいですよ?」

音葉「Pさんが私を頼りにしてくれてる証拠だもの……期待には応えたいわ」

李衣菜「頼りにしてる、って言うのかなぁ……」

音葉「李衣菜ちゃんだって……Pさんに頼まれたら、断れないでしょう?」

李衣菜「…………。それは、そうですけど」プイッ


6:2013/08/23(金) 22:49:28.59 ID:
音葉「ふふふっ……」

李衣菜「わ、笑わないでくださいよっ」

音葉「くすっ……ごめんね。李衣菜ちゃん、可愛いんだもの」

李衣菜「なっ、私は――!」

音葉「ロックなんです……かしら?」クスクス

李衣菜「ぁ、うぅぅっ! 音葉さんの意地悪!」

音葉「ふふ、あはは……」


7:2013/08/23(金) 22:51:17.62 ID:
李衣菜「むぅー」ムスー

音葉「許して……ね、李衣菜ちゃん」

李衣菜「まるでPさんみたいですっ、私のことからかって!」

音葉「ごめんなさい……」ナデナデ

李衣菜「つーん」

音葉「どうしたら許してくれるかしら……」

李衣菜「どうしよっかなー……あ、そうだ」


李衣菜「音葉さん。……歌い方、教えてくれませんか?」

音葉「……歌い方?」


9:2013/08/23(金) 22:54:43.93 ID:
李衣菜「はい。音葉さんみたいな、綺麗で透き通った声……羨ましくて」

李衣菜「音楽……私も大好きだから。もっともっと、魅力的に歌いたいんです」

音葉「……李衣菜ちゃん……」

李衣菜「お願いします、音葉さん」

音葉「……あなたは、もう既に……素晴らしい音色を奏でているわ。自信を持って?」

李衣菜「へへ、ありがとうございます。でも……」


李衣菜「私は、今の私に満足なんてしてませんから!」

音葉「……!」


10:2013/08/23(金) 22:56:43.44 ID:
李衣菜「ずっと遠くまで、ずっと高いところまで行きたいんです」

李衣菜「今よりもたくさんのファンを魅了して、頂点まで行きたい……絶対に!」

李衣菜「それなのに、妥協なんてかっこ悪いじゃないですか。ねっ?」

音葉「……そうね。李衣菜ちゃんは、本当に綺麗な心を持っている……」

音葉「どんなに時が経っても、決して曇らない……柔らかで、でも芯のある心を……」

李衣菜「そ、そう言われると、なんだかむず痒いです……」

音葉「ふふ……。いいわ、一緒に奏でましょうか。私たち二人の旋律を」


11:2013/08/23(金) 22:59:02.24 ID:
李衣菜「ホントですかっ?」

音葉「ええ。……その代わり……」

李衣菜「はい?」

音葉「私の心も、響かせて。……あなたのいいところ、私にも分けてくれる?」

李衣菜「……えへへ! はい、もちろんです!」ニコッ

音葉「ふふ、よかった……」ニコ


12:2013/08/23(金) 23:01:20.60 ID:
―――
――



李衣菜「……遅いですね、Pさん」

音葉「そうね……どうしたのかしら。簡単な用事だって言ってたのに……」

李衣菜「連絡くらいしてくださいよ、Pさん……」

音葉「……心配?」

李衣菜「そりゃ、まぁ……。いやでも、少し! ちょっぴりだけですよ!」

音葉「素直じゃないのね……。さしづめ、感情の不協和音?」

李衣菜「……もう、またからかうんだからっ」プクー


13:2013/08/23(金) 23:03:18.90 ID:
音葉「李衣菜ちゃんは分かりやすいから……」ナデナデ

李衣菜「どうせ私は単純ですよーだ」

音葉「私も不安よ……彼がいないと、途端に調律が狂ってしまう」

音葉「でも……大丈夫。信じてるもの……それだけで充分」

李衣菜「信じてる、かぁ……なんか、音葉さんってかっこいいです」

音葉「そう? ……ただのお留守番だけどね……ふふ」

李衣菜「あは、そういえばそうでしたね」


14:2013/08/23(金) 23:06:17.44 ID:
音葉「…………。Pさんって……不思議な人よね」

李衣菜「どうしたんですか? 急に」

音葉「Pさんを……彼の優しい声音を思い出すと、力が湧いてくる……」

音葉「どんなことも出来てしまう……そんなふうに思えるの。李衣菜ちゃんも……そうじゃない?」

李衣菜「……確かに、そうかもしれませんね」

李衣菜「ライブ前とか、緊張してる時に必ず声をかけてくれますし。……すごく安心します」

音葉「ええ……本当に不思議」


15:2013/08/23(金) 23:08:31.42 ID:
李衣菜「あんまり本人には言えないかも……照れくさいです」

音葉「ふふっ、そうね……ここだけのお話にしましょう」

李衣菜「はいっ。Pさんには秘密です!」

音葉「秘密の調音……ね。ふふふ」シーッ

李衣菜「えへへ♪」シーッ


―――
――


16:2013/08/23(金) 23:09:57.72 ID:
―――


がちゃっ

P「ただいま戻りましたー」


李衣菜「あー、ようやく帰ってきた!」

音葉「お帰りなさい、Pさん……」

P「あぁ、ただいま音葉……と李衣菜? お前も戻ってたのか」

李衣菜「もうとっくですよ! まったく、どこほっつき歩いてたんですか?」

P「いや、渋滞に引っかかっただけだけど……」

音葉「よかった。なにか、事故に巻き込まれたのかと……」


17:2013/08/23(金) 23:12:22.17 ID:
P「あー……ごめん、心配かけたな」

李衣菜「わ、私は別に……」

音葉「李衣菜ちゃん……ずっとそわそわしてましたよ」

P「はは、ありがとな李衣菜、心配してくれて」

李衣菜「ちょっと音葉さーん!?」

音葉「やっぱり李衣菜ちゃん、可愛い……」クスクス

李衣菜「やめてくださいってばー!」


18:2013/08/23(金) 23:14:21.47 ID:
P「なんか、仲良くなったな?」

音葉「ふふ、はい……今日は二人きりでしたから」ナデナデ

李衣菜「うー、私ってことあるごとにイジられてる気がする……」

P「李衣菜はイジられキャラだからな」

李衣菜「早急に! 早急にプロデュース方針を変えてください!」

P「えー」

音葉「……えー」

李衣菜「えー! 音葉さんまで!?」




→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←