1:2013/08/10(土) 21:38:55.78 ID:
モバマスSSです

短いです

諸星きらり


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376138335

2:2013/08/10(土) 21:39:37.49 ID:
 
モバP「おはよう」

輝子「お、おはよう、プロデューサー」

モバP「はやいな、輝子。……って、何処行くんだ?」

輝子「地下室のトモダチの様子見ると、トモダチが喜ぶんですよ……フフ」

モバP「そうか」

輝子「今日は早い人、もう一人……いますね」


3:2013/08/10(土) 21:40:07.39 ID:

杏「んー、おはよー」

モバP「」

杏「ん? どしたの?」

モバP「……あ、あの、ちひろさん」

ちひろ「はい?」

モバP「あの、つかぬ事をお伺いしますが」

ちひろ「はあ」


4:2013/08/10(土) 21:40:57.54 ID:

モバP「今、何時ですか?」

ちひろ「朝の九時ですけど」

モバP「……」

ちひろ「どうかしましたか?」

モバP「夢じゃないのか……」

ちひろ「なんだったら、殴りましょうか?」

ちひろ「有香ちゃん、ちょっとこっち来てくれる?」


5:2013/08/10(土) 21:41:26.61 ID:

有香「押忍っ! あ、プロデューサー、おはようございます」

ちひろ「ちょっと、Pさんを殴ってくれない? 割と本気で」

有香「え、いいんですか?」

モバP「おおおおおおいいっ!? なに言ってるんですか! 有香も本気で聞き返すんじゃない!」

有香「せーの」

モバP「待て! せめてやるなら素足で! 素足で踏んでくれ!! あと、蔑んだ視線と」

有香「ちひろさん、帰って良いですか?」

ちひろ「正拳一本突きでお願いします。なんならコンビネーションを」


6:2013/08/10(土) 21:41:53.87 ID:

モバP「だからなんで!!」

ちひろ「失礼なこと言うPさんですから。あとキモいこと」

モバP「何が失礼なんですか。キモいは認めますが」

ちひろ「おおかた、杏ちゃんが早く来てるからビックリして、これは夢に違いないと思ったんでしょう」

モバP「う……確かに」

ちひろ「それって杏ちゃんに失礼ですよね?」

モバP「言われてみればその通りです」

モバP「すまなかったな、杏」


7:2013/08/10(土) 21:42:23.56 ID:

杏「んー、わかってくれればいいけど」

ちひろ「まあ、私も、出社して一番に来たのが杏ちゃんだったときは驚いてコーヒー三杯飲みましたから」

モバP「おい」

杏「二人とも失礼だよね」

ちひろ「面目ありません」

モバP「すまんかった」

有香「じゃあ、正拳突きを二回?」

ちひろ「それはもういいのよ」


8:2013/08/10(土) 21:42:50.76 ID:

モバP「しかしそれにしても……」

モバP「杏は今日はオフだろう? 早い遅い以前になんで事務所に来たんだ?」

杏「しょーがないじゃん、きらりが一人じゃ来られなくなってたんだから」

モバP「え? きらりが? どうした、何かあったのか?」

杏「怪我や病気の類じゃないんだけど」

モバP「だから、なにがあったんだ?」

杏「気になる?」

モバP「当たり前だ」


9:2013/08/10(土) 21:43:24.37 ID:

杏「うん。それはそうだよね」

杏「ところで杏の格好見て、何か気付かない?」

モバP「……いつものよれよれシャツじゃないな。って、なんでエプロンなんかつけてるんだ?」

杏「胸元に大きなポケットがある服がこれしかなかったんだよ」

モバP「だからなんで」

杏「ポケットの中に……」

きらり「ばぁ」


10:2013/08/10(土) 21:43:49.64 ID:

モバP「」

ちひろ「」

有香「」

きらり「Pちゃんおっはー! きらりねぇ、あんじゅちゃんとおねんねしてたら、ちっちゃくなっちゃったんだにぃ」

杏「きらりがちっちゃくなった」

モバP「」

ちひろ「」

有香「」


11:2013/08/10(土) 21:44:19.71 ID:

杏「まあ、ポケットの中からきらりが突然出てきたら、そうなるよねぇ」

きらり「ねえねえあんじゅちゃん、きらりちっちゃい? ちっちゃい?」

杏「心なしか精神年齢も下がったような気がするなぁ……きらりは無邪気が大好きなだけで、中身はちゃんと大人だったもんね」

きらり「ふみゅ? あんじゅちゃん、はぴはぴ?」

杏「んー、Pとちひろさんと有香ちゃんが固まってるからなぁ」

モバP「あ、あ、杏」

杏「お、復活したね。さすが敏腕プロデューサー」


12:2013/08/10(土) 21:44:49.28 ID:

モバP「そのミニきらりは」

杏「正真正銘本物のきらりだよ。昨日、ウチに来て、一晩明けたらこうなってた」

モバP「何があったんだ、いったい」

杏「わかんない。だけど、枕元に見たことないビンが置いてあったよ」

モバP「どれどれ」

ちひろ「何か書いてありますね」

【ミミミンミミミン】

モバP「ちひろさん、すぐ宇宙からの侵略者に連絡してください」


13:2013/08/10(土) 21:45:16.14 ID:

ちひろ「地球防衛軍にも連絡しますか?」

モバP「まさかこんな手段で征服を企んでいたとは……」

杏「あ、やっぱり菜々さんでいいのかな」

モバP「アイツ以外のウサミン星人がいたらそれはそれで困る」

杏「菜々さんの連絡先知らないから、事務所に来たんだけど」

きらり「うしゃみん~、きらり、うしゃみんとあそびゅ~☆」

モバP「なんか、幼児退行してないか?」

杏「あ、やっぱりそう思う?」


14:2013/08/10(土) 21:45:41.85 ID:

モバP「なんというか、普段のきらりは幼児言葉使ってても、ちゃんとしてる雰囲気なんだが、今のきらりは言葉のままのように見える」

杏「さすがPだね。杏も同じ事思ってるよ」

モバP「拙いんじゃないのか?」

杏「そう思ったから、朝一で急いで来たんだよ?」

ちひろ「すぐホットラインで連絡しましょう」

モバP「ホットライン?」

ちひろ「はい。地下室にウサミンロボがいたはずですよね?」

モバP「あれ、ホットラインにもなるのか。……いくぞ、杏」


15:2013/08/10(土) 21:46:18.60 ID:

杏「え?」

モバP「お前がきらり連れてこないと」

杏「ああ、そうか」

モバP「ウサミンロボは確か、地下のキノコ栽培室の隣の小部屋に……ああ」


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


16:2013/08/10(土) 21:46:54.18 ID:

輝子「フヒッ? み、みんな、友達に会いに来ましたか?」

モバP「すまん、今はウサミンロボに会いに来たんだ」

輝子「残念……ウサミンロボの部屋、向こうです」

杏「こっち?」

モバP「ああ、杏、その部屋だ」

杏「いた」

きらり「うきゃー☆」

杏「危ない、きらり」


17:2013/08/10(土) 21:47:22.29 ID:

モバP「ウサミンロボに飛び乗ってどうするんだ、きらり」

きらり「ロボちゃんロボちゃーん、きらりだよぉー☆」

杏「ロボに話しかけても……」

ロボ「どうしたんですか? きらりちゃん」

モバP「」

杏「」

ロボ「ああ、Pさんに杏ちゃんに有香ちゃん。ちひろさんも」

ちひろ「ロボにはカメラと無線がつけてありますから。菜々ちゃん直通のホットラインになるんですよ」


18:2013/08/10(土) 21:48:15.10 ID:

ロボ「状況は把握しました。きらりちゃんを元に戻す方法はありますよ。事務所で待ってて下さいね」

モバP「菜々」

ロボ「はい?」

モバP「お前、何したんだよ」

ロボ「ウサミン科学の成果の小型化薬があるんですけれど、家に見あたらないんですよね。誰かが持ち出したみたいなんですよ」

モバP「……パネェな、ウサミン……」

ロボ「パネェですよ、ウサミン」

有香「もう帰って良いですか?」


19:2013/08/10(土) 21:48:41.11 ID:

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



菜々「おはようごさいまーす、菜々でーす」

モバP「来たか、さあ、きらりを元に戻そうか」

菜々「はーい」

ちひろ「……菜々ちゃん?」

菜々「はい?」


20:2013/08/10(土) 21:49:12.11 ID:

ちひろ「ウサミン科学による小型化は万人に通用するの?」

菜々「きらりちゃんだから平気だったんですよ?」

モバP「きらりんパワー(ウサミン科学対応済)か……」

菜々「パワーを持たない人が飲んだら大変なことになります」

ちひろ「例えば?」

菜々「……特定の食品に対して偏執的な嗜好を示したり」

モパP「すげぇ心当たりあるんだが。何人か」

菜々「……」


21:2013/08/10(土) 21:49:43.10 ID:

モバP「いや、何か言えよ、怖いだろ!」

菜々「菜々はまだ、バケットサンドの具になりたくありません」

モバP「心当たり一人しかいねえ!!」

ちひろ「落ち着いて菜々ちゃん。イザとなれば薄める前のエナドリをパンに混ぜればイチコロよ」

モバP「あんた普段、俺に何飲ませてんの!?」

モバP「……秘密にしとかないと、大変なことになりそうだな」

杏「ウサミン科学は大切に使わなきゃ駄目なんだよ」

ちひろ「……仕方ないですね」


22:2013/08/10(土) 21:50:13.01 ID:

菜々「そうです。心を忘れたウサミン科学には幸せ求める夢がないんですよ」

モバP「地獄の夢しか生まれそうにない話だなぁ」

菜々「それじゃあ、この薬を飲ませてください」

モバP「これは?」

菜々「解毒薬です」

モバP「これを飲むと小型化が解けるんだな?」

菜々「はい。正確には、大型化薬ですけれど。小型化薬と体内で打ち消し合います」

モバP「よかったな、きらり」


23:2013/08/10(土) 21:50:40.86 ID:

きらり「……」

菜々「きらりちゃん?」

きらり「やっぱり、戻らなきゃ駄目かにぃ……」

きらり「きらり、いつもいつも、みんなに大きい大きいって……」

菜々「……」

モバP「……」

モバP「それを気にして……」

菜々「きらりちゃん……」


24:2013/08/10(土) 21:51:09.64 ID:

杏「杏は、大きいきらりのほうが好きだよ」

きらり「きらり、元に戻ゆ~☆」

モバP「おい」

ちひろ「まあ、思考も幼児化してますから」

菜々「じゃあ、これ……あれ?」

モバP「どうした?」

菜々「念のため二つ持ってきたんですけれど、一つしかないんですよ」

モバP「きらりを戻すには一つでいいんだろ?」


25:2013/08/10(土) 21:51:38.09 ID:

菜々「そうですけど……あれ? さっき外で輝子ちゃんにぶつかったときに落としたかな?」

モバP「輝子外に出たのか。キノコはもういいのかな」

ちひろ「ん?」

杏「あれ? 今、床が揺れたような」

菜々「確実に揺れてますよ、なんですか、これ」

モバP「うおおおおおっ!!」


26:2013/08/10(土) 21:52:21.26 ID:
 
 ウサミン科学によって作られた大型化薬をかけられたキノコが床を砕いて登場。

 ちなみにキノコの先端には輝子がノリノリでポージングしていたりする。

輝子「GO! BIGキノコぉおおおっ! ヒャッハー!」



                                       おわれ




→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←