1:2015/01/25(日) 20:36:59.74 ID:
提督「一体誰がこんなことを…」

執務室のどこに落書きされていた?>>5




このスレは以前書いた
提督「執務室に落書き?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421568871/
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421756689/
のやり直しです(完結はしています)

前回起きたことはすべてなかったことになっているので、
前回は見ていなくても問題ありません

如月


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422185819

5:2015/01/25(日) 20:40:15.59 ID:


6:2015/01/25(日) 20:41:37.40 ID:
提督「床に堂々と落書きとは、なかなか大胆だな…」


何と落書きされていた?>>9


9:2015/01/25(日) 20:43:39.38 ID:
キサラギノコト…ワスレナイデネ…


11:2015/01/25(日) 20:45:21.78 ID:
提督「床に『キサラギノコト…ワスレナイデネ…』と書かれているな」

提督「…なぜだろう。急に頭が痛くなってきた…」

提督「とにかく犯人を見つけて処罰しないとな」


聞き込みをします。誰に聞きますか?>>14


14:2015/01/25(日) 20:46:36.95 ID:
如月


15:2015/01/25(日) 20:48:21.53 ID:
提督「…如月、ちょっといいか?」

如月「あら、司令官。なにかしら?」

提督「今日、誰かが執務室に入るのを見たり、自分で入ったりしたか?」

如月「>>18


18:2015/01/25(日) 20:50:33.40 ID:
>>16


16:2015/01/25(日) 20:49:14.60 ID:
――モウワスレタノ?


19:2015/01/25(日) 20:52:29.02 ID:
如月「――モウワスレタノ?」

提督「…え?」

如月「シレイカン、ホントウニオボエテナイノ?」

提督「き、如月…?」

如月「>>22


22:2015/01/25(日) 20:54:33.30 ID:
ドウシテ…シンゲキシタノ…


24:2015/01/25(日) 20:58:00.48 ID:
如月「ドウシテ…シンゲキシタノ…」

提督「進撃…?」

如月「ソウヨ…アノトキノコト、オボエテルデショ…?」

提督「…」

如月「…オモイダセナイノ?」

提督「…すまない、如月…。俺には何のことかさっぱりだ」

如月「…ソウ」

如月「ジャア、オモイダサセテアゲル」グイッ

提督「き、如月!?おい、どこに連れていく気だ!」


どこに連れていかれた?>>27


27:2015/01/25(日) 20:58:48.75 ID:
W島


32:2015/01/25(日) 21:00:26.34 ID:
提督「ここは…W島?」

如月「エエ、ソウヨ」

如月「ホラ、アレ…ミオボエナイ?」

提督「…!」


提督の見たものは?>>35


35:2015/01/25(日) 21:02:35.10 ID:
如月の艤装の残骸


40:2015/01/25(日) 21:06:25.03 ID:
提督「…睦月型の艤装の、残骸…?」

如月「ナマエ、カイテアルデショウ?」

『ギラサキ』

提督「…!そ、そんな…!?」

如月「…マダオモイダセナイヨウダケド、モウワカッテイルデショウ?」

如月「アノヒ、ワタシハココデ────」



如月「─────シズンダノヨ」

提督「!!!」


41:2015/01/25(日) 21:08:16.85 ID:
提督「じゃ、じゃあなんで今、お前が、如月が俺の目の前にいるんだ!おかしいじゃないか!」

如月「ソウネ、オカシイワ」

提督「じゃあどうして…!」

如月「>>44


44:2015/01/25(日) 21:10:18.39 ID:
ワタシガ…キサラギダトオモッタ?


49:2015/01/25(日) 21:12:31.01 ID:
如月「ワタシガ…キサラギダトオモッタ?」

提督「…え?」

如月「マアショウガナイデショウネ。ジブンデモビックリシタモノ、デキノヨサニ」

提督「なんだと…?」

提督「それなら、お前はいったい、誰だっていうんだ…!」

如月「>>52


52:2015/01/25(日) 21:14:04.15 ID:
うーちゃんでーっす!


55:2015/01/25(日) 21:16:22.08 ID:
如月「うーちゃんでーっす!」ガバッ

提督「…え?」

卯月「ぷっぷくぷぅ~!司令官、だまされたぴょん?ねえねえ、どうだった?」

提督「う、卯月…?」

提督「これはいったい…」

卯月「>>58


58:2015/01/25(日) 21:18:20.66 ID:
こうでもしないと涙が止まらないから・・・


62:2015/01/25(日) 21:23:55.98 ID:
卯月「こうでもしないと涙が止まらないから・・・」

提督「…ん?」

卯月「…ごめんだぴょん。だますような真似して…」

卯月「じゃあ、うーちゃんは先に帰るぴょん…」ザァァァ

提督「お、おい!卯月!?」

提督「…俺一人で、どうやってこの孤島から帰れっていうんだよ…」


提督「…卯月の様子、普通じゃなかったな」

提督「W島か…」

提督「…少し、調べてみるかな」


どのあたりを探索しますか?>>65
1,提督のいる浜辺
2,島の中心部
3,正面の浅瀬


65:2015/01/25(日) 21:24:28.56 ID:


67:2015/01/25(日) 21:26:20.67 ID:
提督「綺麗な海だな…」ザバザバ

提督「この海で毎日、戦いが行われているんだな」

提督「…かつてこの島でも、か…」

提督「…ん?これは…」

>>70


71:2015/01/25(日) 21:31:56.66 ID:
提督「このお守り…如月にあげたものだ」

提督「…やっぱり俺は、大事なことを忘れてしまっている気がする…」

提督「帰ったら、調べてみないとな…」

提督「ちょうど、迎えも来たみたいだしな…」ブロロロロロ


翔鶴(彩雲)『提督ー!無事ですかー!?』ブロロロロ

提督「ああ、早く迎えに来てくれ、日が暮れちまう」


72:2015/01/25(日) 21:36:15.92 ID:
鎮守府


卯月「う~…痛いぴょん…」ヒリヒリ

弥生「これくらいで済んでむしろ感謝すべき…。もっと痛めつけてもいいくらい…」スッ

提督「弥生、もういいから」

提督「卯月も、そんなに気にしなくていいから」

卯月「しれいか~ん」ダキッ

弥生「…司令官は甘すぎです」

提督「そうかもな。ほら、戻っていいぞ」

卯月「はーいだぴょん!」

弥生「失礼しました…」バタン


提督「…さて、どうしようかな」

>>75


75:2015/01/25(日) 21:38:45.03 ID:
>>73


73:2015/01/25(日) 21:38:07.56 ID:
出撃記録の確認


76:2015/01/25(日) 21:46:30.39 ID:
提督「W島、W島っと…」パラパラ

提督「出撃は去年の春か、ずいぶん前だな」

提督「えーと、戦果はっと…」

『数十回に及ぶ交戦の末、艦隊は敵主力を撃破、W島を攻略』

提督「ふむふむ」

『我が隊の損害、大破一隻、中破三隻、小破一隻』


『轟沈一隻』

提督「なっ…」


77:2015/01/25(日) 21:48:19.14 ID:
提督「何かの間違いじゃないのか?」パラパラ

提督「…くそっ。肝心の艦名がねえ」バンッ

提督「…誰かに聞くか」


誰に聞きますか?>>80


80:2015/01/25(日) 21:50:34.45 ID:
卯月


82:2015/01/25(日) 21:53:02.46 ID:
提督「卯月、ちょっといいか?」

卯月「ぴょんっ!?さっきのお説教の続きかぴょんっ!?」

提督「違う違う、ていうか説教したのは俺じゃなくて弥生だろ」

卯月「そうだったぴょん」

提督「それで、だな…なんで今日、あんなことをしたのか、改めて聞きたくて…」

卯月「>>85


85:2015/01/25(日) 21:55:52.47 ID:
本当に、ワスレテルノ?


88:2015/01/25(日) 21:59:47.90 ID:
卯月「本当に、ワスレテルノ?」

提督「…その口調はやめてくれ」

卯月「ごめんだぴょん」

卯月「うーんとね、実はうーちゃんにもよくわからないんだよね」

提督「?どういうことだ?」

卯月「なんて言ったらいいかわからないけど…しないといけないと思ったんだぴょん」

提督「…わかった、ありがとう」


提督「>>91にも聞いてみよう」


91:2015/01/25(日) 22:00:48.74 ID:
弥生


92:2015/01/25(日) 22:03:41.81 ID:
提督「弥生、今いいかな」

弥生「司令官…?また、卯月が何か…?」

提督「いやいや、違うから」

提督「今日、何で卯月があんなことしたか、心当たりはないか?」

弥生「>>95


96:2015/01/25(日) 22:05:47.17 ID:
そろそろ現実を受け止めて提督


97:2015/01/25(日) 22:10:20.14 ID:
弥生「そろそろ現実を受け止めて提督」

提督「…えっ?」

弥生「…いえ、何でもありません、失礼します」

提督「お、おい弥生!」

提督「…行っちゃった…」

提督「現実を受け止めろって…どういうことだ?」

提督「…あそこに、行くか」


98:2015/01/25(日) 22:12:03.03 ID:
如月の部屋


提督「…」コンコン

提督「…」ガチャッ

>>101「うわぁっ!?」

提督「な、なんでお前がここにいるんだ…」


101:2015/01/25(日) 22:13:31.61 ID:
ながもん


103:2015/01/25(日) 22:16:38.86 ID:
長門「て、提督!?急に入ってくるんじゃない!」

提督「ノックはしたぞ…っていうか、お前こそ何してるんだ?」

長門「…もう、そろそろ一年だと思ってな」

提督「…W島攻略から、か?」

長門「よくわかってるじゃないか」

提督「で、お前は何をしてるんだよ」

長門「>>105


105:2015/01/25(日) 22:18:22.13 ID:
ふと、ここに来たくなった


108:2015/01/25(日) 22:20:36.77 ID:
長門「ふと、ここに来たくなった」

長門「提督も、そんな感じじゃないのか?」

提督「…そうとも言えるし、そうでないとも言える」

提督「頼む長門、教えてくれ。W島攻略作戦の時に、何があったのか…」

長門「提督…?…そうか」

長門「いいだろう、教えてやる」


109:2015/01/25(日) 22:25:31.88 ID:
長門「まず、あの時の作戦手順についてだが…」

提督「駆逐艦と軽巡による潜水艦の掃討の後、本島に戦艦、空母を軸とした攻略部隊を派遣、制圧という流れだったな」

長門「…その通りだ」

長門「潜水艦の掃討は特に問題なく終えることができた」

提督「ああ、そこまでは俺も覚えている」

長門「問題は、そのあとだったな」


110:2015/01/25(日) 22:28:20.41 ID:
長門「あの時の編成を覚えているか?」

提督「確か、長門、金剛、大和、陸奥、大鳳、加賀じゃなかったか?」

長門「惜しいな。正確には、陸奥じゃなくて────」


長門「────如月がいた」

提督「なっ…!」


112:2015/01/25(日) 22:33:03.92 ID:
提督「なんだって!?あの海域はかなり危険で、駆逐艦なんか危なくて入れていられない!俺だってわかっていたはずだ!」

長門「大本営からの指令だ」

提督「なんだと…?」

長門「W島付近に有力な潜水艦を発見、主力に損害を加えられないために駆逐艦を入れ、潜水艦を掃討しろ、とな」

長門「しかもご丁寧に艦名まで指定してきたんだ。その艦が…」

提督「如月ってことか…」

長門「そういうことだ。恐らく、当時最も練度が高かったからだろう」


113:2015/01/25(日) 22:37:13.46 ID:
提督「でも、たとえ危険でも、損傷すれば帰ってくればいいだけだし…」

長門「ああ、その通りだ」

長門「普通なら、な」

提督「え…?」

長門「その時の如月の装備は、爆雷、ソナー、そして…」

長門「応急修理要員だ」


114:2015/01/25(日) 22:40:22.01 ID:
提督「応急修理要員…?ダメコンか…?」

長門「そうだ。装備しているだけで一度は沈むことはない」

提督「だったら、なおさら安全だろう」

長門「ああ。まともなのなら、な」

提督「どういうことだ…」

長門「あれは、大本営から支給されたものだったんだが…」

長門「不良品だったんだ」


115:2015/01/25(日) 22:44:53.41 ID:
提督「不良品!?そんなの聞いたことないぞ!」

長門「正確に言えば、『試作品であり、不良品』とでもいうべきかな」

提督「試作品だって…!」

長門「そうだ。知っての通り、ダメコンというのは非常に貴重で、艦娘にだって作れない」

長門「そこで大本営は、ダメコンを安価で大量生産可能な方法を考案し、試作した。そしてあの時、それが支給されたんだ」

提督「そんな…」

長門「我々も、提督もそんなことは知らなかった。如月に装備させ、出撃させた。そして…」

提督「…如月は、沈んだんだな」


116:2015/01/25(日) 22:47:22.05 ID:
長門「…思い出したのか?」

提督「ああ。ありがとう長門」

長門「フッ、礼には及ばんさ。」スッ

バタン

提督「…なんで、忘れてたんだろうな」


117:2015/01/25(日) 22:52:10.98 ID:
W島攻略作戦前


如月『まったく、潜水艦のためにあんなところに出撃だなんて…』

提督『すまんな、如月。こんな無茶を…』

如月『司令官が悪いわけじゃないのよ、気にしないで』

提督『ちゃんとダメコンは積んだか?』

如月『ええ、バッチリよ』

提督『…いくらダメコンがあるといっても、不安だろう?』

如月『ええ、まあ…そうね』

提督『そこで、俺から如月さんにプレゼント』スッ


119:2015/01/25(日) 22:54:51.00 ID:
如月『お守り…?』

提督『ああ、俺の手作りだ』フンッ

如月『…形、崩れてる』クスッ

提督『…!い、いやなら返せ!』

如月『ううん…』


如月『すごく…すごく、うれしいわ』ニコッ


120:2015/01/25(日) 23:03:13.35 ID:
W島攻略時


如月(…なんで、かしら…ダメコン、積んだのに…)


おい、如月、しっかりしろ!


如月(きっと…司令官のお守りを笑っちゃったから…天罰が下ったのね…)


如月ー!しっかりするネー!


如月(…今まで、司令官に悪いこと、たくさんしちゃったなあ…)


ダメコン…なんで、発動しないの!?


如月(睦月ちゃんたちにも、いっぱい迷惑かけて…)


如月さん、沈んじゃダメです!


如月(まだまだ、みんなと一緒に過ごして、笑って、泣いて…)


…!ダメです!敵艦隊、来ます!


如月(ちゃんと、ありがとうって、言いたかった…)


121:2015/01/25(日) 23:05:47.12 ID:
如月(…いやだよ、こんなの…)

如月(生きていたい、司令官と、みんなと一緒にいたいのに…)

如月(こんなところで、終わりたくないのに…)

如月(…だから、せめて…)

如月『如月のこと…忘れないでね…』


122:2015/01/25(日) 23:08:51.70 ID:
如月の部屋


提督「なんで、忘れてたんだろうな…」

提督「お守りのこととか、断片的には覚えてたのに…」

提督「思えば、この一年間、如月のことすらも忘れていたのかもしれないな」

提督「だから、今までこのことを忘れていたんだ…」

提督「…如月…」


提督「…ん?」


123:2015/01/25(日) 23:17:32.87 ID:
提督「如月の机の上に、手紙…?」

『司令官へ』

提督「俺宛…?」カサッ


『司令官、この手紙は、私が沈んだ時に読んでいると思うの』

『ダメコンは積んでるけど、もしかしたら、沈んじゃうかもしれないから…』

『それで、これからいう私のお願いを、ちゃんと聞いてね?』

『まず、私が沈んだら、優しい司令官はとっても悲しんでくれると思うの。自惚れじゃないのよ…?』

『でも、いつまでも悲しんでいないでほしいの。司令官はみんなの先頭に立って、艦隊を率いていく人よ』

『そんな人が、いつまでもしょぼくれてたらダメよ。みんなが暗い気分になっちゃう』

『司令官には、いつまでもみんなのあこがれでいてほしいから…』


124:2015/01/25(日) 23:21:59.80 ID:
『そして、二つ目。鎮守府のみんなをもっと大切にしてほしいの』

『もちろん今でも大切にしていると思っているのよ?』

『でも、今まで以上に、大切にしてあげてね』

『私たちは司令官が大好きだから、みんなを大切にして、答えてあげてね』


125:2015/01/25(日) 23:24:40.90 ID:
『そして三つ目…』

『これまでは、みんなのためになることを書いたけど、これだけは、私のためのお願いなの』

『…たまに…本当に、たまにでいいの…少しでもいいから…』

『如月のこと…忘れないでね…』


提督「…!」


126:2015/01/25(日) 23:27:35.32 ID:
『これで私のお願いは終わりよ。ちゃんと守ってくれないと、化けて出ちゃうわよ?』

『今まで、ちゃんとお礼を言えなくて、ごめんなさい。無事に帰ってきたら、ちゃんというつもりだったんだけど…』



『ありがとう、司令官。大好きよ』



提督「…如月…っ!」ポロポロ


127:2015/01/25(日) 23:30:50.51 ID:
提督「俺は…それなのに、如月のこと、忘れて…!」

提督「俺は、俺は…!」


???「自分を責めちゃだめよ」ガチャッ

提督「え…?」

卯月「司令官が悲しむ姿なんて、見たくないんだから」

提督「卯月…?」

提督「いや、違う…お前…」

提督「…如月だろ?」


128:2015/01/25(日) 23:34:08.72 ID:
卯月(如月)「…ええ、そうよ」

提督「どうして…」

卯月(如月)「言ったでしょ、化けて出るって」

提督「…!」

卯月(如月)「まったく、司令官ったら、お願い一つも聞いてくれてないだなんて…」

卯月(如月)「仕方ないから、卯月ちゃんの体借りちゃった」

提督「そうだったのか…」


129:2015/01/25(日) 23:37:59.56 ID:
提督「…如月、ごめんな」

如月「…どうして謝るの?」

提督「ダメコンのこととか、お前のお願いのこととか、…忘れてたこととか」

如月「…私、謝ってほしいだなんて、手紙に書かなかったはずよ?」

提督「でも…」

如月「ダメコンのことは司令官は悪くないし、お願いのこととかも…」

如月「司令官がつらいってこと、知ってたから、いいのよ」


130:2015/01/25(日) 23:42:03.60 ID:
如月「謝らないといけないのは、私のほうよ」

提督「?どうして…」

如月「…落書き、しちゃったから」

如月「いくら司令官に気付かせるためとはいえ、汚しちゃったからね」

提督「別にそれは…」

如月「それに、その…言えてないこととか、あったから…」

提督「…」

如月「せっかく卯月ちゃんの体を借りたんだから、言わせてもらおうかな」



如月「司令官、今までありがとう。大好き」ギュッ


提督「…俺も、ありがとうな、如月」ギュッ


131:2015/01/25(日) 23:47:24.25 ID:
卯月「…ぴょんっ!?うーちゃん、なんで司令官と抱き合ってるんだぴょん!?おかしいぴょん!」ジタバタ

提督「卯月…?…そうか、如月はもう…」

卯月「…司令官?」

提督「…何でもない、それより卯月、ちょっと手伝ってもらっていいか?」

卯月「?何を?」

提督「執務室の掃除」

卯月「ええー!!?なんでうーちゃんなの!?こんなの絶対おかしいぴょん!」

提督「まあまあさっきの罰だと思って」

卯月「さっきもういいって言ったぴょん!うそつきしれーかん!」

提督「はいはい」ズルズル



提督(如月、ありがとう。お前のおかげで、大切なものに気が付けたよ)

提督(これから、どうか見守っててくれ)



…もちろん、いいわよ



終わり


132:2015/01/25(日) 23:48:41.41 ID:
以上です。見てくださった方、ありがとうございました。
変態ENDをまぬがれられただけで、私は満足です(白目)


141:2015/01/26(月) 07:37:40.41 ID:
乙、ただ感想が
前作→エロかよ…
今回→何でエロじゃないんだ?




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422185819/

→→もっと艦これを読む←←