1:2015/04/05(日) 19:23:20.97 ID:
女騎士「私を殺すだと?嘘を付け!私の体を弄ぶつもりだろう!」

ヒイロ「・・・?」

女騎士「いたいけな少年の外見をしておいて、実は野獣のような欲望を秘めているのだろう?私にはお見通しだ!」

ヒイロ「お前に興味は・・・」

女騎士「フッ、騎士になった日から国の為に体を捧げる覚悟はできている!さぁ、煮るなり焼くなり好きにしろ!私は屈しないぞ!」

ヒイロ(何だこの女・・・)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428229400

2:2015/04/05(日) 19:32:05.20 ID:
ヒイロ「・・・」カチャ

女騎士「タ、タタ、タンマタンマ!貴様、マジに私を殺す気か!?」

ヒイロ「それが任務だ」

女騎士「この体を好きにしていいのだぞ!? 引き金を引けばそれで全てが終わってしまう!勿体ないとは思わないか?」

ヒイロ「思わん」

女騎士「思えよ!思春期の少年ならリビドーを女体にブチ撒けてみろ!ホラ、ね!?早く!」

ヒイロ「イラッ」ギギギ

女騎士「こ、この軟弱物ー!それでも男ですか!」

ヒイロ「!」ターン!

女騎士「ひぃっ!?・・・あれ?」

ヒイロ「これでお前は『殺した』。任務、完了」スタスタ

女騎士「・・・・・・」


6:2015/04/05(日) 19:43:25.99 ID:
女騎士「サンクキングダムという国に仕えることになった リリーナ様の為、粉骨砕身の覚悟で戦おう」

ヒイロ「・・・」

女騎士「とした矢先に何故貴様が居るのだー!!」

ヒイロ「お前が勝手に来ただけだ」

女騎士「くっ!ここが完全平和でなければ今にも切り捨てているのに!」

ヒイロ「お前には無理だ」

女騎士「うぐぐ!・・・ところで、モビルドールという兵器が開発されたと聞いたのだが、そんなにヤバい物なのか?」

ヒイロ「ああ。大量配備できる無人機・・・。あれが広まれば、リリーナも危ない」

女騎士「無人機か・・・成程、私をぐちょぐちょに犯す人間がいなくなってしまうな」

ヒイロ「・・・」

女騎士「待てよ、機械姦というのも悪くはない・・・」


8:2015/04/05(日) 19:49:49.94 ID:
女騎士「セイッ!不動明王剣!」ブンッ

ヒイロ「・・・」

女騎士「無双稲妻突きぃ!イヤーーーーッ!」

ヒイロ「おい」

女騎士「どうした?」

ヒイロ「鍛錬はいいが、静かにしろ」

女騎士「仕方ないだろう!声を出さねば気合が入らないし、気合の無い鍛錬など無駄だ!」

ヒイロ「ならせめて声を抑えろ」

女騎士「無茶を言うな!剣を握ると自然と出てしまうのだ!貴様もやってみるか?」

ヒイロ「・・・了解した」


11:2015/04/05(日) 19:56:45.26 ID:
ヒイロ「・・・!」ガシッ

女騎士(おや?表情が変わったぞ)

ヒイロ「月閃光!月閃光!月閃光!」ブン ブン

女騎士「!?」

ヒイロ「闇の炎に抱かれて消えろっ!」

女騎士「ヒイロ・・・声まで変わって!」

ヒイロ「・・・見たのか?」

女騎士「ひぃ!?」

ヒイロ「俺の秘奥義を見たものを、生かして帰すわけにはいかない・・・」

女騎士「分かった分かった!!見なかったことにするから命だけはァーー!」


13:2015/04/05(日) 20:19:17.61 ID:
リリーナ「ごきげんよう、女騎士さん」

女騎士「リリーナ様!お元気そうで何よりです!」

ヒイロ「知り合いなのか」

リリーナ「あら、ヒイロ。ええ、完全平和の実現のため、いつも働いてくれています」

女騎士「微力ながら・・・・」

リリーナ「それで、二人は?」

ヒイロ「こいつが勝手に付いてきて・・・」

女騎士「それがですね、この男は出会うなり私を押し倒し、硬くてアツいナニをブチ込もうと・・・」

リリーナ「ヒイロ!この者を撃ちなさい!構いません!殺しなさい!」

ヒイロ「任務了解!」ズギューン

女騎士「や、やめてくれェェェーーーーー!!」


15:2015/04/05(日) 20:26:50.80 ID:
女騎士「某国がオークとモビルドールの群れに襲われ窮地、か・・・」

ヒイロ「・・・」

女騎士「あの国は私の同期が沢山いたな。くそっ!うらやま・・・じゃなくて恨めしい!」

ヒイロ「・・・」

女騎士「モビルドールは兎も角、オークの大群なんて!ってヒイロ、何処へ行く!?」

ヒイロ「少し外出する」

女騎士「おーい!・・・行ってしまった たしかあっちはガンダムの方向・・・」


17:2015/04/05(日) 20:34:21.43 ID:
~~何日かして~

女騎士「翼の生えたMSがオークとMDを撃退!?くそっ・・・じゃなくて!やった!」

ヒイロ「戻ったぞ」

女騎士「遅かったじゃないか!ニュースを見たか!?一機のMSが国を救ったそうだ!」

ヒイロ「そうか」

女騎士「オークを追っぱらってしまったのは本当に惜しいが・・・良かったな!」

ヒイロ「ああ」

リリーナ(あの人のオークに対する執着は何なのでしょう・・・)


20:2015/04/05(日) 20:42:44.44 ID:
女騎士「ほぉ・・・この尖った機体は何だ?」

ヒイロ「ガンダムエピオン。トレーズから貰った機体だ・・・それより何故ここにいる」

ゼクス「どうしたヒイロ!決着を付けるぞ!」

ヒイロ「少し待てゼクス。 おい、死にたくなければ向こうへ行け」

女騎士「連れない事を言うな!私は、一度ガンダムという物に乗ってみたかったのだ!」

ヒイロ「お前にはできない」

女騎士「何ィ!?ええい、ならば実力行使だ!」

ヒイロ「特にこのエピオンには・・・!?の、乗り込んでくるな!」


22:2015/04/05(日) 20:48:09.96 ID:
女騎士「ほぉ!ガンダムのコクピットというのはこういう物か!ん?頭に何か入り込んでくる・・・」

ヒイロ「!ゼロ、この女に何も見せるな!」

女騎士「ひゃううっ!?しょ、しょんな事らめなのぉ!私こんな事しちゃらめなのにぃ!しゅ、しゅごいぃぃぃぃいいいいっ!」

ヒイロ「」

女騎士「わ、私ぃ!いけないコトしちゃってるのぉ!らめぇ!らぁめらんなにょおおおおおおっ!」

ゼクス「・・・ヒ、ヒイロ、どうしたのだ・・・?」

女騎士「アヘェ」

ヒイロ「・・・ゼクス、一時中断だ。この女を病院に連れていく」

ゼクス「ああ・・・」


23:2015/04/05(日) 20:53:51.05 ID:
女騎士「貴様が張五飛か?」

五飛「そうだが」

女騎士「私の名は女騎士!五飛よ!貴様は誇り高き戦士と聞く!私と一戦交えてもらいたい!」

五飛「断る」

女騎士「な、何故ッ!?」

五飛「俺は弱者とは戦わんからだ」

女騎士「貴様ぁ!私が弱者と言うかァ!」

ヒイロ「またか・・・」


24:2015/04/05(日) 21:01:36.06 ID:
五飛「おいヒイロ、この女は誰だ?」

ヒイロ「勝手に付いてくる」

女騎士「どいつもこいつも私を愚弄しおって!もう許さんぞ!」

女騎士「オークの群れに捕えられ子宮がパンパンになるまで犯されても、盗賊に脅されて輪姦の限りを尽くされザー汁塗れになろうとも、敵軍に捕まって慰み者になり毎日アヘ顔晒しても最終的には何とかして母国に凱旋し英雄と讃えられたこの私をォォォォォ!!!!」

五飛「・・・」

ヒイロ「・・・ 女騎士」

女騎士「ああ!?」

ヒイロ「今すぐ軍人を辞めろ」

女騎士「えっ」


25:2015/04/05(日) 21:09:32.23 ID:
女騎士「くっ!私としたことが、敵兵に捕まってしまうなど・・・不覚!」

ヒイロ「・・・」

女騎士「騎士の誇りである剣も、鎧も奪われ・・・もはや残されたのはこの体一つ・・・」

ヒイロ「・・・」

女騎士「ああ!!このまま私は処刑されてしまうのか!?それとも性処理道具と化し、男共のくっさいナニを咥え続ける淫乱雌豚に成り下がってしまうのか・・・ 
こらヒイロ! お前も何か言ってくれないと私が馬鹿みたいじゃないか!」

ヒイロ「事実だろう」

女騎士「くぅぅ・・・」

ヒイロ(デュオにそっくりだな、こいつ・・・)


26:2015/04/05(日) 21:15:47.66 ID:
ヒイロ「今、基地から脱出する方法を考えている・・・邪魔をするな」

女騎士「ここから脱出だとぉ!?無理だ!貴様は処刑されて、私が責任を取らされてヌチョヌチョの性奴隷になるのが落ちだ!」

ヒイロ「お前には出来ない。俺には出来る」

女騎士「・・・チッ。分かったよ。私はどうすればいい?」

ヒイロ「そこにいろ」

女騎士「へ?」

ヒイロ「ふん!」バキィ

女騎士「て、手枷、足枷を引きちぎったぁ!?」

ヒイロ「ぬうっ!」グニャリ

女騎士「鉄格子を曲げたァァァァーーーッ!?」


27:2015/04/05(日) 21:19:18.60 ID:
ワーワー ダッソウシャダー

ズダダーン パーン

ガショーン! ブッピガン! オレハシナナイ! ズビィーッ チュドーン 

~数分後~

ヒイロ「任務、完了。お前も脱出しろ」

女騎士「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」


28:2015/04/05(日) 21:24:46.93 ID:
女騎士「ハァ・・・」

ヒイロ「どうした」

女騎士「珍しいな、貴様から話しかけてくるとは・・・。剣と鎧を無くして戦慄のブルーなのだよ、私は」

ヒイロ「剣と鎧を無くした騎士・・・ 存在意義が無いな」

女騎士「身も蓋もない!そうだよ、どうせ私なんて、すぐ捕まって慰み者にされてしまう弱者なんだよ・・・・」

ヒイロ「強者なんていない。人類全てが弱者なんだ」

女騎士「それが言いたいだけだろう・・・ハァ、どうせなら娼婦にでも身を落としてしまおうか?そうだ、それがいいかもな・・・」

ヒイロ「・・・」


29:2015/04/05(日) 21:29:35.47 ID:
ヒイロ「こいつを受け取れ」

女騎士「・・・これは!? ウィングそっくりの剣と鎧!?」

ヒイロ「ガンダニュウム合金を加工して作らせた。 取っておけ」

女騎士「おお・・・!軽い!阿保みたいに軽いぞ!あの強度でこの軽さとはどういう事なのだ!?」

ヒイロ「そこは突っ込むな」

女騎士「恩に着るぞヒイロ!これで私も元気に敵軍に突っ込めるというものだ!」

ヒイロ「礼はいらない」

女騎士「ところで・・・鎧に付いているこのボタンは何だ?」

ヒイロ「それは機密保持用の自爆ボタ・・・」

女騎士「あっ」カチリ

ヒイロ「」


30:2015/04/05(日) 21:32:09.12 ID:
カァァーーーッ!ボグォォォォォォーーン!!!

女騎士「・・・」プスプス

ヒイロ「・・・」プスプス

女騎士「・・・なぁ」

ヒイロ「どうした」

女騎士「自爆って・・・死ぬほど痛いな」

ヒイロ「ああ、死ぬほど痛いぞ」



END


31:2015/04/05(日) 21:35:04.74 ID:
GジェネでW0完成した記念に書いてみました。
何だか書いている途中女騎士の声がマシュマーで変換されて気分が悪かったです。
兎も角ご愛読有難うございました。


33:2015/04/05(日) 21:42:43.57 ID:
ヒイロ(デュオにそっくりだな、こいつ・・・)
デュオ・マックスウェル「エッ」
ファザー・マックスウェル「セヤナ」


34:2015/04/06(月) 18:50:16.49 ID:
スレタイで吹いた




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428229400/

→→もっと機動戦士ガンダムを読む←←