1:2015/04/07(火) 02:27:47.15 ID:

 ・艦これ(艦隊これくしょん)とサイコパスのクロス

 ・艦これメインで、サイコパスからはドミネーターの設定だけ頂いている

 ・地の文無し ちょっとオリ世界観?



人類と深海棲艦の戦いが収束化してきた頃――両者の戦いは冷戦のような水面下に移った


人に化け、人のように暮らしスパイ活動を行う深海棲艦

鎮守府のある街にのみ現れる彼らは時に人を襲い、人類への脅威性は変わらない

そして流れる、艦娘の深海棲艦化という噂……


日本海軍はこの事態を重く受け止め、政府や陸軍と協力し、各鎮守府に新部署『刑事課』を設立。鎮守府周辺の街に艦娘による警察権が認められた

刑事課に所属する艦娘に与えられるのは、艤装ではなく、特殊拳銃『ドミネーター』。正式名称「携帯型心理診断・鎮圧執行システム『ドミネーター』」である

艦娘や深海棲艦からのみ(一般人にも微弱ながら確認されている)測定される「深海係数」を測り、人に化けている深海棲艦を見つけだし、執行する……

これが、鎮守府刑事課に与えられた使命なのである

吹雪


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428341266

2:2015/04/07(火) 02:35:44.60 ID:

吹雪「ここが……私の勤める鎮守府かぁ……うぅ、配属されたばかりで刑事課なんて……ツイてるのかツイてないのか……」

~回想~

吹雪「うぅ……私、どこの鎮守府に配属されるんだろう。呉?舞鶴……?」

「特型駆逐艦、吹雪型一番艦吹雪さん。どうぞー」

吹雪「は、はいっ!!」ビシッ

「吹雪さんの配属先は…………おぉ……」

吹雪「え、な、なんですか……?」

「いえ、吹雪さんの配属先は、横須賀鎮守府・刑事課です」

吹雪「刑事、課……?」

・・・・・・

~鎮守府・執務室前~

吹雪「刑事課って、ここ数年前からある新しい部署だし……私やっていけるかなぁ……」

コンコンコン

吹雪「駆逐艦吹雪、入ります!」


4:2015/04/07(火) 02:40:43.39 ID:

ガチャッ

提督「よく来たな。駆逐艦吹雪……ここが鎮守府だ」

吹雪「はいっ!(うぅ、怖そうな司令官)」

提督「早速だが君は刑事課所属となった」

吹雪「は、はっ!司令官直々に私を刑事課に任命してくれたとのことで!感謝しております!」

提督「そう緊張することも無い。刑事課については知っているな?」

吹雪「はいっ!主に鎮守府周辺の街を捜査し、人間社会に潜む深海棲艦の脅威の排除……ですね!」

提督「その通りだ。それによって君に預けたい物がある」ゴトッ


吹雪「これ、は?」

提督「君達刑事課が命と同じくらい大事に扱わなければならない物……ドミネーターだ」

吹雪「ドミネーター、ですか?」


5:2015/04/07(火) 02:45:51.43 ID:

提督「ああ。マニュアルも一緒に渡すから、熟読して扱い方を習得してくれ」

吹雪「は、はいっ!!」

提督「君達刑事課は、ある意味だと特別待遇だ。通常同型艦と同じ相部屋になるところを、1人1人個室で扱っている。これは鎮守府から君達への期待だと受け取ってくれて構わんよ」

提督「街に深海棲艦が出たという通報、疑いが無ければ基本的に自由だ」

提督「それでは、健闘を期待する」

ガチャッ

・・・・・・

~吹雪の部屋~

吹雪「はあああぁぁぁぁ……疲れたぁ……あの司令官、なんというか無機質だったなぁ……」

吹雪「はっ!いけないいけない!とりあえず他の刑事課の人達と顔合わせしなきゃ!」

吹雪「確か、刑事課特別のラウンジがあったから……皆そこにいるのかな?」


6:2015/04/07(火) 02:55:18.14 ID:

~ラウンジ~

吹雪「刑事課は私を含めてたった6人かぁ……どんな人達なんだろう」

ガチャッ

吹雪「し、失礼します!」

ジーーーーーーッ

吹雪「うぅ……!見られてる!」


加賀「あなたは?」

川内「おっ、かわいこちゃーん!」

大和「…………」

能代「おや?」


吹雪「(うっ、1人足りないけど、これが刑事課の……?)」

吹雪「は、初めまして!!この度刑事課に配属されました!特型駆逐艦の吹雪です!!」


7:2015/04/07(火) 03:00:18.14 ID:

川内「へぇ~あなたが新人の特型駆逐艦かぁ~」ニヤニヤ

吹雪「は、はいっ!」

川内「あの人の後釜ってわけね」

加賀「川内さん……」ギロッ

川内「はいはい!おっかなーい」


加賀「自己紹介どうも。私は一航戦の正規空母、加賀よ」

川内「私は軽巡の川内!駆逐艦なんて入ってきたの初めてだなぁ。よろしくね!」

大和「戦艦大和です。よろしくおねがいします」

能代「軽巡の能代よ。よろしくね!」

吹雪「は、はいっ!よろしくお願いします!!」


吹雪「(よかったぁ……なんか、歓迎してくれてるムード……)」


8:2015/04/07(火) 03:03:18.37 ID:

加賀「さっそくで悪いけれど、あなたの係数を測らせてもらうわ」

吹雪「えっ?」

加賀「……」ガチャッ

吹雪「え、それ……ドミネーター?」

『深海係数、32。刑事課登録艦娘、執行対象ではありません。トリガーをロックします』

加賀「深海係数32……」

川内「おおー!随分低いねぇ」

能代「これなら簡単に深海化もしなさそうね」

吹雪「あ、あのー……深海化って?」


9:2015/04/07(火) 03:07:31.32 ID:

川内「あれ、マニュアル読んでないの?」

吹雪「はい……ここに来てすぐドミネーターを渡されて、部屋に置いてそのままここに来ましたから……」

加賀「ドミネーターを、部屋に置いてきた?」ピクッ

加賀「あなた、どういうつもり?」

吹雪「えっ?」


加賀「ドミネーターは私達の命より重い大切な機密品。常時携帯しておくのが決まりよ」

吹雪「そうだったんですか!?」

加賀「それをあなた……」

川内「まぁまぁ!新人だしその辺は知らなかったんでしょ!後で部屋に帰ったらマニュアルを読んでみるといいよ。全部そこに乗ってるから!」

吹雪「は、はぁ……」


加賀「顔合わせというのならもう済んだでしょう。私は食事に行きます」スタスタ

バタン


10:2015/04/07(火) 03:10:16.71 ID:

吹雪「うぅ……加賀さんに嫌われちゃったのかな……」

川内「そんなことないって、加賀は誰にでもああだから」

吹雪「そうなんですか?」

川内「そうそう!」


大和「吹雪ちゃん、でしたっけ」

吹雪「は、はいっ!」

大和「私達はチームです。ですので、皆の足を引っ張らないようにお願いしますよ」

大和「それでは」

バタン


11:2015/04/07(火) 03:13:43.18 ID:

吹雪「うううぅぅぅっ、大和さんにも嫌われたああぁぁぁ……」

川内「そ、そんな気にすることないよ!大和さんは誰にでも…………ああじゃないけど」

能代「いつもよりキツかったわねぇ。どうしたのかしら?」

川内「あの日じゃない?」

能代「もう川内ったらはしたないわよ!」

川内「へへっ、ごめんごめん」

能代「もうっ」


能代「よろしくね、吹雪ちゃん。ここの人達、結構曲者揃いだから……」

吹雪「い、いえっ、とんでもない!」

川内「まともなのは能代と私くらいだよ~」

能代「どの口が言ってるのよ!」

吹雪「(よ、よかったぁ……この2人はなんか友好的)」


12:2015/04/07(火) 03:16:18.13 ID:

吹雪「そういえば、刑事課は全部で6人って聞きましたけど……あとの1人はどこにいるんですか?」

川内「え、ああー……あの人ね……あの人は今頃ー……」

能代「どっかに居るんじゃないかしら」アハハ

吹雪「?」


川内「それよりさ!お昼まだでしょ?一緒に食べようよ!」

能代「それいいわね。私も付き合うわ」

吹雪「え、いいんですか!?」

川内「うんうん!かわいこちゃんには特別に、先輩が奢ってあげるよー!」

吹雪「ありがとうございます!」

能代「もう、相変わらずねぇ川内は」


13:2015/04/07(火) 03:20:57.37 ID:

~食堂~

吹雪「わぁ……人がいっぱいいる」

川内「そりゃ、ここは天下の食堂だからね。皆食欲の魔物。刑事課も普通の艦娘も関係ないよ」

能代「その言い方はどうかと思うけど……そうね、間違ってはいないわ」

川内「じゃあ特型駆逐艦は席の確保をお願い!私と能代はご飯取って来るから!」

吹雪「は、はいっ!」

・・・・・・

吹雪「うぅ……結構混んでる……どこかに席空いてないかなぁ……」

大和「こっち、空いてますよ」

吹雪「ありがとうございます!って、大和さん!?」

大和「どうかしました?」モグモグ

吹雪「い、いえ……(なにあの量!!)」

大和「席をお探しでしょう?もうすぐ食べ終わりますから、ちょっと待っててください」モグモグ

吹雪「は、はい……」


14:2015/04/07(火) 03:24:13.93 ID:

大和「ご馳走様。片付けますので、ここ使っていいですよ」

吹雪「(ちょうど3人分ある!)ありがとうございます!」

大和「別にお礼を言われるほどのことでもないです。それでは」スタスタ

吹雪「あ…………(なんか、優しいのか気難しいのかわからないなぁ)」

・・・・・・

川内「おっ!ちゃんと確保してあるじゃーん!偉いねぇ!」

能代「ピーク時なのにちゃんと3人分確保するなんて、やるわね」

吹雪「あ、あはは……」

川内「じゃあ初任務成功の報酬に、ほら!カレーだよー!」


15:2015/04/07(火) 03:31:22.32 ID:

・・・・・・

吹雪「深海係数の基準は……100未満は執行対象じゃなくて、100~299までがパラライザー……気絶させて連行なんですね」

川内「そうそう。んで、300以上はもうドミネーターで排除するしかないってこと」

能代「ドミネーターのモードは基本3つ。通常時の麻酔弾(パラライザー)と、排除時のエリミネーター。それと、こちらに命の危険が迫ったら最大出力のデコンポーザーになるわ…………ここまででわからないこととか、ある?」

吹雪「いえ!わかりました!」

能代「よろしい。相手は深海棲艦よ。一般人の姿をしていても、深海係数が正体を割り出してくれる……見た目に惑わされちゃだめだからね?」

吹雪「はい!」


川内「まぁその辺は追々本番で…………」

ピロロロロロロ、ピロロロロロロ

川内・能代「ッッ!」

吹雪「え、どうしたんですか?」

川内「いいタイミングだよぉ新人……」ニコッ

吹雪「え?」

能代「出動よ!」


17:2015/04/07(火) 03:35:59.05 ID:

~正門前~

加賀「皆揃ったわね」

一同「はいっ!」

吹雪「あれ、後の1人は……」

加賀「彼女は特例。好き勝手動いてるわ」

吹雪「はぁ……?」


加賀「現状を報告します。鎮守府周辺の街に、深海棲艦と思わしき人物が街角スキャン妖精に引っかかってるわ。場所はここ」

川内「ホシは1人かぁ……」

加賀「ターゲットの場所も大体分かっているわ。裏街のこの辺りよ」

大和「人も多く、身を隠すにはもってこいですね……」

加賀「ええ。だから裏街一帯を警備妖精で封鎖。私達は二手に分かれて突入します」


18:2015/04/07(火) 03:41:44.55 ID:

加賀「大和さんと能代さんに吹雪さんを付けます。川内さんは私と来て」

川内「ええぇー!せっかくかわいこちゃんと一緒の作戦だと思ったのにー!」

能代「よろしくね、吹雪ちゃん」

大和「さっきも言ったように、足は引っ張らないでくださいね」

吹雪「うぅ……はい」

加賀「では、現場に向かいましょう」

・・・・・・

~裏町・大和班~

ガヤガヤ

能代「やはり人が多いですね……」

大和「鎮守府周辺の街でも治安の悪い場所ですからね……まっとうなことをやってない人も多いのでしょう」

吹雪「そ、それよりもこのスーツ……なんとかならないんですか?」

大和「セーラー服でこんな所に来たら、通報されますよ?」

能代「皆スーツなんだから、メンインブラックだと思って頑張ろう!吹雪ちゃん!」


19:2015/04/07(火) 03:44:26.39 ID:

~加賀班~

加賀「大和さん、状況は?」

大和『裏町に入りました。これからさらに二手に分かれて捜査しようかと』

加賀「了解」

川内「さーて、裏町と言っても広いですからねぇ……どうします?」

加賀「しらみつぶしよ。深海棲艦は私達の姿を見れば必ず反応するはず」

川内「いつものパターンですね、了解!」


20:2015/04/07(火) 03:47:00.37 ID:

・・・・・・

大和「それじゃあ、能代さん。吹雪さんの事は任せましたよ」

能代「了解」

吹雪「大和さんはどうするんですか?」

大和「私は1人で行きます」スタスタスタ

吹雪「あっ……」

能代「まぁまぁ。初めての作戦だし、ここは肩の力を抜いて行きましょう」

吹雪「は、はい……」


21:2015/04/07(火) 03:50:02.71 ID:

・・・・・・

加賀「見つかりましたか?」

大和『いえ』

能代『こちらもまだ』

加賀「そうですか……」

川内「毎度毎度、見つけるのに苦労するんだから……」


川内「ッ、加賀さん」

加賀「どうしました?」

川内「アレ…………」ヒョイヒョイ

加賀「?」


22:2015/04/07(火) 03:54:11.74 ID:

~路地裏~

男「や、やめろ!お前、なんだ!?」

女「お前、なんだ?…………フッフッフ……」

女「貴様が元海軍だというのは知っている…………さぁ、洗いざらい喋ってもらおうか」

男「ひ、ひいぃぃぃ!!!」

・・・・・・

川内「あれ、当たりですよね」

加賀「ええ。確保しましょう」

川内「了解!」

タッタッタ

川内「そこまでだよねーちゃん!男を放さないと、その背中にズドンだよ!」

『深海係数、132。執行対象です。執行モード、ノンリーサル・パラライザー。落ち着いて照準を定め、対象を無力化してください』

女「ッ、なんだ?」

男「お、お前……!艦娘か!助けてくれ!!」


23:2015/04/07(火) 04:00:48.07 ID:

女「艦娘……!敵か!」ガッ

男「ひいいいぃぃ!!」グイッ

シュウウゥゥゥ

ル級「コノ男ガドウナッテモイイノカ?」フフッ

川内「クッ!(男が邪魔で狙えない……!)」

加賀「…………」チャキッ

ル級「セッカクノ情報源ダ。持チ帰ッテ拷問シ、海軍ノ情報ヲ喋ッテモラウ!!」バッ

男「うわあぁぁぁあ!!」


川内「ああもう!逃げられた……!」

加賀「川内さん、2人とも執行しましょう」

川内「ええっ!?」

加賀「男の深海係数は、さっき測ったところ97。深海棲艦と接触することで彼もまた、深海係数が上がったのでしょう」

川内「これ以上一緒にいさせたらまた深海係数が上がるって?」

加賀「そういうことです」


24:2015/04/07(火) 04:04:30.54 ID:

・・・・・・

加賀『目標は人質を連れて東に逃走しました』

能代「了解!じゃあ行くわよ吹雪ちゃん!」

吹雪「は、はいっ!」

・・・・・・

ル級「ココマデ来レバ……」

大和「残念でしたね」スチャッ

ル級「!」

男「た、たすけ……」

大和「…………」

『深海係数、121。執行対象です』

大和「悪いけど、眠ってもらいましょう」

ル級「キ、貴様!コイツゴト撃ツ気カ!?」

大和「ドミネーターの割り出した深海係数がすべての基準……それがただの人間であろうと」


25:2015/04/07(火) 04:10:07.38 ID:

男「そ、そんな……!」

大和「大丈夫。うちどころが良ければ気絶するだけです」

ル級「エエイ!」バッ

男「うわっ」ドテッ

ル級「ナラバ貴様ヲ先ニヤッテヤル!!」ジャキン

大和「それを待っていました……!」

『対象の脅威判定が更新されました。深海係数、349。執行モード、リーサル・エリミネーター』

・・・・・・

タッタッタ

能代「大和さんが見つけた場所って、この辺だよね!?」

吹雪「はいっ!…………あ、あれ!」

・・・・・・

吹雪「大和さん!」

能代「無事ですか!?」スチャッ

ル級「クッ、後ロニモ敵カ!」

大和「ええ。今から執行するところです」

吹雪「(大和さんのドミネーター、形が違う……アレがエリミネーター?)」


26:2015/04/07(火) 04:15:13.74 ID:

能代「吹雪ちゃん、何やってるの構えて!」

吹雪「は、はいっ!」スチャッ

大和「無用です。今ここで……」

ル級「オノレ、艦娘ガアアアアアァァァ!!」ジャキン

大和「無駄」カチッ

ドヒュン! ゥウゥゥン……

ル級「グ!ガアアッァァ!!」モコモコモコ

パァン!


吹雪「ひっ!」

ポタ、ポタ……

吹雪「あ、あぁ……!」ガクガク

吹雪「(あ、あの深海棲艦の腰から上が…………破裂した……!)」

吹雪「(こ、これがドミネーターなの……?)」


27:2015/04/07(火) 04:19:09.42 ID:

大和「執行完了」

タッタッタ

川内「あっ、大和さんまた美味しいところ持ってったー!」

加賀「ご苦労様です」

大和「いいえ。今回も取るに足らない事件でした」

加賀「そうですね…………」


男「あ、あぁぁ……!あぁっ!」ガクガク

加賀「さて、この人は……」スチャッ

『深海係数、301。執行モード、リーサル・エリミネーター』

吹雪「えっ!?な、なんで!その人、人間ですよ!?」

加賀「そうよ。人間……だけど、彼は深海棲艦に触れすぎた……」

川内「人間も微弱ながら深海係数があって、それは深海棲艦と接触することで爆発的に上がっちゃうんだよ」

吹雪「そんなことって……!」


28:2015/04/07(火) 04:23:42.48 ID:

加賀「もし彼が今みたいに深海棲艦に狙われたら、うっかり軍部の内情を漏らすかもしれない……命乞いのようにね」

吹雪「そ、そんな!だからっておかしいですよ!!罪もない人をこうして、さっきみたいに破裂させちゃうなんて……!」

加賀「仕方ないのよ。致し方ない犠牲……彼という犠牲の基に、今の社会は続いていくのよ」

吹雪「そんな犠牲、認められるはずないじゃないですか!!」

加賀「認められるのよ。私達が持つドミネーターが、それを認めてくれる」

吹雪「ッ、だからって――」

加賀「議論は疲れるの。能代さん」


能代「ごめんね、吹雪ちゃん」ガシッ

吹雪「能代さん!放してください!あの人、殺されちゃいますよ!!」

能代「ドミネーターがそう言ったのなら、そういうことなのよ」

吹雪「そんな…………!」


29:2015/04/07(火) 04:26:45.51 ID:

加賀「じゃあ、さようなら」カチッ

ドヒュゥン!

男「ぁ……ぁ……!」モコモコモコ

パァン!!

・・・・・・

加賀「……任務完了。帰投しましょう」

吹雪「………………」

加賀「吹雪さん」

吹雪「ッ」ピクッ

加賀「これが私達の仕事よ。耐えられないようなら…………提督に言って部署を変えてもらいなさい」スタスタスタ

川内・能代「…………」スタスタスタ


吹雪「…………私……」


32:2015/04/07(火) 10:51:42.46 ID:

~翌日・吹雪の部屋~

吹雪「はあああぁぁぁぁぁぁ…………」ボフッ

吹雪「私、この仕事向いてないのかなぁ……」

吹雪「うぅぅぅ…………散歩でもしよう」

ガチャッ バタン

・・・・・・

~廊下~

吹雪「はぁぁ……」

ドンッ

吹雪「あっごめんなさい!」

春雨「あっ……こちらこそ……」


33:2015/04/07(火) 11:00:47.58 ID:

~食堂~

春雨「へぇ……新しくこの鎮守府に来たんですね!私、駆逐艦の春雨です!」

吹雪「わ、私は駆逐艦の吹雪です!えと、春雨、ちゃん……?」

春雨「はい!吹雪ちゃん!」

・・・・・・

春雨「えっ!?刑事課の艦娘なんですか!?」

吹雪「ま、まぁ一応……ね」

春雨「すっごーい!!刑事課と言えば艦娘の中でもエリート集団!全艦娘の憧れですよー!」

吹雪「え?そうなの?」キョトン

春雨「はい。もう深海棲艦との戦いも沈静化してきちゃって……皆暇してるんです」

春雨「だから、艦娘の存在意義を示すためにも、現状で唯一深海棲艦と戦っている刑事課は、皆の希望なんですよ!」

吹雪「そ、そうなんだ……」


34:2015/04/07(火) 11:18:19.39 ID:

吹雪「でも、初めての任務でさ……なんか、納得いかないことがあって……」

春雨「だから落ち込んでるんですか?」

吹雪「……わかっちゃう?」

春雨「吹雪ちゃん、わかりやすいですから」フフッ

吹雪「あはは……それで、加賀さんに言われちゃったの……耐えられないなら部署を変えろって……」

春雨「ああー……加賀さんなら言いそうです……それで、辞めちゃうんですか?刑事課」

吹雪「えっ?」

春雨「だって、向いてないって思ってるんですよね?」

吹雪「うーん……どうなんだろう……」

春雨「だったら、もう一回やってみたらいいですよ!」

吹雪「もう一回かぁ……」


35:2015/04/07(火) 11:32:38.85 ID:

~数日後~

加賀「では提督」

大和「内地への定期報告に行って参ります」

川内「お土産期待しないでねー!」

提督「ああ。行ってこい」

・・・・・・

能代「……行っちゃったね」

吹雪「内地への定期報告って、艦娘が単独で行っていいんですか?」

能代「刑事課は特別。艤装を外してあるから戦闘能力はドミネーターくらいしかないし」

吹雪「へぇ~」



37:2015/04/07(火) 11:55:41.23 ID:

能代「まぁー3人が居ない今、何かったら私達で……」

ピロロロロ、ピロロロロロ

能代「やるしか…………ないよね……」ハァ

吹雪「…………はい」ハァ

・・・・・・

~執務室~

提督「18分前、街角スキャン妖精からの報告があった。簡易診断でも深海係数400オーバーの人物が2人いるらしい」

吹雪「ふ、2人も……!?」

提督「今はあの3人が居ない状況だ。君ら2人に頼むことになる」

能代・吹雪「はいっ!」

提督「今回は事態が事態だ。2人では対処しきれんだろうから、奴も呼んだ。現場で合流しろ」

能代「は、はい……」

吹雪「?」


39:2015/04/07(火) 12:00:46.74 ID:

~夜・街中~

吹雪「あの、もう1人呼んだのって……」

能代「あと1人の刑事かメンバーよ。多分今も単独で目標を追ってるんじゃないかしら」

吹雪「そうなんですか……」

・・・・・・

~廃ビル~

能代「既に企業も撤退した捨てられたビル……ここに400オーバーが2人も……」

吹雪「…………」ゴクリ

【立ち入り禁止!キケン!】

能代「入りましょう」

・・・・・・

女1「どうやら、犬が2匹来たようね」

女2「来るなと、言っているのに……」


40:2015/04/07(火) 12:07:36.98 ID:

能代「生体反応は……6階」

吹雪「エレベーターも死んでますね……階段で行くしか……ッ!!」

吹雪「危ないッ!!」ガバッ

能代「きゃっ!」ドテッ

ドォン!!

能代「いっつつ……ッ、吹雪ちゃん!」

吹雪「私は、大丈夫です…………それより、階段にトラップが……!」

能代「確認できたわ。手動とワイヤー、どっちもあるわね……慎重に進みましょう」

吹雪「はい!」


41:2015/04/07(火) 12:12:44.84 ID:

・・・・・・

能代「…………」ゴクッ

プツン

能代「………………はぁぁ……心臓に悪い」

吹雪「これで最後、ですね……」

能代「うん……やっと6階……気を引き締めていきましょう」

吹雪「はい……!」

・・・・・・

バンッ!

吹雪「鎮守府刑事課です!」スチャッ

能代「手を上げて!大人しくしなさい!」スチャッ

女1「やっぱり、来たわね」

女2「はぁ……」


42:2015/04/07(火) 12:19:28.24 ID:

能代「吹雪ちゃん、私は右をやる」ボソッ

『深海係数、443。執行対象です。執行モード、リーサル・エリミネーター』

能代「やはりこの深海係数……!」

女1「それがドミネーターというやつなのね」

吹雪「ドミネーターを知って……!」

能代「吹雪ちゃん、左の方を!」

吹雪「は、はいっ!」スチャッ


『深海係数、609。執行対象です』

吹雪「ろ、600!?」

能代「なんですって!?」

女2「…………」


43:2015/04/07(火) 12:28:06.15 ID:

女1「ここは私が相手をするわ。あなたはその隙に」

女2「……」コクッ

能代「逃げるわ!撃って!」

吹雪「はいっ!!……うっ!」グググ

吹雪「(で、でも……)」

<<男「あぁぁぁぁ!!」モコモコモコ、パァン!>>

吹雪「うぅっ……!」

能代「吹雪ちゃん!?」


女1「甘いわね!」

シュウウウウウウウゥゥゥゥゥウウ……

タ級「ハァァァッ!」

ダァン!!

吹雪「きゃっ!」ドテッ

ドォン!

能代「吹雪ちゃん、大丈夫!?」

吹雪「は、はい……!転んだから避けられました……」

能代「(壁が吹っ飛んだ……艤装もつけてないこの状況であんなのが当たったら……!」

タ級「フフフ……」


44:2015/04/07(火) 12:38:47.68 ID:

タ級「アノ人ハ、ヤラセハシナイ!」

吹雪「ひっ……!」ガタガタ

能代「くっ……!」

タ級「死ネ!!」ジャキン

ドヒュウウゥゥゥン…………


タ級「ナッ……!!」ガクガク

吹雪「えっ?」

タ級「グウウゥゥゥアァァ!」モコモコモコ

パァン!!

能代「え…………助かった?」


45:2015/04/07(火) 12:47:51.07 ID:

吹雪「今の、エリミネーター?」

能代「隣のビルだわ!」

・・・・・・

能代『やっぱりあなたですね、衣笠さん!』

衣笠「あれ、バレちゃった?」クスッ

衣笠「狙撃は衣笠さんにお任せ~ってね!」

提督『どうだ。強襲型ドミネーターの使い勝手は』

衣笠「いいねぇ!ロングレンジでも狙えるわ!」

・・・・・・

吹雪「あの人が……最後の?」

能代「うん。結構自由に過ごしてるから、任務時にも姿を見せなかったけど……」

衣笠『頼りなさ過ぎるから殺ってあげたってわけー』


46:2015/04/07(火) 12:50:39.63 ID:

吹雪「あっ、そうだ!もう1人は!?」

衣笠『そのビルにはもう居ないなぁー……上手く逃げられたみたい』

吹雪「あう……逃がしちゃった……」

能代「ううん!吹雪ちゃんは十分頑張ったよ!私をトラップから守ってくれたし!」

吹雪「そ、そうですかね」テレテレ

衣笠『まぁデコイとしても使えたんじゃない?』

吹雪「はぁぁぁぁ……」ガーン

能代「もう衣笠さん!」

衣笠『あっはっは!』


48:2015/04/07(火) 12:54:37.14 ID:

能代「でも1人は仕留めました。帰って報告しましょう」

吹雪「はい!」

衣笠『報告めんどいし、私パスね~それじゃ』

能代「あっ!もう……!」

・・・・・・

~執務室~

提督「そうか。逃げた方は600オーバーと……」

能代「はい。これは捨て置けないかと思います」

提督「そうだな。逃がしたとはいえ、1人は執行した。次は奴をやる番だ」

能代「はっ!!」


49:2015/04/07(火) 12:57:59.24 ID:

提督「ところで、新人はどうだ?」

能代「吹雪ちゃんですか?」

提督「ああ。アレは役に立っているか?」

能代「ええ。今のところは…………しかし、疑問です」

提督「疑問とな?」

能代「はい。彼女の穏やかな性格上、刑事課の仕事には向いてないと思うのですが……何故彼女が刑事課に?」

提督「アレは有能だ。しばらく使い続ければわかるさ」

能代「そう、ですか……?」


能代「では、失礼します!」

バタン


52:2015/04/07(火) 22:24:04.93 ID:

~ラウンジ~

衣笠「あなたが新人にして初めての駆逐艦刑事課艦娘、吹雪ちゃんか~」

吹雪「よ、よろしくお願いします……」

衣笠「ふむふむ…………いいね!」グッ

吹雪「へ?」

衣笠「聞いたよぉ?初めての作戦であの加賀にくってかかったんですって?新人のくせにやるぅ~!」ツンツン

吹雪「え!?あ、あの……そういうわけじゃ……」

衣笠「最初ビル越しに見た時はなんてヘタレな子なんだと思ったけど、度胸あるじゃない!」

衣笠「それに可愛い!!」ナデナデ

吹雪「あ、ありがとうございます……(せ、川内さんよりボディータッチが多い……!)」


54:2015/04/07(火) 22:28:41.27 ID:

衣笠「それじゃ、早速行きましょうか!」

吹雪「え、どこにですか?」

衣笠「そりゃ、工廠よ!」ニコッ

・・・・・・

~工廠~

衣笠「こんにちはー!」

吹雪「こんにちは……」


明石「あれ、衣笠じゃん!横に居るのは……確か、新人ちゃんだっけ?」

吹雪「あ、はい!吹雪です!」

明石「そう畏まらなくていいわよ。私は明石。この鎮守府の技術課よ」

吹雪「技術課……?」

明石「刑事課と同じ、軍部の極秘機密を扱うヤバ~イ組織。私はその一員」ニヘラッ

衣笠「よく言うわ。最近の発明なんてコーヒー湯沸かし器にかき氷を作る機械くらいしかないじゃない」

明石「うるさいわねぇ!そのライフルドミネーター開発したの私なのよ!?」


55:2015/04/07(火) 22:36:39.88 ID:

衣笠「明石は腕は確かだから、困ったことがあったら相談するといいよ」

明石「ふふん、腕が確かって言われたわ」

吹雪「あはは…………そういえば衣笠さんがここに来たのって、紹介してくれるためですか?」

衣笠「ううん、理由は他にあるわ」

吹雪「?」

衣笠「吹雪ちゃんが、今の仕事にどう思ってるかを聞きたくてね」

吹雪「わ、私……?」

明石「おっ、訳アリっぽいかな?」


衣笠「吹雪ちゃん、あのビルでドミネーター構えた瞬間さ。何かフラッシュバックしなかった?」

吹雪「フラッシュバック……?」

<<男「ぁ…………ぁ……」モコモコモコ、パァン!>>

吹雪「うっ……」

衣笠「やっぱりね」


56:2015/04/07(火) 22:41:54.26 ID:

衣笠「吹雪ちゃんの初作戦の報告書を読んで、ピンと来たの。加賀が執行した男…………それが気になって仕方ないんでしょ」

明石「ああー私も読んだ!それについて吹雪ちゃんが加賀さんにつっかかったらしいねぇ~」

吹雪「うぅ……」

衣笠「まぁ気持ちはわかるけどね……誰だって一般市民を撃つのはゴメンだわ」

吹雪「でも加賀さんは……」

衣笠「あのポーカーフェイスも、内心泣いてるのよ。自分の目の前で犠牲が出るのはもうゴメンなんでしょうね……加賀は」

吹雪「え、それどういう……」

ピロロロロロロロ、ピロロロロロロロ

吹雪「あっ……!」

明石「あーらら」

衣笠「最近は動きが活発ねぇ!深海棲艦も!」

明石「衣笠は今日も強襲型?」

衣笠「ええ!アレ結構気に入ったもの!」


57:2015/04/07(火) 22:47:04.84 ID:

~隣町~

衣笠「久々に人と組むわぁ~!」

吹雪「あ、あの……能代さんは?」

衣笠「能代?ああーあの子なら今は非番なんじゃない?実際呼ばれたの私達だけだったし」

吹雪「そうなんですか……」

衣笠「とはいえせっかくパートナーになったんだから、色々教えてあげるわ!」


衣笠「妖精さんの情報によると、目標はリ級が3にチ級が2のようだし。的は選び放題よ!」

吹雪「わ、わかりました……!」

衣笠「いい?相手は深海棲艦。今でこそパラライザーなんてあるけど海戦の時にそんなのは無くて、全部砲撃だったのよ」

衣笠「もうエリミネーターの威力にビビるのは卒業するの!いいわね!」

吹雪「は、はいっ!」


58:2015/04/07(火) 22:51:51.32 ID:

~肉屋~

衣笠「ここの肉屋がそいつらの拠点らしいわね」

吹雪「見た感じ、普通のお肉屋さんなのに……」

衣笠「人に化けて暮らしてるんだもの。人と同じ仕事をするんでしょ」


衣笠「さて、突入だけど……私のコレはあくまで強襲用だからね。突撃には向いてないわ」

衣笠「だから、吹雪ちゃん1人で突入して」

吹雪「ええっ!?む、無理ですよぉ!」

衣笠「大丈夫大丈夫!援護はしてあげるから。ね!」

吹雪「ね、って言われてもぉぉ……!」


59:2015/04/07(火) 22:58:44.72 ID:

・・・・・・

吹雪「(あ、ドア開いてる……)」ガチャッ

吹雪「ご、ごめんくださーい……」

おばちゃん「はーい!あら、可愛いお客さんねぇ。どうしたの?お肉を買いに来たって感じじゃなさそうだけど……」

吹雪「あのーこの家にちょっと、悪い人が居るみたいなんで、調査に……あ、私鎮守府の者です!」


おばちゃん「…………へぇ、鎮守府の…………」

吹雪「はい!刑事課の吹雪といいます!」っ手帳

おばちゃん「そう…………」スッ

吹雪「ですので、少し捜査に協力――」

バァン!ヴィイイイイィィィィーーン…………

吹雪「え?」

おばちゃん「がっ!?う、お、ノレ…………!」シュウウウウ

チ級「」ドサッ

吹雪「ええええっ!?!!?」


60:2015/04/07(火) 23:02:43.35 ID:

~店の外~

衣笠「ちょっとー吹雪ちゃん油断し過ぎよー?ソイツ、隠し持ってた肉切り包丁で吹雪ちゃんのことオロすつもりだったんだから」

吹雪『え、衣笠さん!?どこから……!?』

衣笠「あーごめんごめん!言い忘れてたけどこのドミネーターね、壁越しに執行ができるの」

吹雪『ええええぇぇぇ!?そんなことが……!』

衣笠「どうやら今の奴の深海係数は199だったから、中の連中も大したことないでしょ」

吹雪『うぅぅぅ……わ、わかりました……吹雪、突入します!』

衣笠「その意気その意気!」


61:2015/04/07(火) 23:08:26.41 ID:

吹雪「(反応はこの先の部屋……!)」

衣笠『残りはリ級3チ級1よ。先制攻撃してやりなさい!』

吹雪「はいっ……!」

バァン!

吹雪「鎮守府刑事課です!あなた方を深海棲艦と認識し、執行します!」スチャッ

おばちゃん「なっ、艦娘……!?」

『深海係数、126。執行対象です。執行モード、ノンリーサル・パラライザー』

吹雪「(落ち着いて……!私なら、やれる!)」カチッ

バァン! ヴィィィィン……

おばちゃん「ガッ……!」バタッ

吹雪「や、やった!」

衣笠『油断しない!』カチッ

バァン! ヴィイイィィィィン……

リ級「オノレ、ガァァッ!?」バタッ


シュウウウウウゥゥゥ

リ級「クッ……!」

チ級「艦娘メ……!!」

衣笠『残り各1ずつ!』


62:2015/04/07(火) 23:12:41.99 ID:

吹雪「一気に!」スチャッ

リ級「クッ!」ジャキン

『深海係数、340。執行モード、リーサル・エリミネーター』

吹雪「ッ!」プルプル

<<男「ぁ……ぁ……!」>>

吹雪「!」ブンブン

吹雪「大丈夫…………私が、やっつけちゃうんだから!!」カチッ

ドヒュゥウゥゥン!

リ級「ナッ、ア、ガッ」モコモコモコ

パァン!!

吹雪「や、やった……!」


63:2015/04/07(火) 23:15:27.49 ID:

チ級「クソッ!」ダッ

吹雪「あ、待ちなさい!」スチャッ

衣笠『大丈夫。もうロック済みだわ』

・・・・・・

チ級「ニ、逃ゲナクテハ……!」タッタッタ

チ級「海マデ逃ゲレバ……、マダ助カ……」タッタッタ

ドヒュウウウウゥゥゥゥン!…………

チ級「ル………………」モコモコモコ

パァン!!

・・・・・・

衣笠「言ったでしょ。狙撃は衣笠さんにお任せ~って」


64:2015/04/07(火) 23:21:39.73 ID:

・・・・・・

衣笠「排除2の捕縛3……まぁまぁってとこね」

リ級・リ級・チ級「」

吹雪「この深海棲艦達はどうするんですか?」

衣笠「鎮守府に送って、そっから大本営に送られて実験動物になるか、深海側の情報を吐かせるの」

吹雪「そ、そうなんですか……かわいそう……」


衣笠「…………あんまり深海棲艦に情を移しちゃだめよ。深海係数上がるから」

吹雪「え、そうなんですか!?でもやっぱり……」

衣笠「じゃああなたの深海係数はっと」ガチャン

『深海係数、21。刑事課登録艦娘』

衣笠「はぁ!?」

吹雪「ど、どうしました!?」

衣笠「え、いや…………深海係数21…………まったくの正常値……」

衣笠「(おかしい……普通なら深海棲艦の事を考えただけで数値は上がるのに……ましてやかわいそうだなんて……」

衣笠「ドミネーターの故障かしら」


66:2015/04/07(火) 23:40:43.18 ID:

~翌日・工廠~

明石「うーん、メンテしてみたけど、どこも異常なしよ?」

衣笠「そんな!じゃあ吹雪ちゃんのアレは正常な数値ってこと!?」

明石「みたいねぇ……深海棲艦を愁いて21とは……こりゃあ、免深体質艦ってやつなのかな?」

衣笠「めんしん……?」

明石「噂程度にしか聞いたことないけど、絶対に深海化しない艦娘の事をそう呼ぶらしいよ」

衣笠「絶対に深海化しないって、ありえないわ!現に私は見たのよ!?深海係数が上がりすぎて、本当の深海棲艦になってしまった彼女を……」

明石「あぁ……まぁ、気持ちは分かるけど、この吹雪ちゃんの係数は本当よ」

衣笠「そう…………まぁ、いっか。深海棲艦にならないのなら、その体質は羨ましいわ」


67:2015/04/07(火) 23:48:47.05 ID:

・・・・・・

加賀「(鎮守府を離れるといつもそう……同じ夢ばかりみる……)」

加賀「(あの日……あの人を失ってしまった日……)」

・・・・・・

~回想・燃える倉庫~

加賀「まっ………て……!待ちな、さい!」フラフラ

衣笠「ちょ、加賀!?」フラフラ

港湾棲姫「…………来ルナト、言ッテルノ」

加賀「お願い…………その人を、返して!」

港湾「駄目。コイツハ、モウスグ我ラノ同志トナル……」


衣笠「ッ……!」スチャッ

加賀「衣笠さん……どう、して……あの人に向けるの……!」

衣笠「う、嘘…………!」ワナワナ

衣笠「深海係数…………994……!」

港湾「ダカラ、無駄ダト」


68:2015/04/07(火) 23:53:06.06 ID:

加賀「そんな……!赤城さん!!」

赤城「ァ…………アアアァァッ!!」ガクガク

港湾「フフッ、オハヨウ……同志」

衣笠「そんな……赤城さんの肌と髪……真っ白に……!」

加賀「いや、いやあぁぁぁ!!」

ドォン!! ドオオオォォン!!

衣笠「ッ、倉庫が崩れる!撤退!」

加賀「駄目!まだ赤城さんが!」

衣笠「もう諦めなさい!このままだと私達も死ぬわ!!」

港湾「マタ会エルト、イイナ……」スタスタ


加賀「赤城さん!!」

衣笠「バカッ!!」ガッ

ドォォォォォォォォォォォォォン!!!!

・・・・・・


69:2015/04/07(火) 23:57:46.94 ID:

加賀「(1年前のあの頃のメンバーで残っているのは、私と衣笠さんと川内さんだけ……)」

加賀「(大和さんと能代さんが入るときも、川内さんは後釜後釜とからかってきたっけ……彼女なりの優しさだったのかしら)」

加賀「(結局あの日から衣笠さんも私と組んでくれなくなった…………)」

加賀「(我ながら、女々しいわ)」フッ

・・・・・・

大和「加賀さん、大丈夫ですか?」

加賀「ええ。ちょっと変な夢を見ていただけ」

加賀「列車というものは、やっぱり慣れないわ……」

川内「あ、見えてきたよ!鎮守府!!」


70:2015/04/08(水) 00:08:31.01 ID:

~執務室~

加賀「――以上で報告を終わります」

提督「ご苦労。内地も相変わらず変わっていないようだな」

加賀「そのようです」


提督「…………時に、君は駆逐艦吹雪についてどう思う?」

加賀「どう、とは?」

提督「使えるか?」

加賀「まだ1度しか作戦行動を共にしていませんが……正直、彼女とは相性が悪いと思います」

提督「昔を思い出すからか?」

加賀「………………」

提督「気に障ったのなら謝ろう。吹雪だが、アレはどんどん成長している。2度目となる能代との作戦ではトラップの看破。この前は衣笠の援護があったとはいえ、単身敵地に突入した。度胸と実力が身についてきているとは言えないかね」

加賀「報告書は読ませていただきました……確かに彼女の成長は目覚ましい。しかし…………」

提督「しかし?」

加賀「苦手なものは苦手です……」


74:2015/04/08(水) 14:28:35.61 ID:

~数週間後~

川内「暇だねぇ~」

吹雪「最近主だった動きがないですもんね」

能代「それだけ平和ってことで、いいじゃない」

川内「私は夜の街にくり出して深海棲艦とバンバン戦う方が性にあってるから!」

能代「あなたねぇ……」


吹雪「そういえば、大和さんはどこに?」

能代「大和さん?ああ、彼女は確か……武蔵さんと相部屋だからそこじゃないかしら」

吹雪「え、個室じゃないんですか?」

能代「彼女たっての希望でね。どうしても武蔵さんと一緒がいいって」

川内「ま、2人きりの姉妹だしねぇ」

吹雪「へぇー……」


75:2015/04/08(水) 14:34:50.36 ID:

~大和型の部屋~

武蔵「最近はめっきりお呼びがかからなくなったな」

大和「その方がいいわよ……私だって、好きであんな戦いしてるわけじゃないのに」

武蔵「刑事課に選ばれたのだから、もう戻れんだろう」

大和「はぁ……武蔵と話すのが一番リラックスできるわ」

武蔵「はっはっは!」


武蔵「にしても、大和が刑事課に選ばれた時はこの武蔵、驚愕したぞ」

大和「目に見えて驚いてたものね」フフッ

武蔵「ああいった血なまぐさい荒事は、武蔵のようなのがやるものだと思っていたからな……心優しいお前がやるとは思わなかったよ」

大和「いいのよ。私は自分を殺して、任務を全うする…………この部屋だけが、残された本当の私が居る場所……」

武蔵「我が姉ながら、随分と情けない」

大和「そう言うと思ったわ……でも、大丈夫」

大和「この部屋から1歩でも出れば、私は大丈夫だから」


76:2015/04/08(水) 14:39:06.00 ID:

~加賀の部屋~

加賀「やはり、広すぎるわね」

加賀「(最初は2人に与えられていたこの部屋は……1人になってしまってから場所を持て余している)」

加賀「今度もう少し狭い部屋に引っ越しましょう……」

ピロロロロロロ、ピロロロロロロ

加賀「……はい」

提督『緊急事態だ。刑事課は全員執務室に来い』

加賀「衣笠さんも……?」

提督『奴には先に状況を話して先行してもらっている』

加賀『…………わかりました』


77:2015/04/08(水) 14:43:11.32 ID:

~執務室~

提督「全員そろったな。では状況を説明する」

一同「はいっ!」


提督「先日吹雪と能代が取り逃がした深海棲艦と思しき女性…………彼女の正体は、港湾棲姫だということが判明した」

加賀「港湾…………ッ!!」

川内「落ち着きなよ」

提督「恐らく1年前の奴だろう。お前ら2人には少々因縁のある相手だな」

提督「その港湾棲姫が、多くの深海棲艦共を集めて何かを企てているという情報も入っている」

提督「ざっと見積もっても、20以上はいるな」

吹雪「20……!?」


78:2015/04/08(水) 14:50:41.71 ID:

提督「さらに捕まえたリ級とチ級に吐かせたところ、奴らは明日、大規模な作戦を予定しているようだ」

大和「大規模な作戦……ですか?」

提督「ああ。その作戦と言うのが、街の1区画の人間を全て深海棲艦化させることだ」

一同「ッ!?」


能代「ちょ、ちょっといいですか!?」

提督「ああ。どうした」

能代「深海棲艦化って、艦娘以外ならないんじゃ……」

提督「それは重巡以上の深海棲艦の場合だな。だが、例えばイ級などの駆逐タイプなら、人間でもなってしまう場合がある」

提督「逆に言えば、人間は駆逐……どう頑張っても軽巡までにしかなれないということだが」

提督「つまり奴らは人間と接触し、彼らの深海係数を爆発的に上げて、深海棲艦――仲間に引き込みたいのだろう」

能代「そんな……」


提督「今の事は軍上層部の極秘事項だ。決して市民に漏らすな」

能代「は、はいっ!」

提督「そして、そんなふざけた作戦は絶対に阻止しなければならない」

提督「これは刑事課だけでなく……鎮守府、引いては国の安全信頼に関わる。心してかかれ!!」

一同「はっ!!」ビシッ


79:2015/04/08(水) 14:56:47.96 ID:

~隣町~

加賀「奴らの決起集会が行われているというのは……この辺りね」

吹雪「あっ、あの肉屋さん!私と衣笠さんが制圧した……!」

川内「なるほど。どうやらその肉屋の連中もその集会に参加するつもりだったと」

加賀「この区画を重点的に捜査します。時間が惜しいわ。また別れて捜査しましょう」


加賀「川内さんは私と来て。能代さんは吹雪さんについて、大和さんは――」

大和「私は1人で行きます」

吹雪「ええっ!?」

能代「危険ですよ!相手はどこに潜んでいるかもわからないのに……!」

大和「私なら大丈夫です。いいですね?加賀さん」

加賀「………………ええ、いいわ」

大和「では」スタスタ


加賀「相手は大勢よ。もし発見したとしてもむやみに手を出さず、応援を呼んで」

能代「はいっ!」

加賀「気を引き締めていきましょう。作戦開始」


80:2015/04/08(水) 15:03:09.94 ID:

~路地裏~

ジロジロ、ニヤニヤ

大和「(やはり表通りから少し外れると、この辺りは治安が悪い)」

大和「(ましてや女の1人歩き。深海棲艦でなくても……)」


男「よぉ姉ちゃん。随分堅苦しい格好して歩いてるじゃねぇか」ヒッヒッヒ

大和「(はぁ…………)なんですか?」

男「いやな、こんな所を1人で歩いているのなんざ馬鹿か死にたがりだ。だからよぉ……俺が守ってやろうかぁ?」

大和「結構です。遠慮しておきます」

男「そんなこと言わずによぉ。そのいいケツ触らせてくれりゃ……」

大和「……」チャキッ

男「ッ!?」

大和「教えてあげましょう。私は鎮守府刑事課の艦娘。そしてこの銃は……あなたをいつでも殺せます」

男「わ、わかった!わかったよ!!クソッ」ダッ

大和「…………クズが」チラッ

ッ!

大和「……はぁ、まぁいいです。先に行きましょう」


81:2015/04/08(水) 15:07:24.42 ID:

~加賀班~

加賀「どうやらまだ見つかっていないようね」

川内「あのー加賀さん?ちょっと聞きたいんですけど」

加賀「なに?」

川内「なんでいつも私と組んでるのかなーって」ヘヘ

加賀「…………別に、偶然よ」

川内「言ってくださいよ。理由くらい減るもんじゃないでしょ?」

加賀「はぁ…………」


加賀「ただ単に、一番安心するから。それだけよ」

川内「へっ?」キョトン

加賀「何?ただ一緒にいる期間が1番長いから、信頼できるというだけ」

川内「へえ~そうかぁ~……なるほどねぇ~」ニヤニヤ

加賀「無駄口叩いてないで、さっさと捜索」

川内「はいはい」ニヤニヤ


82:2015/04/08(水) 15:10:53.07 ID:

~能代班~

男「よぉ嬢ちゃん。似合わねぇスーツなんて脱いで俺とイイコトしねぇかぁ?」ヒッヒッヒ

吹雪「え、えぇっ!?」

能代「ふんっ」ドカッ

男「ぐえぇっ!」ドサッ


能代「大丈夫?」

吹雪「あ、はい……」

能代「裏路地はスラムみたいなものよ。奴らが姿を隠すにはもってこいってわけね」

吹雪「うぅ……怖い」

能代「私だって怖いわよ!でも、頑張って見つけ出さないと……ここの人達皆、深海棲艦よ」


83:2015/04/08(水) 15:24:13.90 ID:

吹雪「そ、それだけは……避けないと!」

能代「ええ。一刻も早く見つけ出しましょう」

・・・・・・

男「クソッ、なんなんだあのアマ……なにが艦娘だよチクショウ」

女「ねぇ、お兄さん」

男「あ?……おぉ……結構上玉じゃねぇか」ヘヘッ

女「私と遊びましょう?ついてきて」スタスタ

男「じゃあお言葉に甘えさせてもらうぜ」スタスタ

・・・・・・


84:2015/04/08(水) 15:28:44.88 ID:

~倉庫~

\マダカ! 人類ヲ深海ニ!/

港湾「…………」

女「どうやら、艦娘がこの辺りを捜査してるそうよ」

港湾「……ソウ…………ソノ誘ッタ男ハ?」

女「とっくにイ級よ」

港湾「ヤハリ、人間ハ脆イ」

女「そうね」クックック


港湾「艦娘ガ、コノ近クニイル」

ザワザワ

港湾「作戦ノ決行、早メル。今」

\オオオオオオオオ!!!!/

港湾「アナタモ、働イテモラウ」

女「わかってるわよ」


87:2015/04/08(水) 17:09:25.50 ID:

女「じゃ、艦娘達を誘い込みましょうか」

女「こちらのホームに」ニヤ

・・・・・・

~倉庫周辺~

大和「(やはり、ビンゴ!)」

ツ級「…………」ズズズ

大和「(ツ級はあの倉庫に入っていった……恐らく、あの倉庫に深海棲艦の集会が……)」

大和「……深海棲艦の拠点を発見」

加賀『よくやってくれました。こちら向かいます』

能代『では私達が行くまでそこで待機を――」

大和「先に突入します」ダッ

川内『あっ、ちょ!!』


88:2015/04/08(水) 17:14:16.43 ID:

・・・・・・

~路地裏~

能代「もう!独断専行だなんてー!!」

吹雪「あ、あの……能代さん……アレ」

能代「え?」クルッ

深海棲艦s「艦娘…………ヤル!!」

能代「…………加賀さん、私達そっち行くの遅くなります」

・・・・・・

加賀「能代さん達の周りに多数の深海棲艦が!?」タッタッタ

川内「どうします!?」タッタッタ

加賀「…………衣笠さんに彼女らへの援護を要請します」

川内「おっ、名案!じゃあ私達は変わらず大和さんを追って突入!」

加賀「そういうことです」


89:2015/04/08(水) 17:26:44.79 ID:

・・・・・・

~建物屋上(3階部分)~

加賀『衣笠さん、能代さん達のフォローお願いします』

衣笠「はいはーい。加賀が私に頼み事なんて珍しいわねぇ」

加賀『………………お願いします」

衣笠「ま、ピンチっぽいし助けない道理はないけどね!」ジャキン

衣笠「衣笠の狙撃、見せてあげる!」

・・・・・・

~倉庫~

大和「………………なるほど、そういうことですか」

深海棲艦s「バカメ!タッタ1人デ来ルトハ」

大和「ひぃふぅみぃ……数えるだけ無駄ですね。報告と違うじゃないですか」

大和「まぁ、関係ないですけど」スチャッ

『深海係数、348。執行モード、リーサル・エリミネーター』



90:2015/04/08(水) 17:32:30.58 ID:

・・・・・・

能代「このっ!」カチッ

バァン!ヴィイイイィィン……

ツ級「グッ」ドサッ

吹雪「落ち着いて、狙う!」カチッ

ル級「ウアァァ!」モコモコモコ、パァン!

吹雪「やった……!」


能代「ッ、吹雪ちゃん!後ろ!」

吹雪「えっ……?」クルッ

リ級「死ネ!!」ジャキン

吹雪「ッ!!」

バァン!ヴィイイィィィィィイィン…………

リ級「ガッ!?ア、アァ……」ドサッ

吹雪「…………え、倒れた……?」

衣笠『相変わらず吹雪ちゃんどんくさーい!』ケラケラ

吹雪「衣笠さん!?」


91:2015/04/08(水) 17:36:19.41 ID:

衣笠『早くそいつら倒して、加賀達援護してあげなよ、っと!』

ドヒュウゥゥゥン!

タ級「!」モコモコモコ、パァン!


能代「吹雪ちゃん!」

吹雪「はいっ!!」

バァン!ドヒュウゥゥゥゥン!

・・・・・・

~倉庫廊下~

川内「にしても、随分広い倉庫だなぁ」

加賀「ええ。…………大和さんは先に行ったようね」

川内「この倒れてる無数の深海棲艦と血だまり……ま、大和さんなら心配しなくても大丈夫だろうけど」


92:2015/04/08(水) 17:44:38.59 ID:

加賀「大和さん、今どこにいますか?」

大和『中央にある大広間にこれから突入します』

加賀「中にはどれくらい?」

大和『………………おかしい、深海棲艦の姿が見えません』

加賀「なんですって?……突入を待ってください。合流します」

大和『了解』


川内「なーんかキナ臭い予感……」

加賀「ええ…………」


93:2015/04/08(水) 17:54:15.23 ID:

・・・・・・

加賀「大和さん」タッタッタ

大和「やっと来ましたか」

川内「いくらなんでもやりすぎでしょーあれは……死屍累々とはアレのことだねぇ」

大和「別に執行についての制限は無いはずでしょう?」

川内「いや、まぁそうだけど」

加賀「時間が惜しいです。突入しましょう」

バンッ

~大広間~

川内「オラオラ、鎮守府刑事課だよー!」スチャッ

加賀「周囲を警戒」スチャッ

大和「…………異常、ないですね」スチャッ


94:2015/04/08(水) 17:59:43.82 ID:

加賀「敵影は無し…………ん?アレは……」スタスタ

川内「ちょっと加賀さん。あんま離れないでくださいよー?」

加賀「少し気になることが……」

加賀「これは……血?」

バチッ

川内「?上から変な音……」

ガラガラ……

大和「ッ、加賀さん!」

加賀「ッ!!」

ドオオオオオォォォォン!!

川内「うわっ!?」

大和「きゃっ!」


95:2015/04/08(水) 18:05:47.51 ID:

パラ、パラ……

大和「て、天井が崩れてくるなんて……」

川内「加賀さん!大丈夫!?」


加賀『こっちは大丈夫。けれど……分断されたわね』

川内「クッ、まさか罠!?」

大和「…………そのようですよ」

川内「ッ!」クルッ

深海棲艦s「艦娘…………殺ス!」

川内「おやおや、団体様で……」スチャッ

大和「…………」スチャッ


港湾「愚カナ艦娘共……」スタスタスタ

川内「お、お前は!」

大和「港湾棲姫…………はじめましてですね」


96:2015/04/08(水) 18:11:43.86 ID:

・・・・・・

加賀「なんですって!?港湾棲姫…………!!」ギリッ

加賀「すぐそっちに行きます。なんとか持ちこたえて」

川内『はいはーい!保証はできないけど……』

加賀「廊下に出て迂回すれば……」

女「どこに行くつもりなの?」

加賀「ッ!」スチャッ

女「待っていたわよ」ニコッ

『深海係数、65。執行対象ではありません。トリガーをロックします』


加賀「…………ただの人間?」

女「人間、ではないわね……」フフッ

女「そもそも、ここにいる人間は皆深海棲艦にしちゃったもの」クスッ

加賀「あなた、何者なの」


97:2015/04/08(水) 18:21:30.32 ID:

女「ドミネーター……無駄よ。私の深海係数は100を超えていないでしょう?」

加賀「…………(この人、どうしてドミネーターの事を……)」

女「どうしてドミネーターの事を……そう考えているわね」

加賀「ッ」ピクッ

女「あなたは昔からわかりやすかったわ……まぁ、それに気付くのはいつも私だったけれど」クスッ

加賀「何を行って…………」

女「全然変わってない…………嬉しいわ、加賀さん」

シュウウウウウウゥウゥゥ…………


女「ずット、会いたかったワ」

加賀「う、そ…………そんな……!」ワナワナ

加賀「どうして…………そんな真っ白な肌と、髪で……私の前に……!」

加賀「赤城さん!!!!」

赤城「……フフッ」


98:2015/04/08(水) 18:27:53.00 ID:

加賀「ぁ…………ぁぁっ」プルプル

赤城「久しぶりネ、加賀さン…………1年ぶりかしラ?」

加賀「どうして……生きて……」

赤城「あの後連れて行かれテ……その後は想像つくでしょウ?」

加賀「っ…………ッ!」スチャッ

『深海係数、44。執行対象ではありません。トリガーをロックします』

加賀「!?」

赤城「無駄だって言ったでしょウ?」クスクス

赤城「加賀さんだって知っていたハズヨ。私が免深体質艦だというこト」


99:2015/04/08(水) 18:35:47.91 ID:

加賀「それは、あなたが艦娘だった頃の体質です!なのに、あなたは深海棲艦になってしまった!」

赤城「えエ……私も不思議でス」

赤城「でもなってしまったものハ、しょうがないでス」

赤城「私は深海棲艦…………さァ、楽しみましょウ!」ジャキン

加賀「クッ!」スチャッ

『深海係数、30。執行対象ではありません』

赤城「深海棲艦にしテ、免深体質……この矛盾する体が今は愛おしイ!」

赤城「ドミネーターが使えなけれバ、あなたはただのいたいけな少女ですヨ。加賀さン!」

ダァン!

加賀「赤城さん!」ヒョイッ

加賀「(艦娘の頃は、あんな連装砲は装備していなかった……深海棲艦になって変わってしまったということ?)」


100:2015/04/08(水) 18:38:20.84 ID:

赤城「アッハハハハハハハ!」ダァン!

加賀「このままでは……!」バッ

赤城「逃がさなイ!」

加賀「ッ!」

ドォン!!

・・・・・・

川内「ちょ、向こうもかなりヤバそう!」バァン!

ツ級「……」ドサッ

大和「あの港湾棲姫……自分は手を出さずに、見ているだけ?」

川内「随分余裕じゃん!」


101:2015/04/08(水) 18:41:26.28 ID:

・・・・・・

吹雪「や、やっと全部倒せた~」

能代「もう!何体いたのよー!!」

衣笠『私も10から先は数えてなかったよ~』


吹雪「そうだ!早く倉庫に行って、加賀さん達を援護しないと!」

ドォォォォォォォォォン!!!!

能代・吹雪「ッ!?」

衣笠『ありゃ……倉庫からだね』

能代「行きましょう!」

吹雪「はいっ!」


102:2015/04/08(水) 18:47:08.36 ID:

・・・・・・

川内「クソッ!この駆逐タイプ多すぎ!!」バァン!バァン!

イ級「」ドサッ

大和「港湾棲姫は……相変わらず静観」

港湾「………………」

・・・・・・

パラパラ……

赤城「フッフッフ……どうやラ、跡形も無く吹き飛んでしまったようネ……」スタスタ

シュイイイイイイイイィィィィィン……!

赤城「ん?」

加賀「どうやら、深海棲艦になって忘れてしまっていたようね……」ハァッハァッ

加賀「ドミネーターには、3つ目のモードがあるってこと……!」スチャッ


『対象の脅威判定が更新されました。【砲撃】……執行モード、デストロイ・デコンポーザー』

加賀「深海係数に関わらず、使用者に著しい命の危険が迫った時のみ発動するこのモード……あなたは1度も使わなかったものね」

赤城「ッ!」

加賀「さようなら……」

バシュウウウウゥゥゥゥゥ!!


103:2015/04/08(水) 18:51:48.70 ID:

・・・・・・

~倉庫廊下~

ズウウゥゥゥン!…………

吹雪「今の音って!?」タッタッタ

能代「デコンポーザー……!!」タッタッタ

・・・・・・

加賀「はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ…………!」ガクッ

加賀「やっ……た?」

シーーーーーーン……

加賀「ふぅ…………赤城、さん……」

赤城「呼びましたカ?」スッ

加賀「ッ!がぁっ……!」

赤城「デコンポーザーとは盲点でしタ……慢心はいけませんネ」ガッ

赤城「お互いニ」グググ

加賀「(く、首が……!)カハッ……!」


104:2015/04/08(水) 18:53:17.08 ID:

 ご飯中断 また後ほど


105:2015/04/08(水) 21:55:24.49 ID:

加賀「こ、のっ!」チャキッ

赤城「あらあラ」ガシッ

加賀「(ど、ドミネーターを持った腕まで掴まれた……!)」

赤城「いけない子でス」スッ

加賀「ンムッ!?」

赤城「…………」チュウゥ

加賀「ッ!ッ……!」ジタバタ

赤城「んっ……ふふっ、加賀さんの唇、美味しかったですヨ」

加賀「な、なにを……!」ゼェゼェ

赤城「ちょっとした呪いでス」

加賀「呪い……?」

赤城「あなたがこの状況を乗り切れたら、確かめてみなさイ……」グググ


106:2015/04/08(水) 22:03:52.49 ID:

加賀「グッ……カフッ……!」

赤城「さぁ、そろそろトドメヲ……」

吹雪「うあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ドンッ

赤城「ギッ……!?」ズサササ


能代「体当たりとはまた原始的ね。まぁそれが功を奏したみたいだけど」

吹雪「加賀さん!大丈夫ですか!?」

加賀「ゴホッゴッホッ……吹雪、さん?」

能代「吹雪ちゃん、加賀さんをお願い!」スチャッ

赤城「ッフフフ……」

『深海係数、19。執行対象ではありません』

能代「えっ、何で!?」

加賀「気を付けて、能代さん!その人にドミネーターは通用しない!」


107:2015/04/08(水) 22:09:59.52 ID:

赤城「そういうこト……」

能代「じゃあ、どうすれば……!」

・・・・・・

川内「赤城さんが生きてた!?」

大和「赤城さん?」

川内「昔、刑事課にいた艦娘なんだけど……そこの港湾棲姫に連れ去られたっていう人ですよ」

大和「なら、その人に聞くのが手っ取り早いですね!!」ドヒュウウゥン

ロ級「……!」モコモコモコ、パァン!


川内「はぁっ、はぁっ……!粗方片付いたね」

大和「残るは……!」チャキッ

港湾「…………意外ト、生キノビルモノダ」

『犯罪係数、614』

川内「文句なしに執行対象!覚悟してもらうよ!」


108:2015/04/08(水) 22:13:40.36 ID:

港湾「私ダケヲ、気ニシテテイイノカ?」クスッ

川内「なに……?」


衣笠『ちょ、ちょっと!!皆、大変!!』

大和「どうしました!?」

衣笠『突然倉庫から深海棲艦の大群が出て来て……!この区画の人達を次々と襲ってる!!』

川内「なんだって!!?」

港湾「ホラ、言ッタ通リ」スタスタスタ

川内「ま、待て!!」ダッ

大和「川内さん!?」

川内「大和さんは皆と合流して鎮圧に向かって!アイツは私が追う!」


109:2015/04/08(水) 22:16:55.10 ID:

・・・・・・

衣笠『急いで鎮圧しないと、この区画だけじゃ済まなくなるよ!!』

加賀「なんですって……!!」

赤城「あラ、時間みたいネ……」

能代「どこへ行く気!」

赤城「もうここに用はないかラ……また会いましょウ」スタスタスタ

能代「待ちなさっ――」

吹雪「能代さん!」

能代「ッ、吹雪……?」

吹雪「あの人を追うのも大事ですけど、今は表の事態を鎮圧しないと!」

加賀「私も、吹雪さんに賛成だわ」

能代「加賀さんまで……!わかりました…」


110:2015/04/08(水) 22:23:11.24 ID:

加賀「川内さん…………川内さん?……無線を切ってある……」

吹雪「ええっ!?」

加賀「なら、大和さん。聞こえますか?」

大和『はい』

加賀「川内さんは?」

大和『彼女は港湾棲姫を追って…………』

加賀「単独先行ですか……!?」

大和『はい……私には外の暴動を鎮圧しろと……』

加賀「…………わかりました。私達は倉庫前で合流。鎮圧に向かいましょう」

・・・・・・

~倉庫前~

吹雪「これは…………さっきまで人の気配がしたのに……まるでゴーストタウンですよ」

加賀「この周辺に人はもう……いないのでしょうね」

衣笠『この区画はありったけの妖精を動員して封鎖してあるから、外には漏れてないよ!』

加賀「わかりました。では皆さん、2人ずつで各個撃破していきましょう」

吹雪・能代・大和「了解!」


111:2015/04/08(水) 22:27:27.97 ID:

能代「じゃあ吹雪ちゃん、行こう!」

吹雪「はいっ!!」

タッタッタ

大和「加賀さん、私達も」

加賀「大和さん。私の深海係数……測ってもらえますか?」

大和「え?」

加賀「…………お願いします」

大和「わかりました……?」スッ

『深海係数、117。刑事課登録艦娘、執行対象です』

大和「えっ!?」

加賀「やはり…………聞かなくても数値は大体わかります」ハァ

大和「どうして、こんな数値が!?」

加賀「赤城さんはさっき……私に呪いと称した行動をしてきました…………もしやとは思ったけど…………」

大和「加賀さん……」


112:2015/04/08(水) 22:32:36.72 ID:

加賀「提督」

提督『話は聞かせてもらった。お前の深海係数が100を超えてしまった以上、作戦からは外さざるを得んが……今は非常時だ。そのまま作戦を続行しろ』

加賀「はい。ありがとうございます」


加賀「ですって。行きましょう」

大和「は、はい……」

・・・・・・

衣笠「こんのおお!数ばっか多い!!」カチッカチッ

ロ級「アアア!」モコモコモコ、パァン!

リ級「オノレ……!」バタッ

衣笠「駄目だわ!圧倒的にこっちの数的不利!」

\イタゾ!艦娘ダ!/

衣笠「やばっ」

\行ケー!殺レー!!/

衣笠「くぅぅっ、ここは場所を移動するしかないわね……!」


113:2015/04/08(水) 22:39:03.23 ID:

ダァン! ダァン!!

衣笠「きゃあああぁぁぁぁ!!」

『対象の脅威判定が更新されました。【砲撃】……執行モード、デストロイ・デコンポーザー』

衣笠「きたっ!」ジャキン

衣笠「周りの連中もろとも、消し飛びなさい!!」

バシュウウウウウウウゥゥゥゥ!!

・・・・・・

吹雪「このっ!」ドヒュウゥン

能代「ふっ!」ドヒュウゥン

パァン!  パァン!

吹雪「しらみつぶしに倒しまくってますけど、この区画に居る人全員が深海棲艦にされてたら……」

能代「だったら、全員始末するのが刑事課艦娘の役目よ」

吹雪「能代さん……」

能代「私達だって、人類代表なんだから!!」ダッ


114:2015/04/08(水) 22:45:14.44 ID:

加賀「(しかし、何故…………何故私の深海係数が上がっている……)」

加賀「(赤城さんに、キス……されたから?)」

加賀「(いえ…………『深海棲艦になった赤城さんを思っている』から?)」

大和「加賀さん!」

ハ級「ガアアアァァ!」

加賀「ッ!」

大和「クッ!」ドヒュゥゥゥン

ハ級「ガ…………」モコモコモコ

パァン!

大和「加賀さん、無事ですか?」

加賀「え、ええ……ありがとう」

大和「今は余計な事を考えるのをやめましょう。死にます」

加賀「わかっているわ……」


115:2015/04/08(水) 22:50:32.93 ID:

・・・・・・

ドヒュウウゥゥン

パァン!!

能代「結構片付いてきた!?」カチッカチッ

吹雪「恐らく!!」カチッカチッ

・・・・・・

衣笠「やばっ、強襲型ぶっ壊しちゃった……明石に怒られるだろうなぁ……」ハァ

衣笠「まいっか……敵はまだいるんだし……」

衣笠「たまには普通のドミネーター、使ってみるか!」スチャッ

ル級「フフフフフ」ジャキン

衣笠「おっとぉ!!」カチッ

ドヒュウウウゥゥゥン

ル級「ナッ、グアァ!」モコモコモコ、パァン!

衣笠「へっ、どんなもんよ!」

・・・・・・


116:2015/04/08(水) 22:58:48.91 ID:

加賀「敵の数も減ってきましたね……」カチッ

大和「さっきからひっきりなしに撃ちまくりですからね!」カチッ

加賀「(この区画を全て封鎖してるなら……いずれ赤城さんに……)」

・・・・・・

能代「この辺りはもう、コイツだけっ!!」ドヒュウウゥゥン

ロ級「ァ……!」モコモコモコ、パァン!

吹雪「こっちも!ラストぉ!!」ドヒュウゥゥン

チ級「…………!」モコモコモコ、パァン!

吹雪・能代「はぁっ、はぁっ……お、終わったぁ~」ヘナヘナヘナ


衣笠「お疲れ~」

吹雪「衣笠さん!」

能代「無事でしたか!」

衣笠「うん。予備に普通のドミネーター持って来ててよかったよ~そういえば他の連中は?」

能代「加賀さんと大和さんは別方面を鎮圧中。川内さんは……港湾棲姫を追って……」

衣笠「港湾棲姫……!アイツを殺るのは私だと思ってたのになぁ」


117:2015/04/08(水) 23:04:52.76 ID:

・・・・・・

港湾「…………シツコイ」

川内「そりゃあね!待てえぇ!!」タッタッタ

港湾「ハァ………………」ピタッ

川内「おっ、観念した?」スチャッ

港湾「イイエ……ココデアナタヲ……殺スコトニシタ」ブォン

川内「うわっ!?危ない危ない!」ヒョイッ

川内「その爪、随分協力っぽいじゃん」


港湾「私ニドミネーターハ、当タラナイ」ヒュン

川内「ッ、消えた!?」

港湾「コッチ」ブォン

川内「ぐあぁぁっ!」ズザザザッ

港湾「…………シブトイ」

川内「そりゃ、今のはちょーっと浅かったからね」ニッ


118:2015/04/08(水) 23:10:00.44 ID:

川内「悪いけど、1年前からいたメンバーとして、アンタにゃ色々借りがあるんで!」スチャッ

港湾「ッ」

『犯罪係数、770。執行モード、リーサル・エリミネーター』

川内「大人しくやられてもらうよ!」ドヒュウウゥン

港湾「ッ!!」ヒュン

川内「(ドミネーターの弾を避けた!?いや……!)」

川内「そっちだ!!」ドヒュウゥン

港湾「ナッ!?左腕ガ……!」モコモコモコ、パァン!

港湾「ガアアアァァァッ!」

川内「クソッ、片腕だけか!」


119:2015/04/08(水) 23:14:51.84 ID:

川内「なら何度でも当ててやる!」ドヒュゥンドヒュゥゥン

港湾「…………!!」シュンシュンッ

川内「(やばっ、速ッ――)」

港湾「サヨウナラ……」シュッ

グサッ

川内「くっ……!ぐぅぅぅっ……!!」プルプル

川内「(完全に腹を貫いちゃってまぁ……!)」

港湾「…………」


120:2015/04/08(水) 23:17:28.86 ID:

川内「だけど……残った片腕を突き出してっていうのが、アンタのミスだねっ!」ガシッ

港湾「ナッ!(腕ヲ、掴マレ――)」ググッ

川内「これなら腕も抜けないでしょ!」チャキン

『深海係数、847。執行対象です』


港湾「貴様……!」ギロッ

川内「終わりさ……!」ニッ



ドヒュウウウゥゥゥゥン…………


パァン!


121:2015/04/08(水) 23:21:23.67 ID:

・・・・・・

加賀「対象の鎮圧を確認…………やっと、終わりましたね」

能代「加賀さーん!」

大和「能代さん達も無事のようですね」

吹雪「こちらも掃討、終わりました!」


衣笠「………………」

加賀「……………………」

衣笠「……港湾棲姫、どうなったろうね」

加賀「…………川内さんが追ってるんです……大丈夫でしょう」

衣笠「ま、そうだよね」


122:2015/04/08(水) 23:27:28.14 ID:

・・・・・・

川内「うっ、ガハッ……」ドサッ

川内「ハァッ、ハァッ、ハァッ……へ、へへっ……やってやった……」

川内「加賀さんの、因縁だけど……あはは、片付けちゃったよ……」


川内「でも、まぁ……いっか」

川内「置き土産は、十分だし…………うっ、ゴホッゴホッ!」

川内「長くないし…………」


川内「あー……赤城さん……元気な姿くらい見せてほしかったなぁ…………残念」

川内「後は皆……うまく、やってくれるかなぁ…………吹雪ちゃんなんか、まだまだ心配だし……」

川内「……加賀さん……後は…がんばっ、て………」


川内「……もうすぐ夜かぁ……夜はいいよねぇ…………」

川内「夜戦、大好きだけど…………今は、眠い……か、な………………


川内「………………………………………………………………………………」

・・・・・・


123:2015/04/08(水) 23:34:24.83 ID:

・・・・・・

~執務室~

提督「それでは、報告を聞こう」

加賀「はい……深海棲艦のアジトと思わしき倉庫に突入したところ、そこには大量の深海棲艦と、港湾棲姫…………それと、深海棲艦となった元艦娘、正規空母赤城の姿がありました」

加賀「対峙したのもつかの間、港湾棲姫と赤城は逃走。我々は区画内に現れた深海棲艦の掃討へ」

加賀「深海棲艦の掃討は約40分程で完了。重巡衣笠も強襲用ドミネーターを失うも生還」

加賀「さらに港湾棲姫も討ち取ることに成功しました」


提督「そして、川内が殉職したと…………」

加賀「……………………私の責任です」

提督「いいや。これは誰の責任でもないさ。言い方は悪いが川内が突っ走ったとも言える」

提督「だが港湾棲姫を単独で倒したのだから、そのスタンドプレーに誰も文句は言うまい」

加賀「私は言いたいです…………」

提督「…………まぁ、そうだろうな」


124:2015/04/08(水) 23:42:49.10 ID:

提督「だが赤城があんなことになっているのは完全に予想外だ。イレギュラーというやつだな」

提督「しかも、奴は抜け道を使いあの封鎖を脱け出した……」

加賀「…………次会った時は、必ず……」

提督「次、か…………君に次があるのか?」

加賀「ッ…………確かに、私の深海係数は上がりました……しかし、かといって私が深海棲艦化することなどありえません」

提督「だが赤城はああなった」

加賀「それは…………」

提督「…………ハァ」


提督「なら、チャンスをやろう」

加賀「チャンス、ですか?」

提督「ああ。君はいつも通り作戦に参加してもいい。だが……」

提督「他の刑事課艦娘に、君に対する任意執行権を与えることが条件だ」

加賀「任意執行権……?」

提督「言ってしまえば、君が何か不審な行動をした場合、他の艦娘はドミネーターで君を裁く権利があるということだ」

加賀「……監視、というわけですか」

提督「そうだ。君が不穏な動きをした時に犯罪係数が100や200台ならば、パラライザーで気絶……しかし」

提督「もしその時に300を超えていた場合、エリミネーターが発動しても文句は言えんぞ」

加賀「………………わかり、ました」


125:2015/04/08(水) 23:49:21.10 ID:

~ラウンジ~

吹雪「…川内さん………………」グスッ

能代「…………」

衣笠「…………はぁ~辛気臭いなぁ」

能代「衣笠さん!」

衣笠「いくら悲しんでも、川内は戻ってこない。彼女はその命と引き換えに、港湾棲姫を倒し人類を救った!それでいいんじゃないの?」

能代「よくもそんなことが言えますね!仲間が死んだんですよ!?」

衣笠「そんなの、海戦中にはよくあることだったよ!!」

能代「ッ!…………」


衣笠「私だって悲しくない訳じゃない……昔からの仲間だった……」

衣笠「でも、川内の功績は讃えてやらないと。ただ死んだだけの扱いはゴメンだよ!」

能代「だからって!」

吹雪「……私、少し散歩してきます……」

バタン

能代・衣笠「………………」


126:2015/04/08(水) 23:55:03.11 ID:

 今日はここまで また明日


129:2015/04/09(木) 13:13:36.60 ID:

~大和型の部屋~

武蔵「いつまで私に抱き付いて泣いているつもりだ?」ナデナデ

大和「だって……!私があの時、川内さんを止めてさえいれば……!!」グスッ

武蔵「川内は、自分の役割と死に場所を見つけていたのだ。これ以上言ってやると、奴の死を冒涜することになるぞ?」

大和「……それでも、私は……後悔と罪悪感に…………耐えられない!」


大和「あの後、処理妖精に運ばれるあの人を見て……もう、ダメになりそうだった!」

大和「青い返り血と赤い自分の血で塗れて、港湾棲姫の腕によってお腹を貫かれたまま、笑っていたあの人……!」

大和「一見すれば、もう彼女は満足だったのかもしれない!でも、私は…………」

武蔵「…………ふむ」


武蔵「1度過ぎたことはもう戻らん。後にできる事と言えば、時間をかけてその心の傷を癒していくことだけだ」

武蔵「それは、この武蔵が手伝ってもよいのだろう?」

大和「武蔵………………ありがとう……」

武蔵「なぁに、いいってことよ」ニッ


130:2015/04/09(木) 13:17:17.85 ID:

・・・・・・

吹雪「川内さん…………」グスッ

吹雪「私、どうすれば……」スタスタスタ

ドンッ

吹雪「キャ、あ、すいませ……」

春雨「……吹雪ちゃん?」

吹雪「春雨、ちゃん…………?」

春雨「あぁっ!吹雪ちゃんだぁ!!聞いてますよ!深海棲艦に乗っ取られた区画を解放したって!」

吹雪「あ……そうなってるんだ」

春雨「え、どういうこと?」

吹雪「私達…………私、うっ……!うううぅぅぅ!!」ダキッ

春雨「ええっ!?ふ、吹雪ちゃん!?」

吹雪「うわあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!」


131:2015/04/09(木) 13:21:56.17 ID:

~吹雪の部屋~

春雨「落ち着きました?」

吹雪「うん…………ありがとう」グスッ

春雨「川内さんの事は、皆知っています……特に姉妹の神通さんと那珂ちゃんは……かなり塞ぎ込んでいます」

吹雪「姉妹、かぁ……」

春雨「吹雪ちゃんの姉妹は?確か吹雪ちゃんは1番艦でしたよね」

吹雪「うん……妹はたくさんいるけど……会ったことないんだ」

春雨「そうなんですか?」

吹雪「だから、私が死んでも……川内さんみたいに姉妹や仲間に悲しまれるなんてこと……」

春雨「そんなことありませんよ!!」


132:2015/04/09(木) 13:26:48.73 ID:

吹雪「春雨、ちゃん……?」

吹雪「嬉しいけど、私ってまだ新人だし……刑事課の皆からの信頼もまだ薄いし……だから」

春雨「だからなんですか!!」

春雨「吹雪ちゃんが死んでしまったら、春雨が悲しみます!泣いちゃいます!!」

春雨「だって私達、友達じゃないですか!!」

吹雪「友達…………」

春雨「そうです!だから、吹雪ちゃんがいなくなっちゃったら、私がすっごく悲しみますからね!覚悟しておいてください!!」ビシッ


吹雪「………………ぷっ、あっはははは!」

春雨「な、なにかおかしいですか?」

吹雪「ううん……春雨ちゃんのお蔭で、なんか気が楽になった!ありがとう!」

春雨「い、いえ……私は別に」

吹雪「そうだよね……私達、友達だね!」ダキッ

春雨「わあわわわわあああぁぁ!!?と、友達は簡単に抱き付いたりしませんよぉおぉ!!」オロオロ


133:2015/04/09(木) 13:32:54.82 ID:

・・・・・・

吹雪「私……色々ごちゃ混ぜになってたみたい……」

春雨「と言うと?」

吹雪「川内さんがいなくなっちゃって……隊の空気が悪くなっちゃって……」

吹雪「すっごく悲しくて泣いてばかりだけど、それだけじゃいられない……そんなのがせめぎ合ってるの……」

春雨「…………」


吹雪「刑事課の中に、悲しんでいるより、川内さんを讃えてやるべきだっていう意見もあって……私、内心それに賛成なの」

吹雪「でもやっぱり……悲しんじゃう」

吹雪「だから私、決めたの!」

春雨「どうするんですか?」

吹雪「悲しむのは適度に!悲しんでばかりじゃいられない、もう前を向かなきゃって!」

吹雪「色々話せて……本音も話せて、楽になっちゃった!春雨ちゃんのおかげだね!」

春雨「わ、私!?私はなにも……!」


135:2015/04/09(木) 13:39:57.91 ID:

吹雪「だから春雨ちゃん、ありがとう!」ペコリ

春雨「い、いいえ……私でお役に立てたのなら!」

吹雪「そのためにも……もっと、皆の役に立てるようにならなきゃ!」

春雨「頑張ってください!吹雪ちゃん!」

吹雪「うん!!」

・・・・・・

~加賀の部屋~

加賀「川内さん………………」

加賀「また1人……大切な仲間を失ってしまった……」


<<加賀「耐えられないなら、提督に言って部署を変えてもらいなさい」>>


加賀「吹雪さんに言ったことが、まさか私に帰って来るなんて……」

加賀「つくづく私は……駄目ね」

・・・・・・


137:2015/04/09(木) 13:47:45.32 ID:

・・・・・・

~数日後・執務室~

提督「………………」

提督「川内の死に、加賀のダメージ…………深刻だな」

提督「既に状況は次のフェイズに進んでいる…………やはり、奴が重要か」

提督「今日の作戦の報告如何によっては……刑事課を任せてもいいな」

・・・・・・

~街~

吹雪「大和さん!ル級行きました!」

大和「任せて」

吹雪「能代さんは大和さんの補佐を!加賀さん、チ級の足止めをお願いします!」

加賀「………………」ボー

吹雪「加賀さん!!?」

加賀「ッ!」ハッ

チ級「艦娘!」ジャキンッ


138:2015/04/09(木) 13:51:34.45 ID:

加賀「(しまった……反応が……遅れ……!)」

チ級「アアアアァァァァッ!」

吹雪「間に合って!」カチッ

バァン!ヴィイイイィィィン……

チ級「アッ!…………アッ……」ドサッ

加賀「………………」

吹雪「大丈夫ですか!?」

加賀「え、ええ…………」

吹雪「………………」


能代「吹雪ちゃーん!こっちも片付いたわよー!」

吹雪「ありがとうございます!ご苦労様です」


139:2015/04/09(木) 13:57:23.24 ID:

・・・・・・

~作戦後~

能代「にしても、急に提督が吹雪ちゃんに作戦を主導させるなんて言い出した時にはどうなることかと思ったけど……」

大和「どうやら彼女は、提督の見込み通りだったということでしょうね」

吹雪「えっ!?あ、いや……そんなことは……!」アセアセ

能代「別にいいのよ謙遜しなくて!私なんか作戦指揮はできないし」

大和「適材適所というものですよ」チラッ

加賀「………………」ボー


大和「(恐らく、提督も加賀さんの状態を気にしてのことでしょう。もしかしたら加賀さん…………もう……)」スチャッ

『深海係数、190。刑事課登録艦娘、任意執行対象です』

大和「(もう、作戦指揮なんてできないのかもしれない……そんな気がします)」


140:2015/04/09(木) 14:03:29.61 ID:

・・・・・・

~執務室~

吹雪「し、深海棲艦2体、パラライザーにより捕縛!以上で報告を終わります!」ブルブル

提督「そこまで緊張しなくてもいい。だが、中々いいじゃないか」

吹雪「えっ?」

提督「君はたどたどしくも作戦指揮をやってのけ、犠牲も無く深海棲艦を執行した。君は自らの有能性を私に見せてくれているよ」

吹雪「え、あ、ありがとうございます!」ペコリ


提督「加賀があんな状況だ。しばらくは君に作戦指揮を任せよう」

吹雪「ええっ!?」

提督「能代と大和、それに衣笠と加賀も承知してくれた。仲間達からの信頼もあるそうじゃないか」

吹雪「いやいやいや、そんな!」

提督「謙遜することはないさ。結論から言って、今の刑事課は君にかかっている。プレッシャーをかけるようで悪いが、任されてくれるか?」

吹雪「うぅ…………わ、わかりました。作戦指揮の任、果たさせていただきます!」ビシッ


141:2015/04/09(木) 14:08:52.01 ID:

~吹雪の部屋~

吹雪「はああああぁぁぁぁぁ…………どうしよう……」

春雨「ま、まぁよかったじゃないですか!着任して2ヶ月弱で刑事課の作戦指揮!言うならばトップですよ!」

吹雪「そんな柄じゃないよおおぉぉぉ……」

春雨「吹雪ちゃんは気負いすぎですよ!私達普通の艦娘からしたら、吹雪ちゃんも十分すごいんですよ?」

吹雪「そうなの……?」

春雨「はい!この前の区画解放事件から、艦娘はおろか、一般市民からも刑事課への羨望のまなざしが強まっています!自信を持ってください!」

吹雪「それってもう失敗は許されないってこと…………ますます困るよおおおぉぉぉぉ…………」

春雨「あ、あはは……ですよね」


142:2015/04/09(木) 14:16:31.01 ID:

・・・・・・

~加賀の部屋~

加賀「………………」ボー

ガチャッ

衣笠「まだ部屋に籠ってたのね」

加賀「ノックくらいしてください…………なんですか?」

衣笠「作戦指揮を降ろされたって聞いて、今どんなマヌケ面をしてるかなって見に来たの」

加賀「そうですか…………」

衣笠「……もうダメっぽいね、あなた」

加賀「…………わかりますか?」

衣笠「見りゃわかるわよ…………赤城ね?」

加賀「はい……生きてると知ってしまった…………深海棲艦となってしまった彼女を思う事は、私自身の深海係数を上げる事……」

衣笠「ついに200を超えたらしいわね」

加賀「………………」


143:2015/04/09(木) 14:25:34.02 ID:

衣笠「まぁ作戦指揮は吹雪ちゃんが引き継いでくれるしぃ?川内やあなたの後釜はまた連れてくればいいから、あなたはもう実質お払い箱ね」

加賀「………………何が言いたいの」

衣笠「あなたが刑事課からいなくなっても、別にいいってことよ」

加賀「……………………」

衣笠「だからさ、追いなさいよ。赤城」

加賀「ッ!」

衣笠「自分の手でケリを付けたいんでしょ?ドミネーターも使い物にならない。しかも自分の深海係数は上がる一方……」

衣笠「もう赤城を止められるのは、自分だけだと思ってるんじゃないの」


加賀「………………あなたは気に入らない。どうしてずっと離れていたクセに、私の事が分かるんですか?」

衣笠「離れていたからこそ、よく見えるものもあるの」

衣笠「だからあなたが艤装を装備して赤城を追うために鎮守府を脱走しても、私は何も思わない」

加賀「衣笠さん…………」

衣笠「赤城の居場所が分からない内は、ただの無能のフリでもしてなさい。場所がわかったら牙を剥けばいいわ」

加賀「…………ありがとう、ございます」


144:2015/04/09(木) 14:34:23.07 ID:

加賀「(赤城さんにドミネーターは通用しない。ならば、艤装で直接……)」

加賀「(それには、普通の艦娘ではダメ。陸上での艤装展開は厳禁――使用した瞬間捕まって罰せられる)」

加賀「(でも、私なら…………赤城さんを知り尽くし、もう艦娘としての未来が無い私なら…………!)」

加賀「(待っていて赤城さん……私が、解放してあげるわ)」

・・・・・・

~大和型の部屋~

大和「ねぇ武蔵」

武蔵「なんだ?」

大和「最近、吹雪さんが妙に頼りがいがあるの」

武蔵「ほう……大和にそう言わしめるか」

大和「ええ。彼女といると、少しだけだけど、心が穏やかになる気がするわ」

武蔵「よかったじゃないか。もう私がお前の頭を撫でる必要はないということかな?」

大和「うーん………………やっぱりまだいるかも」

武蔵「おいおい」ヤレヤレ


145:2015/04/09(木) 14:40:30.13 ID:
・・・・・・

~???~

赤城「フフフ…………港湾棲姫は失ったけド……もウ、準備は整っタ」

赤城「そろそろヨ…………もうすぐ私ガ、あの鎮守府を滅ぼしてやル……!」

・・・・・・

~ラウンジ~

吹雪「うーん…………」

能代「どうしたの?」

吹雪「あ、能代さん。なんかテレビのインタビューを受けなくちゃいけないみたいで……その為の原稿を考えてるんですよ」

能代「そんなことまでしてるの!?」

吹雪「なんか、作戦指揮が私に変わってから提督が刑事課を宣伝しようって……」

大和「まぁ、確かに加賀さんではインタビューになりませんものね」クスクス

吹雪・能代「…………」

大和「な、なんですか?」


146:2015/04/09(木) 14:43:58.32 ID:

吹雪「い、いえ……」

能代「なんか大和さん、変わった?」

大和「ええ?」

吹雪「最近、表情が柔らかいなぁって」

大和「べ、別にこれが普通です!」

能代「そうですかぁ?」ニヤニヤ

大和「そうですが、なにか!」

能代「べっつにぃ~」

大和「もう!知りません!」

吹雪「ま、まぁまぁ」アハハ

吹雪「(大和さんもこうして一緒にいてくれる……段々、信頼を積み重ねられてきてるのかな)」


147:2015/04/09(木) 14:50:28.48 ID:

・・・・・・

~執務室~

提督「…………なるほどな、街の至る所で行方不明者多数か。しかも、目撃情報によればその内の数人が山奥に連れて行かれたと……」

提督「赤城め…………そういうことか」

ピロロロロロ、ピロロロロロロ

吹雪『は、はいっ!!』

提督「吹雪、招集だ。これより重要な作戦の話をする。刑事課の連中を集めろ」

吹雪『わかりました!』

ピッ

提督「さて、これで奴もこれまでか…………それとも、こちらにチェックをかけてくるか」


151:2015/04/09(木) 21:33:02.86 ID:

~吹雪の部屋~

吹雪「うぅ、重要な作戦だって……」

春雨「頑張ってください!吹雪ちゃん!」

吹雪「ごめんね、買い物行く約束、今日だったのに」

春雨「いえいえ!いいんですよ!私はちょっと要る物もありますし、今1人で行きますけど」アハハ

吹雪「ごめんねえぇぇ!次時間空いたら絶対行こう!」

春雨「はいっ!」

・・・・・・

~執務室~

提督「全員揃ったな。衣笠も」

衣笠「赤城のこととなれば、私も黙っていられないからね!」

加賀「………………」

提督「……加賀だが、前の作戦や深海係数から判断した結果……今回の作戦は待機だ」

加賀「……はい…………」


152:2015/04/09(木) 21:46:48.98 ID:

提督「吹雪、能代と大和を連れてこの場所を調査しろ」

吹雪「これは……結構山奥ですね」

提督「情報によると、山奥に最近の行方不明者が複数運び込まれているらしい。恐らく赤城だ」


提督「そして、数十人の人間を運び込める施設といえば、この天文台ホールだ」

能代「天文台ホール……確か、リゾート開発に失敗した名残の廃棄施設ですよね」

提督「ああ。だがそのホールだけは電気系統も完成していたからな。線を繋げれば電気も点くはずだ」

大和「ということは、やはりここが……」

提督「ああ…………衣笠はバックアップだ。吹雪達が施設に入った後は周囲を警戒しろ」

衣笠「了解!」

提督「ここで赤城を始末し、深海棲艦の脅威を街から無くす!皆、尽力しろ!!」

一同「はっ!!」


153:2015/04/09(木) 21:52:13.02 ID:

・・・・・・

能代「じゃあ早速出発しよう!」

大和「ええ」


提督「吹雪、少し残れ」

吹雪「え?あ、はい!」

衣笠「じゃあ先に行ってるよー!」

バタン

吹雪「司令官、なんでしょうか」

提督「赤城のことだが……君に極秘で任務を頼みたい」

吹雪「えっ?」

提督「赤城は生け捕りにしろ」

吹雪「生け捕り、ですか?」


154:2015/04/09(木) 22:00:58.98 ID:

提督「ああ。君は、免深体質艦というものを知っているか?」

吹雪「いえ……」

提督「簡単に言えば、深海係数の上がらない、深海棲艦にならない艦娘のことだ。君のような、ね」

吹雪「わ、私!?深海係数が上がらないって……」

提督「だからこそ、君を呼んだ。免罪体質艦は貴重だからな……是非とも手元に置いておきたかった」

吹雪「それが、私を呼んだ理由……?」

提督「本当はそれだけだったが、君は俺の予想に反して非常に素晴らしい素質を見せてくれた。感謝しているよ」


吹雪「それと生け捕るというのと、どんな関係があるんですか?」

提督「今回の目標…………赤城もまた、免罪体質艦だった」

吹雪「えっ……?でも今、深海棲艦にならないって……」

提督「その通りだ。免罪体質艦は深海棲艦にならない…………だが、奴は仲間の目の前で深海棲艦と化した」

提督「非常に興味深い存在だ。あれほどの素材を、ただ排除するだけというのは勿体ないからな。捕まえて調べるんだ」

吹雪「………………納得できません……」

提督「ほう」

吹雪「赤城さんは、かつての仲間だったんですよね!?なのに、何でそこまで非情になれるんですか!?」


155:2015/04/09(木) 22:10:38.94 ID:

提督「………………」

吹雪「確かに赤城さんは深海棲艦となり、酷いことを沢山してきました!なのに、部下だった人をそんなに扱うなんて……」

吹雪「新米の私だって、加賀さんが常に赤城さんのことを案じているのは分かりますよ!なのに、司令官は……」


提督「…………赤城は、確かに有能な部下だった。信頼もしていた」

提督「だが、どうあれ敵になったんだ。そこに私情は一切挟まん。これ以上は聞いてくれるな」

吹雪「………………分かりました。司令官の覚悟は……」

吹雪「では、赤城さんは生け捕りに……」

提督「ああ。君のドミネーターだけ、深海係数に関わらず、常時パラライザーモードに設定しよう」


提督「だが赤城は容赦なく攻撃してくるだろう。それはドミネーター使用者の命の危険でもある……」

提督「くれぐれも、間違えて能代達にデコンポーザーで撃たせるな。赤城を撃つのはお前だけだ」

吹雪「了解……」

提督「期待しているよ」


156:2015/04/09(木) 22:16:02.96 ID:

~移動車内~

運転妖精「」ブロロロロ……

能代「吹雪ちゃん、提督に何を言われたの?」

吹雪「えっ!?い、いやーなんでもないですよ!」

吹雪「あ、そうだ!それより突入ですけど――」

・・・・・・

~加賀の部屋~

加賀「……………………」

加賀「………………よし……」

加賀「行きましょう………………」

ガチャッ バタン


157:2015/04/09(木) 22:19:27.06 ID:

~工廠~

明石「さーて、次は温水装置でも作るかなー」

加賀「明石さん」スッ

明石「え?加賀さ――グゥッ!?」

加賀「私の艤装の用意をしてください……さもないと、首の骨を折ります」グググ

明石「わ、わかった……!わかったから…………!」

加賀「ありがとうございます」パッ

明石「うぅ、ゴホッゴホッ…………いきなりなんですか……」

加賀「理由は言いません。とにかく艤装を」

明石「は、はい……(逆らえない……)」

加賀「(待っていて……赤城さん)」


158:2015/04/09(木) 22:26:28.75 ID:

~天文台ホール~

吹雪「…………ここが、赤城さんの……」

大和「どんな罠があるかわかりません。慎重に行きましょう」

能代「はい……!」

衣笠「じゃ、私は周囲を見張ってるから!」

能代「何かあったらその強襲型ドミネーターでぶっ飛ばしてくださいね!」

衣笠「ふふーん、任されて!」ジャキン

・・・・・・

グウウゥゥゥ ガアアァァァゥゥ

ネ級「…………艦娘ガ、コノ建物ニ……」

赤城「やっぱり来ましたカ……加賀さんもいるのかしラ」

ネ級「ドウスル」

赤城「勿論歓迎してさしあげましょウ。皆にもそう伝えテ」


159:2015/04/09(木) 22:36:53.35 ID:

~天文台ホール廊下~

ガウゥゥゥゥ

\艦娘ガ来タゾー!!/

大和「どうやら当たりのようですね」スチャッ

能代「ええ!」スチャッ

吹雪「…………(私のドミネーターは、常時パラライザー……注意しておかないと)」スチャッ

・・・・・・

~巨大望遠鏡展示広間~

赤城「そウ……加賀さんはいないのネ……まぁ今頃深海係数も上がってるでしょうから外されたのでしょうカ」

ネ級「皆ヤラレテル……艦娘ガココマデ来ルノモ、時間ノ問題」

赤城「他の皆ハ?」

ネ級「手筈通リ……街ニ」

赤城「フフッ、よくやってくれましタ……でハ、私も街に向かいまス。あなたはここで足止めヲ」

ネ級「ハイ」


160:2015/04/09(木) 23:04:00.55 ID:

・・・・・・

大和「…………変じゃないですか?」バァン

能代「何がです!?」ドヒュウゥン

吹雪「確かに……深海棲艦の数が異様に少ないですね…………」バァン

吹雪「それとも、ただ戦力がもう無いだけ……?」

能代「どちらにしろ、あそこが親玉の部屋みたいよ!」

大和「巨大望遠鏡展示室……ロマンチックですね、行きましょう!」

吹雪「はいっ!」

バン!

吹雪「鎮守府刑事課です!」

能代「覚悟してください、赤城さん!…………って、え?」

大和「赤城さんは……?」

ネ級「ヨク来タワネ」


161:2015/04/09(木) 23:08:22.65 ID:

ネ級「残念ダケド、赤城ハ……モウココニハイナイ」フフッ

大和「なんですって!?」

ネ級「今頃鎮守府ノアル街ハ、火ノ海カモ」

吹雪「どういうことですか……!」スチャッ

ネ級「ドウモコウモ、最初カラ誘イコマレテイタノヨ……アナタ達」

能代「どういう、こと?」


ネ級「コンナ山奥……街カラ遠イ。引キツケルニハ十分……」

吹雪「じゃ、じゃあ……!赤城さんは……!」

ネ級「皆ヲ引キ連レテ…………街」

能代「なんですって!?」

大和「なんてことを……!」


162:2015/04/09(木) 23:11:36.36 ID:

ネ級「ソシテ私ノ役目ハ……足止メ……デモ、ソレモ果タシタ」

ネ級「サァ、殺スナラ殺シナサイ」

吹雪「…………あなたは殺しません。捕まえます!」スチャッ

バァン!ヴィイイイィィィィン…………

・・・・・・

タッタッタ

衣笠「おおー皆おかえり!話は通信で聞いてたよ。とっとと行こうか!」

吹雪「はいっ!!」

能代「私達の街は……やらせない!!」

ブロロロロ

・・・・・・


163:2015/04/09(木) 23:17:17.02 ID:

~街・デパート~

春雨「ふんふんふ~ん♪」

春雨「あ、この小物可愛い……買っちゃおっと」

春雨「すいませーん、これお願いします」

「はーい」

・・・・・・

「ありがとうございましたー」

春雨「(1人ショッピングも、結構楽しい♪)」

ズウウウウウゥゥン……!

春雨「?」

ズウウゥゥゥゥウゥゥゥン……!

「なにかしら」「地震?」

春雨「地震!?うぅ……怖い……こういう時は、外に出るんだった!」


164:2015/04/09(木) 23:22:37.93 ID:

ズウウゥゥゥゥン……! ズウウウゥゥゥゥン……!

春雨「うううぅぅ!地震長いぃぃ……」タッタッタ

春雨「でももうすぐ、出口ー!」タッタッタ

ガラガラガラ!

春雨「えっ…………?」

ドォォォン!!

・・・・・・

~執務室~

提督「デパートの1階が崩落だと?間違いないのか」

提督「…………そうか。わかった……」


提督「まさか街に堂々と正面から来るとは…………やるじゃないか」


166:2015/04/09(木) 23:27:01.56 ID:

~移動車内~

能代「デパートが崩落!?建物が崩れたってこと!?」

衣笠「崩落したのは2階の床みたい!でも1階部分は埋まっちゃったし、3階以上も下に降りられなくて困ってるみたい!」

吹雪「デパート……?………………ッ!!」ハッ

<<春雨「吹雪ちゃん、今度このデパートに行きませんか?買いたいものがあるんです!」>>
<<春雨「私はちょっと要る物もありますし、今1人で行きますけど」>>

吹雪「春雨ちゃん!!!!」

一同「え……?」

吹雪「すぐにデパートへ急行!!5分以内に着かせて!!」

運転妖精「」コクッ

・・・・・・


167:2015/04/09(木) 23:38:16.43 ID:

~夜・街・大通り~

「うわああああぁぁぁぁ!!た、助けて!!」「きゃあああぁぁぁぁぁ!!」

\人間共ヲ……深海ヘ!/

赤城「目についた人から殺すカ……駆逐級にでもしてあげなさイ」

\オオオオオオ!!/

リ級「ハハ!」ドォン

ル級「アノ建物ヲ破壊シロ!!」ドォン

ズウウゥゥゥウン!!


赤城「フフッ、どうやラ……私達は彼らの喉元まで来たようですネ」


168:2015/04/09(木) 23:51:49.84 ID:

・・・・・・

赤城「この通りをまっすぐ行けバ、鎮守府でス。このまマ…………」

ブウウウウゥゥゥゥン!

赤城「?」


艦載機「」ダラララララ

ロ級「ナッ!?」

チ級「ガァァッ!」

赤城「………………あの艦載機…………そういうことですカ……」


赤城「加賀さン」


加賀(艤装装備)「…赤城さん……………ここで私が……!」ギギギ、バシュッ

赤城「キヒッ!」バッ


169:2015/04/10(金) 00:09:42.02 ID:

ブウウウゥゥゥゥゥン

艦載機「」ダララララ

赤城「その程度で私ハ、落ちませんヨ!」ダァン

艦載機「」ボォン!


加賀「分かっています……」ギギギ、バシュッバシュッバシュッ

艦載機s「」ブウウゥゥゥン

加賀「ですから、周りからやります……投下!」

赤城「ッ、爆装させテ……!」

ドォォン! ドオオオオォオォォォォン!!

タ級「グアアァァ!」

ツ級「……!」


加賀「そして、赤城さん……あなたもです!投下!」

赤城「フフフ…………」

・・・・・・


170:2015/04/10(金) 00:12:42.12 ID:

~デパート前~

キキィィッッ! ガチャッ

吹雪「こ、これは……!」

大和「街が……燃えている……!」

能代「市民の死体まで……!」

吹雪「は、春雨ちゃあああぁぁぁぁん!!」タッタッタ

能代「あっ、ちょっ!」

・・・・・・

~デパート出口付近~

吹雪「春雨ちゃん!どこ!?」キョロキョロ

吹雪「春雨ちゃん!!」

吹雪「(だめ……!他のお客さんの断片ばかりで……春雨ちゃんがわからない……!」


171:2015/04/10(金) 00:16:59.89 ID:

「う、うぅぅ…………」


吹雪「ッ!春雨ちゃん!?」

春雨「うぅ……ふ、ぶき……ちゃん……?」

吹雪「よかったぁっ……!春雨ちゃん、今助けるから!」グイッ

吹雪「あ、あれ?動かない……えいっ!」グイッ

春雨「…………吹雪ちゃん、私の、こと……置いていって……」

吹雪「できるわけないよ!!えいっ…………もう、なんで!?」


春雨「わ、たしの……両足……ガレキに……」

吹雪「えっ?…………うっ!」

吹雪「(春雨ちゃんの腿から下……直視できない……!)」

吹雪「な、なら……!ガレキをどかせば……!」

春雨「できないよ…大きいガレキだよ…………?」

吹雪「うぎぎぎぎぎ……!」グググ

吹雪「だ、だめだぁ……」


174:2015/04/10(金) 00:24:05.62 ID:

吹雪「(このままじゃ、いずれ建物が崩れて春雨ちゃんが……!もう、足を切って脱出するしか……!)」

吹雪「(でも、足を切ったところで……春雨ちゃんがショック死って可能性も……!)」

吹雪「(あああああぁぁぁぁ!どうすればいいの……!)」

吹雪「(私の友達……!友達を救う方法!!)」

吹雪「(せめて、麻酔さえあれば……その間に切れるのに…………)あっ」ハッ


春雨「吹雪ちゃん…………?」

吹雪「春雨ちゃん……じっとしててね」スチャッ

『現在の執行モードは、ノンリーサル・パラライザー。対象の脅威の有無にかかわらず、無力化が可能です』

吹雪「ちゃんと、後遺症の残らない所を撃つから……!」カチッ

春雨「えっ?」

バァン!!ヴィイイイイィィィィン…………


177:2015/04/10(金) 00:31:17.92 ID:

大和「吹雪さん、大丈夫ですか!?」

吹雪「大和さん!応急修理要員……あります!?」

大和「えっ?ええ……一応車に……」

吹雪「すぐに持ってきてください!!春雨ちゃんを助け出します!!」

大和「わかったわ!」タッタッタ

吹雪「待ってて……!今助け出すから!」

・・・・・・

大和「はいこれ!持ってきたわ」

吹雪「ありがとうごさいます!じゃあ妖精さん達……今から春雨ちゃんを助けます!」

修理妖精「」コクッ

吹雪「これから足を切って、止血と消毒……お願いします」

修理妖精「!」コクコクッ

大和「ふ、吹雪さん!正気!?いくら鎮守府のドックでも、失った足は……!」

吹雪「じゃあ、大和さん、このガレキどかせますか!?」

大和「ッ…………」

吹雪「もうこの建物も長くは持ちません!お願いします」

修理妖精「」エイッ


178:2015/04/10(金) 00:34:26.65 ID:

・・・・・・

修理妖精「」デキタ

春雨「…………」

吹雪「よし、担いでっと……急いで出ましょう!」

大和「はい!」

タッタッタ

・・・・・・

衣笠「ちょ、おーい!早くしないとデパート崩れるよー!!」

能代「吹雪ちゃん!」

吹雪「だ、大丈夫!です!」タッタッタ

ガラガラガラ……

大和「ッ、崩れます!」

ドオオオオオオオオオオォォォォォォォォォォン!!


179:2015/04/10(金) 00:40:33.45 ID:

能代「吹雪ちゃん!大丈夫!?」

吹雪「ケホッケホッ、はい……なんとか。春雨ちゃんも無事です……」

能代「よかった……って、春雨ちゃん足!足どうしたの!?」

吹雪「そ、それは……」

大和「もう!仲間の足を切るなんて、ひどすぎますよ!」

吹雪「ご、ごめんなさい……」

大和「まぁ、それ以外に方法と時間も無かったようですし……最善策と言えなくもないですけど……」


衣笠「もうこの際どっちでもいい!早く行こう!連絡によると、なんかあの深海棲艦の百鬼夜行はこの大通りを少し行ったところで止まってるらしいよ!」

吹雪「どうしてでしょう……鎮守府を狙っているんじゃ……」

衣笠「それもどうでもいいよ!私達の目的はこのバカ騒ぎの鎮圧!いいね!?」

吹雪「は、はいっ……!」

衣笠「分かったら車に乗る!!」

・・・・・・


180:2015/04/10(金) 00:46:28.58 ID:

~執務室~

提督「なんだと、加賀が?」

明石「は、はい……急に脅してきて……艤装を準備しないと殺すって……」

提督「それで艤装を渡したのか」

明石「もっ、申し訳ありません!!」

提督「…………まぁいい。その加賀が今、赤城の足止めをしているというのも事実だ」


提督「このままではこの街も鎮守府も危うい。最悪の事態を避けるために、全艦娘に艤装の装着を命じる」

明石「ええっ!?そ、それじゃ街が廃墟になっちゃいますよ!!」

提督「このまま指をくわえてやられるのを見ていろと?」

明石「そういうわけじゃないですけど……」


181:2015/04/10(金) 00:52:06.94 ID:

吹雪『待ってください!!』

提督「吹雪?」

吹雪『この事件は刑事課の担当するものです!決着も刑事課がつけます!』

提督「今がどういう状況か分かっていないのか!他の区画は無事だが、大通りは最早地獄絵図だ。刑事課の手に余る!」

吹雪『深海棲艦と、赤城さんを無力化すればいいんでしょう!?刑事課でやります!!』

提督「吹雪……」


吹雪『私達の役目です!刑事課は……まだ、やれます!!』

提督「………………数十の深海棲艦の大群と、それを率いる姫クラスの元艦娘に勝利してみせると?」

吹雪『そのつもりです!そして、私達はそれができます!!』

明石「吹雪ちゃん……!」


提督「……………………わかった。夜明けまでだ。好きにしろ』

明石「提督!」

提督「ただし夜明けまでにこの進軍が止まらなかった場合、鎮守府から大通りへ全艦娘による一斉砲撃が始まる。それでもいいんだな?」

吹雪『はいっ!ありがとうございます!』


182:2015/04/10(金) 00:56:51.40 ID:

明石「本当にいいんですか?」

提督「……陸上での艤装の使用は、流れ弾などで周辺の市民や施設に多大なダメージが及ぶ可能性が高い」

提督「そのリスクを極限にまで減らしたのがドミネーター、そして刑事課だ」

提督「なら、彼女らに任せるのもいいだろう。俺も好き好んで街を砲撃しようなどとは思わん」

・・・・・・

~大通り~

赤城「フフッ、その程度?」

加賀「はぁっ、はぁっ、はぁっ……!」ガクッ

赤城「たかだか艦載機デ、この私を倒せるト……?」ガシッ

加賀「うっ……!くっ、あっ!」

赤城「見たとこロ、体も限界のようネ……深海係数、500オーバーってところかしラ」


183:2015/04/10(金) 01:05:58.42 ID:

赤城「加賀さン……あなたにも見せてあげル……」グイッ

加賀「あっ……」

赤城「深海の絶望、というものヲ」ガッ

加賀「ッ、なに、これ……!(頭の中に、映像?)」


『ガアアアアアァアァッァ!』『嫌だ!沈みたくない!!』『誰かあああぁああぁぁぁぁぁ!!』

赤城「私も港湾棲姫にコレを見せられた時ハ……狂っておかしくなりそうだったワ……」

赤城「結果、こうして深海棲艦の仲間入リ」

赤城「免深体質の私がこうなってしまったのだかラ……あなたはどこで壊れるかしらネ!」


『提督、どうして……』『私、いらないの……?』

加賀「あ、あぁ……ぁ、ああぁっ……!」ガクガク

『助けて!助けて司令!!』『どうして助けてくれなかったの……』『憎い……』

『司令官、人間……人類……憎イ……』『憎イ』『憎イ憎イ憎イ憎イ』

『憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ憎イ』

加賀「あああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁァァァァァアアァッァッァァーーーーッ!!」


184:2015/04/10(金) 01:12:54.56 ID:

赤城「さぁもうすグ……!もうすぐ私達の仲間ヨ!加賀さン!」

加賀「わ、私……ハ……!」

ブロロロロロロロロ!

赤城・加賀「ッ!?」


衣笠「オラオラオラー!!暴走車両のお通りだよ!!」

運転妖精「」アクセルベター


赤城「クッ!」バッ

キキイイイィィィィィ!! ガチャッ

吹雪「大丈夫ですか!?加賀さん!」

加賀「ふ、ぶきさン……」

衣笠「うっわ加賀なにそれ!真っ白な髪に肌、似合わないわよ!」

加賀「皆さン……」


185:2015/04/10(金) 01:20:17.51 ID:

能代「ここまでの道中、片っ端から目につく深海棲艦倒しまくってたら時間かかっちゃいました!」スチャッ

大和「でもその分……ここにいるので最後!」スチャッ

吹雪「加賀さんは休んでいてください!」ダッ

衣笠「ていうか、待機じゃなかったの?」ニヤニヤ

加賀「ッ、あなタ……!」

衣笠「その若干深海棲艦っぽい喋り方も癇に障るから、口閉じて待ってて!」ダッ

・・・・・・

赤城「性懲りも無くまたドミネーター……バカの一つ覚えですネ」ジャキン

吹雪「赤城さんは私がやります!皆さんは周囲の掃討を!」

能代「吹雪ちゃん!?」

大和「…………大丈夫ですか?」

吹雪「はい。やります」

大和「……分かりました」


186:2015/04/10(金) 01:23:40.25 ID:

大和「吹雪さん」

吹雪「はい」

大和「最初、あなたは頼りのない新人でした……しかし、今は違う。仲間の為、街の為に立ち向かう……」

大和「あなたになら、私の背中を預けます」

吹雪「……!あ、ありがとうございます!」


能代「大和さん抜け駆けー!私もよ、吹雪ちゃん!」

衣笠「まー私はまだいいかなー。逆に背中守ってあげる!」

吹雪「皆さん……!はいっ!頑張りましょう!!」

吹雪「行きます!」

一同「はいっ!!」ダッ

・・・・・・


190:2015/04/10(金) 04:11:03.83 ID:

ドミネーターが係数をアナウンスする時って、端数言わずにアンダー90とかオーバー300とか言ってなかったっけ?


192:2015/04/10(金) 14:52:13.96 ID:

 >>190そういえばそうだった(忘れてた)今更変えるのもアレなのでこのまま
 あと色相についても面倒なので


・・・・・・

衣笠「じゃあこの子のこと、頼んだよ!明石には鎮守府に着き次第ドックに入れるよう言ってあるから!」

運転妖精「」コクッ

ブロロロロロロロロロ

衣笠「(でもまぁ、ドックが治せるのは傷や疲れだけなんだけどね……さすがに足までは……)」


衣笠「ええい!もういいや!かかってこんかい!!」ジャキン


195:2015/04/10(金) 14:59:13.98 ID:

大和「……!」ドヒュウゥゥン

タ級「グ、ガァ!」モコモコモコ、パァン!


大和「(次は……!)」

能代「大和さん!」バァン

大和「ッ?」

ヴィイイィィィィィィン……

リ級「ァ、ァァ……!」ドサッ

大和「ありがとう!」バァン

能代「いいえ!」バァン

・・・・・・

チ級「クッ、強イ!」ササッ

衣笠「おおーっと、物陰に隠れても無駄だよー♪」カチッ

ドヒュウウウゥゥゥン!

チ級「!?」モコモコモコ

パァン!!


196:2015/04/10(金) 15:05:40.62 ID:

・・・・・・

吹雪「赤城さん。もう終わりです!投降してください!」スチャッ

赤城「フフッ……たかだか深海棲艦の群れをいくら倒したところデ……」

吹雪「なら、あなたを倒します!」

『現在の執行モードは、ノンリーサル・パラライザー』


赤城「まだ分からないノ?ドミネーターで私は裁けなイ……」

バァン!

赤城「ッ!?」

ヴィイイイイィィィィィィン……

赤城「ガッ!ハッ!?」ドサッ

吹雪「や、やった……!」


197:2015/04/10(金) 15:11:45.60 ID:

・・・・・・

能代「吹雪ちゃんがやった!?」バァン

大和「わからない!」ドヒュゥウン

能代「こっちはもう私1人で大丈夫なので、吹雪ちゃんの所へ行ってください!」

大和「わかったわ!」タッタッタ

衣笠『しかたないから能代ちゃんのフォローはしてあげるよ!』

能代「ははっ、ありがとうごさいます!」

・・・・・・

加賀「本当に、やったノ……?赤城さんヲ……」

加賀「でモ、どうしテ?ドミネーターハ……」


吹雪「はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ……!」スタスタ

赤城「」

吹雪「…………あなたを拘束します」


198:2015/04/10(金) 15:17:19.71 ID:

大和「吹雪さん!」タッタッタ

吹雪「あ、大和さん」


大和「(よかった……どうやら、赤城さんも倒して………………)」チラッ

赤城「………………」ニィッ

大和「ッ!吹雪さん!まだ!」

吹雪「え?」

赤城「甘イ!」ブゥン

吹雪「きゃあああああぁぁ!!」

バキィッ

大和「(吹雪ちゃんのドミネーターが破壊された!?)クッ!」スチャッ

『深海係数、16。執行対象ではありません』

大和「もう!」

大和「(お願い、走って間に合って!)」


199:2015/04/10(金) 15:22:59.00 ID:

赤城「まさカ……パラライザーが発動するとハ…………予想外でしタ」ガシッ

吹雪「がっ……!うっ!」ジタバタ

吹雪「(ど、どうして……!)」

赤城「私ガ、何の準備もしてないとでモ……?」チラッ

吹雪「それ、は……!?」

赤城「パラライザーは神経麻酔……神経系統の薬を摂取していれバ、効果を防ぐことも可能!」グググ

吹雪「そ、んな……!」


赤城「さァ!あなたにモ、地獄を見てもらいましょウ!!」

吹雪「(な、なに!?頭に…………入って来る!!)」ジタバタ

『痛いよぉ……』『大破してたのに……』『酷いよ……提督さん』
『どうして…』『憎イ』『憎イ』『憎イ』『憎イ』

『憎イ』『憎イ』『憎イ』『憎イ』『憎イ』『憎イ』『憎イ』『憎イ』『憎イ』『憎イ』『憎イ』

吹雪「あっあああああああぁぁあぁぁぁ!!」

吹雪「(なんなの、これ!!頭がああぁ!!)」ギリギリ

赤城「フフッ、この際あなたも私達の仲間ニ……!」

吹雪「があああああああああああぁぁぁぁぁぁあぁぁぁーーーーっ!!!!」


200:2015/04/10(金) 15:27:51.33 ID:

赤城「随分粘りますネ……でモ、もうすグ!」

大和「はああああああああああああぁぁぁぁぁっ!!」ドンッ

赤城「なッ!また邪魔ヲ!」

大和「ドミネーターが通じないなら、体!」ドカッ

赤城「グッウウゥ!」バッ


大和「吹雪ちゃん、大丈夫!?」

吹雪「は、はい…………」ゼェゼェ

大和「…………まさか……!」スチャッ

『深海係数、71。刑事課登録艦娘』

大和「よかった……」ホッ


201:2015/04/10(金) 15:31:52.31 ID:

赤城「おのレ……!ならば2人まとめテ!!」ジャキン

衣笠『あっバカ!2人とも!!』

吹雪・大和「ッ!!」


赤城「死ネ!!!!」

大和「だめぇっ!!」バッ

吹雪「大和さ――!」

ダァン!!



能代「ッ!?」

加賀「――!」

衣笠『な!!?』


吹雪「や、大和、さん……!」


202:2015/04/10(金) 15:37:51.03 ID:

大和「………………ガフッ……」ドサッ


吹雪「大和さん!!!!」

赤城「チッ…………」


吹雪「大和さん!大和さん!!」

大和「あ、はは……ドジしちゃったわね……」

吹雪「喋らないで!今止血を……!」

大和「お腹に大穴、開いて、るのに……止血も、なに……も、……」

吹雪「だ、だって!大和さん!!」ポロポロ


大和「お願い…………武蔵、に……」

大和「迷惑、かけ…………て、ご、めんな、さ……って…………」

大和「…………………………」

吹雪「大和さん……?」

大和「………………………………………………」

吹雪「ッ、うあああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」ダキッ


203:2015/04/10(金) 15:42:26.64 ID:

能代「そんな、大和さん!?」

ル級「ヨソ見カ!?」ジャキン

能代「ッ!邪魔ぁっ!!」バァン!

ル級「ガッ!?」ドサッ

・・・・・・

衣笠「そんな…………ッ!」ジャキン

『深海係数、30。執行対象ではありません』

衣笠「もう!何でなのよ!!」

衣笠「仲間1人やられてんのよ!!このポンコツ!!」

・・・・・・

加賀「大和、さン………………」

加賀「…………ッ」

加賀「わ、たしモ…………やらなキャ……役目ヲ……」フラフラ

加賀「私ノ……役目……ハ」


204:2015/04/10(金) 15:46:55.00 ID:

・・・・・・

吹雪「大和さん!!嫌ああああぁぁあぁぁぁ!!」

赤城「さテ、次はあなたですネ……」ジャキン

吹雪「ッ!あなた…………!!」キッ


赤城「その目…………フフッ、いいですネェ……憎しみの籠ったその目」

赤城「あなたなら、いい深海棲艦になれますヨ」

吹雪「……私は、あなたのようにはならない……!」

赤城「そうですネ。ここで死ぬのですかラ……」

加賀「そウ、死にますヨ……赤城さン!」ガシッ

赤城「!?」

吹雪「加賀さん!?」


赤城「このォッ!離れなさイ!」グググ

加賀「ダメ……!あなたハ、私と死んでもらいまス!」


205:2015/04/10(金) 15:51:33.56 ID:

加賀「吹雪さン!ドミネーターヲ!!」

吹雪「え、でも……私のドミネーターは……」

加賀「ソレ!!」

吹雪「ッ……!(や、大和さんの……)」

加賀「早ク!!」

赤城「このォ!!邪魔でス!!」ジャキン


吹雪「大和さん………………借ります……!」スチャッ

加賀「それで私を狙っテ!!」

『深海係数、776。刑事課登録艦娘、任意執行対象です』

吹雪「でも、加賀さんを撃ったって……!」

加賀「だかラ、コレヲ……使ウ!吹雪さン、気を付けテ!」ポイッ

カランッカランッ

吹雪「えっ!?これ、艦載機の爆雷……!」

ドォォォォォン!!

吹雪「きゃあああああああぁぁぁぁぁ!!!!!」ドサッ


206:2015/04/10(金) 15:55:23.98 ID:

赤城「トチ狂ったノ!?仲間を攻撃するなんテ!」ハハッ

加賀「そウ……そうすれバ、私は反逆者……」


吹雪「う、うぅ…………な、なんで……」フラフラ

『対象の脅威判定が更新されました。【爆発物】……執行モード、デストロイ・デコンポーザー』

吹雪「ッ!まさか……!」

加賀「それで私を撃ちなさイ!」

吹雪「加賀さん!」


赤城「そういうこト!ならますます離れなさイ!!」ジャキン

加賀「ッ!」

ダァン!

吹雪「加賀さん!!」


207:2015/04/10(金) 16:00:50.13 ID:

加賀「グ、フッ……!ハ、早、ク……!」

赤城「クゥッ!お腹に1発じゃ足りなイ!?」ジャキン


吹雪「そんな…………でも、仲間を……加賀さんを撃つなんて…………!」

加賀「吹雪さン!」

吹雪「ッ!」

加賀「後ハ、あなたに任せまス……だかラ、撃ちなさイ!!」

吹雪「うっ、ううぅぅぅぅっ……!」スチャッ


赤城「どけって言ってるノ!あなたも死ぬのヨ!?」

加賀「私ハ……死ぬのハ、怖くなイ……」

加賀「さァ、駆逐艦吹雪!!」


吹雪「うっ、うああああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」カチッ


208:2015/04/10(金) 16:05:54.67 ID:

バシュウウウウウウウウウウゥゥゥゥゥゥゥ!!


加賀「やっト……あなたと逝けル……嬉しイ……」

赤城「ァ…………ァァ……!」

加賀「まずハ、川内さんと大和さんニ……謝りに行きましょうネ……」

加賀「ずっと一緒でス……赤城さン……」ギュウウ

赤城「加賀、さン…………」ギュウウ


ウウウウウウウウウウウゥゥゥゥゥン……………………

・・・・・・

吹雪「……………………作戦、終了です……」


209:2015/04/10(金) 16:09:52.91 ID:

能代「これで、最後おおおおぉぉぉ!!」ドヒュウゥン

イ級「」モコモコモコ

パァン!!

能代「はぁっ、はぁっ、はぁっ……!吹雪ちゃん……!」クルッ

・・・・・・

吹雪「うっ、ううぅぅっ……!」グスッ

吹雪「うううぅぅぅぅぅううぅぅぅ……!」ポロポロ

衣笠「吹雪ちゃん、やったね」ポン

能代「吹雪ちゃーん!」タッタッタ


衣笠「ほら、能代ちゃんも無事だよ」

吹雪「は”い”……うっ、ううううぅぅっ!」

吹雪「うわああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁん!!!!」


衣笠「やれやれ…………」

衣笠「もうすぐ夜明けだね」


210:2015/04/10(金) 16:14:26.61 ID:

~翌日・執務室~

提督「そうか…………赤城は死んだか」

吹雪「はい…………」

提督「委細聞いている……奴を捕らえられなかったことは残念だが、まぁ仕方ないだろう」

吹雪「はい…………」

提督「下がっていいぞ」

吹雪「はい。失礼します…………」

バタン

提督「…………ふぅ……良いサンプルが手に入ると思ったのだがな」


211:2015/04/10(金) 16:19:32.23 ID:

・・・・・・

~数週間後~

TV『先日深海棲艦の大群に襲われた○○街ですが、ようやく復興のメドがたったとのことです――』

TV『あわや壊滅という街の危機を救った鎮守府と、その刑事課に対して政府は、栄誉を讃え――』

TV『これにより、我々人類は鎮守府にますます頼ることになるでしょう――』

ピッ プツン

・・・・・・

~吹雪の部屋~

春雨「いいんですか?せっかく吹雪ちゃん達が褒められてるのに」

吹雪「うん…………なんか、あんまり喜べなくって」

春雨「加賀さんに大和さん…………残念です、武蔵さんも辛そうでしたし……」

吹雪「だから……私、皆を守れてるのかなって……」

春雨「何言ってるんですか!!」

吹雪「春雨ちゃん……?」


212:2015/04/10(金) 16:23:00.49 ID:

春雨「現に吹雪ちゃんは私を救ってくれました!命の恩人です!!」

吹雪「でも、春雨ちゃんは足が……こうして車椅子で……生活させちゃってる……」

春雨「また吹雪ちゃんと一緒に過ごせる……これくらい!なんでもありませんよ!!」

吹雪「春雨ちゃん…………」

春雨「姉妹の皆も言ってました!吹雪ちゃんに感謝しなきゃって!だから、吹雪ちゃんはすごいんです!!」

吹雪「…………ぷっ、あはは!」

春雨「な、なんですかぁ!」


吹雪「ううん…………ありがとう、春雨ちゃん」

春雨「え?あー……い、いえいえ」カアァ

吹雪「食堂に行こうか……お腹も空いたし」

春雨「はい!椅子押してってください!」

吹雪「もちろん!」

ガラガラガラ

ガチャッ バタン

・・・・・・


213:2015/04/10(金) 16:28:43.48 ID:

~工廠~

明石「ついに最古参は衣笠だけになっちゃったねぇ~」

衣笠「うん……あんまり、おセンチになるのも私らしくないけどね」

明石「その言い方……古いわよ」

衣笠「え、そうなの!?」

明石「ふふっ、この調子なら大丈夫そうね」

衣笠「とにかく!もう気分沈めるのはやめやめ!元気な衣笠さんよ!」

明石「あっはっは、その調子!」


衣笠「……ところで、明石は今何を作ってるの?」

明石「あ、これ?義足的なユニット……かなぁ」

衣笠「春雨ちゃんのために?」

明石「うん。流石にずっと車椅子は酷だからね。自分で立って移動できるようにしてあげたいの。完成は未定だけどね……」アハハ

衣笠「ふーん……ま、せいぜい頑張って」


215:2015/04/10(金) 16:33:26.02 ID:

~食堂~

能代「あ、吹雪ちゃーん春雨ちゃーん!こっちこっち!」

吹雪「能代さん!席取っててくれたんですね!」

能代「うん!ご飯も取って来てあるよ。カレーだけど」

春雨「ありがとうございます」ニコッ

・・・・・・

能代「で、今日だっけ?新人の刑事課艦娘が来るの」モグモグ

吹雪「そうですね。今日の14:00着任です」

春雨「ここ最近の刑事課の人気は凄いですからねぇ……」

吹雪「まぁ、志願しただけじゃ入れないんだけどね……」アハハ

・・・・・・


216:2015/04/10(金) 16:38:22.89 ID:

~執務室~

提督「…………そうか、わかった」

提督「ああ。刑事課には新たに着任が来る」

提督「そうだ。メディアにも宣伝しなくてはな」

提督「診断書、ありがとう」


提督「ふぅ…………」ピラッ

【軽巡洋艦能代、深海係数:64】

【重巡洋艦衣笠、深海係数:55】

提督「2人も中々に良い逸材だ」

提督「だが……こっちは群を抜いているな……」

【駆逐艦吹雪、深海係数:0】

提督「…………吹雪………………ますます興味深い」


提督「まぁ…………問題もあるがな……」ピラッ

【駆逐艦春雨、深海係数:114】

・・・・・・


217:2015/04/10(金) 16:41:58.78 ID:

~ラウンジ~

吹雪「へぇー!じゃあここで新人を待つのって、しきたりだったんですか!」

能代「そうそう、だから吹雪ちゃんの時も衣笠さん以外ここに居たってわけ」

衣笠「ま、今は人も少ないし私も居てあげるけどね」

コンコンコン

<失礼します

能代「おっ来たみたい」

ガチャッ


219:2015/04/10(金) 16:44:20.59 ID:

叢雲「あのー……」

吹雪「こんにちは。あなたが新人さんですね」

叢雲「あ、はい……駆逐艦叢雲、刑事課に着任しました!」

衣笠「へぇーまた駆逐艦かぁ」


吹雪「あなたが叢雲さん……それとも叢雲ちゃんかな?妹だし」

叢雲「えっ?じゃああなたが……吹雪?」

吹雪「よろしくね、叢雲ちゃん」

叢雲「え、ええ……よろしく」

能代「私は軽巡の能代よ」

衣笠「衣笠。まぁ作戦で顔はそんな合わせないかもしれないけどね」


220:2015/04/10(金) 16:48:36.33 ID:

吹雪「早速だけど、深海係数を測らせてもらうわ」スチャッ

叢雲「え、それ……ドミネーター?」

『深海係数、51。刑事課登録艦娘』

吹雪「51……」

能代「それなりってところね」

衣笠「そういえばあなたはドミネーターは?」

叢雲「あ、うん……持ってるわ……じゃなかった!持ってます」

衣笠「いいよいいよ!自分のやりやすいように喋れば」

叢雲「そ、そうかしら……」


能代「それにしてもちゃんとドミネーターを持ってきてるなんて、どっかの誰かさんよりしっかりしてるわねぇ」チラッ

吹雪「もう!うるさいです!!」


221:2015/04/10(金) 16:52:06.84 ID:

吹雪「まだ数日後に、もう2人着任してくるみたいだから、叢雲ちゃんはちょっと先輩なわけだね」

吹雪「この仕事はテレビとかではあんなに持て囃されてるけど、結構辛いの」

吹雪「無理だと思ったら司令官に言って部署を変えてもらっても大丈夫だからね!」

叢雲「し、失礼ね!姉のあなたにできることが私にできないはずないじゃない!」

能代「そっか、2人とも吹雪型かぁ」

衣笠「それがいつまで続くか見ものだねぇ」クックック


ピロロロロ、ピロロロロロロ

能代「あっ」

衣笠「おっ」

叢雲「え、なに?」

吹雪「運が良いね、叢雲ちゃん」

叢雲「はぁ?」

吹雪「お仕事だよ!」


222:2015/04/10(金) 16:58:46.90 ID:

~移動車内~

提督『最近大人しかったが、はぐれと思われる深海棲艦が2体、隣町で確認された。始末して来い』

吹雪「了解です」


叢雲「い、いきなり作戦なのね……」

能代「まぁこれくらい、大丈夫よ」

吹雪「衣笠さんは……」

衣笠『私パース!』

・・・・・・・

~隣町~

吹雪「いた、アレです!能代さん!」スチャッ

能代「オッケー!」バァン

叢雲「す、すごい……」

吹雪「叢雲ちゃんもだよ!」

叢雲「わ、わかったわ!」スチャッ


吹雪「(もう、犠牲は出さない……!私が……)」

吹雪「私が、やっつけちゃうんだから!!」



~Fin~


226:2015/04/10(金) 17:04:15.27 ID:
おつおつ
色々その後の種を撒きつつ…だな
続き期待


228:2015/04/10(金) 18:53:32.55 ID:

続編を匂わせるような終わりでしたね
この提督は人間だよね?




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428341266/

→→もっと艦これを読む←←