1:2015/04/11(土) 06:44:14.91 ID:

・アルアニ半分ギャグ半分、ネタバレ無し、下ネタ有り、かなり短め

・キャラ崩壊がひどいので注意

アルミン・アルレルト


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428702254

2:2015/04/11(土) 06:46:13.93 ID:

アニ「……」ソワソワ

アルミン「……」

アニ「……」ソワソワ

アルミン「……」

アニ「……っ…」ソワソワ

アルミン「……」

アニ「………」ソワソワ

アルミン「……アニ」

アニ「……何か用?」ソワソワ

アルミン「ハグ、してなかったもんね」

アニ「!」

アルミン「はい今日の分」ギューッ

アニ「……うん」ギューッ



エレン「なんだあの素晴らしき世界」

クリスタ「なんだあの黄金比カップル」

ミカサ「なんだあの……あぁくそ良い例えが出ない悔しいッ!!!」ビクンビクンッ


3:2015/04/11(土) 06:47:56.07 ID:

アニ「ねえアルミン」

アルミン「どうしたの?」

アニ「…みんなの前でハグするの、やめない?」

アルミン「どうして?アニは僕とハグしたくないの?」

アニ「…そうじゃないけどさ…」

アルミン「じゃあ何?」

アニ「……っ」

アルミン「言葉にしないと分からないよ?」

アニ「……は」

アルミン「は?」



アニ「…………恥ずかしいんだよ……バカッ………」

アルミン「よくできました」ギューッ

アニ「ぅぅ…///」ギューッ



エレン「はいみんなの前でしたー」

クリスタ「こうなるの見え見えでしたー」

ミカサ「むしろそれを狙ってましたー」

ユミル「内心ホッとしましたー」


4:2015/04/11(土) 06:49:26.20 ID:

アニ「ねえアルミ」

クリスタ「ねえアルミンっ!」

アルミン「クリスタ、どうしたの?」

クリスタ「さっきの座学で分からないとこがあったから、教えてくれないかな?」

アルミン「もちろん!どこが分からないの?」

クリスタ「えっとね…」チラッ

アニ「……」



アニ「……ふん」

クリスタ「おぉぅっ」



ミカサ「嫉妬するアニかわいい」

ユミル「嫉妬するアニを見たいがために嫌われ小悪魔を演じるクリスタ勇ましい」

エレン「物凄い複雑な表情してるぞあいつ」


5:2015/04/11(土) 06:51:14.82 ID:

アルミン「……ん?」

アニ「……」

アルミン (読書してる…)

アニ「……」

アルミン (……僕に気づいていない様なので)

アニ「……」

アルミン (背後から)

アニ「……」

アルミン (アニの耳に)



アニ「……ふ」

アルミン「フーッ」

アニ「ふわぁぁぁぁぁん!///」

アルミン「えっ」

アニ「…ふっ…っ…んぁ…んっ…///」

アニ「…っはぁ……イッチャッ…ぁ…///」

アルミン「…………」



アルミン「耳が性感帯だった」

エレン「一部始終みてました」

ミカサ「服はだけさせてよだれ垂らしながら快楽に浸るアニえろい」

ユミル「気の昂りを感じる」

クリスタ「私は今興奮している」


6:2015/04/11(土) 06:53:16.67 ID:

アニ (…何処からか、ひそひそ話が聞こえる…)

アニ (……食堂か)

アニ (……何話してるんだろ)ソーッ



アルミン「うちの彼女が可愛いすぎて世知辛い」

アニ (え!?)

ミカサ「幼馴染の彼女が可愛いすぎて手の震えが止まらない」

アニ (えぇっ!?)

エレン「幼馴染の彼女が可愛いすぎて発射許可願いたい」

アニ (何言ってんの!?///)

クリスタ「友達の彼女が可愛いすぎて馬の飼育を放棄したい」

アニ (何してんの!?)

ユミル「同期の彼女が可愛いすぎて寝とり寝とられの関係を保っていきたい」

アニ「馬鹿じゃないの!?」

エレン「え」

アニ「あっ」



ユミル「去り際に蹴られた」

ミカサ「すっごいヒリヒリする」

アルミン「これから食堂で語るのはやめておこう」

エレン「んだ」


7:2015/04/11(土) 06:55:14.19 ID:

アルミン「なあエレン・イェーガー」

エレン「どうしたよ藪から棒にフルネームで」

アルミン「昨日彼女をデートに誘」

エレン「待て待て待て…誰が彼女か当ててやんよぉ…」

アルミン「……」

エレン「………………」

エレン「………………」





エレン「………………アニだな?」

アルミン「昨日彼女をデートに誘ったらさ」

エレン「おう」

アルミン「『私…パーカーしか持ってないんだけど…』って言われたんだけどさ」

エレン「知ってた」



アルミン「お洒落に疎いからこそ燃え上がるよな」

エレン「知ってた」

アルミン「『そうこなくっちゃあ!』だよな」

エレン「お前と固い握手をして同盟を結びたい」

アルミン「お前の手いっつもベチャベチャだからパス」

エレン「誠に遺憾である」


8:2015/04/11(土) 06:57:40.59 ID:

ユミル「なあクリスタ・レンズ」

クリスタ「フルネームないから必然的にアルミンの立ち位置になれるんだな」

ユミル「昨日アニをデートに誘」

クリスタ「待て待て待て…誰をデートに誘ったのか当ててやんよぉ…」

ユミル「……」

クリスタ「………………」

クリスタ「………………」





クリスタ「………………アニだな?」

ユミル「昨日アニをデートに誘ったらさ」

クリスタ「このノリ私はけっこう気に入ってるんだけどなぁ…あんましウケないなぁ…」

ユミル「『女同士だし…私はアルミンのものだから…ごめん』って言われたんだけどさ」

クリスタ「というかよくアタックできたな」



ユミル「一途だからこそ燃え上がるよな」

クリスタ「燃え上がっちゃいけないとこだよそれ」

ユミル「『そうこなくっちゃあ!』だよな」

クリスタ「性癖が特殊すぎるだろ」

ユミル「お前の手いっつもベチャベチャだからパス」

クリスタ「何も言ってねえだろシメあげるぞ」


9:2015/04/11(土) 07:00:17.80 ID:

アルミン「報告しますっ!!!」

アニ「ふぇっ!!?」

通行人「ふぇっ!!?」

アルミン「私!!第104期訓練兵団所属!!アルミン・アルレルトはっ!!!」

アニ「ちょっとアルミン!?」

アルミン「共に命をかけて戦う仲間!!同時に!自分の彼女でもあるアニ・レオンハートさんと!!!」

アニ「やめてっ!!もうやめて!!」

アルミン「白昼堂々!!!!この繁華街のど真ん中で!!!!」

アニ「っ!!それ以上は…っ!!ほんとに…!!」




アルミン「ディープキッスを完遂させたこと!!!ここにご報告致しますッ!!!」

アニ「〜!!アルミンのバカッ!!!死ね!!!///」




エレン「」

ミカサ「」

ユミル「」

クリスタ「お前らに死ねって言ったんじゃねえよ…」


10:2015/04/11(土) 07:03:46.59 ID:

ミカサ「アニ、もう入ってもいい?」

<もうちょっと待って



ミカサ「………」

ミカサ「……今どんな状態?」

<えっ?

ミカサ「部屋の中のアニは、今どんな状態でそこにいるの?」

<どんなって…パンツ履いてる途中だけど…

ミカサ「………………」



ミカサ「……………そう」

<今の間は何

ミカサ「…友情と劣情が戦っていた」

<友情が強くて助かったよ



ミカサ「惨敗だったよ……」ガチャ

アニ「出てけよぉ!!」


11:2015/04/11(土) 07:05:53.34 ID:

アルミン「あぁ…」

アルミン「…もう一回キスしたいなあ」

アニ「アルミン」

アルミン「アニ!?いつの間にっ!?」

アニ「…少し前からいたよ」

アルミン「そっか…ああびっくりした…」



アニ「………」

アニ「……ねえアルミン」

アルミン「ん?」

アニ「……しよっか」

アルミン「なんだって?」

アニ「…………キス、しよっか」

アルミン「なんだって!!?」

アニ「さっき言ってたでしょ」

アルミン「はは…聞かれてたのか…」

アニ「……」


12:2015/04/11(土) 07:07:19.11 ID:



「チュッ」



アルミン「……えっ?」

アニ「……」



アルミン「………今」

アニ「言わないで」

アルミン「ああごめん…」

アニ「………」

アルミン「……ところでさアニ」

アニ「……なに」



アルミン「顔、あげてもらって良いかな」

アニ「今はダメ」

アルミン「どうして?」

アニ「どうしても」

アルミン「どうしても見せたくないの?」

アニ「…うん」


13:2015/04/11(土) 07:09:06.86 ID:

アルミン「僕はね」ガシッ

アニ「!」

アルミン「どうしても」ググッ

アニ「ちょっとアンタ…っ!」

アルミン「見たいんだ」グググッ

アニ「腕…離せっ…!」

アルミン「離さない」



アニ「くそっ…見るな…!」

アニ「……こんなの…見られたくない…!」

アニ「あっ…やめて…それ以上は…」

アニ「アルミンだめ…っ…私…」

アニ「私…っ…もう………」

アニ「ーーーーあっ」



アルミン「グッと押し広げたそこにはさ」

エレン「えっ」

アルミン「何があったと思う?」

エレン「ちょっとまって何を押し広げたの俺まだ着いて行けてないよ」

アルミン「それはもう物の見事に」

エレン「1こ1こ解決しよう?なっ?俺今すっげえ置いてけぼり食らってるからさ」

アルミン「真っ赤だったよ…」

エレン「何を押し広げたんだよマジで!!検討もついてねえうちに結論言われちゃったけどさあ!!半端ないよこの残尿感!!!」


14:2015/04/11(土) 07:11:00.50 ID:



ミカサ「ねえアニ」



ユミル「疲れ、たまってんだろ?」



クリスタ「私たちが」



ユミル「お前のために」



クリスタ「アニのために」



ミカサ「マッサージしてあげようねぇ…」



アニ「うわぁ……」



16:2015/04/11(土) 07:12:56.49 ID:


ミカサ「腰はどう?痛くない?」ギュッギュッ

アニ「う、ん」

ミカサ「気持ちよかったら『んほぉ』って言ってね」

アニ「おいヤッターマン」

ミカサ「アッカーマンですどうぞ宜しく」



クリスタ「足も訓練のせいでパンパンだね」ギュッギュッ

アニ「仕方な、いね」

クリスタ「……」ツーッ…

アニ「ひゃうっ!?何すんのクリスタ!!」



ユミル「ローションで下半身グッチョグチョだぜ…?」ギュッギュッ

アニ「……うん」

ユミル「グッチョグチョだぜ…?」ギュッギュッ

アニ「やめて」



エレン「感想をどうぞ」

アルミン「漲る」

エレン「上に同じ」


17:2015/04/11(土) 07:14:39.99 ID:

アニ「んー…っはぁ……」

アルミン「……肩こってるの?」

アニ「まあね」

アルミン「揉んであげようか?」



アニ「……ダメ」

アルミン「『ダメ』!?『いや、いいよ』とかじゃなくて『ダメ』!?」

アニ「アルミンは……ダメ」

アルミン「どうして…?」

アニ「………」

アニ「……アルミンに触られてると」



アニ「……心臓の鼓動が早くなるから……」

アルミン「ほぅん…?」



エレン「おい馬鹿座れよ!!!見えねえだろ!!!」

ユミル「うっせえ!!!見えるように努力しないてめーが悪いんだろ!!」

ミカサ「っ!!!大天使カップルの情事が始まるかもって時に何してんだよ!!!!子供じゃねえんだから落ち着けよ!!!」ガタガタガタガタ!!!!!!

クリスタ「てめーが一番うっせえんだよインナーマッスル!!!!!何ガタガタ震えてんだシャブでもやってんのかよ!!!!」ブブブブブ

ミカサ「てめーこそブーブーブーブー何して…おいそれバイブか!?バイブだよなそれ!?何でこの状況でバイブONにしたんだよ!!?正気か!!!?」


18:2015/04/11(土) 07:16:41.52 ID:



エレン「アニはアルミンのどこに惹かれたんだ?」



アルミン「……」ジーッ

アニ (なんでそれを本人の目の前で聞くんだこいつ頭沸騰してんのか!?うわめっちゃ見てる!めっちゃ彼氏に見られてるよ!!)



アニ「えっと…まあ…」

エレン「うん?」

アニ「…ほら、優しいし…まあ…優s……実は…優しかったりするし…」

エレン「優しいだけで付き合ったのか?」

アニ「…違う、けど」

アルミン「…」ジーッ

アニ「うっ……」

アルミン「…」ジーッ

アニ「……ああもうっ!」

エレン「お?」


19:2015/04/11(土) 07:18:43.30 ID:



アニ「金髪で!鼻が丸くて!優しくて!勉強が好きで!可愛くて!でもちょっとカッコよくて!男らしいところもあって!誰よりも真っ直ぐで!誰よりも一生懸命で!」

アニ「…もうとにかく全部!アルミンという男の全部に!惹かれてたんだ!」



アルミン「アニー!!」ギューッ

アニ「ちょっとアル、ミン…!ハグしちゃダメ……今あんたにギュッてされたら……ヤバイから……」

アルミン「アニ」ボソッ

アニ「ひぅッ!///」

アルミン「大好き」

アニ「……知ってるよ」



20:2015/04/11(土) 07:20:12.50 ID:


エレン「つい先ほど例の2人から放置プレイかまされたにも拘らずトイレ行ってきたエレンです中々の快便でしたどうもありがとう」

クリスタ「やーいやーい」

ミカサ「ばーかばーか」

エレン「お前らあとで女の尊厳失くしてやっからな」

クリスタ「今なんつった」

ミカサ「言えよ」

エレン「ウィッス」


21:2015/04/11(土) 07:22:30.42 ID:


ユミル「で?どんな感じだった?」

エレン「……聞きたいかそんなこと?」

クリスタ「当たり前だろ!」

ミカサ「そんなことって何だよ!」

ユミル「早く言えよ!」



エレン「………頬は紅潮し」

クリスタ「お」ゾクッ

エレン「……目尻には涙をためこみ」

ミカサ「お」ゾクッ

エレン「…下唇を噛みしめ」

ユミル「お」ゾクッ

エレン「………パンツを脱いだ瞬間」

クリスタ「おい嘘だろ!?」ガタッ



エレン「………身が出たんだ…」

ユミル「それさっきお前がウン◯した時の話じゃねえか!!!!」

エレン「『どんな感じだったんだ?』って聞いたじゃん!」

ミカサ「どこの世界に男の便通情報聞きたがる女がいるんだよあぁん!!!??」

クリスタ「なんで詩的に表現したんだよ!!!!てかウン◯してる時どんだけエロティックなんだよお前!!!!」

ミカサ「ケツから物出すだけで毎回毎回目尻に涙ためこんでんのか!?ウミガメか何かか!?」

ユミル「しかも『パンツ脱いだ瞬間身が出た』ってなに!?出す瞬間までずっとパンツはいてんの!?馬鹿だろ!?」

ミカサ「勘弁してくれよマジで!!鳩時計じゃねえんだからさ!!!最初からパンツぐらい脱いどけよ!!!」

エレン「ごめんなさい…もうやめてください…!」


22:2015/04/11(土) 07:24:55.67 ID:

アニ「髪のびたかな」

アルミン「…うん、少しだけのびてるね」

アニ「…アルミンはショートとロング、どっちが好き?」

アルミン「特にこだわりは無いかな」

アニ「強いて言うなら?」

アルミン「…ショート?」

アニ「ふーん…」



エレン「久しぶりにまともだな」

クリスタ「キスしろー!キース!キース!」

ユミル「教官がダッシュでこっちに来てるぞ?!」

ミカサ「逃げろぉ!!走れぇ!!」


23:2015/04/11(土) 07:27:01.66 ID:


アニ「アルミン」ゴロゴロ

アルミン「……」

アニ「暇」ゴロゴロ

アルミン「……」

アニ「……本より私に構ってよ」

アルミン「………」



アニ「………」ゴロゴロ

アルミン「………」

アニ「………がおー」ゴロゴロ

アルミン「……」

アニ「………食べちゃうぞー」ゴロゴロ

アルミン「……」

アニ「………」

アルミン「……」

アニ「……ねぇ」



アニ「……本当に食べちゃってもいい?」

アルミン「っ!!」ガバッ

アニ「へっ?」ドサッ


24:2015/04/11(土) 07:28:51.48 ID:


アルミン「はぁ…はぁ…」

アニ「……アルミン…?」



アルミン「…今どんな状態?」

アニ「え?」

アルミン「…今アニはどうなってる?」

アニ「………仰向け、にされて…その上から…四つん這いで…」

アルミン「体は動かせる?」

アニ「………無理…」

アルミン「……」

アニ「……」



アルミン「がおー」

アニ「!」

アニ「私…食べられるの…?」

アルミン「……どうだろうね」

アニ「………アルミン」

アルミン「うん?」

アニ「………私は…アルミンなら…」



アニ「………食べられてもいいよ」



25:2015/04/11(土) 07:30:40.93 ID:


アルミン「…ありがとう」

アニ「どういたしまして」

アルミン「……」

アニ「…食べないの?」

アルミン「…今は無理みたいだ」

アニ「なぜ?」

アルミン「……あれ」

アニ「?」チラッ





エレン「見届ける義務」

ミカサ「覗き見る義務」

クリスタ「不測の事態に備える義務」ブブブブブ

ユミル「一瞬の隙を突く義務」




アニ「……お預けだね」

アルミン「……そうだね」



27:2015/04/11(土) 07:33:49.94 ID:
もっと続けてもいいのよ……!乙


30:2015/04/11(土) 21:23:14.23 ID:
SSで声出して笑ったの久しぶり




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428702254/

→→もっと進撃の巨人を読む←←