1:2015/04/25(土) 10:56:10.45 ID:

提督「…榛名か・・・・・・」

提督「榛名は男の理想を体現したような女性だ…」

提督「特筆すべきはその包容力・・・ダメ男製造機と呼んでも過言ではないだろう…」

提督「俺はふと思った・・・」

提督「榛名はどこまで大丈夫なんだろうかと・・・」

提督「試すか」

榛名


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429926960

5:2015/04/25(土) 11:05:15.63 ID:

提督(ひとまずネギでも押し付けてみるか…)

提督「榛名!榛名はいるか!」

榛名「提督?お呼びでしょうか?」

提督「うむ、とりあえずそこに座れ」

榛名「はぁ…」ストッ

提督(普通のスーパーで買ってきた長ネギ・・・これを・・・)

提督「おら」

榛名「?」プニッ

提督「おらおら、鼻の穴にねじ込むぞこら!」

榛名「て、提督!やめてくらはい!」フガフガ

提督「おぅおぅ口にも入れちゃうぞ!おい!」

榛名「もう…提督ったら」スッ

提督(榛名がネギを握り返した)

榛名「提督が榛名に何をしようと、榛名は大丈夫です」

榛名「でも、食べ物で遊んではいけませんよ?」

提督「あっ…うん…」

榛名「それでは・・・このネギを使って、お夕飯はお鍋でもしましょうか」

提督「水炊きがいいな」

榛名「はい、それでは榛名はお買い物に行ってきますね?」

提督「俺も行くよ、荷物持つ」

榛名「ありがとうございます」




6:2015/04/25(土) 11:15:49.32 ID:

提督「カーブを投げて困らせよう」

提督「榛名!榛名はいるか!」

榛名「提督?お呼びでしょうか?」

提督「おう、キャッチボールをしよう」

榛名「…榛名は野球は得意ではないのですが…よろしいですか?」

提督「構わん、むしろ好都合だ」

榛名「?」


榛名「榛名!参ります!それっ!」ヒョイ


ヒョロヒョローン


提督「よし、ナイスボール・・・こっちもいくぞー」ビシュッ


ククッ


榛名「きゃ!!」ペスッ

榛名「???」
(曲がった・・・)

榛名「ご、ごめんなさい!」テテテ

提督「おいおい・・・頼むよはるなー」

榛名「次は!次はとってみせます!」


その後も


榛名「やっ!」ポロン

榛名「くっ・・・」ポロリ

榛名「うぅ…いたっ!」ポロドスゥ

榛名「…」グスッ


提督「おいおい・・・榛名、大丈夫か?」

榛名「…はい、はるなはだいじょうぶです…」
(このままじゃ提督が楽しむことができない・・・なんとかしなきゃ…)




7:2015/04/25(土) 11:21:46.67 ID:

数日後


提督「行くぞー」ビシュ


ククッ


榛名「はいっ!」パシィ

提督「なん・・・だと・・・?」

榛名「次は榛名が参ります!やああぁぁぁぁあぁ!!」ビシュ!!


シュー 130km/h

提督「ほ、本格派ストレート!!」


ククッ

キーン

提督「」

榛名「あ」

榛名「・・・って!提督!!」テテテテテテ



榛名「提督!だ、大丈夫ですか!!」ユサユサトントン

提督「は、榛名・・・野球は・・・・・・誰に?…」

榛名「図書を参考に・・・」トントン

提督「そう・・・か・・・・・・」

榛名「提督?ていとくー!!!!」



榛名はなんでもそつなくこなす上にさらに努力を怠らないタイプ


8:2015/04/25(土) 11:27:51.29 ID:

提督「背中をつつってやって困らせよう」

提督「榛名!榛名はいるか!」

榛名「提督?お呼びでしょうか?」

提督「少し後ろを向いてくれないか?」

榛名「?」クルリ

提督「ほい」ツツー

榛名「やんっ!!」ビクゥ

榛名「提督…何を・・・・・・?」

提督「びっくりした?」

榛名「びっくり・・・しましたけど…」

提督「けど?」

榛名「こういう事は・・・その…」

提督「?」

榛名「ひっ・・・ひが・・・・おちてから・・・・そのっ・・・・・」

提督「」

榛名「し!失礼します!!!////」トテトテトテトテトテ

提督「…」

提督「やらねば」


11:2015/04/25(土) 11:40:33.01 ID:

提督「背中にスライムを入れて困らせよう」

提督「榛名!榛名はいるか!」

榛名「提督?お呼びでしょうか?」

提督「少し後ろを向いてくれないか?」

榛名「…」ジトー

提督「どうした?」

榛名「またふしだらな事するんじゃと思いまして…」ジトジトー

提督「しないしない」

榛名「ほんとですか?嘘ついてませんか?」ジトジトジトー

提督「約束しよう、ふしだらなことはしない」
(何もしないとは言ってない)

榛名「…約束ですよ?……」クルリ

提督「それっ」スサスサ


榛名「ひぇ…」ゾゾゾ

榛名「いやぁ!!なに!!榛名の背中に何を入れたんですかぁぁ!!!!」ササササササ

榛名「やぁっ!!ひんやりする!!やだぁ!!!!ぐちゅってするぅ!!」

提督「ほほほ」

榛名「はやくとってくださぁい!!!!」

提督「すまん・・・榛名の背中に手を入れるなんて…ふしだらだ…」

榛名「くうううぅぅぅ!卑怯です!!」

榛名「提督のばかぁ!」ポテッ

榛名「あ」

スライム「」

榛名「……提督・・・・・・これはなんですか?」

提督「…黙秘権を行使します」

榛名「・・・・・・・・・・ません」

提督「え?なんて?」

榛名「悪戯は!榛名が!許しません!」ガバァ

提督「うわ!榛名!スライムは食べられないぞ!!」

榛名「許しません!!」

提督「でもこれが榛名の肌に触れたと思うと!食べたい!」

榛名「/////」ポカポカポカポカポカ

提督「痛い痛い!でも気持ちいい!!」

榛名「変態です!提督は変態提督です!榛名は見損ないましたぁ!!!」ペチペチペチペチ

提督「んほぉぉぉぉ!!!!」




15:2015/04/25(土) 11:53:02.73 ID:

提督「榛名にバナナを食べさせて困らせよう」

提督「榛名!榛名はいるか!」

榛名「…」ジー

提督「おい、なんで家政婦は見たって感じで壁際に隠れる?こっちへ来い」

榛名「…榛名は馬鹿じゃありません、また悪戯を企んでいるんでしょう?榛名にはわかります」ジジー

提督「しないよ、悪かったって」

榛名「今度こそ・・・約束ですよ?」

提督「あぁ、約束だ」

榛名「破ったら…いっか・・・一週間無視しますからね?」

提督「おぅ」ムキムキ
(機関短くした榛名可愛い…)

榛名「それは・・・バナナですか?」スッ テクテク

提督「おぅ…いいのが手に入ったんだ・・・・・・はいあーん」

榛名「そんな!は、恥ずかしいです!」

提督「いいからいいから。あーん」

榛名「は、はぃ…」パク

提督「美味しいか?」
(胸の前で両手ぎゅっとしてる榛名可愛い)

榛名「おいひいれふ/////」モキュモキュ

提督「そうか…はいあーん」
(次はそのまま押し込んでみよう)

榛名「あ…あーん」パクッ

提督「おっとてがすべったー」

榛名「むぅ!!」ズズズズ

提督「太いバナナが榛名の口いっぱいに!」

榛名「…」モグモグモグモグ

榛名「わざt提督「わざとじゃないよ」

榛名「…そうですか・・・・・・」スッ・・・ムキムキ

榛名「えいっ」ズボッ

提督「むぐぅ!!」

榛名「ごめんなさい提督、でも…わざとじゃないんです…」ニコッ

提督「ぶぶす」
(許す)






16:2015/04/25(土) 12:11:20.46 ID:

提督「うえへへ…でーすいしたおれではるなたんをこまらせよう」

提督「はるな!はるなはいるか!」

榛名「提督?お酒臭い…飲み過ぎですよ?」

提督「おれはなぁ!!かわいいかわいいおまえらを!!せんじょうにだしたくなんかないんだよぉ!!」

榛名「提督?」

提督「なろにだいほんえいのやつら…へいきみたいにあつかいやがってぇ!!!」

榛名「提督…」

提督「くそぉ・・・なにがおくにのためだ・・・・・・いのちひとつはれやしねぇせんじょうなんぞ・・・」

榛名「提督…」ギュッ

その時、甘く柔らかい世界が俺に微笑んだ
その世界は酷く安寧して
酷く心地よく
酷く暖かい
孤独な夜を癒す
そんな暖かさ
世界は静かに俺に語りかける

榛名「榛名だけが聞くにはにはもったいないお言葉です…」

提督「うそだぁ…おまえだってほんとうはだいじょうぶじゃないくせにぃ…」

榛名「大丈夫ですよ…日々の戦闘で心荒れるその時も・・・・・・貴方の笑顔で私たちの心は穏やかになるんです」

提督「は・・・るな・・・・・・」

榛名「幾千の人が・・・榛名に石を投げようと貴方はきっと榛名の目の前で手を差し伸べてくれるでしょう」

榛名「そんな人だから…私たちは命を投げ打ってでも守るのです」

榛名「あなたの故郷を・・・」

提督「うぅ…ちくしょう・・・・・・ちくしょう・・・・・・」

榛名「今夜は榛名と一緒にいましょう……」

提督「・・・・・・ぐがーぐがー」

榛名「大丈夫ですよ…提督・・・・・・」

榛名「暁の水平線の勝利を見るまで・・・榛名は沈みません…」

榛名「大丈夫…大丈夫…」



チュンチュン


提督「うぅ…あたまいてぇ・・・ん?」

榛名「くぅ…くぅ…」

提督「……」

提督(あれ?もしかして…やったの?うっそ全然覚えてねえよ…)

提督「おい榛名!おきろ榛名!!」

榛名「…んむぅ・・・・・・」

提督「なぁ榛名!榛名ってば!」


榛名「ふふっ・・・はるなは・・・だいじょぶ・・・れす・・・・・・」

提督「俺は大丈夫じゃないんだってばぁ!!!」


20:2015/04/25(土) 13:44:57.35 ID:

提督「ポッキーゲームをやって困らせよう」

提督「榛名!榛名はいるか!」

榛名「はい提督、榛名はここにいますよ」

提督「ポッキーゲームしようぜ」

榛名「?」

提督「いいか?このポッキーの両端を二人で咥えて食べ進めるんだ」

榛名「はぁ……ん?」

榛名「これ・・・・・・キス・・・・あうぅぅ・・・」

提督「さぁ…さぁ!」クイクイ

榛名「////」メソラシカプッ

提督「…」ポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポキポ

榛名「ふえ!!」バッ

提督「チッ・・・ほい次」モグモグスッ

榛名「あうぅ・・・提督・・・・・・恥ずかしいです・・・・・」

提督「嫌か?」

榛名「いや…ではないですが…その・・・・あの・・・・」

提督「?」

榛名「目を・・・・・・つむっていただけると・・・・」

提督「いいだろう」スッ

榛名「…」ポキポキポキポキ

提督「…」

榛名「…」ポキポキ
(あと・・・三口くらいで…キス・・・)

榛名(・・・・・・・推して参ります!!)

榛名「…」ポキ

提督「<・><・>」

榛名「」

榛名「あっ・・・・あぅ・・・・うぅ・・・・・」

提督「…」チュッ

榛名「!!!!」

榛名「あぁぁああぁぁあぁぁぁ・・・・・」ヘタリ

提督「じゃ!」ドドドドドドドドドドドドドド

榛名「ふえぇぇ・・・榛名・・・・キス・・・・しちゃいました・・・・」

榛名「はうううぅぅぅぅぅぅ/////」イヤンイヤン


22:2015/04/25(土) 13:47:10.02 ID:

提督「すっごく変なことを言って困らせよう」

安価下


23:2015/04/25(土) 13:48:43.19 ID:
お前が可愛すぎるせいで余命半年を宣告された


25:2015/04/25(土) 14:04:06.20 ID:

提督「榛名!榛名はいるか!」

榛名「はい提督、榛名はここにいますよ」

提督「お前が可愛すぎるせいで余命半年を宣告された」

榛名「可愛いなんて…榛名にはもったいないお言葉です……余命宣告?」

提督「そうだ、榛名のフェロモンに当てられて俺はお陀仏寸前なのだ」

榛名「はぁ…それは具体的にはどのようなご病気なのですか?」ニコニコ

提督「よくぞ聞いてくれた、まず榛名の近くにいると胸がドキドキする」

榛名「それじゃあ少し近づきますね」スッ

提督「榛名が近づいてくるといい香りがするから頭がぼーっとする」

榛名「ふふっ・・・それじゃあもう少し近づいてみましょう」スッ

提督「榛名の綺麗な瞳に吸い込まれそうで不安になる」

榛名「それでは、目も近づけてみましょう」コツン

提督「…」

榛名「お鼻とお鼻がくっついたら・・・提督の息遣いが荒くなりました」

提督「…」

榛名「榛名の胸は提督の胸のと同じくらいドキドキしてます」

榛名「提督の香りは榛名の気持ちを安らげてくれます」

榛名「提督…もし・・・・・もしも榛名の願いが一つだけ叶うとしたら・・・・・・」

榛名「提督の瞳に映る女の子は・・・榛名ひとりだけがいいです・・・・・」

榛名「提督・・・・榛名のお願いは我が儘でしょうか…?もし・・・そうなら・・・」

榛名「榛名みたいな悪い子を・・・オシオキ・・・・してください・・・・」






榛名(なんて!なんて!キャー!!頭の中の榛名はなんて大胆なんでしょうか!!)イヤンイヤン

提督「榛名?おーい!」

提督「お前が可愛すぎるせいで余命半年を宣告された」キリッ

榛名(でもでも・・・オシオキって・・・・えっちな事をされたりしたら・・・・きゃあぁぁぁ!!!)イヤンイヤンイヤンイヤン

提督「おーい・・・」




26:2015/04/25(土) 14:25:02.73 ID:

提督「榛名に大好きって言って困らせよう」

提督「榛名!榛名はいるか!」

榛名「はい提督、榛名はここにいますよ」

提督「榛名、大好きだ」

榛名「はい♪榛名も提督の事が大好きです♪」

提督「本当に!」

榛名「嘘です」ニコッ

提督「」

榛名「…」ニコニコ












提督「ゥオゥウア゛アアアアアアアアアアアアアーーーゥアン!!!!!ゥゥゥウアァァァァァァァァァァァァ!!!!」

榛名「!!?!???」

提督「ソンナネェェゲンジツヲツキツゲデェェ!!!ヅキツケテモ!!!オレハ!!ハタラカナイ!!!

提督「誰がデー!デイドグデモ!オンナジヤオンナジヤオモデェー!ンァッ↑ハッハッハッハーwwwwwwア゛ン!!このにほんンフンフンッハ アアアアアアアアア↑↑↑アァン!!!!!!アゥッアゥオゥウア゛アアアアアアアアアアアアアーーーゥアン!コノヒホンァゥァゥ……ア゛ーコノクニヲ… ウッ…マモリダイ!深海棲艦問題はぁ…グズッ…我が国のみンドゥッハッハッハッハッハアアアアァァ↑我がクニのみンゥッハー↑グズッ我が国のみな らずぅう!!ガガントス!!…人類の問題やないですかぁ…命がけでッヘッヘエエェエェエエイ↑↑↑↑ア゛ァアン!!!アダダニハワカラナイデショウネエ!!!」



榛名「」

提督「あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁあぁ!!!!!!!」

榛名「嘘です!!提督嘘ついたのが嘘です!!」

榛名「榛名は提督が大好きですよ!本当に大好きですよ!!」

提督「ううううぅうぅうぅう・・・ズズッ」

榛名「ほらっ・・・鼻をかんでください」

提督「…」ズビズバアアァァァァビヨウトブシャアア

提督「はるなぁ…」

提督「だいすき」

榛名「榛名もちょっと子供じみて泣き虫な提督が大好きです…」

榛名「本当ですよ?」

提督「じってる」

榛名「安心しました♪」ニコ

提督「よがっだよぽおおおおおおおおそそそおそおそおおおおお!!!」

榛名「もう…提督の傍には榛名がいないと駄目ですね」ニコニコ


27:2015/04/25(土) 14:33:12.08 ID:


榛名「この後・・・榛名と提督は幸せに生活した・・・と・・・」

提督「…」

榛名「ふ~ん…まぁいいでしょう・・・・・・」

榛名「さすがに榛名もここまでおぼこちゃんではないですが…及第点です…」

提督「…俺襲うまで処女だったくせに・・・・・・」

榛名「何か?」

提督「いいえ・・・」

榛名「趣味が小説なのはいいですが…榛名を題材に使うとは・・・・・」ニヤニヤ

提督「あの…」

榛名「はい?」

提督「だいすき・・・です…」

榛名「」パサッ

提督「…あのっ・・・・・・」

榛名「て…提督・・・・・」

提督「はい・・・・うわっ!!!!」ガバァ

榛名「いいでしょう・・・その喧嘩買います」

提督「待って!!いやぁ!!軍服を脱がさないでえぇぇぇっぇぇぇ!!!!」








このあと滅茶苦茶愛された




28:2015/04/25(土) 14:35:47.86 ID:

おしまい
まぁ、榛名を襲うより榛名に襲われたいってのが結論だよね


30:2015/04/25(土) 14:36:59.67 ID:
それに賛成だ
おつ


32:2015/04/25(土) 15:51:00.60 ID:

いい話ダナー


34:2015/04/25(土) 23:43:33.46 ID:
イイハナシダナ-
( ゚ω^ )ゝ 乙であります!




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429926960/

→→もっと艦これを読む←←