1:2015/05/18(月) 19:40:01.85 ID:
大淀「はい、間違いありません」

大淀「作戦内容が深海棲艦側に漏れているようです」

大淀「そして、それを流しているのが……」

長門「スパイ、というわけか」

陸奥「そんな、まさか……一体、誰が!?」

港湾「テイトク、ワタシ、コワイ……!」ブルブル

提督「大丈夫だ。心配するな」ギュッ

提督「スパイなど、すぐに見つけ出してやるからな……!」

※安価SS

大淀


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431945591

2:2015/05/18(月) 19:44:05.21 ID:
提督「身内を疑うのは心苦しいが……」

提督「日頃から、素行が怪しい者がいたのは確かだ」

提督「そういった艦娘に内々に接触し、スパイを炙り出す」

長門「分かりました。では、早速、私が――」

提督「いや、そのような役目を貴様にさせるわけにはいかない」

提督「嫌われ役は私がやろう。貴様らはフォローを頼む」

陸奥「提督……」


3:2015/05/18(月) 19:47:48.13 ID:
提督(とは言ったものの、まるで思いつかないな)

提督(この二年間、皆、同じ釜の飯を食ってきた面々だ)

提督(スパイがいるとは考えたくないが――)

提督(いざという時は、私も腹をくくろう)

提督「――さて」

提督「怪しい艦娘は、誰だ……?」

>>5


5:2015/05/18(月) 19:48:50.13 ID:
金剛


11:2015/05/18(月) 19:53:54.67 ID:
提督(……)

提督(考えてみれば……)

提督(金剛は、怪しくないか?)

提督(初対面から私に明らかな好意を示し、)

提督(それを公言して憚らない)

提督(あれは……私に近づくための演技だったのでは?)

提督(人の恋愛感情を疑いたくはないが――)

提督(念のために、話を聞いておくか)


14:2015/05/18(月) 19:56:35.10 ID:
~艦娘寮 廊下にて~

提督「ああ、金剛。ここにいたのか」

金剛「Wow、提督ぅー! 私に会いに来てくれたの?」

金剛「んー、チュッチュッ! 嬉しいデース!」

提督「うわっぷ。ま、待て。時と場所を弁えろ」

提督「まずは私の用件を聞いてくれ」

金剛「What?」


16:2015/05/18(月) 20:02:33.08 ID:
提督「単刀直入に聞こう」

提督「金剛。貴様、何か私に隠していないか?」

提督「私の目を見て、包み隠さず話してくれ」

金剛「提督……」

金剛「……どうやら、本気のようネ」

金剛「誤魔化しや言い逃れは……できそうにありませーん」

金剛「Yes……隠し事、ありマス」

金剛「それは……」

>>18


18:2015/05/18(月) 20:03:30.85 ID:
実は深海側のスパイ


27:2015/05/18(月) 20:06:58.37 ID:
金剛「実は深海側のスパイ……だったのデース……」

提督「っ!!!!」

提督「ば、馬鹿な……!?」

提督「そんな、どうして……!?」

提督「嘘だろう? 嘘だと言ってくれ!」ガシッ

金剛「……」

金剛「残念ながら、事実デース……」


28:2015/05/18(月) 20:11:51.26 ID:
金剛「おかしいとは思いませんデシタか?」

金剛「ヴィッカース社で作られたのは私一人」

金剛「それ以降、英国から艦娘が送られてキマシタか?」

金剛「深海棲艦は人類共通のenemy」

金剛「それなのに、どうして、英国は音沙汰がないのか――」

金剛「不思議には思いませんデシタか……?」

提督「……っ!」



30:2015/05/18(月) 20:14:41.51 ID:
金剛「答えはeasy」

金剛「ヴィッカース社は深海棲艦が作った架空会社で――」

金剛「初期型の艦娘である私は、この戦争のパワーバランスを保つため、」

金剛「人類に贈られた兵器」

金剛「そして……スパイなのデス」

提督「馬鹿……な……!」


33:2015/05/18(月) 20:18:55.40 ID:
金剛「フフッ、面白かったデス」

金剛「私が細工しているとも知らずに――」

金剛「羅針盤の結果に、右往左往する提督の姿は」

提督「あ、あれは貴様が……!」

提督「何ということだ……」

提督「信を置いていた貴様が、まさか、獅子身中の虫だったとは……」

金剛「……デスが」

提督「……?」


34:2015/05/18(月) 20:22:13.86 ID:
金剛「初めのうちは、演技デシタけど……」

金剛「私は……次第に……」

金剛「提督のことを、心から、愛するようになってしまったのデース……」ポロポロ

提督「……金剛」

金剛「温かな風……優しい人々……静かな海……」

金剛「そして、いつも諦めず、前を向く提督……」

金剛「私はいつしか、貴方を裏切るのに、罪悪感を覚えるようになりマシタ」ポロポロ


35:2015/05/18(月) 20:25:45.30 ID:
金剛「でも、私の罪は消えない……スパイをした事実は、変わらないのデース」

金剛「だから、きっと、罰が当たったのデス」

金剛「幸せの中にいる、今、この瞬間に――」

金剛「罪の告白をしなければならなくなった」

金剛「これは、『トウゼンノムクイ』デスよね……?」

金剛「分かりマス……今の私には、全部、全部、分かりマース……」ポロポロ

提督「金剛……」


36:2015/05/18(月) 20:28:23.40 ID:
提督(今の話を聞く限り、金剛はスパイ……『だった』ということになる)

提督(今はそのことを悔いており……)

提督(どうやら、情報を流しているスパイとは違うようだが……)

提督(私は彼女を赦すべきなのだろうか……)

>>40

赦す or 赦さない


40:2015/05/18(月) 20:29:19.65 ID:
許さない


44:2015/05/18(月) 20:32:09.76 ID:
提督「……話は全て分かった」

提督「私は立場ある人間として、貴様を赦すことはできない」

提督「相応の厳罰は――覚悟してもらおう」

金剛「……」グスグス

金剛「……ハイ」

金剛「どんな罰でも……ちゃんと受けマス」

金剛「だって、それは――愛する人たちを騙した、罪だから」ポロッ


45:2015/05/18(月) 20:35:19.32 ID:
提督「――言ったな?」

提督「来いっ! 貴様に罪を与えてやる!」グイッ

金剛「アッ、提督、な、何をっ!?」

金剛「何をするんデスか!?」

提督「黙れっ! さあ、ここに入るんだ!」

金剛「ここは――提督の、寝室」カァァ

提督「今夜は寝かさんぞ、金剛」

提督「貴様の身体に、罪の重さを――」

提督「刻みつけてやるっ!」ガオー!

金剛「アッ、提督ぅ! アッ、アッ、アアッ!?」



<ア~~~~…………


49:2015/05/18(月) 20:37:11.41 ID:
~翌朝~

チュンチュン チュンチュンチュン

金剛「提督ぅ……愛してマース……」ムニャムニャ

提督「……」

提督「ふう」

提督「金剛に対する厳罰は、このようなものでいいだろう」

提督「しかし、参ったな。スパイが見つかったと思ったら、別口だったとは……」


56:2015/05/18(月) 20:40:43.68 ID:
提督(おそらく、金剛が任務を放棄したことで、新たなスパイが送られてきたのだろうが……)ガチャ

提督(それは誰なんだ?)スタスタ

提督(素行や言動の怪しい艦娘はまだいる)スタスタ

提督(あのうちの、誰が……)スタスタ……

北方「テートク、オハヨー」

提督「おお、ほっぽちゃん。今日も早いのだな」

提督「姉さんはまだ寝ているのか?」

北方「ウン。オネエチャン、ネボスケ」

提督「ハハハ……」


59:2015/05/18(月) 20:43:38.08 ID:
提督「そうだ、ほっぽちゃん。最近、怪しい動きをしている人を見なかったか」

提督「そういった人を調査してるのだが……」

北方「アヤシイヒト?」

北方「ウーン……」

北方「アッ!」

提督「見たのか」

北方「ウン」

それは誰?

>>65


65:2015/05/18(月) 20:44:37.06 ID:
港湾


70:2015/05/18(月) 20:47:08.63 ID:
北方「オネエチャン、サイキン、ヘン!」

北方「ナニカ、カクシゴトシテル!」

提督「そうか……」

提督(港湾棲姫、か)

提督(内気で、人見知りで、臆病で)

提督(そんなあの子にスパイが務まるとは思えないが――)

提督(……探りを入れてみるか)


74:2015/05/18(月) 20:49:55.82 ID:
~鎮守府 執務室~

港湾「テイトク。コレガ、キョウノショルイデス」

港湾「メヲトオシテオイテクダサイネ?」

提督「ああ」

提督「いつも助かる」

提督「すまないな」

港湾「イ、イエ……」

港湾「シゴト、デスカラ……」ポッ


75:2015/05/18(月) 20:52:29.29 ID:
提督(やはり可憐だ)

提督(大きな身体に反して、愛くるしい)

提督(そんな彼女にも――隠し事があるという)

提督(それは何だ……?)

提督「なあ、港湾棲姫」

港湾「? ハイ?」

提督「私に隠れて……何か、コソコソとしているそうではないか」

港湾「っ!!」ビクッ


76:2015/05/18(月) 20:54:09.08 ID:
提督「その反応、図星か」

提督「さて、教えてもらおうか」

提督「貴様は一体、何を隠してるというのだ?」

港湾「ソ、ソレハ……」

港湾「エト……」

>>78


78:2015/05/18(月) 20:54:36.66 ID:
実は深海棲艦なんだ


88:2015/05/18(月) 20:57:49.99 ID:
港湾「……ジツハ」

港湾「ワタシ、深海棲艦、ナノ」

提督「なにっ――!?」

提督「馬鹿な! 貴様が深海棲艦だと!?」

提督「信じられん……!」

港湾「深海棲艦デス」

港湾「メモヒカリマス」ピカッ!

提督「本当だ!!」


91:2015/05/18(月) 21:00:45.85 ID:
提督「まさか、鎮守府内に二人も深海棲艦がいたとは……!」

港湾「フタリ? ホッポノコトデスカ?」

提督「ひいっ!? あのほっぽちゃんも深海棲艦だと!?」

提督「なんということだ……!」

提督「この鎮守府の審査はどうなっているのだ……!?」

港湾「ワリト『ザル』デシタ」

提督「くっ……!」ドンッ!


92:2015/05/18(月) 21:03:58.53 ID:
港湾「デモ、ゴカイシナイデクダサイ」

港湾「ワタシト、ホッポハ、深海棲艦デスケド」

港湾「イイ深海棲艦ナノデス」

提督「いい深海棲艦?」

港湾「ハイ。クライウミノソコヲデテ、アタタカナチジョウデクラス」

港湾「ジンルイニミカタスル深海棲艦デス」

提督「なるほど……」

提督(金剛もそうだったな……)


94:2015/05/18(月) 21:06:04.80 ID:
港湾「バレテシマッタノハ、ショウガナイデスケド……」

港湾「ワタシタチヲシンジ、コレカラモ、チンジュフニオイテクレマスカ?」

港湾「ワタシト、ホッポノ、フタリヲ」

提督「むう」

提督(……どうする?)

提督(港湾棲姫のことを、信じるか?)

>>96

信じるor信じない


96:2015/05/18(月) 21:06:29.09 ID:
じる


102:2015/05/18(月) 21:09:02.28 ID:
提督「……分かった」

提督「貴様のことを、信じよう」

提督「二人は今まで通りに暮らしてくれて構わない」

提督「貴様らの立場は、私が責任を持って保証しよう」

港湾「テイトク!」パァァ

港湾「シンジテマシタ、テイトク!」

港湾「アナタハ、シンライデキルヒトダッテ!」ムギュッ

提督「ぐ、むうう!? 胸がっ!」


103:2015/05/18(月) 21:12:23.61 ID:
港湾「オモイキッテ、ウチアケタカイガアリマシタ!」ムニュ、ムニュ

提督「く、む、むむ!」

提督(爆乳に顔を包まれて……)

提督(息が、息ができない……!)

提督(振りほどこうにも……)

提督(流石の膂力だ……!)

港湾「テイトク、テイトク!」ムニュウウウ

提督「む~~~~!!」



北方「……」ジー

北方「マタオネエチャン、ヘンナコトシテル……」


105:2015/05/18(月) 21:14:50.11 ID:
~10分後~

港湾「ワ、ワタシッタラ……」カァァ

提督「はぁ、はぁ、はぁ……!」

提督「し、死ぬかと思った……!」

港湾「スミマセン、テイトク」

港湾「ワタシ、ウレシクッテ」

提督「い、いや、構わない」

提督「気に病む必要はない」

港湾「提督……」キュン


107:2015/05/18(月) 21:17:55.92 ID:
提督「しかし、参ったな。また捜査が振り出しに戻った」

提督「深海棲艦側のスパイは、いつになったら見つかるのか……」

港湾「……」

港湾「ソノコトナンデスケド……」

港湾「ジツハワタシ、ココロアタリガアルンデス」

提督「何だと!?」

港湾「アノヒトガ、サイキン、キョドウフシンナンデス」

あの人とは?

>>110


110:2015/05/18(月) 21:18:36.17 ID:
利根


115:2015/05/18(月) 21:22:03.68 ID:
港湾「アノ、ワガハイ、ワガハイッテイッテルヒト」

提督「利根か」

提督(奴は艦娘のまとめ役をよく務めてくれている)

提督(立場的には、多くの機密を知ることができるが……)

提督「よし、話を聞いてくるか」

港湾「オ、オキヲツケテ」


116:2015/05/18(月) 21:25:13.90 ID:
~ドック内~

提督「利根はここにいるそうだが……」

提督「ああ、いたな。お~い、利根! 少しいいか!」

利根「ギクーッ!!」

利根「な、なんじゃ、提督か。驚かせるな」

利根「そこで待っておれ! すぐに降りる!」

提督「……」

提督(……怪しい)


117:2015/05/18(月) 21:28:16.32 ID:
利根「それで、吾輩に何用じゃ?」

利根「こう見えて、なかなか忙しい身でな」

利根「手短に済ませてくれると、助かるのじゃが……」キョロキョロ

提督「ならば、単刀直入に聞くが」

提督「利根。貴様――私に何か隠しているな?」

利根「ギクギクッ!」ビクーン!


120:2015/05/18(月) 21:30:50.62 ID:
利根「ななな何のことだか、さっぱりじゃ!」

利根「何か証拠でもあるのか? 言いがかりは許さぬぞ!」

提督「ほう、食い下がるな」

提督「だが、利根よ。目撃証言があるのだ」

提督「それらを一つ一つ、並べ立てるべきなのか?」

利根「んなーっ!?」ガーン

提督(ブラフだがな)


123:2015/05/18(月) 21:33:27.48 ID:
利根「く、くぅー……」ワナワナ

利根「……分かった。吾輩も誇りある艦娘じゃ」

利根「今さらジタバタするまい」

提督「……では?」

利根「ああ、お主がつかんでいる通りじゃ」

利根「吾輩は――」

何をしていた?

>>126


126:2015/05/18(月) 21:34:22.36 ID:
深海に情報を送信していた


138:2015/05/18(月) 21:37:07.13 ID:
利根「実はな……」

利根「深海に――情報を送信していたのじゃ」ニヤリ

提督「……」

提督(……なっ!?)

利根「ククク、流石は提督じゃ。吾輩が見込んだ男なだけはある」

利根「まさか、こうも早くスパイ行為がバレるとはな」

提督「利根、貴様……!」


142:2015/05/18(月) 21:40:57.81 ID:
提督「仲間を裏切って、申し訳ないとは思わなかったのか!」

利根「多少はな。兵器とはいえ、心を持つ吾輩たちじゃ」

利根「後ろめたい気持ちは、もちろん、あったぞ」ニヤッ

提督「利根ぇぇぇ……!」ワナワナ

利根「しかし、お主もタイミングが悪い」

利根「もう必要なデータは送ってしまったぞ」

利根「取り戻すことなど――できるわけがないな?」フフフ

提督「おのれ……!」


144:2015/05/18(月) 21:45:21.79 ID:
提督「言えっ! 何のデータを送った!」

提督「艦隊の編成か! 出撃予定日か! それとも資材の量か!」

利根「お主も妙なことを言う」

利根「どうして吾輩がそのような瑣末なことを送らねばならぬのだ?」

利根「もっと、もっと、必要にされておることじゃよ」

利根「それこそ、深海側がのどから手が出るほど欲しがっている情報じゃ」

提督「何だ、それは!」

利根「ふふん、それはな――」

それは?

>>146


146:2015/05/18(月) 21:45:56.58 ID:
今晩の献立


159:2015/05/18(月) 21:48:49.62 ID:
利根「今晩の献立、じゃよ」

提督「なにぃ?」

利根「ククク、今晩の献立を送ったと言った」

利根「この意味が分かるか?」

利根「門外不出の鎮守府の味が、深海側にも伝わるということじゃ」

提督「貴様ぁ……!」

利根「いいものをいつまでも独占していてはいかん」

利根「そうは思わんか……なぁ、提督?」ニヤリ


164:2015/05/18(月) 21:52:44.43 ID:
提督「自分が何をしたのか分かっているのか!」

利根「ああ、分かっておるよ」

利根「海軍カレーや間宮パフェのレシピを送った」

利根「これで深海棲艦の恵まれない子どもたちも、美味しい食事にありつけるなぁ?」

利根「ふはは! 吾輩は感謝されて然るべきであろう!」

利根「そうは思わんか、提督!」

提督「黙れ!」

提督「もうこれ以上……口を開くな!」


171:2015/05/18(月) 21:57:19.31 ID:
提督「海軍のカレーは先人たちの血と汗と涙の結晶」

提督「そして、今なお愛される、かけがえのないレシピだ!」

提督「それを無料公開した貴様を、私は赦すことができない!」

利根「――ほう?」

利根「ならば、どうするというのだ?」

提督「――決まっている!」

提督「我が怒りの制裁を……」

提督「受け入れろ、利根ぇぇぇぇぇぇ!!!!」ババッ!

利根「ふはは、愚かな!」

利根「返り討ちにしてやるぞ、提督ぅぅぅぅ!!!!」ババッ!


174:2015/05/18(月) 22:00:40.21 ID:
<キエー!

<ホワー!

<アータタタタタ!

<アタッ!

<ゴッ

<イタッ、ヤメッ、ヤメルノジャ!

<ソウムキニナルナ! ナ、ナッ? ハナシアオウ……

<ンアア!? ナンデヌグノジャ!? ヒイイ!

<アッ、アッ、アアアアッ……!?

<チ、チクマ~~~!!



筑摩「……」

筑摩「今日も平和ですね」ニッコリ


179:2015/05/18(月) 22:07:22.05 ID:
~後日~

提督「ふう……」

長門「お疲れですね」

提督「ああ、疲れもするさ」

提督「結局、深海棲艦側に作戦情報を送っていたスパイが見つからなくてな」

提督「空振りばかりで、疲れだけが溜まったよ」

港湾「ア、アノ。カタ、モミマショウカ?」

陸奥「あら、あらあら♪」

陸奥「いつの間にか、随分と積極的になったじゃない?」ニヤッ

港湾「チ、チガッ」カァァ


180:2015/05/18(月) 22:09:26.17 ID:
提督「あまりからかってやるな」

陸奥「はぁ~い♪」

長門「しかし、スパイはどこに潜んでいるのでしょうね」

提督「もしかしたら、もう逃げ出したのかもしれんな」

提督「でなければ、よほどしたたかなやつか……」

長門「一度、鎮守府に所属する人員の情報を洗ってみます」

提督「ああ、頼む」


181:2015/05/18(月) 22:12:22.70 ID:
提督(……)

提督(……しかし、本当に誰なのだろうか?)

提督(機密にアクセスできて、極秘裏にそれを送り、痕跡を消し去った)

提督(そのようなことができるのは……)

提督(いかん。考えすぎだな。ゆっくり休んで、気持ちを切り替えよう)

提督「それでは、後のことは任せたぞ」

長門「はっ! お休みなさいませ」


182:2015/05/18(月) 22:14:24.43 ID:
提督「さて、風呂に入って寝るか」

提督「っと、もうこんな時間か」

提督「金剛と利根が待っている。急がねばな」タタッ

タッタッタッタッタッタッタッ……







大淀「……」

大淀「…………」

大淀「ふふっ」

~完~


185:2015/05/18(月) 22:16:06.91 ID:
おしまい

アニメ艦これのスパイも、大淀だと睨んでいる(真剣)

奴は間違いなく悪女やでぇ……みんなも気をつけや。


186:2015/05/18(月) 22:17:22.10 ID:
や、やったぜ


187:2015/05/18(月) 22:17:22.25 ID:
乙です
悪女モードではメガネ外すんですねわかります


188:2015/05/18(月) 22:17:26.61 ID:
むしろこれ、誰がスパイかというより、スパイじゃない奴探す方が難しいんじゃね?


189:2015/05/18(月) 22:18:16.40 ID:
提督もスパイかもしれんな


193:2015/05/18(月) 22:20:11.64 ID:
フフフ・・・大淀怖い




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431945591/

→→もっと艦これを読む←←