1:2015/05/19(火) 21:06:52.63 ID:
―注意―

咲和イチャラブ百合SSです

無理ぽな方はブラウザバックでお戻りください

このSSは咲と和が恋人になるまでの過程を綴っただけで、他に見所はありません

過度な期待はせずに、大丈夫な方だけ見やがってください(みなみけ風)

2人共大学生になっている、という設定です

咲ちゃん視点です

咲和


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432037202

2:2015/05/19(火) 21:08:57.17 ID:
この春から大学生になった私は、大学への通学の都合もあって上京して独り暮らしを始めることとなった。

お姉ちゃんとも仲直りできたし、お母さん達と一緒に暮らしてもよかったんだけど。

進学先は文学部。本が好きだし、英語も勉強したかったので英文科にしたよ。

親友の和ちゃんは一流大学の法学部。凄いね。将来弁護士さんにでもなるんだろうね。

和ちゃんは清澄高校1年の時、全国優勝できなかったので東京の進学校に転校していった。

凄く寂しかったよ。連絡はなんとか取り続けていた。

でも段々疎遠になっていくみたいで正直焦ったな。物理的な距離ってやっぱり大きいよね。

優希ちゃんは長野に残ることとなった。

私が暮らすことになった部屋はちょっと贅沢な1LDK。

全然片付かないダンボールの山に途方に暮れていたら携帯の着信音が鳴った。


4:2015/05/19(火) 21:11:39.47 ID:
和「咲・・・さん、ですか? お久しぶりです」

咲「和ちゃん!? わぁ、電話ありがとう! 元気だった?」

和「ええ。咲さんもお元気そうで」

咲「和ちゃんも独り暮らし始めるんだってね

和「・・・もってことは、咲さんも?」

咲「うん。今も荷物とか片づけてたとこ。持ってきすぎちゃったかな・・・」

和「片付かないなら・・・手伝いに行きましょうか?」

咲「え? いいよ、悪いし。それに和ちゃんも新生活に向けていろいろ忙しいんじゃない?」

和「まぁ、忙しくないと言えば嘘になりますけど・・・」

咲「でしょ? だからいいよ」

和「というか・・・私が咲さんに会いたいだけなんですよ。いけませんか、お邪魔したら?」

咲「そうなの? 嬉しいよ。でも部屋汚いからなぁ」

和「だから片づけるの手伝いますって」

咲「そう? どうしよっかなぁ・・・」

和「積もる話もありますし・・・久しぶりにゆっくりお話がしたくて・・・」

咲「そうなの? 私も和ちゃんと久しぶりに話したいよ! 

  じゃあ、お言葉に甘えちゃおうかな?」

和「そうしてください」

咲「そっかー。悪い気もするけど、お願いするよ。うちへの来方わかる?」

和「(笑) 咲さんじゃないんですから、迷いませんよ」

咲「あー、今ちょっとバカにしたでしょ?」



5:2015/05/19(火) 21:14:48.39 ID:
親友とのお喋りはほんとに楽しくて。

ほんの少ししか話してないと思ったけど、あっという間に30分は経っていた。

これはほんとにゆっくり時間をとった方がよさそうだね。

お互いの近況報告もいろいろあるし。

電話でも少し話したんだけど、お互い麻雀はやめてなくて。

私も大学でも麻雀部に入るつもりだし、和ちゃんもそうみたい。

やっぱり麻雀というと、2人の絆みたいなのを感じるよね。

私はお姉ちゃんからの勧めもあって、プロ雀士も射程に入れている。

和ちゃんはどうなのかな? また麻雀の全国大会とかお互い目指せたらいいな。

優希ちゃんも大学で麻雀するみたいだし。皆が麻雀続けていてくれて嬉しいな。

京ちゃんは可愛い女の子目当てでテニス部と兼任みたいなこと言ってたけど。・・・むぅ、動機が不純だね。


6:2015/05/19(火) 21:17:05.92 ID:
とにもかくにも、新しい年度で心躍る春。皆それぞれの道を歩き始めていた。

そして、1週間後のある日、お泊りで和ちゃんが私の部屋へ遊びに来た。


和「素敵なお部屋ですね」

咲「そう? 何もないけど・・・。和ちゃん、コーヒーと紅茶どっちがいい?」

和「紅茶でお願いします」

咲「そう。じゃあ、私も紅茶にしよう。ダージリンでいいよね」

和「紅茶、詳しいんですか、咲さん」

咲「最近凝ってるの。茶葉はこうしてジャンピングさせた方が美味しいんだよ。

  あ、今日和ちゃんはお客様だから、手料理食べてってね」

和「咲さんの手料理ですか。嬉しいです」


7:2015/05/19(火) 21:19:30.43 ID:
ニッコリ笑った和ちゃんは高校の頃よりずっと大人っぽくなってて。

とても綺麗になっていた。モテるんだろうなぁ。

和ちゃんのことだから、彼氏の1人や2人とっくにいるよね。なんだか寂しいな・・・。

和ちゃんに手伝ってもらったら、あっという間に部屋の中が片付いていった。

やっと居心地よくなった部屋に2人して座って、私たちは尽きないお喋りを始めた。

近況報告から始まって、将来のこととか・・・。

和ちゃんは法曹界へ進むのに少し迷いがあるみたいだったけど。

でも、勉強するからにはきちんとするって。

和ちゃんらしいや。やっぱり芯が強くてしっかりしてる。

私の料理はちょっと趣向を凝らしてラタテュユ。

このくらいは作れるんだよーってアピールしとかなきゃ。・・・ってなんで? 

まぁ、咲ちゃんはやればできる子だってことだよ。

和ちゃんはとても美味しいって凄く喜んでくれた。

そして、話はいつしかガールズトークになって。


8:2015/05/19(火) 21:22:52.63 ID:
咲「和ちゃんのタイプってどんな感じの人なの・・・?」

和「タイプって言われても・・・」

咲「和ちゃんはいいなぁ。そんなにハイ・スペックで。私はまだ一度も恋したことないよ」

和「ないんですか」

咲「うん。お姉ちゃんと仲直りすることで頭がいっぱいだったというか・・・。

  でも恋愛小説とか読んでると、ちょっと憧れるよ」

和「寧ろ、咲さんのタイプが知りたいです」

咲「私かぁ・・・。私は・・・ギルバート・ブライスみたいな一途にこっちを想ってくれる

  男性とかいたらいいかなぁ・・・えへへ、結局小説だね」

和「私のタイプは・・・」

咲「ん? 和ちゃんのタイプは・・・?」

和「可憐で可愛くて、白い花が似合うような・・・それでいてカッコよくて・・・」

咲「え? 可憐? 可愛い? それって男の人の形容詞なの・・・?」

和「・・・」

咲「あ、もしかして今付き合ってる彼氏がそういうフェミニンタイプとか?」

和「付き合ってる人なんていませんよ」

咲「いないの!? 和ちゃん、そんなに可愛いのに・・・モテるでしょ?」

和「モテても、好きな人が振り向いてくれなきゃ何の意味もありませんよ」

咲「和ちゃん、好きな人いるんだ? なんで告白しないの?」

和「なんでって・・・。その人は私のことなんか眼中にないからですよ」

咲「告白したら違うと思うな」

和「えっ・・・」

咲「和ちゃんに告白されたら断る人なんかいないよ。私が男なら絶対オッケーだよ」

和「ほんとですか・・・」

咲「うん、ほんと、ほんと!」


9:2015/05/19(火) 21:25:26.87 ID:
勿論、親友を励ますために言ったんだけど。

和ちゃんは急に怖い顔になって、私の顔を覗き込んできた。


和「・・・好きです」

咲「・・・へ?」


我ながらマヌケな声が出た。ん・・・? 頭がついていかない。完全に思考停止。


和「・・・高校の時からずっと好きでした」

咲「・・・」

和「でも、あなたはいつもお姉さんのことばかりで・・・。私、凄く苦しくて・・・。

  あんまり苦しくて、もう自分の気持ちを抑えることができなくなりました」

咲「・・・」

和「・・・あなたが、あなたのことが好きです、咲さん」

咲「・・・えぇぇぇぇええ?」


10:2015/05/19(火) 21:28:56.75 ID:
私、からかわれているのかな。

少ししたら、和ちゃんが「なんちゃって。嘘です。本気にしました?」なんて言って

コロコロ笑い出すんじゃないかな。和ちゃんも人が悪いな・・・。

でも和ちゃんは顔が真剣なまま。何か心苦しそうに私を見詰めて言葉を待ってる。えっと・・・。


咲「・・・え、で、でも。私たち女の子同士だよ?」

和「わかっています・・・。重々承知です」

咲「え・・・。じゃ、じゃあ、女の子同士は恋愛できないよね?」

和「咲さんは・・・相手が男性というだけで好きになるんですか?」

咲「え? いや、そんなことないけど・・・」

和「そうでしょう? 私も咲さんが男でも女でも好きですよ? 

  好きになった人がたまたま女性だっただけなんです」

咲「たまたまって・・・いや、好きになる前に性別くらい気付こうよ?」(汗)

和「じゃあ、大体の日本人は日本人と恋愛しますが、

  だからといって国際結婚はナシなんですか?」

咲「いや、そんなこともないけど・・・って? あれ? それとこれとは・・・」

和「マイノリティーという点では同じだと思います」

咲「えっ・・・いや・・・」

 (なんだかそんな気がして・・・っていやいや。何説得されてるの? 私)


11:2015/05/19(火) 21:31:50.83 ID:
和「私自身、女性を好きになるなんて思いもよらなかったんです。

  いや、違いますね、咲さんのことが好きになったんです。咲さんが好きなんです」

咲「や、私なんてさ、凄く普通だよ? なんて言うの? 頭もよくないし、可愛くもないし・・・」

和「そんなことありえません。咲さんは誰よりも可愛いです。

  言ってみれば小動物系のオコジョ的可愛さがあります」

咲「オコジョって何・・・?」

和「イタチ科の動物で・・・。茂みからヒョコッと顔を出す可愛さが咲さんぽいです」

咲「へぇー、物知りだね・・・ってそんな話と違う!」

和「いつの間にか私の心はあなたに鷲掴みにされていました・・・。

  こんなこと初めてです」

咲「私、和ちゃんにそんな大それたことした覚えないんだけど・・・」

和「もう十分過ぎるほどされました。平静を装うのにどれだけ苦労したか・・・」

咲「へ、へぇー・・・(感心してる場合じゃないね・・・)」

和「咲さん!」(にじり寄る)

咲「えっ、何? 何?」

和「もういいじゃありませんか・・・」(肩を抱く)

咲「えっ、何がいいの、何が!?」


12:2015/05/19(火) 21:35:16.28 ID:
和「もうあなたは私の気持ちを知ってしまった・・・」

咲「ちょっ・・・和ちゃん!? 早まらないで! 一旦落ち着こう?」

和「私は凄く冷静ですよ」

咲「いや、冷静に押し倒すのやめて? 和ちゃんてば!」

和「ちゅっ」

咲「わ、わぁ~!」
(ファースト・キスだよ! 咲ちゃんのファースト・キスがあっけなく奪われてるよ!)

和「咲さん・・・」

咲「待って! 待ってよ、和ちゃん!? 私の気持ち無視?」

和「あ、そうでした。忘れていました」

咲「いやいや、一番大切だよね!? それ。最初に確認すべきだよね?」

和「私のこと、嫌いですか?」

咲「嫌いじゃないよ」

和「よかった! 嬉しいです」

咲「ちょーっと、ちょっと待ったぁ! ちゅー待って、ちゅー。

  嫌いじゃない=好きってことじゃないよ!」


13:2015/05/19(火) 21:38:13.83 ID:
和「論理学では嫌いじゃない=好き、で真なんですけど」

咲「最近習ったの? 論理学? でも人の心は論理学で判断してもらっちゃ困るから!」

和「咲さんは文学的なんですね。そういうところも素敵です」

咲「いや、口説いてない、口説いてない。何かと押し倒そうとするのやめて」

和「・・・」

咲「なんでそんなに不満そうなの・・・」

和「咲さんは私のこと、どう思いますか・・・気持ち悪いですか」

咲「い、いや・・・なんていうのかな・・・ほんとにただただ驚いたよ・・・」

和「驚かせてすみません」

咲「いや、いいけど・・・ってストーーップ。

  いいのは押し倒していいって意味じゃないよ!」

和「違いましたか・・・」

咲「油断も隙もないね・・・。そんなキャラだったかな・・・。

  和ちゃんてそんなに積極的な人だったんだ・・・」

和「咲さんにだけです・・・///」ポッ

咲「なんだか言葉を失うよ・・・」

和「恐れ入ります」

咲「や、褒めてないから」


14:2015/05/19(火) 21:41:16.28 ID:
和「それで咲さん・・・返事は・・・」ウルウル

咲「上目遣いで見詰めてきてもその手には乗らないよ。・・・うーん、返事は・・・」

和「返事は・・・?」

咲「和ちゃんのことは好きだけど・・・

  恋愛対象としては見てこなかったから・・・ごめん」

和「いつまでも返事は待ってます」

咲「今したよ!? 聞いてた? 私の話」

和「咲さんは今頭が混乱しているんだと思います」

咲「そりゃ混乱しているよ」

和「もうちょっと考えてくれてもいいと思うんです」

咲「うーん・・・」

和「もう少しすれば私のことが好きだったってことに気付くかもしれません」

咲「好きなこと前提!?」

和「とにかく私、いつまでも待ちますから。心配ご無用です」

咲「和ちゃんの心配はしてないよ」

和「素っ気ない咲さんも素敵ですね」

咲「私、何しても無駄だね・・・」


15:2015/05/19(火) 21:43:49.70 ID:
和「悟ったんですか」

咲「いやいや、そうやって追い詰めて恋愛に持ち込むのやめて? 

  ・・・って今度は何をしているのかな?」

和「お泊りの準備です」

咲「わー、この期に及んで帰らないんだー・・・。私、身の危険を感じるんだけど・・・」

和「何言ってるんですか、咲さん!」

咲「あ、ごめん。ごめん。そうだよね、いくらなんでもいきなり襲うことはないよね」

和「チャンスがない限りは大丈夫です」

咲「気が抜けないよっ!」


暫く押し問答みたいになっちゃったけど・・・。結局和ちゃんは泊まっていくことになった。

布団は一つしかないし・・・。

凄く不安だったけど、親友(だった?)の和ちゃんを信用して一緒に寝ることになった。



16:2015/05/19(火) 21:46:10.25 ID:
咲「い、いい? 和ちゃん、何かしてきたらグーパンチだからね?」

和「そんなに嫌わなくてもいいじゃありませんか・・・」

咲「嫌ってるんじゃないよ。警戒してるんだよ」

和「警戒されるのも心外です・・・」

咲「いや、さっきどさくさに紛れてちゅーしたよね?」

和「あれは勢いです」

咲「だから、そーゆーのだよ!」

和「・・・」


ふいに和ちゃんが背を向けた。ちょっと見てたら肩を震わせて・・・いる? 

どうしたんだろう、和ちゃん。


咲「・・・和ちゃん、和ちゃん」

和「・・・」

咲「(キツく言い過ぎたかな・・・)ね、和ちゃん・・・」

和「・・・うっ、うっ」

咲「!! な、泣かないで、和ちゃん。キツく言い過ぎたんなら謝るから」


17:2015/05/19(火) 21:49:06.00 ID:
・・・って和ちゃんの肩に手をかけた瞬間。

すっと体勢を入れ替えられて和ちゃんにマウントを取られて抱きすくめられた。

あっという間だった。気が付いたら和ちゃんの唇に唇を塞がれていて、

彼女の綺麗な桜色の髪の毛が私の顔をくすぐっていた。


和「ふっ・・・んん・・・むちゅううう・・・」

咲「うっ! ううっ(え、何コレ? ダメだよ、こんなこと! 和ちゃん・・・)」

 (どういうこと? やめてくれない・・・私、さっきから

  和ちゃんにギブって伝えて体ポンポン叩いてるのに・・・嘘っ。えっ。舌入ってきた・・・。

  こんなことまでされるの・・・? えっ。脱がされる・・・。ちょっ、待っ・・・)

 「和ちゃん、待って!」


そう必死に叫んでも和ちゃんは止まらなくて。

すごく器用に服を脱がされたと思うと、次の瞬間体中を彼女の舌が這い回っていた。


18:2015/05/19(火) 21:51:41.91 ID:
咲(うわぁ・・・! 私、何もかも初めてなんだけど・・・っ。どうしよう、変だよ。

  なんだか舐められたあたりがじんじんするよ。うわっ。乳首舐められてる・・・! 

  何、これ。初めての感覚・・・。気が遠のく・・・。はっ、いけない。

  ダメだ、和ちゃん夢中だ。和ちゃん・・・熱い。ダメだってば・・・。

  これ以上は・・・。うわわわわ!)


気がついたら、最早頭がボーっとしてて。

女同士でどこまでが最後っていうのかわからないけど、最後まで許しちゃってた。

私・・・こういう形でヴァージン散らしちゃったよ。どうしよう、どうしよう・・・。

和ちゃんは終わっても、私を離してくれなくて。

その豊満な胸に埋めるように情熱的に私をかき抱いていた。


19:2015/05/19(火) 21:54:21.23 ID:
咲「うぐぐぐぐ・・・息ができない・・・」

和「あ、ごめんなさい、咲さん」

咲「ぷはっ。・・・酷いよ、和ちゃん・・・」

和「あなたが可愛すぎるのがいけないんです」

咲「私のせい!?」

和「私がこんなにおかしくなるのはあなた一人です」

咲「褒められても嬉しくないよっ。何もしないって言ったよね?」

和「言ってません」

咲「何かしたらグーパンチって言ったじゃん!」

和「チャンスがあれば襲うと言いました」

咲「信じてたのに・・・」

和「抵抗しなかったじゃありませんか。いくら私でも抵抗されればやめます」

咲「いや、やめてって言ったもん!」

和「それにしてはさっさと脱がされました」

咲「それは、和ちゃんがすんなりと・・・」

和「本気で抵抗してる女の子の服は脱がしません」

咲「ちょっ・・・それじゃ私が誘い受けみたいじゃん」

和「流石のテクでした。まんまと乗せられました」

咲「誘ってないよ! なんでそんなに強引なキャラになっちゃったの・・・?」


20:2015/05/19(火) 21:57:38.02 ID:
和「・・・一度だけでもよかったんです」

咲「え・・・」

和「私、この恋が叶うなんて思ってないんです・・・」

咲「え・・・」

和「思い出が欲しかったんです。あなたには酷いことをしてしまったと思います。

  でもたった一度でよかったんです・・・

  全てが台無しになってしまったとしても、この思い出だけで生きていける・・・

  実は、私覚悟の上だったんです」

咲「それって・・・」

和「・・・」

咲「友達やめちゃうってこと?」

和「・・・もう、友達でいられないじゃありませんか」(悲しげに顔を伏せる)

咲「・・・私、ヤダよっ」

和「咲・・・さん?」

咲「だって和ちゃんは大切な大切な友達だもん!」

和「・・・ほら」

咲「え・・・?」

和「あなたは私を友達としてしか見ない。私はもうそれは苦しすぎると言っているんです」

咲「の、和ちゃん・・・」

和「・・・」

咲「じゃ、じゃあこれでお別れなの!?」

和「おそらく・・・」

咲「嫌っ。嫌だよぅっ・・・。うっ、うっ、えっぐ・・・」

和「ごめんなさい、咲さん・・・私の我儘のせいで・・・」


21:2015/05/19(火) 21:59:58.15 ID:
私は和ちゃんと話し合おうとしたけど・・・。和ちゃんは頑なだ。

一度言い出したら聞かないところが昔と変わらない。

翌日凄く悲しそうな顔をして、帰っていった。私はと言えば・・・正直頭が回らない。

驚愕することが一度に起きてサーバーダウンみたいな・・・。

ああ、もっと頭良ければいいのにな。


大学の新歓コンパでも飲めないお酒を片手に浮かない顔しきり。

この大学の麻雀部は私の知り合いがもう2人も先に入部している。

3年生に竹井先輩、2年生に衣ちゃんだ。

ここの麻雀部は実は特待生制度もあって、強豪校だ。衣ちゃんが特待生。

私は他に行きたい大学もあったので一般入試。でも結局ここになっちゃった。

この大学も竹井先輩から噂を聞いて候補にしたくらい。一応通うことになって満足している。


22:2015/05/19(火) 22:02:49.14 ID:
久「咲~。全然飲んでないわねぇ」

咲「あ、竹井先輩。あはは、私お酒弱くて・・・」

衣「まぁ、年齢的には未成年だからな。まだ慣れないのだろう」フンス

咲「衣ちゃん・・・お酒強いね・・・」

衣「まあな! 幼少の砌より酒を嗜んでいたによって」

咲「それ、寧ろマズいよね・・・」

久「咲~、悩み事?」

咲 ギクッ

久「相談に乗るわよ~、何の悩み事か当ててあげましょうか? んーと、恋愛かな?」

咲 ギクギクッ

久「あら、当たっちゃった~? 咲もお年頃ねぇ。さあ、言ってみそ。

  どんな子なの? 咲のハートを射抜いた子は~?」

衣「・・・」

咲「い、いや、あはは・・・。そ、そんなんじゃないですよ・・・」

久「あら、呼ばれてる。ちぇっ。折角面白そうだったのに。

  人気者は大変っと・・・じゃあ、また後でね、咲」

咲「あ、はい・・・」

衣「咲、今日は衣と共に帰らぬか?」

咲「ん? うん、いいよ」


23:2015/05/19(火) 22:05:46.40 ID:
ほろ酔い加減で歩く遊歩道は僅かに月に照らされて。

ふわんふわんと足は浮立ち、心はここにあらず。

いつもは黒塗りリムジンがお迎えに来る衣ちゃんだけど、今日は私に合わせて一緒に連れ立って歩いてくれている。

あー、月が綺麗だなぁ。月が・・・綺麗ですね・・・。

そう考えていたら、ふいに衣ちゃんが口を開いた。


衣「咲。月が綺麗だな」

咲「ん、うん。綺麗だねぇー、ははは」


なんともなしにそう答えた。何も深く考えずに。

衣ちゃんはやっぱり月が好きなんだなぁーって。

そうしたら、衣ちゃんがずーっとこちらを見詰めているのに気が付いた。


咲「何? 衣ちゃん」

衣「だから、返事を待っている」

咲「へ?」

衣「衣のした告白への返事だ。まだか」

咲「え・・・えぇっ!? じゃあ、あれって」


お酒のせいだけでないほてりが顔に上ってくる。それって・・・そういうこと?


24:2015/05/19(火) 22:08:29.46 ID:
衣「折角咲に合わせて文学的な表現をしたのだ。返事は二葉亭四迷でよい」

咲「え・・・それって・・・私が受け入れるの前提?」

衣「衣をフると言うのか? 大学にいられなくしてやろうか」

咲「それって脅迫じゃん!」

衣「冗談だ。しかし、先ほどの竹井との会話が気になってな。

  衣の勘が正しければ、おまえ、誰かに言い寄られているのであろう。

  誰かのものになる前に後悔だけはしたくない。フるならばさっさとフれ」

咲「いや、私・・・」

衣「その者を愛しているのか?」

咲「え・・・いや・・・」


そう言いながら和ちゃんの顔が浮かんだ。

あんな酷いことをされておいて、何故かはわからないけど、脳裏に浮かんだ和ちゃんは

すごくふんわりと優しく微笑んでいた。

暫くの沈黙の後、ふっと衣ちゃんは諦めたように頭を振った。


26:2015/05/19(火) 22:10:55.61 ID:
衣「まぁ、答えは今すぐでなくともよい。

  同性から言い寄られるなど念頭になかったであろうから」

咲(何故か経験だけはあるんですけど・・・)

衣「咲がその気になったなら連絡してくれ。その時は2人で渋谷区に引っ越そう

咲「渋谷区・・・?」

衣「知らんのか? 

  渋谷区は同性でも人生のパートナーとして認めるという条例があるのだ」

咲「いや、話が進むのが早い早い!」

衣「冗談だ、すぐにとは言うつもりはない」

咲「いつかは実行するつもりってことじゃん!」

衣「ははは。よく考えてみてくれ。お試しで付き合ってくれても構わん」

咲「そんな失礼なことできないよ」

衣「・・・やっぱり衣が好きになった咲だ」


28:2015/05/19(火) 22:13:30.10 ID:
そのまま衣ちゃんはヒラヒラと手を振ったかと思うと、

「ハギヨシ!」の一声でリムジンを呼び寄せるとあっという間に去って行った。

残されたのは、あんまりなことにただただ呆然とする私。

でも衣ちゃんはさりげなく私の家の近くまで送って行ってくれていた。

いいな・・・こんな心遣いのできる男の人・・・って違う! 同性だった! 

なんで私、同性にモテるんだろう・・・。いつの間にそっち系の人になったのかな・・・。

これは・・・憂いてもいいよね・・・? 

その夜は私の深い溜め息がシャワーと共に排水溝へ延々と流れていった。


29:2015/05/19(火) 22:16:36.12 ID:
そんなある日。連絡を取っていなかった和ちゃんから突然着信があった。

あの日以来お互い気まずくて。

私はこれで何もかも終わりになるのは絶対嫌だったけど、なんて声をかければいいのかわからなくて。

どうしてずっと友達でいられないんだろうって考えていた。

それだけにこれは話し合うチャンスかもと思った。


和「・・・咲、さんですか?」

咲「和ちゃん、電話してきてくれたんだね。あの、私・・・」

和「私に言うことがありますよね?」

咲「へ? ん、それはまぁあるけど・・・」

和「やっぱり」

咲「やっぱりって・・・?」

和「聞きましたよ」

咲「ん? 何を・・・?」

和「天江さんとお付き合いするそうですね」

咲「ふえぇっ? なんでそういうことになってるの?」

和「トボけても無駄です。ちゃんとした情報筋から聞いたんですから。

  咲さん、酷いです!」

咲「ええ? なんで酷いのさ!?」


30:2015/05/19(火) 22:19:13.13 ID:
和「同性愛はダメなのかと思って身を引いたのに! 

  よりによって天江さんなんて!」

咲「ちょっと待ってよ、私、衣ちゃんとは何もないよ!」

和「これからあるんじゃないですか!」

咲「これからもないよ!」

和「嘘ばっかり! じゃあ、なんでお付き合いするんですか?」

咲「付き合うとか言ってないじゃん!」

和「しらばっくれて! 私という者がありながら」

咲「和ちゃんは私がそういう人間だと思うんだ・・・和ちゃんの方が酷いよ!」

和「どうしてですか?」

咲「そんなにあっちこっちに手を出すような人間だと思ってるんだ!?」

和「事実はそうじゃないですか!」

咲「そういうのをない腹をさぐるって言うんだよ!」

和「後ろめたいことがあるからじゃないんですか?」

咲「断じてないよ! 何さ! 和ちゃんなんてもう知らない! 

  勝手に人のこと疑って!」

和「私だって知りません! 咲さんなんて!」

咲「和ちゃんのバカ!」

和「咲さんのバカ!」


31:2015/05/19(火) 22:21:40.86 ID:
ピッ。何なの、一体!? 和ちゃんたら相変わらず頑固だよね!

間違った情報を鵜呑みにして! 一方的に私を責め立ててさ! 

人を浮気者みたいに・・・。ってあれ・・・? ていうか・・・浮気って・・・。

私たち、付き合ってないよね・・・。なんで喧嘩してたんだっけ・・・? な、何なんだろ、あの電話・・・。

てか、衣ちゃんと付き合うことになってるのってなんで和ちゃんが知ってるんだろ・・・。

いや、問題はそこなんだっけ・・・??? またも頭がオーバーヒート。

そう言えば変な会話だった。でも何処がどう変なのか、もうよくわかんない。

あーもう、頭がこんぐらがってムシャクシャするぅ!


そのおかげなのか、麻雀部でも私は本来の調子が出ず。チョンボしきり。

衣ちゃんにも返事しなきゃ、と思ってはいたけどどうにもそんな気持ちにもなれずにいた。

ある日の部活後。「咲~、最近、タルんでんじゃないのぉ~?」と竹井先輩に首ロックをかけられて、

私はある焼き鳥屋の一角に鎮座ましましていた。


33:2015/05/19(火) 22:24:31.30 ID:
咲「先輩、よくこういう渋い店知ってますね・・・」

久「靖子に教えてもらったのよ~、それにしても何~? 最近のあなたってば」

咲「すみません。もうちょっと頑張ります」

久「全くぅ。恋人ができてタルんでるんでしょー。

  そんなことじゃいつまで経ってもねえ・・・」

咲「えっ。恋人って何ですか?」

久「しらばっくれて~。天江さんと付き合ってるんでしょー? 

  もっぱらの噂よ~?」

咲「なんでそんな噂流れてるんですかっ?」

久「見ればわかるわよぉ。天江さんのあなたを見る目ったら・・・ウフフ」

咲「えぇぇっ。じゃ、じゃあ、もしかしたら・・・」

久「何よぉ」

咲「和ちゃんにその情報伝えたのって先輩ですか!?」

久「あら、いけなかったかしら」

咲「だって・・・だって和ちゃん、それですごく怒って・・・」

久「和が怒った? なんで?」

咲「なんでって・・・」

久「あ、わかった! いけないわね、二股は。バレないようにしなきゃ」

咲「バレなきゃいいんですかって・・・ちが、元々私誰とも付き合ってないですから!」


34:2015/05/19(火) 22:28:39.21 ID:
久「嘘だぁ」

咲「嘘じゃないですよ、2人から告られたけど、返事してないもの」

久「あ、それはマズい」

咲「えっ・・・」

久「可哀想じゃない、それ。フるか、付き合うかしてあげなくっちゃ」

咲「だったら・・・両方とも友達ですもん。それ以上のことなんかありませんよ」

久「あれー?」

咲「え?」

久「おっかしいなぁ・・・」

咲「何がですか」

久「だったら最初から、あなた何も悩むことなんてないじゃない。

  ごめんなさいすればいいだけだもの」

咲「え? ま、まぁ・・・そうですよ、だから悩んでませんっ」

久「いや、明らかに悩んでる」

咲「えっ・・・いや、混乱してるだけで・・・」

久「いーや、悩んでるわね、その顔は。ふーん・・・」

咲「何ですか」

久「あなた、どっちかのこと好きでしょう?」

咲「ブハッ、ゴホッ、ゴホッ! 先輩、冗談やめてください」

久「冗談じゃないわよ。至極真面目よ。んー、胸に手をあてて考えてみなさいって」

咲「そんなこと言われても・・・ううーん・・・」

久「・・・?」

咲「私、恋したことないからわかんないんですってば・・・」ハァ

久「えっ、そこから~・・・?」

咲「どうせ私トロいですよーだ」

久「鈍さも金メダル級ねぇ・・・」じーっ

咲「何ですか・・・」

久「しょーがないわねぇ・・・お膳立てでもしてあげますか」

咲「よ、余計なことしないでくださーい!」


35:2015/05/19(火) 22:30:38.92 ID:
ガブリ、と焼酎を飲み込んだけど。結局お酒に飲まれるタイプだったみたいで。

フラフラになった私は竹井先輩に介抱されていて、先輩の家まで連れて行かれていた。

ベッドに寝かされた私は、竹井先輩がなんやかやとあっちこっちに電話する様子を

薄れいく意識の中でぼんやり眺めていた。

あくる朝、私はまたも驚愕の事態に目を真ん丸くしていた。


咲「せ、先輩、私、は、裸!?」

久「あら、咲起きたのね。今コーヒー淹れるわね」

咲「こ、これってこれって・・・///」

久「うん。ご馳走様でした」

咲「えぇえええええーーー!」


37:2015/05/19(火) 22:33:24.09 ID:
久「・・・って、冗談よ。もし吐いたら服が汚れちゃうでしょ。とりあえず脱がしただけ。

  私が誰でも襲うと思ったら大間違いよ?」

咲「・・・ほっ。そ、そうだったんだ・・・」

久「でも咲、あんた無防備すぎるわねぇ。

  それじゃ襲ってくださいって言ってるようなものよ?」

咲「そ、そうなんですか?」

久「そうよ・・・って・・・、もしかしてもう襲われちゃった?」

咲 ギクッ

久「あー・・・そうだったんだ。じゃあ、相手は和か天江さんかってわけか」

咲「えええ? そんなに特定できるものなんですか?」

久「だって2人の間で揺れ動いてるわけじゃない? 大体察しはつくわよ。

  あ、でね、今日あなたデートしなさいよ」

咲「はぁ?」


38:2015/05/19(火) 22:36:57.78 ID:
久「咲と気の合いそうな文学青年を用意したから。

  自分のセクシャリティもわかってなさそうだし。

  女性が愛せなきゃ、それはそれでテイストというものなのよ。

  だから男とも付き合ってみれば?」

咲「そ、そんな無理やり。というか、テイストって何ですか?」

久「まぁ好みっていうか・・・。例えば、咲、あなた目玉焼きに何つける?」

咲「私は塩胡椒がいいかと・・・」

久「そう。私はケチャップ。そんな風に味の好みがそれぞれ違うように女性好き、

  男性好きもただの好みなの。味付けと一緒ね」

咲「そんな簡単な・・・」

久「簡単なもんよ。今のジェンダー理論ではそうなってるんだから別にいーじゃない。

  あ、勿論どっちかに決める必要もなくてどっちも好きでもいいのよ」

咲「どっちも好きって・・・?」

久「バイセクシャルってことよ」

咲「え・・・あ・・・ハイ・・・」(沈黙)


39:2015/05/19(火) 22:40:39.32 ID:
変なことになったなぁ、と私は待ち合わせ場所で溜め息をついていた。

デート自体は嫌じゃないんだけど・・・。初めて会う男性といきなりデートするのも如何なものかと。

そんな私は奥手なのかなぁ。

竹井先輩には目一杯お洒落して行けと言われて、一番可愛いだろうと思われる服を選んだけど・・・。

これならもうちょっとデート用の服を買い揃えておくんだったよ。

待ち合わせに現れた男性は中肉中背で眼鏡をかけた、なんだか頭のよさそうな人。

親切だし、物腰は柔らかで・・・。

私たちは映画を観た後、お定まりに喫茶店に入り文学談義に花を咲かせた。

うん、悪くないかも。悪くないんだけど・・・? 

男性は私のことを気に入ってくれたみたいで、バーにでも行かないかと誘ってきた。

どうしよう・・・ここでオーケーしたらお付き合いが始まるのかな・・・?

思いの外あっけないな。もうちょっとドラマティックなものと思ってたよ。


40:2015/05/19(火) 22:43:36.32 ID:
迷って私が答えを濁しつつ、丁度角を曲がろうとしていた時だった。

何処かで見かけたことのある桃色の髪の毛の人物が私たちの前に立ち塞がった。

の、和ちゃん・・・? どうしてここへ・・・? 

でも彼女は何も言わず私の顔を真っ直ぐに見詰めると、大粒の涙を流して踵を返して走り出した。

男性の「あっ」という声を背後に聞きながら、「ごめんなさい」と素早く謝って

気付けば私は和ちゃんを追いかけていた。


咲「和ちゃん!」(腕を掴む)

和「・・・っ。離してください」

咲「待って。なんで逃げるの?」

和「あなたこそ・・・天江さんを裏切って平気なんですか・・・?」

咲「それだけど・・・私、衣ちゃんとは付き合ってないんだってば」

和「嘘です」

咲「嘘じゃないって。竹井先輩の言ったことは間違い。誤報。ほんとにほんと」

和「ほんと・・・に?」

咲「ほんとだってば」

和「じゃあ、さっきの人が咲さんの彼氏・・・?」

咲「あの人も竹井先輩が用意した人で、今日初めて会っただけの人だから」

和「竹井先輩はなんでそんなことをするんですか・・・?」

咲「なんでって・・・先輩曰く、お試しって・・・」

和「お試し・・・?」


41:2015/05/19(火) 22:45:54.84 ID:
咲「そう。なんていうか・・・テイスティング・・・?」

和「そう・・・。咲さんは男性のお相手を探してるんですね」

咲「なんでそうなるの!?」

和「別に・・・構いませんよ」

咲「また・・・怒ってるの?」

和「いいえ。咲さんがそれで幸せなら・・・私、応援します」

咲「え?」

和「この間は一方的に怒ってすみませんでした・・・」

咲「え? あ、うん」

和(ギュッと咲の両手を握って)「咲さん」

咲「え、ハイ」

和「幸せになってください。私、あなたのこと、忘れません」

咲「ちょっ、和ちゃん!」

和「さようなら」

咲「和ちゃんてば!」


42:2015/05/19(火) 22:48:23.68 ID:
和ちゃんは走って逃げてしまう。

私も走って追いかけるけど、いつしか見失ってしまう。

あー、なんで彼女ってこうもいつも一方的なんだろう。

しかもよりによってこんな処で出くわすなんて。

言いたいことも言わせてもらえない。

言いたいことは・・・いつまでも友達でいてってこと。

でも・・・それは・・・。もう彼女には辛すぎるんだ。

でも・・・私だって辛いよ。どうしたらいいんだろう。いい考えも浮かばない。

あ・・・今日のデートはドタキャンみたいなことをして竹井先輩の顔に泥を塗っちゃったな。

ちゃんと謝らないと・・・。

その日、私はいつになくショボくれて家に帰った。


43:2015/05/19(火) 22:50:32.07 ID:
prrrr・・・ prrrrr


咲「竹井先輩ですか・・・」

久「わっ。暗っ。何があったのよ?」

咲「何があったって・・・。あの、すみません」

久「何が?」

咲「何がって・・・。今日のデート、男性のお誘い反古にしちゃいました」

久「あっそう」

咲「あっそうって・・・。折角竹井先輩がお膳立てしてくれたのに・・・」

久「それはあなたがその男性のことを気に入らなかっただけでしょ?」

咲「え? そうなのかな?」

久「そうなのかなって・・・。気に入らなきゃ断っていいわよ。当たり前じゃない」

咲「感じのいい人でしたよ?」


44:2015/05/19(火) 22:53:21.71 ID:
久「ふーん、それで・・・ときめきとか感じた・・・?」

咲「ときめき・・・?」

久「ハイハイ、感じなかったのね。皆まで言うな、よ。もうわかったわ。それで?」

咲「それで、というと?」

久「なんでそれであなたが暗いのよ? 何かあったんでしょ?」

咲「それは・・・あー・・・途中でばったり和ちゃんと会って・・・」

久「へぇ?」

咲「・・・という訳で、和ちゃん、走って逃げちゃって・・・ハァ」

久「あーん・・・」

咲「あーんって・・・?」

久「これは鈍いわー。どうしようもなく鈍いわー」

咲「何ですか、先輩?」

久「じゃあ、一言だけアドバイスするけど、

  ここ最近咲は誰のことを一番悩んでいたの? 天江さん?」

咲「ええっと・・・」

久「違うわよね、話に出てきてないもんね」

咲「和ちゃん・・・」

久「そうね」

咲「・・・」

久「今度はだんまり?」

咲「どういうことなんですかね?」

久「それはあなたが考えるの! わかった? 切るわよ、いいわね」

咲「あっ、先輩ってば・・・」


45:2015/05/19(火) 22:55:23.81 ID:
ピッ。どうしちゃったんだろう、先輩。最後ちょっとイラついてたっぽいけど・・・。

ほんとは竹井先輩にどうやったら今まで通り和ちゃんが友達でいてくれるか相談するつもりだったんだけど・・・。

もう相談できる人いないよ・・・。

兎に角、和ちゃんに連絡を取ってみようと彼女に電話することにした。

prrrr・・・prrrr・・・。呼び出し音を何度も鳴らしても反応がない。

出るつもりないのかな・・・。ほんとにどうしよう・・・。

そのうち、ふと思いついて東横さんの電話番号をプッシュした。

prrrr・・・prrrr・・・


46:2015/05/19(火) 22:58:27.85 ID:
モモ「なんすか。嶺上さん」

咲 「その嶺上さんてのやめて欲しいな・・・」

モモ「じゃあ、宮永さん。どうしたっすか? 珍しいっすね」

咲 「夜分遅くごめんね。その・・・モモちゃんて加治木さんと付き合ってたよね」

モモ「加治木先輩に用っすか?」

咲 「いや、その・・・。ちょっと相談なんだけど・・・。

   女の子同士の恋愛に関してなんだけど・・・かくかくしかじかの状況の人がいるとして・・・。

   モモちゃんならどうする?」

モモ「うーん。なんだかその場合お互い問題ありな気がするっす」

咲 「お、お互いって?」

モモ「隔靴掻痒みたいなことっす」

咲 「どのへんが?」

モモ「それって宮永さんのことっすか」

咲 ギクッ

モモ「やっぱりそうっすか。じゃあ、相手はおっぱいさんすね」

咲 「え? え?」アセアセ


47:2015/05/19(火) 23:00:54.55 ID:
モモ「わかんないとでも思ったっすか? 

   昔からおっぱいさんの宮永さんに対する視線は尋常じゃなかったっす。

   そう思ったの私だけじゃないと思うっすよ?」

咲 「そ、そうなの?」(汗)

モモ「そうっす。で? 宮永さんはどうしたいんすか?」

咲 「話がしたいな・・・」

モモ「今聞いた感じだと電話じゃ無理っすね」

咲 「どうすればいいのかな・・・」

モモ「意外に行動力ないっすね。会いに行けばいいじゃないっすか。家でも」

咲 「家は・・・知らないんだよなぁ」

モモ「じゃあ、大学」

咲 「大学かぁ」

モモ「大学も知らないんすか? シラバスも今はネットで調べられるっすよ?」

咲 「なるほど」

モモ「まぁ、宮永さんも自分に素直になることっすね。じゃあ、健闘を祈るっす」

咲 「う、うん。ありがとう」


48:2015/05/19(火) 23:03:27.27 ID:
・・・自分に素直にって何だろう? 素直に話せってことかな? 

取り敢えず東横さんのアドバイスに従って、和ちゃんの大学の法学部のシラバスへアクセスした。


咲「水曜日の2限に法学概論か・・・これかな?」


教室の番号をメモって・・・。いればいいけど。

私は自分の迷子癖も考慮して1時間前には教室に着くよう配慮して家を出ることにした。


そして水曜日。大教室だからすぐわかる筈なんだけど、同じ場所を何度もグルグルしたり、

キャンパスの学生に道を聞いたりしながらやっと私は目的地に到着した。

授業が終わるまで外で待っていることにする。

和ちゃんはあの可愛さだし、桜色の髪の毛で目立つからきっとすぐにわかると思った。

30分程してワイワイガヤガヤと喧騒がして大量の人々が教室から出てきた。

和ちゃんは・・・。目を凝らした。いないなぁ・・・。間違えたかなぁ・・・。

すると後方で声がした。


49:2015/05/19(火) 23:05:56.78 ID:
モブ男1「ねぇ、原村さん、いいじゃないー。これからカラオケ行こうよ」

和   「私、予習がありますので」

モブ男2「いいじゃん、いいじゃん、堅いこと言わずにさぁ」

和   「いろいろと忙しいんです」

モブ男1「冷たいなぁ。ねえ、これからドライブでもどう? 今日車で来たんだ。

     海でも観に行かない?」

和   「結構です」


そのうち、モブ男の一人が馴れ馴れしく和ちゃんの肩を抱こうとした。

その途端、私はなんだか体が沸騰するように腹が立って思わず叫んでいた。


50:2015/05/19(火) 23:08:05.65 ID:
和ちゃんは私の声に気付いて弾かれたようにこちらを振り向くと、私の姿を見つけて驚くと同時に顔を輝かせた。

けれど次に表情が曇ったかと思うと信じられない言葉を口にした。


和「そうですね・・・たまには勉強の気分転換もいいかもしれません。

  カラオケ行きましょうか」


モブ男達のウッヒョーという声が耳に木霊する。なんでそんなこと言うの・・・? 

と思った瞬間、私はまた腸が煮えくり返るくらい怒りに震えた。

そして私は無意識に和ちゃんの腕を掴むとぐいと自分の方へ引き寄せていた。

その時、私には全てのことがわかった。


51:2015/05/19(火) 23:10:52.41 ID:
モブ男1「なんだよ、おまえ! 引っ込めよ」

モブ男2「おまえ、関係ねーだろ!」

咲   「関係あります!」

モブ男1「何の関係があるっつーんだよ。

     原村さんはこれから俺たちとカラオケに行くんだぜ?」

咲   「彼女は行きません」

モブ男2「何の権利があって言ってるわけ? それ」

咲   「彼女は私の恋人ですから。だからあなた達とはカラオケに行きません」

モブ男1「・・・は? 何の冗談?」

咲   「冗談じゃありません」

モブ男2「嘘でしょー・・・。原村さん、こんな可愛いのに」

咲   「そうだよね!」


私は強い光を放つ目で和ちゃんを睨み付けた。

その剣幕に圧倒されてか、和ちゃんが恥ずかしそうにコクンと頷く。

「えー、マジかぁ!?」「ゲロゲロ!」という煽り文句には耳もくれず、

私はずんずんと和ちゃんを引っ張って外に出た。

この後の彼女の評判がどうなるか気にならないでもなかったけど、今はそんなこと言ってられなかった。

暫く歩くと庭園があって、そこのベンチに腰かけて話すこととなった。


52:2015/05/19(火) 23:14:08.75 ID:
和「なんてことを言うんですか、咲さん・・・

  あなた、取り返しのつかないこと言っちゃったって・・・わかってます・・・?」


その声には私を責める口調はなかった。

寧ろモジモジしてこちらと視線を合わすのも躊躇われるような戸惑った口調だった。

そんな和ちゃんに私はいくらか詰問調に声を荒げた。


咲「和ちゃんてさ、無責任だよね」

和「な、なんですか、いきなり・・・!」

咲「だって、その・・・///」カァアッ

 「ヤ、ヤリ逃げのつもり!?」

和「えぇっ!?」

咲「そんなの凄く酷いよ! 私を抱いたのなら・・・その・・・責任取ってよ!///」

和「せ、責任?」

咲「そうだよ。私あんまり無防備すぎてそれじゃ襲ってくださいって

  言わんばかりだって竹井先輩に言われた・・・」

和「あなたの無警戒さにつけこんだのは悪かったと思っています・・・」

咲「謝ってほしいんじゃないよ! 責任取ってって言ってるんだよ」

和「そ、それって・・・」


53:2015/05/19(火) 23:17:04.25 ID:
咲「私、無防備だからもう和ちゃん以外に襲われないようにちゃんと守ってよ!///」バッ

和「さ、咲さん・・・!」

咲「ちゃんと私と恋人として付き合ってよ・・・///」

和「そ、それって・・・はい・・・はい! 咲さん・・・!」

咲「・・・いつまでも私の傍にいてよ!」

和「傍に・・・傍にいます! 咲さん、愛しています・・・」
 (ギューっと咲を抱きしめる)

咲「そうやって・・・抱きしめていてよ! 私だって・・・好きなんだよ、和ちゃんが・・・!」

和「うん・・・うん・・・!」

咲「そうでなければあんなにすんなり抱かれなかったんだからね! 

  ただちょっと気付くのが遅かっただけで・・・。

  それも分からずに勝手に去ろうとした和ちゃんは酷いんだからね! わ、私は悪くないから」

和「はい、咲さん、すみませんでした・・・私が悪かったです」

咲「分かればいいけど・・・約束して」

和「何を、ですか」

咲「決まってるじゃない。もう私を二度と置いていかないで」

和「二度と置いていきません・・・!」


54:2015/05/19(火) 23:20:18.07 ID:
咲「分かればいいんだよ。全くもう・・・。

  の、和ちゃんてちょっと強情なところがあるから・・・」

和「はい。反省しています」

咲「だからこれからは私の言うこともちゃんと聞いて・・・」

和「はい、聞きます」

咲「わ、私を・・・その、可愛がってくれなきゃ・・・」ゴニョゴニョ

和「なんですか? よく聞こえません」

咲「き、聞こえたでしょ!?」

和「いえ、聞こえませんでした。もう一度言ってください」

咲「に、二度と言わないよ! あ、あんな恥ずいこと・・・///」

和「何ですか? 言ってくれなければ分かりません」シレッ

咲「~~~っ。/// 言わないったら言わないよ! 

  聞き逃した和ちゃんが悪いんだよ!」

和「それは謝ります。でも聞きたかったですね、咲さんの言葉」

咲「・・・///」

和「あー聞きたいです、咲さんの言葉」

咲「し、しつこい人は嫌われるよっ。お昼食べに行くよ!///」

和「咲さん、可愛いです」

咲「人をバカにしてぇ・・・///」

和「いいえ、バカにしてません。可愛いって言ったんです」

咲「き、聞こえたよ! もう。何度も言わなくていいってば///」

和「咲さん、可愛い」

咲「~~~っ。だからそういうところが強情だって言うんだよ。大体和ちゃんてさ・・・」

和「ハイ。うふふふ・・・。すみません」

咲「~~~で、~~~なんだから。反省してるわけ?」

和「反省してます。うふふふふ」

咲「も、もういいよっ///」


55:2015/05/19(火) 23:22:36.65 ID:
なんだかこんな調子でずっと和ちゃんに暖かい目で見られてて。

その愛情に満ちた瞳に見詰められると、メデューサにでも見詰められたみたいに体に電流が走って強張って。

胸が高鳴る。こ、これがときめきっていうのかな・・・。

そして彼女の一挙手一投足が凄く優雅で綺麗でやたら眩しく見えて。

こんなに綺麗なキラキラした人だったかな・・・。や、前から和ちゃんは可愛いけど・・・。

男子にもモテモテで・・・。って思ったら、胸がチクリと痛む。

男性の誘いに乗らないように釘を刺しとく必要があるね・・・。

と、思ったけど私を見る彼女の蕩けそうな表情を見てると・・・。

まぁ、そんな心配ないかな。って自意識過剰? 余裕? 

あぁ、テンパる。やたらテンパる。どうしちゃったんだろう、私。

彼女の動作一つ一つにこんなにも目を奪われてる。


56:2015/05/19(火) 23:25:27.61 ID:
そんな私の最近の変化に竹井先輩はいち早く気付いたようで。

先輩にも生温かい目で見られてしまった。

一言、「大事にしなさいよ」とだけ言われた。ほんとに聡い先輩だなぁ。

でも浮かれてばかりはいられない。私、決着をつけなければいけないことがあったよ。

ある日、私は衣ちゃんを部活後呼びだした。


咲「衣ちゃん・・・」

衣「ふっ・・・咲。どうやら結ばれたようだな」

咲「えっ。どうしてそれを・・・」

衣「咲はわかりやすいからな。幸せそうじゃないか」

咲「こ、衣ちゃん・・・ごめん」

衣「いいのだ。いつ話してくれるかと思っていたのだが。

  ちゃんと衣に話そうとしてくれたので許してやろう」

咲「衣ちゃんて男前だよね・・・」

衣「それは褒めてるのか? まぁいい。褒め言葉と受け取っておこう。

  衣はお姉さんだからな。心が広いのだ。でもまぁ、相手だけは教えてくれるか?」

咲「う、うん。その・・・和ちゃん・・・」

衣「ノノカか。ノノカが相手なら仕方ないな」

咲「衣ちゃん・・・ありがとう」


57:2015/05/19(火) 23:28:59.90 ID:
衣「礼には及ばん。そうだな。この書類にサインだけしてもらえば構わん」

咲「何コレ。渋谷区の結婚相当申請書・・・? これって婚姻届と同じだよね!」

衣「チッ。何故気付く」

咲「いやいや、私日本語読めるから。書類読まずにサインなんて何処のヤミ金融だよ?」

衣「サインしてもらえれば後は咲を拉致るだけだったのだが・・・」

咲「いや、それ犯罪だから! てゆーか未練タラタラじゃん!」

衣「咲~~。衣と共に人生を歩まぬかー? 考え直せ。衣は金持ちだぞ?」

咲「いや、金に物言わせるのもやめて? さっき褒めた言葉取り消させてもらうよ」

衣「どうしても考え直せぬのか。じゃあ、1回だけ」

咲「何が1回だけなの!? てゆーか最低」

衣「いや、デートを1回だけ」

咲「あ、デートか。なーんだ。って、咲ちゃんHキャラになるとこだったよ! 

  変なこと言わせないで! てゆーか、気をつけろよ、作者!」

衣「メタレベルで物を言うところも流石は咲だな。文学に詳しい」

咲「それほどでも・・・。あ、まぁ今のところは文学理論では

  ナラティブ・リファランスと言って・・・ってちがーーう! そんな話じゃ」

衣「今の話、衣は興味ある。ではこれから衣の屋敷でじっくりその話を・・・」

咲「いやいや。さりげなくすれば拉致るのオーケーってことじゃないからね?」

衣「チッ」

咲「舌打ちやめようね?」

衣「ふっ・・・。何はともあれ、おまえの幸せだけを願っている・・・ハギヨシ」

萩原「はっ」シュタッ

衣「咲の筆跡の真似はできるか?」

咲「公文書偽造も犯罪―――!」


58:2015/05/19(火) 23:31:12.50 ID:
こうして(?)、衣ちゃんも私たちのお付き合いを祝福してくれて(?)晴れて私と和ちゃんは恋人同士となった。

恋人になってわかったけど・・・。和ちゃんてこんな甘々の人だったんだ・・・。

何かと理由をつけて週末は必ず私ん家に泊まりに来るし・・・。

食事の時もいきなり「あーん」てしてくるし。いつの間にかお揃いのマグカップは買ってあるし・・・。

この間は指輪をプレゼントされた。ふと見ると和ちゃんの左手薬指にも同じ指輪がちゃっかり嵌めてあった。

指輪代、払うと言っても聞かないし・・・。

究極は和ちゃん用の布団を買おうとしたら拗ねられたこと。

「どうせ不必要になるじゃありませんか」って。

確かに・・・和ちゃんならすぐ私の布団に入ってくるよね・・・。うぅ・・・恥ずい・・・。

東横さんにも報告したら、とても興味無さそうに「そうっすか。おめでとうっす」とだけ言われた。

おかしいな。もっと驚くと思ったんだけど・・・。


60:2015/05/19(火) 23:33:15.31 ID:
夏に開かれるイン・カレッジ麻雀選抜に出場するためにうちの麻雀部も強化特訓期間に入った。

和ちゃんはお手製弁当を作って応援に来てくれるって。

私は必死に「絶対、あーんはしないでね!」と念を押したんだけど、彼女は嬉しそうに笑っているばかり。

遅くなる時は勝手に合鍵を作って私ん家に入って、夕御飯を用意して待っていてくれてたりする。

(合鍵、勝手に作るのって犯罪だよね・・・汗)。

あと、私の授業が始まるのが遅くて彼女がオフの時なんか、ピンポーンて音に寝ぼけて玄関へ出てみれば、

「来ちゃいました」って抱きつかれる。

私の授業のスケジュール、把握してるんだよね。軽く、ストーカー・・・? あ、愛が重い・・・。


61:2015/05/19(火) 23:36:33.66 ID:
咲「だから、もうちょっとさぁ、他人の目とか気にしようよ?」

和「咲さんたら照れてるんですね。

  私は咲さんとならどんな困難や偏見も乗り越えてみせます」

咲「いや、そうじゃなくて・・・普通のカップルでも気を遣うレベルの話だよ。

  あんまりイチャイチャするのはちょっとさぁ・・・」

和「私と仲良くするの、嫌なんですか・・・」ウルウル

咲「いや、嫌じゃないけど・・・もうちょっと公共の空間を・・・って聞いてる?」

和「咲さんの膝枕・・・」ほわーん

咲「ちょっ・・・そういうとこだよ! それ絶対外でやらないでね?」

和「誰にどう思われようといいじゃありませんか」

咲「ダメだよ! 自分から偏見の目広げようとしないで」

和「今日は咲さんにいいものを持ってきましたよ」

咲「全然話聞いてないね・・・いいものって何?」

和「これです」

咲「わーお、渋谷区の結婚相当申請書・・・ってあんたもかい!」

和「渋谷区に引っ越しましょう!」

咲「引っ越さないよ! 大学遠くなるじゃん」

和「じゃあ、いっそオランダかフランスへ・・・」

咲「移住しないよ。それ、同性婚が認められてる国だよね?」


62:2015/05/19(火) 23:39:31.41 ID:
和「咲さん、冷たいです・・・でもそんな冷たいところも」

咲「涎拭いてくれる?」

和「咲さんは日本を同性婚の国にしたいんですね! 

  わかりました、私法学部ですし頑張ります!」

咲「努力の方向がぶっ飛びすぎだよ。てか、和ちゃんならほんとにやりそうで怖いよ」

和「なんなら私が総理大臣になって法改正を・・・」

咲「道のりが遠い、遠い」

和「咲さんはすぐに私と暮らしたいんですね! いいです、同棲しましょう」

咲「てゆーか、和ちゃん、殆ど私ん家、自宅と化してるよね・・・
  
  とんだ押し掛け女房だよ」

和「手鍋下げてくるの忘れました! 今度持って来ます」

咲「慣用句だからほんとに持って来なくていいよ!・・・和ちゃんと話してると頭痛いよ」

和「それなら・・・んっ、ちゅう」

咲「なんで押し倒そうとしてるのさ?」

和「頭に血が上れば、脳に血が回って頭痛が和らぐかと・・・」

咲「逆療法だと思うな、それ。はぁ・・・なんか泣けてくるよ」

和「私の胸で泣いてください!」

咲「あーもう・・・。ふぅ・・・」ぽふっ

和「気持ちいいですか?」

咲「あー・・・うん。まぁ柔らかいよね」

和「ふふ・・・」頭撫で撫で

咲「・・・///」


63:2015/05/19(火) 23:41:21.27 ID:
誰かこの人どうにかして。

・・・と、思わなくもなかったけど、きっと私が面倒みてあげなきゃいけない人なんだろうなぁ。

なんだか幸せの種に比例して頭痛の種も増えていく気がするんだけど。

でもまぁ・・・いっか。

高校1年の時から、ずっと一途に私のことを想い続けていてくれたとんだギルバート・ブライス。

私、卒論『赤毛のアン』にしようかなぁ・・・。「アン・シャーリーの憂鬱」とかってどうだろう・・・。

あぁ、あの物語は美しくていいなぁ。現実は思ったよりも滑稽だね。

ちょっと厄介で、でも愛しい恋人の胸に顔を埋めながら、私はそんなことを考えていた・・・。


―――これが私たちの馴れ初め。もうこれ以上お話はしてあげないよ。

恥ずかしいからね。取り敢えず、槓だよっ(照)。


65:2015/05/19(火) 23:46:49.48 ID:
乙 テンポ良くて凄く面白かった!


67:2015/05/19(火) 23:57:35.09 ID:
やっぱり咲和がナンバーワン!


68:2015/05/20(水) 01:47:19.12 ID:
衣はまだ諦めてなさそうだな


69:2015/05/20(水) 02:35:44.31 ID:
最高だ
乙!




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432037202/

→→もっと咲-Saki-を読む←←