1:2015/06/15(月) 23:55:37.75 ID:
禁書SS
上条×シャットアウラ
キャラ崩壊
短いよ

シャットアウラ=セクウェンツィア


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434380127

2:2015/06/15(月) 23:56:16.57 ID:

上条「サワサワしたい」

上条「したい」

上条「いったいどうすればいいのだろうか」


3:2015/06/15(月) 23:57:22.35 ID:


シャットアウラ「何をいきなり変態発言しているんだお前は」

上条「いや。サワサワしたいなぁ、って」

上条「考えてたら思わず口に」

上条「悪気はなかったんだ」

上条「すまん」


4:2015/06/15(月) 23:58:39.88 ID:


シャットアウラ「謝ればいいというものでは……」

上条「すまん。本当にすまん」

上条「この通りだ。許してくれ」

シャットアウラ「なっ、頭を下げるほどのことじゃ……」

上条「すまん」

シャットアウラ「あぁもう! わかったから! 許すから顔を上げろ!」

上条「っ!」

シャットアウラ「いつまでも頭を下げていられるとこっちの気分が悪くなる」


5:2015/06/15(月) 23:59:43.85 ID:


上条「優しいな。シャットアウラは」

上条「簡単に許してくれるなんて、ほんと優しいよ」

シャットアウラ「ふん。おだてたところで触らせるつもりは毛頭ないがな」

上条「………チッ」

シャットアウラ「おいこらお前。今舌打ちしただろ」

上条「まさかそんなこと」


6:2015/06/16(火) 00:01:42.31 ID:


シャットアウラ「まったく。お前は今の状況が理解できているのか?」

上条「んー?」

上条「落盤に巻き込まれてトンネルの中に閉じ込められたってだけだろ。ちゃんと理解してるって」

シャットアウラ「理解できているのにその態度か……」

上条「まあこういう不幸は慣れっこだからな」

上条「むしろ、俺たち以外巻き込まれなかったことが、幸運だとも思っているくらいだ」


8:2015/06/16(火) 00:03:16.08 ID:


シャットアウラ「この状況で幸運だなんて……」

シャットアウラ「いったいどういう神経しているんだか……」

シャットアウラ「………ん?」

上条「…………」ワキワキ

シャットアウラ「…………」

上条「…………」スッスッ

シャットアウラ「…………」

上条「…………」サッサッ

シャットアウラ「………おい」

上条「……こうスナップを効かせて」フワッフワッ

シャットアウラ「おい!」




9:2015/06/16(火) 00:04:18.91 ID:


上条「なんだよ大声で」

シャットアウラ「……その手の動きはなんだ」

上条「…………」

シャットアウラ「……まさか、尻を撫でる練習でもしてるわけじゃないだろうな」

上条「……違うよシャットアウラ」

上条「これは……卓球だ」

シャットアウラ「卓球……」

上条「卓球の練習だよ。今度体育であるんだ」



10:2015/06/16(火) 00:05:56.27 ID:


上条「手の指や手首をよくほぐして、ラケットを握らないといけないからな」

上条「そしてしっかりスナップを効かせて球を返す」

上条「その練習だよ」

シャットアウラ「……そうなのか」

シャットアウラ「ならいいんだが」

上条「じゃあ練習続けてもいいか?」

シャットアウラ「あぁ。邪魔してすまない」

上条「そしてこうスナップを効かせてサワサワする!」

シャットアウラ「絶対卓球の練習じゃないだろ!」


11:2015/06/16(火) 00:07:23.48 ID:


上条「ばれたか」

シャットアウラ「ほんとにどういう神経してるんだ、この変態が」

上条「いやいや反省はしているから」

シャットアウラ「本当か……?」

上条「あぁ」

上条「俺としたことが口に出すなんて……っ」

シャットアウラ「反省のベクトルが違う!」


12:2015/06/16(火) 00:09:02.28 ID:


シャットアウラ「一つ聞くが、なぜそこまで他人の尻を触りたがる」

シャットアウラ「尻が触りたいなら自分の尻でも触っていればいいだろう」

上条「わかってないなシャットアウラ」

上条「自分の尻なんか触って何が楽しいんだよ」

シャットアウラ「だからといって、他人の尻を触りたいなどと言うのは間違っている。秩序の乱れだ」

上条「そうかな」

シャットアウラ「今まで注意されたことないのか?」

上条「あるわけねーだろ。シャットアウラにしか言ったことないんだから」

シャットアウラ「えっ……、はっ? えっ!?」


13:2015/06/16(火) 00:10:15.12 ID:


上条「俺だって誰彼構わず尻をサワサワしたいって言ってるわけじゃないぞ」

上条「はじめにも言っただろ?」

上条「シャットアウラの尻をサワサワしたいって」

上条「自分や他人の尻じゃなくて」

上条「シャットアウラの尻をサワサワしたいんだ」

上条「シャットアウラの」

上条「尻を」

上条「尻を!」


15:2015/06/16(火) 00:12:09.03 ID:


上条「だから他のやつに注意とかされたことない」

シャットアウラ「そ、そうか……」

シャットアウラ「……ちなみに」

上条「ん?」

シャットアウラ「ちなみに……、何故私の尻なんだ……?」

シャットアウラ「他の人ではなく、私の尻を触りたい特別な理由があるなら聞かせて欲しい」

上条「そりゃあ」

上条「お前が魅力的だから」

シャットアウラ「っ!!?///」


16:2015/06/16(火) 00:13:25.31 ID:


シャットアウラ「私が魅力的……っ///」モジモジ

シャットアウラ「そ、そんなこと初めて言われた……///」テレテレ

上条「じゃあ理由話したから尻をサワサワさせてもらうぞ」

シャットアウラ「いや待てどうしてそうなる」

上条「っ!?」

シャットアウラ「どうして意外そうな顔をするんだ!?」

上条「だって理由話したじゃん。お礼に尻をサワサワさせるじゃん」

上条「はい等価交換」

シャットアウラ「そんな不当な取引などあるか!」

上条「っ!!?」



17:2015/06/16(火) 00:15:11.85 ID:



上条「シャットアウラのけちんぼ……」

シャットアウラ「黙れ変態。セクハラで訴えるぞ」

上条「怒ると可愛い顔が台無しだぞ」

シャットアウラ「可愛っ……///」

上条(ほう……)

シャットアウラ「し、仕方ないな」

上条「サワサワさせてくれるのか?」

シャットアウラ「それはない」キッパリ

上条「…………」ショボン

シャットアウラ「代わりにほら、これをやる」

上条「……飴?」

シャットアウラ「これで交渉成立としよう」

上条「まあ、いいけど」


18:2015/06/16(火) 00:17:30.97 ID:


上条「美味いな」コロコロ

シャットアウラ「そうだな」コロコロ

上条「そういえば、なんでまたこんなもの持ってたんだ?」

シャットアウラ「以前、非番の日に道に迷って泣いている子どもと出会った時に飴を買ってやったことがあってな」

シャットアウラ「それ以来、そういう事態に備えて常備している」

上条「なるほど」コロコロ

上条「しかし。子どもにあげるために飴を常備してるって、結構危ない人っぽい……」

シャットアウラ「それ以上は言うな」

シャットアウラ「言うな」

シャットアウラ「言うな……」

上条「お、おう……」


19:2015/06/16(火) 00:18:51.20 ID:


上条「さて、飴を舐め終えたところで」

シャットアウラ「触らせないぞ」

上条「…………」

シャットアウラ「触らせないぞ」

上条「二度も言わなくても……」

シャットアウラ「念を押しておかないといつまでも言い続けるだろお前」


21:2015/06/16(火) 00:20:47.61 ID:


上条「よし、わかった。なら等価交換だ」

シャットアウラ「等価交換?」

上条「俺はシャットアウラの尻をサワサワする」

上条「代わりにシャットアウラは俺の尻をサワサワしていい!」

上条「これならいいだろ!」

シャットアウラ「いいわけないだろ!!」

上条「っ!?」

シャットアウラ「だから何故意外そうな顔をする!?」


22:2015/06/16(火) 00:23:09.43 ID:


上条「今度はちゃんと等価だろ!?」

シャットアウラ「私にはお前の尻を触ることに価値などないのだが!?」

上条「なら揉んでもいいから!」

シャットアウラ「揉みたくもない!!」

上条「な、なら胸も触っていいから……」

シャットアウラ「なんで私が食い下がってるみたいになってるんだ!?」


23:2015/06/16(火) 00:25:03.28 ID:


上条「くそう……」

上条「手強いな……」

上条「だがわかったことがある」

上条「先ほどのやり取りをみるに」

上条「シャットアウラは押しに弱いことがわかった」

上条「その上女性として褒められて慣れていいない」

上条「そこを上手く突けば尻をサワサワさせてくれるはず……っ!」

上条「完璧な作戦だ……っ」

シャットアウラ「私が聞いていなければ完璧だったな」


24:2015/06/16(火) 00:27:14.07 ID:


上条「……なんで聞いてんだよ」

シャットアウラ「お前が勝手に一人でブツブツと喋ったんだろう」

上条「……なぁシャットアウラ」

シャットアウラ「…………」

上条「お前ってめちゃくちゃイイ身体してるよな!」

シャットアウラ「今の会話の続きからよくそんなことが言えたな!?」

シャットアウラ「しかもそんなセクハラ紛いのセリフで……」

上条「今更取り繕っても仕方ないからぶっちゃけるかなー、って」

シャットアウラ「だからといってぶっちゃけすぎだろう……」



25:2015/06/16(火) 00:28:32.02 ID:


シャットアウラ(しかし今のセリフ……)

シャットアウラ(取り繕わずにぶっちゃけた、ということは……)

シャットアウラ(本当に私の身体を褒めていたということに……)

シャットアウラ(もちろんいい気分はしないぞ? どう考えてもセクハラだからな)

シャットアウラ(でも女性としての面を褒められていると考えると……)

シャットアウラ(……うん。その点は素直に嬉しいかもしれない……///)


26:2015/06/16(火) 00:30:28.04 ID:


シャットアウラ「って、それだとコイツの思うツボじゃないかあぁぁ!!」

上条「な、なんだよ急に!?」

シャットアウラ「うう、うるさい! お前の策略にはのらないぞ!」

上条「何の話だよ」

シャットアウラ「褒められたって簡単に気を許さないと言ってるんだ!!」

上条「何それフラグ立ててんの?」

シャットアウラ「そんなわけあるかっ!!」

上条「シャットアウラって怒った顔も可愛いな」

シャットアウラ「っ!///」

上条「フラグ回収お疲れさん」

シャットアウラ「ぐぅぅぅぅ……っ!///」


27:2015/06/16(火) 00:31:56.92 ID:


シャットアウラ「うぅ……、何故こんなに簡単にのせられてしまうんだ私は……」

上条「チョロ可愛いってのもアリだとは思うけどなー」

シャットアウラ「そんなもの納得できない……」

上条「じゃあ、簡単にのせられないように耐性つけるとか?」

シャットアウラ「そんなことどうやって……?」



28:2015/06/16(火) 00:34:22.09 ID:


上条「シャットアウラってやっぱり可愛いよな!」

シャットアウラ「っ!?」

上条「その整った顔もきめ細やかな黒髪もすげー綺麗!」

シャットアウラ「ちょ、ま、待てっ……、いきなりそんな……」

上条「スタイルも良くてスラっとしてて、出るとこ出てる女性らしいボディラインも素敵!」

シャットアウラ「う……っ、あぅ……///」

上条「そうやって照れてすぐ赤くなるとことかもキュート!」

シャットアウラ「は、恥ずかしい……っ///」

上条「ボディースーツで目立たないように、ローブ羽織って余計目立ってたりと、意外とぬけてるの可愛い!」

シャットアウラ「もっ、もういい! もういいからやめてくれ……っ///」マッカッカ


29:2015/06/16(火) 00:36:03.71 ID:


シャットアウラ「恥ずかしすぎてたえられない……///」カアァァッ

上条「ほんと褒められ耐性ないんだな」

上条「ちょっと心配になってくるレベルだ」

シャットアウラ「ほっておけ!」

上条「それでシャットアウラ」

シャットアウラ「なんだ」

上条「そろそろ尻をサワサワさせてくれ」

シャットアウラ「まだ言うのかお前は……」ゲンナリ

上条「サワサワさせてくれるまで言うつもりだが?」


30:2015/06/16(火) 00:38:36.56 ID:

シャットアウラ「……ふぅ」

シャットアウラ「そこまで……。その、私の尻を触りたいのか……?」

上条「もちろんだとも」

シャットアウラ「…………」

シャットアウラ「……そこまで言うなら、触っても……いいぞ」

上条「何っ!?」


31:2015/06/16(火) 00:42:35.03 ID:


シャットアウラ「お前がこの事故に巻き込まれたのは私のせいだから……」

シャットアウラ「任務中だったとはいえ私が不用意に能力を使ったばかりに……」

シャットアウラ「独断専行、注意不足。さらに、一般人であるお前を巻き込んだこと」

シャットアウラ「きちんと責任を取らねばならない」

シャットアウラ「お前個人への謝罪として」

シャットアウラ「私の身体が対価になるのならそれで構わない」

シャットアウラ「覚悟はできている」

シャットアウラ「後ろを向いているから……す、好きにするといい……っ!」クルッ



32:2015/06/16(火) 00:44:20.26 ID:


上条「…………ではお言葉に甘えて」

上条「……ゲンコロチョップ!」ズビシッ

シャットアウラ「あいたっ!?」

上条「チョップ! チョップ!!」

シャットアウラ「いたっ! いたいっ!!」

シャットアウラ「な、何をするんだお前は!?」

上条「シャットアウラが好きにしていいって言うから」

シャットアウラ「言ったが何故チョップ!? 尻を触るんじゃなかったのか!?」




33:2015/06/16(火) 00:47:50.79 ID:


上条「……はぁ」

上条「あんまり俺を見くびるなよシャットアウラ」

上条「触ってくれなんて無理して言われたところで、よっしゃ触るぜ! とかならねえよ」

上条「こっちはあくまで同意のうえでサワサワしたいと思ってるの」

シャットアウラ「無理してではなく私は謝罪として……」

上条「謝罪としてー、ってのがもう既に無理してるんでしょうがっ」ズビシッ

シャットアウラ「いたいっ!」


34:2015/06/16(火) 00:49:22.16 ID:


上条「だいたい謝罪謝罪ってなんだよ」

上条「さっきも言っただろうが」

上条「俺はこの状況を不幸だなんて思っちゃいない」

上条「怪我もしてないし、他に巻き込まれた人もいない」

上条「トンネルを崩したことは悪いことかもしれないけど……、お前が悪意を持ってやったことじゃないだろ」

上条「それを俺が責めたりお前が謝ったりする道理はないよ」

上条「そもそもトンネル崩されたところで上条さんに直接被害があるわけじゃないしなー、はっはっはっ」



35:2015/06/16(火) 00:51:24.00 ID:


上条「だからいちいち気にするなよ」

上条「な?」

シャットアウラ「………変態の癖にカッコつけて」

上条「変態の癖には余計だ!」

シャットアウラ「………多少気持ちが軽くなった」

シャットアウラ「あ……」

シャットアウラ「……ありがとう///」

上条「おう」ニカッ




36:2015/06/16(火) 00:53:18.76 ID:
32

ガラガラッ


「警備員です! 怪我人はいませんか!」


シャットアウラ「救助が来たか」

上条「立てるか? 手貸すぞ」

シャットアウラ「どさくさに紛れて尻を触る気じゃないだろうな」ジトーッ

上条「そんなことしませんー!」

シャットアウラ「冗談だ」クスッ

上条「まったく」

上条「あ、そうだ。最後に一つ言っておくことが」

シャットアウラ「なんだ?」

上条「女子の口からは『尻』ではなく『おしり』と言って欲しい。ちなみに平仮名な。ここ重要」

上条「その方が上条さん的にはグッジョブです!!」キリリッ

シャットアウラ「……こ」

シャットアウラ「この変態がぁぁぁぁ!!」



終わり


38:2015/06/16(火) 00:55:41.27 ID:
あれ、触ってないぞ?


39:2015/06/16(火) 01:04:53.41 ID:
面白かった


40:2015/06/16(火) 01:43:30.21 ID:
おつ
次は誰かなー


42:2015/06/16(火) 06:37:08.89 ID:

オルソラ編を待ってる


44:2015/06/17(水) 21:55:56.15 ID:
あれ?アンジェレネちャンは?




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434380127/

→→もっととある魔術の禁書目録を読む←←