1:2015/05/07(木) 22:56:50.80 ID:
初ssになるので、もろもろ大目に見てくれると冷や汗が止まります。

矢矧が出てるssがあまりにも無いと感じたので…みんな矢矧書こうよ(宣伝

ちなみに初風と三隈はいません。

矢矧


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431007000

2:2015/05/07(木) 22:58:18.23 ID:
提督「あったかくなってきたな」

矢矧「そうね…」

提督「こういい陽気だと、外でぐだーっと過ごしたいよね」

矢矧「そうね、でもダメよ?ちゃんとお仕事もしてくれないと」

提督「ダメかぁ…外の木陰でお弁当食べてひなたぼっこしたいんだが……」

矢矧「お昼になるまで待ちなさい。この書類が片付かなくて困るのは提督だけじゃないのよ?
私たち艦娘も補給ができなくて困ってしまうわ」

提督「それはやだな」

矢矧「でしょ?だったらいまは大人しくこの書類を片付けてちょうだい」

提督「ん…」

矢矧「そう、素直でいい子ね。」

提督「一応俺上司なんだけど…」

矢矧「あら、上司としてもある程度は尊敬しているわよ?」

提督「なんか腑に落ちないが…まあいいか」

矢矧「ええそうね。まあいいわね…」

提督「……仕事しないとな。」

矢矧「…そうね……しないといけないわね。」

提督「……」

矢矧「……」


3:2015/05/07(木) 23:00:01.94 ID:
昼前

提督「おわっ…たぁ!」

矢矧「午前の分が終わっただけ。はい、金剛から貰った紅茶よ」

提督「んむ…他の予定は?」

矢矧「遠征艦隊が戻ってくるのがお昼すぎ、午前中に処理が必要な書類は午後処理予定の一部を加えて、
先ほど全て片付けたわ。つまり、これで午前のお仕事はおしまいね。」

提督「そうか…」

提督「…いつもの矢矧の緑茶も美味しいんだけどこっちもいいな…やっぱり淹れてくれる子がいいのか…」

矢矧「…褒めても何も出ないわよ?」

提督「一緒に外でお弁当食べられればそれでいいよ。」

矢矧「あら、あれ本気だったの?」

提督「本気だよ!だから矢矧、弁当外で食べよう!」

矢矧「まったく…間宮さん達におにぎり握ってもらいましょう。そうすれば外で食べれるでしょう」

提督「やたっ!そうと決まれば間宮に行くぞ!」

矢矧「あっ、そんなに引っ張らないで…」

提督「行くぞ~矢矧!」

矢矧「ちょ、ちょっと提督…!…もう、しょうがないわねこの人は…」


4:2015/05/07(木) 23:01:57.70 ID:
提督「というわけで中庭の木陰にやってきました」

矢矧「提督?誰に言っているの?」

提督「いや、気にするな。それよりおにぎり食べたい」

矢矧「はいはい……最初はおかかでいい?」

提督「おう。おかか大好き」

提督「んむ…うまいなぁ。間宮さんの作るおにぎりは」

矢矧「ええ。おいしいわね」

提督「あぁ~、日陰だとちょうどよく涼しいなぁ。おにぎりもうまいし言う事なしだな」

矢矧「……いつものご飯もおいしいけれど、今日は初霜と雷も手伝っているからかしらね」


5:2015/05/07(木) 23:06:25.47 ID:
提督「ん……二人が手伝ってるのか、どうりで母親を思い出す味なわけだ」

矢矧「ん……それ、初霜に言ったら怒られるわよ?まだそんな歳じゃありません!って。」

提督「雷は喜んでくれそうだな。そうよ、もっと私に頼ってちょうだい!て…」

矢矧「ふふっ。それ、雷の真似?あんまり似てないわよ?ふふふっ…」

提督「笑うなよ!ちょっと自分でもあれだなぁって思ってるんだから!」

矢矧「なら、ふふっ…やらなくてもよかったんじゃないの?」

提督「いや…なんか話題いるかなって思って。」

矢矧「別になくても、私と二人きりの時は気にしたりしないわ」

提督「そうは言ってもな…矢矧とはいろいろと話したい事がたくさんあるからさ」

矢矧「あら?いつも仕事中に話したりしてるじゃない?あれじゃあ不満?」

提督「いや、矢矧と二人で静かにお昼を食べながら話すのも久々じゃない?そもそも仕事中は仕事の話だしね…」

矢矧「…そういえば、そうね。いつもは金剛や大和達と、みんなでお昼を食べてるわね」

提督「でしょ?だから今日くらいは二人きりで色々と話をしたいなぁって…」

矢矧「たまにはいいかもしれないわね…それで?私と何を話したいの?」


6:2015/05/07(木) 23:12:42.37 ID:

提督「そうだな…最近うちの鎮守府に来た子達の話をしようか」

矢矧「最近来た子だと、トラック泊地強襲と、十一号作戦で来た子達ね」

提督「そうそう。ゆーちゃん、香取、天城がトラック攻略で来て、
今発動している十一号作戦で迎えた磯風、葛城、秋津洲、高波に、イタリアのリットリオとローマの計9人か…」

矢矧「今はゆーじゃなくてろーちゃんね。」

提督「おお、そうだったそうだった。」

矢矧「ろーは最初に比べて性格が明るくなったわね」

提督「そうだな。ビスマルクと58に、もっと明るく元気にしなきゃ!って言われて、だいぶ明るくなったよな」

矢矧「今は作戦の少し前に来たシオイともすぐ打ち解けて、今では自分からご飯に誘ったりしているわね」

提督「おお、そんなにか!」

矢矧「ええ、イムヤ達潜水艦、阿賀野姉達軽巡、それに戦艦の子達の大勢で一緒に大テーブルに誘ってみんなでご飯を食べていたわ」

提督「おお…そうかぁ、そんなに自分から誘ったりしてるのか…よかった」


7:2015/05/07(木) 23:20:46.94 ID:

矢矧「あの子はああ見えて最初から元気だったわよ。」

提督「ビスマルク達が来た時は日本語を普通に話せるってのもあったが…」

提督「ゆーの時は日本の言葉を覚えたばかり、それに母国から遠出して来た不安感もあったからな…」

矢矧「ええ、自分の知らない国、覚えたばかりの言葉、知らない装備。不安にもなるわ」

提督「そうだなぁ…俺もそんな環境に行ったら不安すぎて色々大変そうだ…」

矢矧「それをあの子は、同じ国出身のビスマルク達がいるとは言え、自分から変わりたいと願い、そして叶えたの。すごい子よ」

提督「そうだな…演習も頑張ってたし、今度ご褒美にみんなでバーベキューでもするか。」

矢矧「いいわね。みんなでって言えば、あの子なら喜んでくれるわ」

ろー「あ!ていとくこんな所でご飯食べてる!」

提督「おお、ろーちゃん。お昼はちゃんと食べたか?」

ろー「はい!今日はビスマルク達とでっちー達みんなで食べたって!はい!」

168「ほらろー、二人は今日久しぶりにふたりっきりで食べたいらしいから、また今度他の子達も一緒におごってもらいましょ」


8:2015/05/07(木) 23:30:10.40 ID:

提督「すまんな二人とも、けど今度みんなで食事をしようかって考えてるから楽しみにしててくれ」

ろー「え!?ていとくほんとう!?」

提督「ああ、最近活躍してくれるろーちゃんとみんなへのご褒美に、今度浜辺でバーベキューでもしようかって話をしてたんだ」

ろー「それって!ビスマルク姉さんやコンゴーさんやヤハギさんも一緒?」

矢矧「ええもちろん。阿賀野姉も初霜達も一緒に、鎮守府のみんなで。」

ろー「Danke!みんなで一緒にご飯食べるの大好きですって!はい!」

提督「そうかそうか。その時はいっぱい食べろよ」

ろー「はい!ろーちゃんいっぱい食べますって!」

168「ろー、そろそろ演習の時間になるわ。」

ろー「はーい!ろーちゃん、今日の演習がんばっちゃいます!がるる〜♩」

168「それじゃあ司令官。行ってくるわ。ろーだけじゃなくて、私の活躍も、ちゃんと褒めてよね?」

提督「ああ、イムヤも頑張ったら何かご褒美をやるからな。頑張ってきてくれ。」

ろー「じゃあていとく!約束だからね〜!」

提督「任せろ〜!…はは、ろーはやっぱり元気だな。」

矢矧「ええ、周りまで楽しい気持ちにさせてくれる。とてもいい子。」

提督「イムヤも、ろーをちゃんと引っ張ってくれているようだし、ひとまずは安心かな。」

矢矧「そうね…あ、もうお昼もそろそろ終わりの時間みたいね。お仕事に戻りましょう。」

提督「え!?もうそんな時間か…
まだ話が終わってないのに…」

矢矧「それは午後のお仕事が終わったあとにしましょう?明日はお休みだし、ちょっとだけハメを外して呑みながら…ね?」

提督「うぅむ、矢矧がそう言うならそうするか…よっしゃ!午後もいっちょたのむよ矢矧!」

矢矧「提督が頑張ってくれるならいくらでも」


13:2015/05/08(金) 00:16:06.10 ID:


提督「…うぅん!おわったぁ!今日の仕事終わり!」

矢矧「お疲れ様。はい、緑茶よ」

提督「ん~……あぁ~、仕事終わりのお茶はうまい…」

矢矧「はいはい。遅くなってしまったけど、そろそろ夕食にする?」

提督「そうだな、食堂に行こうか…」

??「提督!失礼しまーす!」

??「し、失礼します。」

矢矧「あら?阿賀野姉に、天城さんじゃない」

阿賀野「あ、矢矧!やっぱりここにいたのね!」

天城「お二人とも、夕食をとらずにお仕事をしていると聞きましたので、
僭越ながら、おふたりの分を持って来ました」

提督「お、わざわざ持ってきてくれたのか。
すまんなふたりとも。ありがとう」

阿賀野「いえいえ。どーいたしまして!」

矢矧「でも、それ4人分持ってきてない?」

天城「あ、お邪魔でなければ、ご一緒できればと思って、自分たちの分も一緒に持って来ました」

提督「邪魔だなんてとんでもない。みんなで食べたほうがうまいからね!そっちのテーブルで食べよう」


14:2015/05/08(金) 00:36:18.06 ID:
提督「お、今日はとんかつ定食か。」

阿賀野「足柄さんと大淀さんが作戦成功祝いにたくさん揚げてたから、揚げたてを貰ってきたの!」

矢矧「二人は海域を制圧する度に揚げてるわね…」

提督「あいつらはカツに関しては遠慮しないからな…おかげでうちの運営費が飛ぶわ飛ぶわ」

天城「あの量のカツは初めて見ました…まさかあんなに揚げるなんて…」

矢矧「うちは100人以上の大所帯だし、大食らいが何人もいるから余ることはないだろうけど…」

提督「まあいい子ばっかりだし、悪いって気はしないけどね。では!冷める前に…」

全員「「いただきます。」」

阿賀野「あ、そういえば提督さん!阿賀野、提督さんに言いたいことがあるの!」


15:2015/05/08(金) 00:41:20.40 ID:
提督「んえ?なに?」

阿賀野「天城さんから聞いたんだけど、最近天城さん達ばっかり演習に出てるそうじゃない!」

提督「ん…おう、今は天城と磯風、それに改二が見つかった麻耶を重点的に演習に出してる」

阿賀野「なんでよ!阿賀野の方が先に着任してるのに!今は天城さんに練度で越されちゃったし!」

矢矧「それに私と能代にも負けてるわね」

阿賀野「そうよ!矢矧はともかく、このままじゃ阿賀野型1番艦の面目が立たないじゃない!」

提督「…だって、なあ…」

阿賀野「だってじゃないのよ!」

天城「あの…」

阿賀野「なに!」

天城「ひぅ…ま、まえに提督が話してくれたのですが、阿賀野さんがそこまで練度が上がってないのは本人の希望だって…」

阿賀野「そんなこと言ったことなんてないわよ!」

天城「ひっ…」

矢矧「阿賀野姉、机を叩かないで。それに天城さんが怯えてしまっているわ」

阿賀野「矢矧は口を出さないで、これは阿賀野と提督さんの問題なの!」

矢矧「はいはい。」

阿賀野「それで!どうなの提督さん。ちゃんとした説明をしてちょうだい!」


16:2015/05/08(金) 01:00:51.66 ID:

提督「いや、前に練度を上げてたら…お休みしたいって言うから休み出したら、
自分から言い出すまではほかの子を鍛えてあげて…って阿賀野が言ってたじゃないか」

阿賀野「…え?」

提督「それで、あとから着任した足柄や綾波、それに天城達の練度を向上させてたんだが…」

矢矧「要するに自分のせいだったってわけね。我が姉ながら大変ね提督」

提督「いや、これでも可愛いところはあるんだよ?」

矢矧「知ってるわ」

阿賀野「え…え?じ、じゃあ…私の練度が上がってないのって、阿賀野のせいだったの?」

提督「まあ、俺が再度意思確認をしなかったのが悪いな。すまなかったな阿賀野。」

阿賀野「え…て、提督さんのせいじゃ…」

提督「代わりに明日から能代の代わりに第一艦隊の旗艦として入れておくから。」

天城「え!なら阿賀野さんとも一緒に戦えるんですか?」

提督「ああ、練度は天城よりも低いが、伊達に一番艦じゃないからな。すごい活躍を見せてくれるはずだ」

阿賀野「え、第一艦隊って今、十一号作戦の残党掃討に行ってたりもするんじゃ…」

天城「はい、現在は毎日の演習に加えて、リランカ島沖周辺、アンズ環礁沖の掃討作戦を実施しています。」

提督「加えてうちはありがたくも甲判定を頂いているからな、敵も高翌練度の艦隊が出現する箇所をあてがわれている」

阿賀野「そ、それって…低練度な阿賀野には厳しいんじゃ…」

矢矧「大丈夫よ、最新鋭の阿賀野型軽巡洋艦の一番艦で、私と能代の姉なんですもの。」

提督「期待してるよ阿賀野。」

天城「明日からよろしくお願いいたします!阿賀野さん!」

阿賀野「え…えぇぇぇ!そんなぁ!」


21:2015/05/09(土) 00:22:30.39 ID:
提督「じゃあ阿賀野、天城。明日からは演習と海域の残党掃討を頼むぞ」

阿賀野「え、でも…えっと…」

矢矧「頑張ってね阿賀野姉、このスケジュールなら早いうちに加賀さん達に追いつくと思うわ」

提督「天城と葛城を頼んだぞ阿賀野。ちゃんと守ってやってくれ」

天城「よろしくお願いいたします!阿賀野さん!阿賀野型軽巡のお方は精鋭揃いとお聞きしているので、
その一番艦の阿賀野さんの手腕を、是非一度見てみたかったのです。」

阿賀野「え、あ…ま、任せなさ~い!阿賀野にかかればちょちょいのちょいよ!」

阿賀野「じ、じゃあ阿賀野ご飯も食べたし…ちょっと能代達とお話してくるわね!それじゃ!」

提督「あ、ちょっと待ってあが…行っちゃったよ…。」

矢矧「姉さんなら大丈夫よ。ああ見えても阿賀野型一番艦で、私と能代の姉よ。」

提督「信頼されてることで…」


22:2015/05/09(土) 00:55:01.44 ID:

天城「あ、あの!提督…」

提督「ん?どうした天城?」

天城「前からお聞きしたかったのですが…どうしてそこまで私たち雲龍型を重用してくださるのでしょうか…?」

提督「…というと?」

天城「…私たち雲龍型は、性能としては低く艦載機もそこまで載せることができません。現在の掃討作戦や演習でも、
護衛してくださる秋月さんや金剛さんに助けもらい、葛城との2隻編成でようやく…といった状態です。」

提督「そうだな…報告書を見る限り制空、そして爆撃も雷撃も演習相手の艦隊に譲ってしまうことも少なくない。」

天城「…お恥ずかしながら、葛城と二人でようやく制空権を確保できる…といった状態です。」

矢矧「そこまでしてなぜ私たちを…ということかしら?」

天城「はい…提督、お教えいただけますでしょうか…?」

提督「……天城、君たち雲龍型や、ごく限られた子達にしかない魅力があるんだ…」

天城「み、魅力…正規空母の中では資材消費が少ないから…でしょうか?」

提督「それも魅力の一つではある…が、それ以外にもっと重要な事があるんだ。」

天城「それ以外に他の方たちよりも優れたところが…」

提督「ああ、それはな…」

天城「それは……!」


23:2015/05/09(土) 01:08:31.11 ID:
提督「…お腹がものすっごく魅力的なんだ!」

天城「はい!お腹が………え?」

提督「天城は最初和服で隠れていたんだが、今着てる改になってから雲龍と同じ服になったじゃないか。
見えたお腹がすっごく魅力的だったんだ!」

天城「え、あの…ていと…」

提督「それになんといっても3人揃って美人なのがさらにプラスだね!」

天城「あ、あの!ていとく…話を」

提督「雲龍は雲みたいにふわふわしてて魅力的だし、
天城は気立てもいいしなにより皆の役に立ちたいと心から願ってくれてる。
葛城は着任してあまり経ってないけど、姉二人と一緒でとてもいい子だ。そして身体はスレンダーな美人!」

天城「う…うぅ……」

矢矧「はぁ…提督、それセクハラよ?気づいてる?天城さん顔が真っ赤になってる。」

提督「なに!?俺はただ天城達のいいところを…」


30:2015/05/10(日) 20:12:07.36 ID:
提督「なに!?俺はただ天城達のいいところを…」

天城「提督……」

提督「なんだあま…」

天城「バカァ!」ドコォ!!

提督「ブヘッ!」

矢矧「いいところに入ったわね」

天城「そ、そんなこと言われても……私どうしたらいいのか…」

矢矧「こういう時はほっといた方がいいわ。ほら、そろそろ演習の時間よ。葛城達を連れて行ってらっしゃい」

天城「あ、もうそんな時間なのですね…そ、それでは、失礼いたします!」

提督「あ、天城…逃げるように行っちゃったな……」

矢矧「それはそうよ。突然あなたのお腹に惹かれました!なんて言ったら……」

提督「うぅん、本心なんだがなぁ…」

矢矧「本心でも言っていい事と悪いことがあるでしょう…まったく。」

提督「他にも周りをよく見ていていろんなことに気づけるところがすごいんだけど…」

矢矧「それをなんで先に言わないのよ…いえ、後にもお腹が好きですって言われても困ると思うけど…」

提督「この前金剛に女性らしいお腹してるよな…って言った時はすごい喜んでくれたんだが…」

矢矧「それは金剛さんだからよ…はぁ…それで、今日はどうするの?」


31:2015/05/10(日) 20:39:37.50 ID:
提督「え、う~ん…演習も次で最後だし、金剛と大和がいるから任せてもいいとは思うし…」

矢矧「このあとは何もないってことね。それならちょうどお願いしたいことがあるのだけれど…いいかしら?」

提督「え?矢矧がお願いだなんて珍しいな」

矢矧「実は今回新しく着任したイタリアの艦娘がふたりいるじゃない?」

提督「リットリオとローマだな」

矢矧「そう、そのふたりの練度向上のために、第2艦隊と連携してもらおうって話になったけど…」

提督「なにかあったのか?」

矢矧「秋月たちと連携のための哨戒任務をしてた時に
…戦闘には勝利したのだけど、ローマと戦術について口論になったらしいの…」

提督「ああ、昨日のキス島の哨戒任務の時か」

矢矧「ええ、そこで旗艦だった秋月が強く言えない事にローマが反応して、そのまま…といった形ね」

提督「帰ってきた時秋月は涙目だし、ローマは不機嫌そうだったのはそれか…」

矢矧「その時からローマ達とうまく話せないと相談を受けたの。」

提督「そうかぁ…秋月は見た目相応に気が小さいからな…」

矢矧「いい子ではあるのだけれど…それで、提督はどうしたらいいと思う?」


32:2015/05/10(日) 20:41:22.96 ID:

提督「そういう時は…俺はあれをしてるんだけど…」

矢矧「あれ?あれってなに?」

提督「うぅ~ん……」

矢矧「……提督?」

提督「……よし!決めた!矢矧、リットリオとローマを呼んで来てくれ。秋月は俺が呼んでくる!
たしか3人とも明日は非番のはずだから!」

矢矧「え、ええ。だけど、何を決めたの?」

提督「そりゃもちろん……」




提督「みんなで鳳翔さんのところで呑むんだよ」


33:2015/05/10(日) 21:03:28.78 ID:
居酒屋「鳳翔」


提督「それでは皆さん!カンパーイ!」

リットリオ「カンパーイ♪」

秋月「か、乾杯…!」

矢矧「乾杯」

ローマ「……乾杯」

提督「んっんっ……ッパア!やっぱりビールは最初の一杯だけはうまいな!」

リットリオ「提督はビールはあまり呑まれないのですか?」

提督「俺は日本酒の方がすきだねぇ。でも最初はビールを呑むんだよね。すぐ出てくるし、
あ、いかづち~!枝豆といつもの日本酒出してくれ~!」

雷「はーい!初霜ちゃん!枝豆といつもの出してあげて」

初霜「はい、ちょっとお待ちくださいね」

提督「頼むよー」

ローマ「それで提督。この席は一体どのような席なのでしょうか?ただ飲みたいだけだったら…」

提督「い、いや…なんだかローマと秋月がこの前ケンカしたって言うから、仲直りしてもらおうかなと」

秋月「け、ケンカだなんて…そんな…」

ローマ「そうよ、このチビとケンカなんてしていないわ。」

秋月「ち、チビ…」

提督「まあまあ、今日は呑もうじゃないか。3人には俺のおすすめの日本酒を呑んでもらいたいし」

リットリオ「提督おすすめのお酒ですか~。楽しみです。」

ローマ「姉さん、あまり飲みすぎては…」

雷「はい!お通しと枝豆、それにいつものね!」

提督「あ、ほら来たよ!今日は俺がおごるからいっぱい食べて飲んでくれ。秋月も遠慮するな!」

秋月「は、はい。ではこの葛焼酎を…」

提督「お、秋月だな。リットリオとローマは何を呑む?」

リットリオ「私もその日本酒を呑んでみたいです。」

提督「ん?これか、ローマはどうする?」

ローマ「私も姉さんと同じものを。」

提督「はいはい、同じものね。いかづち~」

ハーイ…


34:2015/05/10(日) 21:24:18.45 ID:

矢矧「……で。」

ローマ「らからね~!あの時はあたしがわるかったんらよ!」

秋月「ちがいましゅ!わらしが防空をしっかりしなかったかられす!」

矢矧「見事に酔っ払ったと…」

提督「いやぁ、日本酒と焼酎って結構強いのに…グイグイいくから」

リットリオ「そうですねぇ。ローマも秋月ちゃんも後先考えずに呑んでましたからねぇ」

矢矧「リットリオさんも同じくらい呑んでましたよ…ね?」

リットリオ「うふふ、私は昔からお酒には強くて。いつもローマが先に酔ってしまうの」



35:2015/05/10(日) 21:25:07.93 ID:
ローマ「わらしが悪いの!」

秋月「わたしれす!」

提督「あ~あ~……わかったから、ほらもう帰るぞ。」

ローマ「静かにしててくらさい提督!秋月ちゃんはなんにもわるくないんれすから!」

秋月「いいえわたしが悪いんれす!」

リットリオ「はいはい、そろそろお部屋に戻るわよローマ」

ローマ「いえ姉さん!ここは…」

リットリオ「……ローマ?」

秋月・ローマ「ひっ…」

リットリオ「帰るわよ~?いい?」

ローマ「は、はい。姉さん……」

リットリオ「それでは提督、今日はありがとうございました。妹共々、明日からもよろしくお願いいたします。」

提督「お、おう。気をつけて戻るんだぞ。」

リットリオ「はい、それでは皆さん。Buona notte」

ガララ…


36:2015/05/10(日) 21:38:04.52 ID:

提督「…以外と姉の言うことは素直に聞くんだな。」

矢矧「怒らせると怖いって知ってるからでしょう。ほら秋月、私たちも帰るわよ」

秋月「うぅ、まだやれます…」

矢矧「つらそうなのに何言ってるの…ほら立って」

秋月「うぅ~…私はまだやれるんですぅ…」

提督「……秋月、外で少し風にあたってきた方がいい。
今日は暖かいし、風にあたって酔いを醒ましてこい」

矢矧「え!?こんな状態で外に出たらどうなるか…」

提督「大丈夫……ふぅ。俺らはここで煙吸って待ってるから。」

秋月「わ、分かりました…行ってきます……」

提督「海には近づくなよ~!」

矢矧「……本当に大丈夫?あの子結構フラフラだったけど…」

提督「だいじょぶだいじょぶ、……外で二人が待ってるから」

矢矧「ふたり…?……あぁ、そういうことね。」

提督「まあ、これで仲直りできるかは二人次第だけどね……ふぅ。」

雷「あ!司令官またタバコ吸ってる!だめよ体に悪いんだから!」

初霜「そうですよ。タバコなんて百害あって一利なし!ですからね。」

提督「お、ふたりは手伝い終わったのか?まあタバコなんて吸うもんじゃないとは思うんだけどね。」

雷「だったらやめなきゃ!ほら、残りのタバコ出しなさい!」

提督「や、やめてくれ母ちゃん!タバコ吸いに行くってサボリが通用しなくなる!」

矢矧「へぇ……」

提督「あ……」

矢矧「…タバコをサボりの言い訳に使っていたの……そう、ふぅん…」

提督「あ、やべ…」

ギャアァァァァァァァ!


37:2015/05/10(日) 21:55:51.27 ID:
居酒屋「鳳翔」付近


秋月「…はあ、夜風が気持ちいいです。」

??「酔いもう大丈夫ですか?」

秋月「え?あ、リットリオさんと…ローマさん。もう帰ったんじゃ…」

リットリオ「いえ、ローマがあなたに言いたいことがあるって、外で待っていたのよ。ほらローマ?」

ローマ「…………」

秋月「……あの…ローマ、さん?」

ローマ「……らも……」

秋月「え?」

ローマ「明日からも……また防空は任せます。
つ、次はちゃんと守ってちょうだい…!わ、私も…その、頑張る…から」


38:2015/05/10(日) 21:59:23.36 ID:

秋月「え…あの…」

ローマ「そ、それだけ!行きましょう!姉さん!」

秋月「あ…あの!……」

リットリオ「……ふふ、恥ずかしがり屋さんなんだから……」

秋月「あ、あのリットリオさん。」

リットリオ「あの子、昨日帰ってきた時も、
もっと自分がちゃんとやれてればよかった。あの子を助けてあげたかった…って、つぶやいてたの」

秋月「え、ローマさんが…?」

リットリオ「あの子も、本当はあの時お礼を言おうとしてたのだけど、秋月ちゃんがボロボロになりながら、
私たちに守りきれなくてごめんなさいって謝っているところを見て、自分が許せなかったらしいの」

リットリオ「自分はこんな小さな子に守られているんだって…」


39:2015/05/10(日) 22:02:19.54 ID:

秋月「……」

リットリオ「その後、あなたにやつあたりしてしまって、余計言い出せなかったみたい。」

秋月「ローマさん…」

リットリオ「秋月ちゃん」

秋月「あ…はい!」

リットリオ「この泊地の先任として、そして艦隊防空のかなめとして、私と妹を、今後もよろしくお願いいたします。」

秋月「リットリオさん…はい!この秋月、艦隊をお守り致します!」

リットリオ「Grazie(ありがとう)。それじゃあ、今日はそろそろお休みいたしますね」

秋月「はい、明日からもよろしくお願いします!」

リットリオ「Ci vediamo A domani(また明日)」




提督「…うまく仲直りできたかな?」

矢矧「できたわよ。きっと…」

提督「よかった…ところで……」

矢矧「タバコなら返さないわよ。諦めて禁煙しなさい」

提督「そんなぁ…」

雷「身体は大事にしなきゃダメよ!司令官!」

初霜「お大事になさってください。もうあなたひとりだけの体ではないのですから…」

提督「おう…そう言われると……わかったよ。」

矢矧「なら部屋に隠してあるボックスも全部捨てておくわね」

提督「え、あの…ちょっと…」

雷「それと大和さんと金剛さんに預かってもらってる分も全部片付けておくからね!」

提督「え、なんで知って…」

鳳翔「禁煙…頑張ってくださいね。」

提督「そ、そんな……」

ノオオオオオォ!!


48:2015/05/10(日) 23:42:25.55 ID:
足柄
『お次はライジング』

足柄「次はフォークで行くわよ提督!」

提督「おっしゃ来い!」

足柄「そぉ…れっ!」

提督「お、おお!すげぇちゃんと曲がった!」

足柄「やった…やったわ提督!ちゃんとフォークになってたでしょ!」

提督「おうやったな!流石足柄だ!」

足柄「どうよ提督!これが足柄の力なのよ!」

提督「これで、カーブにシュート、シンカーにこれでフォークか、この前初めてもう4球種投げられるのか…」

足柄「最初はボールの握り方も知らなかったのに、今思うと随分できるようになってきたわ」

提督「2週間でここできれば十分だよ。それにしても頑張ったなぁ」

足柄「ふふん、どんなものでも勝利のために努力は怠らないわ!」

提督「だいぶ腕の力も鍛えられてきたな……これなら。

足柄「提督?どうしたの?」

提督「足柄、次はストレートを鍛えてみようか。」

足柄「ストレート?球速でも上げるの?」

提督「いや……足柄はさ…」





提督「ライジングショットって知ってるか?」


49:2015/05/10(日) 23:46:35.34 ID:
春雨
『手のぬくもり』

春雨「…で、あとは冷やして完成です。」

提督「よ、ようやくか…ふぅ…疲れた。」

春雨「お疲れ様でした。前に比べてだいぶ上達してきましたよ。」

提督「春雨先生が教え上手だからな。分かりやすくて助かるよ。」

春雨「そ、そんな先生だなんて…」

提督「いや、本当に助かったよ。一人だったらまともに飯も作れないのが身にしみてわかった…」

春雨「ふふ、料理は愛情、そして忍耐です!練習していけば、必ず美味しいものが作れますよ♪」

提督「忍耐……料理も大変なんだな…春雨もいつも作ってくれてありがとうな」

春雨「い、いえそんな!好きでやっていることですので、お気になさらないでください!」

提督「それでもだよ。ありがとう春雨」

春雨「あう…し、司令官……」

提督「ん?ダメだった?」

春雨「いえ!そんなこと…あの……ご迷惑でなければ…」






春雨「もう少しだけ、このままで…」



50:2015/05/10(日) 23:57:33.72 ID:
五十鈴
『いつになったら五十鈴の力を認めてくれるの!?』


五十鈴「いつなの!?」

提督「どうした突然……ん?五十鈴、火持ってる?」

五十鈴「もう…はい。それで!いつになったら五十鈴の力を認めてくれるの!?」

提督「その話か。いやぁ、まだ認めるわけにはいかないなぁ…これは」

五十鈴「なんでよ!?もうずっと出撃に演習ばっかりで休みもせずに頑張ってるのにまだダメなの!?」

提督「ん~…もう少しかなぁ?」

五十鈴「それ本当よね!嘘だったら承知しないんだから!」

提督「おいおい、俺が五十鈴に嘘ついたことあるか?」

五十鈴「それは……な、ない…けど。」

提督「そういうこと、なんでもう1週間程頑張れば認めてやるよ。」

五十鈴「本当に?嘘つかない?」

提督「つかないつかない」

五十鈴「じゃあ…はい」

提督「はいはい…」

五十鈴「ゆびきりげんまん嘘ついたら針千本のーます!指きった!」

提督「おまえ昔からそうだよなぁ、大事な事はゆびきりするの」

五十鈴「い、いいでしょ!なにか文句でもあるわけ!?」

提督「いやないよ。じゃあほら、そろそろ次の演習だから。」

五十鈴「わかってるわよ…提督!約束したからね!」

提督「わかってますって…」

五十鈴「嘘付いたら針千本よ!ほんとだからね!」

提督「はいはいいってらっしゃーい…」




提督「……ふぅ、さて…」





提督「この指輪、どうやって渡そうか…」


51:2015/05/11(月) 00:31:21.89 ID:
五月雨
『いつまでもお傍に』

提督「君が五月雨?」

五月雨「はい。五月雨って言います!よろしくお願いします」

提督「こんなにちっこいのに?」

五月雨「むぅ、提督失礼ですね!私はこう見えてもれっきとした駆逐艦の五月雨です!
そしてあなたの秘書艦でもあります!」

提督「そうなのか…」

五月雨「はい!そうなんです!」

五月雨「とにかく、これからよろしくお願いいたしますね。提督!」

提督「ああ、よろしくたのむよ五月雨」

五月雨「あ、お茶入れてきます…う、うわぁ!」

提督「……本当に大丈夫なのかなぁ…?」



提督「五月雨。この前の書類ってどこにある?」

五月雨「もう、提督ったら…ここです」

提督「おお、そこだったか。すまんな五月雨」

五月雨「もう、提督は私がいないとダメですね…」

提督「ははは…す、すまん…」

五月雨「お任せください!提督をお助けするのが、秘書艦の役目ですから!」




五月雨「提督!大丈夫ですか!?」

提督「うぅ、面目ない…風邪を引いてしまったようだ…」

五月雨「あ、提督!布団かぶったままお仕事なさらないでください!」

提督「でも、これを終わらせないと、みんなに迷惑が…」

五月雨「提督の今のお仕事は、体を治すことです!それ以外は私たちに任せてください!ほら、書類は持っていきますからね!」

提督「あぁ!……わかった、大人しくしとくよ。」

五月雨「はい、私たちに任せて、今はゆっくり休んでください。」

提督「うん…ありがとう、五月雨」

五月雨「い、いえ!これも秘書官の仕事ですから!」


52:2015/05/11(月) 00:31:52.66 ID:

五月雨「うちの艦隊の旗艦…ですか?」

提督「ああ、今度近くの鎮守府の艦娘と連合艦隊を組む事になった。
そこで我が鎮守府で最も練度が高く最古参の五月雨にその艦隊旗艦をしてもらいたい」

五月雨「で、でも私…駆逐艦ですし、他にも優秀な子はいっぱい…」

提督「いや、俺はこの大役を任せられるのは五月雨しかいないと考えている……難しいが、頼めるか?」

五月雨「提督……分かりました!五月雨、我が泊地から出撃する艦隊旗艦の任を受領致します!」

提督「……うん、頼むぞ五月雨!」

五月雨「はい!私、がんばっちゃいますから!」





提督「五月雨、足はまだ痛むか?」

五月雨「いえ、もうすっかり良くなって、ほとんど歩けるようになったんですよ。ほら……っつ!」

提督「ああほら、無茶するから…」

五月雨「す、すみません提督…こんなんじゃ提督のお役に立てません。」

提督「いやだから気にするなって……いや、気にしたほうがいいな。」

五月雨「ええ!?や、やっぱり…私はもう役立たず……」

提督「ああ違う違う。今は俺に頼ってくれて構わん。が、このあとは俺が頼らせてくれ。」

五月雨「提督……は、はい!お任せ下さい!私、早く退院して通常勤務に…」

提督「その話なんだがな…実は、俺はもう提督じゃないんだ。」

五月雨「そ、そうなんですか………え?」

五月雨「え、えええええええ!?提督…な、なんで!」

提督「あんなふざけた指揮を出すくそったれな上司のいるところで仕事なんてやってられるか……て、人事部に辞表出してきた」

五月雨「そんな…それじゃ…提督とは、もう……」

提督「…それで…な、五月雨。一つ提案があるんだが…」

五月雨「て、提案、ですか?」

提督「そ、その、だな……実は、提督が解任される時は、希望した艦娘は普通の女の子に戻れるんだ。」

五月雨「普通の…女の子…」

提督「それで…な。五月雨には…ずっと……おれのそばに…いてほしい…わけだ……」

五月雨「提督…グスッ」

提督「…よし……よし!五月雨!」

五月雨「はい…はい…!」







提督「結婚しよう!」

五月雨「はい……提督………!」


53:2015/05/11(月) 00:43:26.91 ID:
朝潮
『これが父親…というものなのでしょうか?』



提督「ほら、いくぞ朝潮!」

朝潮「は、はい!」

提督「そぅ…ら!」

朝潮「あ、あわわ……あぅ!」

提督「あ…だいじょうぶか朝潮?」

朝潮「は、はい。うぅ……だいじょうぶです」

提督「そんな涙目で言われても説得力ないぞ…ほらこっちこい」

朝潮「はい……わわっ!」

提督「よっと……ほ~ら、痛くないぞ~痛くないぞ~」

朝潮「し、司令官…これは……」

提督「ん?痛くないように当たった場所を撫でてやってるんだ。」

朝潮「い、いえ!それもですが…ひ、膝の上に…」

提督「嫌だったか?」

朝潮「そういうわけではないのですが…」

提督「ならそのまま撫でられておけ…」

朝潮「は、はい…」

提督(う~ん…朝潮に遊びとはなんでしょうと言われて、キャッチボールをしたのはまずかったかなぁ…女の子だし)

提督(後でいろんな人に怒られそうだな)

朝潮(…すごく大きくて、暖かな手のひら……)

朝潮(さっきまで痛かったのが嘘みたいに…暖かい)







朝潮(これが…前に聞いた、父親の暖かさ……なのかな?)


60:2015/05/11(月) 01:14:53.24 ID:
大和
『資材運用は大変です』

提督「資材が…ない……」

大和「ありませんね…」

提督「なぜだ…1週間前の10分の1以下じゃないか…」

大和「それは、採算度外視でリットリオさんや葛城を助けに向かったのが原因かと…」

提督「だってみんないい子だし!可愛かったから助けてやりたいじゃないか!」

大和「そうは言いましても…前半の海域攻略に私達大和型と他の大型艦を起用し続けたのが大きな要因かと…」

提督「……他の鎮守府だと大和型は燃費の問題でホテルと化しているって話を聞いて…大和達は消費に見合う程強いんだって証明したくて…」

大和「起用し続けたと…」

提督「言うことです…」

大和「はぁ…提督、私達を起用していただけることは大変喜ばしいことですが…艦隊が立ち行かなくなってしまうのは問題かと思います。」

提督「おっしゃる通りです…」

大和「次回からは、しっかりと運用をお考え頂いて、その上で私達をお呼びいただければ、この力、存分に震わせていただきます。」

提督「わかった…今度からは資材は計画的に運用するよ。」

大和「それでこそ私達の提督です」

提督「ははは、ありがとう。」

大和「……でも一つだけ。」




大和「私達の事を考えてあれだけ起用していただけて、大和は幸せ者ですよ、提督♪」


61:2015/05/11(月) 01:41:07.20 ID:
榛名
『榛名はいつまでも大丈夫です!』

榛名「提督はいつもどんな生活を送っているのか…気になります!」

榛名「ということで今日は非番なので提督の行動を観察します!」

榛名「あ、提督が寝室から出てきました!行動開始です!」





榛名「提督は朝の一服を終えて、朝食を秘書艦の方々と食堂で取っています」

榛名「提督は食事をとるときは大抵誰かと一緒です…」

榛名「とても楽しそうにしています…」

榛名「榛名も一緒に……あ、提督が動きました!移動です!」




榛名「お昼です!提督は昼食は執務室で取るようです。
秘書艦の矢矧さんとお姉さまが自分の分と提督の分を運んで執務室に入っていきました。」

榛名「こんな時は妖精さんに作ってもらった透視装置(壁限定)の出番です!」

榛名「見えました!提督と矢矧さん、そしてお姉さまが楽しくお食事をしています。」

榛名「提督の笑顔は素敵です!いつまでも見ていたいです!」

榛名「……最近榛名は提督に避けられている気がします…」

榛名「なにかしてしまったのでしょうか?なにか知らないうちに提督にご迷惑をおかけしてしまったのでしょうか?」

榛名「榛名にはわかりません……」

榛名「……あ、提督が食事を終えてお仕事の続きを始めました!」





榛名「夜です!外はもう真っ暗です!提督はずっと執務室でお仕事をされています。」

榛名「そしてお手伝いしている矢矧さんと金剛さんと、ときおりとても仲良くお話をしています…」

榛名「榛名もその中に入りたいです…」

榛名「…あ、提督が執務机の引き出しから何か出しました!」

榛名「それをお姉さまに見せて…な、中身が見えません…」

榛名「手のひらに乗るサイズの小さな箱…あ!見えまし…た」

榛名「………今日はもうおしまいにしましょう。」


62:2015/05/11(月) 01:44:04.27 ID:



榛名「……提督は、やはり金剛お姉さまを選んだようです。」

榛名「…そうですよね……お姉さまは榛名と違って好意をちゃんと伝えています」

榛名「榛名が選ばれなくても……」

榛名「しかた…グスッ、ない…です……」

榛名「グスッ…う、うぅ……」

榛名「いけません!ちゃんとお姉さまを祝福しないと!榛名、気合!入れて!行きます!」

榛名「………これじゃあ比叡お姉さまです……」

榛名「…グスッ、は…はるなは、だい、じょうぶ…」

榛名「だいじょうぶ…大丈夫です…」

提督「榛名?」

榛名「ひゃあ!て、提督!?ど、どうしてここに!?」

提督「いや、今日1日榛名を見かけなかったから、どこに行ったのかなって思って…」

榛名「そ、そうですか……」

提督「…榛名、泣いてたのか…?」

榛名「そ、そんなことありません!榛名は大丈夫です!」

提督「…そうか」

榛名「はい、大丈夫です!それで、榛名になにか御用でしょうか?」

提督「あぁ……そう、用事があるんだ」

榛名「はい…もしかして、大事なお話でしょうか?」

提督「あ、あぁ……とても大事な話だ……」

榛名「とても…はい、なんでしょうか……?」

提督「ちょっと待ってくれ……(金剛にも言われたんだ、はっきり言うって!しっかりしろ俺!)」

榛名「あの…提督?」

提督「は、榛名!」

榛名「は、はい!?」





提督「榛名……これを、受け取ってくれないか?」


63:2015/05/11(月) 02:01:30.57 ID:

天津風
『あなたの体温』


提督「まさか天津風が風邪を引くなんてな…」

天津風「ごめんなさい…体調管理はちゃんとしていたつもりだったのだけど…コホッコホッ」

提督「ああほら、ちゃんと安静にしてなきゃ」

天津風「はあっ…あなた、お仕事は?」

提督「矢矧と金剛にお願いしておいた。今日は重要な案件もないし、久々の休みだよ」

天津風「休みにしたの…?なら、コホッなおさら私に構わず休まなきゃ……」

提督「ちゃんと休むよ。天津風が寝たら俺も横になるし安心してくれ。」

天津風「なら…いいけれど……」

提督「ん、お腹減ってるか?なにかお腹に入れないとダメだぞ。おかゆ作ったから、一口でも口に入れて。」

天津風「ん…少しだけなら……」

提督「よし…ほら、あーん」

天津風「…あーん。んむ…」

提督(普通にあーんされてる…よほど熱で意識が朦朧としてるんだな…)

提督「ん、ほらこぼしてる」

天津風「…取って頂戴」

提督「え!?」

天津風「はやく……」

提督「……取れたぞ」

天津風「ん…ありがとう」

提督「ほら、次いくぞ。あーん」

天津風「あーん…………」


64:2015/05/11(月) 02:02:30.66 ID:


提督「おお、全部食べたな。お腹減ってたのか?」

天津風「あなたが…作ってくれたもの……だから…」

提督「お、そ、そうか……」

天津風「そうよ……あなたが作ったから…食べれたのよ…」

提督「お、おう。そうか……ありがとう…なのか?」

天津風「ふふふっ、そうよ。」

提督「……ほら、薬も飲んだから、そろそろ横になって。」

天津風「ええ、ありがとう…」

提督「(えらく素直だな…)……ん、タオルも変えたし、そろそろ寝な?」

天津風「そうするわ……ねえ」

提督「ん?なんだ?」

天津風「一緒に…寝てくれない?」

提督「な…だ、ダメだぞ!そんなこと!」

天津風「ダメ…?」

提督(グッ…涙目で言われると、俺が悪いことをしているかのような…)

天津風「……ダメ?」

提督「…あぁ!わかったわかった。寝るまでだぞ!」

天津風「ふふっ、やったぁ…♪」

提督「(こいつは…)ほら、少し詰めてくれ」

天津風「…………」

提督「…なんでそんなにひっつくんだ。暑いだろ」

天津風「いいえ、そんなことないわ……」






天津風「とっても…あたたかくて…落ち着く…わ……」


74:2015/05/12(火) 01:07:38.34 ID:
加古
『賑やかな日々』


提督「ほら加古、起きろ~」

加古「んあー…あとごふーん…」

提督「それ何回目だ…今日は沖ノ島沖の哨戒任務だろ。ほら、起きろ~」

加古「んんぅ…うぇぇ…わかったよ…提督は人使いが荒いんだから。」

提督「いいから、もう充分寝たろ?わかったら動いた動いた。布団は干しておくから」

加古「はいはい…行ってきますよ~」

提督「はいは一回」

加古「うぇ…はぁい。」

提督「ほら、忘れもんないな?髪が乱れてる」

加古「いいよこれくらいは~……」

提督「だめだ。こういう身だしなみもちゃんとしないと」

加古「分かりましたよ。じゃあ……ん、行ってきます」

提督「……ん、行ってらっしゃい。俺も布団干したら行くから」

加古「お~う」


75:2015/05/12(火) 01:08:11.27 ID:


沖ノ島沖
加古「加古スペシャルをくらいやがれぇ!」

加古「古鷹!そっち頼むよ!こっちはあたしが!」

加古「いっけぇ!ぶっ飛ばす!」

加古「あたしの前に立ち塞がるヤツラには容赦しないよ!」





鎮守府

提督「今月の沖ノ島沖紹介任務は完全勝利か」

加古「おうよ!あたしと古鷹の活躍のおかげだな!」

提督「はいおつかれさん。じゃあ損傷艦は入渠して、他のみんなは休息に入っていいぞ」

加古「よっしゃあ!それじゃあ提督、先に帰ってるな」

提督「また寝るのか?出撃前も寝てただろ…」

加古「あたしはよく寝る子なんだよ。知ってんだろ?」

提督「ああ…よく知ってるよ。」

加古「ならいいんだ。それじゃあね~」

提督「お疲れ様……」





提督「あぁ疲れた……ただいまー」

加古「おう提督、今日は早かったんだな」

提督「今日はだれかさん達がほぼ損傷なしで沖ノ島沖任務を完了してくれたおかげで、仕事がすこぶるはかどってな」

加古「そっか、そのだれかさんたちには感謝しないとな」

提督「ああ、感謝してもしきれないよ。その旗艦様が、もっと真面目に働いてくれたら言うことないんだけどなぁ」

加古「あっはっは!そりゃあムリってなもんよ。ただやるときはしっかりとやる!それがあたしの心情だしね~」

提督「さようでございますか…はぁ」

加古「それにあたしは寝るのが好きなんでねぇ……ほら、もう出来るよ。お皿出しといて」

提督「ああ……そうだ加古」

加古「ん?まだお小言?」

提督「いや…違うが……なあ、加古」

加古「なんだよ提督……言いたいことがあんならはっきり言っちまえよ」

提督「あ…ああ…」





提督「なあ、お前…そろそろ、子供……欲しくないか?」

加古「…え?」


76:2015/05/12(火) 01:09:56.94 ID:
古鷹
『あなたのためです』


提督「……スゥ……ふぅ~……」

古鷹「提督、また吸ってたんですか?」

提督「おう古鷹。いやぁこれがなかなかやめられなくてな」

古鷹「ダメです!体に悪いと分かっているのに…」

提督「そうは言ってもな…以外に口が寂しくて吸ってるってのもあって…」

古鷹「口が、寂しい…ですか?」

提督「ああ、これを吸い始めた時も、こうして外でボーっと空を見上げていてな。
そんな時にこれがあると一層落ち着くんだ。」

古鷹「それで…今までずっと吸っていたんですか?」

提督「気がついたらやめられなくなってしまったよ」

古鷹「……し…ら…」

提督「ん?」

古鷹「で、でしたら!私がそれに変わる物を用意すれば、提督は吸うのをやめていただけますか!?」

提督「これに変わるもの?」

古鷹「は、はい!」

提督「そうだなぁ、アメとかはもういろいろ試してみたんだが…」

古鷹「だ、大丈夫です!て、提督が今まで経験したことのないもの!…だと、思います」

提督「え、本当に?知ってるなら是非とも教えて欲しい」

古鷹「わ、わかりました!………すぅ…はぁ…そ、それでは!」

提督「え、今持ってるの?というか古鷹、顔赤いぞ?」

古鷹「だ、大丈夫です!……て、提督。目を、つぶっていただけますか?」

提督「目を?…わかった。」

提督「それで、古鷹は何を……んん!…」

古鷹「ん…ぁむ…………」

古鷹「んん……っはぁ…少し…苦いですね」

提督「……初めてはレモンの味だって昔聞いたことがあるが…よく分からなかったな」

提督「だから古鷹…もう一回してくれ、してくれたら…もう吸わないかも」

古鷹「えぇ!?そ、そんな……」

古鷹「ほ、本当ですか…?」

提督「……あぁ」

古鷹「もう……」





古鷹「でも、提督のためですから、しかた……ありませんよね?」


77:2015/05/12(火) 01:10:44.29 ID:
古鷹 加古
『一番は』


加古「それで提督は!」

古鷹「どっちがお好き何ですか!?」

提督「そ、そんなこと突然言われても…」

加古「そんなこと言って、この前の休みの時だってはぐらかしてたじゃんか!」

古鷹「そうです!今日こそは、どっちかはっきり聞かせてください!」

提督「いや……どっちもおいしいから、決めるに決められなくて…」

古鷹「そういうことばかり言っているから!」

加古「あたし達にこうして説教されてるんでしょ!」

提督「いやぁ……ははは…」

古鷹「私の方は、基本に忠実な味付けに加えて、更には野菜をたっぷり入れてあります!」

加古「なにおう!あたしは提督が好きな濃い目の味付けで、おまけにあたしと提督の名前だって書いてるんだぞ!」

古鷹「私だって書いてあります!最近提督は疲れが溜まっていますし、
健康を考えないといけないと気遣っているんですよ!」

提督「ふ、ふたりとも…ここは両方比べようがないくらいおいしいと言うことで…」

加古・古鷹「ダメです!」

提督「で、ですよね……」




矢矧「あれ、何をやっているの?」

磯風「どうやら二人の作ったオムライス、どっちが美味しいのか決められず、
二人に詰め寄られているらしい」

矢矧「呆れた……たしかこの前も同じことしてたわよね?」

磯風「ああ…これで3回目だよ……まったく飽きないものだ」


加古・古鷹「ぐぬぬぬ……」

提督「だ、だれか助けて…」



加古「提督の一番はあたしだ!」
古鷹「提督の一番はわたしです!」


78:2015/05/12(火) 01:35:58.56 ID:
島風
『みんなと一緒に』

島風「みんなおっそーい!」

島風「私がいっちばーん!」

島風「あっはは!みんなぁ!はやくはやくぅ!」

島風「やっぱり私には、誰も追いつけないよね!だって早いもん!」



島風「……だって、みんな遅くて退屈なんだもん」

島風「私はもっと早く走れるのに…」

島風「…え?後悔なんかしないよ!だって私が一番なんだから!」

島風「ぜぇ~ったいしないよ!」




島風「…あ、天津風。どうしたの?」

島風「一緒に…え、でも…さっきみんなとご飯に行ったんじゃ…」

島風「友達…だから?」

島風「とも、だち……」

島風「…………」

島風「うぅん!なんでもない!ほら、早く食べてかけっこしよう!」

島風「負けないよ~!」



79:2015/05/12(火) 01:36:53.72 ID:
島風「天津風!しっかりして!なんで私を庇ったの…!どうして!」

島風「…ともだち、だから…?」

島風「…うん、私と天津風は友達だよ!

島風「ぜったい…ぜぇったい、見捨てたりなんかしない……」

島風「みんな、私が引きつけておくから、その間に鎮守府の方へ全速力で向かって!提督が救援を出してくれてるはずだから!」

島風「大丈夫、私は島風だよ?誰よりも早い足があるもん!」

島風「だから、大丈夫!早く行って!」



島風「ひゃっ!!…まだ機関部は、大丈夫…まだやれる!」

島風「ほらこっちだよ!こっこまでおいで~!」

島風「くっ…この…!あぐっ…!!」



島風「機関部も限界……」

島風「やっぱり、早いだけじゃ…だめなのね…」

島風「提督……みんな……天津風…バイバイ」






島風「……ん、ここ…は?」

島風「入渠ドック…?」

島風「私…帰って来れた…の?」

島風「あのあと…たしか救援の艦隊が来て……」

島風「ん?なんだか下半身がものすごく重い……」

島風「ん、っしょ……あっ」

島風「……提督、みんな…それに…」

島風「天津風…みんな無事だったんだ……よかった」

島風「…あ、提督起きた。おっそーい」

島風「…うん、大丈夫。身体はまだ痛いけど、ちゃんとここにいるよ」

島風「ねえ、提督…あの時言ってくれたこと…今ならわかるよ」





島風「早いだけじゃ、ダメなこともあるんだよね。提督」


87:2015/05/13(水) 23:58:11.91 ID:


朝雲
『冗談は好きじゃないの』


朝雲「司令、知ってると思うけど私って冗談は嫌いなの」

提督「…ああ、知ってる」

朝雲「ならよかった。ならこれって本気なのよね?」

提督「ああ……本気だ」

朝雲「そう…あなたも物好きね。こんな愛想も無く、指令をけなしている子を選ぶなんて」

提督「そんなことない…それに曙や…満潮だって…
っ…朝雲も同じように、素直になれないだけの……優しい子だってことも、知ってる」

朝雲「……本気なの?」

提督「ああ、何度も言うが…本気だ」

朝雲「私より強い子なんていくらでもいるのに…?」

提督「朝雲がいいんだ。朝雲が……好きなんだ」


88:2015/05/13(水) 23:59:24.30 ID:

朝雲「っ……だから…私の事…助けに来てくれた…の?」

提督「ああ…朝雲が沈むなんて…耐えられない……」

朝雲「…っ、私が助かるためなら…自分なんて……どう、なっても…いいって言うの…!?」

提督「…………」

朝雲「答えて!」

提督「…あの時は、そう思っていた……けど、今は違う」

提督「朝雲…お前と一緒に生きていたい」

朝雲「……そう………」

提督「…治ったら、さ…軍人なんてやめてさ…一緒に暮らそう」

朝雲「うん……しょうがないわね……っく…」

朝雲「一緒に…遊んであげる…わ…!」

提督「あぁ…嬉しいなぁ……今から、楽しみ…だ」

朝雲「……ええ、それで、一緒に暮らして、一緒に朝起きて、ご飯食べて、今日の予定は何をしようかって…二人で、考えるの……!」

提督「……あぁ………今か、ら。たのしみ…だ…な…」

朝雲「…ふっ…!そ、それでね!二人で街にくり出して、ウィンドウショッピングとかしてみたいの!…ヒック…!」

提督「………あ、あ。ふたり…で……な」

朝雲「えぇ、今から……とても楽しみ……!」

提督「……あ、さぐ…も。」

朝雲「うっく……なに?司令…」

提督「お…まえが、……じで…よか……った……」

朝雲「……えぇ!グスッ……私は大丈夫よ……司令…!」

提督「…………」





朝雲「……ねえ、司令?……ねえ、一人は……嫌よ…淋しい…でしょ……!司令!しれい!しれ…い…かん……」


89:2015/05/14(木) 00:08:05.05 ID:
提督「って言う宣伝映画を撮る話が来てるんだけど……どうかな朝雲!」

朝雲「……しれい?」

提督「なんだ、朝雲!お前今回メインヒロインだぞ!」

朝雲「なんで艦娘の私が、司令に助けられてるのかしら…しかも指令がいなくなって悲しんでるし……」

提督「……え!?朝雲、俺がいなくなっても悲しくならないのか…?」

朝雲「そうは言ってない!あなたが私の前からいなくなるなんてあり得ないって!そう言ってるの!」




朝雲「司令のことは私がちゃんと守ってあげる!だから私の前からいなくなっちゃダメ!わかった!?」


93:2015/05/15(金) 02:26:46.67 ID:

舞風
『あなたと永遠に』

舞風「提督~♪今日はどこに出撃すればいいの~?」

提督「ちょっと舞風…抱きついてくるなって言ってるだろ」

舞風「えぇ~いいじゃか。提督の背中大きくって好きなんだし」

提督「いいから……はあ、昨日から始まってる作戦で、先行偵察として駆逐と軽巡の艦隊で強行偵察を行う」

舞風「え、てことは私がその偵察に行くってこと!?」

提督「ああ、偵察完了後は主力のいないうちの鎮守府の防衛をしてもらうから、経験を積んだ駆逐と軽巡で出てもらう」

舞風「ナイス判断!ていとくぅ!」

提督「あぁほら、また抱きついてくるなって!」

舞風「舞風の活躍、期待しててよね!」

提督「わかったわかった、あと出撃前に渡しておくものがある……」

舞風「渡したいもの…?」

提督「ああ…大事なものだ…」

舞風「?」





野分「舞風?」

舞風「………」

野分「舞風ってば!」

舞風「むぉう!どしたののわっち?」

野分「のわっち言わない…ずっと左手見つめてるけど、どうしたの?」

舞風「えっ!そ、そんなに見てた!?」

野分「出撃してからずっと上の空で、ときおり左手袋を眺めてたじゃない」

舞風「えぇ…そんなにかぁ……」

野分「なにかあった?もしかして、怪我してるとか!?」

舞風「ち、違うって!ただ…ちょっと、提督と約束してて…」

野分「約束?約束って?」

舞風「うぅ~んとね…ナイショ!」

野分「え、ちょっと舞風!」

舞風「えへへ、さあ、今日も華麗に頑張っちゃいますよー!」


94:2015/05/15(金) 02:28:03.85 ID:
野分「司令、ここはもう持ちません!一時避難を!」

提督「まだ避難が済んでない…このままじゃ……」

舞風「……私が、ちょっと時間を稼いで来るよ」

提督「何!?ダメだそんなの!敵の別働隊には戦艦棲姫までいるんだぞ!」

舞風「…でも、今いるみんなの中で、健在で足回りの早い駆逐艦なんて私しかいないじゃん」

提督「まて!なにか策を考えるから…それまで待つんだ!」

舞風「もう待てないよ…すぐそこまで戦艦棲姫が来てるんだから…野分、提督の事お願いね?」

野分「でも…舞風一人を置いてなんていけな…」

舞風「早く!ほかにもうまともに動ける人がいなかったら、誰が提督を守って海域から離脱できるの!?」

野分「…っつ!」

提督「ダメだ舞風!出撃前に約束したじゃないか!戦いが終わったら、二人で……」

舞風「大丈夫、約束は守るよ?必ず生きて帰って、提督に抱きついてやるって決めてるの」

提督「……本当、だな?」

舞風「うん。ホントのホント」

提督「……わかった。待ってるからな」

舞風「うん…」

提督「…野分、行くぞ」

舞風「野分、提督の事…頼んだよ」

野分「舞風……っ、分かった。司令は必ず、私が脱出させてみせるから!舞風も必ず帰ってきて」

舞風「まっかせなさ~い!」

提督「舞風……待ってるからな!」



舞風「提督はみんなの帰る場所で…生きて、みんなを出迎えてあげないと…だめなんだからね?」

舞風「さあ…てと」

舞風「私と提督の初夜を台無しにしてくれたお礼…万倍にして返してやる!」

舞風「私の恋路を邪魔するヤツは…私に撃たれて沈んじゃないな!」




95:2015/05/15(金) 02:29:14.09 ID:


提督「……やあ、舞風。また来たよ」

舞風「…………」

提督「今日も変わらず美人さんだな舞風は…よっこらせ……花、変えとくな」

提督「あ、そうだ!聞いてくれよ!那珂がついにアイドルデビューしたんだ!」

提督「まだ始めたばっかりで、下積み時代だー…って、ずっと足を棒にして全国を駆け回ってる」

舞風「…………」

提督「磯風は最近、みんなに教えられて、ようやく食べれる物を作れるようになったんだぜ!長かったなぁ……」

提督「あ、そうだ!野分もな、ようやく自分の生き方を見つけたらしいんだ!その話を今日はしてやるから……」

舞風「……と…く」

提督「……え?」

舞風「…い…とく」

提督「…舞風?舞風!」

舞風「てい……とく」

提督「うん………おれはここにいるぞ……っぐぅ!いる、から!」

舞風「ていとく……言った、でしょ…?」

提督「ああ……必ず戻るって言ってたもんな…!」

舞風「そう、だよ…絶対に、帰るって…約束…したもんね」

提督「あぁ……あぁ!」




舞風「提督………ただいま……」


110:2015/05/17(日) 02:19:25.60 ID:


『正直って難しい』

提督「おーい、かすみー。ちょっといいか?」

霞「なによクズ司令官、気安く話しかけないで!」



提督「かすみー!間宮さんから配給の甘味もらったぞ!一緒に食べよう!」

霞「うるさいこのクズ!自分だけで食べに行けるわ!付いてこないで!」


提督「俺、霞に嫌われてるのかな…?最近は話しかけただけでクズって言われるようになったんだ…」

朝潮「霞が……すみません、よく言い聞かせておきます」

利根「ほらほら、そんなにしょげてもいいことはないぞ。男ならもっと胸を張らんといかんぞ!」

霞「…………」



自室

霞「……あぁ~。また提督に八つ当たりしちゃった…」

霞「どうしてだと思う?うさちゃん。」

霞「私、司令官のことはすごくすごく尊敬しているし、信頼してるんだけど…本人を前にすると悪態をついちゃうの」

霞「どうしたら司令官に感謝を伝えられるのかしら…どう思う、うさちゃん?」

???「それなら、正直に今の言葉を伝えるだけで十分さ。ありがとう霞」

霞「!!??し、司令官…!ま、窓から顔を出して……」

提督「よう」

霞「ど、どうして外から覗いてたのよ…!?」

提督「いやな、朝潮が…この時間に窓の外から部屋の窓から聞き耳を立ててみてください。
それであの子がどう思っているかがわかります!って言ってくれたから実践してみたんだ」

霞「朝潮姉さん……よくも…!覚えてなさいよ…」

提督「それで、朝潮。さっき言ってたことって本当か?」





霞「う、うるさぁい!あんたなんか大・大・だいっきらいなんだから!ほ、本当なんだから!」


111:2015/05/17(日) 02:20:07.57 ID:


『…眠れません』

霰「司令官、突然すみません……」

提督「いいよ、外も風の音がすごいし、ちょうど俺も一人だと心細かったから助かったよ」

霰「なら、これでおあいこ事ですね…」

提督「そうだな。おあいこだ…」

提督・霰「…………」

提督「外…雨風が凄いな」

霰「…司令官、もう少し…近くに行ってもいいですか?」

提督「ああ、霰が嫌じゃなければ構わないぞ」

霰「ありがとうございます…ん……しょっ…司令官の身体は大きいですね」

提督「そうか?」

霰「はい…それに、とても暖かいです」


提督「霰もあったかいぞ。体は少し小さいがな」

霰「…司令官、失礼です…」

提督「む、すまん」

霰「…まあ、でも今日だけは許してあげます……」

提督「ははは、ありがとうな霰」

霰「その代わり……」

提督「そのかわりに…?なんだ?」




霰「霰が寝るまで、頭を撫でていてください。優しくお願いします…」


112:2015/05/17(日) 02:21:20.39 ID:
浜風
『お悩み相談…?』

提督「それで?相談って言うのは?」

浜風「はい…こんな事を提督に相談するのは大変気が引けるのですが…」

提督「着任時になんでも相談してくれと言ったのは私だ。浜風が気にすることじゃない」


提督「この執務室はこの前改装して、青葉のカメラなども全て撤去し、完全防音にしてある。誰かに聞かれるという心配もない。俺が保証する」

浜風「あ、ありがとうございます……それでは」

浜風「じ、じつは……その…」

提督「実は…?」

浜風「さ、最近……また大きくなってきまして……」

提督「大きく…なった…?何処がだね?」

浜風「えと、その……む…」

提督「む?」

浜風「む、む…ムネが……です…」

提督「ムネ……むね?…胸か!?」

浜風「うぅ…は、はい……」

提督「なるほど…前も姉妹艦達より大きかったのに、さらに大きくなってきて困っている…と」

浜風「はい……あまり気にしないでいたのですが、今つけている…し、下着も、サイズがきつくなってきて…」

提督「もしかしたら病気かもしれないと、相談に来たわけだな?」

浜風「……提督、これは…病気にかかってしまっているのでしょうか…?私、心配で…」





提督「うむ、これは実に大変な病気を患っているかもしれない。一度調べてみよう…まずはここの布団に仰向けで寝転がりなさい。
その後この目隠しをしてくれ。なに心配することはない。すぐに済むよ………フフフ」


113:2015/05/17(日) 02:22:06.54 ID:
夕張
『新装備は別世界製』

夕張「提督、その装備はなんて言うの?見たこともない形ですが…」

夕張「…聞いたことない名前ですね……それの性能はどのくらいなのですか?」

夕張「…え!?そ、そんなに…!?」

夕張「ね、ねえ提督。この装備って……私が試してみてもいいかしら?」

夕張「だってそんなロマン溢れる武装なんて、私が試さなくて誰が試すって言うの!」

夕張「くぅ~!燃えてきた!提督、今すぐ試しましょう!ね!?」

夕張「えぇ…だめなの?どうしても…?」

夕張「うぅん…そうよね、まだテストもしていない状態じゃ、危なくて使わせられないって言うんでしょ?」

夕張「ま、提督が言うんじゃしょうがないか…」

夕張「ん?……ふふっ、私だって提督を心から信頼して、命だって預けてる」

夕張「そんな提督の言うことだもん。信じるし、大人しく聞くわ」

夕張「…それじゃ、私はそろそろ行くわ」

夕張「その装備、最初にテストする時は、ぜぇったいに!私に任せて、ね?」

夕張「…うん、ありがとう提督♪」

夕張「じゃあね~」




夕張「OIGAMIのテスト、すっごく楽しみにしてるからね、提督♪」


114:2015/05/17(日) 02:41:43.44 ID:
如月
『あなたって、本当どんくさいわね?』


如月「もう、司令官ってば本当どんくさいわね…」

提督「はは、申し訳ない」

如月「ほら、手を貸して、食堂まで連れて行ってあげる」

提督「え?いや、ひとりでも大丈夫だぞ?如月は友達と一緒に食べてきなさい」

如月「いいえ、今日は一人で食べたい気分だったから、睦月ちゃん達はもう食べてるわ。ほら、観念して行くわよ」

提督「うわっ…と。分かったよ…すまないね如月」

如月「そんなこと言ってないで、早く行きましょう?」





如月「本当どんくさいわね司令官」

提督「うぅ…面目ない……」

如月「ほら、ここも間違ってるわ」

提督「え?……本当だ。よく気づいたな如月」

如月「こんなの簡単よ。ほら、残り半分も手伝ってあげるわ。書類を渡してちょうだい」

提督「え、いや、如月に悪いよ…」

如月「悪いと思うなら、もう少し書類を片付けるのが早くしてちょうだい?」

提督「うっ…わかりました…」

如月「はいよろしい。素直な提督、私は好きよ?」

提督「…如月にはかなわないな」





提督「…如月、本当にいいのか?」

如月「いまさら何言ってるのよ?もう式間近じゃない」

提督「……おれはお前を幸せにしてやれないかもしれないんだ。
それに俺の目は、もうお前の花嫁衣装も見てやることもできない…」

如月「だからなんだって言うの?私はもう今までにないくらい幸せなのよ?」

如月「司令官と仕事をして、司令官と笑って、司令官と過ごしていた日々は、大変だったけどとても幸せだった。
それを司令官は不幸だって言うの?」

提督「…………」

如月「これからだって、大変な生活になるかもしれない…けど、司令官と一緒なら、私は満足なの」

如月「だから司令官、逃げないで。私と一緒にこれからの人生を戦ってちょうだい」

提督「…如月にはかなわないよまったく」

如月「ふふ、そうよ、司令官はいつだって、私にはかなわないんだから」

提督「……そろそろ時間だ。行こうか…」

如月「ええ…」







如月「行きましょう司令官…いいえ……あなた♪うふふっ♪」


115:2015/05/17(日) 02:59:28.08 ID:
雪風
『幸せってなんでしょうか』


雪風「…………」

提督「雪風?どうしたんだこんな夜中に」

雪風「あ、司令…海を見ていました」

提督「海を?何かいるのか?」

雪風「…過去の話を思い出していました」

提督「過去って…船だった時の記憶か?」

雪風「はい…雪風は幸運艦として、いくつもの海戦に参加して、生き延びてきました」

雪風「他に参加していた船は…私を除いてほとんど沈んでいって……私だけ」

提督「………」

雪風「今は人の体になって、沈んでしまった皆さんも元気に海を走っています」

雪風「でも、時々船の時の記憶を思い出して、外でボーっとしてるんです」

雪風「みんなは、私を憎んだりしているでしょうか?」

提督「憎む?なんでだ?」

雪風「私だけ海戦から生き延びて、他の船は水底に沈んで行きました……そんな私を死神と言う人々もいました」

雪風「それを聞くと…私がいたから、みなさんが沈んでいったんじゃないかって…思うんです」

提督「……そんな迷信は知ったこっちゃないし、戦争だから、沈むのは誇りを持って沈んでいったと思う…」

提督「…が、俺がそんなことを言ったところで雪風は納得しないだろう」

雪風「…………」

提督「なので人海戦術に頼らせてもらう」

雪風「え?」

提督「みんなー!カムヒアー!」


雪風「え…え?み、みんな、なんで…」

提督「実はちょっと前からお前が港で黄昏てるのは気づいていてな…雪風が落ち込んでるって話をしたら、みんな心配できてくれたんだ」

磯風「雪風、お前は沈んでしまった私たちの代わりに、最後の最後まで戦ってくれていたじゃないか。
そんなに努力した雪風を誰が責めるんだ…」

矢矧「そうよ。そんな事言う奴がいたら、私達が粉砕してきてあげる!」

長門「私と共に戦争を生き延びて、雪風はその後も、祖国を護ってくれたんだ。誰もお前を責めたりなんかしない…」

雪風「みなさん……はい、ありがとうございましゅ……グスッ…!」

提督「どうだ、雪風?お前は今幸せか?」





雪風「…はいっ!しれぇ!ぐしゅ……雪風は、幸せです…!」


116:2015/05/17(日) 03:07:07.43 ID:
瑞鳳
『私の特権』

瑞鳳「提督!ちゃんと起きて…てあぁ寝癖ついてる」

瑞鳳「寝癖はこれでよし…て、提督!そっち洗面所じゃないからぁ!」

瑞鳳「まったくもう…ほら、朝ごはんちゃんと食べて、今日はご飯にわかめのお味噌汁、それといつもの卵焼き」

瑞鳳「ぽろぽろこぼしちゃダメ!ちゃんとよく噛んで食べなさいね?」

瑞鳳「私お洗濯物干してくるから、その間に着替えるのよ?分かった?…はい、よろしい♪」

瑞鳳「ていとく~着替え終わった?ってうわっ!またシャツしか来てないじゃない!」

瑞鳳「ほら、バンザイして!はい、バンザーイ……よし、ネクタイも…おっけー」

瑞鳳「歯は磨いた?カバンとハンカチは?忘れ物無い?」

瑞鳳「じゃあ………ちゅ、じゃあ行ってらっしゃい提督!」

瑞鳳「ん?なぁに提督?……!…ふふっ♪」





瑞鳳「行ってらっしゃーい!ていとくー!私も大好き~♪」


124:2015/05/22(金) 10:44:29.78 ID:
利根
『我が伴侶』

提督「利根」

利根「……おお、提督ではないか。
どうしたのじゃ?なにか問題でもあったのか?」

提督「いやなに、最近利根と話してなかったと思ってな。一緒に煙をふかしに来たんだ」

利根「…おお、そう言えばそうじゃったな。自宅でも入れ違いになってばかりじゃったし、なかなか時間が合わなかったからのぅ」

提督「特別海域にかかりっきりなのもあったが、無事終えたしな」

利根「うむ、無事成功裏に終わった。加えて新規着任も増えたしのう…隣空いておるぞ」

提督「失礼して……ふう。」

利根「おお、そういえば最近の提督殿は、着任したばかりの女子をはべらせているともっぱらの噂が立っておったぞ?」

提督「……ふう、そんな噂が立っているのか?」

利根「うむ……その噂をばら撒いておる青葉から直接聞いたからのう、間違いはないぞ」

提督「また青葉か……青葉の情報伝達能力はズバ抜けてるが、いかんせん内容がなぁ…」

利根「それを制御し、使いこなすのも提督の役目じゃ…期待しておるぞ」

提督「嫁さんに言われたんじゃ逆らえんな。また鍛え直さないとな」

利根「そうじゃ、嫁の言う事に逆らったら、恐ろしいことになるからのぅ。精進せい」

提督「ははっ、夕食抜きにならないよう頑張るよ」




利根「うむ、頼んだぞ我が伴侶よ。
これからも…そしてその後もな!」


128:2015/05/23(土) 01:51:26.21 ID:
球磨
『姉さんだから』

球磨「ほら多摩、寝癖あるクマ。」

多摩「これくらい平気にゃぁ……」

球磨「だめクマ。身だしなみはちゃんとしないとダメクマ」

提督「…………」

球磨「木曾、ちゃんと朝ごはん食べろクマ。」

木曾「食べてるよ……」

球磨「そんな事言ってまた残す気満々だクマ。作ってくれた人のことを考えて感謝して食べるクマ」

木曾「……わかったよ」

球磨「好き嫌いせずにナスも食べるクマ」

木曾「ナスは……勘弁してくれ姉さん」

球磨「ダメクマ」

木曾「…あぁ………わかったよ」

球磨「大井も北上の身だしなみ整える前にさっさと食べるクマ。さっきから手をつけてないクマ」

大井「えぇ…でも、北上さんが……」

球磨「……大井……」

大井「わ、わかりました…姉さん」

球磨「北上もさっさと食べて身支度整えるクマ」

提督「…………」

球磨「?提督、ずっと球磨を見てどうしたクマ?」

提督「いや、お姉ちゃんしてるなって思ってさ……」

球磨「当然だクマ。皆のお姉ちゃんだクマ」






球磨「提督も早く慣れるクマ。球磨型の輪に入ったからには球磨の言うことはちゃんと聞いてもらうクマ」


129:2015/05/23(土) 01:56:04.14 ID:
瑞鶴
『信頼』

葛城「ず、瑞鶴先輩!お疲れ様です!」

瑞鶴「はいお疲れ。葛城もだいぶ慣れてきたわね。今日はいい動きしてた」

葛城「ほ、本当ですか!?ありがとうございます!これからもご指導、お願いします!」

瑞鶴「ん、ほら、あんたも損傷してるんだから。さっさと入渠してきなさい」

葛城「はい、それでは失礼します!」

瑞鶴「ゆっくり直してきなさいよ~……」

提督「瑞鶴、新人の訓練指導おつかれさん」

瑞鶴「あ、提督さん…」

提督「どうだ、葛城は?」

瑞鶴「私の後輩よ?とても優秀よ。向上心もあるしね」

提督「そうか…練度もある程度上がってきたし、そろそろ海域攻略に出そうと思ってるんだが…どう思う?」

瑞鶴「…いいと思う。練度も充分に上がったし、優秀な護衛がいれば、想定以上の活躍が出来ると思う」

提督「そうか……意外だな」

瑞鶴「意外?なにが?」

提督「自分が鍛え抜いたとはいえ、新米の葛城を南方へは連れて行きたくないんじゃないか…って思っていた」

瑞鶴「そりゃあ…心配はするわよ。でもあの子はあの地獄の戦争末期を生き抜いた運がある。
それに私が直々に鍛え上げたのよ?心配いらないわ」

提督「そうか…信頼しているんだな」

瑞鶴「うん。自慢の後輩よ」

提督「……分かった」

提督「実はな、今度南方海域に進出しようと思うんだが、その主力空母をお前と葛城にしようと考えていたんだ」

瑞鶴「え?ほんとに!?」

提督「ああ、今回我々の艦隊が先行して突入、橋頭堡を築いて味方艦隊を援護する……頼めるか?」

瑞鶴「ええ!もちろん任せてちょうだい!」





瑞鶴「私と葛城に任せてもらえれば、南方海域なんてすぐ攻略してあげるから!」


130:2015/05/23(土) 01:57:17.57 ID:
大鳳
『昼の木陰で』

大鳳「いい風……」

大鳳「提督?…ふふ、よく寝てる。」

大鳳「突然、膝枕をしてくれ!なんて言われた時は驚いたけど、たまには…いいわね」

大鳳「……提督、あなたは私たちに勝利を運んできてくれます」

大鳳「そして、私を重用してくれて、私の戦績は古参の人達には及ばないけど、ここの精鋭と呼ばれるくらいには活躍出来ました」

大鳳「…あなたのおかげなのよ?」

大鳳「いつも私を気にかけて、重要な海域にはほぼ必ずと言っていいほど出撃させてくれる」

大鳳「そして……私だけに特別な物まで渡してくれた」

大鳳「……ありがとう、提督……」

大鳳「……え、て、提督……もしかして、起きていました…か?」

大鳳「や、やだ!恥ずかしいです…!」

大鳳「もう!寝たふりをしていたなんて、ひどいです…」

大鳳「……許して欲しいですか?本当に?」



大鳳「なら…これからも私、大鳳をそばに置いてくださいね?あなた……」



131:2015/05/23(土) 02:21:01.31 ID:

筑摩
『読めない心』

筑摩「て、提督……」

提督「筑摩……すまん、今は忙しくてな…じゃあな!」

筑摩「あ!……提督」



筑摩「私、提督に何か粗相をしてしまったのでしょうか…」

利根「どうしたのじゃ筑摩よ?」

筑摩「利根姉さん…最近、提督がまともに話を聞いてくれなくて…」

利根「…ほほう、それで筑摩は提督に嫌われたのではないかと考えて落ち込んでいたと…」

筑摩「そ、そんなんじゃ…!」

利根「違うのか?」

筑摩「……そうです。提督に話しかけてもらえないだけで、これだけ落ち込んでいるんです」

利根「素直じゃのう…これは相当参っているようじゃな」

筑摩「姉さん…私、自分が知らないうちに提督に嫌われるようなことをしてしまったのでしょうか?」

利根「そんな事はないと思うぞ?ずっと前から秘書艦として提督の傍でずっと働いておるのじゃろう?」

筑摩「はい、それで考えていることも大体わかるようになってきたと思ったんですが…」

利根「この前は提督が言う前に必要な書類を用意し、演習のスケジュールを組んでおったのう」

筑摩「はい……それで提督が喜んでくれるのではと考えて、必要と思われる事を片付けていたのですが…それが気に障ったのでは」

利根「提督は筑摩はよくやってくれていると話しておったぞ。そんな事はない」

筑摩「本当にそうでしょうか…もしかしたら、誰にも言えずに溜め込んで、それが爆発しそうだから…とか」

利根「ええい!面倒くさいのう!じゃったら今すぐ提督に聞いて来い!それでわかるはずじゃ!」

筑摩「えぇ!そ、そんな事出来ません…提督のお邪魔にはなりたく…」

利根「どうせ提督が筑摩から距離をおき始めたのは5日前からじゃろう?」

筑摩「え、はい…そうですけど……なんで知って」

利根「じゃろうな、全く提督は気が小さいのが欠点じゃのう……」

筑摩「え?姉さん、今なんて…?」

利根「気にするな、ほらはよう行った行った!」

筑摩「は、はい!行ってきます!」




利根「まったく……ふぅ、我が妹ながら困ったものじゃ、義弟になるあやつも、もう少し鍛えてやらんといかんのう……」


141:2015/05/25(月) 00:00:16.54 ID:
プリンツ
『ドイツ式(?)安眠術』

プリンツ「アドミラールさん!居心地はどうですか?」

提督「いや、非常に心地いい…けど」

プリンツ「けど…どうしました?」

提督「どうして添い寝なんだ?しかもものすごい抱き枕みたいに抱きしめられてるし…」

提督「(胸が顔を心地よく圧迫していて色々すごい)」

プリンツ「嫌…でしたか?」

提督「いや、正直かなり心地がいい……」

プリンツ「よかったぁ…最近アドミラルさんの疲労が溜まっていそうだったので、少しでもお役に立ちたくて…」

提督「む、そうか…バレていたのか。最近はあんまりよく寝れていなくてな。」

提督「よくわかったな。一応誤魔化しきれていたのだと思っていたのだが…」

プリンツ「ふふふ、私を舐めたらいけませんよ♪ビスマルク姉さまにも褒められるくらいにカンは鋭いんです!」

提督「なるほど……」

プリンツ「ほらアドミラルさん。おしゃべりしてないでゆっくりお休みになってください。」

提督「そうは言っても…突然であまり眠く…」

提督「(すごくいい匂い…それに、これはプリンツの心臓の音か……)」

提督「(落ち着く……それに暖かい………)」

プリンツ「アドミラルさんは頑張りすぎです。たまにはお休みしたっていいじゃないですか…」

提督「(ああ…そうだ、な………)」







プリンツ「ふふっ…よーしよーし、ゆっくりお休みになってくださいね。アドミラールさん♪」



142:2015/05/25(月) 00:01:23.48 ID:

不知火
『いつまでもこんな日が続くように』


不知火「司令、こちら本日の書類になります。」

提督「ん。すまんな」

不知火「既に私の方で目は通しておきましたので、あとは司令の捺印で完了します」

提督「んむ。毎度さすがの早さだ」

不知火「ありがとうございます」





不知火「司令、昼食をお取りになってください。そろそろお昼の時間です」

提督「もうそんな時間か…」

不知火「本日はカレーの日です。中辛でよろしかったですか?」

提督「おう、ちょうどいい。助かるよ不知火」

不知火「お褒めいただき光栄です」





不知火「司令、そろそろ業務終了のお時間です」

提督「ちょっと待ってくれ…この書類だけ……」

不知火「その書類は明日でも問題ないはずです。早くご支度なさってください」

提督「ぐ…分かった。少し待っていてくれ」

不知火「はい…コートはこちらです。」

提督「…では帰るか」

不知火「はい」




不知火「司令、湯加減はどうですか?」

提督「ちょうどいいぞ。家に露天風呂は行き過ぎと思ったが、以外にいい物だな……」

不知火「喜んでいただけると、無理にでも通した甲斐があります」

提督「ああ、あの時の俺を説得してくれた不知火に感謝だな」

不知火「………もう少し寄ってもよろしいですか?」

提督「もう寄りかかってくるのに聞くか……お前も呑むか?」

不知火「いただきます……露天で月を酒見に飲むのもオツですね」

提督「だろう?ただ明日もあるから抑え目でな」

不知火「承知しております司令。それでは……」

提督「改めて乾杯するか…」

不知火「はい。それでは……何に乾杯しましょうか?」

提督「そうだな…不知火たち艦娘達に幸あらん事を願ってかな?」

不知火「指令もちゃんと入れてくださいね」

提督「わかったわかった。それじゃあ……」







不知火「不知火達艦娘と、司令に……幸多からん事を………乾杯」


143:2015/05/25(月) 00:31:44.48 ID:

ビスマルク
『褒めてちょうだい』

ビスマルク「提督、特別海域の攻略完了したわ!」

提督「おお、さすがビスマルクだ。ここまで早く終わるとは思わなかったぞ」

ビスマルク「ふふん、もっと褒めてもいいのよ?」

提督「えらいえらい、いつも必ず結果を出してくれるから安心して任せられる」

ビスマルク「そうでしょうやはり貴方には私が付いていないとダメね。まったく」

提督「そんな嬉しそうな顔で悪態つかれてもな…まあいいか」

ビスマルク「♪♪」




ビスマルク「提督…ごめんなさい。艦隊帰投したわ……」

提督「大丈夫かビスマルク!?皆を庇って大破したと聞いたぞ!」

ビスマルク「ええ……でも私は戦艦よ。これくらいどうってこと…いたたっ」

提督「ああほら、無茶しないで早く入渠してきなさい。報告はその後でいい」

ビスマルク「……わかったわ………ごめんなさい」

提督「気にするな。みんなが戻ってきてくれただけで俺は満足だ。海域にはまた行けばいい」

ビスマルク「……danke(ありがとう),アドミラル」




提督「ビスマルク。傷はもう大丈夫なのか?」

ビスマルク「ええ、ゆっくり休んだおかげでもう快復したわ。迷惑をかけたわね」

提督「迷惑だなんて、むしろ俺の不甲斐ない采配でビスマルクを傷つけたかと思うと心が痛むよ」

ビスマルク「気にしすぎはダメよ。私達をこれほど上手く使ってくれる提督はそうはいないわ。誇っていいのよ?
貴方は、私ビスマルクに認められているんだから」

提督「そうか……ありがとう。ビスマルク」

ビスマルク「ふふっ、もっと褒めてもいいのよ?」

提督「ああ…っと、そうだ。その前にビスマルクに渡したいものがあるんだ」

ビスマルク「渡したいもの?突然なんなの?」

提督「気に入ってもらえると嬉しいんだが……」


144:2015/05/25(月) 00:33:11.02 ID:
ビスマルク「戦艦ビスマルク、抜錨!」

提督「ビスマルク!気をつけていくんだぞ!今回の海域はかなり強力な深海棲艦が集結しているらしいからな!」

ビスマルク「安心してアドミラル。貴方の艦隊は……いえ、アナタのFrau(妻)はそう簡単に負けないし、
必ず帰ってくるわ!」

提督「ああ……信じてるぞ、ビスマルク!」

ビスマルク「帰ったら日本式の結婚式をしてみたいの、期待してるわね」

提督「………おう、任せろ!」






提督「…………」

加賀「突如出現した戦艦棲姫と艦隊が接敵、交戦開始。戦況は優位に進んだが、敵の増援もあり戦況は劣勢になり、連合艦隊は撤退。
しんがりとしてビスマルクが敵を引きつけ艦隊を援護……その後の行方は不明………です」

提督「…ご苦労だった。あとは私に任せてゆっくり休んでくれ」

加賀「はい……提督、ビスマルクは………」

提督「あいつは必ず帰ってくる。こちらから捜索艦隊も出す。お前たちは体を休めていてくれ」

加賀「……了解しました」


145:2015/05/25(月) 00:35:02.73 ID:

1週間後

提督「……ビスマルクは見つからず、あったのは敵艦隊の残骸だけ…か」

提督「帰ってこい。ビスマルク……!」

提督「…………こちら泊地、なんだ?」

提督「……なんだと?フードを被った女性がここに?」

提督「なに!?中に入れたのか!?何をしている!ここは最高機密の軍事施設だぞ!」

提督「…わかった。ここに向かってるんだな」

提督「…………鍵は」

??「掛かってないのよね?知ってるわ」

提督「な………に……」

??「敵を撃滅したのは良かったんだけど。帰りに海流に流されてしまって、見当違いの場所に打ち上げられてしまったの。
そこからここまで来るのに時間がかかってしまったわ」

??「それに私の姿は目立つし、フードを被って誤魔化していたんだけど……」

提督「……生きて、いて…くれたのか……!」

??「当たり前でしょう?アナタのFrauはそう簡単に負けないって…言ったでしょう?」

提督「どう……だったかな……っぐ!」

??「ああほら、泣いたらダメでしょう?ほら……」

提督「あぁ……すまないっ!」

??「さて、改めて……」





ビスマルク「戦艦ビスマルク、作戦終了。母港に帰投したわ!
アドミラル、これからも私は活躍するわ。だからもっと褒めてちょうだいね?」


146:2015/05/25(月) 00:47:24.93 ID:


『いつもの朝』

雷「司令官、ほらちゃんと朝ごはん食べて!」

提督「ん~……」

雷「あぁ~髪の毛ボサボサ、ほら梳いてあげるからこっち頭向けて」

提督「んあぃ……」

雷「あ、間宮さん!司令官に定食用意してあげて!いつもので」

間宮「ふふっ、はぁい」

暁「んん………」

雷「ほら暁も、ちゃんとごはん食べて、こぼしちゃうわよ!」

響「…………くぅ」

雷「響起きなさい!二度寝しないでご飯食べちゃって!」

電「…………」

雷「電、ちょっとドライヤー取ってきてくれない?司令官の寝癖かなり手ごわくて…」

電「わかったのです」


あぁほら、ちゃんと食べて!
んぉ~ぅ………
ふぁ~ぃ………
………スヤ……


電「…………」

榛名「あら、電ちゃん。おはようございます」

電「おはようなのです榛名さん」

榛名「ん?すごく笑顔だけど、なにかいいことあった?」

電「いえ、いつも通りの朝なのです」

榛名「そう…それにしてはいい顔してると思いますけど……」

電「いつも通りの、楽しい朝なのです!」

しれいかーん!
ぉ~ぅ…起きてるぞ~……グゥ





雷「しれいかーん!起きて~!朝うちで重鎮会議でしょぉ!しれいかーん!!」


147:2015/05/25(月) 00:59:05.13 ID:
加賀
『指輪はいつですか?』


加賀「いつですか?」

提督「いや、そんな率直に聞かなくても……」

加賀「提督…」

提督「ひっ!はい!」

加賀「私が練度上限になったのはついこの間ではありません。1年前です」

提督「…その通りです」

加賀「さらに他の人には指輪を渡しているようじゃありませんか」

提督「いや、それは戦力向上の為のカッコカリの指輪で…」

加賀「それでも、筆頭秘書艦の私が一番最初でも良かったのではなくて?」

提督「……その通りです」

加賀「はい。それで、いつですか?」

提督「……もう1日待ってくれ」

加賀「また待たされるのですか……」

提督「頼む!あと1日だけ!1日だけでいいんだ!頼む!」

加賀「……わかりました。あと1日だけですよ?」

提督「ああ!それで大丈夫だ!」

加賀「……それでは私は演習がありますので、失礼します」




提督「……行ったか。」

提督「…………私だ。あれは出来てるか?」

提督「……ああ、サイズは前話したサイズで間違いない……ありがとう」

提督「それでな……明日までに用意はできるか?」

提督「っ!……ああ、すまないと思っているが、カッコカリの指輪をさっき急かされてな」

提督「私だけなぜ……とね」

提督「………ああ、予算は惜しまん。存分にやってくれ」

提督「もちろん自腹だ、今までこんな高い買い物はしたことがない」

提督「……ああ、頼んだ。今度奢るよ」

提督「なに!?艦娘も一緒にだと!?…………わかった、考えておく」

提督「……頼むぞ」

提督「…………さて、場所は料亭でも予約するか……それとも皆の前で宣言するか……」





提督「………あぁぁぁ!緊張する!頑張れよ俺!意地見せろぉ!ここまで待ってくれたんだ!答えてやれ!」


152:2015/05/25(月) 01:39:33.38 ID:

翔鶴
『ねぎらいあい』

翔鶴「あっ……提督、そこ……そこです…」

提督「ここか?」

翔鶴「んぅ…はい、いい感じです……」

提督「難しいものだな。強すぎないか?」

翔鶴「はい……ちょうどいいです」

提督「そうか……しかしMVPの褒美にマッサージをしてくれとは」

翔鶴「お嫌でしたか…?」

提督「いや、そんな事はない。今回の海戦は翔鶴の活躍なく勝利は取れなかった。それも味方艦に損害を出さない完全勝利だ」

翔鶴「ふふっ、ありがとうございます提督。そう言っていただけて、私は満足です」

提督「今日は……もう執務も終わったし、ゆっくりしてくれ……っ」

翔鶴「はい……お言葉に、甘えさせていただきます」

提督「……ほら、どうだ?」

翔鶴「おかげで体が軽くなりました。ありがとうございます」

提督「そうか…よかった。また腕を磨いておくとしよう」

提督「では俺はそろそろ自分の部屋にもどるよ」

翔鶴「あぁっ、待ってください提督!」

提督「?どうした翔鶴?」




翔鶴「次は…私が提督をねぎらう番です。さあ、こちらに横になってください。私のマッサージ、正規空母の皆さんに好評なんですよ?」


153:2015/05/25(月) 01:41:04.49 ID:
阿武隈
『期待』


阿武隈「提督!前髪直してください!」

提督「またか……ほら、顔近づけて」

阿武隈「はいっ!お願いします!」

提督「前は自分でやっていたじゃないか……」

阿武隈「提督が直してくれると綺麗に決まるんです。女性の大事な髪を触らせて上げてるんですから、丁寧にお願いします」

提督「はいはい………」

阿武隈「んぅ……提督に触られると、すごく気持ちいいです………」

提督「そうか……痛くないか?」

阿武隈「大丈夫です。ちょうどいい具合ですよ!」

提督「ん……ほら、直ったぞ」

阿武隈「ありがとう提督!……うん、いい感じです♪」

提督「まったく、これから輸送隊護衛だろ。きびきび働いてこいよ」

阿武隈「はい!阿武隈、ご期待に応えます!」

阿武隈「提督も、あんまり無理はしないでくださいね?」

提督「肝に銘じておくよ……じゃあ、いってらっしゃい阿武隈」




阿武隈「はぁい!阿武隈は、やるときはやっちゃうんだから!期待しててね♪」


167:2015/05/31(日) 22:47:17.70 ID:

村雨
『村雨さんにも息抜きを』



村雨「♪♪」

提督「あの…村雨さん?」

村雨「あら、何かしら?」

提督「なんで私の膝の上に座っているのでしょうか?」

村雨「ん~、このまえ提督が私たちをこき使ってくれたお陰で、だいぶまいっちゃったの…」

提督「う……」

村雨「新しい海域の攻略が可能になったら、なにかご褒美をくれるって言ってたし……ね?」

提督「確かに…褒美はやろうと言っていたが…これが?」

村雨「ええ、木陰の下、提督の膝の上で…一緒にのんびり日向ぼっこ……それが私へのご褒美」

提督「もっと他にないのか?例えば間宮の食べ放題件とか…」

村雨「私はこっちがいいのよ。提督さんはお嫌だったかしら?」

提督「まさか、こんな美少女を膝の上に乗せられて、大変恐悦至極に存じます。」

村雨「よろしい。美少女って言ってくれたのも評価が高いわよ提督♪」

提督「はいはい。ありがたいことです」





村雨「じゃあ、このまま一緒にお昼寝して。しっかり私を癒してちょうだいね♪」


168:2015/05/31(日) 22:48:35.14 ID:
弥生
『気を使ってください』



弥生「司令官、今日のお仕事は…」

提督「ああ、今日は鼠輸送を頼む。最近は深海棲艦の動きが活発で、護衛も精鋭を付けるようにと言われていてな」

弥生「了解です…ということは…睦月と、望月も一緒に……」

提督「ああ。うちの精鋭駆逐艦を付けるから。あと新任の秋月も連れて防空を担わせてやってくれ」

弥生「秋月も…ということは防空の先任、初霜も連れていけばいいんですね…」

提督「察しがよくて助かる。秋月は今後も鼠輸送の防空を任せたくてな」

弥生「分かりました……」

提督「うむ。今回も期待してるぞ」

弥生「はい…では司令官…いつものを、お願いします」

提督「おう、もうちょっとこっちに……よし」

弥生「…………んっ」

提督「よーしよし、今回も頼んだぞ弥生」

弥生「は、い…任せてください」

提督「しかし、任務の前に頭を撫でるのが日課になるとはな」

弥生「それは……んぅ、司令官が…気を使わせてくれと、せがむ…からです」

弥生「だから弥生は、仕方なく……撫でられているだけ。です」

提督「そうか…これからも撫でてやりたいから、俺に撫でられてくれよ?」






弥生「はい……仕方ないので、気を使わせてあげます……ん………」


170:2015/05/31(日) 23:57:49.86 ID:
羽黒
『映画鑑賞』



羽黒「司令官さん…あの、お呼びでしょうか?」

提督「おお羽黒!今非番だったよね?」

羽黒「えっ、はい…今日は1日非番ですけど…」

提督「よっしゃ、じゃあ映画鑑賞でもしないか?」

羽黒「えぇ…とつぜんどうしたんですか?」

提督「いやなんとなく…早速1本目!」

羽黒「もう準備していたんですか!?」



ミ○ト鑑賞後

羽黒「し、司令官さん……最後が…」

提督「まさかあんな展開になるなんて…最後の数分で全部持っていったな……」

羽黒「それに…出てくる怪物が、すごく……怖くて…うぅ」

提督「さ、さぁ!次行こう次!」



ブラッ○ホークダウン鑑賞後

羽黒「うぅ……皆さん。可哀想です……グスッ」

提督「あぁ!羽黒そんなに怖かったのか!?」

羽黒「だって、皆さんあんなに頑張ったのに……」

提督「まあものすごいフラグ立てまくってたけどな…」

羽黒「グスッ……司令官さん!」

提督「さ、さあ次だ次!」




提督「そして……」

羽黒「クラリス…トッペマ……」

提督「羽黒が限界になりそうな所でやめました」

羽黒「しれいかんさぁん………」

提督「おおよしよし。映画の選択を間違えてしまったよ…ゴメンな羽黒」

羽黒「本当です……司令官さんたら…」

提督「す、すまん……」

羽黒「し、司令官さん…あの、映画を見て、すごく怖くなってしまいました…」

提督「だ、大丈夫か?今回は映画の選択を誤った俺に責任があるからなんでも聞くぞ?」





羽黒「で、でしたら……今日、夜眠れるか心配なので、一緒に寝てくれますか……?」


172:2015/06/01(月) 22:48:59.78 ID:


青葉
『言うこと聞いて』

青葉「ふおおおお……これが最新式の1眼レフ……青葉感激です!」

提督「それものすごい高かったんだからな…壊すなよ?」

青葉「壊したりなんかしませんよ!いやぁそれにしても太っ腹ですね提督!よっ!」

提督「最近の泊地でのめざましい活躍が評価されての給与アップだ。お前らのおかげでもあるしな」

青葉「あぁ~なるほど!それでも感謝ですよ!なんなら提督の言うことを一つだけ聞いてあげてもいいくらいです!」

提督「ん?今なんでもって言ったよね?」

青葉「いやぁ、いい性能です本当…え?」

提督「今なんでもいいって言ったよね?」

青葉「え、ええ…言いました、けど…」

提督「いやぁちょうどよかった。一つ頼みたいことがあったんだ」

青葉「ええぇ……本当にあったんですか?」

提督「なにか?」

青葉「いいえ!なんでも!」

提督「そうか」

青葉「まさか新海域への出撃…それとも練度上限到達の遠征任務へ駆り出し…ええいもうなんでもこいです!」

提督「青葉、ケッコンしてくれ」





青葉「はい喜んで!……………え?」


174:2015/06/01(月) 23:05:52.55 ID:
龍鳳
『私は甘い』


龍鳳「ふんふ~ん♪」

提督「…龍鳳!」

龍鳳「きゃっ!?提督?突然どうされました?」

提督「頼む!かくまってくれ!押入れの中に入らせてもらうぞ!」

龍鳳「あ、ちょっと提督……」

雷「龍鳳さん!司令官ここに来なかった!?」

龍鳳「い、雷さん…いえ、こっちには来てないみたいですが…」

雷「そう、ありがとう!しれいかーん!」

龍鳳「………提督、雷ちゃんは行きましたよ?」

提督「そうか…ありがとう龍鳳。助かったよ」

龍鳳「それで、なんで提督は追われてたんでしょうか?」

提督「あはは…ちょっと休憩しようとしてタバコ吸ってたんだけど…雷に見られちゃって」

龍鳳「ずっとタバコ吸っちゃダメ!って言われてましたね……」

提督「ちゃんと抑えて喫煙所で吸ってるんだがなぁ…」

龍鳳「抑えても体に悪いことに変わりはありませんからね」

提督「うっ…そう言われると何も言い返せない…」

龍鳳「人の事は言えないですけどね…」

提督「龍鳳も喫煙するからな…」

龍鳳「そうなんですよね……」

提督「よっしゃ、ちょっと一服しに行くか」

龍鳳「もう。懲りないんですね提督は……」

提督「ははは……」





龍鳳「……はい、提督。行きますよ」

提督「おう、今行く」

しれいかーん!


175:2015/06/01(月) 23:08:16.90 ID:
衣笠
『慢心厳禁』

衣笠「提督…」

提督「なんだ……」

衣笠「いい加減寝ましょうよ。これで2日続けて徹夜になっちゃいます」

提督「…いや、もう少しだけ……」

衣笠「提督……」

提督「この前の作戦失敗で資源の調達が難しくなってしまったおかげで、改二もままならない状態になってしまったからな…」

提督「だから他の所でやりくりして行かないと…」

衣笠「提督のせいじゃない……私達が、まんまと駆逐の陽動にかかって戦艦とレ級にやられたのがいけないんだから」

提督「陽動を警告してなかった俺の怠慢だ……」

衣笠「ちが……」

提督「いや、これは俺の責任だ。自分の失態は自分で拭う」

衣笠「……わかったわ。でもこれ以上の無理だけはダメ。しっかり寝てからじゃないと、艦隊の士気にも影響がかかっちゃう」

提督「ああ……これが終わり次第仮眠を取るよ……ありがとう衣笠」

衣笠「うん……」




提督「………うぅ」

衣笠「!!提督、提督しっかり!」

提督「……ここは…どこだ?」

衣笠「泊地の医務室。提督は夜戦の指揮中に倒れたの。無茶のしすぎで…」

提督「なに……みんなは?」

衣笠「私の指示で撤退中…もう少しで戻ってくるわ。全員無事」

提督「そうか……」

衣笠「提督。私言ったわよね?これ以上の無理はダメだって」

提督「ああ……聞いていた」

衣笠「その上で無視して執務をしていたのね?」

提督「……ああ、していた。私の責任だ」

衣笠「幸い今回の夜戦での被害はなし、みんな無事に帰投から良かったけど」

提督「取り返しのつかない事をしていたかもしれないな…」

衣笠「提督が無茶をしなければこんな事にはならなかったわね…」

提督「…返す言葉もない」

衣笠「通常の執務は私と大淀でなんとか出来ますから、提督は大人しく体を休めてください」

提督「…わかった。早く治すことを第一にしよう」


176:2015/06/01(月) 23:08:45.65 ID:
衣笠「それでいいの。じゃあ私はもう行くから」

提督「……衣笠」

衣笠「ん?」

提督「すまなかった……お前の言うことを聞いていれば…」

衣笠「ああ、気にしないで。提督がそういう性格なのはよく知ってるし」

提督「しかし、みんなの命を無駄に散らす可能性だってあったんだ……」

衣笠「……そうそう、ある方から伝言を預かっています」

提督「伝言?」

衣笠「んっん……『私達のことをもっと信頼してください。貴方の旗下でこの力は発揮されるのですから』との事です」

提督「……それ神通からだろ?」

衣笠「あら、ばれちゃいましたか」

提督「そりゃあ、旗下なんて言い回し。あいつか朝潮くらいしか使わない」

衣笠「あははっ。そうでしたね」

衣笠「ともあれ、私達の力は提督の下で初めて発揮されると確信してます。その期待を裏切らないでくださいね?」

提督「…わかったわかった。その期待に応えるために今は休むよ」





衣笠「ん。あとのことは私達に任せて、提督は休養をとってね…………お休みなさい……」


179:2015/06/03(水) 01:35:24.57 ID:
祥鳳
『最精鋭軽空母』



祥鳳「……ふぅ……」

提督「祥鳳?」

祥鳳「!?て、提督!失礼しました!」

提督「喫煙所でまで気にしなくていい」

祥鳳「あっ…はい、ありがとうございます」

提督「……ん?祥鳳、火持ってる?」

祥鳳「は、はい!…マッチですが」

提督「あぁ……ふぅ、すまんな」

祥鳳「いいえ」

提督「……雨、止まないな」

祥鳳「はい、止みませんね」

提督「この時期は嫌いか?」

祥鳳「そこまででは…でも、やっぱり昔を思い出してしまいますから」

提督「祥鳳が生まれた時期であり、水底を見た時期でもあるからな…」

祥鳳「はい…ですが……」

提督「もう水底を見る気はない…だろう?」

祥鳳「その通りです。この泊地の皆と…提督と一緒なら、必ず」

提督「祥鳳には期待してるぞ?軽空母のトップエース様?」

祥鳳「私なんて……いえ、そうですね。私がいる限り、深海棲艦に遅れは取りません」

提督「お、自信満々だな」






祥鳳「はい。この祥鳳、提督と皆の為、機動部隊の最精鋭として、そして貴方の懐刀として努力いたします♪」


182:2015/06/03(水) 23:56:18.07 ID:
赤城
『空母先任の矜持』


赤城「ああ雲龍、もっと姿勢を正して…天城は少し射るのが早いです。葛城はもう少し的を意識するといいですね」

赤城「どう?……ふふ、良かったわ。間宮さんに教えられて初めて作ってみたのだけど。口にあってよかった」

赤城「暁さん。改二になったからと言って、慢心は禁物ですよ?……分かっていればいいのです」


赤城「ふう、今日も一日大変でした…」

提督「お疲れ赤城。気分はどうだ?」

赤城「上々です…提督の膝枕というのも、オツなものですね」

提督「本当は男女の位置が逆なのが多いんだけどな…男の太腿って固くないか?」

赤城「確かに筋肉質で少しかたい…?と思いますが、別段気にしておりません」

提督「そうか」

赤城「ええ、提督にしていただいていると思うだけで、心が穏やかになっていきます…」

提督「こんなところは他の皆には見せられないな。いつもは皆に頼られる空母の先任なんだから」

赤城「もちろんわきまえておりますよ。おおやけの場所では頼りになる先任の空母赤城として、ちゃんと皆を指導しております」

提督「それなら結構。今は存分に甘えてくれたまえ」




赤城「はい♪今は私だけの提督、そして提督だけの私です。思う存分甘え甘えられ……です♪」


183:2015/06/04(木) 00:46:54.17 ID:
イムヤ
『look at me』


イムヤ「司令官」

提督「ああイムヤか、ちょっと待ってくれ…ああ!島風走るな!ちゃんと髪の毛乾かせ!」

イムヤ「あの、しれいか…」

提督「時津風!風呂上がりにくっつくな。制服がびしょ濡れになるだろ!夕立は体振って水飛ばすな!」

イムヤ「…………」

提督「まったく……それでイムヤ。どうかしたか?」

イムヤ「……ううん。なんでもない」

提督「あっ!イムヤ!……なんだったんだ?」





イムヤ「司令官。今ちょっといい?」

提督「ん?イムヤか。少し待っててもらえるか?もう少しで書類が片付きそうだから」

イムヤ「…わかったわ。ここで待ってる」

提督「いや、食堂とかで待っててもらっても構わんぞ?」

イムヤ「いいの。ここで待ってる」

提督「そうか……うし、ならちゃっちゃと終わらせるか!」

提督「ん、外線か。もしもし?………なに!?」

イムヤ「!?」

提督「それで、あとどれくらいで到着されるんだ?………わかった、とりあえず出迎えの準備をする…ん、じゃあな」

イムヤ「………司令官どうしたの?」

提督「ああ、本土勤務の知人から、今日抜き打ちの査察があると連絡があってな。今から出迎えの準備をしなければいけなくなった」

イムヤ「査察?そんな突然……」

提督「なんですまん!先にこっちを片付けていいか?」

イムヤ「…………」

提督「…イムヤ?」

イムヤ「…しかた、ないよね。早くいってきて」

提督「すまんイムヤ!あとで必ず時間作るから!じゃ!」

イムヤ「…………」




提督「あぁ~やっと終わった。もう日を跨いだぞまったく…イムヤはもう寝てるだろうな」

提督「とりあえず執務室片付けるか」

提督「…ん?鍵空いてる?」


184:2015/06/04(木) 00:48:38.35 ID:
イムヤ「…………おかえり司令官」

提督「イムヤ!?どうしたんだ!こんな時間まで待ってたのか!?」

イムヤ「うん…すぐ帰ってくると思って……ここで待ってた」

提督「部屋も暗いし……風邪引いたら心配だ。今日は風呂入って寝よう」

イムヤ「……ねえ、司令官…………」

提督「なんだ?」

イムヤ「私って、司令官の傍にいてもいいの?」

提督「…………」

イムヤ「司令官。最近私の事見てくれなくて……胸が痛いの」

イムヤ「前はこんなことなかった…最近になって、もっと司令官に見て欲しい。もっと褒めて欲しいって思うようになったの…」

イムヤ「この前なんて提督と話してる駆逐艦の子達にすら嫉妬してた……」

イムヤ「私って、ひどい子だよね……」

提督「そんなことない」

イムヤ「………」

提督「そんなことない。絶対に」

提督「イムヤがひどい子だなんて、あるわけがない」

イムヤ「…………」

提督「イムヤ、こっちおいで」

イムヤ「…………ん」

提督「…あったかいなイムヤは、抱きしめてると、すごく安心する」

イムヤ「……私も、司令官とぎゅうってしてると、とってもあったかくて、安心する」

提督「あまり避けていたわけじゃないんだが……自然と恥ずかしくて見なくなってたのかもな」

イムヤ「司令官?どうしたの?」

提督「いや、なんでもない」

提督「……なあイムヤ。俺たちってケッコンカッコカリ、しただろ?」

イムヤ「うん…司令官がくれた指輪、今も大事につけてる」

提督「それ俺が選んだわけじゃなくて、軍からの支給品なんだ」

イムヤ「知ってる。でも司令官が直接私にはめてくれたから、とっても大事にしてるよ」

提督「あぁ~すごく嬉しい……が、実は一つお願いがあるんだ」

イムヤ「お願い?いいよ、司令官のお願いならなんでも聞いてあげる」

提督「そう、か……ありがとう」

イムヤ「それで?お願いって何?」

提督「うむ……肌身離さず持っていたのが功を奏したな」

イムヤ「…?」

提督「ん゛ん゛っ!……イムヤ、一度しか言わないからよく聞いてくれ」

イムヤ「……わかった」




提督「……………愛してる。俺とカッコカリじゃない結婚をしてくれ!もうお前なしじゃ生きていけないんだ」


186:2015/06/12(金) 02:20:33.41 ID:
鳳翔
『髪は女性の命』

提督「……こんな感じでいいか?」

鳳翔「はい、お上手ですよ提督」

提督「しかしいきなり髪を梳いてくれと言われたときは驚いたよ」

鳳翔「ええ、執務の終わった所を見計らってお願いいたしました」

提督「そうか…なにぶん女性の髪を触ったことなんてそうそうないから痛くしないか不安でならないよ」

鳳翔「いえ、とても優しく梳いていただいてますので、とても気持ちいいですよ」

提督「そう言ってもらえると助かる」

鳳翔「あ、提督…もう一つお願いが…」

提督「え、もう一つか?」

鳳翔「……お嫌、でしょうか?」

提督「わかったわかった。聞くからそんなに悲しい顔をしないでくれ。こちらまで悪い気持ちになってしまう」

鳳翔「そうですか……なら櫛ではなく、手で髪を梳いてもらえますか?」

提督「ん?手って…指でか?いいのか?」

鳳翔「はい。是非お願いします」

提督「わかった………よっと…どうだ?」

鳳翔「んっ……ええ……とても暖かくて、落ち着きます」

提督「鳳翔は食堂も手伝ってくれて、それに駆逐艦たちの子達も面倒見てくれてるし、これくらいはな」

鳳翔「ふふふ、なら今だけは……提督に甘えさせてもらいます」

提督「ははは…しかし…よかったのか?」

鳳翔「何がです?」

提督「女性の髪ってとても大事なものだろ?それを俺に触らせて……」

鳳翔「ああ…そのことですか……んぅっ」

鳳翔「もちろん……みだりに触らせたりはしません…」





鳳翔「提督だから……ですよ?」


188:2015/06/12(金) 02:33:27.94 ID:
明石
『最新型防衛装置』

明石「提督…この装置は一体…」

明石「新兵器…MSと、戦術機ですか?」

明石「…はい、艦娘の装備は基本金属ですが、その金属の量は多くありません」

明石「今までの兵器に比べて金属、そして希少資源も少量で済むのも利点ですが、その分を他の兵器に回した…と」

明石「しかしまさか人型とは……」

明石「あ、いえ!不満があるわけではないんですが、いかんせん2脚タイプの兵器はバランスが取りづらいので使いづらいのではと…」

明石「……はい、汎用性は非常に高いですね。手の部分のマニピュレーターが高性能なのは知っています。これで資材搬入なども効率的に行うこともできます」

明石「しかしこれでは…海からやって来る深海棲艦の相手にはあまり向かないかなと…」

明石「……はい、了解しました。整備等はマニュアルが届き次第作業にかかります。」

明石「それでこれはうちに何機配備されたのですか?……試作機1機、先行量産機3、専用機1…?」

明石「専用機は誰が……て、提督が自ら乗るんですか!?」

明石「ダメです!こんな巨大で人型の兵器なんて、深海棲艦に真っ先に攻撃されます!」

明石「……わかっています。それを守るのが艦娘の役目だというのでしょう?」

明石「わかりました。けど絶対に無茶はしないでくださいね!絶対ですよ!?」

明石「…はい、ではこちら5機は受領致します。」






明石「提督も乗る機体ですから、整備は万全に致します!明石にお任せ下さい!」


189:2015/06/12(金) 02:54:41.79 ID:


『改二よ!司令官!』


暁「司令官!わたし、ようやく改二になれたわ!」

暁「最近になってようやく設計図が見つかったみたいなの!」

暁「もう、レディーをこんなに待たせるなんて!失礼しちゃうわよね!」

暁「それで、響もようやく改二になってヴェールヌイになれたし、」

暁「響ってば、ずっと前から改二にはなれたのに、私が改二になるまで待っててくれたみたいなの」

暁「……いい妹よね。本当に……」

暁「雷も…私のせいじゃないなんて……電だって、落ち込んでる私を…支えてくれた」

暁「みんな、自慢の妹たちよ……」

暁「………ねえ司令官。私、これでまた一人前のレディーに近づけたわ」

提督「…………」

暁「早く起きないと……おじいちゃんになっちゃうわよ?……司令官」

暁「深層海域で私をかばって、ずうっと眠り続けて……もう半年」

暁「みんな欠かさずお見舞いに来るけど、最近は深海棲艦の動きが活発になり始めた海域にでずっぱり…」

暁「私が入れ替えてるけど……花も、もう枯れそうだね」

暁「……司令官は、こんな風にいなくなったりしないわよね?」

暁「私達の所からいなくなったりなんて……しない、わよね…グスッ」

暁「……グスッ、しれい、かん……」

暁「起きてよ……起きてよぉ!」

暁「起きて……私を褒めてよ……」

暁「よくやった…頑張ったなって……頭を撫でてよぉ……うぅ……」

提督「…………」

暁「お願いだから……目を開けてよ……司令官!」

提督「…………き………」

暁「司令官!……しれいかん……!」

提督「…あ…か…つき…」

暁「………え、しれい…かん?」

提督「……もう、一人前の……レディー……だな」





提督「綺麗になったな……そんなお前を置いて……一人で行けるわけ無いだろう……?」


190:2015/06/12(金) 02:57:36.78 ID:

『改二よ!司令官!』


暁「司令官!わたし、ようやく改二になれたわ!」

暁「最近になってようやく設計図が見つかったみたいなの!」

暁「もう、レディーをこんなに待たせるなんて!失礼しちゃうわよね!」

暁「それで、響もようやく改二になってヴェールヌイになれたし、」

暁「響ってば、ずっと前から改二にはなれたのに、私が改二になるまで待っててくれたみたいなの」

暁「……いい妹よね。本当に……」

暁「雷も…私のせいじゃないなんて……電だって、落ち込んでる私を…支えてくれた」

暁「みんな、自慢の妹たちよ……」

暁「………ねえ司令官。私、これでまた一人前のレディーに近づけたわ」

提督「…………」

暁「早く起きないと……おじいちゃんになっちゃうわよ?……司令官」

暁「深層海域で私をかばって、ずうっと眠り続けて……もう半年」

暁「みんな欠かさずお見舞いに来るけど、最近は深海棲艦の動きが活発になり始めた海域にでずっぱり…」

暁「私が入れ替えてるけど……花も、もう枯れそうだね」

暁「……司令官は、こんな風にいなくなったりしないわよね?」

暁「私達の所からいなくなったりなんて……しない、わよね…グスッ」

暁「……グスッ、しれい、かん……」

暁「起きてよ……起きてよぉ!」

暁「起きて……私を褒めてよ……」

暁「よくやった…頑張ったなって……頭を撫でてよぉ……うぅ……」

提督「…………」

暁「お願いだから……目を開けてよ……司令官!」

提督「…………き………」

暁「司令官!……しれいかん……!」

提督「…あ…か…つき…」

暁「………え、しれい…かん?」




提督「綺麗に……なったな…………そんなお前を置いて……逝けないよな」

暁「……グスッ!し、しれいかん………うわぁぁぁぁぁぁ!」

提督「…おおっ、いてて…そんなに慌てるなって……」

暁「しれいかん!…司令官!しれいか……ん!」




暁「もう、暁を……レディーを一人ぼっちにさせたらダメなんだから!」


203:2015/06/13(土) 01:19:11.82 ID:

川内
『オトナな川内』

川内「……はい、これでよし。あとは大人しく寝てれば治るよ」

川内「ほら、おとなしく寝なって……ん、おやすみ」

提督「お疲れ川内」

川内「あ、提督。おつかれさま~」

提督「あの子で最後か?」

川内「そ、今日はもうおしまい」

提督「おつかれさん。今日はどうする?」

川内「え?うぅん……やめとく。みんなも疲れてるだろうし」

提督「そうか…?綾波とか夕立なら喜んで行きそうだが」

川内「夕立はともかく、綾波はまだダメ。改二になったばっかりで猪突猛進になりそう」

提督「そうか…川内がそう言うならまだ経験積ませるか……」

川内「ん、そうしてあげて。まだ夜戦に連れて行くには実戦経験がまだ甘いから」

提督「…………」

川内「……どうしたの?突然見つめて」

提督「いや、だいぶ大人になったなぁって思ってな……」

川内「大人?」

提督「さっきも夜戦演習で怪我した駆逐の傷を見てやっていたし、今じゃ夜戦で右に出るのはいないくらいだ」

提督「それに夜間警備まで率先してやってくれて、おかげで俺たちは安心して夜は寝れる」

川内「もう……おだてたってなんにもでやしないよ?」

提督「いやいや、素直に褒めてるんだって。前は夜戦だ夜戦だ!って騒いでいただけなのに」

川内「私も成長するってことだよ」

提督「そこで成長して頑張ってくれている川内になにか褒美を上げようと思っていてな……何がいい?」

川内「え?うぅん……いつも突然だよね。提督って」

提督「ほっとけ。ほら、何がいいんだ?間宮券か?外出許可か?外出なら何人か一緒に……」

川内「あ!一個あるよ。欲しいご褒美」

提督「お、なんだ?やっぱり外出きょ………」

提督「……突然どうした。夜とはいえ泊地内の医務室だぞ?誰か来たりしたら…」

川内「こんな夜に来るなんて、よっぽどのもの好きか、出歯亀狙いの記者だけだよ」

提督「記者はいるからなぁ……部屋でじゃ嫌か?」

川内「ん~…部屋でもいいけど、今はすぐにご褒美が欲しい気分なんだよね」

提督「そうか……お手柔らかに」




川内「ふふ、あんまり保証はできない……かな?」


204:2015/06/13(土) 04:23:32.82 ID:

伊勢
『月の酒』

伊勢「………静かだねぇ」

提督「……だな」

伊勢「こうして提督と二人で酒呑んでタバコ吸って月を見るのも久しぶりだよねぇ」

提督「だなぁ…今はだいぶ大所帯になったからな」

伊勢「提督、火ぃちょうだい。マッチ切れた」

提督「ん?ほら……」

伊勢「んぃ……ふぅ」

提督「吸いすぎだぞ」

伊勢「提督が吸うのやめたら私もやめるよ」

提督「……ほどほどにしとけよ」

伊勢「提督もね~」

提督「……なあ伊勢」

伊勢「ん~?どした?」

提督「この泊地……初めて来た時と比べてどうだった?」

伊勢「どうってねぇ……艦娘はたくさん来てたよね…」

提督「あぁ…さっきも言ってたが、こうして二人で静かに月を見るのも久々だしなぁ」

伊勢「騒がしいのはいい事さ。最初の頃は私の他には駆逐艦の子達と軽巡しかいなかったねぇ」


205:2015/06/13(土) 04:24:58.45 ID:
提督「あの時はびっくりした。重巡すっ飛ばしていきなり戦艦が出てきてな」

伊勢「あの時の提督の顔ったらなかったよ!いやぁ、今でも酒の肴になるくらいさ」

提督「言ってくれるな。思い出しても恥ずかしい……」

伊勢「いやぁ、あのうだつのあがらない提督様が、よもや中将まで昇進されるとはねぇ」

提督「ほっとけ」

伊勢「まあ、それだけの活躍もしてたしね。逆にここまで昇進しなかったのが不思議なくらいさ」

提督「……そんなことないさ」

伊勢「ま、まだ自信がついてないのが唯一の欠点かな?」

伊勢「……んん!そろそろいくわ」

提督「そうか……」

提督「向こうでも、達者でやれよ」

伊勢「提督は、ゆっくりきなよ?」

提督「もちろんだ。お前が守ってくれたこの泊地も、艦娘も全員守ってみせる」

伊勢「そう……なら、守った甲斐があるってものよ」

伊勢「……じゃあ、またね提督」


日向「…提督、こんなところにいたのか。もう夜が開ける……」

提督「日向…わかった。すぐ戻るよ」

日向「……杯に、灰皿がもう一つあるが……誰かいたのか?」

提督「……ああ、いた」




提督「とても、大切な……子がね」


206:2015/06/13(土) 04:58:59.46 ID:
蒼龍
『最近見てくれない…』


蒼龍「見て提督!アジサイ柄の可愛い浴衣ですよ!どうです?似合いますか?」

提督「お、似合うなぁ蒼龍」

蒼龍「え?ほんとう!?ならこれにしちゃおうかなぁ……あ、でもこっちの方もかわいい~!」

提督「は、はは……まあ好きなものを選んでくれ」

蒼龍「もちろん!最近提督が私の事見てくれないって言ったら……なんでもする!って自分で言ってたもんね」

提督「そ、その通りです……」

蒼龍「ここで浴衣買ったらそのあとはアクセサリー買いに行くからね!」

提督「ははは……はい」




蒼龍「はぁ~楽しかった!こんなにいっぱい買い物できたし」

提督「ま、満足してもらってよかったよ……」

蒼龍「これで最近私のことを構ってくれなかったことはおおめに見てあげます」

提督「さ、さいですか…」

蒼龍「それで、そろそろ教えてもらってもいいですか?」

提督「な、何がかな?」

蒼龍「私のことを最近避けていた理由です!なんでですか?」

提督「いやぁ、それは…」

蒼龍「……教えてくれないんですか?」

提督「その目で見ないでくれ…」

蒼龍「ていとくぅ……」

提督「………わかったわかった!言うから!」

蒼龍「んふふっ、やった♪」

提督「まったく……」

蒼龍「それで、どうして避けてたんですか?」

提督「あぁ~…それはだな」

蒼龍「それは?」

提督「いや、これを取りに来ていて……な。いざとなってから怖気づいてしまって…」

蒼龍「怖気づいた…?」

提督「だから、だな…」




提督「この、指輪を渡したかった……んだよ。うん」

蒼龍「へぇ~指輪を…………え?」


209:2015/06/14(日) 03:55:16.21 ID:
秋月
『一日』




秋月「………んぅ」

秋月「んっしょ………朝ですね」

秋月「提督は……まだお休み中ですね」

提督「…………」

秋月「寝てます…よね?」

秋月「起きませんよ~に……そ~っと…」

秋月「…よし」

秋月「…あなた~、朝ですよ~」

提督「…んん」

秋月「今日は二人でお出かけするんじゃないんですか~?」

提督「……あき、づき……」

秋月「………ふふふ♪」

秋月(夢の中まで私がいるんですね。少し嬉しいです♪)

秋月「しれいか~ん……起きましょうよ~」

提督「………んぁ?」

秋月「あ、お目覚めですか?」

提督「…ああ、おはよう秋月」

秋月「はい!おはようございます司令官」

提督「……俺枕で寝てたよな?なんで今秋月に膝枕されてるんだ?」

秋月「あ、先ほど私も起床しまして、その…申し訳ないと思いましたが、起こさないように…」

提督「なるほどね……」

秋月「ご迷惑…でしたか?」

提督「まさか、起きてすぐ秋月の顔が見れて幸せだなぁって思ってな」

秋月「ほ、本当ですか?」

提督「ああもちろん」

秋月「ありがとうございます!さ、もう起きて朝ごはん食べましょう!」

提督「そうだな…今日は二人で出かけるしな」

秋月「二人での休暇が取れたのは今日だけですからね!」

提督「お、元気だな秋月。そんなに嬉しいのか?」

秋月「は、はい…その…け、ケッコンしてふたりっきりは、初めてなので…」

提督「…………」

秋月「……?司令官?」

提督「かわいいなぁ!秋月は!」

秋月「ひゃあ!」

提督「あぁ~愛い奴じゃのう秋月は~」

秋月「なんで利根さんみたいな喋り方して撫でくり回すんですか~!」

提督「可愛いのぉ秋月は~ほれほれ~」

秋月「あっ、ちょっとしれいかん!やめ!」



秋月「やめてぇ~!!」


215:2015/06/15(月) 02:45:56.03 ID:
提督「なぁ…機嫌直してくれよ秋月」

秋月「いやですっ!やめてって言ってもやめてくれなかった司令がいけないんですっ!」

提督「ごめんよぉ秋月。頼むよ~」

秋月「………本当に反省してますか?」

提督「してるしてる」

秋月「……なら、許してあげます」

提督「ほ、ほんとか!?」

秋月「代わりに、今日のデ、デートはしっかりとエスコートしてくださいね?」

提督「うぐっ…仕方ないな……」

秋月「…お願い致しますねしれい」

提督「わかったよ……では行こうか、お姫様?」

秋月「…は、はい!」

秋月(お、お姫様!お姫様って!!)

秋月「……ふふふっ♪」


218:2015/06/15(月) 15:23:26.58 ID:
提督「秋月?」

秋月「ひゃ!な、なんでもないです!」

提督「そ、そうか…それじゃあ着替えて飯食って行こうか」

秋月「はい。では着替えてきますね」

提督「おう」



提督「あっつー……もうそろそろ夏だなぁ」

秋月「司令!お、お待たせしました」

提督「お、白いワンピースに白リボンの麦わら帽子か」

秋月「この前買っていただいてから着ていませんでしたので、ちょうどいいかと思いまして」

提督「似合ってる。すっごくカワイイ」

秋月「か、かわっ……」

提督「シンプルイズベスト。秋月は着飾らなくても十分カワイイな」

秋月「ううっ…金剛さんに選んでもらった時も言われました……」



金剛「アッキーは素材がいいから、ナチュラルメイクにシンプルな服装がベストデース」

金剛「本当ならもう少しメイクはするんデスけど、素材がグッドだとこれだけでベリーキュートデース!」



秋月「と言われて…」

提督「そりゃあうちの嫁さんは美人だからな、何着ても似合うだろう。」

秋月「うぅ……嬉しいけど、凄く恥ずかしいです……」

提督「そんなに麦わら帽子ふかくかぶらんでも……」

秋月「は、恥ずかしいです司令!」

提督「わかったわかった。この話はおしまいにしよう。ほら行くぞ?」

秋月「……手、繋いでください」

提督「ん……小さいな」

秋月「司令の手は、大きいですね…それに、ゴツゴツしてます」

提督「男の腕だからな、ゴツゴツしてるだろう。さらに一応軍人だしな」

秋月「でも、凄く……暖かくて、安心します」

提督「お気に召したなら良かった。行くぞ」

秋月「はい!」


219:2015/06/15(月) 15:45:34.74 ID:
今更ですがショートランド泊地での出来事です。だいぶ発展してて、
ブーゲンビル島にはショッピングモールあるくらいまで栄えてるという設定でお願いします…

矢矧「強引な後付け設定ね…」

提督「シャラップ!」


220:2015/06/15(月) 17:21:54.72 ID:
秋月「はぁ~…泊地の近くにこんな大きなしょっぴんぐもーる?が出来ていたんですね」

提督「最近は深海凄艦の襲撃も無かったし、だいぶ発展してきたな。それもこれも秋月達が頑張ってくれているおかげだ」

秋月「そ、そんな!秋月はまだまだ新米ですし…最初期の海を解放した初霜さんや雷には及びませんし…」

提督「その二人が秋月には安心して任せられるって言ってるんだよ。おかげで二人は後進の育成に集中できている」

秋月「お二人がそんな事を…」

提督「まあ、秋月はもう少し自信を持って良いぞ……お、着いたぞ秋月」

秋月「はい……ここは?」

提督「まあ普通のどこにでもある服屋だな」

秋月「しかし、男性物はほとんど置いてない気がしますが…」

提督「もちろん秋月の服を買いに来たんだ」

秋月「え!?そんな!このワンピースも買っていただいたばかりなのに!」

提督「そりゃあもちろん。俺の嫁さんには綺麗でいてほしいし、不自由なく暮らしてほしいからだ」

秋月「し、司令……」

提督「まあ本音は秋月にいろんな服着せて俺がにやにやしたいだけだがな」

秋月「……え?」

提督「さあ行くぞ秋月!あのスカートとかどうだ?色も抑え目でいい感じだと思うぞ!」

秋月「え、ちょっと司令!さっきのどういう事ですか!司令!?」



秋月「司令ってば~!返事してくださ~い!」


223:2015/06/20(土) 23:23:30.50 ID:
提督「いやぁ買った買った」

秋月「うぅ…色々試着させられてしまいました…」

提督「店員さんもノリノリで選んでくれたなぁ。」

秋月「司令も一緒に選んでましたね…」

提督「久しぶりに服選びで楽しかったよ。選ぶ相手が嫁さんていうのもあるのかね?」

秋月「よ、よめさん………えへへ」

提督「お、秋月も楽しかったか。よかったよかった」

秋月「…今日のお出かけは楽しかったです」

提督「今日のデートは楽しかったなぁ」

秋月「で、デート……」

提督「顔真っ赤じゃないか秋月」

秋月「な、なんでもありません!」

提督「そうか…もう泊地着くぞ」

秋月「は、はい…でも、荷物を全部持たせてしまって…」

提督「ここは男を立ててくれ。嫁さんに重いものを持たせるわけにはいかん」

秋月「司令……ありがとうございます」

提督「…秋月」

秋月「はい?」

提督「また、デートしような」

秋月「…はい」

提督「また、二人で買い物行こうな」

秋月「はい」

提督「……愛してるぞ秋月」

秋月「……私もです」

提督「…これからも艦隊を頼むぞ」




秋月「はい!この秋月、艦隊も司令も!きっとお守り致します!」


224:2015/06/21(日) 00:32:05.64 ID:
矢矧
『そ~いうことなら私からも仕掛けてもイイのかしら、ねっ?』

矢矧「……失礼します」

提督「おうお疲れ。今日は?」

矢矧「空母と軽巡級の編成での演習と模擬戦。重巡組は基礎訓練。金剛達戦艦、潜水艦に駆逐艦達は近海防衛と偵察をお願いしたわ」

提督「ん…ほい承認」

矢矧「ありがとう。じゃあこのまま編成案は各艦種の秘書艦にお願いしておくわね」

提督「編成は任せると伝えてくれ。ただし後衛に即応戦力は残すように徹底させてくれ」

矢矧「いつも通りね、分かったわ」

提督「頼むよ」

提督「……今思うと最初に比べると秘書官らしくなってきたなぁ」

矢矧「そう?そんなに変わったことはしてないと思うのだけど」

提督「変わったさ。最初はデイリーの任務も簡単にこなせなかったからな」

矢矧「う、あの時のことは忘れて!忘れなさい!」

提督「ははは。わかったわかった」

矢矧「もう!」

提督「今じゃあ重要な任務以外の編成は、各艦種の秘書艦に任せてるからだいぶ執務がやりやすい」

矢矧「戦闘開始時にはちゃんと指揮を取ってくれるから、みんな安心してるのよ」

提督「それなら頑張った甲斐があるな」

矢矧「もちろん私も信頼してるのよ?」

提督「ほんとか?いやぁ嬉しいなぁ」

矢矧「そうやって調子に乗らなければもっと信頼してもいいのだけれど…」

提督「ここは変わりそうにないからなぁ…」

矢矧「ちゃんと努力してよ?じゃないと私の妹に会うのがさらに遠くなるから」

提督「うぐっ……すまん」


225:2015/06/21(日) 00:33:40.91 ID:
矢矧「もう…でも無茶はいけないわよ?」

提督「わかってる。誰も沈めてはいないし、これからもさせる気もない」

矢矧「期待してるわよ。あなた?」

提督「お、おぉう………任せとけ……」

矢矧「…ふふ、顔が真っ赤よ?提督」

提督「…昔はちょっと好きだって言っただけで矢矧の方が赤くなってたのに…いつの間に逆転したんだ……」

矢矧「ふふふ、あなたのお嫁さんになったのだから、これくらいは鍛えられるわ」

提督「うぅ……昔の可愛かった矢矧はどこへ…」

矢矧「…それって今はかわいくないって事?」

提督「ち、違う!今は可愛いっていうかなんかこう……美人!美人になったよ!」

矢矧「ふっふふふ!そんなに慌てなくてもいいのよ……わかってるから」

提督「……え?」

矢矧「ふふふふ!やっぱりあなたって可愛いのね」

提督「…く、くそう……」

矢矧「…落ち込んでないで仕事してちょうだい」

提督「……矢矧がやればいいじゃないか……」

矢矧「もう……ごめんなさい。いじめすぎたわ」

提督「…………」

矢矧「許して?ね?」

提督「…じゃあ、目を瞑っててくれるか?」

矢矧「目?瞑ればいいの?」

矢矧「瞑ったわこれでいい?」

矢矧「…んむ!?……!…ん」

矢矧「ぁ……ん………」

提督「……俺の、勝ちだな」

矢矧「……まだ、負けてないわよ」

提督「え?」



矢矧「私の力侮らないことね。私からも仕掛けるんだから。ね?提督♪」


226:2015/06/21(日) 01:17:06.28 ID:
天城
『挫折から未来へ』


加賀「……そこ、間違ってるわ」

天城「あぁ、すみません!」

加賀「二回目の間違いはダメよ?」

天城「はい!」

加賀「これが終わったら演習に参加するから。それまでに終わらせてちょうだい」

天城「は、はい!」



加賀「前を向きなさい!姿勢は崩さずに!」

天城「はい…っ!」

加賀「被弾したらすぐに損害報告」

天城「はい!」



加賀「それじゃあ今日はここまでにしましょう」

天城「は…はい。ありがとうございました!」

加賀「もう夕食の時間は過ぎていますが、間宮さんには話をしてありますので取りに行くように」

天城「はい!」





天城「はぁ……疲れた」

天城「今日も加賀さんに注意ばっかりされてしまいました…」

天城「……このままご迷惑ばっかりかけてしまうんでしょうか…」

天城「…はっ!いけない!間宮さんに気を使われてしまいます…」

天城「笑顔…笑顔…」




間宮「天城さん。今日はお疲れ様です」

天城「はい。お疲れ様です」

間宮「加賀さんからお話は伺っております。こちらが本日の夕食です」

天城「ありがとうございます。いただきます」

間宮「……はい、ごゆっくり」


227:2015/06/21(日) 01:18:02.68 ID:
天城「ふぅ……バレなかったみたいです」

提督「ん?天城か。こんな時間に夕食か?」

天城「て、提督!?お、お疲れ様です!」

提督「俺も相席しもいいかな?」

天城「あ…はい!どうぞ」

提督「あぁ食べる時くらいかしこまらんでもいいぞ」

天城「は、はい」

提督「それでは…いただきます」

天城「いただきます…」

提督「今日は加賀と一日秘書艦の訓練と演習か。お疲れ様」

天城「ありがとうございます……」

提督「……うまく行かなくて悩んでるのか?」

天城「え!?そ、そんな事は…」

提督「顔に出てるぞ」

天城「……うぅ、はい……」

提督「最初はそんなもんさ」

天城「書類仕事も、演習でも加賀さんだけでじゃなくて、艦隊の皆さんにご迷惑ばかりかけてしまっていて」

提督「ふむ…」

天城「私は、本当にここにいてもいいのか不安になって…」


228:2015/06/21(日) 01:18:53.12 ID:
提督「……」

天城「………すみません。提督に愚痴を吐いてしまって」

提督「いや、正直に不安を言ってくれてありがとう」

提督「……実はな、俺もこの泊地に所属したときは失敗ばかりしていたんだ」

天城「え?提督もですか?」

提督「ああ。その時は初霜に迷惑ばかりかけてしまってな。書類の不備だったり、編成のミスだったり色々した」

提督「その度に周りに助けてもらって事なきを得ていた」

天城「そうなんですか……」

提督「最初から上手く出来る奴なんてこの世にいない。最初は叱られて…怒られて成長していくんだ。人も艦娘も」

提督「それにな天城。加賀はお前の前では絶対に言わないが、天城の事を褒めていたぞ?」

天城「え?加賀さんがですか?」

提督「ああ。最初に天城が着任して、直ぐに加賀から訓練やら何やらが始まったが、あれは加賀が俺に提案してきたんだ」

提督「あの子は優秀だ。私の手で育ててやりたい。だから私に任せてちょうだい…てな」

天城「加賀さんが……」

提督「だから天城、お前はダメなんかじゃない。みんなから期待されているし、今はその期待に応えるために、頑張ってくれ」

天城「提督……ありがとうございます」

提督「うん。頑張れ……あ、このことは加賀には内緒で頼むぞ?俺が怒られるから」

加賀「聞こえているわ」

提督「げぇっ!加賀!いつからそこに!」

加賀「つい先ほどよ。提督、天城には言わないでと言ったのに……」

提督「い、いやほら…天城が悩んでいたからさ……」

加賀「このことは矢矧に報告させていただきます」

提督「それだけは勘弁してくれ!怒らせると怖いんだから矢矧は!」

加賀「さて……どうしようかしらね」

提督「勘弁してくれよ~……」

天城「提督……ありがとうございます…加賀さん!」

加賀「なに?」

天城「これからも、天城にご指導よろしくお願いします!」

加賀「そう……厳しくいくけど、期待しているわ」




天城「はい!新生第一航空戦隊の力、必ずお見せいたします!」


229:2015/06/21(日) 01:20:44.22 ID:
これで終わりです。
計画性なく書いた結果時間がかかりまくってしまいました。
最後まで見てくれてありがとうございます。
今のところ次回は矢矧をまた書きたいです。

それではHTML化依頼出してきます


230:2015/06/21(日) 01:25:29.37 ID:
乙です


231:2015/06/21(日) 07:40:13.40 ID:
おつでした
いつも楽しく読ませてもらいました
矢矧大好きなんで次も期待してますw




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431007000/

→→もっと艦これを読む←←