1:2015/06/23(火) 01:11:20.54 ID:

渋谷凛「え?」

島村卯月「えぇっ!? 未央ちゃん、大丈夫なんですか?」

武内P「ただの風邪、との事です……」

凛「……」

卯月「ど、どうしましょう?」

武内P「お二人は、レッスンをお願いします」

凛「本当に……風邪、なんだよね?」

武内P「はい……」

凛「……うん、分かった。卯月、行こう?」

卯月「あ、は、はい!」

本田未央25


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434989470

2:2015/06/23(火) 01:12:59.98 ID:

ベテラントレーナー「渋谷! 遅れてるぞ!!」

凛「はいっ……!!」キュキュッ

卯月「っ! きゃっ!?」ドテンッ

ベテトレ「島村! すぐに立って続ける!!」

卯月「はっ、はいっ!!」


ベテトレ「――そこまで!」パンパンッ

凛「ふっ……はっ……」

卯月「ひぅっ……はぁっ……」


3:2015/06/23(火) 01:14:02.94 ID:

ベテトレ「ふむ……今日はここまでだな」

凛「はぁ……はぁ……まだ、時間は……」

ベテトレ「二人とも集中力を大きく欠いている。そんな状態で続けても、事故に繋がるだけだ」

凛「っ!」

ベテトレ「……ま、あの時の事もある。不安になるのも仕方ない」

卯月「っ……」

ベテトレ「なら……いや、だからこそ、不安を拭ってこい」

凛「――え?」

ベテトレ「あの時とは事情が違う。ならば、仲間の見舞いくらいは彼も許してくれるだろ?」

卯月「!! 凛ちゃん!!」

凛「うん、行こう……!」

卯月・凛「ありがとうございました!!」

ベテトレ「ああ、気を付けていけ」


4:2015/06/23(火) 01:14:43.41 ID:

武内P「本田さんのお見舞い、ですか……?」

卯月「はい! ダメ、ですか……?」

武内P「……いえ…………」

凛「だから、未央の家、教えてくれるよね?」

武内P「……」

千川ちひろ「でしたら、プロデューサーさんも一緒に行ってきたら如何ですか?」

武内P「っ……」


5:2015/06/23(火) 01:15:56.05 ID:

凛・卯月「ちひろさん!?」

ちひろ「すいません。お話、聞こえちゃいました」

武内P「……」

ちひろ「担当アイドルのケアもプロデューサーさんのお仕事じゃないですか?」

武内P「ですが……」

ちひろ「それに、プロデューサーさんだけだと少し心配ですが、お二人も一緒にいれば大丈夫ですよね?」

凛(あ、これ、通報的な意味だ)

武内P「……はぁ……わかりました」


6:2015/06/23(火) 01:16:49.56 ID:

 本田家

本田未央「げほっごほっ……うぅ、情けない……」

本田弟「姉ちゃーん、お客さーん」

未央「ごほっ……だれ……?」

卯月「未ー央ちゃん」ヒョコ

未央「え、しまむー……?」

凛「私もいるよ」ヒョコ

未央「しぶりんも……?」

卯月「プロデューサーさんも居ますよ!」

未央「………………」

未央「え゛」


7:2015/06/23(火) 01:17:35.01 ID:

未央「待って、プロデューサーも、そこに……?」

武内P『はい……』

未央「うわあぁぁぁぁぁ!? ちょ、ちょっと! プロデューサーは入っちゃダメだからね!?」

武内P『……わかりました』

凛「……ま、そうだよね」

卯月「えへへ……ですよねぇ」

凛「プロデューサー、許可が有るまで入っちゃダメだからね」

武内P『……はい』


8:2015/06/23(火) 01:18:15.45 ID:

未央「ふぅ……って! 部屋に入れるのは確定!?」

凛「未央は寝てなきゃだし、しょうがないでしょ」

未央「むぅ……」

凛「私達も居るんだし……何の心配もないでしょ?」

未央「やー……心配って言うか……さすがに部屋を見られるのは、恥ずかしいよ……けほっ」

卯月「えっと、何か片付けた方が良い物ありますか? 言ってもらえれば片付けますよ?」

凛「……とりあえず、この辺の下着は片付けた方が良いよね」

未央「」

卯月「未央ちゃん……」

未央「あ、あははー……こほっ」

未央「ふ、普段は自分で畳んで仕舞うんだからね?」

凛「はいはい」テキパキ


9:2015/06/23(火) 01:18:46.73 ID:

武内P「……」

本田弟「あのさ……」

武内P「? はい……?」

本田弟「おじさん、姉ちゃんのプロデューサー、だよね?」

武内P「――はい」


10:2015/06/23(火) 01:19:40.51 ID:

 リビング

武内P「腕相撲……ですか?」

本田弟「そう!」

武内P「……分かりました」

本田弟「よーしっ!」スッ

武内P「……」スッ

 ガシッ

本田弟「レディー……ゴーッ!!」グッ

武内P「……」ググッ


11:2015/06/23(火) 01:20:23.22 ID:

凛「それで、なんで風邪ひいたの?」

未央「うっ」

卯月「昨日までとっても元気だったのに」

未央「ううっ」

凛「どうなの、未央?」

未央「えっと、それがー……」

未央「昨日……ちょっと寝苦しかったじゃん?」

卯月「確かに、ちょっと蒸し暑かったですね」

未央「それで、少し冷房入れて部屋を冷やすつもりが、入れたまま寝ちゃってー」

凛「つまり、それで風邪ひいた、って事?」

未央「それがさそれがさ、気付いたら、おなかも出ててさぁ」

卯月「未央ちゃん……」

未央「てへへ、面目ねぇ」


12:2015/06/23(火) 01:21:40.09 ID:

本田弟「ふぬぬぬぅぅ!」

武内P「……」

本田弟「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬうぅぅぅぅぅ!!!」

武内P「……」

本田弟「おじさんっ、まえっ、うちに来たよね……っ!」

武内P「……その節は、申し訳ありませんでした」

本田弟「あの時っ、姉ちゃんが落ち込んでたのはっ、おじさんのせいっ!?」

武内P「っ!!」

武内P「――はい、私の、責任です」グググッ

本田弟「ぬぐあぁぁぁぁっ」


13:2015/06/23(火) 01:22:18.28 ID:

凛「ふーん……」グイッ

未央「うえぇぇぇ!?」

卯月「凛ちゃん!?」

凛「このお腹が、未央に風邪をひかせたんだ」ピトッ

未央「ひゃうっ!?」

卯月「り、凛ちゃん? どうしたんですか……?」

凛「……」サスサス

未央「うひっ!? ひあはははっ! し、しぶりん! くすぐったいっ!!」


14:2015/06/23(火) 01:22:46.37 ID:

本田弟「もう!」

武内P「……?」

本田弟「もう、あんな姉ちゃんっ、見たくないっ、からっ!」ググッ

武内P「!!」

本田弟「もう、姉ちゃんの事っ、あんな顔させないってっ――」グググッ

本田弟「約束、しろぉっ!!」

武内P「――はい」ググググッ

本田弟「!?」

武内P「お約束、します」グググ トンッ


15:2015/06/23(火) 01:23:20.62 ID:

凛「ねえ知ってる?」

卯月(豆しば?)

未央(豆しぶりん?)

凛「おなかを時計回りにさすると、通じが良くなるんだって」

未央「……え?」

卯月「えっと、通じって、何のですか?」

凛「おなかの」

未央「…………え?」グギュルルルルル

未央「ぉおぅっ!?」


16:2015/06/23(火) 01:24:08.49 ID:

本田弟「ぷはぁ……負けたー」グタァ

武内P「……」

本田弟「あー、あと……」

武内P「はい……?」

本田弟「僕がこんなこと言ったの……姉ちゃんに言わないでよ」ポリポリ

武内P「……はい」フッ

本田弟「男と男の約束」スッ

武内P「必ず、守ります」スッ

 コツン


17:2015/06/23(火) 01:24:34.44 ID:

未央「トットトトトトットイレッ……!」ヨロヨロ

卯月「未央ちゃん、落ち着いて!」

卯月「支えますから、私に掴まってください!!」

未央「あ゛、ありがとっ、しまっ、むーっ……」ヨタヨタ

卯月「えっと、おトイレは……」

未央「こ、こっち……」ギュルルッ

未央「うひぃっ!?」

卯月「頑張ってぇ! 未央ちゃん!」


凛「……」


18:2015/06/23(火) 01:25:05.78 ID:

卯月「ふぅー、なんとか間に合いました……」

凛「……」ワキワキ

卯月「凛ちゃん? どうしたんですか……?」

凛「あ、うん……」

卯月「?」

凛「思いつきであんな事やったら、ホントに効いちゃって驚いた」

卯月「あれ、思いつきだったんですか!?」

凛「え、うん」


19:2015/06/23(火) 01:25:32.64 ID:

卯月「凄いラッキーですね!」

凛「ラッキー、なのかな……?」

卯月「私も、もしその、お通じが良くなかったら、試してみようかなーって思いました!」

凛「そ、そう……」

凛(今度、自分でも試してみようかな……)

凛「……? あれ、そう言えばプロデューサーは?」

卯月「あ、そう言えば、廊下には居ませんでした」

凛「どこ行ったんだろ?」


20:2015/06/23(火) 01:26:06.99 ID:

本田弟「えっと、お茶っ葉ってこれくらい?」

武内P「……もう少し、入れても大丈夫です」

本田弟「そう?」

凛「プロデューサー、こんな所にいたんだ」

武内P「渋谷さん」

凛「……って、何やってるの?」

武内P「……ちょっと、お茶を」

凛「何か、手伝う?」

武内P「いえ、もう大丈――」

 ザラッ

本田弟「ああっ!? 入れすぎた!」

武内P「っ!? まだ、茶葉は濡れていません。落ち着いて、茶筒に戻してください」

本田弟「う、うんっ」

凛「……?」


21:2015/06/23(火) 01:26:41.62 ID:

卯月「未央ちゃん、ゆっくりね?」

未央「うん……」

凛「未央、寝てなきゃ」

未央「いやぁ、出すもの出したら、少し楽になったよー……」

凛「そう……」

未央「あと、その前に、水分補給させて……」

卯月「台所、どこですか?」

未央「こっち……」

凛「未央と卯月は座ってて。ここだよね?」

未央「おぉう……ありがと……」


22:2015/06/23(火) 01:27:15.11 ID:

武内P「……」ゴソゴソ

本田弟「……」ゴソゴソ

未央「で、アンタはプロデューサーとなにやってるの……?」

本田弟「お茶入れようと思って、プロデューサーのおじさんに手伝ってもらってた」

未央「へー……アンタもそんな気が使えるようになったかー……」

本田弟「姉ちゃんよりは気、使えるし」

未央「ほほー……」

卯月「わぁ、ありがとうございます!」ニコーッ

本田弟「あ、いえ、その……」

未央「ん? んんー?」

本田弟「な、なんだよ……」

未央「何照れてんだー? このこのー……」


23:2015/06/23(火) 01:27:51.30 ID:

凛「バカな事やってない。ほら、お水」

未央「てへ、ありがとしぶりん」ゴクゴク

未央「ふぅー、生き返る……」

凛「大袈裟なんだから」

武内P「本田さん、お加減の方は、如何ですか?」

未央「うん、少し楽になった……」

武内P「それは、何よりです。しばらくは、体調の回復に、努めてください」

未央「はーい……」グクー

未央「」


24:2015/06/23(火) 01:28:17.33 ID:

未央「あ、あははー。さっき出し過ぎちゃったかなー……」

卯月「未央ちゃん!」

凛「未央! そう言う事、人前で言わない!」

未央「ボケに走らない方が、逆に恥ずかしいじゃん……」

武内P「渋谷さん、島村さんも、お茶が入りました」

本田弟「あ、あの、どうぞ……」

凛「あ、ありがと……」

卯月「ありがとうございます!」

本田弟「……」

武内P「本田さんも、宜しければ……」

未央「う、うん……」


25:2015/06/23(火) 01:28:53.71 ID:

武内P「あの……」

未央「ん?」ズズー

武内P「空腹でしたら、何か、作りましょうか?」

未央「ぶっ!?」

未央「きっ、聞かれてたぁ!!」

凛「プロデューサー? そう言うのはスルーしなきゃ」

武内P「はぁ……ですが、せっかく食欲があるのでしたら、食べた方が回復につながるかと」

凛「それは、そうだけど……」


26:2015/06/23(火) 01:29:23.66 ID:

卯月「プロデューサーさん、お料理出来るんですか?」

武内P「お粥程度であれば、なんとか……」

未央「じゃあ、せっかくだし、お願いしようかなー」

武内P「……分かりました」

未央「あ、お米の場所とか……」

本田弟「僕が教えるから!」

未央「え、そう? じゃあよろしく……」


27:2015/06/23(火) 01:29:51.17 ID:

未央「んー……?」

凛「なんか、プロデューサーと未央の弟、仲良くなってる?」

未央「やっぱりそう思う?」

卯月「弟さん、良い子ですね!」

未央「えー? 普段なんて生意気なだけだよ?」

卯月「そうなんですか?」

未央「猫被ってるだけだって」

凛「ふーん……気持ちはわからなくはない、かな?」

未央「えー? しぶりんも猫被ることあるの?」

凛「んー……店番の時とか、被ってると言えば、被ってるような、気も、する……」

卯月「そう言えば、凛ちゃんがお店にいた時に、私、お花買いました!」

未央「えー! ずるい!」

凛「ずるいって……それにあれは、アイドルになる前だったし」


28:2015/06/23(火) 01:30:17.74 ID:

本田弟「姉ちゃん……」

未央「ん? プロデューサーは?」

本田弟「必要そうなものの場所は教えたから、もう大丈夫だって」

未央「そっか、ありがとね」

本田弟「じゃ、僕部屋にいるから」

卯月「え? 行っちゃうんですか?」

本田弟「え?」

凛「少しお話、しよう?」

未央「えぇ!? 二人してうちの弟をたぶらかそうとしてる!?」

凛「未ー央ー?」

未央「冗談冗談。二人もこう言ってるし、アンタが嫌じゃなかったら少し付き合ってやってよ」

本田弟「う、うん……」


29:2015/06/23(火) 01:30:45.39 ID:

本田弟「……」トテトテ

凛(ん……?)

卯月(あれ……?)

本田弟「……」ポスン

未央「……」

本田弟「……なに?」

未央「いやぁ……なんで私の隣? そこ開いてるのに」

本田弟「プロデューサーさんが戻ってきたら、座るかなと思って」

未央「あー、なるほど」

卯月「ホントに良く気が付いて偉いですね!」

本田弟「そ、そんなこっこと……」

凛(噛んだ?)

未央(こいつ、噛んだ!)


30:2015/06/23(火) 01:31:18.28 ID:

未央「うーん……」

卯月「未央ちゃん、どうしたんですか?」

未央「えいっ!」コチョコチョコチョ

本田弟「えっ!? な、やめっ、あはっ、あはははははひゃっ、やめろってぇ!!」

凛「未央!?」

未央「無駄な抵抗はよせー! えーい!」

本田弟「ちょっまっ息がっひっひゅっ!」

卯月「未央ちゃん!? 止まって!」

未央「おりゃおりゃおりゃおryげほっごほっ」

凛「ああもう! いつの間にかいつもの調子になってたから、うっかり忘れてたけど、体調悪いんでしょ!?」

未央「ごほっごほっ、もーしぶりんのうっかりさん……けほっ」

凛「怒るよ?」

未央「ごめん」


31:2015/06/23(火) 01:31:57.17 ID:

本田弟「」

卯月「だ、大丈夫ですか!?」サスサス

本田弟「けほっ……ひゅー……ひゅー……」

卯月「未央ちゃーん、やり過ぎですよー」

未央「あ、あははー、ホントごめん……」

凛「ホントだよ……で? 急に、どうしたの?」

未央「いやー、なんか緊張してるっぽかったからさ?」

未央「その緊張をほぐしてやろうかなーって言う、お姉様の粋な計らいだよ?」

本田弟「死ぬかと、思った……」ゼーッ ゼーッ

未央「うーむ、刺激が強すぎたか……」

凛「未央」

未央「ん?」

凛「反省」

未央「ごめんなさい」


32:2015/06/23(火) 01:32:34.17 ID:

卯月「落ち着きましたか?」

本田弟「は、はいっ。ありがとう……あ、ございます」

卯月「ふふっ、どういたしまして!」

未央「無理して敬語使おうとしなくても、たぶん大丈夫だよー?」

本田弟「無理してないし!」

卯月「ふふふっ」

未央「しまむーどうしたの?」

卯月「いえ、なんかちょっと、かわいいなって思っちゃって」

本田弟「か、かわっ!?」

凛「卯月。この子くらいの男の子にかわいいは、かわいそうだよ」

卯月「あっ、ご、ごめんなさい! そう言うつもりじゃ……!」

本田弟「あ、うん、大丈夫、だから……」


33:2015/06/23(火) 01:33:24.02 ID:

本田弟「ねえ、姉ちゃん……」

未央「うん? どうした?」

本田弟「その……」ボソボソ

未央「ふんふん、んー?」

未央「はっはーん、そういう事かー」ニヤニヤ

本田弟「……うっさいな」カァッ

未央「んー、でも色紙かー」

凛「……色紙がどうかした?」

未央「しまむーのサインが欲しいんだって」

本田弟「あっ」

未央「まーまー、どーせバレるんだから」

卯月「わ、私のですか!?」

凛「良かったね、卯月。ファンが出来たよ」

卯月「嬉しいですけど、ちょっと恥ずかしいですね、これ……」

未央「ただ、残念ながら、色紙がねー」


34:2015/06/23(火) 01:34:03.76 ID:

武内P「お待たせしました。お粥が、出来ました」

未央「わっ!?」

武内P「どうか、しましたか?」

未央「ううん! ちょっと考え事してて!」

武内P「そうですか。熱いので、気を付けて食べてください」

未央「わー、ありがとう」

凛「……プロデューサー」

武内P「はい?」

凛「色紙とか、持ってたり、する?」

武内P「……はい、念のために、何枚かは、鞄に入れていますが」

未央・卯月「!!」

凛「だって。良かったね」


35:2015/06/23(火) 01:34:44.60 ID:

武内P「? ……それが、なにか?」

凛「この子がサイン欲しいんだって」

武内P「なるほど、そう言うことですか」ゴソゴソ

武内P「こちらを、どうぞ」

卯月「ありがとうございます! ……あれ?」

武内P「なにか、問題がありましたか?」

卯月「……! いえ、大丈夫です!」

卯月「はい、凛ちゃん、未央ちゃん」

凛「えっ」

未央「ふー、ふー……えっ」

卯月「色紙、三枚ありましたから、みんなで書きましょう!」


36:2015/06/23(火) 01:35:33.34 ID:

未央「そっかー、姉上のサインも書いてやるかー」

本田弟「いや、姉ちゃんのは別に……」

未央「何か失礼な事言ったかー? ユニットのリーダー私なんだけどなー、んー?」

本田弟「ほ、欲しいかなー」

未央「そうそう、素直にそう言えばいいんだよ」

凛「まったく、未央は……って言うか、私も書く流れ?」

卯月「私たちユニットですから、三枚一緒の方が良いですよ!」

凛「それもそっか」


37:2015/06/23(火) 01:35:59.50 ID:

 サラサラ キュキュッ

卯月「はい! どうぞ!」

凛「はい、これも」

未央「ありがたく受け取れ―」

本田弟「あ、ありがとう!」

未央「我がニュージェネレーションズ陣営は、ファンを手に入れた!」

凛「はいはい、良いから落ち着いてお粥食べなよ」

凛「また調子に乗ってると、今度は熱が上がるんじゃない?」

未央「う゛っ」


38:2015/06/23(火) 01:36:41.91 ID:

卯月「あ、あの、未央ちゃん」

未央「どったの、しまむー?」

卯月「その、お粥、一口貰っても、良いですか?」ウヅウヅ

未央「ほほう、プロデューサー手作りのお粥様に目を付けるとは、お目が高いっ」

凛「!!」

未央「じゃあ、ふーっ、ふーっ、はい、あーん」

卯月「あー、んっ」

凛「なにやってんの……」

卯月「っ!? っ!!」

凛「なにやってんの!?」

卯月「んっ、はふっ、あふっ、んんっ!」

本田弟「お、お水! お水!?」

凛「お茶! もう冷めてるから!!」

卯月「んっ」ゴクゴク


39:2015/06/23(火) 01:37:19.68 ID:

卯月「ふぅ……熱いですよー、未央ちゃーん」

未央「ごめんごめん、思ってた以上に熱かったかー」

武内P「…… 一応、事前に申し上げていたのですが……」

卯月「うぅー、舌がヒリヒリします……」

凛「ふーっ、ふーっ、ふーっ……んっ」パクッ

未央「いつの間にかしぶりんが食べてるっ!?」

凛「……」モグモグ

未央・卯月「……」ジー

凛「ん、程よく味が付いてて、美味しい」

未央「おぉ……」

卯月「うぅ……今食べても、味解らなそうです……」

凛「味付けって塩だけ?」

武内P「いえ、塩と、ダシの素です」

凛「ふーん……」


40:2015/06/23(火) 01:37:46.46 ID:

未央「ふー、食べた食べた」ポンポン

卯月「じゃあ、薬飲んで寝ないとですね!」

未央「えー……って言いたいとこだけど、風邪治さないとだし、仕方ないかー」

凛「もう、おなか出して寝ちゃダメだからね?」

未央「ちょっ、プロデューサーの前でそれ言う!?」

未央「あ、プロデューサーで思い出したけど――」

武内P「なんでしょうか?」

未央「うちの弟と何かあった?」

本田弟「」ギクッ

未央「おやぁ? その反応、何かあったなー?」

本田弟「ね、姉ちゃんには関係ないし!」

未央「ホントに? プロデューサー?」

武内P「……ええ、特には、何も」

未央「んー……プロデューサーにそう言われたら、信じるしかないかー」

本田弟「……」ホッ


41:2015/06/23(火) 01:38:15.70 ID:

卯月「お邪魔しました!」

凛「事務所で待ってるからね」

未央「うん、ソッコーで治すから」

武内P「お大事に、してください」

未央「今日はありがとう、プロデューサー、しまむー、しぶりん」

武内P「ご無理は、なさらない様に」

未央「うん」


42:2015/06/23(火) 01:38:41.61 ID:

 翌日

未央「未央ちゃん、完全ふっかーつ!!」

卯月「未央ちゃん、治ったんですね! よかったぁ」

凛「早すぎない!?」

 ガチャ

未央「ふっふーん! きっとプロデューサーの愛情のこもったお粥パワーのおかげだね!」

凛「ぁ」

武内P「本田さん、回復されたのですね」

未央「」

凛「未央ー?」

未央「」

卯月「未央ちゃーん?」

未央「」


43:2015/06/23(火) 01:39:10.37 ID:

凛「……」フリフリ

未央「」ボッ

卯月「わっ!? 未央ちゃんのお顔が真っ赤に!?」

凛「卯月、体温計持ってきて」

卯月「えっ、た、体温計、体温計~っ!」

武内P「体温計なら、救急箱の中にあります。こちらです」

卯月「は、はいっ!」

凛「まったく……未央、とりあえずソファに座るよ? ほら、腰下ろして」

未央「ぁぅ~、しぶり~ん」


44:2015/06/23(火) 01:40:01.83 ID:

凛「本人に聞かれてダメージ受けるくらいなら、言わなきゃ良いのに……」

未央「わたくし、またしても調子に乗ってしまいました……」オヨヨ

凛「なにそれ、ボケのつもり? ……今更ボケにしたところで、私しかいないよ」

未央「うん……ほら、しぶりんはツッコミだから、とりあえずしぶりんが聞いててくれればいいや」

凛「いつまでも付き合いきれないからね?」

未央「えー、しぶりんに見捨てられたら、ボケと天然ボケしか残らないじゃん」

凛「あ、卯月は貰っていくから」

未央「あれっ!? もしかして私だけ捨てられる系?」

凛「ふふっ」

未央「ひどーいー」


45:2015/06/23(火) 01:40:44.85 ID:

凛「大丈夫だよ、私たちは三人いないとうまく回らないんだから」

未央「……え?」

凛「昨日のレッスンなんて、卯月と二人してボロボロで、ダンスのトレーナーさんに心配されちゃったくらいだし」

未央「そっかー。私が居ないとダメかー」

凛「だから、調子に乗らない」コツン

未央「てへ、はーい」

凛「ま、こんな醜態晒しちゃったんだし、数日は本格的なレッスンは出来ないんじゃないかな?」

未央「えぇ!? 身体動かしたいです、渋谷先生!」

凛「私に言ってもダメだよ。プロデューサーとトレーナーさんが決めることだし」

未央「そんなぁ~」

卯月「凛ちゃん! 体温計ありましたぁ!」

凛「ん……じゃ、せっかく卯月が見つけてきてくれたから、一応体温測るよ?」

未央「あーい」


46:2015/06/23(火) 01:41:15.94 ID:

 ピピッ

【37.8℃】

凛「」

卯月「」

武内P「」

未央「え? どうしたの?」

武内P「本田さん……すぐに家へ帰って、安静にしてください」

未央「えぇ!? なんで!?」

凛「はい、これ」スッ

未央「」

武内P「……心配なので、本田さんをご自宅まで、送ってきます」

卯月「はい! ぜひそうして下さい!」

未央「そんなぁ~」

凛「ホント、付き合いきれないよ……」


 おわり


47:2015/06/23(火) 01:43:52.58 ID:
モバマス人外SSを書き溜め→煮詰まる→息抜きに志希にゃん謹製お薬SSを書き溜め→思いの外長くなって煮詰まる→息抜きにry(今ここ)
さて、どっちから手を付けるかなー


48:2015/06/23(火) 01:44:19.64 ID:


高熱出した翌日治ったと思ったらまだまだ熱があったって結構あるよね


50:2015/06/23(火) 03:52:57.54 ID:
おっつおっつ いい雰囲気だった

あと俺も武内Pの手料理食いたい


51:2015/06/23(火) 15:18:59.53 ID:
武内Pのお粥:アイドルのSPを50回復。


52:2015/06/23(火) 17:12:14.39 ID:
MAXいくだろww




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434989470/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←