1:2015/06/24(水) 21:19:03.59 ID:
智絵里「…………」

P「えーっと」

智絵里「私のものになれ…………です」

P「なんでさ」

緒方智絵里83


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435148333

3:2015/06/24(水) 21:20:32.51 ID:
智絵里「これ…」
スッ

P「四葉のクローバー今日も持ってたのか」

智絵里「花言葉…知ってますか?」

P「いやしらん」

智絵里「私のものになれ」

P「男らしいのな」


4:2015/06/24(水) 21:22:00.86 ID:
智絵里「4つ葉の一枚一枚に意味もあるんですけど…とにかくソレなんです」

P「そうか」

智絵里「…………」

P「…………」

智絵里わたしのものに」

P「ならないからな」


5:2015/06/24(水) 21:24:22.12 ID:
智絵里「…ふふ、やりますね」

P「何がどうやるかは知らんが今日は楽しそうだな」

智絵里「はい、やっと素直になれた気がします」

P「まあ遊びはほどほどにな」

智絵里「なってくれないんですか?」

P「もの扱いはイヤだな」


6:2015/06/24(水) 21:26:19.10 ID:
智絵里「…………」
プゥ

P「ふくれないかわいいから、ほれどうしても物にしたいなら力づくなんてのはどうだ?」

智絵里「力づく…ですか」

P「そうそう、それなら俺も文句は」

智絵里「───チョップです」

P「え───?」
ズバシャア


7:2015/06/24(水) 21:28:11.45 ID:
P「…………」
タラリ

智絵里「…………」

P「あ、あははは、漫画みたいに頬に一文字の刀傷がついちゃったぜ」

智絵里「私のものになりますか?」

P「いやー何時からこんな事出来る様になったんだ?プロデューサーびっくりで」

智絵里「次は首を狙います」


8:2015/06/24(水) 21:34:26.63 ID:
P「え、えええぇ…?何?なんなのなの?朗らかな日常会話じゃなかったの?」

智絵里「もう…逃げられません」

P「そうだきっと夢だ、目が覚めたら俺はいつもの平和な事務所で引っ込み思案な智絵里と穏やかに」

智絵里「Pさんが私のものになる…ふふ、夢みたいですね、えへへ」

P「血のりがついた手が無かったら本当に夢の光景なのにな!」


9:2015/06/24(水) 21:38:53.46 ID:
P「クソ!とにかく逃げるしかないか」
ダッ

智絵里「あっ…ま、待って下さい!そっちは───」




P「もう一体何なんだろうか、本当にこれは夢だったり」
タタタタタ   ドン!

P「あいて、すいません、前を見ずに走っていたら」

ゾンビ「ァ…………ゥ………」

P「」


10:2015/06/24(水) 21:46:34.48 ID:
P「やっぱり夢だコレ」

ゾンビ「……………………」

P「だからきっとこのゾンビに襲われても平気で」

ゾンビ「ァァァァァアアアア!」
ガシッ

P「ああ畜生やっぱ夢じゃない!!」

ゾンビ「ガアッ!」

P「か、噛まれるのだけは…でも力負け…ぐっうぅヤバイここまでで…」



小梅「…えいっ!」
ドンッ

ゾンビ「グガァ」
ドサッ

P「え…?」


11:2015/06/24(水) 21:50:11.62 ID:
P「小梅!?」

小梅「…こっち!」

P「お前助けてくれて」

小梅「い、いいから…早くしないと、追い付かれちゃう」

P「お、おう」



物陰



小梅「ここなら、いいかな」

P「助かったよ、ありがとう小梅」

小梅「ううん…わ、私もPさんが目的だったから…いいの」

P「…うん?」


12:2015/06/24(水) 21:53:39.05 ID:
P「目的…って?俺を助ける事がとかか?」

小梅「…………うん」

P「そうか、すまんな…というか状況が良くつかめなくてさ」
パチパチ

小梅「…………」

P「いつもの日常を送ってたはずがいきなり命を狙われるわ」
スルスル

小梅「…………」

P「あげくゾンビに出会って襲われるとか」
シュルシュル

小梅「…………」

P「何故か俺の服を脱がせてる小梅とかさ!」
ガシッ

小梅「あっ」


13:2015/06/24(水) 22:02:06.68 ID:
P「何してんの!?」

小梅「脱がしてるの」

P「見りゃ解るよ!」

小梅「ダメ?」

P「ダメに決まってるでしょ!そもそもこんな事してる場合じゃないっていうかそもそもゾンビは何だって言うか…うぐ」

小梅「私…Pさん…ほ、欲しい」
ペタペタ

P「ちょ、ちょっと待て、くすぐったいって言うか絵的にまずいっていうか愛海じゃないんだから胸を狙うなっていうか俺に胸はないぞっていうか」

小梅「…ふふ、鼓動…速くなってる」


14:2015/06/24(水) 22:07:18.24 ID:
P「(アカンこんな所見られたらプロデューサー生命が)」

小梅「心臓の音が…聞こえる…生きてる音が…」

P「生きてるからな!ほら満足したろ?それなら離れ───」

小梅「…素敵な音……だから…私のものに─────」
シュッ!

P「!?」
バッ



小梅「あ…………ちぇっ」

Pお、「恐ろしく速い抜き手、俺でなければ見逃しちゃうね」


15:2015/06/24(水) 22:14:31.69 ID:
小梅「ど、どうして…逃げるの?」

P「逃げなかったら死んでたよね」

小梅「……欲しい…Pさんの…ハート」

P「そんなん物理的に手に入れてもしょうがないだろ」

小梅「大丈夫…私なら…それでPさんをゾンビにしちゃうから…」

P「…………え」

小梅「私のものに…できる、ずっと一緒…これで一緒に…」

P「それじゃそういう事で」
ダッ

小梅「逃がさない…来て皆」

ゾンビA「アアアアァァァ」

ゾンビB「アアアアァァァ」

ゾンビC「アアアアァァァ」

ゾンビD「アアアアァァァ」

ゾンビE「アアアアァァァ」

ゾンビF「アアアアァァァ」

P「」


17:2015/06/24(水) 22:20:16.80 ID:
P「なあひょっとして始めのゾンビも」

小梅「うふふ…バ、バレちゃった?」

P「は、ははははは」

小梅「…痛いのは一瞬だから…じ、じっとしてて…」

P「(駄目だ、さっきと違い囲まれて逃げ場がない今度こそ俺は終わって)」



────チョップです

ゾンビA「グアアァ!?」


18:2015/06/24(水) 22:26:04.39 ID:
P「この声…まさか」

────チョップです

ゾンビB「アアガァ!?」
ズバシャ

────チョップです

ゾンビC「グアラァ!?」
ズシャッ

────岩山両斬波です

ゾンビE・D・F[あべしっ!」
ブシュウウウウ


智絵里「ふぅ、危ない所でした」


19:2015/06/24(水) 22:30:46.83 ID:
P「(最後一瞬やけにゴツく見えたのは気にしない事にしよう)」

智絵里「大丈夫でしたか?」

P「助かったよ、ありがとうな」

智絵里「良かった…Pさんに何かあったらって思ったら…」

P「智絵里…」

智絵里「だから私のものになれ」

P「断る」

智絵里「意地悪…です、むう」
プゥ

P「かわいい」


20:2015/06/24(水) 22:37:24.65 ID:
小梅「あーあ…追い付かれ、ちゃった」

智絵里「勝負は尽きました…引いてください」

小梅「……まだまだ、だよ」
ニヤリ

小梅「地の獄に眠りし躯達よ今汝らに仮初めの生を与えん………我が声に答えよ」

蘭子「!」
ガタッ

P「お前じゃねえ座ってろ」

ボコッ ボコッ ボコココ

ゾンビG~Z「「「「「「「アアアアアアアァァァ!!!」」」」」」

P「えぇ…」

小梅「ふふ、ゾンビなら…幾らでもいるの…勝負はここから…ふふふ」

智絵里「大丈夫ですよPさん…魂の無い有象無象などどれだけいたって北斗神拳の敵じゃないですっ!」

P「かっこいー」


22:2015/06/24(水) 22:43:11.78 ID:
………
……


P「さて無双シリーズの如く智絵里がゾンビを薙ぎ払ってるのを目くらましにあの場から逃げ出した訳だがどうすっかなあ」

晶葉「お困りの様だな!」

P「お、こういう時こそ晶葉の出番だよな、さーどうにかしてよアキえもん」

晶葉「うむ、だがまず初めに言っておくことがあるんだ…これを見てくれ」
ゴトッ

P「それは?」

晶葉「今回の発明品『もっと癖を出して走れ』君だ」

P「ふんふん」

晶葉「使うと使用者の特徴が強く表れる」

P「成る程」

晶葉「つまり騒ぎの元凶は私だったという訳だ!」

P「よし、尻を出せ、叩く」


23:2015/06/24(水) 22:51:54.04 ID:
晶葉「こ、こんな間昼間からか?その私も吝かではないがいきなりそういうのは順序が…」

P「ボケはいいから早く元に戻してくれ、あの小動物みたいな二人に命を狙われるとか精神辛いんだよ」

晶葉「釣れない奴め、助手失格だぞ全く…がその求めには答えられない、アレは一定時間経つまで効果が消えない」

P「おいおいじゃあどうするんだ?」

晶葉「そうだな、一緒に海外にでも行こう」

P「そうか海外かほとぼり冷めるまで………ん?」

晶葉「丁度気になる講義があるんだよ、Pも来い、なーに早ければ数年で戻れる、その間はずっと傍にいろ私の助手なら当然だろ?」

P「お前も機械の影響受けてんじゃねーか!」


25:2015/06/24(水) 22:56:48.97 ID:
晶葉「その間も不自由はさせないし、そのさっきの…そのお尻も冗談じゃなくて私は、えっと」

P「もう嫌だああああ!!!」
ダッ

晶葉「あ、こら待て!女に恥をかかせる気か!こうなれば…カモンロボ達!Pを捕えろ!」

ウサちゃんロボA「ウサウサウサウサウサウサ」

ウサちゃんロボB「ウサウサウサウサウサウサ」

ウサちゃんロボC「ウサウサウサウサウサウサ」

ウサちゃんロボD「ウサウサウサウサウサウサ」

ウサちゃんロボE「ウサウサウサウサウサウサ」

ウサちゃんロボF「ウサウサウサウサウサウサ」


P「デジャブを感じる展開だなあクソクソクソ!」


27:2015/06/24(水) 23:04:51.26 ID:
晶葉「ハネムーンから逃げる気か!」

ウサちゃんロボズ「「「「「「「ウサウサウサウサウサウサ」」」」」」」

P「マリッジブルーにしといてくれ…げっ」

小梅「あ…も、戻ってきてくれたの?嬉しいな…」

ゾンビ軍団「「「「「「アアアアアァァァァ」」」」」」

P「いや、ちが」

智絵里「ふふ…今のちえりならゲージが溜まってるから超必殺技が出せますっ」
ブンブンブン

P「(ロボとゾンビと北斗神拳伝承者智絵里…ああ今度こそ、今度こそもう駄目だ、逃げ場が何処にも)」




ドカーン

???「…………………」


28:2015/06/24(水) 23:14:05.26 ID:
そこからは圧巻だった、ゾンビもウサちゃんロボも全て倒され
暴走していた少女達ものきなみ謎の乱入者に気絶させれれ
最後に今回の騒動の機械まで破壊しつくした


???「…これで大丈夫、みんな元に戻る」

P「あ…ああ」

???「じゃあねP、無事で良かった」
ザッザッザッ

P「待ってくれアンタは一体誰で…」

???「通りすがりのライダー…いやアイドルさ、覚えなくていいよ───」


29:2015/06/24(水) 23:17:15.03 ID:
晶葉「…………」

小梅「…………」

智絵里「…………」

P「…終わった、のか」

「おーい!」

P「ん?」

「どーしたのさP-!」
タッタッタッタ

P「この声は…」


30:2015/06/24(水) 23:20:28.17 ID:
光「ふー凄い騒ぎみたいだったけど何があったんだ?」

P「光か」

光「そうだアタシだぞ…呆けてるみたいだけど本当に大丈夫?」

P「ああ、平気だ…助けてくれた人がいたからさ」

光「…へーそうなんだ、どんな人?」

P「一言で言うなら…正義の味方だった」

光「へ、へえーそりゃ見たかったな!」


32:2015/06/24(水) 23:24:46.36 ID:
P「ああ凄くかっこよかったよ」

光「ふんふんふんふん」

P「最後も名乗らず去って行ってしまったしお礼も言えなかった」

光「渋いなぁ!カッコイイ!でもヒーローってのはそういう物だからしょうがないよね!」

P「だから次会う事があったらお礼言おうと思ってた、ありがとな光」

光「え、いいよいいよあの機械のせいでアタシの衣装が本物のライダーみたいに力が付いたからできた事……で……」

P「…………」

光「…………」


33:2015/06/24(水) 23:30:36.83 ID:
光「ど、どうして解ったの!?」

P「普段の衣装で気づかれない方がおかしいだろ」

光「別れる時誰か解らなかったんじゃ」

P「流石にあそこで突っ込むのは野暮かなと」

光「もー!Pのバカバカ!じゃあ今も黙っててよ!ここで誰なんだ一体…ってなるのがお約束でしょ!!」
ポカポカ

P「へいへいっと」
ペチペチ


34:2015/06/24(水) 23:36:39.72 ID:
光「うーヒーローの美学がー」

P「(ああ安心するな、これこそ普通の日常で)」

光「ったくしょうがないから責任取ってよ]

P「ん?」

光「正体がバレたらもうヒーローは出来ない…から、P?」

P「(え、この流れまさか)」

光「これからもアタシのプロデュースよろしく!一緒にアイドル頑張ろうね!」

P「…………」


37:2015/06/24(水) 23:44:26.09 ID:
光「あれ?どしたの?」

P「…今日は色々あってな、うん」
ナデナデ

光「あ…ちょっと撫でないで、嫌じゃないけどアタシは撫でられるほど小さくないぞ」

P「ここでお前からも私のものになれとか言われたらどうしたもんかと」
ナデナデ

光「私のもの…え?ちょ、ちょっとP何言ってるのさ!アタシはそんなつもりないっていうか…えーと…それにそもそも人を物扱い何て駄目で───」

P「あ、それ俺も言った───」










晶葉「ふっ、無垢さの勝利と言った所か、だが私の発明が破れようと第二題三の発明がきっとまた…」

小梅「ゾンビもう出せないや…ざ、残念…」

智絵里「穴があったら入りたい、です…あううぅぅ……」


おしまい


38:2015/06/24(水) 23:45:04.40 ID:
バレてるじゃねーかwwwwww


40:2015/06/25(木) 00:40:05.10 ID:
智絵里ssかと思ったらナンジョルノssだったが何の問題もないな
ナンジョルノなでなでしたい乙


41:2015/06/25(木) 01:46:59.59 ID:

良かった、Pの心臓を引き抜いて口に突っ込む小梅はいなかったんだね


42:2015/06/25(木) 01:51:12.19 ID:

こういう智絵里もアリだな…




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435148333/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←