1:2015/06/26(金) 19:33:29.94 ID:
飛鳥「ほう」

的場梨沙0


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435314799

2:2015/06/26(金) 19:37:55.29 ID:
梨沙「お見合い?」

P「そ。田舎の親父が送りつけてきた」

P「早く孫の顔が見たいから、お前もさっさと身を固めろってさ」

飛鳥「キミ、確か26だったか。結婚するなら悪い年齢ではないね」

P「いっちょ前に上から目線で言うな」ピシ

飛鳥「あぅ」

梨沙「ねえねえ、その写真ちゃんと見せてよ」

P「ほら」


3:2015/06/26(金) 19:40:38.02 ID:
飛鳥「これは……なかなか整った顔立ちをしているね」

梨沙「アンタにはもったいないくらいね」

P「だろ? 俺も写真を一目見た時からそう思ったんだ」

P「親父も自信満々に勧めてきたからな」

飛鳥「この人、年齢は?」

P「俺と同じらしい」

梨沙「同い年なら話も合いやすいかも」

梨沙「アタシのパパとママも、年は近いのよね」


4:2015/06/26(金) 19:44:04.89 ID:
P「んー……とりあえず、一度会ってみるかなあ」

P「部長にも、そろそろいい人を見つけてみてはどうかね、とかたまに言われるし」

飛鳥「そう言いつつも、顔はあまり乗り気に見えないけれど」

P「正直なところ、気ままな独身生活を捨てることには未練もある」

飛鳥「結婚は人生の墓場、というフレーズを信じるクチかい」


5:2015/06/26(金) 19:47:33.45 ID:
梨沙「アタシの親は幸せそうだけどね」

梨沙「ま、なんたってアタシみたいな超美人の娘がいるもんね!」

P「墓場とまでは思ってないけど、今の環境が変わるっていうのがな」

飛鳥「ヒトは変化を受け入れなければ生きていけない。いや、むしろ変化を求めることで進化を続けてきたんだ」

飛鳥「ボクもそうして、キミのスカウトに応じたわけだし」

P「ふむ、なるほど……」


梨沙「って、アタシを無視するな~っ!」


6:2015/06/26(金) 19:51:12.38 ID:
梨沙「まーでも実際、お見合いするのはどうなのかしらねえ」

P「梨沙は反対なのか」

梨沙「いや、アタシは別にいいんだけどさ。その……Pに奥さんができちゃうと、落ち込む子もいるんじゃないかなーと」

飛鳥「ありすとか?」

梨沙「そうそうありすとか……って、はっきり言っちゃだめでしょうが!」

飛鳥「P本人も気づいている事実だし、いいと思うけど」

梨沙「え? アンタ、ありすの気持ちに気づいてたの?」

P「さすがにあそこまで直球な態度とられると、色々と察する」


7:2015/06/26(金) 19:55:30.14 ID:
P「でも、ありすと俺で恋愛を成立させるのは問題が多すぎる」

P「あの子の感情も、本当に恋なのかはわからないからな。ただの憧れというか、そういうのがごっちゃになってる可能性もある」

飛鳥「なるほど。まあ、彼女の感情の正体なんて、ボク達にはおろか彼女自身にすらつかめないものだろうけど」

梨沙「……ところで飛鳥」

飛鳥「なんだい」

梨沙「えらく冷静だけど、アンタはどうなのよ」

梨沙「そのありす以上に、普段Pと一緒にいたがっているけど」

飛鳥「………」


8:2015/06/26(金) 19:58:10.75 ID:
飛鳥「ボクは別に、将来の伴侶としてPを見ているわけじゃない」

飛鳥「ただ、ひとりの大事な理解者として、できれば近くにいてほしいというだけさ」

飛鳥「いうなれば……そう、相棒、なんてどうかな」

飛鳥「キミの一番でいたいとまでは望まないけれど。そのぶん、末の長い付き合いをしていきたい」

飛鳥「いつかボクの担当がキミじゃなくなる日が来ても、たまに会うような関係でいたい」

飛鳥「……なんて、少し赤裸々にしゃべりすぎたかな。照れるね」フフ


9:2015/06/26(金) 19:59:54.63 ID:
梨沙「……なんていうか、飛鳥って意外とロマンチストよね」

P「そうだなあ。チチよりブルマ派ってことだよなあ」

梨沙「その表現で一気にロマンチックさが薄れたわね」

飛鳥「なるほど、チチとブルマの比較か……うまいね」

梨沙「飛鳥はそれでいいんだ……」

飛鳥「うん。ボクはチチよりブルマ(のポジション)がいいのかもしれない」

愛海「今乳の話してた?」ガチャッ

P「してたけどしてない」

愛海「そっかー。残念」トボトボ

梨沙「一瞬でフェードアウトしたけど、何しに来たのあの子」


10:2015/06/26(金) 20:04:06.78 ID:
P「決めた。前向きに見合いに挑戦してみよう」

P「飛鳥の言う通り、変化を求める心も大切だからな」

P「アイドルの子達に色々なことを求める傍ら、俺だけ安定志向というのもよくないし」

飛鳥「最終的に受けるかどうかは別として、仲良く話せるといいね」

梨沙「アタシはどっちでもいいけど、相手の女の人にヘンタイなことするんじゃないわよ」

P「しないって」

梨沙「ほんとに~?」ジトー

P「信用ないなあ」

梨沙「だって小学生のアタシにキワドい衣装着せるし」

P「あれは需要を考えてのことであって、決して俺の趣味ではない」


11:2015/06/26(金) 20:05:14.77 ID:
1週間後


梨沙「え、付き合うの断ったの?」

P「うん。結構いい感じの雰囲気だったんだけどな」

飛鳥「ならどうして」

P「いや、それがな? 話は弾んだんだが……俺が出す話題、事務所の子達のことばっかりでさ」

P「相手の人に『アイドルの方達のこと、大好きなんですね』って笑顔で言われて」

P「それで思ったんだよ。今はまだ、プロデューサーとしての仕事に集中しようって」

梨沙「P……」

飛鳥「ボク達を含め、みんな愛されているということだね」

梨沙「べ、別にアタシはうれしくないけどねっ」プイ


12:2015/06/26(金) 20:06:36.10 ID:
飛鳥「でも、相手の女性にはどう伝えたんだい」

P「そのまま正直に話したよ。頑張ってくださいって言われた」

飛鳥「いい人だね」

P「だな」

P「ところで、それに関連することなんだが」


13:2015/06/26(金) 20:07:16.02 ID:
P「俺の話で興味を持ったらしくてな。その人、うちでアイドルやることになった」

心「はぁ~い♪アナタのはぁとをシュガシュガスウィート☆さとうしんことしゅがーはぁとだよぉ☆」



梨沙「………」

飛鳥「………」


りさあす「は?」


14:2015/06/26(金) 20:08:21.12 ID:
心「あれぇ、おかしいなぁー? 反応が薄いぞ? ていうか反応しろ☆」

P「というわけで、今日から事務所の仲間になる佐藤心さん(26)だ。みんな仲良くしてあげてな」

心「やーん、歳は言っちゃらめぇって約束だろ☆」

P「といっても、お見合いの話の時にすでに説明済みなので……」



梨沙「何が何だかわからない……」

飛鳥「お見合いに行ってアイドル候補をスカウトしてくるとは……P、やはりキミは面白い」


16:2015/06/26(金) 20:10:09.31 ID:
梨沙「チチを探しに行って……なに? 18号でも見つけてきた?」

飛鳥「18号はちょっと違うんじゃないかと思うが……」

飛鳥「なんにせよ、言えることがあるとしたら」


飛鳥「プロデュースに専念することを決めたPは、きっとボク達にロマンティックをくれるんじゃないかな」キリッ

梨沙「うまく締め……てるのかしら、これ」


おしまい


18:2015/06/26(金) 20:18:36.35 ID:
おつおつ、ほのぼのしてていいねえ


19:2015/06/26(金) 20:21:26.18 ID:
ワロタ
すきだわ


20:2015/06/26(金) 20:42:05.76 ID:
シュガハさんが超お淑やかだったら萌えるなー
おつ


21:2015/06/26(金) 20:50:25.46 ID:
おつおつ
今回も面白かったです




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435314799/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←