1:2015/06/07(日) 22:49:02.54 ID:
タ級「怪我した者はこっちへ並べ」

イ級「痛いよ……あいつら許せないよ……」ぼろっ

ロ級「俺たちが何したって言うんだ……」ぼろっ

ハ級「散々こき使って沈めた挙句、まだ暴力を振るうなんて……僕たちは遊んでただけなのに……」


深海提督「またか……」

タ級「注意はしているのですが子供達はどうにも遠くまで遊びに行ってしまって……」

深海提督「最近また酷いみたいだな」

タ級「はい、艦娘によるイ級を中心とした程レベルの駆逐、軽巡への暴力事件が後をたちません」

深海提督「我々が何をしたと言うのだ……元をたどれば自分たちの責任で我々は生まれたと言うのに……」

イ級


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433684932

2:2015/06/07(日) 22:58:39.29 ID:
イ級「提督……提督……」

深海提督「どうした?私ならここにいるぞ?」ギュッ

イ級「僕、悔しいよ……あいつら、いきなり……」

深海提督「そうだな。悔しいよな」

イ級「仲間で遊んでただけなんだ。誰にも迷惑はかけて無い……なのに……!」

深海提督「わかった。わかったからもう喋るな」

イ級「僕たちを殴って、蹴って、撃ちまくって……何でそんなことするのって、何もしてないのにって……!」

深海提督「……っ」

イ級「そしたらあいつら言ったんだ……戦意高揚状態になる為だけに殴ってるって……憂さ晴らしだって……!」

イ級「提督……僕たちは艦娘に殺される為に生まれ変わって来たの……?提督…………」ぱたっ…

深海提督「イ級!イ級!!」

タ級「後安心ください。気を失っただけです。すぐにドックへ」

深海提督「おのれ艦娘共め……!!」



4:2015/06/07(日) 23:05:36.87 ID:
鎮守府前

島風「おっそーい!」←レベル98

時雨「ごめんね、なかなか上手く走れなくて」よろっ←レベル1

夕立「はうー……そんなに早く走れないっぽい~!」よろっ←レベル1

島風「仕方ないなぁー……じゃあココでいっか」ぽいっ


イ級「ねぇ、何かいい匂いしない?」

ロ級「うん、するする!あっちからお菓子の匂いがするよ!」

ハ級「でもあっちで水面に出たら危ないから行っちゃダメだってリ級お姉ちゃんが言ってたよ?」

イ級「少しだけなら平気だって!!」

ザパッ

ロ級「あっ!やっぱりお菓子だ!おーい、ハ級もおいでよー」

ハ級「危ないよー。やめようよー」


島風「にしし、敵艦みーっけ」

イ級「!!」


5:2015/06/07(日) 23:09:08.31 ID:
島風「砲雷撃よーい!」

イ級「な、なになに!?」

ロ級「違うんです!僕たちはお菓子を探しに来ただけで」


夕立「なんか言ってるっぽい?」

時雨「どうだろう……慌ててるように見えるけど……?」

島風「そんなの関係ないよー。それ、いっくよー!どっかーん」

イ級「うわあぁぁぁぁぁぁぁ!」

ロ級「ぎゃあああああああ!」




6:2015/06/07(日) 23:13:47.78 ID:
ハ級「ぐすっ……ぐすっ……」

タ級「どうした……と、それは……」

ハ級「お菓子の匂いがして、危ないって、でも音がなって、そしたら2人が沈んできて、私、わからないから、2人が、だから、だから……ひっく」

タ級「わかった。よくここまで連れてきてくれたな。後は私たちに任せて休みなさい」

ハ級「タ級さん、この2人助かるよね?大丈夫だよね?」

タ級「安心しなさい。少し時間はかかるけれどちゃんと治るわ」

ハ級「よかった……」


7:2015/06/07(日) 23:22:25.11 ID:
島風「もう!早く早く~!!」

時雨「少し、休憩しても良いかな……」

夕立「疲労溜まっていっぱいいっぱいっぽい~」

島風「だめだめー!戦意高翌揚状態にする為に来てるのに疲れるとかあり得ないよー!」

チャプッ……

ハ級「許せない……あいつら……」

ハ級「うわあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

時雨「なに!?雄叫び!?」

バシュッ

夕立「島風ちゃん!危ない!そっちに魚雷来てるっぽい~!!」

島風「だったらそれから守るのがそっちの仕事でしょ?」グイッ

夕立「ぽい!?」

時雨「夕立!?」

ドーン!!!!

夕立「


9:2015/06/08(月) 09:19:23.22 ID:
時雨「夕立、大丈夫?」

夕立「うー……ダメっぽいー……」大破

時雨「島風!夕立が大破しちゃったから退却しないと!」

島風「え?どうして?」

時雨「どうしてって……」

島風「それっ!いっくよー!!」

ハ級「うわあぁぁ……っ」

ドーンッ!!

時雨「はぁ……夕立、もう大丈夫だからね」

夕立「ごめんね、時雨ちゃん」


10:2015/06/08(月) 09:26:40.38 ID:
島風「さぁトドメいっくよー!」

ハ級「もうダメ……体が動かない……」大破

ハ級「イ級とロ級の2人は大丈夫だったかな……治ってれば良いな……」

ハ級「みんなごめんね……」

イ級「どーりゃああああ!!」

ズドンッ!!

時雨「なに!?援軍!?」

イ級「いってぇぇぇぇ!!けど生きてる!!ハ級、大丈夫か!!」中破

ハ級「イ級……?」

ロ級「ウラー!!!!」バシュッ

夕立「島風ちゃん、あぶない!!逃げて!!」

島風「だから島風を守るのが2人の仕事なんだってばー!!」グイッ

時雨「ッ!!」

ズドンッ!

夕立「時雨ちゃん!」

時雨「ぐ……だ、大丈夫……」大破


11:2015/06/08(月) 09:32:05.26 ID:
島風「あーあ、2人とも大破しちゃったし。もうちょっと上手く当たってよー」

夕立「島風ちゃん!退却命令を!!」

島風「ええー……」


大淀「島風さん、聞こえますか?応答願います」

島風「はいはーい、聞こえてるよー」

大淀「その辺りに大量の敵艦が接近中、直ちにその海域を離脱してください!」

島風「もー、まだ戦意高揚状態が最高まで高まってないのにぃー」

大淀「この命令は絶対です」

島風「わかったよー!ほら、退却するよ!」


12:2015/06/08(月) 09:42:34.71 ID:
夕立「ちょっと待って欲しいっぽいー!」

時雨「いたっ……」

島風「退却したいって言ってたのは2人でしょ?先に行ってるよー」シュパー

夕立「そんな……」

時雨「夕立、キミは先に行ってて。僕は少し休んだら追いかけるから」

夕立「そんなの出来ないっぽい!時雨ちゃんも一緒に逃げるっぽいー!!」グイグイ

時雨「いっ……!」ズキッ

夕立「時雨ちゃん!?」

時雨「僕は足を痛めたみたいなんだ……夕立ならきっと逃げ切れるよ。だから、」

夕立「じゃあ夕立が時雨ちゃんおぶって逃げるっぽい!」

時雨「それじゃ逃げきれないでしょ?夕立、僕の言うこと聞いて。ね?」

夕立「ううー……嫌っぽい!夕立は反抗期っぽい~!!」

時雨「困ったな……たまにはお姉ちゃんの言うこと聞いてよ……」

コポコポコポ……ズズズ……

夕立「それにほら、もう逃げきれないっぽいでしょ?最後まで一緒だよ。だって夕立は時雨ちゃんの妹なんだもん」


13:2015/06/08(月) 09:53:05.91 ID:
ずらーっ……

時雨「凄いね……こんなに敵艦がいるなんて……」

夕立「さすがに絶体絶命っぽい……」


イ級「ん?なんか1人逃げていったぞ?あいつが悪い奴なんだよな?」

ハ級「うん……」

ロ級「とにかく戻ろう。駆逐艦のみんなが来てくれたとは言え鎮守府の近くによったら勝ち目はないよ」

イ級「おーい、みんな援軍ありがとー。もう大丈夫だからー」

ロ級「それであの2人はどうする?悪い奴らならやっつけるか?動けないみたいだけど」

ハ級「ダメだよ!」

イ級「?」

ハ級「だってあの2人は……きっと僕たちと同じだから……やっつけるんじゃなくて助けてあげなきゃ」

イ級「よし、じゃあ決まりだな」


14:2015/06/08(月) 10:02:06.79 ID:
ススーッ……

夕立「こ、こっちに来たっぽい!!どうしよう、戦う!?」

時雨「武器も魚雷も積んでないから戦いようがないよ」

夕立「でも~!!」

イ級「……」カプッ

夕立「ああー!!時雨ちゃん噛まれてるっぽい!離して離して離してー!!」ポカポカ

ロ級「……」カプッ

夕立「にゃー!!食べられるっぽい~!!」

時雨「夕立落ち着いて。深海棲艦が艦娘を食べるなんて聞いたこと無いよ。それにこの駆逐艦……」

イ級「……」グイグイ

時雨「僕たちを何処かへ連れて行こうとしてる?」


15:2015/06/08(月) 10:14:53.29 ID:
夕立「きっと深海に連れて行って食べる気っぽい~!!時雨ちゃん、逃げようよー!!」

イ級「」グイグイ

時雨「……ねぇ夕立、この子たちについて行ってみない?」

夕立「なんで!?敵も殆ど居なくなったし逃げれるっぽいよー!」

時雨「鎮守府まで逃げてどうするの?良くて修理されてまた同じ事の繰り返し。それか解体だよ……?」

夕立「解体されたら普通の女の子に戻れるっぽい!だから帰ろ!」

時雨「夕立……工廠で解体されて部屋から普通の女の子が出てきた所見た事ある?すでに武装解除されてる僕たちの何を解体するの?」

夕立「それは……無いっぽいけど……」

時雨「それがどういう意味がわかるよね?普通の女の子に戻す……あんなのただの建前だよ」

夕立「……」

時雨「夕立、今度は僕のわがまま聞いてよ。もし何があっても最後まで一緒なんでしょ?」

夕立「時雨ちゃん……」

時雨「大丈夫。僕、運だけは良いんだ。だからきっとこれはチャンスなんだよ」

夕立「はぁ……わかったっぽい。時雨ちゃんについて行くっぽい」

時雨「ありがとう」


イ級「お?なんか付いて来るみたいだぞ?」

ロ級「ハ級、動けるか?」

ハ級「うん、なんとか……さぁ行こう」


22:2015/06/10(水) 00:14:57.77 ID:
夕立「し、時雨ちゃん、夕立たちなんだかどんどん沖に連れて行かれてるっぽい~!」

時雨「ねぇ、僕たちを何処へ連れて行くつもりなの?」

イ級「そんな怪我してちゃ痛いでしょ?僕たちの住処に連れて行ってあげるよ」


夕立「……何か言ってるっぽい?」

時雨「そうみたいだけど聞き取れないね」

ロ級「どうやら上手く伝わってないみたいだね」

ハ級「いたたっ……とりあえず姫か鬼級の人に相談してみようよ」

イ級「だな」

グイグイ



23:2015/06/10(水) 00:20:52.95 ID:
イ級「さあ、ここを潜れば僕たちの住処だよ!」グイッ

夕立「ええ!?潜ろうとしてるっぽい?ちょっと待って欲しいっぽい!!」

時雨「僕たちは潜水機能は無いんだ。潜るのはできないよ」

ロ級「え?そうなの?」

ハ級「私たち駆逐艦はみんな潜れるものだとばかり……」

ザバッ

ヲ級「なにしてる」

イ級「ヲ級さん!」

夕立「ぽい~!!空母が来ちゃったっぽい!」

時雨「夕立落ち着いて。攻撃して来る気配は無いみたいだし」

ヲ級「……ヲッ」ビシッ

夕立「な、なに?あいさつっぽい?」

時雨「こんにちわ」


24:2015/06/10(水) 01:12:33.42 ID:
ヲ級「この二人を連れて行きたい?」

イ級「はい。酷い怪我をしているので放っておけなくて……」

ヲ級「うん、いいよ」

ロ級「そんな簡単に決めていいんですか!?」

ヲ級「うん」

ハ級「でもこの子たち、潜水出来ないみたいで……」

ヲ級「そっか。わかった」

てくてく

夕立「な、なんかこっち来てるっぽい!」

ヲ級「ヲッ」ペシペシ

夕立「杖で攻撃されてるっぽいぃぃ!!」

時雨「?」

ヲ級「おっけー」ブイ


25:2015/06/10(水) 01:20:55.79 ID:
イ級「ヲ級さんの魔法のステッキで頭をペちんぐされたならもう大丈夫ですよ!」グイッ

時雨「わっ……」

とぷんっ…

夕立「時雨ちゃーん!!」

ロ級「さぁ、早く早く」グイッ

とぷんっ

…………

水中

夕立「く、苦しいっぽいぃ……」

時雨「夕立、夕立。普通に息が出来るよ」

夕立「ふぇ?……ほ、本当っぽい!どうして!?」

イ級「ですから、ヲ級さんのラブリーマジカルステッキで叩かれーー」

夕立「ぽぃー!!深海棲艦が喋ってるっぽい!!」

ロ級「あっ、もしかして水中では普通に話せるの?」

時雨「みたいだね……なんか変な気持ち」


33:2015/06/11(木) 00:53:06.14 ID:
海底

時雨「あれは……」

イ級「鎮守府だよ」

夕立「海の底に鎮守府があるなんて不思議っぽい……」

時雨「なんだろう?鎮守府を中心にして円形に壁があるみたいに見えるけど」

ロ級「これはクラインフィールドって言って、敵の攻撃から鎮守府を守ってくれるんだ」

夕立「深海棲艦にも敵がいるっぽい!?」

時雨「この場合の敵は僕たち艦娘の事じゃないかな……」

ハ級「後は海水も中には入ってこないんだよ」

時雨「そんな強力な防護壁?みたいな物ならどうやって中に入るの?」

イ級「それなら大丈夫。ちゃんと演算して中和するから。僕たちに捕まっててね」

シュン……




34:2015/06/11(木) 00:53:44.55 ID:
夕立「わっ!本当に中は普通の鎮守府っぽい!」

時雨「水中と違って浮力はないし重力も感じるね……草木まで生えてるし酸素もあるみたいだ」

戦艦棲姫「お前達、何処へ行っていた」

イ級「うぁっ……」

ロ級「あ、あの、えっと……」

ハ級「ごめんなさい!僕が悪いんです!」

戦艦棲姫「まぁその怪我を見れば大体察しはつく。まったく、あれほど外は危ないから遠出はするなと言っているだろ」

ハ級「でも何も悪い事をしていないのに仲間が傷つけられて黙ってなんていられないです!」

戦艦棲姫「それで大破してどうする。まぁそれよりだ、そっちの2人はなんだ?」

夕立「はわわ……戦艦棲姫っぽい……?」

時雨「多分……僕も初めて見たからはっきりとはいえないけど」





35:2015/06/11(木) 00:57:50.91 ID:
イ級「この2人は怪我をしていたから連れてきたんです!と言っても僕たちの攻撃で怪我をしたんですけど……」

深海棲姫「……」じろっ

夕立「ぽい~!!」ビクッ

時雨「…………」じっ…

深海棲姫「お前達、練度は?どんな編成だった?武器はどうした?仲間は?」

夕立「そ、そんな急に言われても困るっぽいー!……のですが」

時雨「練度は無し、今回が初出撃だったからね。編成は僕と夕立と高レベルの島風。武器は鎮守府を出る前に外されたよ。仲間は夕立だけかな……」

戦艦棲姫「なるほど。武装を解除した低レベル艦を引き連れて…………する事は一つか」

飛行場姫「さいってー。私達の提督なら絶対そんな事しないわよねー?戦艦棲姫ちゃーん」

戦艦棲姫「近い」

夕立「お、おしり丸出しっぽい~!!」


36:2015/06/11(木) 01:07:02.51 ID:
戦艦棲姫「とにかくお前達はさっさと入渠してくる」

イ級「はいっっ!」

ハ級「はーい」

ダッダッダッ

ロ級「僕は無傷なんですけど」

戦艦棲姫「ならお前には3人分のお仕置きをするとしよう。さぁ尻を出せ」

ロ級「ひぃっ!!」

スパンキング!!!!

ロ級「入渠してきます……」ヒリヒリ←小破

戦艦棲姫「ん?お前達もグズグズしてないで行け」

夕立「夕立たちも入るっぽい?」

時雨「いいの?」

飛行場姫「良いも悪いもあんた達ケガしてるし服も海水でビショビショじゃない。海水くさいのよ。着替え置いといてあげるからはいってきなさーい」

夕立「海水くさいっぼい……?」


入渠後、飛行場姫とお揃いの尻出しルックの時雨と夕立が、風呂から上がって抗議した。


47:2015/06/12(金) 13:13:40.81 ID:
夕立「こんなお尻丸出しなんて恥ずかしいっぽい~!」

時雨「借りておいてなんだけど少し恥ずかしいね……」

飛行場姫「そーんな事言ったってぇ、サイズ的に仕方ないでしょー?」

戦艦棲姫「レ級はいないのか?」

タ級「レ級ならいつも通り行方不明です」

戦艦棲姫「ならそれで我慢しろ。嫌なら裸だ」

夕立「血も涙もないっぽい~!」

駆逐棲姫「…………」ぽけーっ

飛行場姫「あっ、ちょうど良いのがいるじゃない」

時雨「あ、あれ?春雨……?」

駆逐棲姫「ちゃうよ?」

夕立「関西弁っぽい!?」


48:2015/06/12(金) 13:21:21.34 ID:
夕立「サイズもピッタリっぽい!」

時雨「ありがとう。これでお尻丸出しは免れたよ」

飛行場姫「なによなによ。つまんなーい」

戦艦棲姫「それでは食事にするか」

夕立「食事!?」

戦艦棲姫「なんだ、腹は減っていないのか?」

夕立「ううん、お腹ぺこぺこっぽい!」

時雨「夕立はパンが大好きだよね」

戦艦棲姫「パン?ここでは米とおかずの和食なのだが」

夕立「ごはん?」


49:2015/06/12(金) 13:32:28.92 ID:
戦艦棲姫「ああ。米は嫌いか?」

夕立「うーん……よく分からないっぽい!」

時雨「僕たちは今日までパンしか食べて来なかったからね」

戦艦棲姫「ずいぶんとハイカラな鎮守府にいたんだな」

夕立「パンは1週間に2回くらいしか食べれないからごはんも楽しみっぽい♪」

飛行場姫「はあ?毎日パンだけしか食べないんじゃなかったのお?」

時雨「食べ物はパンだけだよ。それが1週間に2回か3回だったかな?」

戦艦棲姫「…………」

夕立「時々提督さんが部屋にパンを持ってきてくれるっぽい!」

時雨「僕たちは一つの部屋に何十隻か集められて、出撃に呼ばれるまでは何もせず待ち続けるだけだったんだ」

飛行場姫「あらぁー……真っ黒じゃないの?その鎮守府」


50:2015/06/12(金) 13:41:27.90 ID:
ヲ級「さかなさかなさかなー、さかなーをーたべーるとー」←無表情

ジューッ…

夕立「すーっ……ごく、良い匂いがするっぽいー……」たらー

時雨「夕立、よだれよだれ」たらー

駆逐棲姫「へい、おまち」←無表情

時雨「なんだかその顔でそういうセリフ言われると違和感があるかな……」

駆逐棲姫「なんで」←無表情

夕立「ぽいぃぃぃぃぃ!!」バタンッ

時雨「夕立!?」

夕立「……ハッ!美味し過ぎて気を失ってたっぽい!!」

時雨「もう、ビックリさせないでよ」

夕立「ぽいぃぃぃぃぃ!!」バタンッ

時雨「……」ぱくっ

時雨「ぽ、ぽいぃぃぃぃぃ!」バタン

駆逐棲姫「くそわろた」←無表情


62:2015/06/13(土) 01:19:27.39 ID:
夕立「お風呂入ってお腹いっぱいになったら眠いっぽいー」

戦艦棲姫「ここで寝るな。向こうの部屋に布団を用意してやる」

時雨「……ねぇ、どうして僕たちにはそこまで良くしてくれるの?」

戦艦棲姫「なんだ、まるで他には良くしていない様な言い草だな」

夕立「だって深海棲艦は悪者っぽい!」

戦艦棲姫「なぜそう思う?」

時雨「僕たち艦娘は君たち深海棲艦と戦う為に作られたんだから当然だよ」



63:2015/06/13(土) 01:34:31.23 ID:
戦艦棲姫「お前たちは我々と戦う為に作られて、敵対しているから我々は悪者か」

夕立「提督さんもそう言ってたっぽい!」

戦艦棲姫「まぁお前達を弾除けに使ったり食事もろくに与えない人間が正義だと思うならそれでも良いさ」

時雨「……」

戦艦棲姫「だが一つ言える事は、そう言う艦娘を使い捨ての物とでも思っている人間のせいで毎日毎日我々は増え続けている……という事だ」

夕立「そんなのそっちが攻撃してくるから悪いっぽい!」

時雨「戦わなければ轟沈もしないじゃないか」

戦艦棲姫「なら聞くが、我々から手を出した事が一度でもあったか?いつだってわに攻撃してくるのはそちらではないか?」

夕立「それは……」

戦艦棲姫「いきなり索敵し、見つければ空爆に雷撃。そして話し合おうと並べばいつも先に手を出すのはそちらではないか」

戦艦棲姫「それで反撃もするなと言うのは酷じゃないか?」


72:2015/06/13(土) 08:30:04.48 ID:
ドーン!!!!

夕立「ぽいー!?」

時雨「なに?地震?」

戦艦棲姫「慌てるな。魚雷が当たったくらいではこのクラインフィールドは破られん」

夕立「魚雷?あっ!鎮守府のみんなが夕立達を助けに来てくれたっぽい?」

戦艦棲姫「残念だがそれは違う。これは奴らが催促しているのさ」

時雨「催促?」



73:2015/06/13(土) 08:35:31.33 ID:
戦艦棲姫「奴らは戦闘高揚状態……つまり戦意を高める為だけにイ級達を狩り続けているのは知っているか?」

夕立「それは鎮守府近くまで攻め込んでくる深海棲艦が悪いっぽい!」

戦艦棲姫「我々はこの海で静かに暮らせればそれで良いと思っている」

時雨「じゃあどうして鎮守府前までくるんだい?」

戦艦棲姫「あの辺りは危険だ。行かない様にキツく言ってあるさ。そうすれば鎮守府前に行く事はなくなるだろ?」

夕立「でも現に来てるっぽい」

戦艦棲姫「来ているんではなく、おびき出されるのさ。この魚雷でな」



74:2015/06/13(土) 08:44:55.35 ID:
北方棲姫「しんかんせいきー……ドーンって、ドーンって」タッタッタッ

戦艦棲姫「大丈夫だ。ここに座っていろ」

時雨「こんな小さい子もいたんだね」

北方棲姫「はっ!かんむす!カエレ!カエレ!!」

夕立「ええーっ、酷いっぽ~い!」

戦艦棲姫「悪いな。もともと人見知りする子供だったのだが、どんどん艦娘が苦手になっているんだ」

北方棲姫「フーッ!!」

戦艦棲姫「どこで知識を得たのか、クリスマスと言う物を覚えてきて何度もプレゼントを要求されてしまってな」

北方棲姫「しんかんせいきー、クリスマスプレゼントー」

時雨「クリスマスって確か冬だよね?」

夕立「何度も?よくばりっぽい?」

戦艦棲姫「確かに何度もプレゼントはあげているんだが、その度に艦娘に奪われてしまうのだ」

時雨「えっ……」


75:2015/06/13(土) 08:56:53.24 ID:
戦艦棲姫「中身は大した物が入っている訳ではないんだがな、こいつはこのラッピングされた箱が気に入ったらしく離さないんだ」スッ

北方棲姫「ムフーッ」ふんすっ

夕立「それを艦娘に取られちゃうっぽい……?」

戦艦棲姫「奴らは中身なんて関係ないのさ。深海棲艦がクリスマスプレゼントを持っていると聞き付け生意気だと奪いにくるのだ」

時雨「それじゃまるで僕らが悪者じゃないか……」

戦艦棲姫「あれはこの子がプレゼントを奪われて取り返しに行ってしまった時の事だ」

戦艦棲姫「私は新しいプレゼントを持ってこの鎮守府へ連れ戻しに行った。そして見てしまったのだ」

夕立「……?」

戦艦棲姫「寄ってたかってこの子を取り囲み、いたぶり、動けなくした所で持ち物を漁り」

時雨「……」

戦艦棲姫「プレゼントを持っていないと知ると文句を言いながらボロボロになったこの子を放置して帰る奴らをな」

夕立「ひどいっぽい……」

戦艦棲姫「奴らの非道には血の気が引いたさ。私が直ぐに鎮守府へ連れ帰り事なきは得たが」


76:2015/06/13(土) 09:03:08.95 ID:
戦艦棲姫「話が逸れてしまった。この魚雷の話だったな」

夕立「なんかもう嫌な予感しかしないっぽい……」

戦艦棲姫「鎮守府周辺にイ級達がいなくなったら狩りが出来ず奴らは戦闘高揚状態になる事は出来ない」

戦艦棲姫「だからこうして魚雷を打ち込み挑発してくるのだ」

時雨「でもこの中にいれば安全なんだよね?」

ドーン!!!!

夕立「ぽい~!?」

戦艦棲姫「確かに中は安全だ。だが気分はどうだ?恐怖や怒り……この音を聞いて何も感じないか?」

夕立「確かにちょっと怖いっぽいー……」

時雨「ああ。確かにこれは……許せないね」

夕立「時雨ちゃん?」


77:2015/06/13(土) 09:09:42.01 ID:
戦艦棲姫「そう、我々の中にも大きく分けるとお前たちの様な者が2種類現れる」

戦艦棲姫「この攻撃に怯え、震える者。そして仲間が怯える姿を見て艦娘に敵意を向ける者」

北方棲姫「カエレ……!」

戦艦棲姫「まぁ中にはフラフラと遊びに行ってしまうバカもいるがな」

時雨「じゃあ僕たち艦娘は高揚状態で戦いをする為にこうして攻撃をしてきているんだね……」

飛行場姫「こんなのまだマシよー?春頃なんて本当に酷かったんだから」

夕立「これより酷かっ」

ドーン!!!!

夕立「ぽい~!!」


79:2015/06/13(土) 09:22:23.96 ID:
飛行場姫「あいつら、年に何回かイベントーとか言って私達を総攻撃してくるのよねー」

戦艦棲姫「どの深海棲艦をどれだけ狩れるかと言うふざけた催しだ」

時雨「どうしてそんな事するの?攻撃しなければ君たちは攻めてこないんでしょ?」

戦艦棲姫「奴らからすれば祭りみたいな物なんだろう。狩った深海棲艦によって賞品の様なものも配布されるらしい」

飛行場姫「ほんっとーに、迷惑なのよねー」

夕立「そんなの無視すれば良いっぽい!」

戦艦棲姫「昼夜問わずこの何倍もの魚雷攻撃を受けて無視できるか?」

夕立「それはー……」

戦艦棲姫「以前、我慢出来なくなった私は主力を連れてその馬鹿げた祭りを終わらせる様に交渉しに行った」

戦艦棲姫「手紙を手渡し、提督には確かに届いた筈だった。しかし奴らはなかなか鎮守府から出て来ず、出した答えがコレだ」


「緊急電文!AL/MI作戦展開中に敵別働隊が本土近海に来襲!残置艦隊全力でこれを迎撃せよ!」


戦艦棲姫「結局話し合いすら行われず、我々は奴らからの攻撃を「迎撃」する事になったんだ」


93:2015/06/13(土) 23:12:58.33 ID:


夕立「お布団ふかふかっぽいー」ばふっ

時雨「わざわざ部屋まで用意してくれてありがとう」

戦艦棲姫「別に部屋や布団ならいくらでもある。気にするな」

ガチャッ

夕立「お風呂も入って、あったかいご飯もいっぱい食べて、ふかふかのお布団で寝れるなんて夕立幸せっぽい~」

時雨「幸せか……鎮守府では畳の部屋でみんなギュウギュウ詰めになってざこ寝だったもんね」

時雨「…………」

時雨「ねえ、夕立はーー」

夕立「ぽぃぽぃ……ぽぃぽぃ……」スヤスヤ

時雨「……おやすみ」

夕立「ぽい~……」


94:2015/06/13(土) 23:17:51.54 ID:


戦艦棲姫「朝だ。起きてもらうぞ」

夕立「ぽいー……?」

時雨「おはよう。いい朝だね」

戦艦棲姫「一宿一飯の恩義、忘れてもらっては困る。さぁ働いてもらおうか」

時雨「うん。何をすれば良いのかな?」

戦艦棲姫「そうだな……これから朝食だ。食堂の用意を頼む」

夕立「ステキなパーティーしましょ!」



102:2015/06/14(日) 11:25:01.33 ID:
時雨「僕たちは何をすれば良いのかな?」

ヲ級「食器を用意して」

夕立「はいはーい!夕立にお任せっぽいー」

時雨「夕立、随分とご機嫌だね」

夕立「うん!だって用意が終わったらまた美味しいご飯が食べれるっぽい!」

ヲ級「そろそろ、か」

ガチャッ

イ級「魚とったどー!」

ロ級「貝やカニとかもこんなにいっぱい!すごい大量だよ!」

ハ級「まるで幸運の女神様が降りてきたみたい!」

どっさり

ヲ級「今日はご馳走だな」

時雨「よかったね♪」


103:2015/06/14(日) 11:31:00.34 ID:
イ級「それじゃあ僕たちは食事の時間まで休憩しているよ」

ロ級「ふぁー、疲れたー」

ヲ級「ご苦労様」

ハ級「2人とも慣れない仕事だと思うけど頑張ってね!ここでは働かぬ者食うべからずなんだ!」

時雨「うん。精一杯頑張るよ」


ジュー……

夕立「はぁー……いい匂いっぽいー」フラフラ

時雨「魚はこのお皿に……お漬物はこっちーー」

ドンッ

時雨「わっ」

ポトッ

夕立「はっ!ごめんなさいっぽい!……ぽい~!!」

時雨「魚が……」


104:2015/06/14(日) 11:35:15.52 ID:
ヲ級「どうしたの」

時雨「魚を床に落としちゃって……」

夕立「はわわ……」

ヲ級「…………」

夕立「ご、ごめんなさい!!……っぽい」チラッ

ヲ級「…………」サッ

ぽいっ

時雨「あっ……お皿に」

ヲ級「3秒ルール。だから大丈夫」

夕立「えっと、どう考えても3秒以上経ってたっぽいのですが……」

ペチャッ

時雨「夕立!お漬物!!」

夕立「ぽい~!!」

ヲ級「3秒ルール、3秒ルール」ぽいっ

べしょっ


105:2015/06/14(日) 11:39:20.46 ID:
時雨「これは……明らかに1つだけベチョベチョのお膳があるんだけど……」

ヲ級「ヲッキュちゅっ!」

夕立「ぽい~!くしゃみがご飯に……」

ヲ級「3秒ルールだから大丈夫」

時雨「随分万能なんだね……3秒ルール」

ヲ級「それにコレはこんな感じでも大丈夫なのだから」

時雨「そうなの?」

ガチャッ

戦艦棲姫「準備は終わったか?」

ヲ級「うん」



106:2015/06/14(日) 11:45:21.37 ID:
戦艦棲姫「それで、お前たちはこれからどうする?」

夕立「もちろんいただきますっぽい!」

時雨「夕立、もうちょっとお行儀良く、ね?」

戦艦棲姫「いや、そう言う意味ではなくてお前たちのこれからについてだ」

夕立「夕立達のこれから?」

戦艦棲姫「私達としては今更駆逐艦の一隻や二隻増えた所で何の問題もないのだが」

夕立「ぽい?」

飛行場姫「つまりあんた達がいたけりゃココにずっといても良いって言ってんのよー」ひょこっ

戦艦棲姫「もちろん今日のように毎日働いては貰うがな。ただ仕事さえすれば残りは自由も保証されている」

時雨「自由……」


107:2015/06/14(日) 11:55:46.52 ID:
時雨「でも僕たちは艦娘なんだよ?」

戦艦棲姫「このまま帰ればお前たちはまた酷使されて沈むか解体されてしまうだろう」

飛行場姫「なにもあんた達まで深海棲艦になる事ないじゃない。良いもんじゃないわよ?見た目も暗い感じだしぃー」

戦艦棲姫「上では我々深海棲艦を忌み嫌い敵対心をむき出しにしているが、私達は別にそんな事はない」

飛行場姫「もちろん攻撃してきたら反撃はするけどねぇー♪」

夕立「…………」

戦艦棲姫「決めるのはお前たちだ。どちらを選んでどのような結果になろうと私はお前たちを助けてやる」

時雨「助ける……?」

戦艦棲姫「ああ。だが出来れば深海棲艦になったお前たちではなく、艦娘であるお前たちを今助けたい」

飛行場姫「そうそう、帰ったって良い事ないわよー」

夕立「うぅー……」


108:2015/06/14(日) 12:02:52.54 ID:
時雨「……ありがとう、とても嬉しいよ。でも僕たちは帰らなきゃ」

飛行場姫「はあ?」

時雨「だって僕たちは深海棲艦と戦うために作られたんだから。作ってくれた恩を返さないわけには行かないよ」

飛行場姫「恩なら十分返したでしょ?あんなにボロボロになるまで盾に使われたんだからぁ」

時雨「でもね、僕たちは提督の役に立ちたいんだ」

夕立「うん!夕立も提督さんの役に立ちたいっぽい!だからその……」

戦艦棲姫「どうして提督の役に立ちたいと思うんだ?」

夕立「夕立たちは提督さんの事が大好きだから!」

時雨「そうだね。どんなに酷い扱いを受けたとしても僕たちは提督が大好きなんだ」

戦艦棲姫「そうか。……なら1つだけ聞いても良いか?」

夕立「ぽい?」


109:2015/06/14(日) 12:08:52.47 ID:
戦艦棲姫「お前たち、いったいいつからその提督が好きなんだ?」

夕立「ずーっとずーっと前から!夕立が着任した時から好きっぽい!」

時雨「僕も同じかな。一目見た時から好きだったよ」

戦艦棲姫「ならもう1つ、どうして好きになったんだ?」

夕立「どうして?」

時雨「それは……気がついた時には好きだったから……」

戦艦棲姫「……お前たち、本当に提督が好きなのか?」

夕立「それは間違いないっぽい!夕立は本当に提督さんが大好きっぽい!」

時雨「どうしてそんなに念を押して聞くんだい?」

戦艦棲姫「これは噂なのだがな……艦娘は建造される際、核となる部分に提督を愛するプログラムが組み込まれるらしい」

時雨「……?」


110:2015/06/14(日) 12:21:01.95 ID:
飛行場姫「あんた達はねぇ、好きでもない相手を好きだと思い込むように作られてんのよ」

夕立「そ、そんな事……」

戦艦棲姫「艦娘は意思とは関係なく最初から提督を愛する。そして人間の言いなりになって我々と戦う」

戦艦棲姫「稀に姉妹と絆が深く例外が生まれる事もあるようだが、少なからずその者も提督を愛しているはずだ」

時雨「…………」

飛行場姫「良く考えなさい。作られてすぐ部屋に閉じ込めて食事もまともに与えず艦娘を使い捨てにする様な提督をどうして好きになるのよ?」

夕立「…………」

戦艦棲姫「だがさっきも言った通り、どうするか決めるのはお前達だ。もう引き止めはしない」

時雨「僕は……僕はそれでも帰るよ。やっぱり提督の為に戦いたいって気持ちは消せないから」

夕立「うん。夕立も提督さんの役に立てるなら……あたたかいご飯もお布団も我慢できるっぽい!」

戦艦棲姫「そうか、なら仕方ないな。だったらせめて食事くらいして行け。食事が終わったら上まで送ってやる」

時雨「うん。ありがとう」

夕立「ぽい!」


112:2015/06/14(日) 12:34:05.18 ID:
戦艦棲姫「では食事にしよう」

夕立「あっ、そう言えばあの酷いのは!?」

戦艦棲姫「ん?」

時雨「その……1つだけおかずを落としたりくしゃみがかかったりしたお膳が……」

夕立「ぽい~!!あの1番向こうに置かれてるっぽい!」

戦艦棲姫「ああ、あの席はーー」

ダッ

深海提督「飯の時間だー!!ウォー!!!!」

戦艦棲姫「あそこは残飯……提督の席だ」

深海提督「ん?君達が昨日から来た艦娘ちゃんかい?いやー、久々に肌色を見た気がするな」

夕立「え、ええ?深海にも提督さん?」

戦艦棲姫「ああ、こんなのでも皆には人気がある。もしかしたら我々の核にも変なプログラムが施されているのかもな」

深海提督「確か夕立ちゃんに時雨ちゃんだったね。ンジグオ、ンアッボ?」

飛行場姫「ガブッ!!」

深海提督「おいおい飛行場姫、俺はあんぱん男じゃないんだから頭は食えないぞ?」

飛行場姫「ガブガブガブ」

深海提督「ハッハッハッ、相変わらずおてんばだな。ちょっ、歯が食い込んでんだけど」

時雨「…………」

戦艦棲姫「あれでも人気があるんだ」

夕立、時雨「はあぁー……ッ」スッキューン


艦娘には提督を愛するプログラムが施されているかもしれない。ただしどの提督かまではプログラムされていないかもしれない


125:2015/06/15(月) 23:01:07.04 ID:
提督「さてさて、今日の朝食はなんですかー」

ソ級「さかな」

提督「おう!ソ級ちゃんは今日も可愛いな!そして何より乳ましい!ンジグオ、ンァッボ?」

ソ級「する」

提督「フゥ~♪」

提督「それにしても美味そうな魚だな!焼き加減も最高だ!さぁ、みんな席に着いたな!それじゃあいただきます」

一同「いただきます」

時雨「あの……ンジグオ、ンァッボってなんなのかな?」

戦艦棲姫「古代バビロニア語で「いい天気ですね、エッチしませんか?」らしい」



127:2015/06/15(月) 23:09:17.17 ID:
夕立「ぽいぽい♪」むしゃむしゃ

時雨「おいしいね」

深海提督「あれ?なんか俺の魚だけボロボロなんだけど?」

夕立「あっ」

深海提督「タ級、そっちの魚と取り変えてくれ!」

タ級「嫌です。死んでください」

深海提督「えー……じゃあリ級、取り替えてくれー」

リ級「嫌です。死んでください」

深海提督「マジかー……なんか漬物もくちゃぐちゃだし……」

離島棲姫「ぐちぐち文句言わないでくれるかしら?ほら、豆腐を持ってきてあげたわよ」ズボッ

提督「親指が猛烈に豆腐に刺さってるんですけど……」

時雨「随分フランクな鎮守府なんだね……」

戦艦棲姫「みんな提督をリスペクトしているからな」

夕立「リスペクトって言うか……いじめっぽい?」


129:2015/06/16(火) 03:42:35.57 ID:
深海提督「まあ良いか。まずは離島棲姫ちゃん風味のお豆腐をいただきますか」

離島棲姫「……」ドキドキ

深海提督「うん!上手い!醤油無しでもいけるよ」

離島棲姫「ま、まったく……、大袈裟ね」

深海提督「指からいい出汁が出てるよ。あとやたら髪の毛が入ってるのも点数高いね」もしゃもしゃ

深海提督「これはご飯が進むよ」

夕立「ああっ!そのご飯はヲ級さんのくしゃみがかかってるっぽい!」

深海提督「大丈夫大丈夫。ふりかけみたいなもんだから」むしゃむしゃ

夕立「ぽい~!」

深海提督「うん。美味しい美味しい」



130:2015/06/16(火) 03:55:32.58 ID:
深海提督「ごちそうさまー」

ヲ級「……」キョロキョロ

深海提督「しかし食後に甘い物食べたくなったな。みんなで喫茶空母棲姫に行くか」

離島棲鬼「私はパフェが食べたいわね。さっきのお返しに奢ってくれても良いのよ?」

ハーピバースデートゥーユー

深海提督「え?えっ?」

ハーピバースデートゥーユー

夕立「誰かのお誕生日っぽい?」

ハーピバースデーディア深海提督ー

深海提督「おれ?やったー!今月7回目の誕生日パーティーだー!!」

ハーピバースデートゥーユー

タ級「おめでとう」

リ級「おめでとう」

ソ級「おめでとう」

駆逐棲姫「おめで↑とう↓」

深海提督「……ありがとう」にっこり

夕立「…………」

戦艦棲姫「さて、食器を片付けるか」

時雨「訳がわからないよ……」


131:2015/06/16(火) 04:05:38.77 ID:
時雨「ここは良いところだね。提督が全然偉そうにしていないから、みんなイキイキしてるよ」

飛行場姫「みんなー、しっかり押さえとくのよー」

深海提督「ちくしょー!またパイ投げかよ!誕生日ケーキが食べたかっブホッ!!」べチャッ

飛行場姫「ハッピーバースデー♪」

深海提督「私が、いったい何をしたと言うんだ……」

ヲ級「おこったか?」ふにふに

ソ級「おこった?」むにむに

深海提督「両腕が谷間に挟まれて幸せだなぁ」

飛行場姫「んがぁー!ガブガブ」ガジガジ


時雨「訳がわからないよ」

戦艦棲姫「わかろうとしなくて良い。感じろ」


132:2015/06/16(火) 04:16:08.03 ID:
深海提督「さてと、お遊びはこれくらいにして……みんな、片付けなさい」キリッ

タ級「はい」

飛行場姫「はーい」

時雨「今度は随分素直に言うことを聞くんだね」

戦艦棲姫「みんな深海提督には嫌われたくないからな。今みたいに真面目な顔をしている時は素直なもんだ」

深海提督「今日はサーモン海域で艦娘達から燃料と平和を守り抜く戦いだ!」

夕立「なんかカッコいいっぽい……」

時雨「うん。これがギャップ萌えなのかな」


140:2015/06/21(日) 00:18:41.20 ID:
ある日の午後、優雅なティータイム

深海提督「あの2人は元気にやっているかな」

戦艦棲姫「あの2人?」

深海提督「夕立ちゃんと時雨ちゃんだよ。もう何日も経つって言うのに気になって仕方ないんだ」

戦艦棲姫「そうか。提督は本当に心配性なのだな」

深海提督「誰だって心配になるだろ?」

戦艦棲姫「私は別に心配などしていない」

深海提督「ええーっ、クールビューティー」

戦艦棲姫「提督よ」

深海提督「ん?」

夕立「あっ、提督さん!おはよーございまーす!っぽい!」

時雨「おはよう提督、僕の裸が見たいの?」

戦艦棲姫「この鎮守府に2人ともいるのに何を心配すると言うのだ」


2人は深海に住み着いていた。


141:2015/06/21(日) 00:26:05.71 ID:
イ級「大変だ大変だ大変だー!」

提督「どうしたのさ、そんなに慌てて」

イ級「提督、大変だよ!!カレー沖が!リランカ洋で島が……!!」

提督「落ち着いて落ち着いて。誰か水を持ってきてくれ」


イ級「ぷはぁーっ…………大変なんです!」

戦艦棲姫「どうした?」

イ級「カレー洋リランカ島沖の深部に敵艦が攻めて来たんです!」

深海提督「何言ってるんだ、あそこは平和なはずだろ?」

イ級「それがもう何が何だか……いきなり大勢で襲ってきて……」

戦艦棲姫「ついにあの辺りの海洋資源にまで手を出すつもりですか」

深海提督「あそこは手付かずの自然が残された大切な海域だと言うのに……人間共め……!」


142:2015/06/21(日) 00:33:28.76 ID:
深海提督「しかし慌てることは無い。確かあの海域を任せてあるのは港湾棲姫だったな?」

戦艦棲姫「はい」

深海提督「なら安心だな。戦いを好まない港湾棲姫なら上手く戦闘をかわして被害を最小限に抑えてくれるはずだ」

ロ級「大変だー!!港湾棲姫さんが、港湾棲姫さんがブチ切れて暴れています!!」

深海提督「あええ!?マジ!?」

戦艦棲姫「港湾棲姫を怒らせるとは……いったいどのような手を……」

深海提督「…………」

戦艦棲姫「提督?」

深海提督「いったいいつから……」


145:2015/06/21(日) 08:18:13.62 ID:
深海提督「はじまりは何だったのだろう?」

深海提督「運命の歯車は、いつ回り出したのか?」

深海提督「時の流れの遥かな底からその答えを拾い上げるのは、今となっては不可能に近い……」

深海提督「だが、確かにあの頃俺たちは多くのものを愛し、多くのものを憎み……」

深海提督「何かを傷つけ、何かに傷つけられ……」

深海提督「それでも風のように駈けていた。青空に、笑い声を響かせながら……」

夕立「提督さん、泣いてるっぽい……?」


イ級「プーピーピー、プピプピピー……ブルププールルルー……♪」

ロ級「プーピーピー、プピププルルルー、プルプルルー……♪」

ハ級「プーピープピピー……プーピープーピピー、プーピピー……プピー、プルリリ、プーピピー……プピピー……♪」

時雨「な、なに?どうしたのみんな?」

ヲ級「ジャンッ、ジャンジャンッ、ジャンッ、ジャンジャンッ、ジャンッ、ジャンジャンッ」

深海提督「行くぞみんな!我々はこの海を、仲間を守らねばならない!全員俺に続け!!」


深海提督達はクロノクロスのテーマを口ずさみながら出撃した。


146:2015/06/21(日) 08:31:08.87 ID:
激おこ港湾棲姫「カエレ……!カエレ……!!コノ海カラ、キエロ……!!」

比叡「くっ……まさかこんな力を残していたなんて!」

激おこ港湾棲姫「オ前タチハ、何モ分カッテイナイ……!カエレ……!!」

榛名「何を訳の分からない事を!海を荒らしているのはあなた達です!この海での勝手は、榛名が、許しません!!」

霧島「お姉様!新たな敵艦の反応……12、13、14…………ダメです!相当数がこちらへ向かっています!一旦引きましょう!!」

比叡「うぅ~!こんなんじゃ金剛お姉様に合わせる顔が……!」

榛名「比叡お姉様!」

比叡「ああもう!退却!一旦下がって立て直します!!」


激おこ港湾棲姫「…………」

深海提督「おーい、大丈夫かー」

港湾棲姫「疲れた……」

深海提督「大丈夫?妊娠する?」


147:2015/06/21(日) 08:38:26.68 ID:
地上 鎮守府

比叡「ただいま戻りました……」ボロッ…←中破

金剛「比叡!?これはまた酷くやられましたネ。大丈夫デスカ?」

比叡「あ、はい……でも作戦は……」

金剛「ノープロブレムデース!あとはこの金剛に任せてくだサーイ♪みんなはゆっくりお風呂に入っていれば良いネ!」

榛名「金剛お姉様、お気をつけてください。今までの敵とは雰囲気が違うというか……」

『はあ!?作戦失敗だと!?この役立たずが!!』

比叡「ヒエッ……」

榛名「霧島……大丈夫でしょうか……」


149:2015/06/21(日) 08:47:14.96 ID:
霧島「申し訳ありません。全て私の計算がーー」

提督「もういい。さっさと鎮守府前に敵おびき寄せて戦闘高翌揚状態になってこい!二三匹見繕って盾がわりに連れて行け」

霧島「……しかし、それは禁止されて」

提督「口答えすんな。お前も解体されてーのか!!」

霧島「いえ……分かりました……」ガチャッ

提督「ったく、駆逐艦のバカと違って戦艦連中は面倒くせーな」

島風「提督ー、島風戻りましたー♪」

提督「おう、お帰り。どうだった?」

島風「ふっふーん♪キラキラになったんだから!あっ、でもまた連れて行った子達は沈んじゃったみたい」

提督「ああ、良いの良いの。あいつらは島風を守るためだけに造られたんだから。これからも危なくなったら盾にして見捨てて良いからな?」

島風「はーい」


150:2015/06/21(日) 08:58:36.61 ID:
霧島「はぁ……」

比叡「霧島、大丈夫でしたか?」

霧島「はい。ですがまた戦闘高揚状態にして来いと」

榛名「それってつまり……」

霧島「あの部屋から駆逐艦を連れて行くように言われました」

比叡「またですか……」

金剛「何を暗い顔してるデース!きっと提督は私達を心配してお供を連れて行くように言っているだけネ!」

霧島「きっとコレは修理にかかる資源を無駄にしたくないだけです。提督は一度も私達の心配など……」

金剛「じゃあ霧島は提督が嫌いなのデスカ?」

霧島「それはその……何故か分かりませんが、胸の奥には提督に仕えたい想いが……」

金剛「だったら私達は提督の命令に従って任務を全うするだけデース!海の平和を取り戻すのに多少の犠牲は必要ネ」

霧島「でも……!」

比叡「霧島、もうやめましょう。金剛お姉様も私達を気遣ってああ言ってはいますけど内心は……」



152:2015/06/21(日) 09:07:14.62 ID:
数時間後

金剛「さあ、準備は良いデスカ!まもなく到着デース!!」

武蔵「まさかイベントでも無く、この武蔵の出番とはな」

大和「比叡さん達がやられてしまうなんて……あの海域にもまだそんな強敵がいたんですね」

長門「我々の出番と言うことはそう言う事だな」

赤城「慢心してはダメ、全力で行きましょう」

加賀「はい」

金剛「比叡達の情報では港湾棲姫がかなり凶暴になっているみたいデース」

大和「電探に反応あり!」

赤城「航空隊、敵艦発見しました!」




153:2015/06/21(日) 09:19:55.01 ID:
激おこ港湾棲姫「カエレ……!」

金剛「あれが比叡達の言っていた……確かに様子が変わっていまーー」

シャッ

港湾棲姫
戦艦棲姫
戦艦棲姫
離島棲鬼
飛行場姫
空母棲姫



金剛「え、ええー……?」

赤城「敵艦隊……さらに後方には大量のヲ級改や潜水艦がならんでいます……。恥ずかしながら制空権は確保出来そうにありませんね……」

金剛「シット……!でも提督の期待を裏切る訳にはいかないネ!!」

武蔵「ああ、負け戦こそ面白い!この戦況をひっくり返してやろうじゃないか!!」


深海提督「はぁ……この面子を見ても引かないか。仕方ない、追い返そう」

空母棲姫「こうやって戦場で提督が指揮をとるなんて久々ね」

深海提督「しっかり守ってくれよー」

空母棲姫「問題無いわ。その為に私は今の私になったんだから。慢心はしない、鎧袖一触です」


163:2015/06/22(月) 15:58:58.08 ID:
深海提督「戦況はどんな感じかな?」

戦艦棲姫「制空権は我々が完全に確保しました」

深海提督「うんうん。ヲ級ちゃんいっぱい連れて来たからね」

ヲ級改「ヲー」ブーン

ヲ級改「ヲー」ブーン

ヲ級改「ヲー」ブーン

以下略

戦艦棲姫「相手もおそらく主戦力とだけあって、怯まずに向かっては来ていますが……」

戦艦棲姫「制空権を失った状態でどれほど争った所でたかが知れています」

深海提督「追い返せそう?」

戦艦棲姫「決して慢心している訳ではありませんが、我々の勝利は確実かと」

深海提督「そうかそうか」

戦艦棲姫「まぁ……慢心して航空隊を使わず敵陣に飛び込むバカもいますが」


飛行場姫「ほらほらほらぁ!返り討ちにしてやるわよ~♪」


164:2015/06/22(月) 16:11:00.51 ID:
戦艦棲姫「ところで提督、どうして我々に追い返せなどと命令を?」

深海提督「そりゃー仲間がが攻撃されてたからな。助けに行くさ」

戦艦棲姫「なぜ追い返せではなく、撃滅しろと命令しなかったのですか?」

深海提督「可哀想だろ?都合よく作られて提督に騙されて……」

戦艦棲姫「なら尚更ココで全て終わらせて解放してやるべきでは?大破させて追い返せなんて」

深海提督「甘いかな?」

戦艦棲姫「提督はいずれ身を滅ぼします。そしてハゲます」

深海提督「でも今回は相手も主力なんだろ?それを完膚無きまでに叩きのめして追い返せばさ、相手もしばらく近づけないだろ?」

戦艦棲姫「それでも返せばいずれまた攻めてきます」

深海提督「その時はまた追い返すさ」

戦艦棲姫「次来る時は練度も高めているでしょう。その次も、またその次も更に」

戦艦棲姫「いつまでも我々が追い返せるとも限りませんよ?」

深海提督「大丈夫大丈夫!うちはみんな強いし!戦艦棲姫は誰にも負けないだろ?」

戦艦棲姫「負けません」キリッ


165:2015/06/22(月) 16:20:50.45 ID:
飛行場姫「ほーらぁー、次は蹴りが行くわよー」

金剛「くっ……上からの攻撃が激しすぎて防戦一方デース!」

離島棲鬼「あなたの相手は私がしてあげるわ。かかっていらっしゃい」

長門「良いだろう。この長門が勝った時には貴様を鎮守府へ連れて帰る」

離島棲鬼「あら、私達を解剖して生体でも調べるつもりなのかしら?それとも拷問?良い趣味をしているわね」

長門「貴様は私の部屋のベッドに並べる。そして私の妹として生きてもらう!」

離島棲鬼(何を言っているのかしら。このメスゴリラは……私が言うのもなんだけれど狂気を感じるわ)

加賀「攻撃は後回しにしてありったけの烈風を発艦」

赤城「せめて少しでも……一航戦の誇り、こんな所で失う訳には……」

空母棲姫「無駄無駄。バカが1人飛び込んじゃったけど制空権は私とヲ級達だけで十分なのよ」


167:2015/06/22(月) 16:27:41.32 ID:
戦艦棲姫「では私は前線に戻ります。提督はココに。ヲ級、提督を頼みました」

ヲ級「うん」

深海提督「こんな後方って、過保護過ぎないか?」

戦艦棲姫「当然……ん?あれは……」

烈風「あっ、見つけた!見つけた!」

戦艦棲姫「烈風!?いったいどこから……」

ヲ級「あぶない。伏せて」

戦艦棲姫「馬鹿な……流星に彗星だと……?空母棲姫達は何をしている!!」

戦艦棲姫「ヲ級、艦載機はーー」

ヲ級「ずっと飛ばしているよ。うん……制空権は互角みたい」

戦艦棲姫「なら相手に援軍か?しかしあの状態からどれだけの援軍が……」


168:2015/06/22(月) 16:34:41.21 ID:
金剛「全砲門……ファイヤー!!」

飛行場姫「ちょっ……何すんのよ!あぶないじゃない!」

金剛「シット!すばしっこい奴デース!」

飛行場姫「空母棲姫!あんた何サボってんのよ!制空権はどうなってんのぉ!?」

空母棲姫「お前にだけは言われたくない!それに艦載機ならずっと変わらず発艦している。私もヲ級達も」

飛行場姫「じゃあなんで制空権争いが拮抗してるのよー?」

空母棲姫「簡単な話だ。相手がそれだけ多くの艦載機を用意しているんだろう。いったいどれだけの援軍を……」

飛行場姫「でも援軍なんて見当たらないわよー?えっと、電探電探ー……4・5・6……7?あら?1つ増えてる?」


169:2015/06/22(月) 16:47:18.90 ID:
空母棲姫「何をバカな。一隻増えたくらいで戦況がここまで変わるなんてあり得ない!もっとよく探しなさい!」

飛行場姫「うるさいわねぇ。そう言うのはあんたの仕事でしょー?……シワが増えるわよ?」

空母棲姫「なんですって……?」

戦艦棲姫「バカなことは後にしろ。なんだこの状況は」

空母棲姫「知らないわよ。いきなり相手の艦載機が何倍にも……」

戦艦棲姫「なるほど……あいつの仕業か」

空母棲姫「あいつ?」

ゴゴゴゴゴ……

空母棲姫「そんな……まさか、なぜあの人が……」

戦艦棲姫「戦場の最前線で腕組みして仁王立ちか。確かに大物そうだが……知っているのか?」

空母棲姫「ええ……彼女こそ空母の頂点であり、全ての空母の母なる存在……伝説の空母、鳳翔サン……!」


170:2015/06/22(月) 16:49:15.32 ID:
飛行場姫のたこやきになりたいだけの人生だった


182:2015/06/24(水) 01:20:14.32 ID:
赤城「どうして鳳翔さんが戦場に……居酒屋を切り盛りするだけでは無かったのですか?」

加賀「その前にこの艦載機の量は一体……軽空母の力を遥かに超えてしまっているわ」

鳳翔「なぜこの私が超弩級でありながら軽空母の名を冠しているのか?いえ、何故軽空母でありながら超弩級なのか?それを思い知らせてさしあげましょう」

グオングオン……

赤城「あ、あの、鳳翔さん?軽空母ですよね?」

加賀「そのハルコンネンⅡはいったいどこから……」

ゴゴゴゴゴ……

飛行場姫「なによ?地震?」

港湾棲姫「海が……割れる……」

ザザーッ……

鳳翔「大掃除にはコレですよね」にっこり

戦艦棲姫「バカな……メガビーム砲だと……?」


183:2015/06/24(水) 01:31:32.16 ID:
飛行場姫「えーっと……これもしかして当たったらマズイやつじゃなーい?」

空母棲姫「バカね。あんなの当たらなくても近くを通っただけで溶けちゃうわ」

戦艦棲姫「全員深海へ退避だ!ヲ級と提督にもすぐに知らせろ!」

武蔵「やられっぱなしなんて冗談じゃない!そんな事になる前に貴様には一発入れさせてもらうぞ!」ダッ

戦艦棲姫「チッ……面倒くさい奴だ。こんな時に」

鳳翔「武蔵さん、もう発射準備に入っていますからすぐ離れてください!」

武蔵「制空権さえ奪われなければ貴様などには負けん!」ブンッ

戦艦棲姫「ぐっ……!早く後方に退避命令を出さねばならぬ時に」

武蔵「そら!もう一発!!」ブワッ!

パシッ


188:2015/06/25(木) 16:30:57.07 ID:
武蔵「なっ!?」

深海提督「…………」

大和「そんな……!武蔵の渾身の一撃を片手で軽く受け止めるなんて……」

深海提督「こんなに……こんなに思いっきり殴ったらうちの子が大怪我するでしょうが!!」

武蔵「は!?」

鳳翔「あれは……」

金剛「ノォォー!!もう鳳翔のメガビーム砲が発射してしまいマース!!」

大和「武蔵!逃げてください!1秒以内にニキロくらい!!」

武蔵「無茶を言うな!」

鳳翔「大丈夫ですよ。こんなもの」

バシュンッ!!!!

深海提督「うわ何これこわっ!」バシッ

ギュンッ

赤城「メガビーム砲が……」

加賀「軽く叩くだけで起動を上空にそらすなんて」

鳳翔「あの人にはこんな攻撃効きませんから。そうですよね?提督サン……」



189:2015/06/25(木) 16:31:24.83 ID:
金剛「深海提督?深海にも提督がいるのデスカ?」

鳳翔「あの人は何年か前まで地上で提督をしていたんです」

大和「そうなんですか?」

鳳翔「誰よりも艦娘を愛し、また誰よりも艦娘から愛される提督でした。年中艦娘の尻を追い掛け回していましたが」

長門「そんな者が何故深海に?」

鳳翔「提督は艦娘を溺愛し過ぎた結果、怪我しちゃあぶないから!などと言って殆ど出撃させなくなってしまったんです」

金剛「そんな事をしてたら戦果が無くてすぐに解任されてしまいマース!」

鳳翔「その通りです。なので提督は自ら出撃し深海棲艦と戦い戦果をあげていました」

大和「私たちの存在意義っていったい……」



190:2015/06/25(木) 16:37:21.05 ID:
鳳翔「最初こそ朝から晩まで深海棲艦と戦っていた提督だったのですが、日に日にその時間が短くなりました」

鳳翔「そして提督の口から思いもよらない言葉が出てきたんです」

提督『深海棲艦って本当に悪い敵なのかな?話し合ってみたらこっちが勝手に攻め込んで荒らしてるだけの様な気がするんだが』

鳳翔「最初から深海棲艦は憎むべき敵だと刷り込まれて造られた私には理解できない言葉でしたけど、提督は本気で悩んでいました」

金剛「きっと夏の暑さで頭がやられてしまったのデース」

鳳翔「私も最初は深海棲艦に騙されているのか、脳が腐っておかしくなったのかと思いましたけど……」

鳳翔「とうとう提督は毎日戦わずして戦果をあげる様になったんです」

長門「戦わずして戦果をあげるなど不可能だ!手柄もなくどうやって!!」

鳳翔「毎日直筆の手紙を持って帰ってきたんですよ」


戦艦棲姫:今日もやられました。戦果20あげます(ハンコ)

飛行場姫:今日も負けたわ。戦果を25あげる(ハンコ)

イ級:イ(ハンコ)




192:2015/06/25(木) 16:53:30.37 ID:
鳳翔「深海棲艦がその手紙を書く代わりに双方一切戦闘はしない」

鳳翔「戦わずして負けを認める事になりますが、深海棲艦は海の平和が守られるなら勝ち負けなど気にしない」

鳳翔「提督はそうおっしゃっていました」

鳳翔「でもある日、提督が大本営へいつもの様に戦果を報告すると、勘の鋭い方がとうとう気付いたんです」

勘の鋭い方「深海棲艦から直筆の手紙貰ったりするのっておかしくない?って言うか、これ本物?」

勘の鋭い方「え?談合?あれ?もしかして裏切り?スパイ!?」


大和「勘が鋭いと言うか……普通なら一番最初に疑いますよね」

鳳翔「結局、提督の話しは聞いてもらえず、更に深海棲艦は悪くない。悪いのは我々人間ではないのか!!」

鳳翔「なんて柄にもなく熱くなったものですから、処罰されてしまったんです」

武蔵「それで提督を解任され深海に……」

鳳翔「即日死刑が執行されました」

大和「当然と言えば当然ですけど……あの深海提督さんは見た目も血の気があって肌も血色が良いですよ?」

鳳翔「様々な方法で23回目の死刑執行されて死ななかったんで普通に解任されたんです」

深海提督「……てへへ」ぽりぽり


194:2015/06/25(木) 16:59:50.10 ID:
書き溜めが消えた悲しみを飛行場姫に慰められながら太ももに挟まれて眠りたいだけの人生だった……


203:2015/06/26(金) 10:57:13.43 ID:
鳳翔「提督はその日あった事をほんの一部の艦娘にだけ話して鎮守府を後にする事にしました」

鳳翔「突然提督がいなくなるなんて聞いたら鎮守府が大変な事になりますから……」

大和「確かに話し通り艦娘から慕われていたのなら別れは辛いでしょうけど……でも何も言わず出て行くのも……」

鳳翔「鎮守府の艦娘はクセの強い子が多くて、もし出て行く前に耳に入ったらどんな手を使ってでも提督を引き止めるはずでしたから」

武蔵「いいじゃないか。艦娘が皆んなで説得すれば上も考えを変えるかもしれないだろ?」

鳳翔「説得?どんな手を使うか分からないんですよ?それこそ大本営にメガビーム砲を撃ち込む者まで出て来たかもしれません」

長門「……」

鳳翔「現に提督がいなくなってから数日間で大本営のエリートが何人も青葉さんの某略で失脚、今は田舎で家畜に命令されて畑を耕しているらしいですから」

金剛「豚さんに命令されているデスカ……」


204:2015/06/26(金) 11:01:55.25 ID:
大和「それにしても随分とお詳しいんですね。あの深海提督について」

鳳翔「はい。あの人が私の提督ですから」

金剛「ええーっ!!!?」

金剛「…………」

金剛「まぁだいたい分かっていたけど一応驚いておいたネ」

武蔵「さっき一部の艦娘と言っていたが他にはこの話しを提督から聞かされていた者もいるのか?」

鳳翔「提督から直に話を聞かされたのは私とこの場いる一航戦の2人だけでしたね」

赤城「私達ですか?」

加賀「記憶にありませんが……」

鳳翔「あなた達じゃなくて向こうにいる2人……いえ、今は1人でしょうか」

空母棲姫「ぷ、ぷひゅー……プヒュー」

金剛「オゥ……あからさまに目を逸らして下手な口笛吹いているネ」


205:2015/06/26(金) 11:11:49.58 ID:
鳳翔「提督と私の制止を振り切って引っ付いて行ったのに……あなた達、深海棲艦になるとはなんてザマですか」

空母棲姫「ち、違うんです鳳翔さん!人違い……深海棲艦違いですよ!!」

鳳翔「はぁ……あの日、私の作る料理よりも提督に着いて行くと聞いた時は成長したと思っていたのに……」

鳳翔「やっぱりもう少し厳しく躾けておくべきでしたね」

空母棲姫「ひっ……」

鳳翔「まずはその髪を掴んで2つに割いて元に……戻るのかしら?まぁ試しにやってみましょうか」ポキポキ

空母棲姫「はわわ……」

金剛「と、ところでその時どうして鳳翔も一緒に着いていかなかったのデスカ!?(そんなグロテスクなショー見たくないデース!)」


207:2015/06/26(金) 11:19:08.04 ID:
鳳翔「もちろん私もついて行くと言いましたよ。でも提督が……」



赤城「提督!私も連れて行ってください!!」

加賀「赤城さん1人に提督の世話を押し付ける訳にはいかないわ。私もお伴します」

提督「いやいや、お前らまでついてくる事ないよ。お前達はお前達でやるべき事をやりなさいな」

赤城「私のやるべき事は提督を最後までお守りする事ですから」

加賀「私のやるべき事は赤城さんと一緒にあなたを守る事です」

提督「やれやれ……」

赤城「食事に困ったな時は私達にお任せください」

提督「お前ら食う専門だろうが!」

加賀「何を言っているのかしら?私達はこんな時の為に蓄えていたんです」

提督「えっ……雪風みたいにほっぺたに餌溜めてるのか……?」


208:2015/06/26(金) 11:31:19.54 ID:
赤城「私達がどれだけ食べても太らないのは全てこの胸当ての内側に栄養を貯めているからなんですよ!」ばいんっ

提督「確かに未だ成長中の素晴らしいものではあるけど」ごくり

加賀「その気になれば私達からは栄養価の高い母乳……空母乳がでますから」

提督「マジで!?」

加賀「ちなみに正規空母ですが五航戦からは出ません」

提督「……仕方ない。連れて行くわ!」

鳳翔「はぁ……」

提督「まぁ母乳とか関係なく最初からお前達はついてくると言い出したら連れて行くつもりだったんだよ」

赤城「本当ですか?」

提督「例えカッコカリとは言えケッコンしてる仲だからな。置いていく訳にはいかないだろ?」

加賀「そう……はじめてこの指輪が役に立ったわね」

鳳翔「提督……その話しでいくと金剛さんが怒りますよ?彼女もカッコカリしているのに」

提督「あいつは妹がいるからな。俺よりもそっちを優先してもらいたいんだ」


209:2015/06/26(金) 11:40:28.99 ID:
鳳翔「わかりました。では私もついていきます」

提督「ええっ!?」

鳳翔「なんですか?ケッコンカッコカリしていない艦は連れていけないとでも?」

提督「そ、そうじゃ無くて」

鳳翔「それとも母乳関係ですか?提督、怒りますよ?」

提督「いやいやいや!鳳翔さんにはココに残って貰いたいんですよ」

鳳翔「どうしてですか!私は食堂と居酒屋を経営するだけの艦じゃないんですよ?」

提督「鳳翔さんには俺がいなくなった後の事を頼みたいんですよ」

鳳翔「…………」

提督「多分、みんなはこんな理由で俺がいなくなったら報復的な良からぬ事を考える気がするから……」

提督「鳳翔さんにはそれを止めて貰いたいんです。みんなを巻き込んで迷惑をかける訳にはいかない」

鳳翔「そんな……私は軽空母なんですよ?戦艦や正規空母が暴れたら止める事なんて……」

提督「出来ます」断言

赤城「大和型だって片手で出来ます」キッパリ

加賀「重巡くらいなら覇気で押さえ付ける事も簡単かと」キッパリ

鳳翔「……」←実際出来るから何も言えない


211:2015/06/26(金) 11:55:17.96 ID:
鳳翔「分かりましたよ。私はここに残ってみんなの面倒みていますからー」ぷー

赤城「鳳翔さんが拗ねてる所なんて初めてみましたね……」

提督「良かった。一番信頼出来る鳳翔さんがそう言ってくれるなら俺も安心して行けますよ」

鳳翔「どうせ私は使い勝手の良い軽空母ですよーだ」いじいじ

加賀「鳳翔さんにこんな事言うのは失礼かもしれませんけど……なんだか可愛く見えてきましたね……」

提督「やっぱり連れて行こうかな……」

鳳翔「はぁ……さあ、早く行った行った。そろそろうちのマスコミが嗅ぎつける頃ですよ」

??「スクープの匂いですスクープの匂いですスクープの匂いですスクープの匂いです……」ダダダダッ

提督「よし!行くぞ!……あと鳳翔さん!!」

鳳翔「はい?」

提督「もし全部落ち着いて上手く行ったらケッコンして一緒に居酒屋でも開きましょうか」

鳳翔「ええっ!?」

提督「考えておいてください!アデュー!!」

ガチャッ

青葉「スクープの気配が……消えた……!?」

鳳翔「提督……」



鳳翔「こうして2人は提督についていき、私は残る事になったんです」

金剛「ううっ、ケッコンしてても1人残された金剛が不憫でかわいそうデース!」ディーパディーパ…


212:2015/06/26(金) 12:09:18.32 ID:
鳳翔「それからは毎日が戦いでした……」

鳳翔「殴り込みに行こうとした金剛さんを押さえ付け、二航戦の飛ばした艦載機を叩き落とし」

鳳翔「榛名さんの怪しげな行動にも目を光らせ……駆逐艦の子達をなだめ……」

鳳翔「それでもコンピューターには疎いので青葉さんのサイバー攻撃や謀略を防ぐ事は出来ませんでしたが……」

鳳翔「一番気を使ったのは比叡さんの動向でしたけど……」

金剛「比叡?確かに料理で人を殺す事が出来そうデスネ……」

鳳翔「提督を解任に追いやった半数が青葉さんの謀略で畑を耕しているらしいですけど……」

謀略「残りの半分は行方不明なんですよ。比叡さんがどこかへ抗議に行った翌日から」

金剛「オウ……」


220:2015/06/26(金) 13:03:12.30 ID:
鳳翔「と言うわけで私も提督達について行きます」

深海提督「ええっ!?でも鎮守府にいる他の艦娘の事はーー」

鳳翔「それなら大丈夫です。提督にお願いされたみんなはもういませんから」

深海提督「もういない……?」

鳳翔「心配なさらなくても物騒な話ではありませんよ。みんな今の提督とソリが合わなかったと言うか……」

鳳翔「提督……きっとあなたへの思いが強すぎて馴染めなかったんです」

金剛「あなたって言ったデース!ひぇー!」

鳳翔「本来、新しい提督が着任したりすると艦娘の好意はその提督だけに向けられます。きっとそういう風に造られているんでしょう」

鳳翔「ですがあの日鎮守府にいた艦娘は誰1人として新しい提督には馴染みませんでした」

鳳翔「ずっと自分を造って育ててくれたあなただけしか見えていなかったんですよ」


221:2015/06/26(金) 13:15:38.24 ID:
鳳翔「一番最初に鎮守府を出て行ったのは金剛型のみなさんでした」

鳳翔「新しい提督のやり方が気に入らず飛び出して行きましたけど、彼女達は四姉妹で一人じゃありませんし、財力もあったので大丈夫かと」

鳳翔「続いてニ航戦の子達や羽黒ちゃんみたいな気の優しい子達とその姉妹が駆逐艦を盾にするやり方に反対していなくなり」

鳳翔「最終的に財力の関係や自立しきれていない子供達が残されましたけど、愛宕さんと天龍さんが引き取って出て行きましたよ」

深海提督「そうか……みんな元気にやってれば良いけど」

鳳翔「なので私も提督からの任務を最後まで果たしたので連れて行ってもらえないでしょうか……」

深海提督「でもこっちに来たら深海棲艦になる可能性が高いぞ?鳳翔さんの場合、要塞大戦艦級空母……いや、宇宙戦艦空母」

鳳翔「大丈夫ですよ♪私はその子達みたいに未熟じゃありませんから」

空母棲姫「……こわぃ」

鳳翔「ついでに精神を鍛え直して元に戻してみせます」

空母棲姫「ひっ……」


222:2015/06/26(金) 13:21:53.94 ID:
深海提督「じゃあ一緒に来ますか」

鳳翔「はい♪」

深海提督「実は深海に居酒屋鳳翔って店を作ってたんですよ。小さな店ですけど」

鳳翔「まあ、素敵ですね♪」

赤城「ちょっと待ってください!」

加賀「私達も連れて行って欲しいのだけれど」

深海提督「え?でもお前達はうちの鎮守府とはーー」

赤城「鳳翔さん(食堂)のいない鎮守府なんて何の魅力もありませんから!」

加賀「鳳翔さん(居酒屋)無しの生活を送るくらいなら深海棲艦になった方がマシです」

鳳翔「あなた達……!」ほろり…

空母棲姫(あの子達の本心が手に取るように分かるわ……)


223:2015/06/26(金) 13:30:29.49 ID:
武蔵「ならばこの武蔵も付いて行こう!」

大和「ちょっと、何を言いだすのよ」

武蔵「私の拳を片手で止める提督とあの化け物の様な軽空母がいる鎮守府だぞ?もっと身近に感じあの域まで辿り着くためだ!」

大和「もう……」

武蔵「大和は乗り気ではないのか?別に行くのは私1人でも構わんぞ?」

大和「行かないとは言ってませんけど……あちらにも都合が……」チラッ

深海提督「今更1人2人増えた所で何も困らない。今の鎮守府が嫌で飛び出したいならいつでも受け入れるよ。深海だけどね」

大和「あなたと出会って、あんなオークみたいな提督に好意を抱いていたなんて自分で吐き気がします。ぜひ御一緒させてください!」

深海提督「オークって……」

武蔵「さすがにそれは、な……」

大和「あ、あれ!?」


224:2015/06/26(金) 13:38:53.21 ID:
長門「そんな一時の感情で鎮守府を出て行き深海棲艦に堕ちるとは……貴様らには艦娘としての誇りは無いのか!」

赤城「誇りで飯が食えるんですか!」

加賀「鳳翔さん(居酒屋)の為なら一航戦の誇りも捨てる覚悟です」

武蔵「より高みを目指す為だ。許せ」

大和「オークはちょっと……」

長門「貴様らぁ……!」


北方棲姫「ていとくー!おなかすいたー」シタタッ

深海提督「こらこら、ここは危ないから来ちゃダメって言っただろ?」

北方棲姫「だってー、ぽんぽんぎゅるぎゅるーって」ぐうぅ…

深海提督「しかたないなぁ」

長門「まったく、本当に仕方の無い提督だな。さぁ行くぞ」スッ

深海提督「あれー……?」

北方棲姫「ぼにゅーくれー」カプカプ

長門「ああっ……なんだ、この光は……」ビクンビクン


225:2015/06/26(金) 13:43:14.29 ID:
金剛「ヘイ!ヘイヘイヘイ!!みんな揃って何言ってるデース!!」

武蔵「なんだ?お前は来ないのか?」

金剛「当然デース!深海棲艦の仲間になるくらいなら、舌を噛み切って死んでやるネ!!」

鳳翔「意外ですね。金剛さんなら真っ先に飛びつくと思ったのに」

大和「この提督とオークを比べてオークにつくんですか?しかもあの人極悪オークですよ?」

武蔵「大和……なんと言うか、すごい変わり身だな」

金剛「そんな見た目なんて関係無いデース!!」

長門「目をハートにしたり、しいたけみたいにしたりしながら良く言う」

赤城「しいたけ?」

加賀「しいたけですか?」


226:2015/06/26(金) 13:49:28.70 ID:
金剛「とにかく私はそんな、見た目とか、人間性より……義理を……」

深海提督「うむうむ」スタスタ

金剛「な、なんデスカ!?近寄らないでくだサーイ!!」

深海提督「よしよし」なでなで

金剛「ふえ……?」

深海提督「お前は鎮守府に姉妹を残しているから心配なんだろ?」

金剛「それは……」

深海提督「うちにいた金剛もお前と同じで妹想いの優しい艦娘だったから気持ちはよく分かるよ」

金剛「て、ていとくぅ……」



227:2015/06/26(金) 13:56:06.21 ID:
深海提督「もし今の鎮守府がどうしても嫌になったら姉妹を連れておいで。いつだって歓迎するさ」

金剛「ハアァ……♪」キラキラ


武蔵「こりゃ明日には来るな」

大和「もしかしたら今日中に来るかもしれませんよ?」


比叡「金剛お姉様ー!比叡、助太刀に参りました!!」

榛名「遅れてすみません、司令の目を盗んで出てくるのに手間取ってしまって」

霧島「お姉様方ったらまったく。帰ったらまたキツい罰が待ってますよ?」

金剛「みんな!丁度いい所に来てくれたネ!!」


比叡「みんなで深海に!?で、あれが新しい司令?」

榛名「榛名は大丈夫です!榛名は大丈夫です!!」

霧島「それは鎮守府に対する裏切りですがよろしいのですか?」

榛名「榛名は大丈夫です!!」

金剛「もう私の心はこの提督に鷲掴みされてしまったネ……♪」

榛名「榛名も鷲掴みされました!」


大和「ちょろい姉妹ですね……」

武蔵「ああ。それより……」

北方棲姫「むむむ……でない」ちゅぱちゅぱ

長門「……」とろん

武蔵「あいつにも妹がいた気がするのだが……」


228:2015/06/26(金) 14:03:11.56 ID:
深海提督「じゃあ仲間も増えた事だし今日はお祝いするか!」

飛行場姫「深海棲艦の仲間が増えてお祝いって良いのー?」

戦艦棲姫「我々の後輩としてしっかり指導してやろう」

武蔵「面白い。いつでも拳を交えようじゃないか」

鳳翔「私もしっかり指導してあげますからね♪」

空母棲姫「…………」

金剛「ヘイ提督ぅ♪帰ったら一緒にティータイムネ!」

榛名「提督は紅茶にしますか?コーヒーにしますか?榛名としますか?」


夕立「ぽーい♪」

時雨「おかえり提督」

鳳翔「あなた達は……艦娘?」

提督「うん。鎮守府に酷い扱いされてたから保護したんだよ」


229:2015/06/26(金) 14:09:23.60 ID:
金剛「さすが提督ネ!優しさが五臓六腑に染み渡りマース!」

夕立「艦娘さんっぽい?」

武蔵「うむ、私達も提督に拾われた様なものだ。よろしく頼む」

時雨「こちらこそよろしくね。ここは凄く良い所だよ」

夕立「そうだ!あのね!今日新しい駆逐艦が倒れてたからってヲ級さんが連れて帰ってきたっぽい!!」

深海提督「また盾に使われたのか……」

夕立「ううん、それがね!ぽいぽいぽーいって!!」

深海提督「なるほど全然わからん」

時雨「怪我は無いけど疲れて倒れてたみたいなんだ」

夕立「おなかもぽいぽい!」


231:2015/06/26(金) 14:17:16.92 ID:
時雨「さっきまであの部屋で休んでたんだけど……」

ガタンッ

夕立「ぽい?」


「クソ提督……?」


深海提督「ほわっ!?」

曙「…………」

深海提督「……ぼのちゃん?」

曙「本当にクソ提督なの……?」

深海提督「そうだよ!提督だーーあいたっ!あっ!ああっ!!ありがとうございます!!」バキッバキッ

曙「アホ!バカ!クソ提督!!心配させんな!!どれだけ探したと思ってんのよ!このゴミ提督!!」

深海提督「紹介しますね。私の妻です」

曙「誰が妻よ!!このクソ提督!!」ゲシゲシッ

飛行場姫「……っ」ガブガブ

深海提督「あいたっ!!ちょ、なんで事あるごとに噛み付くの!?」


232:2015/06/26(金) 14:23:42.19 ID:
曙「それで愛宕さんには悪いけど飛び出して来ちゃったの」

深海提督「なるほどなるほど……」

飛行場姫「ガブガブ……」ガブガブ

曙「さっき話で聞いたこの子達がいた様な酷い鎮守府ではなかったんだけど……まぁみんな無理して笑ってる感じだったわね」

深海提督「そうか」

飛行場姫「ガブガブ……」

金剛「ガブガブ……」

曙「だいたいあんたが急にいなくなったりするから悪いのよ!!このハゲ提督!!」

深海提督「ハゲ!?」

曙「そうだ、私帰らなきゃ。クソ提督を見つけたら一回帰るって漣達と約束したのよ」

深海提督「みんなを深海に連れてくるつもりか!?そりゃまずいだろ……」

曙「私は居場所を教えるだけ。来るか来ないかは各自が決める事よ」


235:2015/06/26(金) 14:32:24.95 ID:
深海提督「じゃあ鎮守府まで送って行くから」

飛行場姫「提督がいくなら私も行くわあー♪」ガブガブ

離島棲鬼「私もあのゴリラの気が北方棲姫に向いてるうちについて行くわ」

空母棲姫「私も行こう」ソロソロ

深海提督「ヲ級と時雨、夕立は今日きた艦娘に鎮守府内を案内してくれるか?」

夕立「ぽーい♪」

鳳翔「提督……あの、私も……」

深海提督「鳳翔さんは鎮守府に残っててください。この突き当たりに居酒屋がありますから」

鳳翔「また私は留守番ですか……」

深海提督「すぐに帰りますから。美味しい料理作ってて下さいね!」

鳳翔「もう、これじゃまるで夫婦じゃないですか……♪」

深海提督「そうだ、居酒屋の次は指輪も用意しないといけませんね」キリッ

鳳翔「提督ったら……♪気をつけて行ってらっしゃい。帰りをお待ちしていますね」

提督「はい!」

飛行場姫「ガブガブ」

金剛「ガブガブ」


237:2015/06/26(金) 14:39:45.72 ID:
曙「で?どうすんのよ?」

深海提督「どうするって?」

曙「多分、私以外にもあんたを探してる艦娘は沢山いるわよ?私はたまたま拾われて助かったけど……」

深海提督「そうだな。深海の鎮守府もみんなを受け入れる広さは十分あるし……いやでも深海に連れて行く提督ってどうなんだ?」

曙「知るか!!……でもまぁクソ提督の顔見たらみんな付いてくんじゃないの?ってか、あ、愛宕さんとか心配してたし!愛宕さんとか!」

提督「うーん……じゃあとりあえず顔を見せるだけでもしておくか」

飛行場姫「あんがああ、んぐぁああ」ガブガブ

深海提督「喋る時くらい噛み付くの止めようか」



239:2015/06/26(金) 14:43:21.09 ID:
飛行場姫「でも提督の所にいた艦娘って色んな所に散らばってるんでしょー?見つかるの?」

深海提督「見つけるさ。匂いでだいたいの位置は分かるし」

飛行場姫「ふーん。でもつまんないわねぇー。せっかく私達だけの提督だったのにい」

深海提督「安心しろ!俺はみんな平等に愛するから!!」

曙「ガブッ!」ガブガブ

飛行場姫「ガブガブ!」ガブガブ

離島棲鬼「カプッ」カプカプ

戦艦棲姫「……ガブッ」ガブガブ

港湾棲姫「……」ブスッ

深海提督「ギャー!!なんか全員から反感を買ってしまった!!」


240:2015/06/26(金) 14:49:09.48 ID:
曙「さあ見えてきたわよ!あそこが今の鎮守府!ちょっと行ってくるわね!」

深海提督「てきと間違われて撃たれたら大変だ。ちゃんと鎮守府まで送るよ」

曙「ほんっと……心配性なんだから。勝手にすれば?フンッ」


鎮守府

秘書「て、提督……、鎮守府前に敵艦が……」

提督「なに!?イ級が攻めてきたのか!?」

秘書「それがその……」

シャッ

深海提督
戦艦棲姫
飛行場姫
港湾棲姫
離島棲鬼
空母棲姫


提督「私が……私が一体何をしたと言うんだ……」



こうして提督達の艦娘探しの旅は始まった。

終わり


241:2015/06/26(金) 14:51:11.99 ID:
飛行場姫の滑走路から発艦したいだけの人生だった……


245:2015/06/26(金) 15:17:48.53 ID:

じゃ僕は空母棲姫に胴体着陸希望で!


248:2015/06/26(金) 19:59:50.05 ID:
空母棲姫の奥に格納されたい人生


250:2015/06/26(金) 23:23:29.47 ID:
この提督、駆逐艦なしによく正気を保てたな




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433684932/

→→もっと艦これを読む←←