1:2015/06/29(月) 23:20:54.31 ID:
赤城「あ…ああ…」

赤城「どうして…どうして私が…こんなことに…」

赤城「嫌だ…嫌だ…」

赤城「なんでぇ…どうしてなの……」

赤城「ここが私の死に場所になるとでも言うの…?」

赤城「嘘よ…私は認めないから…」

赤城「これは夢…夢なんだから…」

赤城「だから…もうっ…!」

赤城「これ以上、私を苦しめるのはやめて…!」

赤城


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435587644

2:2015/06/29(月) 23:22:04.85 ID:
加賀「赤城さん」

赤城「加賀さん…助けてっ…!!」





3:2015/06/29(月) 23:23:39.88 ID:








加賀「いい加減にしてください」

加賀「たかが口内炎くらいで大袈裟すぎます」

赤城「そんなぁ!」


4:2015/06/29(月) 23:24:59.26 ID:
赤城「酷くありません!?私、口内炎ですよ!」

加賀「はい」

赤城「食事の時に凄まじい痛みを与える、あの凶悪な病の口内炎ですよ!!」

加賀「はいはい」

赤城「加賀さんにはこの苦しみがわからないのですかっ!?」

加賀「はいわかりません」

赤城「ひどい!」

加賀「うるさいですね口内炎くらいで…」

加賀「私は、今は食事に集中したいので少し黙っててくれませんか」

赤城「目の前にその食事が出来ない人がいるというのに!?悪魔!鬼!加賀さん!!」

加賀「…」モグモグ

赤城「私、口内炎のせいで口が痛くて痛くて食事が出来ないから苦しいんですよ!」

赤城「それなのに自分は悠々とゴハンをたべちゃったりして!!」

加賀「…」モグモグ

赤城「お願いです!私に同情してください!!」

加賀「面倒です。いくら赤城さんといえど、そんな馬鹿な理由に付き合っていられません」

加賀「だいたい食事が出来ないって言うのは、赤城さんが我慢すれば解決する話でしょう」

加賀「だから赤城さんもさっさとご飯を食べてください」

赤城「うー…」


5:2015/06/29(月) 23:27:03.45 ID:
味噌汁「…」

赤城「…」

赤城「…」ズズッ

赤城「」ゴロゴロゴロ

加賀「はぁ…」


6:2015/06/29(月) 23:29:50.98 ID:


加賀「というわけで提督、赤城さんを何とかしてください」

赤城「助けてぇ、提督ぅ…」

提督「またそんな下らん問題を俺のことに持ち込みやがって…」

加賀「だって面倒なんで」

提督「えええ!それだけの理由で来たのお前!」

加賀「あと、提督なら押し付けても別に大丈夫かなと思いましたから。さぁ早く赤城さんを治しなさい」

提督「さりげなく酷いこと言うなお前!」


7:2015/06/29(月) 23:31:52.97 ID:
加賀「言い換えれば、私は提督にどんなことでも任せられるくらいに信頼してるということよ。ここは素直に喜ぶとこじゃないかしら」

提督「どうしよう。ここまで傲慢を良いように解釈する人を俺は初めて見てしまった」

赤城「そんなことより提督…早く治してくださいぃ…」

加賀「ほら赤城さんも苦しんでますよ。何とかしてやってください」

提督「うーん、とは言ってもなぁ…」

加賀「?」

赤城「何か問題でも…?」

提督「だって、話を聞くにお前は口内炎になったせいで食事量が減ったって言ってたけど」

提督「普段のお前の食費のせいでうちは万年貧乏だから、俺としてはこのまま口内炎でいて欲しいんだよなぁ」

赤城「!?」

提督「うちの鎮守府は大きくないから、いつも資材カツカツの状態なんだよ…」

提督「だから出来ればずっと治してもらいたくはないんだけど…駄目かな?」

赤城「駄目に決まってるじゃないですか!酷いですよそんなの!」

赤城「提督は部下の命より金を優先するんですか!超絶ブラック!大天使古鷹ちゃんも3号砲を持って殴り込むレベルですよ!!」

赤城「なんて酷い!それでも人間ですか!提督のばーかばーか!!!こんな鎮守府、裁判で訴えてやるっ!わーんっ!!!」

提督「おい大袈裟だなお前。わかったから落ち着け」

加賀「だから面倒だって言ったでしょう?もっと面倒なことになる前に赤城さんをさっさと治してください」

提督「お前も俺に押し付けたくせによく言うよ…」


8:2015/06/29(月) 23:35:09.71 ID:
提督「しょうがないな。赤城、ほら」

赤城「ぐすん…何ですかこれ」

提督「軟膏だよ。これを口内炎のとこに塗るんだ」

提督「よく効くから、早よ使え」

赤城「え…?これを口にですか!?」

提督「そうだけど?」

赤城「ちょっと待ってください!軟膏ですよ!?」

赤城「塗り薬を口に塗るのってなんか怖くありませんか!?」

提督「いやガキかお前は!大人のくせに何ビビってんだよ!?」

赤城「だってこれ食べ物じゃないでしょ!体内に入ったら有害になるとかあったらこわいじゃないですか!私は嫌です!!」

提督「ねぇよ!?だったらこれ何の為の薬だよ!?大丈夫だって!絶対!」

赤城「無理無理!私、食べ物以外は口に入れない主義なんですから!!」

赤城「お願いです!恐いから私、目を瞑ってますんで提督がこれを私に塗ってください!」

提督「お前ホントに面倒くさいなぁ!!」

提督「ったくもう…ほら、あーんしなさい」

赤城「あーん…」

加賀「…」


9:2015/06/29(月) 23:36:47.34 ID:
提督「うお…こいつはひでーな。口内炎が4つもあるじゃねーか」

赤城「へーほふぅ、みへないへ、はやふ…」

提督「わかったわかった。じゃあ塗るから覚悟しとけよ」

赤城「んっ…」

加賀「……………」


11:2015/06/29(月) 23:38:55.47 ID:
提督「…」ソロ-リ

加賀「」グシャ

提督「いたいっ!?」グニッ

赤城「ヒギャアアアアアアアアアァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!?!?」


12:2015/06/29(月) 23:40:44.34 ID:
提督「加賀さん何で!?お前が変に後ろから叩いたせいで赤城の患部を直接触っちまったじゃねぇか!」

赤城「あーー!あああーーーっ!!」ゴロゴロゴロゴロ

加賀「何でとはこっちのセリフです!軟膏は白くて粘着性があり強い臭いのする物質なのですよ!?」

加賀「それを女性の口にいれるなんて、とんだ変態ですね貴方は!!」

提督「お前は何を言ってるんだ!?」

赤城「いたい!いひゃい!うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ゴロゴロゴロゴロ

加賀「第一、女性の口の中をジロジロと凝視するなんて…!」

加賀「赤城さんはお口が性感帯なのを知っての行為ですか!憲兵呼びますよ!ロリコンじゃないですけど!」

提督「だからお前は何を言っているんだ!!落ち着け加賀!!」

赤城「ぐわぁぁぁぁぁ!!死ぬぅぅぅぅぅぅ!!」ゴロゴロゴロゴロ

提督「お前もだ赤城!!悪かったから転がり回るのはもうやめるんだ!」


13:2015/06/29(月) 23:45:57.18 ID:
赤城「ひーっ、ひーぃ!ひぃーっ!」ビクンビクン

提督「と、とにかく赤城を治療しないと」

加賀「言っときますけど軟膏はもう駄目ですからね」

提督「くそ、仕方ないなぁ…」

提督「なら赤城、これはどうだ?」

赤城「こ、これは…?」

提督「イソジンだよ。うがい薬として有名な」

赤城「え…口内炎なのにうがい薬ですか…?」

提督「そうだぞ。実は、うがい薬で口をゆすぐのは口内炎に効果的なんだ」

提督「含まれてるヨウ素は殺菌作用が非常に強いからな。結構すぐに治せちゃったりするぞ」

提督「それにうがい薬ならおそらくお前も抵抗がないだろうし。これなら大丈夫だろう」

赤城「提督…!私のためにそこまで…!」

赤城「あっ…ありがとうございます…!これなら、私にも……出来ますっ!」ウルウル

提督「そうか、よかったな」

赤城「はい!口内炎へ攻撃、全機発艦!ですよ!イェイ!」

提督「うん。本当に本当に面倒臭い奴だなお前」

加賀「全くね」

提督「お前もかなり大概だぞ」


14:2015/06/29(月) 23:47:23.57 ID:
提督「まぁいい。そうと決まれば早速うがいだ」

赤城「わかりました!一航戦赤城、出ます!」

加賀「ただいま〜のあとは〜ガラガラ〜ジンジン〜」←イソジンの歌

赤城「…ん?」

赤城(そういや私、うがい薬使うの初めてでしたね)

赤城(このうがい薬にも使い方とかあるのでしょうか?)

提督「どうした赤城。またビビってんのか」

赤城「あっ!いえ!すみません!ちょっと考え事してて」

赤城「では改めまして、うがいをします!」キュポッ

加賀「赤城さんファイトです」

赤城「えい!」グビッ

提督「えっ」

赤城「?」

赤城「」バタ-ン

提督「赤城ぃぃぃぃぃぃ!?」


15:2015/06/29(月) 23:48:42.88 ID:




赤城「…」




16:2015/06/29(月) 23:51:54.02 ID:
赤城「はっ!?」

加賀「目覚めましたか」

赤城「ここは…入渠ドック?」

加賀「はい。まさか赤城さんがイソジンを生で飲むなんて思いませんでしたから」

加賀「気絶した状態だったのをここまで運んで来ました」

赤城「そ、そうだった。私、うがいをしようとして…」

赤城「うっ…最悪の味だったわアレ…染みるし、苦いし、痛いしで…ていうか、ウエッ、まだイソジンの後味が残ってる…うぷっ」

加賀「気絶するほどの酷い思いでしたから。おっと、浴槽には吐かないでくださいよ」

赤城「ところで、加賀さんはどうして入渠しているの?」

加賀「もちろん展開上の都合です」

赤城「そ、そう」


17:2015/06/29(月) 23:54:00.90 ID:
赤城「はぁ…それにしても口内炎、治らなかったなぁ…」

加賀「そういうこともありますよ」

赤城「やっぱり口内炎はじっくり日をかけて自然回復させるのが…」

赤城「…ん?」


瑞鶴「翔鶴姉〜!口内炎が出来ちゃったーー!」

翔鶴「あらあら。じゃあ高速修復剤をかけましょうか」ザ-

瑞鶴「わーい!治った!」


赤城「…」

加賀「…」

赤城「…あれは」

加賀「盲点でしたね」

赤城「…」

赤城「…私の苦労は一体…ぃ」ガク-ン

おしまい


19:2015/06/29(月) 23:56:05.35 ID:
乙カレー
口内炎四つとかどんな食生活してるんですかね‥


20:2015/06/30(火) 00:30:53.01 ID:
短いながらも面白かったです


22:2015/06/30(火) 01:00:47.69 ID:
相方の方が性的過ぎてどうしてもな…
飯食ってたりバスケットしてるほうが赤城さんらしいっちゃらしい気もする


26:2015/06/30(火) 12:22:31.24 ID:
赤城さんはお口が性感帯。そして食いしん坊
ということは、赤城さんは食べ物に性的興奮を覚え咀嚼のたびに性的快感でビクンビクンしてる可能性がある・・・
今度個室のあるレストランに連れていこう




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435587644/

→→もっと艦これを読む←←