1:2015/06/29(月) 19:24:55.22 ID:


~生徒会室~

バァン!(開扉)

コトミ「ライバルですよ!」

スズ「うわっ!びっくりした……なんなのよ」

コトミ「おっとと、これは失礼」ペコ

シノ「来て早々なんだコトミ」

スズ「ライバルって何の?」

コトミ「おや、お二人だけですか……そう、ライバルなんです!」クワッ

スズ「いやだから誰が誰の?」

コトミ「そりゃタカ兄争奪戦の新たなライバルですよ!」

シノ「!」

スズ「!」

コトミ「ふっふっふ、反応しましたね?」

トッキー


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435573485

2:2015/06/29(月) 19:26:18.35 ID:


シノ「で?そ、その新しいライバルというのは誰なんだ?」アセアセ

スズ(動揺が隠せていない……)

コトミ「訊かれたからには答えましょう!その新たなライバルとは……」

コトミ「トッキーです!」

シノ「えー……」シラー

スズ「えー……」シラー

コトミ「あ、その反応信じてない!もう、本当なのにー!」

シノ「いや、だって……なぁ?」ナァ?

スズ「ええ、あの時さんだし……」ウン

コトミ「いやいや、これが最近妙に仲いいんですよ!タカ兄とトッキー!」

シノ「うーん、いやしかし……」ウーム



3:2015/06/29(月) 19:27:57.32 ID:


コトミ「これは由々しき事態ですよ会長!」ガタッ

シノ「いや、べ、別に私は津田が誰と仲良くしようと……」ブツブツ

スズ(いまさら取り繕っても……)

コトミ「そんなこと言ってるとー、トッキーにタカ兄取られちゃいますよ?」

スズ「いや、まさか時さんに限ってそんなこと……」

コトミ「いやー、甘いですなぁご両人!この間なんて――」


コトミ『あ、タカ兄だ おーいタカ兄ー!』ブンブン

タカトシ『おーコトミか、あんまり大声で呼ぶなよな』

コトミ『Hの時は?』

タカトシ『呼んで欲し……ってどうでもいい!』

時『……どうも』スッ

タカトシ『あ、トッキーもいたんだ こんにちは』

時『こんちわ……』

コトミ(ん?)

コトミ『あれ?タカ兄ってトッキーのことトッキーって呼んでたっけ?』

タカトシ『ああ、ちょっとあってな』

コトミ『ふーん?』

コトミ(なーんか怪しいなー)




4:2015/06/29(月) 19:29:37.60 ID:


コトミ「――ってことがあってですね?」

シノ「……なんだ、愛称で呼んでるだけじゃないか」ヤレヤレ

スズ(心配して損したー……)

コトミ「いやいや、問題はそこじゃなくてですねー」

シノ「ん?他になにかあったか?」

コトミ「私、初めて見たんですよねー トッキーが自分から挨拶してるの」

スズ「……そういえば」

コトミ「いつもは誰が来ても面倒くさそうに私の後ろに立ってるだけなのに」

コトミ「何故かタカ兄にだけは自分から前に!」

シノ「なるほど、確かに何かありそうだな……」フム

コトミ「でしょー?」

スズ「でも、それじゃあまだ敵とは言えないでしょ」

コトミ「(敵……)ふふふ、実はその話には続きがあって――」



5:2015/06/29(月) 19:31:04.38 ID:


タカトシ『二人とも今から昼飯か?』

コトミ『うん、偶には屋上もいいかなーって』

時『……一緒に、どう…すか……』ボソ

コトミ(うん?)

タカトシ『屋上かー…今日いい天気だし、俺も一緒していいか?』

コトミ『タカ兄なら大歓迎だよ!そしてそのまま屋上で3Pだね!』

時『っ……//』

コトミ(……んんん?)

タカトシ『しねぇよ飯食うよ!』


コトミ「――それで屋上で三人で食べることになってー」


コトミ『着いたー!』ガチャッ

時『うぉっ!』ドテッ

タカトシ『大丈夫?』グイッ

時『あ、ああ……アリガト(ボソッ』

タカトシ『はは。弁当、俺が持っててよかったね。怪我無い?』

時『大丈夫……』

タカトシ『ならよかった』ニコ

時『っ……//』プイ

コトミ(タカ兄とトッキーがラブコメしてる……)



7:2015/06/29(月) 19:34:12.27 ID:


コトミ「それでー――」


コトミ『いただきまーす!』パカ

タカトシ『いただきます』パカ

時『……い、いただきます』パカ

コトミ『あれ、そいえば今日トッキー弁当なんだー、珍しいね!』

時『あ、あぁ……偶にはいいと思ってな』

タカトシ『練習したもんね』ニコ

時『うん、世話になっ……てます』

コトミ(おや?)

コトミ『タカ兄、トッキーに料理教えてるの?』

タカトシ『ああ。トッキーがうまくなりたいって言うからさ』

タカトシ『俺が師じゃ不安だろうけど』ハハ

コトミ『へー』ホエー

時『……そんな事言って、すげーうまいじゃん……タカトシ(ボソッ』ジトー

コトミ(ちょっと待って何か聞こえた)

タカトシ『俺はそこまでうまくないよ。ほら、昨日も失敗したじゃん』

時『それでも美味いからいーんだよ……致命的じゃないから』ブスー

タカトシ『はは、ドジっ子は大変だよね』ハハ

時『ドジっ子って言うなっていつも言ってるだろっ!』クワッ

タカトシ『ごめんごめん』ナデナデ

時『ふんっ……許す(ボソッ』//

コトミ(えぇ……)



8:2015/06/29(月) 19:35:46.86 ID:


コトミ「えっと、それからー――」

シノスズ「「もういいよ!!!」」バンッ

コトミ「おおう!?」ビクッ

シノ「真っ黒だよ!デキてるよ!!」バンッ

スズ「どす黒いよ!!なんで気づかないんだよ!!」バンバンッ

コトミ「え~、なんか『そうなんだ仲いいなぁ』って見てました」テヘ

シノ「テヘじゃない!……ええい、完全に出遅れてるじゃないか」

スズ「まさかだわ……そんなところに伏兵が居ただなんて」

コトミ(さらっとスズ先輩認めたね~、タカ兄が好きだって)

シノ「しかし、二人で料理の特訓なんて……なぜ私を呼ばん!」プンプン

スズ「いや時さん絶対気まずいでしょうそれ」



9:2015/06/29(月) 19:38:06.18 ID:


シノ「ふむ……だが気になるな。津田と時さんが何故……」

スズ「確かに想像つきませんね……あの二人の和気藹々とした料理なんて」

コトミ(都合よくさっきの記憶を消してる……)

<ふふ、気になる?

シノ「ハッ!その声は!」バッ

畑「私だ」ヤッホ

シノ「畑!」ヤッホ

スズ(おかしい……この展開どこかで見たことあるような)

シノ「何か掴んでいたのか?」

畑「ぶい。なんとここに二人の料理風景を捉えた監視カメラの映像が」スチャッ

スズ「犯罪じゃないですか!」

畑「え~?でも気になるでしょ?」

スズ「うぐっ、それは……」



10:2015/06/29(月) 19:39:51.10 ID:


コトミ「おもしろそう!私見たいです!」ハーイ

シノ「津田も許してくれるだろう」ウンウン

スズ「会長まで……」

畑「いいじゃないですか~、へるもんじゃなし~」ブーブー

スズ「私の良心が磨り減るんですっ」

シノ「まぁまぁ萩村。私たちはここで見るから、見ないんなら外で見張っててくれないか?」

スズ「ぐぬぬ……」

畑「偶然目に入ってしまった、そういうことにしときましょう」ネ?

スズ「しょ、しょうがないですね……」

コトミ「早く見ましょうよ~、もう待ちきれない!」

畑「まぁ落ち着けよ嬢ちゃん、すぐに見せてやるからさ」ゲッヘッヘ

スズ「変態的な言動禁止っ!」

コトミ「ケチー」ブー

畑「ほっほっほ、じゃあこのノートPCで見てみましょうか」スッ

シノ「……」ドキドキ

スズ「……」ゴクリ…

コトミ「……」ジュルリ…

スズ(一人なんかおかしい)

畑「では、スイッチオーン」ピッ


タカトシ『トッキー、その格好かわいいね』サワッ

時『ちょ、馬鹿、どこ触って……ひゃんっ!?』ビクッ



11:2015/06/29(月) 19:41:44.21 ID:


シノスズ「「ストーップ!!」」

畑「どうしました?」

コトミ「えぇ~、ここからなのに~」

シノ「まず料理してない!!」

スズ「津田が凄い変態!!」

畑「ま、まぁまぁ抑えて。ここからですよここから」

コトミ「わくわく」


タカトシ『いやー、まさかトッキーがやってくれるとは思わなくてさ』

時『相当変態だよ、お前……私にこんな格好させるなんて』カァァ←水着エプロン

タカトシ『嫌い?』ギュ

時『嫌い……じゃ、ない。馬鹿っ』//


畑「しょっぱなから見せつけますねぇ」ハァー

シノ「料理そっちのけで何してんだー!」

スズ「いちゃつくなら包丁置けー!」

畑(突っ込みどころそこ?)

コトミ「わートッキーかわいいー!」



12:2015/06/29(月) 19:43:27.25 ID:

……………

………

……


タカトシ『痛っ』

時『どうした?』

タカトシ『俺とした事が……指切っちゃったよ』キュッ

タカトシ『うおー沁みるー』ジャー

時『……ちょっと貸してみろ』グイ

タカトシ『トッキー?』

時『ん』パク

タカトシ『時さん?』


コトミ「指フ○ラだー」

畑「ベタですね~」


時『んー……』チュー

タカトシ『何してるの』

時『ゆひひっはほひは、ほうふふんはほ?(指切ったときは、こうするんだろ?)』チュー

タカトシ『なんてベタな……ん、もういいよ。ありがとう』

時『ほうか?……ふぅ』ッポン

タカトシ『お陰で血は止まったけど……トッキーの唾でベタベタだね』マジマジ

時『っ……///な、なんか恥ずかしいから早く洗え!』

タカトシ『ん』パク

時『オイ!!』///



13:2015/06/29(月) 19:44:30.82 ID:


畑「おー、咥えた」

コトミ「トッキー顔真っ赤だー」

シノ「……」パクパク

スズ「……」


タカトシ『ごちそうさま』


コトミ「タカ兄キモっ」

畑「ぶっ」プルプル


時『……なんか一気に萎えたぞ』

タカトシ『うん、ごめん。俺も正直自分で引いた』


コトミ「私のリアクションが聞こえたのかな?」

畑「アグレッシブですねー」


……………

………

……



14:2015/06/29(月) 19:45:35.87 ID:

~なんやかんやあって~


タカ・時『完成~』

タカトシ『なんとか出来上がったね。ちょっと怪我したケド』

時『もう大丈夫なのか?』

タカトシ『うん。痛みも大分引いてきたよ』

時『ならいいんだ……血の味とかしないよな?』

タカトシ『しないしない。トッキーが舐めてくれたし』

時『あ、あれは忘れろ!』///


畑「それは無理な相談ですよねぇ」

コトミ「あんなに情熱的なの見せられたらねぇ」

スズ(仲良いなこいつら……)

シノ「……」



15:2015/06/29(月) 19:46:50.72 ID:


タカ・時『ごちそうさまでした』

タカトシ『いやー、食べたたべた。おいしかったよトッキー』ニコ

時『おそまつさまでした……って、タカトシも一緒につくっただろ』

タカトシ『いやいや、俺は野菜とか切っただけだし、味付けとかは殆どトッキーでしょ?』

時『そりゃまぁ、そうだけど……』

タカトシ『最近は砂糖と塩間違えるとかベタなことしなくなったし、料理教室も終わりかな?』

時『そ、それはいやだ!』

タカトシ『へっ?』

時『だって、また一緒に料理……したいし(ボソッ』///

タカトシ『』キュン

タカトシ『あ~もう!トッキーはかわいいなぁ!』ガバッ

時『わぁっ!おい、急に抱きつくな!』///


畑「トッキーはかわいいなぁ!」

コトミ「トッキーはかわいいなぁ!」

スズ(なんであたしこんなの見てるんだろ……)

シノ「……」



17:2015/06/29(月) 19:48:05.42 ID:


タカトシ『よしよし』ナデナデ

時『暑いって……』

タカトシ『じゃあやめる?』ピタッ

時『……いじわる』頭スリスリ


コトミ「がはぁっ!」

畑「コトミさんが砂糖を吐いた!謝れ!」

スズ「あやまれ!(やけくそ)」

シノ「……」



18:2015/06/29(月) 19:49:27.69 ID:


タカトシ『ああもう、ほんとトッキーはかわいいなぁ』ギュッ

時『うっせ……』///


畑「そういえば時さん、ずっと水着なんですよね」

コトミ「柔道やってるからムキムキなのかなーって思いましたけど、違うんですねー」

スズ「高めの背、程よい筋肉、程よい柔らかさ……!」ギリッ

シノ「……」


タカトシ『そんなにかわいいと――』クイッ

時『ぁ……』

チュッ


スズ「やりやがったよ!」バン!

畑「おおっといきなり。まぁやるとは思っていましたが」

コトミ「いやらしいですなぁ」

シノ「」



20:2015/06/29(月) 19:50:39.06 ID:


タカトシ『しちゃった』ハハ

時『いつもやってるだろ……ん』

タカトシ『ん?』

時『早く……つづき』


畑「げふぅ!!」

コトミ「ごはぁ!!」

スズ「強烈だわ……」

シノ「……アリアぁ……」


タカトシ『!……止まらないよ?』

時『望むところだっ……んんっ……』チュ


コトミ「始まっちゃった!!」

畑「では、しばらく黙っていましょうか」

スズ「うわー、うわー……」チラチラ

シノ「ありあぁ……どこだぁ……」



21:2015/06/29(月) 19:52:04.79 ID:


~以下、ダイジェストでお送りします~

……

…………

………………


『んっ……んんっ♡はむっ……♡』

『トッキー、もうこんなに乳首立ってるよ?』

『しょうが、ないだろぉ……♡こんなにされたら……っ』

………………

『そうだ、おまえのやつ、口でしてやるよ……♡』

『だ、だめだよトッキー、汚いって』

『うるさい、私がやりたいからやるんだよ///……ぁむ♡』

『うわっ……トッキー、エロすぎるって……っ!』

………………

『くっ、もう……!』

『ん!んんっ……!!♡』

『……ぁ、ごめん、口の中に……』

『んく……っんく……れる……♡』

『ちょ、ちょっと!』

『ごくっ……ぷは』

『と、トッキー……』

『思ったより苦いな、これ……でも嫌いじゃない……んむ♡』///

『……』

………………



22:2015/06/29(月) 19:53:28.73 ID:


『ひゃっ!?タカトシっ……!激しすぎるって!♡』///

『トッキーが悪いよっ……あんなことするなんてっ……!』

『だめだっ……声っ抑えられない……!んぁあっ♡』

『抑えなくていいよっ!もっと、聞かせてっ……!』

『そ、そんなこと言うなぁっ♡んっ♡あぁっ♡』///

………………

『トッキー……!そろそろ、出すよっ』

『はぁっ、いいぞっ♡出せっ……お前の全部っ♡受け止めてやる……っ』

『ぐっ……!!』

『――――~~~~っ!!』

………………

『ぐっ、とまら、ない……っ!』

『ま、まだこんなに……♡どんだけ出すんだよ……っ』

『まだ治まらない……もう一回いくよ!』

『あっ……♡ぁ――――』


………………

…………

……



24:2015/06/29(月) 19:54:43.15 ID:


畑「……」ボー……

コトミ「……」

スズ「……」

しの「……?」


スズ「……どうすんですか、これ」

スズ(なんか二週か三週ぐらい回って冷静だわ私)

畑「え?あ、ああ、このデータは後に私のオカズとして――」

コトミ「ちょちょ、ずるいです!私も!」ハイハイ!

スズ「そうじゃねぇ!この空気をーって、もういいか」ハァ

畑「いや~、にしてもがっつりでしたねぇ」

コトミ「あんな牝の顔でよがってるトッキーなんて初めて見ましたよー」ハハッ

スズ「そりゃそうでしょ……」

しの「ありあ……ありあぁ……」



25:2015/06/29(月) 19:56:28.45 ID:


畑「というか先ほどから会長の様子が」

コトミ「まるで精神的に多大なダメージを受けたかのような幼児退行してますね」

スズ「まさに今精神的ダメージを多大に受けたからだよ!むしろなんで二人とも平気なの!?」

畑「私はほら、こういうときでも崩れないキャラですので」ヒラヒラ

スズ(見終わった直後呆然としてただろ)

コトミ「私は純粋に見てて面白かったし!ていうかかわいかった!」

スズ(あんたは肝据わりすぎ)

しの「ありあはどこ……?」ウルウル

スズ「はーい大丈夫、もうちょっとしたら来ますからねー」ナデナデ

しの「ほんと?」

スズ「ほんとですよ」ナデナデ

スズ(もう私はショック受けるどころじゃないし……はぁ……)



26:2015/06/29(月) 19:57:36.76 ID:


コンコン

スズ「!」

畑「」キラーン

シュババッ

ガララッ

タカトシ「すみません、遅れましたー……って」

畑「や」

コトミ「」ホクホク

スズ「お疲れ様……」ハァ

しの「つだ!つだ!」キャッキャ

タカトシ「えぇ……なにこれ」

スズ「色々あったのよ、いろいろ……」



27:2015/06/29(月) 19:59:21.70 ID:


アリア「立ち止まってどうしたのー?」

タカトシ「ああ、すみません。見てもらえば解るかと」

アリア「なになに~?」ヒョイ

しの「!ありあぁ!」パアア

アリア「わっ、ちょっとシノちゃん!?」ギュッ

しの「うわぁーありあー」ギュウウ

アリア「もう、シノちゃんったら。皆が居るのに赤ちゃんプレイ?」ナデナデ

タカトシ「ええぇー……」

時「……おい、もういいか?」チラッ

タカトシ「あ、ごめん。すっかり忘れてた!うん、いいよ。ごめんね」

時「……いいけど」プイ

タカトシ「ご、ごめんって!」

時「なら、帰ったあと……いっぱい愛してくれよ(ボソッ」///

畑「ぐはぁっ!!」ズサッ

コトミ「げはぁっ!!」ズシャァ

スズ「お二人がまた吐いた!謝れ!!」バァン!

タカトシ「えぇ!?」


タカトシ「あーもうなんなんだよこの空間!」



                    おわり



28:2015/06/29(月) 20:01:51.13 ID:

おわりです(^q^)
背徳感がないからエロは全然かけませんでした
トッキーはエロなくてもかわいいからね、しょうがないね
読んでくれてありがとうございました!


29:2015/06/29(月) 20:02:48.94 ID:
仲良くなった経緯とか過程とか読みたかった
おつー


32:2015/06/29(月) 23:17:40.40 ID:
まだ始まったばかりのようだな


33:2015/06/30(火) 00:16:02.96 ID:
もう会長戻ってこれないだろコレ


38:2015/07/01(水) 00:04:05.80 ID:
トッキーかわいい




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435573485/

→→もっと生徒会役員共を読む←←