1:2015/07/01(水) 23:34:55.28 ID:
禁書SS
上条×黒夜
キャラ崩壊あり
短いよ

上条当麻69


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435761285

2:2015/07/01(水) 23:38:02.82 ID:


上条「ペロペロしたい」

上条「したい」

上条「いったいどうすればいいのだろうか」


3:2015/07/01(水) 23:39:12.17 ID:

上条「そもそもなんなんだあいつは」

上条「いつもいつも大胆に腋を露出しやがって」

上条「けしからん」

上条「これは少し灸を据えてやらないといけないな」

上条「よしひらめいた!」


4:2015/07/01(水) 23:41:30.76 ID:

上条「まず、恋査の時の一件で未だに入院している黒夜の見舞いに行く」

上条「そして、そこで腋を大胆に露出している黒夜を見る」

上条「そのことについて少し注意をする」

上条「露出を注意するという名目で黒夜の腋について話をする」

上条「なんやかんやで腋をペロペロする」

上条「なんて完璧な作戦」

上条「こんな作戦を思いつくなんて……」

上条「自分の頭が怖い……っ!」


5:2015/07/01(水) 23:42:28.06 ID:




上条「と、いうわけでやって来ました。いつもの病院」

上条「聞いたところによると車椅子を必要としないくらいには快復してるらしい」

上条「よきかなよきかな」

上条「それでは、先ほどの作戦を振り返って」

上条「いざ黒夜の病室に突撃ー!」


6:2015/07/01(水) 23:43:25.98 ID:


上条「邪魔するぞ!」

黒夜「あん? 誰かと思えばお前か」

上条「見舞いに来たぜ!」

黒夜「そりゃどうも」

上条「黒夜! お前に言いたいことがある!」

黒夜「どうでもいいけどテンションたけえな」

上条「…………」

黒夜「…………?」

上条「まさかのパジャマ姿……っ!?」

黒夜「何の話だよ」


7:2015/07/01(水) 23:44:12.09 ID:


上条「ちょっと待てよ黒夜! なんでパジャマなんて着てるんだよ!?」

黒夜「私がパジャマ着たらダメなのかよ」

上条「いつものパンクな格好は!?」

黒夜「入院してんのにそんな格好するわけねぇだろ」

上条「だからってなんでモコモコのファンシーパジャマなんだよ!?」

黒夜「浜チャンが持ってきたから」

上条「浜面ぁぁぁぁっ!!」


8:2015/07/01(水) 23:45:37.91 ID:


上条「浜面の奴、余計な真似を……っ」

上条「まさか、肌を露出してないとは」

上条「これじゃ注意してペロペロする流れに持っていけないじゃないか」

上条「こうなったら作戦その2に移行するしかないな」

上条「……よし」

上条「なあ黒夜」

黒夜「なんだよ」

上条「腋をペロペロさせてくれ」

黒夜「 」


9:2015/07/01(水) 23:46:57.99 ID:


黒夜「お前はいきなり何を言ってンですかァ!?」

上条「用意していた作戦が見事使い物にならなくなってしまったからな」

上条「ストレートにいこうと思って!」

黒夜「意味がわかンねェ。とりあえず死ね変態」



10:2015/07/01(水) 23:48:27.32 ID:


上条「頼むよぉペロペロしたいんだ……」

黒夜「なんだお前、いったいどうした」

黒夜「戦い過ぎて頭イっちまったなら診てもらえ。ちょうどここは病院だ」

上条「大丈夫、上条さんは正常だ。だからペロペロさせてくれ」

黒夜「自分がオカシイことにも気づかねぇレベルか……、重症だな」

上条「ちょっとペロペロっとするだけだから。ちょっとだけだから」

黒夜「マジでヤバい奴のセリフじゃねぇか」


11:2015/07/01(水) 23:49:48.30 ID:


上条「よしわかった。とりあえず一回冷静になろう」

黒夜「私はずっと冷静だ」

上条「それならナースコールのボタンから手を離そうぜ」

黒夜「これ以上変なこと言わねぇって約束するなら離してやるよ」

上条「じゃあ約束するから代わりにペロペロさせてくれ」

黒夜「話聞いた上でその発言とか救いようがねぇな」



12:2015/07/01(水) 23:51:13.02 ID:





上条「……あぁ、いえ、なんでもないんです。間違って押してしまって。はーいすみません。失礼しまーす」

上条「お前なんで本当に押すの? そういうことしちゃダメだぞ」

黒夜「ダメなのはお前の頭だクソッタレ」

上条「女の子がクソなんて言葉使っちゃいけませんっ」

黒夜「ド変態に説教されるなんて私も堕ちたなぁ……」

上条「本気で落ち込まないでくれる? 割とショックなんだけど」


13:2015/07/01(水) 23:52:58.96 ID:


黒夜「つーか、いつまでいる気だ変態」

上条「ペロペロさせてもらえるまで」

黒夜「うわぁ……」

上条「引かれたって上条さんの心は折れないからな」

黒夜「めんどくせぇ」

黒夜「………ちょっと待ってろ」

上条「?」

黒夜「よっと」ガチャガチャ

ガチャン

黒夜「ほらよ」ポイッ

上条「ほらって……」

黒夜「腕取り外したから好きなだけ舐めてろよ」

上条「なんて猟奇的なんでしょう」


14:2015/07/01(水) 23:54:19.62 ID:


黒夜「なんだよ。片腕じゃ不満か?」

上条「いやいや両腕欲しいって話じゃなくてー」

上条「ペロペロしたいのは腋じゃん。腕の付け根の下じゃん。胸の横の上じゃん」

上条「窪んだところにエロスを感じているんじゃん」

上条「つまり腕だけ渡されてペロペロしても意味ない訳で」

黒夜「いやだからってグリグリ無理やりくっつけようとすンじゃ……、いでででっ!!」


15:2015/07/01(水) 23:59:17.72 ID:



上条「いやぁ、ごめんな黒夜。つい先走っちゃって」

黒夜「ったく。こう見えて結構繊細なんだからな」ガチャガチャカポッ

上条「…………」

黒夜「……なんだよ」

上条「いや、結構簡単にくっつけれるんだと思って」

黒夜「お前が思ってるほどほど簡単じゃねぇよ。神経だの配線だの繋いだり、見た目に違和感でないように気ぃ使ったり」

上条「他のパーツもそんな大変なのか?」

黒夜「物によりけりだな。追加分の腕は痛覚とか繋げる必要ないからもっと簡単に……」

黒夜「って、なんでそんなこと……」

上条「…………」

黒夜「……お前まさか」

上条「その通り」

上条「黒夜ちゃんお気に入りの猫耳パーツだぜ!」

黒夜「なンでお前が持ってンだよォォォ!?」


16:2015/07/02(木) 00:00:22.02 ID:


上条「まあまあ、細かいことは気にしない。サクッとジョイントオンしちまおうぜ。楽に付けれるんだろ?」

黒夜「うっせェボケェ! 誰が付けるかそンなもン!」

上条「そんなこと言わずに。頭にちょこんと乗っけるだけだから」

黒夜「それがイヤだって言ってンだろガルルルル!!」




17:2015/07/02(木) 00:01:36.47 ID:


上条「おいおい。そんな吠えながら防御モードに入っちゃっていいのか?」

黒夜「あン?」

上条「猫耳パーツを防ぐためには腕で頭を庇わなきゃならない」

上条「つまり、必然と腋のガードが甘くなる」

黒夜「………まさか私が腕を上げた隙にっ!?」

上条「ペロペロさせてもらうぜ」キリッ

黒夜「お前……そこまで考えて……っ!」

上条「これが策士上条の実力ですよ、ふっふっふ」

上条「というわけで」

上条「失礼しまあぁぁぁす!」

黒夜「ぎにゃあァァァっ!!」



18:2015/07/02(木) 00:04:00.63 ID:





上条「げほげほっ」

黒夜「はぁはぁ……」

上条「死ぬかと思った……」

黒夜「自業自得だ!」

上条「この体格差で首絞めて吊り上げるとかマジかよ」

黒夜「サイボーグナメんな」

上条「実力行使でもダメだなんて……」

黒夜「もう諦めろ」

上条「くっそぉぉぉ……っ!!」ガンッ

黒夜「どんだけ悔しがんだよ」


20:2015/07/02(木) 00:05:36.83 ID:


上条「頼む黒夜諦めきれねぇんだ」

黒夜「頼む変態諦めてくれ」

上条「一生のお願い」

黒夜「今この場でお前の一生終わらせてやろうか」

上条「この通りだからペロペロさせて!」ドゲザッ

黒夜「えぇ……、土下座まですんのかよ……」

上条「作戦は失敗。普通に頼んでもダメ。実力でも負けた俺にはこの選択肢しか残されていないんだ」

黒夜「諦めるって選択肢があっただろ」

上条「黒夜の腋を前にしてペロペロを諦めるとか……、そんなの男として終わってるじゃないか」

黒夜「他人の腋舐めるって時点で人として終わってるからな」


21:2015/07/02(木) 00:07:10.62 ID:


上条「いいか黒夜。男はみんな腋が好きなんだよ」

黒夜「この世の全ての男は人として終わってんのか……」

上条「暇さえあれば腋をペロペロすることを考えている」

黒夜「盛りのついた野良犬かよ」

上条「他にも腋をペロペロしやすい腕の角度とかペロペロしやすい服装とか」

黒夜「野良犬の方がマシなこと考えてるわ」

上条「ノースリーブは正義だ」

黒夜「私もうあの服着ねえ」

上条「Tシャツも袖を捲ればアリだ」

黒夜「長袖以外着ないように今決めた」


23:2015/07/02(木) 00:09:54.22 ID:
上条「……そこまでペロペロさせるのが嫌だなんて」

黒夜「むしろ嫌じゃない奴がいるなら会ってみてえよ」

上条「こうなったらここは引き下がるしかないのか……っ」

黒夜「!?」

上条「何その驚いた顔」

黒夜「いや、まさかお前の口からそんな言葉が出るとは思わなかったから……」

上条「このジェントル上条、本気で嫌がる相手にしつこく迫ったりしませんよ。はっはっは」

黒夜「策を講じて強行手段まで取った奴のセリフじゃねぇな」

黒夜「つーか、普通に考えて警備員呼ぶ事案だからなこの変態紳士」


26:2015/07/02(木) 00:11:50.66 ID:


上条「警備員沙汰は勘弁願いたい……」

黒夜「はいはい、じゃあ今日のことは忘れてやるよ」

上条「さすが黒夜! 太っ腹!」

黒夜「褒めてもなんもでねえぞ」

上条「腋の露出も……?」

黒夜「警備員の番号は……」

上条「ごめんなさい冗談です」

黒夜「あぁもう、どうでもいいからサッサと帰れ」

黒夜「こっちは今から着替えんだからよ」

上条「着替え……?」

黒夜「お前のせいで汗かいて気持ち悪りぃんだ」

上条「汗……だとっ!?」

黒夜「…………ちょっと待てなんで急に目ぇ輝かせてんだよオイ」


27:2015/07/02(木) 00:13:45.59 ID:


上条「一つ聞かせて欲しい」

黒夜「うわぁ聞く前から既に答えたくねぇ」

上条「サイボーグのパーツのところも汗をかくのか」

黒夜「………だったらなんだよ」

上条「ただでさえ黒夜のエロい腋が汗で蒸れ蒸れに……」

黒夜「変な想像すんな」

上条「ヨダレ出てきた」ジュル

黒夜「オイ……オイ」

上条「黒夜」

上条「その汗をペロペロさせてくれ」

黒夜「もォやだコイツ」



終わり


28:2015/07/02(木) 00:16:03.52 ID:
お付き合いいただきありがとうございました
それではおやすみなさい

原作使い捨てキャラでまたなんか書きます


29:2015/07/02(木) 00:17:02.87 ID:
黒夜は使い捨てじゃなくね?
というか禁書ってなんだかんだ後々みんな出てくる気がする


32:2015/07/02(木) 00:32:07.78 ID:
二巻で使い捨てられた姫なんとかさんの黒髪をモフモフしたいSSはよ




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435761285/

→→もっととある魔術の禁書目録を読む←←