1:2015/06/27(土) 20:05:51.32 ID:
櫻子「え!?デートですか!?」

千歳「大室さん!二人の仲を進展させるためにはデートしかないんやで!」バーン

綾乃「ま、まだ二人には早すぎな気が…//」

櫻子「なるほど!わかりました!じゃあ、さっそくデートに行ってきます!」

綾乃「えぇ!?今から!?」

千歳「まだお昼やから、デートは放課後にしときー」

櫻子「はーい」

さくひま


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435403141

2:2015/06/27(土) 20:13:11.11 ID:
 

***


■屋上

櫻子「やい!向日葵!」

向日葵「なんなんですの?」

櫻子「放課後に私と…………………………………………………………………」

向日葵「私と?」

櫻子「私と…」

向日葵「…私と?」

櫻子「……………………………………」

向日葵「?」


櫻子(あーーーーーーーーーーーーー)

櫻子(一体なんて言えばいいのーーーーー!!!?)

櫻子(『デートしてください』って、まるで私が向日葵の事が好きみたいじゃん!)

櫻子(いや、すき………なんだけど…さ)


向日葵「?」キョトン

櫻子(あーーーーーー。キョトンってしてる向日葵可愛すぎるーーーー)

櫻子(って、そうじゃねーし!!!!)



向日葵「え、えーと、櫻子?」

櫻子(よくよく考えたら、『デート』に誘う=『告白』!?)

櫻子(そんな事、できるわけないもん!!)

向日葵「…」


3:2015/06/27(土) 20:17:57.13 ID:
向日葵(櫻子は『放課後に私と』と言いましたわね)

向日葵(…)


向日葵(そのあとは、顔を真っ赤にしてもじもじしてるけど…)


向日葵(…)


向日葵(ま、まさか!)





向日葵「櫻子…もしかして…」

櫻子「!?」

櫻子(もしかして…通じてくれたの!?)

櫻子(さすが私の向日葵!以心伝なんとか!)

櫻子(…)

櫻子(『私の』向日葵…)

櫻子(えへへ//)



向日葵「トイレに行きたいなら、そう言えばいいのに」

櫻子「ちげーーーーーーーーーし!!」


5:2015/06/27(土) 20:27:21.67 ID:
向日葵「え?真っ赤にして、もじもじしてたから…」

櫻子「放課後、一緒に出掛けようと誘いに来たの!」

向日葵「わざわざ呼び出しておいて…いつも一緒に放課後に遊んでるじゃない」

櫻子「ち、違うの!これは特別な…」

向日葵「特別な?」

櫻子(ああああーーーー!もう気づけよ!向日葵!)



櫻子「杉浦先輩から買い物を頼まれてるの!生徒会の!」

櫻子(って、ちがーーーーーーーう!)

向日葵「ああ、なるほど。それでわざわざ言いに来たんですわね?」

櫻子「うん。そうそう」

櫻子(私の意気地なしーーーー!!!)


向日葵「わかりましたわ。では放課後に一緒に町のほうに行きましょう」

櫻子「うむ。わかればよろしい」

向日葵「なんで機嫌よさそうなのよ…」

櫻子「べっつにー♪」ニコッ


櫻子(ひっまわりっとデーット♪デーット♪)

櫻子「~♪」


ダダダダダダ


向日葵「行ってしまいましたわ」


7:2015/06/27(土) 20:37:56.96 ID:
向日葵「一体、なんなのよ…もうっ」

向日葵「…」

向日葵(顔真っ赤にして、もじもじして…真剣な顔して…)

向日葵(告白されるのかとドキドキしちゃったじゃない)

向日葵(まったく…あの子ったら…)

向日葵「…」

向日葵「うぅ…まだドキドキしてる//」



向日葵(それにしても、櫻子とお買い物…)

向日葵(ふふっ。櫻子とは何千回もお出かけしてますが)


向日葵(何度お出かけしても楽しいものですわね)

向日葵「ふふっ♪」


8:2015/06/27(土) 20:45:17.47 ID:
 

***


ちなつ「どうしたの?授業中ずっとニヤニヤして。なにかいいことあったの?」

向日葵「え?あっ、いえ。ちょっと思い出し笑いを//」アセアセ

ちなつ「へぇー」

櫻子「?」


9:2015/06/27(土) 20:46:14.16 ID:
 

***


綾乃「え?えぇ…」

櫻子「そういうことで、何を買ってきましょうか?」

綾乃「なんでそうなったのよ…」

千歳「ラムレーズンをお願いしようかな」

綾乃「千歳!?」

千歳「歳納さんにラムレーズンをプレゼントする綾乃ちゃん…(以下。妄想略)」

千歳「最後にはラムレーズンじゃなくて『私を食べて』…いややわーもうー」

櫻子「わかりました!ラムレーズンですね!」

綾乃「え!?ちょっと!」



千歳「綾乃ちゃん!これは二人の…綾乃ちゃんと歳納さんではなく、生徒会後輩の二人のため、なんやで!」

綾乃「うっ…」

千歳「二人の仲のために、先輩の協力が必要なんや!」

綾乃「うぅ…わかったわよ」

櫻子「ありがとうございます!杉浦先輩!」

綾乃「うぅ…笑顔がまぶしい」


10:2015/06/27(土) 20:48:36.90 ID:
 

***


向日葵「…で、何を買いに行きますの?」

櫻子「ラムネだって」

向日葵「…お菓子の?」

櫻子「食べるって言ってたから、お菓子だと思う」

向日葵「一体…何のために…」

櫻子「さあ?」


15:2015/07/02(木) 22:35:10.64 ID:
 

***


■放課後

向日葵「では、行きましょうか」

櫻子「うん」


スタスタ


櫻子「…」

向日葵「…」

櫻子(一緒に出掛けるなんて当たり前だったのに…)

櫻子(なんかいつもと違う)

櫻子(なんか幸せ…な気がする…//)


櫻子(向日葵め…お前のせいだぞ!)キィッ

向日葵「櫻子?」

櫻子「へっ?あっ、え?なに?」

向日葵「…なんでニヤニヤしてるんですの?」

櫻子「ひゃいっ!?」


16:2015/07/02(木) 22:40:36.38 ID:
向日葵「なんで驚いてるのよ…」

櫻子「あっ、その…そう!ちょっと思い出し笑いをしただけ!」

向日葵「ふぅーん」

櫻子「いやー、昨日の深夜にあったテレビが可笑しくてさー」

櫻子「--------って、内容なんだけど」

向日葵「あっ、それ私も録画して、今朝見ましたわ」

櫻子「え!?向日葵も見てたの!?面白いよね!あれ!」



………



櫻子(超楽しかった)

櫻子(ちょっとしたことだったけど、すっごく楽しかった!)


17:2015/07/02(木) 22:42:49.26 ID:
 

***



スタスタスタスタ


向日葵「結構遠いですわね」

櫻子「そだね…」



櫻子「…」



櫻子(うぅ…やっぱりデート(?)なんだし、手ぐらい繋ぎたい)

櫻子(…)

櫻子(あっ、手汚れてるかも…爪伸びてるかも…荒れてるかも…)

櫻子(あーーーもう!!!ちゃんと手洗っておけばよかった!)

櫻子「もうこれも全部向日葵のせい!」ガー

向日葵「!?」ビクッ

櫻子「あーもうっ!」

向日葵「え?え?え?」


櫻子(…)


櫻子(向日葵は手…繋ぎたくないのかな?)


18:2015/07/02(木) 22:46:00.54 ID:
櫻子「…」

向日葵「さ、櫻子?」

櫻子「あー、そのー、向日葵さん?」

向日葵「な、なんですの?急に敬語になって…」

スッ

櫻子「こ、この手を見て何か思いつかない?」

向日葵「はぁ?」

櫻子「えーと…その…」

向日葵「…」ジー

櫻子(うぅ…向日葵が私の手をじっと見てる…恥ずかしい…//)

櫻子(やっぱり、コンビニに寄って、手を綺麗にしておけばよかったかな)

向日葵「生命線が短いですわね。でも大丈夫。あなたならゴキブリ並みのしぶとさで…」

櫻子「なっなな!!」


櫻子「なーーーーーーーーーー!!!」




櫻子(向日葵が私の手相を見る時に、手を触ってきたーーーーー!!!?)


19:2015/07/02(木) 22:48:01.47 ID:
向日葵「あっ、ご、ごめんなさい。ちょっとした冗談ですわ」

櫻子「ぐっ…ぐぐぐぐぐ//」

向日葵「謝りますわ。だから、そんなに顔を真っ赤にして怒らないで…ね?櫻子」


櫻子(あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー)

櫻子(顔を少し横に倒して『ごめんなさい』してくる向日葵がすっごく可愛いーーー!!!)

櫻子(『…ね?櫻子』ってなんなんだよ!私を殺すつもりか!!!!)

櫻子(女子力高すぎなんだよ!)キィッ


20:2015/07/02(木) 22:49:37.57 ID:
向日葵「ど、どうしましたの?顔を両手で隠したりして…も、もしかして…泣いて…」

櫻子「ち、ちげーし!自分の生命線を確認してただけ!」

向日葵「そ、そう。…で、どうでした?」

櫻子「向日葵よりは長いし!」

向日葵「…はぁ。なんで見てもいないのに、私の生命線の長さがわかるのよ…」

櫻子「じゃあ、見せろ!」

向日葵「はいはい」


スッ


向日葵「どうかしら?」

櫻子(ひ、向日葵の手が…目の前に!?)

向日葵「…」

櫻子(と、とにかく生命線を確認するために、手を触らないと…)

櫻子(えいっ)

ギュッ

向日葵「……………」


櫻子(って、あれ?触る必要あるんだっけ?)

櫻子(で、でも、向日葵の手…すごくスベスベで、真っ白で…柔らかくて…)

櫻子(頭…真っ赤…真っ白に…)


櫻子「…//」シュー


21:2015/07/02(木) 22:50:59.28 ID:
向日葵「え、えーと…櫻子?」

櫻子「あっ、うん。まぁまぁ…かな?」

向日葵「そ、そう?」

櫻子「ちょっとスベスベで柔らかかったとか全然思ってないから」

向日葵「そ、そう………………え?」

櫻子「…」

向日葵「えーと櫻子?」


櫻子(…)

櫻子(……………………………)


櫻子(私、何を言ったーーーーーー!?)


22:2015/07/02(木) 22:51:36.92 ID:
櫻子(今、何て、何を、どんなことを言ったの!?)

櫻子(やばい!向日葵が意味不明な顔を…)

櫻子(え、えーと、なんて言えば…)


向日葵「そ、その…櫻子?」

櫻子「うん。その…えーと…」

向日葵「ありがとう。ちょっと恥ずかしいですが、その…褒めてもらえて、嬉しかったですわ//」


櫻子(なに言ってんだーーーーーー!こいつーーーー!バカだろーーー!可愛すぎだろーーーーーーーー!!!)


23:2015/07/02(木) 22:52:50.30 ID:
 

***


向日葵(櫻子の様子がすごく変ですわ)

向日葵(手相を見るだけで、手を触ってきたり)

向日葵(そ、それに今さっき…す、す、スベスベで…)

向日葵(あぅ…//)シュー


向日葵(櫻子がそんな事を…嬉しい…)

向日葵(本当に嬉しい…幸せかも…)

向日葵(…)

向日葵(こんな簡単なことで幸せを感じる私って…)

向日葵(安上がりな人間ですわね)

向日葵(まったく…櫻子のせいですわよ)


24:2015/07/02(木) 22:56:13.44 ID:
櫻子「勘違いするなよ!向日葵!!」

向日葵「え?」

櫻子「私は手を繋ぎたかっただけ!それだけなんだからな!」

櫻子「だから変な勘違いするなよ!このダメッパイ!!」

向日葵「そ、そう…『手を繋ぎたかった』だけなんですのね?」

櫻子「う、うん。それだけ」

向日葵(『それだけ』じゃないですわよ!大問題ですわよーーーこのバカ!)


25:2015/07/02(木) 22:57:00.40 ID:
櫻子「…」ソワソワ

向日葵(櫻子がソワソワしている!?)

向日葵(…明らかに様子がおかしいですわ)

向日葵(きっと、テンパって変なことを言ってるんですわね)

向日葵(そ、そう!そうに決まってますわ!)

向日葵(だって櫻子が『手を繋ぎたい』なんて、思うはずがありませんもの)

向日葵(ふぅ…まったく…仕方ありませんわね。ここは私の奥義で冷静にさせて…)

櫻子「向日葵?」

向日葵「なんですの?」

櫻子「その……繋いだら…だめかな…?」モジモジ

向日葵「//」キュン


26:2015/07/02(木) 22:59:27.51 ID:
向日葵(な、なんで泣きかけてるの!?)

向日葵(な、なんで上目づかいなの!?)

向日葵(な、なんで最高に可愛いの!?)

向日葵(あーもう!なんなのこの子は!)


向日葵(まって!お、おちつくのよ!私!

向日葵(そう!ここは素数を数えて…1。4。6。8。9…)

向日葵(…)

向日葵(ふぅ。落ち着きましたわ。ここは冷静に大人な対応を…)

向日葵「ま、ま、ま、まぁ、しゃくらこがしょこまで言うにゃなら、つなぎゃらにゃなくてみょ?」

向日葵(失礼。ほんの少し噛みましたわ)


ギュウッ


櫻子「えへへっ。繋いじゃった//」

向日葵(っーーーーーーーーーーーーーーーー//)


28:2015/07/02(木) 23:02:32.38 ID:
 
***



スタスタ



櫻子(死にそう)

櫻子(死にそう)

櫻子(死にそう死にそう死にそう死にそう死にそう死にそう死にそう死にそう)

櫻子(心臓がすっごくドキドキしてる)

櫻子(ドキドキしすぎて心臓が止まっちゃうかも…)

櫻子(ひ、向日葵に聞こえてないよね?)


櫻子「」チラッ

向日葵「…//」

櫻子「!?」

櫻子(向日葵の顔が真っ赤になってる!?)

櫻子(も、もしかして、私の事を意識してくれてるのかな?)

櫻子(…)

櫻子(えへへ//)

櫻子(すっごく嬉しいかも)


34:2015/07/03(金) 22:17:38.61 ID:
* * *



■帰り道


スタスタ


櫻子「ラムネあったね」

向日葵「ええ、駄菓子屋さんであっさり見つかりましたわね」

櫻子「…」

向日葵「…」


トボトボ


櫻子(もうあとは帰るだけ)

櫻子(もうこの楽しい時間は終わっちゃうのか…)

櫻子(もう………………そっか…)



櫻子(…)



櫻子「え、えーと、あのね」

向日葵「?」

櫻子(勇気!勇気を出せ私!)

櫻子(『もうちょっと遊ぼう』って『どっかに行こう』って!)




櫻子「せっかく町まで来たんだし、もうちょっと遊んで行かない?」

櫻子(やったー!言えたぞ!よく言った!私!)

向日葵「それは無理に決まってますわ」

櫻子「…え?」

櫻子(あれ?もしかして楽しかったのは私だけで、向日葵は楽しくなかっ…)


35:2015/07/03(金) 22:18:20.66 ID:
向日葵「だって、これから『一緒に』宿題をやらないといけませんから」

櫻子「っ!?」

向日葵「変な顔…。もしかして嫌だったかしら?」

櫻子「宿題なんて嫌に決まってるじゃん!」キィッ

向日葵「はぁ…心底、嫌そうですわね」

櫻子「で、でも」






櫻子「『一緒に』だったら、宿題やってやらないこともないけどね!」




櫻子「ふふーん」

向日葵「そんな『当たり前の事』で、なんでそんなに嬉しそうなのよ?」

櫻子「知ーらない♪」

向日葵「はぁ…まったくこの子は…意味がわかりませんわ」


36:2015/07/03(金) 22:19:08.50 ID:
櫻子「だったら、私からの宿題!」

向日葵「え?」

櫻子「なぜ『この櫻子様は宿題をやるのが嬉しい』のでしょうか?」

向日葵「…宿題をやるのは学生として当たり前でしょ?」

櫻子「ぶっぶー。向日葵の不正解ー。向日葵はだめだめーだめだめっぱいー」

向日葵「ぐっ。櫻子にバカにされると、こう…はらわたが煮えくり返ると言うか…」

櫻子「はらわたがわたわたたた?」


向日葵「そうですわ。宿題をやったらお母さんからご褒美がもらえるとかでしょ?」

櫻子「ぶっぶー」

向日葵「あーもう。降参ですわ。答えは何なんですの?」


37:2015/07/03(金) 22:19:40.61 ID:
櫻子「これは櫻子様からの宿題です。一生かけて考えること!」

向日葵「一体なんなのよ…もう…」

櫻子「えへへ」










答えは好きだからに決まってるからだろーーーばーーーーかっ










       終わり









向日葵「って声に出てますわよ!」

櫻子「っ!?」

向日葵「その…あのね…実は私も…//」

櫻子「っ//」





       本当に終わり


38:2015/07/03(金) 22:21:01.22 ID:
最後の数レスすごく悩みました。
楽しんで頂けたなら幸いです。
もっと面白いものが書けるように精進します。

では、読んでくれてありがとうございました!
また機会があればよろしくお願いします!


39:2015/07/03(金) 22:30:54.07 ID:
おつ!


41:2015/07/04(土) 06:17:09.59 ID:
最高にかわいいひまさく*さくひまでした
もっと見たかったけど、乙!
次回も帰隊してますわよ




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435403141/

→→もっとゆるゆりを読む←←