1:2015/07/11(土) 01:55:43.54 ID:

朝。

美羽「ふあぁ……よく寝た」

美羽「? 誰かから連絡が来てる」


「from未央
 おめでとう美羽ちゃん!」


美羽「未央ちゃん。覚えててくれたんだ」

美羽(加奈ちゃんに久美子さんも、それにみんな。昨日は早く寝ちゃったから気がつかなかった)


美羽「急いで返信しなきゃ」

美羽


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436547333

2:2015/07/11(土) 01:56:57.68 ID:


 メルメル

美羽「うん、これで全員かな」


美羽(……そういえばプロデューサーさんからは来てなかったな。仕方ないよね。こんなにアイドルいたら覚えるだけで一苦労だし)

美羽(今度は加奈ちゃんが主役の公演で大忙しみたいだしな)

ピーン

美羽(そうだ、メールがこないなら私から送っちゃえばいいんだ!)




美羽「今日は何の日でしょう?」メルメル



美羽(なんて、ちょっと図々しいかな。でもいっか、今日ぐらい)




美羽(だって今日は、私の誕生日だのも)



3:2015/07/11(土) 01:58:05.50 ID:


事務所

 ガチャ

モバP(以下P)「おはようございます」

ちひろ「おはようございます、プロデューサーさん。今日もお早いですね」

P「今度の講演の準備もありますからね。ヘレンさんと打ち合わせがあるんですけど、まだ来てないですか?」

ちひろ「ヘレンさんなら丁度」


 ガチャ
ヘレン「ハローエブリワン。おはよう、プロデューサー」

P「おはようございます」


ヘレン「じゃあ早速会場に向かいましょうか?」

P「え、ついたばかりですよ。少しお茶でも飲みましょうよ」



4:2015/07/11(土) 01:58:42.35 ID:


ヘレン「時間は無限じゃないのよ? 貴方はついてこれるかしら? 私という世界のスピードに」

P「まかしてください、なんといってもワールドワイズですからね」

 ピロリン

ちひろ「プロデューサーさん、携帯が鳴ってますよ」

ヘレン「世界のスピードが速くても、それぐらい見ても構わないわよ」

P「え、いえ大丈夫ですよ。せっかくこんな朝から来たんだ、ヘレンさんの世界についていかなきゃ」

ヘレン「GOOD。プロデューサー、貴方も世界の心なのね」

P「Exactly」


ちひろ(この会話に内容はあるのだろうか……)


P(メールの方は、信号待ちの時にでも見るか)


P(それより、今日は……)




5:2015/07/11(土) 01:59:30.40 ID:


学校。授業前

スッ

美羽(プロデューサーからまだ連絡こないな……)

美羽(って、まだ送ってからそんな経ってないんだから、すぐにはこないって)エヘ





公演会場前。

P「今日はなんでか、一回も信号に引っかからなかったですね」

ヘレン「世界が私たちを呼んでるのね」

P「これが世界だ、ですね」

P(スムーズにこれたのはいいけど、おかげで携帯を見れなかった)

P(まあ、会場に入ったら余裕も……)

ヘレン「? なにが会場の入り口が騒がしいわね」

P「ほんとだ、どうしたんだろう……」



6:2015/07/11(土) 02:00:22.61 ID:


ヘレン「あら、こっちに誰か来るわ」

スタッフ「た、大変です!」

P「どうかしたんですか?」

スタッフ「それが、舞台の寸法間違えたみたいで、今回の特注の舞台装置が使えないんですよ」

P「ええ、本当ですか?! 急いで別のものは用意できないんですか」

スタッフ「いやはや何とも……」

スタッフ2「すいませーん! 今度の練習で使う荷物がまだ届いてないんですけど!」

P「嘘でしょ!」

スタッフ3「あの、ここのが」

スタッフ4「話の構成が」

スタッフ5「ケータリングが」



P「」チーン


ヘレン「あら、世界規模に面倒な事態になってきてるわね」

P(くそっ、なんでよりによってこんな時に……)


P「ええい、こなくそ! 主役の加奈が学校終わる前になんとかするぞ!」


ヘレン「その意気よプロデューサー。世界という大海原の残酷さに負けては陸にはたどり着けないわ」

P「乗り越えてみせる。この大嵐!」




7:2015/07/11(土) 02:01:18.52 ID:


学校 授業中

デーアルカラシテー

美羽「ふむふむ」カキカキ

トナルトダネー

美羽「……」カキカキ

サスレバコウナルベキデリー

美羽「……」チラッ

スルトナントコウナッテシマイー

美羽「……」ハア



 ブブブ

美羽「!」チラッ

美羽(あ、未央ちゃんからか)

『放課後空いてる? 誕生日祝いで一緒にケーキ食べに行こうよ!!』

美羽(少しだけなら……大丈夫だよ)メルメル

美羽「……」カキカキカキカキ

美羽(プロデューサーさん、公演の準備大変なのかな……)



8:2015/07/11(土) 02:02:25.30 ID:



公演会場

加奈「おはようございまーす」

ヘレン「おはよう、加奈」

加奈「あれ、ヘレンさん。早く来て確かめたいことがあるって言ってましたけど。私服のまんまなんですね」

ヘレン「ふふ、世界の壁は厚かったわ」

加奈「?」

加奈「あ、プロデューサー! おはようございます。って、プロデューサー?」




P「……加奈、ごめん。今日はもう無理かも」マニアイマセンデシター

加奈「ふえっ!?」



9:2015/07/11(土) 02:03:16.81 ID:


放課後。某喫茶店。

未央「というわけで美羽ちゃん、誕生日おめでとー!!」

茜「おめでとうございます!!」

凛「おめでとう」

美羽「ありがとう! 未央ちゃん、茜ちゃん、凛チャン! でもびっくりした、未央ちゃんだけだと思ってたら」

未央「ふっふっふー。サプライズですよ」

凛「おどろかしちゃったね。私も昼にいきなり連絡が来たんだよ」

茜「私もです!!」

凛「まったく、未央は本当に急なんだから」

未央「と言いながら、ちゃんと来てくれるとは。流石しぶりん!」

凛「もう、未央ったら」

美羽「あはは」



10:2015/07/11(土) 02:04:28.82 ID:


凛「というわけで美羽、これ誕生日プレゼント」


美羽「わあ、綺麗な花束。これってポピーですよね?」

凛「うん、好きって聞いたから」

未央「好きというか、仕事上で使っただけだよー」

凛「え、あ。もしかして好きじゃなかった?」

美羽「そんなことないですよ! ありがとうございます。でも、この真ん中の赤い花は?」


凛「グロキシニアだよ。今日の誕生花なんだ」

茜「おお、とっても素敵ですね凛さん。流石です!」

凛「やめてよ、もう」


未央「おお、照れてる照れてる」

凛「未央もちゃかさないで」


11:2015/07/11(土) 02:05:41.20 ID:

美羽「照れてる凛さん、とっても可愛いです」

凛「美羽までやめてよね……今日の主役はあたしじゃなくて美羽なんだよ」

美羽「あはは、ごめんなさい」



茜「私からはこれです!!」ドーン

美羽「えーっと、お茶のペットボトル?」

茜「……本当はもっと素敵なものがご用意できればよかったのですが、本当に急な呼び出しだったので。コンビニで目をついたもの買ってきました……」

未央「あちゃー、茜ちんお茶好きだもんねー」

茜「凛さんみたいな素敵なもの用意できず、申し訳ないです」ショボーン




12:2015/07/11(土) 02:06:32.79 ID:

凛「あたしは、その」

美羽「そ、そんなことないですよ! プレゼントをもらったってだけで十分に嬉しいですから!」


茜「……ホントですか?」


美羽「本当ですって。ボンバーですよ。ボンバー嬉しいです!!」

茜「ボンバーですか!?」

美羽「ボンバーです!!」

茜「じゃあ夕日に向かって走りますか!!?」



美羽「あ、それは遠慮します」




13:2015/07/11(土) 02:07:31.37 ID:

未央「私からはねー……」

ヤイノヤイノ
ヤイノヤイノアハハー
ヤイノヤイノ


美羽「……」チラッ

未央「ねえ美羽ちゃん、さっきから何度も携帯みてるね、どうかしたの?」

美羽「え、いや。何でもないよ!」

未央「怪しいぞー美羽ちゃん。何か隠してるなー」

美羽「そんなんじゃないって」

凛「もう、未央、美羽が困ってるでしょ」

未央「ごめんごめん」

茜「この後何か用事でもあるのですか?」

美羽「ないですよ。夜は家族で過ごすって決めてますし」


美羽「ただ、その……」

「?」




14:2015/07/11(土) 02:08:49.84 ID:

未央「プロデューサーから連絡が来ない?」

美羽「うん、今朝メール送ってもずっと帰ってこないし」

未央「それは
茜「全くです!!」ウンウン

美羽「いいんですよ。今は加奈ちゃんの公演の準備で忙しいんでしょうし」

未央「そうかー公演の準備で忙しいなら仕方ないかー」







未央「って、なわけあるかーい!!」

美羽「未央ちゃん?!」



15:2015/07/11(土) 02:10:22.35 ID:


未央「たとえプロデューサーであろうとも、いやプロデューサーだからこそ、いや、プロデューサーかどうかなどもはや関係なし!!  こんな可愛い美羽ちゃんのメールを無視するなんて言語道断!!」



未央「今すぐ文句言ってやる!!」テルテ―


美羽「もう、本当にいいから未央ちゃん!」ガシッ

美羽「忙しいときに邪魔しちゃ悪いですよ。それに急がしすぎて、私の誕生日なんて忘れちゃってたのかも」アハハー

茜「美羽ちゃん……」






凛「……忘れてる訳ないけどな」ボソ

未央「?」




16:2015/07/11(土) 02:11:18.66 ID:


――


美羽「いけない、もうこんな時間。早く帰らないと。じゃあ私、ここで失礼しますね! 今日は本当にありがとうございました」

凛「そんな」

未央「じゃあまたね!」

美羽「うん、またね未央ちゃん! 凛さんと茜さんも」

茜「さよならです!」

凛「またね」


 タッタッタッター


凛「じゃあ、あたし達もそろそろ――」



未央「しぶりん、その前に少しいい?」

凛「? なに」


17:2015/07/11(土) 02:12:40.93 ID:

未央「ほら、さっきさ、プロデューサーの話になった時に、プロデューサーが忘れてるんじゃないかって話になったじゃん。その時、『忘れてる訳ない』って言ったよね。なんでそう言えるのよ?」

茜「それは気になりますね!!」

凛「あれは、その……」



凛「ま、いっか。秘密にしてろって言われたけど。プロデューサーが悪いんだし」

未央「やっぱり何かあるんだ!」


凛「あのね――」


――
―――

茜「なんと!! そんな事が!」

未央「なるほど、そりゃあ忘れてる訳はないか」

凛「でしょ」

未央「むむむ、ならば尚更なんとかしなければいけないような……」

凛「なんとかって、どうするの?」

未央「ふっふっふー。私に任せなさい!」



18:2015/07/11(土) 02:14:21.37 ID:


――
―――


美羽宅、自室。

美羽「はああ、おなかいっぱい。お母さんも張り切って、あんなに料理作って、もう駄目」ゴロン


美羽「あー……きれいだな、凛さんから貰った花」

美羽(花瓶に入れると尚更綺麗。その横には、茜さんから貰ったお茶に、未央ちゃんからの小物入れ)


美羽(どれもとっても素敵だな。みんなを笑顔にしたいのに、私が笑顔になっちゃうよ)


美羽(だから――物足りないなんて――思っちゃ――……)


――
―――


ブブブ

美羽「……ん?」



19:2015/07/11(土) 02:15:34.08 ID:


美羽(いけない、ついうたたねしちゃった。時間は……もう深夜の二時も過ぎてる……)

ブブブ


美羽「って、電話、出なきゃ」ピッ

加奈『あ、美羽ちゃん』

美羽「加奈ちゃん! こんな時間にどうしたの?」

加奈『うんうん、だた、ちょっと話したくなってさ』

加奈『部屋の明かりもついてるから、起きてると思って』

美羽「うんうん、それがちょっとうたたねしちゃって――」




美羽「って、部屋の明かり?」

加奈『ねえ美羽ちゃん。ちょっと窓の外を見てみて?』

美羽「えっ、まさか……?!」ガララ




加奈『やっほー』テーフリフリ

美羽「え、何で?!」


20:2015/07/11(土) 02:17:26.34 ID:


加奈『美羽ちゃんと話したくなったって言ったでしょ? 少し散歩しない?』

美羽「こんな時間に?」

加奈『だいじょーぶ。高校生の私がついてるんだから』

美羽(そうだよね、せっかく来てくれたんだもの)


美羽「分かった、すぐ行くよ」ピッ






加奈「お、早いね美羽ちゃん」

美羽「だって、いくら治安がいいからって、こんな時間に加奈ちゃんを待たせるわけにもいかないもん」

加奈「大丈夫大丈夫、お姉ちゃんだからね」



美羽「でも、こんな時間にどうやって来たの?」

加奈「えへへ。それより、近くの公園まで散歩しようよ」

美羽「え、うん。いいけど」




21:2015/07/11(土) 02:18:49.82 ID:

 テクテクテク

加奈「そうだ、今日は誕生日おめでとう」

美羽「少し前にすぎちゃったけどね」

加奈「あはは、まあいいじゃない」

美羽「加奈ちゃんも、公演の方はどう? 今日から本格的なリハーサルでしょ」

加奈「それがね、いろんなトラブルが起きちゃって、もう大変」

加奈「プロデューサーも色々な所とお話回って、本当に大変そうだったよ」

美羽「そうなんだ」



美羽(だから返信がなかったんだな……仕方ないよね)




22:2015/07/11(土) 02:19:58.03 ID:

美羽「プロデューサーさんも大変だね」


――
―――

美羽「うわぁ、夜中の公園なんて始めて来た」

美羽(いつも近くを通るのに、夜中だとちょっと怖いな)

加奈「私ちょっと飲み物買ってくるね。美羽ちゃんはちょっと待ってて」


美羽「え、ちょっと……行っちゃった」



美羽(こんな時間に一人になるなんて、ちょっと怖いかも……)

美羽(加奈ちゃん、早く帰ってこないかなー……)


 サッ

美羽(? 公園の入り口に誰かいる……背が大きいし、加奈ちゃんじゃないよね……)


美羽(うう、どうかこっちに来ませんように……)

 ザッザッ
美羽(って、うわ! 来た!?!?)




23:2015/07/11(土) 02:21:27.94 ID:

美羽(だ、大丈夫。多分通り抜ける人だろうし)


美羽(でも、そうじゃなかったら……)

  ザッザッザッ

美羽(やっぱり近づいてくる……!)



美羽「うぅ、加奈ちゃん。プロデューサーさん……」ボソッ




「美羽?」




美羽「えっ?」




美羽「もしかして……プロデューサーさん?」




24:2015/07/11(土) 02:22:29.47 ID:


P「お前、何でここにいるんだ?」

美羽「プロデューサーさんこそ、なんで」

P「公演の終わりに、加奈がお前の家まで行きたいって言ったから、近所まで送ったんだ。それでこの公園で待ってるって連絡があったから」

美羽「私も、加奈ちゃんに散歩に連れられて」

P「そう言う事か……」




加奈「うまく行ってそうだね」コソコソ

未央「ふっふっふ、我ながら見事な策略よ」

茜「お見事で――」

凛「茜、うるさくしすぎないでよ、近所迷惑なんだから」


茜「あ、はい。気を付けます」



25:2015/07/11(土) 02:23:50.41 ID:

凛「でもこんな時間に美羽を連れ出すのは少し不安だったけど」

ヘレン「安心しなさい。世界レベルの監視がついてるなから」

未央「ヘレンさんがついていてくれるとなんか私たちも安心出来るよね」

凛「そうだよね。ヘレンさんは世界というスピードの頂点だから」

未央「えっ、しぶりん何言ってるの」

凛「? 未央は分からないの?」

ヘレン「それも世界の選択よ」

凛「そっか、それじゃあ仕方ないか」

未央「なに、分かりあえてるのそこ?」

凛「大丈夫、未央もいつか分かる時が来るよ、世界が」

茜「世界って深いですね」ホエー




26:2015/07/11(土) 02:24:44.21 ID:

ヘレン「それじゃあエブリワン。そろそろ私たちは退散しましょう」

茜「そうですね。これ以上は野暮というやつです」

未央「うう、気になるけど。そうだね」

ヘレン「さあ、世界的な私のマイカーで送ってあげるわ」

凛「え、それは世界の理の中では許されない行為では?」

ヘレン「世界は、時に我々に寛大なものよ」

凛「じゃあ乗っていいんですね」パア

茜「世界って深いですねー」ホエー

未央「美羽ちゃんも気になるけど、こっちも凄く気になるよ、私」



27:2015/07/11(土) 02:26:26.38 ID:
――
―――

P「ごめんな、メール。仕事が忙しくて、気がついたのが夜になってからだったんだ」

美羽「いいですって。さっき加奈ちゃんからトラブルのことを聞きましたし」

P「まあ、メールの事も、実は加奈から聞いたんだけどな」

美羽「加奈ちゃんから?」

P「どうも、加奈も未央に聞いたみたいだったけど」

美羽「未央ちゃんが……」

P「メールを直ぐに返そうと思ったんだけど、加奈から明日、直接会って謝れって言われてさ。結局、全部が終わったのが0時回ってからだったんだ。ヘレンは先に帰ったんだけど、加奈は待っててくれて。帰りにお前にプレゼントを渡したいからって、近所まで来たんだけど」

P「一緒に行こうとしたんだけど、加奈に断られてな。だけどまさか、こんなこと企んでたなんて」

美羽「あはは」


28:2015/07/11(土) 02:27:53.02 ID:

美羽「……所で、プロデューサーさんは、昨日が何の日か分かりましたか」



P「……ハア」

P「美羽、俺を見くびらないでくれよな」ゴソゴソ

 スッ

P「ほら、誕生日プレゼント」

美羽「プロデューサーさん、覚えててくれたんですか?」

P「覚えてるどころじゃないぞ。この日の為に俺がどれだけ頭を悩ましたか知ってるか? 出来るだけ口が堅い奴って事で、凛にも美羽がどんなのが好きそうか尋ねてさ」

美羽(だから凛さん、ちゃんとしたプレゼント用意してくれてたんだ)

P「結局、大したものを選べなかったけど。開けてみろよ」

美羽「はい」ガサガサ



美羽「これって、髪留め?」

美羽(小さなヒマワリがあしらってある)


29:2015/07/11(土) 02:28:52.13 ID:

P「ほら、いつも髪を結んでるし、それならにあうかなって」

美羽「いいですね、ヒマワリ。これからの季節にぴったしです!」

P「それだけじゃないさ」

美羽「?」

P「美羽、ヒマワリの花ことばの一つに、こういうのがあるんだ」

美羽「なんなんですか?」





P「笑顔だよ」





美羽「笑顔……ですか?」

P「そう、お前にぴったしだろ? いつもみんなを笑顔にするお前に」

美羽「プロデューサーさん……」



30:2015/07/11(土) 02:30:13.28 ID:

P「ちょっと地味だったかな?」

美羽「そんな事ないです。そんな。こと……」


P「お、おい。美羽? 泣いてるのか?!」


美羽「泣いてないですよ、そんな」ウルウル

美羽「ただ、とっても嬉しくて」

美羽「みんなを笑顔にしてあげたいと思ってるのに、みんなから笑顔ばっか貰っちゃってて私」




P「そんなお前だからだよ」

美羽「えっ?」

P「みんなを一生懸命笑顔にさせようと頑張ってる、美羽だから。みんなも美羽に笑顔になって欲しいんだよ」

P「もちろん、俺だって」

美羽「プロデューサーさん……」ウルウルウルウル

P「だからもう泣くなって!」



31:2015/07/11(土) 02:32:28.53 ID:

美羽「そんなこと言われてもー」


美羽(無理に決まってる……だって。こんなにもみんなに大事にされて)

美羽(大好きな人に、こんなこと言われて)

美羽「こんなに、幸せなんですもん」

P「美羽……」



P「そう言えば、まだ言ってなかったな。ちょっと遅くなったけど」






P「ハッピーバースデー、美羽」







美羽「26時のハッピーバースデー」 《終》


32:2015/07/11(土) 02:33:53.52 ID:
美羽、誕生日おめでとう。
遅いって? まだ26時だから大丈夫大丈夫。
読んでくれた人、ありがとうございます。


34:2015/07/11(土) 14:58:37.98 ID:
良かった。


35:2015/07/11(土) 14:58:37.98 ID:
良かった。


36:2015/07/11(土) 14:59:11.15 ID:
良かった。


37:2015/07/11(土) 14:59:11.15 ID:
良かった。


38:2015/07/11(土) 15:00:29.09 ID:
良かった。




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436547333/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←