1:2015/07/21(火) 22:43:03.33 ID:
※Pが最初だけ複数出てきます。

新田美波29


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437486173

2:2015/07/21(火) 22:43:54.02 ID:
──CGプロ事務所


同僚P(以後、同僚)「は?」


モバP(以後、P)「新田美波がエロすぎるせいでオナ禁すら出来ないんだ」

同僚「聞き違いじゃなかったか……。頭が毀れたのか?」

P「ちげぇ! 分かるだろ!?」


同僚「いや、全然わかんねーよ。聞き流すから順を追って話してくれ」

P「聞けよ!? まぁ、そんな難しい話じゃないんだ、俺の担当に新田美波って子いるじゃん?」

同僚「おう」


4:2015/07/21(火) 22:44:41.38 ID:

P「あの子、無自覚にエロいんだよ…。真面目でいい子なんだけど、なんか色気があるし、本人にその気がないだけに無防備だし」

同僚「おう」


P「担当してると一緒に行動する事も多くてさ…。家に帰った後怒張を鎮めるのがもう大変なんだよ」

同僚「怒張とか言うな。おう」


P「聞き流されてないと知って安心したよ。で、毎日サルのように千摺りこいてるんだけどさ」

同僚「それで夜更かしして今朝遅刻した、と」


P「おう。それじゃいかんと思って、オナ禁の誓いを度々立てるんだが」

同僚「それでようやくスレタイの台詞に繋がるわけか」


6:2015/07/21(火) 22:45:49.74 ID:

P「うむ。新田美波がエロすぎるせいでオナ禁すら出来ないんだ」

同僚「取り敢えず俺の持ち物に触るなよ。今後一切」

P「手はちゃんと洗ってるよ! 分かってくれよ、間違いがないように、自分と自分の担当アイドルを守るためには仕方ない事なんだよ!」

同僚「あっ、汚ねっ! 触るなよ! 低脳が伝染るだろ!」


  ギャーギャー!!


7:2015/07/21(火) 22:46:21.93 ID:


 ガチャッ


新田美波(以後、美波)「お、おつかれさまでーす…?」

同僚「お、美波ちゃん来たぞサル」

P「サル言うな! 悪いね新田さん、すぐ行くから、ミーティングルーム押さえといてくれる?」

美波「……」

P「新田さん?」

美波「あ、は、はいっ!」


美波(何かは聞こえなかったけど、プロデューサーさん、私のせいで我慢してるんだ…)


────

───

──



8:2015/07/21(火) 22:47:03.63 ID:

──ミーティングルーム


P「……と、そんな感じだから。当日は家まで迎えに行くから、旅行支度だけしておいてくれるかな」

美波「はいっ」

P「以上、かな。新田さんの方から何かある?」


美波「あの…えっと、私のせい……なんでしょうか?」

P「はっ?」


美波「さ、さっき同僚Pさんと話してるの、聞こえちゃって…」

P「げぇっ!?」



9:2015/07/21(火) 22:48:00.80 ID:

P(や、やばい…! 事務所であんな猥談するんじゃなかった! まさか聞かれていたとは……)


美波「プロデューサーさんには…そんな事、して欲しくないんです」

P「う……ぐっっ。ご、ごめんなさい」

美波「え! あ、そんな、謝らないで下さいっ」


美波(私のためにプロデューサーさんが我慢するなんて嫌…なだけなのに……。こんなの、私のわがままなのに)

P(そうだよな……いくら妄想でも自分が他人のオナニーのオカズにされるなんて嫌だよな…。謝るだけじゃ足りないよな)



10:2015/07/21(火) 22:48:37.25 ID:


P「その…本当に申し訳ない……。もう絶対にあんな事しないから……」

美波「えっ」

P「えっ?」


美波「…あ、あの……私の話、聞いてましたよね?」

P「!?」



11:2015/07/21(火) 22:49:13.07 ID:


P「あ、あー…。そ、そうだよな。そのぐらいじゃまだまだ足りないよな…。ははは……」

P「本当に申し訳ない。心からお詫びします……担当も替えて貰うから、アイドルは続けてくれると嬉しいんだけど、どうかな……」

美波「えっ!? えっ、えっ……? ど、どうしてそういう話になるんですかっ?」


P「えっ? だ、だって、俺に辞めて欲しいんでしょ?」

美波「ち、違いますっ! プロデューサーさんにやめて欲しいのは、無理に我慢する事です!!」



P「えぇっ!?!?」



12:2015/07/21(火) 22:50:13.82 ID:


P(ど……どういう事だ? 自分をオカズにオナニーするのを、我慢しないで欲しいって……?)

P(さ、誘ってるのか!? 誘われてるのか、俺!?)


 ギュッ


P「おホぉ!?」

美波「私…私、プロデューサーさんには本当に感謝してるんです……っ」

P「え、あ、ありがと…う?」


P(か、感謝してるから、自分をオカズにしてもいい、って事か!?)



13:2015/07/21(火) 22:51:47.54 ID:

美波「もし、私にお手伝いできる事があるなら教えて下さい…! 私、出来る限りの事をしますから!」


P(て、手を握られてる感触だけで一週間は充分なんだけど! っていうか潤んだ目で見上げるのやめて! もう二週間それで戦えそうなんですけど!?)


 ムクムクムクッ!


P「うっ…!」

美波「? あの、プロデューサーさん…?」


P「だだ大丈夫! ピクリとも反応してないよ!」

美波「えっ?」

P「い、いや何でもないっ! そ、それより離れてくれないかな…っ」 モジモジ…


14:2015/07/21(火) 22:52:34.99 ID:

美波「そ、それじゃあもう担当変わったりしませんかっ?」

P「し、しない! しないから!」


P「だ、だから離れて。ねっ?」

美波「…………」


 ギュッ

美波「い、嫌、ですっ」

P「なんでだよ!?」

美波「わ、私がいたら駄目なんですか……お役に立てないんですかっ!」


P「いや、思いっきり立てるけど…っていうか勃っちゃってるけど……」


15:2015/07/21(火) 22:53:45.84 ID:

美波「はぐらかさないで下さいっ! お願いです、ちゃんと言って……」ウルッ

P「えっマジ……っていうかここで!?」

 ゴクリ

P「い、いや!魅力的な提案だけど、そういうわけにはいかないっ。ここでイッたら俺はプロデューサー失格…」

P「いや、男として、人として大事なものを失ってしまう……!」


美波「どうしてですか! 私、そんなに(社会的信用の意味で)子供ですか!?」

P「(体つき的な意味で)子供だったらこんなに苦悩してないよ!?」


美波「私……私もっとプロデューサーさんの傍にいたいです…」

P「!?」


P「う、うわぁぁぁぁぁぁっ!!」 ダッ

美波「プロデューサーさん!? プロデューサーさーんっ!?」


16:2015/07/21(火) 22:54:12.74 ID:

 この後滅茶苦茶美波ニーした。


 おしまい。



17:2015/07/21(火) 23:06:52.64 ID:
素晴らしい


18:2015/07/21(火) 23:36:12.91 ID:
後日談は?


21:2015/07/22(水) 07:45:04.27 ID:
まあ相手が美波ちゃんだしね
こうなっちゃうのも仕方ないよね




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437486173/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←