1:2015/07/25(土) 00:27:12.85 ID:

みく「……にゃあ…」

アーニャ「ノア、どうしました?」

のあ「笑顔よ。………それが貴女たち二人の選考理由」

みく「えっと……のあにゃん、みくたち今からCPの仕事だから」

のあ「………わかっているわ」

みく「わかってるならさっさと道を開けるにゃ」

のあ「けれど……それは出来ない」

みく「……にゃあ…」

アーニャ「Ужас……みく、怒ってますか?」

のあ「それは行けないわ。みくは私の大切な友人、共に怒りを覚えるのも……当然よ。私は誰を裁けばいいの?」

みく「てめーに怒ってんだにゃ。てめーがみくを怒らせたの」

アーニャ「суд……裁き、ですか?」

のあ「ええ、裁くのは私のスタンドよ」

みく「ねぇ、みくの話聞いて?」

2281245f


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437751622

2:2015/07/25(土) 00:27:41.86 ID:

みく「そもそもなんで立ち塞がってるの? 他の人の通行の邪魔になるでしょ、一旦脇に寄るにゃ」

のあ「そうね」

みく「……で、高峯さんは何がしたいんですか?」

のあ「やめなさい、みく。その呼称は看過できないわ。いつものようにのあにゃんと呼びなさい」

みく「いえ、そういうの大丈夫ですから。用件をどうぞ、高峯さん」

のあ「……強くなったわね、みく。益々気合いが入ったわ」

みく「不味ったにゃ……火に油だったにゃ……」

のあ「いいえ、焼け石に水よ」

みく「自分がどうしようもない奴だってこと、この上なく認識してるよこの人……」

アーニャ「затруднения……困った人です……」

のあ「その可哀想な人を見る目は止めなさい……無駄よ、慣れて居るもの」

みく「とことんまで残念美人を地で行くよね……」

アーニャ「Да……絡み辛い、です」


3:2015/07/25(土) 00:28:30.60 ID:

のあ「貴女たちのプロデューサーには話を通してあるわ」

アーニャ「эгоистическое……ノアは、わがままです」

のあ「やめなさいアナスタシア。貴女の罵倒は心に刺さるわ。私に心など……あればの話だけれど」

みく「それ結局、刺さってるの? 刺さって無いの?」

アーニャ「試しに、もう一回……言ってみますか?」

のあ「やめなさい……やめなさい……」

みく「あ、これ多分わりと効いてるにゃ。でも多用は駄目だからね、あーにゃん。同じタレント見続けると飽きて来る現象と同じにゃ」

アーニャ「Да……ここぞ、という時に使うようにします」

のあ「貴女たち……本当に強くなったわね」

みく「えぇ……? そんな『私が育てた』見たいな顔されても……」

アーニャ「засовывая……シショウ面が鼻につきます」

のあ「アナスタシア、早速罵倒しているわよ。多用は避けるよう、みくに言われたはずでしょう。やめなさい」

みく「めっちゃ嫌がってるにゃ……」


4:2015/07/25(土) 00:28:59.03 ID:

みく「んで、なんでPチャンに話を通してまでここで待ってたの? というかどんな話を通したの?」

のあ「みくとアナスタシアは預かった……と」

みく「知ってる? それ、この時代の日本では誘拐っていうんだよ?」

アーニャ「дурак……私でも知ってます……」

のあ「アナスタシア……私がロシア語を理解できないとでも思っているの? それとも、私の涙が望みかしら?」

みく「というかのあにゃん、普通に困るんだけど。李衣菜チャンと美波チャンはたぶんもっと困るんだけど」

のあ「大丈夫よ。代わりの者を派遣したから」

みく「いや、CPメンバーに代打忍ばせても違和感しか無いでしょ?」

のあ「志希とフレデリカだから大丈夫よ」

みく「想像の20倍の違和感だったにゃ」

アーニャ「シキはともかく……私の代わりが、フレデリカ……?」

のあ「……ハーフだから大丈夫よ」

みく「真顔で深く考えずにもの言うのやめよ?」

のあ「キャラ的に、おいしいから大丈夫よ」


5:2015/07/25(土) 00:29:30.25 ID:

みく「というかその面子だと、確実に二人が困るにゃ……まさしく疲労困憊にゃ……」

のあ「二人にはそれぞれ、みくとアナスタシアのものまねをするように言ってあるわ」

みく「なんで次から次へと不安要素盛り立てて来るの? てんこ盛りだよ、みくの怒髪が」

のあ「ごめんなさいちょっと言っている意味がわからないわ」

みく「……にゃあ…!」

アーニャ「みく……глубокое дыхание、深呼吸です…落ち着いて……」

のあ「貴女たちのプロデューサーも、『まあそれはそれで…』と納得していたわ」

アーニャ「неверующих……」

みく「洗脳とか良くないと思うにゃ」

のあ「洗脳しても良かったのだけれど……するまでも無かったわ」

アーニャ「みく……ノアは危険です。野放し、するべきではありません」

みく「う、うん。……あーにゃん信じたの…? いや確かに、のあにゃんなら洗脳くらい出来ても不思議じゃないけどにゃ…」

のあ「嘘よ。出来ないわ。出来たらとっくにしてるもの。………貴女たち二人に」

みく「危険という点には全面的に賛成だにゃ」


6:2015/07/25(土) 00:30:03.11 ID:

みく「というかのあにゃん、話が要領を得なさすぎてそろそろみく頭痛くなって来たんだけど」

のあ「そう言うと思って頭痛薬を持参したわ」

みく「マッチポンプ……」

のあ「では端的に言うわ。みく、そしてアナスタシア……私達でCPの刺客として収録に参加することになったわ」

アーニャ「みく……? ノアは……なにをいっているのですか?」

みく「……世迷言じゃないかにゃあ」

のあ「本当よ。………そろそろ時間ね。収録が始まるわ。急いで向かいましょう。……説明はそこでするわ」

みく「ねぇ、急がなきゃならないのは誰のせいだと思う?」

のあ「美城常務……あの女ね…」

アーニャ「セキニンテンカ……よくないです」

みく「なんでも常務のせいにしとけばいいと思ってないかにゃ……?」

のあ「思ってないわ」


7:2015/07/25(土) 00:30:35.13 ID:
―――――――――――
―――――――
――――


 【 346プロダクション第3スタジオ モニター室 】

のあ「ということでモニター室よ」

みく「……マジでみく達の代わりに志希チャンとフレデリカチャンを……想像を絶するフリーダムさだにゃ……」

アーニャ「Да……ミナミ、困ってますね…」

のあ「志希やフレデリカ相手に、ことフリーダムさで勝れる自身は無いわね」

みく「本気で言ってる?」

のあ「私はいつだって全力よ」

みく「全力かどうかは訊いてないにゃ。…うん、でもふざけてるのはわかったにゃ」

のあ「このまま10分は番組の説明を兼ねたフリートークよ。クイズ番組の体で、毎回対戦相手が変わる……ここまでは把握しているわね?」

アーニャ「Да……シンデレラプロジェクトの、番組ですから」

みく「……素朴な疑問なんだけど、これ一体どういう時系列なの? みく達が知り合いなのに、CPで収録してる……のに、美城常務いるって…」

のあ「D4Cよ」

みく「のあにゃんに訊いたみくが馬鹿だったにゃ」


15:2015/07/26(日) 00:12:35.44 ID:

のあ「……そろそろよ……袖まで出向くわ。付いてきなさい」

アーニャ「Да……みく、行きましょう?」

みく「うー…ここまで来たら行くしかないかにゃあ……」

のあ「往生際が悪いわね、みく。……ではこうしましょう。ここでじゃんけんをして、私を負かしなさい」

みく「いや、大丈夫にゃ……行くから大丈夫にゃ……」

のあ「私を負かしたら、貴女はこの先へ進まなくても良いわ」

みく「だから行くって言ってるのに、どうしてのあにゃんは人の話を聞かないの?」

のあ「ではこうしましょう。じゃんけんで私を負かしたら、貴女はこの先へ進んでもいいわ」

アーニャ「ради Бога……ノアは何がしたいのですか…」

みく「もうただ普通にじゃんけんしたい人になってるにゃ……」

のあ「三本先取で、勝った者が負けた者の攻コストを奪えるルールよ。勝ち数に応じて三分の一、三分の二と徐々に攻コストの最大値が削れていくわ」

みく「のあにゃんは本当にどの次元から来たの? 第四の壁って知ってる?」

のあ「そんな壁いつでも壊せるわ」


16:2015/07/26(日) 00:13:03.74 ID:

のあ「進行具合から見て、呼ばれるのは数秒後と言ったところね……準備はいいかしら?」

みく「うん、もうなんでもいいにゃ……勝手にしてって感じにゃ……」

アーニャ「Да……ノアには、何を言っても無駄です……」

のあ「やめなさいと言っているでしょう。二人とも、私の扱いに関して良心の呵責は無いのかしら?」

アーニャ「ありません」

みく「全くと言っていいほど無いにゃ」

のあ「……少し日頃の行いを考え直してみるわ」

アーニャ「Да……ぜひ、そうしてください」

みく「というかのあにゃんの行動の方にこそ良心の呵責をもって然るべきだと思うんだけど」

のあ「良かれと思ってにゃん・にゃん・にゃんの仕事を持ってきたのよ。良かれと思って」

アーニャ「……ありがた迷惑、です」

のあ「アナスタシア、その氷のような視線をやめなさい。アイドルがして良い瞳ではないわ」


17:2015/07/26(日) 00:13:34.31 ID:

「それではゲストをお呼びしましょう! にゃん・にゃん・にゃんのみなさんです! どうぞー!」

のあ「残して行きましょう、私達の足跡……」

みく「バラエティに対してその姿勢は、なんか、こう…嫌……」

アーニャ「…2:50……そんな雰囲気を、感じます…」


――――――――――
――――――
―――


のあ「結果だけよ……この世には結果だけが残る……」

みく「……うん? う、うん」

のあ「結果的に、得る物の多い収録だったでしょう? お疲れ様。いい画が撮れたと、スタッフも大喜びだったわ」

みく「とりあえずのあにゃん、早押し問題で問答無用の越後製菓はホントやめて」

のあ「クイズ番組で問答無用とは面白い冗談ね、みく」

みく「ん? あれ? なんでみくが冗談言ったみたいになってるの?」

アーニャ「ノア……сердиться、怒ります、よ?」

のあ「もう二度とふざけた事を言わないと誓うわ」

みく「めっちゃビビってるにゃ……」


18:2015/07/26(日) 00:14:07.35 ID:

みく「まあ、番組的には結構面白くなってたかも知れないけど……こう言うのは事前に言って欲しかったにゃ」

のあ「………そうね。許可も無くいきなり、では……二人も困るものね」

アーニャ「私、ノアのこと好きです……でも、たまにイライラします」

のあ「反省しているわ………結果的に、そうなってしまって……でも迷惑を掛けたいわけではないの」

みく「たまにというか、頻繁にだにゃ。基本実害があるのはみくだし」

のあ「返す言葉も無いわ……」

みく「のあにゃんはミステリアスなクールビューティーで全然やって行けるんだから、変にふざけないでいいのに」

アーニャ「ノアの、шутливый……おちゃめさもノアらしさ、ですが……限度があると、思います……」

のあ「……あの」

みく「ん? なんにゃ?」

のあ「殊勝な態度な私に対して、反省を認めて説教が緩まったりしないのかしら……待っているのだけれど」

アーニャ「……だと、思っていました」

みく「わかってたから敢えて乗らない方向で」


19:2015/07/26(日) 00:14:44.88 ID:

みく「……で、結局のあにゃんは何がしたかったの?」

のあ「……寂しかったのよ」

アーニャ「ノア……」

のあ「最近、貴女たちとは会えなくて……週4でみくの部屋に泊まりに行ったり、毎週末アナスタシアと寿司屋に行ったりしかしてないじゃない」

みく「あれ? 結構合ってね?」

のあ「三人で会ったのは久しぶりじゃない」

みく「別にみくの部屋にあーにゃんを呼べば済んだ話だよね?」

アーニャ「Да……むしろ、寂しいのは私、です」

のあ「あら、アナスタシアは新田美波の所でにゃんにゃんしてるのかと思っていたわ」

アーニャ「……ярости…怒ります、よ?」

のあ「やめなさいアナスタシア。怒りのランクを上げるのはやめなさい。ハイライトが仕事をしていないわ」

みく「怒りますよ、って……もう怒ってるよね?」

アーニャ「お、怒ってないです……私を、怒らせたら大したもの…です」


20:2015/07/26(日) 00:15:10.41 ID:

のあ「プライベートで会っては居ても、三人で仕事をする機会は少なかったでしょう?」

みく「それは……まあ、そだにゃ」

のあ「このユニット……にゃん・にゃん・にゃんの認知度が、薄れて行くような気がして悲しかったのよ……」

アーニャ「………ノア…」

みく「……まあでも正直な話、結構無理のあるユニットだよね……違和感が化学反応起こしてる系の……」

のあ「貴女のユニットはそんな系列の物ばかりね」

みく「うっさいにゃ」

のあ「……とにかく、そういうことよ。今回の番組出演で、インパクトも再度与えられたことでしょう」

アーニャ「………ユニット、というより……ノアひとりのインパクト…でしたね…」

みく「だにゃ……もうひたすら振り回されてた記憶しか無いにゃ……」

のあ「にゃん・にゃん・にゃんの信条、『1クールのレギュラーより1回の伝説』……今回は成し遂げられたように思うわ」

みく「うんちょっと待って、それみく初耳」

のあ「当然よ、言って無いもの」


21:2015/07/26(日) 00:16:04.13 ID:

みく「のあにゃんの話は要領を得ないのがデフォなのかにゃ? 話が牛歩過ぎて欠伸が出るんだけど」

のあ「そう言うと思って競走馬用の鞭を持参したわ」

みく「叩けってこと? これでのあにゃんを叩けってことなの?」

のあ「やめなさい。その光景は何がどうなっても駄目な気がするわ。やめなさい」

アーニャ「странно……なぜ持ってきた、ですか…」

みく「良い話するの恥ずかしがってないで、さっさと言うにゃ」

のあ「………別に恥ずかしがっては居ないわ。本当よ」

みく「真顔で言われると照れ隠しなのかどうか真剣にわからないんだけど」

のあ「照れ隠しよ」

アーニャ「……ノア、顔が照れてません……」

のあ「自分の心程度騙せずに、引き金を引けるとでも?」

みく「致命的に勘違いしてるよね。いまの自分が何者か、思い出してみようね」

のあ「そうだったわ。アイドルだったわ」


22:2015/07/26(日) 00:16:54.30 ID:

のあ「………とにかく、私は貴女たち二人と仕事がしたかった。それだけなの」

みく「……まあ、正直楽しかったし……別にいいけどにゃ」

アーニャ「……私も、楽しかったです」

のあ「迷惑を掛けたことは……謝るわ。少しやり方を間違えた……その自覚は、あるから」

みく「……ん、まあ反省してるなら……」

のあ「だから次はちゃんと企画を通すことにするわ」

みく「……へ? のあにゃんが企画するの?」

アーニャ「озноб……嫌な予感しか、しません…」

のあ「ドッキリしかけられたり、無人島を開拓したり、ちひろの野望を阻止したり、大陸横断レースに参加したりしたいわね」

みく「見事に全部やりたくないんだけど」

アーニャ「господи……やっぱり、ノアはノア……ですね」

みく「人間そう簡単に変わらないにゃ……」

のあ「にゃん・にゃん・にゃんの次回にご期待ください、と言うやつよ。次会うときが楽しみね。……今日もみくの部屋に行くけれど」

みく「はぁ……もう勝手にするにゃあ……あーにゃんも来る?」

アーニャ「Да……お邪魔しますね」

のあ「今夜は寝かさないわ」



この後めちゃくちゃ夜更かしした。


25:2015/07/26(日) 00:34:48.74 ID:
乙です

のあにゃんがただただ可愛かった


26:2015/07/26(日) 01:12:17.22 ID:
トリ付けてにゃんにゃんするのはじめて?
次も期待してるで


27:2015/07/26(日) 01:22:30.54 ID:
にゃんにゃんにゃんSSはみく総受けでのあさんとアーニャが二人がかりでみくをいじるのが多いから
のあさんが一人で暴走してるのは珍しいな
おもしろかった




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437751622/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←