1:2015/07/25(土) 02:13:03.85 ID:

海未「昨日も今日もパン・・・」

希「ふむふむ」

海未「ピーマンは食べないし・・・」

希「ほほう」

海未「イチゴばっかり食べるし・・・」

希「確かになぁ」

海未「いくら言っても聞かないんです。パフォーマンスに影響が出るのもそうですが、なにより穂乃果の健康が心配で・・・・」

海未「どうにか、穂乃果の好き嫌いを無くせないものでしょうか・・・・」


希「せやなあ・・・」


希「・・・・・」

高坂穂乃果


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437757973

2:2015/07/25(土) 02:15:46.68 ID:

---------------------------
穂乃果部屋


穂乃果「ん・・・」

穂乃果「ふあー・・・」ノビー

穂乃果「んん・・・良く寝た」ゴシゴシ

穂乃果「あっ! もうこんな時間! 早く朝ごはん食べないと遅刻するっ!」ドタドタ

穂乃果「おはよー!」

雪穂「おはよ」

ほの母「こらっ穂乃果! 階段はもっとゆっくり降りてきなさい! はしたない」

穂乃果「えへへーごめん。今日の朝ごはんは何?」

ほの母「野菜炒めよ」

穂乃果「ふーん・・・・ピーマン入ってる・・・?」

ほの母「当たり前じゃない」トンッ

穂乃果「うっ・・・・」

雪穂「いただきまーす」モグモグ シャキシャキ

穂乃果「あ、あの・・・・お母さん?」

ほの母「なに? 早く食べちゃいなさい」

穂乃果「これ・・・ピーマンが入ってるっていうか・・・・ピーマンしか入ってないような・・・?」

ほの母「? そうだけど?」キョトン

穂乃果「ええっ?! もっと他にもあるでしょ?! お肉とか、もやしとか・・・」

ほの母「文句があるなら食べなくて結構」

穂乃果「ううぅ。そんなぁ」

雪穂「ごちそうさま。いってきまーす」

穂乃果「あっ、雪穂待ってよー・・・」シクシク



3:2015/07/25(土) 02:18:04.29 ID:

-----------------------
通学路



穂乃果「はぁ・・・朝ご飯、ほとんど食べられなかった・・・」トボトボ

穂乃果「どこかコンビニに寄って、お昼ごはんも買わないと・・・」

穂乃果「あっダメ、もうこんな時間! 早く行かないと」タッタッタッ



―――――――――――――――
お昼休み


穂乃果「ううぅ」グギュルルル

穂乃果「お腹減って死ぬ・・・」

穂乃果「授業中何回もお腹が鳴って、恥ずかしかったよぉ・・・」

穂乃果「でも、お昼ごはん無いんだよね・・・どうしよう」

穂乃果「誰かから分けてもらうしかないか・・・・」トボトボ



4:2015/07/25(土) 02:20:56.97 ID:

---------------------------------------
中庭



穂乃果「あっ、凛ちゃん、花陽ちゃん!」

凛「穂乃果ちゃんだ! どうしたの?」

穂乃果「実は今日、お昼ごはん持って来れなくて・・・良かったら、ちょっと分けてくれない?

凛「凛はいいよ!」

花陽「私もいいですよ」

穂乃果「本当!? ありがとー二人とも!」

穂乃果「それでっ?! 何食べるのっ?」ワクワク

凛「凛はカップラーメンだよ!」

穂乃果「カップラーメン!」ジュル

穂乃果「何味? 塩? 味噌?」

凛「何言ってるの? ラーメンと言ったらこれしかないじゃん」パカッ

凛「ピーマンだよ!」

穂乃果「・・・・へ?」

凛「ピーマンの細切り麺・・・これに、熱々のピーマン汁を注いでっと・・・・」トクトク

穂乃果「・・・・うげ・・・・」

凛「後は3分待つにゃ! うー! いつもこの時間が待ちきれないにゃー!」

穂乃果「そ、そうなんだ・・・・へ、へえ」

花陽「うふふ、凛ちゃんは相変わらずだね」

穂乃果「は、花陽ちゃんのお昼ご飯は、なあに? やっぱりおにぎり?」

花陽「はい! もちろんです。いくつか持ってきたので、一つ穂乃果ちゃんにあげます」

穂乃果「わーい! ありがとう花陽ちゃん!!」

花陽「ふふ、はいどうぞっ」⊃アルミホイルで包まれたおにぎり

穂乃果「包み紙を開いてっと・・・・っ!!!!?」ビクッ

穂乃果「は、はなよちゃん?」

花陽「どうしたの?」

穂乃果「こ、これはなんていうおにぎりなの・・・・?」

花陽「何って・・・。普通のピーマンにぎりですけど?」キョトン

穂乃果「へ、へぇ・・・・。どうやって作るのかなあ?」

花陽「おかしな穂乃果ちゃん? ひたすらピーマンをチネッって、掻き集めて握るだけだよ?」

花陽「はぅぅ! この深い緑色! ツヤツヤの光沢! この青々しい香り・・・! たまりません!!」

穂乃果「うへぁぁ・・・」



5:2015/07/25(土) 02:23:15.88 ID:

凛「よし、三分経ったにゃ!」パカッ


ムワッ・・・

穂乃果「うっ!! すごい青臭い・・・! うげっ、ごほっごほっ・・・」

凛「はあ・・・・いい香りだにゃ。食欲が刺激されるー・・・」

凛「いただきます! ズルズル・・・シャキシャキ・・・・ゴクンッ」

花陽「私もいただきます! バクッ・・・・シャキシャキ・・・ゴクンッ」

りんぱな「「おいしーー!!」」

穂乃果「あ、あはは、あはは・・・・」ピクピク




ことり「ホノカチャーン!」

穂乃果「ん? この声は、ことりちゃんだっ!」

ことり「穂乃果ちゃーん! お昼ご飯忘れたって聞いたよー」

穂乃果「う、うん。実はそうなの・・・・」

ことり「ケーキ焼いてきたんだ。よかったら食べてっ!」

穂乃果「本当?! ケーキ! ケーキ! 食べたい!」

ことり「今回のは自信作なの! たくさん食べてっ♪」スッ

穂乃果「わーい! どんなケーキなんだろ―――うっ!!!!??!」

ことり「ちゅんちゅん♪」ニコニコ

穂乃果「こ、ことりちゃん・・・・・この大草原のような色のケーキ? は・・・?」

ことり「すごいでしょー? ピーマンの生地に、ピーマンホイップクリームをたくさん塗って、仕上げにピーマンを丸ごと一個! 贅沢に乗せたよっ!!」



穂乃果「あは」

穂乃果「あははははははは」

穂乃果「あはははははははははははは―――」


6:2015/07/25(土) 02:25:36.79 ID:

----------------------------
穂乃果部屋



穂乃果「ん・・・」

穂乃果「ふあー・・・」ノビー

穂乃果「んん・・・はっ!!」ガバッ


穂乃果「なん・・・・だ。夢かぁ・・・」

穂乃果「そうだよね。あんなことある訳ないよね!」

穂乃果「よかったぁ・・・・ほっ」

穂乃果「あっ! もうこんな時間! 早く朝ごはん食べないと遅刻するっ!」ドタッ

穂乃果「おっと、ゆっくり階段を降りないとお母さんに怒られちゃう」トタタ




穂乃果「おはよー!」

雪穂「おはよ」

ほの母「おはよう」

穂乃果「今日の朝ごはんは何?」

ほの母「餡子丼よ」

穂乃果「あ、餡子丼・・・?」

ほの母「はい、どうぞ」トンッ

穂乃果「うっ・・・・」

雪穂「いただきまーす」モグモグ

穂乃果「あ、あの・・・・お母さん?」

ほの母「なに? 早く食べちゃいなさい」

穂乃果「これ・・・どんぶりに餡子が入ってるだけ・・・・?」

ほの母「? そうだけど?」キョトン

穂乃果「ええっ?! 丼物っていったら、普通は白米に、エビフライとかカツでしょお?!」

ほの母「文句があるなら食べなくて結構」

穂乃果「ううぅ。そんなぁ」

雪穂「ごちそうさま。いってきまーす」

穂乃果「あっ、雪穂待ってよー・・・」シクシク



7:2015/07/25(土) 02:28:02.39 ID:

-----------------------
通学路



穂乃果「はぁ・・・餡子だけなんて食べる気しないよぉ・・・」

穂乃果「雪穂はよくあんなもの食べられるなぁ・・・」トボトボ

穂乃果「とにかく、何かちゃんとしたもの食べたい・・・コンビニに」

穂乃果「あっダメ、もうこんな時間! 早く学校に行かないと」タッタッタッ



―――――――――――――――
お昼休み


穂乃果「ううぅ」グギュルルル

穂乃果「お腹減って死ぬ・・・」

穂乃果「授業中何回もお腹が鳴って、恥ずかしかった・・・」

穂乃果「でも、お昼ごはん無いんだよね・・・どうしよう」

穂乃果「誰かから分けてもらうしかないか・・・・って、あれ?」

穂乃果「なんか似たようなことが前にもあったような・・・? 昨日? ・・・うーん・・・違うなぁ・・・」

穂乃果「まあいいや。とりあえず中庭に行けば凛ちゃんと花陽ちゃんがいる気がするから行こう」



8:2015/07/25(土) 02:34:33.26 ID:

---------------------------------------
中庭



穂乃果「あっ、凛ちゃん、花陽ちゃん!」

凛「穂乃果ちゃんだ! どうしたの?」

穂乃果「実は今日、お昼ごはん持って来れなくて」

穂乃果「なんか・・・・二人だったら穂乃果にご飯を分けてくれる気がするんだけど・・・・どうかな?」

凛「凛はいいよ!」

花陽「私もいいですよ」

穂乃果「本当!? ありがとう、二人とも!」

穂乃果「それでっ?! 何食べるのっ?」ワクワク

凛「凛はカップ餡子だよ!」

穂乃果「カップラーm!・・・・・餡子?」

穂乃果「え、何それ・・・・?」

凛「何言ってるの? カップ餡子は、カップ餡子だよ」パカッ

穂乃果「そ、それ・・・小豆?」

凛「たっぷりの小豆ちゃん達///・・・これに、熱々の餡子の煮汁を注いでっと・・・・」トクトク

穂乃果「・・・・・・・・」

凛「後は3分待つにゃ! うー! いつもこの時間が待ちきれないにゃー!」

穂乃果「・・・・へ、へえ」

花陽「うふふ、凛ちゃんは相変わらずだね」

穂乃果「は、花陽ちゃんのお昼ご飯は? まさか・・・」

花陽「はい! もちろんです。いくつか持ってきたので、一つ穂乃果ちゃんにあげます」

穂乃果「う、うん・・・・・」

花陽「ふふ、はいどうぞっ」⊃アルミホイルで包まれた何か

穂乃果「・・・・・・」ガサガサ

穂乃果「おはぎじゃん!」

花陽「おはぎじゃないよ? だって、餡子しか使ってないもん」

穂乃果「餡子だけをひたすら握ったんだ・・・・」

花陽「そうだよ?」キョトン

花陽「はぅぅ! この深い赤茶色! つぶつぶの可愛らしいつぶ餡! この漂う和の甘い香り・・・! たまりません!!」

穂乃果「うへぁぁ・・・」


9:2015/07/25(土) 02:37:28.81 ID:

凛「よし、三分経ったにゃ!」パカッ

フワッ・・・


穂乃果「・・・・・熱湯に3分浸しただけで、小豆が餡子になるんだ・・・・すげぇ・・・」

凛「はあ・・・・いい香りだにゃ。食欲が刺激されるー・・・」

凛「いただきます! バクッ・・・ゴリゴリ・・・・ゴクンッ」

花陽「私もいただきます! バクッ・・・・ムシャムシャ・・・ゴクンッ」

りんぱな「「おいしーー!!」」

穂乃果「良かったね・・・・」




ことり「ホノカチャーン!」

穂乃果「ん? この声は、ことりちゃん・・・・」

ことり「穂乃果ちゃーん! お昼ご飯忘れたって聞いたよー」

穂乃果「そ、そうだけど・・・・」

ことり「ケーキ煮てきたんだ。よかったら食べてっ!」

穂乃果「ん? 今、煮てきたって・・・・? 本当? それ、本当にケーキ!? ケーキだよねっ?!!! ちなみに、チーズケーキでもないよねっ?!」

ことり「今回のは自信作なの! たくさん食べてっ♪」スッ

穂乃果「・・・・・」

ことり「ちゅんちゅん♪」ニコニコ

穂乃果「こ、ことりちゃん・・・・・?」

ことり「すごいでしょー? つぶあんの生地に、こしあんをたくさん塗って、仕上げに餡子握りを丸ごと一個! 贅沢に乗せたよっ!!」

穂乃果「ただの餡子の塊だよそれ! ぜっんぜん、ひとっつもケーキじゃない!!!」

穂乃果「うわああああああ!」




10:2015/07/25(土) 02:38:54.40 ID:

----------------------------
穂乃果部屋



穂乃果「ん・・・」

穂乃果「ふあー・・・」ノビー

穂乃果「んん・・・はっ!!」ガバッ


穂乃果「なん・・・・だ。夢かぁ・・・」

穂乃果「・・・・・・・」

穂乃果「まさか、また、これも夢なんじゃあ・・・?」



穂乃果「・・・・・学校に行かないと・・・」ノソノソ...




穂乃果「おはよ・・・・・」

雪穂「おはよ」

ほの母「穂乃果! 何のんびりしてるの?! 遅刻するじゃない!!」

穂乃果「うん・・・・で、次は何なの?」

ほの母「イチゴシチューよ」

穂乃果「ああ、はいはい・・・・えっ?」

ほの母「はい、どうぞ」トンッ

穂乃果「・・・・!」

雪穂「いただきまーす」モグモグ

穂乃果「あ、あの・・・・お母さん?」

ほの母「なに? 早く食べちゃいなさい」

穂乃果「こ、これ・・・イチゴ・・・・?」

ほの母「? そうだけど?」キョトン

穂乃果「!! やったー!! 朝からイチゴが食べられるなんて!!」ガツガツ

ほの母「おかわりもあるからね」

穂乃果「んぐっ! 本当っ!!!? 絶対食べる!!」バクッ、ムシャムシャ、ガツガツ

雪穂「ごちそうさま。いってきまーす」

穂乃果「あっ、雪穂もう行っちゃうの?!」



11:2015/07/25(土) 02:41:13.16 ID:

-----------------------
通学路



穂乃果「ふぅー食べた食べた!」

穂乃果「朝だけであんなにたくさんのイチゴを食べられるなんて、今までの人生で初めかも? 幸せー」

穂乃果「でも、さすがにあれだけ食べたら、しばらくイチゴは食べたくないなあー・・・なんちゃってっ」

穂乃果「あっ! もうこんな時間! 早く行かないと」タッタッタッ










―――――――――――――――
お昼休み



穂乃果「ふぅ。やっとお昼休みだ」

穂乃果「朝にたくさん食べたから、あんまりお腹空いてないや」

穂乃果「でも、今食べなかったら午後の授業でお腹が空いて、お腹鳴っちゃうかも?」

穂乃果「だから、少しでいいから何か食べないと」

穂乃果「・・・・・・」




12:2015/07/25(土) 02:43:21.06 ID:

---------------------------------------
中庭



穂乃果「凛ちゃん、花陽ちゃん」

凛「穂乃果ちゃんだ! どうしたの?」

穂乃果「実は今日、お昼ごはん持って来れなくて」

穂乃果「よかったら、二人のご飯を、少しだけ。少しだけだよ? 少しだけ分けてくれないかなぁ? なんて」

凛「凛はいいよ!」

花陽「私もいいですよ」

穂乃果「ありがとう」

穂乃果「それで? 凛ちゃんはカップイチゴか何か?」

凛「よく分かったね! 凛はカップイチゴだよ!」

穂乃果「・・・・ちなみに、どんなの?」

凛「何言ってるの? カップイチゴはカップイチゴだよ?」パカッ

穂乃果「そ、それ・・・ドライフルーツ?」

凛「乾燥イチゴちゃんに、熱々のイチゴジュースを注いでっと・・・・」トクトク

穂乃果「・・・・・・・・」

凛「後は3分待つにゃ! うー! いつもこの時間が待ちきれないにゃー!」

穂乃果「・・・・甘くておいしそうだね・・・」

花陽「うふふ、凛ちゃんは相変わらずだね」

穂乃果「はなy、いやなんでもない・・・・・・・」

花陽「遠慮しないでっ! いくつか持ってきたので、一つ穂乃果ちゃんにあげます」

穂乃果「ありがとう・・・・・」

花陽「ふふ、はいどうぞっ」⊃アルミホイルで包まれた何か

穂乃果「・・・・・・」ガサガサ

穂乃果「イチゴの果肉を細かくちぎって、掻き集めて、握ったんだね・・・・」

花陽「そうだよ?」キョトン

花陽「はぅぅ! この鮮やかな赤色! つぶつぶの可愛らしい種! この漂うイチゴの甘い香り・・・! たまりません!!」

穂乃果「イチゴまみれだよ~」



13:2015/07/25(土) 02:45:39.93 ID:

凛「よし、三分経ったにゃ!」パカッ

フワッ・・・


穂乃果「・・・・・凛ちゃん、糖尿になっちゃうよ・・・」

凛「はあ・・・・いい香りだにゃ。食欲が刺激されるー・・・」

凛「いただきます! ズズッ・・・ムチャムチャ・・・・ゴクンッ」

花陽「私もいただきます! バクッ・・・・ムシャムシャ・・・ゴクンッ」

りんぱな「「おいしーー!!」」

穂乃果「そろそろことりちゃんが来るかな?」




ことり「ホノカチャーン!」

穂乃果「・・・・・・・・」

ことり「穂乃果ちゃーん! お昼ご飯忘れたって聞いたよー」

穂乃果「そうだけど、別にいいよ?・・・・」

ことり「ケーキ焼いてきたんだ。よかったら食べてっ!」

穂乃果「いいってば、いらないって・・・・」

ことり「今回のは自信作なの! たくさん食べてっ♪」スッ

穂乃果「・・・・・」

ことり「ちゅんちゅん♪」ニコニコ

穂乃果「もうやだ・・・・イチゴ怖い・・・・・」

ことり「すごいでしょー? イチゴ果肉の生地に、イチゴホイップクリームをたくさん塗って、仕上げにイチゴを丸ごと一万個! 贅沢に乗せたよっ!!」


穂乃果「い、いちご・・・怖い・・・」ブルブル


14:2015/07/25(土) 02:47:58.37 ID:

穂乃果「もう、やだぁ・・・・」


穂乃果「凛ちゃんも、花陽ちゃんも、ことりちゃんも・・・・みんなおかしくなっちゃった・・・・」

穂乃果「やだよ、やだ、やだ・・・・・たすけて、たすけて、だれかたすけて・・・・!」


「・・・・か」


穂乃果「たすけてたすけてたすけて怖い怖い怖い怖い」


「・・・の・・か」


穂乃果「たすけてたすけて・・・・?」


「ほ・・・・か」


穂乃果「こ、この声・・・・海未ちゃん?!」


「ほ・・・の・・・・」


穂乃果「海未ちゃん・・・・! 海未ちゃんだ! たすけてー! 海未ちゃーん!!! どこにいるのー!!?」




「穂乃果っ!」

穂乃果「!?」


15:2015/07/25(土) 02:49:33.38 ID:
―――――――――――――――――――

ガバッ!

海未「わっ。もう・・・急に起き上がらないでください。びっくりするじゃないですか」

穂乃果「ハァ・・・ハァ・・・ハァッ。・・・・・? あ、あれ・・・こ、ここは?」


海未「寝ぼけているんですか? 私の部屋ですよ」

穂乃果「へっ? あ、そっか・・・・。今日、海未ちゃんちに泊まるんだった」

海未「もう・・・大丈夫ですか? なんだかうなされているようでしたが」

穂乃果「う、うん・・・・多分・・・」

海未「それなら、いいですが。全く、こんな時間に寝てたら、夜に眠れなくなりますよ」

穂乃果「う、うん。ごめんね」


16:2015/07/25(土) 02:51:30.65 ID:

海未「さ、起きてください。晩御飯作りましたから」

穂乃果「っ!!?」ビクッ

穂乃果「ね、ねえ・・・・。晩御飯って・・・・なに?」オソルオソル

海未「チャーハンと餃子を作りましたが」

穂乃果「チャーハン! ・・・・いやいや、まてまて」

海未「?」

穂乃果「ね、ねえ、海未ちゃん・・・・もしかしてそのチャーハン、お米の代わりにチネッたピーマン使ってたりしないよね・・・・?」

海未「はぁ? 何言ってるんですか? チャーハンはお米を炒めるからチャーハンって言うんですよ。ピーマンを炒めたら、それは野菜炒めじゃないですか」

穂乃果「そう・・・だよね。あはは・・・」ホッ...

海未「やれやれ、やっぱり寝ぼけてますね。一発、活を入れて差し上げます」スッ

穂乃果「ひっ?!」ガシッ

穂乃果「ううん?! 大丈夫だから! 起きてるから! 冗談だってば!! だから、その手を降ろして~・・・」ビクビク

海未「そうですか? だったら、早く居間に行きますよ」

穂乃果「ほっ・・・。うん! 分かった!」


17:2015/07/25(土) 02:54:29.74 ID:

------------------
園田家 居間




海未「さ、どうぞ召し上がってください」トンッ トンッ


ほかほか

穂乃果「お、おお・・・・・! 黄金色のチャーハン! やっぱり海未ちゃんのチャーハンはすごいっ!!」ジュルリ....

海未「そ、そうですかっ?/// ま、まあ、一応得意料理ですから」テレテレ


穂乃果「餃子の方は・・・」

穂乃果(当たり前だけど、中身が見えない・・・)ビクビク

穂乃果「ね、ねえ? 海未ちゃん?」

海未「はい?」

穂乃果「この、餃子の中身、実は餡子だったりしない?」

海未「餡子って・・・・お饅頭じゃないんですから・・・」

穂乃果「じゃ、じゃあ! 実はイチゴ果肉が詰まってたりしない?!」


18:2015/07/25(土) 02:56:01.27 ID:

海未「・・・・・・」

穂乃果「・・・・・」ドキドキ

海未「・・・・・・」スッ ←手刀の構え

穂乃果「ひっ! い、いただきマース!!!」バクッ

海未「全く、何なんですか・・・」

穂乃果「モグモグ・・・・ムシャムシャ・・・・・」

穂乃果「ゴクンッ・・・」

海未「ど、どうですかね・・・・?」

海未「その餃子、今回はちょっと嗜好を変えたのですが」

穂乃果「・・・・・・」

海未「ほ、穂乃果・・・・? 口に合いませんでしたか?」オロオロ

穂乃果「・・・・ヒグッ」ポロポロ

海未「えっ?」

穂乃果「うぇぇぇん!」シクシク

海未「え、ええっ!!? そ、そんな、泣く程まずかったですか・・・・?」シュン↓....

穂乃果「ひっく、ぐすっ・・・・」

海未「す、すみません・・・無理に食べなくてもいいです・・・・。今、下げますから・・・・」スッ....←餃子の皿を取ろうとする



19:2015/07/25(土) 02:58:04.51 ID:


ガシィ


海未「ほ、穂乃果? どうしたんですか、皿を抱え込んで・・・・」

穂乃果「っ!! ガツガツ! モグモグ! ムシャムシャ!」

海未「あ、あの・・・無理に食べなくてもいいですから・・・・」

穂乃果「ゴクンッ....バクッ、ムシャムシャ」フルフル

海未「えっと? 首を横に振っているということは、まずくは無いってことですか・・・?」

穂乃果「ガツガツ! モグモグ! ムシャムシャ!」コクッコクッ

海未「そ、そうですか? それなら、良かったです」ホッ

海未「あ、あの・・・そんなに急いで食べたら体に良くないですよ。おかわりもありますので、ゆっくり味わってください」

穂乃果「ガツガツ!」



20:2015/07/25(土) 03:04:26.58 ID:
----------------------------------------


穂乃果「はふー・・・・。ごちそうさま!!」

海未「お粗末様です」

海未(ああ・・・・私の分まで全部食べられちゃいました・・・・)

海未(でも、ちゃんとチャーハンだけでなく、餃子の方も食べてくれましたね)

海未(実はあの餃子には細かくしたピーマンを入れてありました)

海未(これをきっかけにピーマンを食べてくれるようになればいいのですが・・・)


穂乃果「本当においしかったよぉ。ありがとう! 海未ちゃん」ダキッ

海未「ちょ、ちょっとほのかっ」

穂乃果「・・・・毎日でも食べたいなぁ」

海未「っ?!/// な、何を言ってるんですかっ!? そ、それじゃあ、まるで・・・///」

穂乃果「?」キョトン

海未「べ、別に! ただ、私は・・・・・・」

穂乃果「ん~?」

海未「穂乃果の栄養管理を毎日やるのは、やぶさかではありませんっ!!///」

穂乃果「ホント? やった! やった!」ピョンピョン

海未「も、もう! そろそろ、は、離れてくださいっ/// 洗い物をしますからっ」

穂乃果「あっ! 穂乃果も手伝うよ!」




22:2015/07/25(土) 03:10:19.13 ID:

―――――――――――
台所


ジャー
カチャカチャ
キュッ、キュッ



穂乃果「えへへっ」ニコニコ

海未「? どうしました? そんなにやにやして」

穂乃果「こうやって並んで食器洗ってるとさ」

海未「はい?」

穂乃果「なんだか、仲のいい夫婦みたいだよねっ!」

海未「っ!!?///」ツルッ


ガチャン! パリン・・・

穂乃果「あっ! 海未ちゃん大丈夫?!」

海未「あっ、大丈夫です・・・すみません」

穂乃果「本当に?! 大丈夫? ケガないっ?」サスサス

海未「!/// 大丈夫// です///」

海未「わ、私、掃除機とかってきますのでっ」タッ

穂乃果「うん、分かった。穂乃果は洗い物続けてるね」

海未(ほ、ほのか・・・//)キュン



23:2015/07/25(土) 03:12:10.09 ID:

---------------------------------------------
翌日 お昼休み




穂乃果「うっみちゃ~ん♪ どっこかな~?」スキップ スキップ


希(おっ、あれは穂乃果ちゃんや。よ~し・・・・)

希「おーい! 穂乃果ちゃーん!」

穂乃果「希ちゃん! どうしたのー?」

希「実はな、とってもおいしいお菓子があんねん。穂乃果ちゃんにおすそ分けしようと思って」

穂乃果「お菓子!? なになにっ??」

希「これや」スッ

穂乃果「おお、シュークリームだあ」

希「そうそう。しかも、中のクリームは、“ イ・チ・ゴ ”をたっぷり使ってるんやで?」

穂乃果「ヒッ?!!」ビクッ

希「ん? どうしたん? イチゴ、穂乃果ちゃんの好物やろ?」

穂乃果「う、う~ん・・・・・。ご、ごめんね、遠慮しておくね・・・」

希(おや? 思ったより反応が薄いやん。イチゴって聞いただけでひっくり返るくらいんのを期待してたんやけど)

希(意外と早く抜けてきちゃったのかな?)

希「そう? ホンマにいらんの?」

穂乃果「う、うん。またね・・・・」タッ

希「またね。・・・・ああ、逃げられてもうた」

希「・・・・・お?」



24:2015/07/25(土) 03:14:09.84 ID:

穂乃果「あっ! 海未ちゃーん!」タッタッタッ ギュ

海未「わ、わぁ!/// も、もういきなり抱き着いてこないでください///」

穂乃果「えへへ。ごめんね」ギュー

海未「し、仕方ありませんね///」ギュ

穂乃果「今日のお弁当は何―?」

海未「ハンバーグを作ってきましたよ」

穂乃果「本当っ?!!」ギュー!!

海未「く、くるしいですって///」

穂乃果「早く食べたいよお!!」

海未「はいはい///」









希「・・・・へー」ニヤニヤ

希「愛の力は偉大やねぇ」ニヤニヤ

希「それにしても、思った以上に上手くいったみたいやなぁ」



「ふふ、お幸せに」



おわり


25:2015/07/25(土) 03:15:18.97 ID:
ありがとうございました


26:2015/07/25(土) 03:53:26.45 ID:
乙~
愛の力は無限大!


27:2015/07/25(土) 04:53:40.41 ID:
面白かったよ良かったらまた書いてくれ


28:2015/07/25(土) 14:20:47.69 ID:
スピリチュアルやね


31:2015/07/27(月) 05:48:44.34 ID:

ええなあ


33:2015/07/28(火) 19:55:02.70 ID:
良いほのうみ




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437757973/

→→もっとラブライブを読む←←