1:2015/07/27(月) 01:24:10.15 ID:
とある日の朝

提督「頼む明石ィ!早くドアを開けてくれ!このままでは俺の命に関わる!」バンバンバンバン

明石「誰ですかこんな朝早くから…ってどうしたんですか提督!?とりあえず入ってください!」

明石の工廠

提督「ふう……助かった明石。ここまで逃げれば大丈夫だろう…」

明石「朝から汗だくじゃないですか…何があったんです?」

提督「色々あるんだ…色々…」ゲッソリ

明石1


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437927840

2:2015/07/27(月) 01:25:12.85 ID:
ということで俺は今明石の工廠にいる。

現在時刻は午前5時、天気は快晴だ。今日も平和な1日が始まる…と思っていたのだが…

俺は忘れていたのだ

今日の秘書艦が ーーーー

ドアガチャン!

磯風「見つけたぞ司令!さあ私の朝食を食べてみてくれ!」

提督「畜生オオオオオオオ何故居場所がバレた!さらば明石、俺は再び逃げる!」

磯風「あ、逃げるな!司令!」

ーーー磯風であることを

明石「結局何だったの今の…」


3:2015/07/27(月) 01:26:09.90 ID:
工廠前

磯風「何故逃げる司令!?この磯風が朝食を作ったのだぞ!」

提督「(俺はまた三日も寝込みたくないぞ…!)」

陽炎型駆逐艦磯風。

彼女とは激戦であった本土防衛戦で出会った。

容姿端麗で、しっかりしてるように見えるが実は色々抜けているところなどに俺は惹かれていき、つい最近お互いに強い絆を結んだのであった…そこまでは良かったのだがケッコン初夜に悲劇は起こった。

〜回想〜

磯風「司令、夕食を作ってみたぞ。磯風特製カレーだ!」

提督「そういや磯風の料理を食べるのは初めてだったな」

提督「素敵な嫁の飯なら何杯でもおかわり出来るぞ!」

磯風「司令…///」

提督「どれどれ…ヴッ!(まずっ!しかも何だこのゴリゴリした食感は…)」

提督「磯風…このカレーに何を入れた?」ガクガク

磯風「新鮮な素材を入れたら美味しくなると思って1-1で駆逐イ級を採ってきた。イ級の調理は比叡に教わってきたぞ!」ドヤァ

提督「(無言の気絶)」

磯風「司令!?急に倒れてどうした!?…気絶してる…だと」


4:2015/07/27(月) 01:27:10.94 ID:
〜回想終了〜

提督「(結局あの後磯風は俺を入渠ドックに入れようとし、それを発見した浦風が救急車呼んでくれたらしい…)」

磯風「待て司令!」

提督「くっ…しつこいな….」

島風「提督、はっやーい!」

提督「島風!?いつの間に俺と併走してたんだ!?」

島風「だって駆けっこ楽しそうだったんだもん!」

提督「(あっ良いこと思い付いた)島風、俺を背負って隠れられそうな場所まで走ってくれないか?」

島風「え、それはちょっと無理が」

提督「報酬はお前の大好きな間宮アイスのタダ券三枚だ!急げ!」

島風「おうっ!?じゃあ提督、連装砲ちゃんに掴まって!」

提督「掴まったぞ(あれ?嫌な予感が)」

島風「島風、出撃しまーす!連装砲ちゃん、一緒に行くよ!」ゼンソクリョク

提督「え、ちょっと待ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙」

磯風「島風と提督が消えた!?」

島風「アクセルシンクロオオオオオオオオオオ!!」

提督「ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙」


5:2015/07/27(月) 01:27:58.70 ID:
戦艦寮前

島風「提督、着いたよ!」

提督「あっあっ」ボロボロ

島風「しっかりして提督!早く隠れないと磯風ちゃん来ちゃうよ!」

提督「あっあっ(そうだな、隠れよう…)」

武蔵「島風…提督もこんなところで何をしている?」

提督「お、武蔵丁度いいところに!実は訳あって磯風から逃げてるんだが部屋に匿ってくれ!頼む!」

〜大和&武蔵の部屋〜

武蔵「大和、入るぞ」

島風「部屋入るのいっちばーん!」

提督「それ白露」

大和「て、提督!?何故私達の部屋に!?」

提督「あー…それはだな」

〜状況説明中〜

大和「なるほど…状況はよく分かりましたがそれでは磯風ちゃんが可哀想です…」

提督「それは分かってるんだ…だが流石にあの料理は駄目だろ…」

武蔵「磯風の料理の出来はそんなに酷いのか。一度味わってみたいものだ」

提督「そういや、大和と武蔵はあの悲劇の時にはまだ着任してなかったんだったな.……食べてみるか?ただしそれ相応の覚悟が必要だぞ」

武蔵「この武蔵を舐めてもらっては困る!行くぞ大和、島風!出撃だ!」

大和&島風「えっ」


6:2015/07/27(月) 01:29:01.95 ID:
〜食堂〜

磯風「突然逃げ出したり、食堂に呼び出したり…一体司令は何がしたいのだ?」

磯風「(…ん?あれは武蔵と大和と島風…?司令は何処だ…?)」

磯風「三人共どうしたんだ?私は司令に呼ばれたのだが」

武蔵「そのことだが磯風、お前の料理とやらを食べてみたくなったので提督に頼んでここに呼んで貰ったのだ」

大和「(何故こんなことに…)

島風「(私は食べたくないけどね…)」

磯風「で、その司令は?」

武蔵「後に来るさ。今は腹の調子が悪いらしい(もちろん嘘だがな)」

磯風「そうなのか…では司令がいないのは残念だがこの磯風が料理を振舞おう!」

〜磯風調理中〜

大和「あの提督が恐れる程の料理…一体どれほどの料理なのでしょうか…」

武蔵「トラックでの戦いでもあんな顔はしていなかったな…恐らく比叡のカレーのように激辛だったりするのだろう。」

島風「(言えない…深海棲艦を入れてましたなんて今更言えない…)」ガグガクブルブル


7:2015/07/27(月) 01:29:59.42 ID:
〜磯風調理終了〜

磯風「皆、出来たぞ!味噌汁とカレーと刺身だ!」ドヤァ

大和武蔵島風「(…何だこれ!?)」

武蔵「い、磯風…この味噌汁のようなモノに浮かんでいるのは何だ…?」

磯風「それは1-5で撃沈した潜水カ級の髪の部分だ!ヌメヌメして美味しいらしいぞ!」

大和「い、磯風ちゃん…このお肉のようなモノは何…?」

磯風「それはリランカの港湾基地を支配していた港湾水鬼の胸だ!モチモチして美味しいらしいぞ!」

島風「このカレーに刺してある黒い塊は…?」

磯風「遠征中に遭遇した空母ヲ級の触手部分だ!美容に良いらしいぞ!」

武蔵「(まさか…)」

大和「(ここまでとは…)」

島風「い、磯風ちゃん!私お腹が痛くなってきちゃった!トイレ行ってくる!」ビューン

武蔵「なっ…!?島風!」

磯風「司令に続いて島風も腹痛とは…集団食中毒か何かか?怖いな」

武蔵「(怖いのはお前の料理だよ)」

大和「…武蔵、ここは私達大和型戦艦の意地を見せる時です」ボソッ

武蔵「あぁ、分かっているさ。」ボソッ

磯風「どうした?食べないのか?」

大和&武蔵「(では覚悟を決めて)」

大和&武蔵「いただきます!」

大和「(私は味噌汁?から食べてみます。武蔵はお刺身?を)」

武蔵「(了解した)」

大和「(とりあえず具を放置して汁を飲んでみましょうか…)」ズズッ

大和「!?」critical98!!

武蔵「大丈夫か大和!?」

大和「くっ…」

大和「こ、こんなところで…大和は…沈みま…せん」チーン

武蔵「く、くそ!大和がやられるとは…」

磯風「急に倒れてどうしたんだ?大和も腹の調子が悪かったのか?」

武蔵「(大和、お前の犠牲は無駄にはしないぞ…)戦艦武蔵!いざ参る!」パクッ

武蔵「!?」critical101!!

武蔵「(こ、この味は…)」

武蔵「(戦艦棲姫の砲撃や…戦艦レ級の雷撃よりも…)」

武蔵「つ、強過ぎる…」チーン

磯風「大和?武蔵?二人とも何故…」

磯風「気絶するほど美味しかったのだろうか…きっとそうに違いない!」

磯風「そうと分かれば皆にご馳走しよう!再び料理開始だ!」

…その後大和と武蔵は朝食を食べに来た空母陣によって無事保護された。

なお残っていた料理を好奇心から一口食べた瑞鶴が轟沈した模様


8:2015/07/27(月) 01:30:58.55 ID:
〜正規空母寮の広間~

赤城「さて、皆さん。今回の事件の件ですが」

赤城「意識を取り戻した大和さん達曰くやはり磯風ちゃんの作った料理に原因があるようです」

加賀「あのカレーと味噌汁と刺身のようなモノのことね…」

瑞鶴「 」

翔鶴「瑞鶴!!目を覚ましてずいかくううううううううう!!!」

赤城「この通り大和さん達だけではなく瑞鶴ちゃんまで…」

加賀「大和型でさえ気絶する程の味……今後意識が戻るかどうか…」

翔鶴「そんな!!」

蒼龍「きっと1時間もしたら目を覚ましますよ!ねえ飛龍?」

飛龍「えっ…そ、そうよ!多聞丸もそう言ってるし!(震え声」

翔鶴「だといいんですけど…」

赤城「とにかく、今私達に出来ることはこれ以上被害者を増やさないことです!」

赤城「という訳で今から私達で磯風ちゃんを探しましょう!」

赤城「空母起動部隊出撃!!」


9:2015/07/27(月) 01:31:50.30 ID:
〜戦艦寮 扶桑姉妹の部屋~

扶桑「幸運を追い求める会も結成して一年が経ちそうね…」

陸奥「なら結成一周年記念にパーティとかどうかしら?」

大鳳「良いですね!ローマさんとまるゆちゃんも誘っておきますね!」

山城「楽しみですね!扶桑姉様!」

扶桑「ふふ…今から楽しみね…あっそういえば」

扶桑「さっき磯風ちゃんからクッキーを貰ったの。皆で食べましょう」

陸奥「あら、美味しそうね」

大鳳「この黒いつぶつぶ…ゴマクッキーでしょうか?」

山城「とりあえず食べてみましょう」

不幸勢「では」

不幸勢「いただきます!」パクッ

…その後戦艦寮で大爆発があったのは言うまでもない


10:2015/07/27(月) 01:32:49.01 ID:
〜軽巡寮 川内型の部屋~

川内「夜戦!夜戦!」

神通「姉さん…まだ朝の10時です…」

那珂「たっだいまー!!今日はお土産もあるよー!」ガチャ

神通「那珂ちゃん、遠征お疲れ様です。」

川内「お土産って夜戦!?」キラキラ

那珂「違うよ川内ちゃん!じゃーん☆磯風ちゃんのクッキー!」

神通「(磯風ちゃんのクッキー…?確か磯風ちゃんの料理は…)」

川内「ちぇっ夜戦じゃないのか…でもクッキーもーらい!」パクッ

川内「!?」critical45!!

川内「 」

那珂「川内ちゃん!?川内ちゃあああああああん!!」

神通「早く明石さんのところへ!」


12:2015/07/27(月) 01:33:42.93 ID:
~鎮守府入口付近~

提督「さっきまで近所のネカフェに隠れていたが、磯風はいい加減諦めてくれただろうか…」

提督「ん?何だこの騒ぎは」

<キャー!!キタカミサーン!メヲサマシテー

ハ、ハラショー(気絶)>

<ソンナ!ダメデスゥ!
モウイッパイデチ…>

提督「…」

赤城「提督!お帰りになられましたか!今鎮守府が大変なんです!」

提督「それは見て分かる…原因は?」

赤城「磯風ちゃんのクッキーです」

提督「は?」

赤城「ですから磯風ちゃんのクッキーが原因です」

提督「まさか磯風の奴、作ったクッキーを配っているのか…?」

赤城「その通りです。彩雲を飛ばして探しているのですが見つからず…」

提督「ならば今すぐ放送で司令室に磯風を呼び出す!任せておけ!」


14:2015/07/27(月) 01:37:39.21 ID:
〜司令室〜

磯風「司令、帰ったのか!では早速このクッキーを司令にも…」

提督「待て磯風。一旦そのクッキーを自分で食べてみろ」

提督「(俺の推測だが…恐らく磯風は自分の作った料理を食べていない)」

提督「(だから自分が料理マズなことに気付いていないのだ…そうに違いない)」

磯風「?」パクッ

磯風「!?!???!!」critical29!!

その瞬間、磯風は全てを悟った!

今まで自分の料理を食べた者が倒れていったのは美味しさからだと思っていたがそれは間違いであり、まさかのその逆であったということを…

磯風「(こ、こんな物を私は皆に…)」

磯風「皆…すまなかった…」チーン

提督「やはり気付いていなかったか…」


15:2015/07/27(月) 01:38:44.67 ID:
〜1時間後~

磯風「う、うーん…はっ!司令!?」

提督「お、起きたか磯風」

磯風「司令、私は…」

提督「今は何も言うな磯風。それより俺が料理を教えてやる。こっちにこい」

磯風「司令が料理を…?」

その後提督にみっちりと鍛えられた磯風は次第に料理の腕も上がっていき、今では鎮守府1、2を争う料理の腕前になったのであった

…その後比叡絡みでも事件が発生するのだがそれはまた別の話である


16:2015/07/27(月) 01:40:08.26 ID:
〜司令室~

提督「磯風とケッコンしてもう一年か…色々あったなぁ…主に料理関連で」

磯風「なら記念にこの磯風がカレーを作ろう!」

磯風「(ケッコン初夜は食べた瞬間に司令が倒れてしまったが今度こそは…)」

提督「リベンジという訳か、良いだろう!期待しているぞ!」

磯風「この磯風に任せておけ!」


17:2015/07/27(月) 01:41:33.59 ID:
〜二十分後〜

磯風「出来たぞ!真•磯風カレーだ!」

提督「なんといい匂い…ではいただきます!」パクッ

提督「!?」critical999999!!

磯風「どうした!?司令!?」

提督「こ、これは…!!」

提督「お、美味し…過ぎ…る」

磯風「と、当然だ!この磯風の料理なのだからな!(口にあって良かった…)」

提督「何杯でもおかわり出来るぞ!早速おかわり!」

磯風「了解した!」

提督「今日も嫁の飯がマズい」



18:2015/07/27(月) 01:43:34.67 ID:
磯風ちゃんは料理教えたらちゃんと上達すると信じてる.....


20:2015/07/27(月) 03:30:14.81 ID:

飯マズであるかないかに関わらず作ったもんは必ず試食しろといいたい


22:2015/07/27(月) 09:17:11.11 ID:

磯風はまず食材とそうでないものの区別をつけような。


23:2015/07/27(月) 13:48:26.79 ID:
…いいからレシピ通りにやれと、メシマズの理屈は意味が解らん
とんでもない屁理屈こねくり回して頑なにレシピどおりにしないのがメシマズだからな
あいつら頭おかしい、よりにもよってそのまずいメシをうまいうまいと言いながら食ってるヤツも少なからずいる驚愕の事実




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437927840/

→→もっと艦これを読む←←