1:2015/07/19(日) 19:55:58.20 ID:
熊野「あら、提督」


熊野「熱心に何を見てらっしゃいますの?」


提督「変態これくしょん、略して変これだ」


熊野「仕事はできて、女ができないのも納得ですわね」


提督「うまくねえよ!」


熊野「大体、そんなゲームの何が面白いんですの?」


提督「ヒロイン達がまぶしいほど可愛いらしいんだ」


熊野「まぶしいのはPC画面のほうではありませんこと?」


提督「変だな、確かに画面がチカチカしてる」

熊野


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437303348

2:2015/07/19(日) 19:58:58.80 ID:
熊野「わたくし、なんだか立ちくらみが」フラッ


提督「大丈夫か?一旦、目を離したほうg・・・」クラッ


熊野「」ドサッ


提督「」ドサッ

・・・・・・・・・。
・・・・・。
・・・。


3:2015/07/19(日) 20:01:30.42 ID:

提督「熊野!起きろ」ユサユサ


熊野「ん・・・んぅぅ・・・ふぁぁ・・・」


熊野「あら?わたくしいつの間か寝てしまいましたのね」


提督「俺達、執務室にいたはずだよな」


熊野「えぇ。で、なんで山の中にいますの?」


提督「分からん」


熊野「そもそもここは、鎮守府なんですの?」


提督「分からん」


提督「だが、似ているんだ」


熊野「何にですの」


提督「ギャルゲーの舞台にそっくりなんだ」


5:2015/07/19(日) 20:04:51.46 ID:

熊野「ゲームの世界に入ってしまったとでもいいますの?」


提督「あくまで仮説だがな」


熊野「ど、どうしたら鎮守府に帰れますの!?」


提督「おそらく方法はただ一つ」


提督「全ヒロインの攻略だ」


6:2015/07/19(日) 20:08:28.26 ID:
響「ここで何をしているんだい」


熊野「きゃぁっ!?」


提督「その、少し道に迷ってしまってな」


響「ここから先は禁足地だ」


響「鬼に食われたくなければ近づかないことだね」


熊野「鬼ってどういうことですの?」


響「この島の人じゃなさそうだね」


響「着いてくるといい。家に案内しよう」


熊野「提督、この子信用していいんですの?」


提督「今はそうするしかない」


9:2015/07/19(日) 20:12:08.80 ID:
響「二人はどうしてこの島に?」


提督「ギャルゲーしてたはずが、気付けばここにいた」


響「ヤるゲー?ずいぶん卑猥だね」


提督「ギャ・ル・ゲー・な!」


熊野「泣きゲーというジャンルらしいですわ」


響「抜きゲー?やっぱり卑猥じゃないか」


提督「こいつ難聴属性だ!」


熊野「先が思いやられますわ・・・」


11:2015/07/19(日) 20:17:10.60 ID:
雷「雷よ!かみなりじゃないわ!」


電「電です。どうか、よろしくお願いいたします」


暁「暁よ。一人前のレディーとして扱ってよね!」


熊野「なんですの提督、このメンツは」


提督「いやー同僚がどうしてもって薦めてくるからなー」


提督「ロリばっかりなんて知らなかったわーマジ知らなかったー」


熊野「ありえませんわ・・・」ドンビキ


12:2015/07/19(日) 20:20:18.27 ID:
提督「さて、誰から攻略しようか」


   雷
  
  電
 
→響
   
   暁


14:2015/07/19(日) 20:23:49.00 ID:
響「これ似合うかな?」


電「とてもかっこいいのです」


熊野「でも、どうして制服を着ていますの?」


雷「明日は響が出撃する日なの!」


提督「どういうことだ、電」


暁「どうもなにも、昨日開戦したばかりなんだから」


電「深海棲艦の脅威がこの国にも迫っているのです」


電「だから人民、資源、領土を守るため、軍は反攻作戦を発令したのです」


響「沖ノ島沖艦隊決戦」


響「沖ノ島を絶対防衛ラインとして、それを押し上げるのさ」


15:2015/07/19(日) 20:27:01.59 ID:
熊野「でもどうして響が?」


雷「沖ノ島を失うと次はこの島が危ないの」


提督「軍の接収か」


暁「命令でここを出て行かされるかもしれないわ」


暁「絶対に嫌よ、私達の島を軍に明け渡すなんて」


雷「でも響の持つ天性の砲雷撃センス」


雷「それがあれば島の防衛は有利なはずよ」


響「司令官、この制服似合ってるかな?」



16:2015/07/19(日) 20:30:41.23 ID:


  「あぁ、似合ってるぞ」

 →「全く似合ってないな」



17:2015/07/19(日) 20:32:11.16 ID:
響「そろそろ脱いでもいいかな」シュン


暁「ちょっと!嘘でもいいから気をつかいなさいよ!」


熊野「それ、暗に似合わないって言ってるようなものですわ」


暁「あっ」


全員「あははははは」



19:2015/07/19(日) 20:36:56.14 ID:
響「司令官、ちょっといいかな」


提督「構わんぞ」


響「笑わないで欲しいんだけど」


提督「なんでも言ってみろ」


響「夜が怖いんだ」


響「昔、夕方に山の中で迷子になってね」


響「暮れていく陽を見ていると、今でも一人取り残されるような」


響「暗闇の何かにさらわれそうな気分になるんだ」


提督「でも海戦ともなれば夜戦だって」


響「分かってるさ」


響「戦えない兵に意味はあるのかな」


提督「それは・・・」


響「こんな話して悪かったね」スタスタ


提督「おい!響!」


20:2015/07/19(日) 20:41:23.08 ID:
熊野「そんなことがありましたのね」


提督「響のために何かできないだろうか」


熊野「出撃は明日ですのよ」


提督「それでも俺は響の力になりたいんだ」


熊野「せめて恐怖心だけでも拭えればよいのですが」


提督「それだ!」


熊野「え?」


提督「現時刻をもって対暗闇撃滅作戦を発令する!」


提督「総員、ヒトハチマルマルに庭へ集合!」ニヤリ


熊野「はい?」


21:2015/07/19(日) 20:42:38.24 ID:

響「司令官、これは?」


提督「見てのとおり、バーベキューだ」


熊野「あら、このお肉なかなか上品な味ですわね」


暁「もう!暁が焼いたの取らないでよね!」


雷「暁、ニンジン焼けたわよ!」


電「ナスとピーマンもよそってあげるのです」


暁「あぁー!野菜はいらないっていったでしょ!」

ワイワイギャーギャー


響「ふふっ」


響「暁、お皿のお肉にレモン汁かけておいたよ」


暁「ぴゃぁぁぁぁああああ、響がいじめるー」


提督「どれ、俺もいただくとするか」


22:2015/07/19(日) 20:45:45.58 ID:
熊野「ふぅ、もう食べられませんわ」


電「おなかいっぱいなのです」


提督「なにいってるんだ、夏の夜はこれからだぞ」


雷「今度は何をしてくれるのよ」


提督「廃校に行くぞ、肝試しだ」


暁「ぴゃぁぁぁぁああああ」


提督「2人ずつペアを作るんだ」


提督「そうだな、俺は・・・」



23:2015/07/19(日) 20:47:39.36 ID:
  

  雷
   
  電

 →響

  暁

 熊野


24:2015/07/19(日) 20:51:01.60 ID:
提督「響、ついてこい」グイッ


響「ハラショー」スタスタ


熊野「お二人ともいい雰囲気ですわね」


雷「若いっていいわねー」ウンウン


電「雷、おばさんくさいのです」


暁「えっ、えっ、選ばれなくてもへっちゃらだし」


25:2015/07/19(日) 20:55:01.36 ID:
響「なかなか雰囲気のある建物だね」


提督「怖いか?」


響「少し」


響「でも司令官となら・・・嫌いじゃない」


提督「そいつは光栄だ」


響「暁、だいぶ怖がってたけど、女の子をいじめるのが趣味なのかい」


提督「肉にレモン汁かけたやつに言われたくないな」


提督・響「プッ、あははははは」


響「もしかして、今日は私のためにこんなイベントを?」


提督「バレたか。夜も怖いことばかりじゃないだろ?」


26:2015/07/19(日) 20:56:00.56 ID:
響「知らなかったよ」


響「夜がこんなにあたたかいとはね」

チュッ


提督「!」


響「ところで司令官の手は、あたたかいな」


響「もう少しだけ、このままで構わないかい?」


提督「もちろんさ」


【HAPPY END】



27:2015/07/19(日) 20:56:33.13 ID:
提督「さて、誰から攻略しようか」

   雷

   電

  →暁


34:2015/07/23(木) 20:08:41.59 ID:
提督「ふあぁ、もうだいぶ陽が高いじゃないか」


提督「少しばかり寝すぎたか」


ぴゃぁぁぁああああ


提督「朝から元気な奴だな」


暁「司令官のばかばかばか!なんで起こしてくれないのよ!」


提督「レディの一日は礼に始まり礼に終わるものだぞ」


暁「お、おはようくらいちゃんと言えるし」


提督「うむ、おはよう」


暁「って、そうじゃなくて!」


暁「昨日の約束忘れたの?」


提督「昨日?」

・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。


35:2015/07/23(木) 20:11:55.83 ID:
響「明日は、今年きっての猛暑日だそうだ」


熊野「では家でおとなしくしてたほうがよろしいですわね」


暁「嫌よ。雨続きだったし、遊びに行くんだから」


電「熱中症にかかったら大変なのです」


雷「塩分を摂れば、外でもいいじゃない」


響「私は涼しいところで過ごしたい」


暁「司令官は外で遊びたいわよね?」


電「司令官さんも家で涼みたいに決まっているのです」


36:2015/07/23(木) 20:15:21.96 ID:
提督「そうだな・・・」


→「みんなで遊びに行こう」
  
 「今日はのんびりしたい」


37:2015/07/23(木) 20:18:40.34 ID:
暁「当然よ!」


熊野「わたくしは遠慮させていただきますわ」


提督「まぁ聞け」


提督「現時刻をもって河川棲艦鹵獲作戦を発令する!」


雷「へ?」


響「なるほど、川で遊べば家より涼める」


提督「60点」


提督「ヒントは旬の魚だ」


暁「鮎ね!」


電「塩焼きにすれば塩分も摂れるのです」


熊野「全く・・・作戦指揮だけは頭がまわりますのね」


38:2015/07/23(木) 20:21:39.38 ID:
電「さっそく、納屋から網を探すのです」


雷「水着も忘れずにね」


響「暁、さすがにビキニは・・・」


暁「サイズが大きすぎないかって?」


暁「丁度いいに決まってるじゃないっ」プンスカ


提督「計画通り」ニヤリ


熊野「なにか嫌らしい視線を感じますわ」ジトッ

・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。


39:2015/07/23(木) 20:24:57.36 ID:
提督「くそっ!昨日のデータからリプレイだ!」


暁「ふぇー!もうみんないないしぃ!」グゥー


暁「///」


提督「レディのためにも、遅めの朝食と洒落込むか」ニヤニヤ


提督「ふぅ。食った食った」


暁「って、もうお昼じゃないのよ!」


40:2015/07/23(木) 20:27:55.30 ID:
提督「(暁と二人きりか。せっかくだから・・・)」


→「デートしよう」
 
 「愛について語り合おう」


41:2015/07/23(木) 20:31:01.07 ID:
暁「で、でででで、デートですって!?」


提督「あぁ。山中もいろいろ知りたいからな」


暁「・・・別に期待したわけじゃないんだから」


提督「ん?何か言ったか?」


暁「もう!許さないんだから」プンプン

・・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。


42:2015/07/23(木) 20:34:32.39 ID:
暁「おおかた、こんなところよ」


提督「あの神社によくついてる、ギザギザの紙はなんだ?」


暁「禁足地よ。あなたみたいな余所者が入らないようにしてるの」


提督「また禁足地・・・か」


提督「暁、あれから先は何があるんだ」


暁「司令官には関係ないんだから」


43:2015/07/23(木) 20:38:00.76 ID:

提督「ほほう・・・」

  「郷に入りては郷に従えか」

 →「ホントは知らないんじゃないのか?」


44:2015/07/23(木) 20:40:57.93 ID:
暁「なっ!別に知らないわけじゃないんだから」


提督「無理すんな無理すんな」


暁「響の作った警告に決まってるじゃない!」


提督「な、なんだってー(やっと調子が出てきたな)」


暁「この付近はマツタケの群生地なの」


暁「だから私達を近づけないための創作に決まってるわ」フンス


提督「ま、言い伝えも蓋を開ければそんなもんか」


暁「な、なによ強がっちゃって」


提督「じゃあせっかくだし、あそこの洞窟を探検して遊ぼう」


暁「ぴゃっ!?」



45:2015/07/23(木) 20:44:32.16 ID:
暁「ずいぶんと涼しいところじゃない」


提督「あぁ、さっきまでの暑さが嘘のようだ」


暁「セミも鳴きやんじゃったわね」


提督「静かなもんだな」


提督「(不気味なほどに、な)」


暁「ずいぶん暗いわね」


ドボォン

・・・・・・。


暁「ちょっと司令官?返事くらいしなさいよね」


提督「暁!そこを動くな!」


暁「司令官!?どこなの?」


46:2015/07/23(木) 20:47:31.91 ID:
提督「すまない。どうやら地底湖に落ちてしまったようだ」


→ 「水温が低い。すぐに助けを呼んでくれ」

  「俺は大丈夫。まずは落ち着くんだ」


47:2015/07/23(木) 20:50:53.97 ID:

暁「た、助けを呼べばいいのね」ダッシュ


暁「ここを右から来たはずよ」


暁「行き止まり!?どうしてよ!」


暁「急がないと日が暮れちゃうわ」


グゥゥウウウウウウウォォォォォォォォオオオオオオオオ


暁「きゃあっ!?」


暁「(今、洞窟が揺れたわよね)」


暁「(それにさっきの声。まるで鬼が吠えたような・・・)」ゾッ


48:2015/07/23(木) 20:55:04.45 ID:
暁「そうよ!風の吹いてる方向に行けばきっと・・・」


暁「やった!光が見えるわ」


暁「えっ、天井の隙間から差してるだけじゃない」


暁「それに道が5つもあるし」


暁「もうだめ・・・おなかが空いて歩けないわ・・・」


暁「ふぇぇ、響、雷、電、助けに来なさいよぉ」


49:2015/07/23(木) 20:56:45.18 ID:
・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。


50:2015/07/23(木) 20:59:01.28 ID:

電「暁も司令官も帰ってこないのです」


熊野「置いて行ったから、ひねくれたに違いありませんわ」


雷「できたわよ!鮎の天ぷらに塩焼き、お刺身もあるわ」


響「ハラショー。でも司令官と暁を待つとしよう」


電「早くみんな揃ってご飯を食べたいのです」


【BAD END】


51:2015/07/23(木) 20:59:33.01 ID:
提督「さて、誰から攻略しようか」

   雷
   電
  →暁


56:2015/07/24(金) 20:30:58.53 ID:
暁「ちょっと司令官?返事くらいしなさいよね」


提督「暁!そこを動くな!」


暁「司令官!?どこなの?」


57:2015/07/24(金) 20:31:43.58 ID:

提督「すまない。どうやら地底湖に落ちてしまったようだ」



「水温が低い。すぐに助けを呼んでくれ」

  →「俺は大丈夫。まずは落ち着くんだ」


58:2015/07/24(金) 20:32:52.13 ID:
暁「ふぇぇ、無事でよかったぁぁぁ」


提督「泣くのはまだだ、行動あるのみっ!」ヒュンッ


暁「きゃあっ!なんなのよもう」パシッ


提督「俺の話をよく聞くんだ」


提督「その懐中時計も持っていけ」


59:2015/07/24(金) 20:36:40.72 ID:
暁「とにかく日の差す場所を探すのよね」


暁「やった!光が見えるわ」


暁「天井の隙間から西日が差してるじゃない」


暁「確か、時計の短い針を・・・」


(提督「まず短針に太陽の方角を合わせる」)


(提督「次に12時と短針の間を見るんだ」)


(提督「そこが南を指す。俺達の入ってきた方向だ」)


暁「えっへん!待っててね司令官」


・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。


60:2015/07/24(金) 20:39:31.25 ID:
雷「もう、二人とも心配したんだから」


響「暁、レディならもっと慎みを覚えたらどうだい」


提督「響の言うとおりだぞ、暁」ハフックチャクチャ


提督「雷―、鮎の天ぷらおかわり!抹茶塩でな」


熊野「て い と く は反省なさい」ギュゥゥ


提督「アバババ・・・正直すまんかった」


暁「ふえぇ、司令官・・・私レディー失格ね」


61:2015/07/24(金) 20:41:54.13 ID:
提督「心配するな・・・」


 「いつだって俺がエスコートしてやる」

→「あの熊野だって、レディーのはしくれだ」

 「暁最高」


62:2015/07/24(金) 20:44:57.46 ID:
暁「どういうことなのよ」


提督「エステだのローズヒップティーだの言ってるが所詮は貧乳」


提督「だから暁にも十分な素質が・・・」


熊野「て い と く は猛省なさい」ギュゥゥ


提督「アバババ・・・正直すまんかった」


63:2015/07/24(金) 20:47:43.08 ID:

電「でも今日くらいは、私達に甘えてほしいのです」


雷「そうよ!もう勝手にいなくなっちゃダメよ!」


暁「し、し、しょうがないわね」


暁「今夜だけは頭をなでなでしてもいいんだから///」


雷「そうそう。暁こそ最高ね!」キュンッ


電「暁最高なのです」キュンッ


響「暁は最高だね」キュンッ


熊野「暁、最高でしてよ」キュンッ



64:2015/07/24(金) 20:50:31.01 ID:
提督「つまり・・・」


 「いつだって俺がエスコートするさ」

 「あの熊野だって、レディーのはしくれだ」

→「暁最高」


65:2015/07/24(金) 20:54:17.22 ID:
提督「みんな、今夜は暁の頭を大いになでなでしてくれ!」


雷・電・響・熊野「いやっほぉぉぉぉぉぉぅ!!暁最高―――――!!!」


提督「エビバディセイッ!」


雷・電・響・熊野「暁最高―――――!!!」


提督「ラブアンドピースッ!」


雷・電・響・熊野「暁最高―――――!!!」


暁「どう考えても、暁が最高ってことよね!」フンス


【いやっほぉぉぉぉぉぉぅ!!暁最高――――――!!!END】


66:2015/07/24(金) 20:55:01.50 ID:
提督「さて、誰から攻略しようか」

  →雷

   電


70:2015/07/25(土) 20:33:32.96 ID:
雷「はぁ、今月も赤字だわ」


熊野「あら、何を悩んでいますの」


響「私達の家計は雷に任せてるんだけど」


雷「最近かぶの調子が悪すぎるのよぉ」


提督「そうか?雷の作ったかぶの漬物は絶品だったぞ」


提督「雷の手が浸かってる時点で丼10杯はイケる」


熊野「提督こそ地底湖に浸かって頭を冷やしてはいかがですの?」


71:2015/07/25(土) 20:40:58.11 ID:
雷「株よ!蕪じゃないわ!」


暁「雷は、すとっくほるだーなのよ!」エッヘン


熊野「株で生活していらしたの!?」ガーン


提督「実は、雷ってめちゃくちゃ頭いいんじゃないのか」ガガーン


電「こんな島では他に収入源がないのです」



72:2015/07/25(土) 20:49:37.17 ID:
雷「先々月までは、配当の大きい優良株があったのよ!」


響「でも明石造船が軍に接収されてから」


響「世間で開戦の噂が広がり、市場が冷え込んだのさ」


暁「戦争なんか起こるはずないわよ」


熊野「確かに、重く考えすぎだと思いますわ」


提督「だが、万が一開戦すれば・・・」


提督「どうなるんだ?」


73:2015/07/25(土) 20:54:34.67 ID:
雷「そこなのよっ」


雷「何が天井か底値か全然読めないわ」


暁「司令官、なんとかしなさいよね!」


74:2015/07/25(土) 20:58:52.34 ID:
提督「分かった。・・・」


  「俺に任せとけ」

→「熊野、後は任せた」


75:2015/07/25(土) 21:07:23.94 ID:
熊野「な、何をおっしゃいますの!?」


響「お得意の作戦命令はどうしたんだい、司令官」


提督「俺は経済に関してはズブの素人」


提督「敵の土俵に上がらんのは兵法の基本だ」


熊野「もっともらしいこと言って誤魔化さないでくださる?」


響「司令官、大丈夫か?」


提督「(神戸生まれだし)大丈夫だろ」


雷「熊野さん、これで家計が助かるわ」キラキラ


熊野「なんか、もう・・・断れないですわ」


雷「で、くまのんはどう考えるのよっ」


76:2015/07/25(土) 21:13:25.86 ID:
熊野「おそらく・・・」

  「開戦しますわ」

→「開戦はありえませんわ」


77:2015/07/25(土) 21:13:56.71 ID:
電「世間でもその考えが一般的なのです」


雷「そうね!深海棲艦なんて存在しないわよ!」


暁「やっぱり一人前のレディーはかっこいいわね」キラキラ

・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。


78:2015/07/25(土) 21:19:42.82 ID:
『!告布戦宣へ艦棲海深に遂・國帝』

『果戦大の々赫に島ノ沖・-シバ』


雷「・・・・・・」


暁「・・・・・・」


熊野「・・・・・・」


響「見事に売りが殺到してるね」


電「・・・・・・もう身売りでもするしかないのです」


響「司令官、本当に行くのかい?」


提督「何で俺に行かせようとしてんの!?」


79:2015/07/25(土) 21:27:58.25 ID:
雷「あはは・・・200円も借金ができちゃったわ」


提督「うーん、新兵の初任給でも11円か」


熊野「わたくし、もう一度チャンスをいただきたいですわ」


電「でも期日までに払えないと司令官のお尻が大変なのです」


響「大丈夫。失うものはもう司令官のお尻だけだよ」


雷「そうそう。私がいるじゃない!」


熊野「承りましてよ」


熊野「重巡熊野、推参いたします!」


提督「らめぇぇぇぇぇぇぇええええええ!」


雷「とりあえず天井・底値の株をリストアップしたわ!」


80:2015/07/25(土) 21:29:13.58 ID:
熊野「ではわたくしはこの株を・・・」


愛宕乳業   82円

島風被服   61円

大鳳ガス   92円

→龍鳳硫曹   10円

 19製粉    44円


81:2015/07/25(土) 21:36:26.64 ID:

提督「暁が噛みそうな社名だな」


雷「それ、この間不祥事があったところじゃない!」


熊野「だからこそ安くたくさん買えますのよ」


熊野「加えて、軍に火薬や染料を納入していますわ」


電「でも、原料の輸入は未だ止まっているのです」


雷「おかげで製造増産が追い付かないのよ?」


熊野「えぇ。軍が制海権さえ取れば値上がりも期待できるのですが」



82:2015/07/25(土) 21:42:12.32 ID:
響「軍の訓練はとても厳しいものだった」


響「あの精鋭が本当に深海棲艦に負けるとは思えないな」


提督「確かに新聞を見る限り、連勝はしてるようだが」


熊野「決めましてよ。買って買って買いまくりますわ!」


・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・。
・・・。


83:2015/07/25(土) 21:47:34.91 ID:
暁「やっと終戦ね」


響「軍としては辛勝といったところかな」


提督「株価はどうなんだ?」


雷「じわじわと上がってるわっ!」


電「でも200円には程遠いのです」


提督「この株、どうするんだ?」



84:2015/07/25(土) 21:52:35.51 ID:
熊野「もちろん・・・」


  「今のうちに売りますわ」

→ 「まだ持ち続けますわ」


85:2015/07/25(土) 21:53:17.61 ID:
雷「そうよ!一発逆転の日は近いわっ」


提督「(一発逆転とか言ってる家主ってなんかやだな)」
・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。


86:2015/07/25(土) 21:59:07.30 ID:
響「ついにお尻の期日だね」


電「司令官さんのことは忘れないのです」


提督「そういうのやめよう?な?な?」


雷「あっー!くまのん見て!」


熊野「あっー!龍鳳硫曹が214円になってますわ!」


電「はわわ、大儲けなのです」


響「戦後インフレ・・・本当にきたんだね」


87:2015/07/25(土) 21:59:46.50 ID:
熊野「まだですわ」


雷「へっ?」


熊野「まだ相場は天井じゃありませんわ」


熊野「儲けを元手に、買って買って買いまくりですわ!」


88:2015/07/25(土) 22:01:17.07 ID:
提督「熊野の予想は当たり、市場は相場700円の狂乱相場となった。


   神戸生まれってすごい。


   改めてそう思った。


   二人は『熊野・雷証券』を設立し、今やその会社を知らない者はいない。


   俺はといえば、雷の『司令官、私がいるじゃない!』の一声でケッコン(仮)した。


   雷に養われる生活も意外と悪くない」



雷「そうそう。もーっと私に頼っていいのよ!」


【ヒモEND】


89:2015/07/25(土) 22:01:57.42 ID:
提督「さて、誰から攻略しようか」

→電


94:2015/07/26(日) 21:02:59.84 ID:
電「ちょっと井戸水を汲んでくるのです」


熊野「わたくしもご一緒しますわ」


提督「なんだ、それくらい俺に任せてくれていいぞ」


熊野「レディに重いものを持たせるなんてありえませんわ」


熊野「早く持ってくださいませんこと」


提督「はあ?電に言ったに決まってるだろ」


電「大丈夫なのです」


電「熊野さんといられるなら、これ位平気なのです」


提督「無理はするなよ」スタスタ


熊野「ちょっと!わたくしの水は!?」


95:2015/07/26(日) 21:08:53.32 ID:
電「今夜はカレーを作るのです」


熊野「わたくしもお手伝いいたしますわ」


提督「電、カレーくらいなら俺も力になるぞ」


電「ありがとう、なのです」


電「でも今日は熊野さんと作りたいのです」


熊野「そうですわ。台所は男子禁制」


熊野「提督はあっちへ行ってらして」



96:2015/07/26(日) 21:16:15.12 ID:
熊野「電、一緒にお風呂に入りませんこと?」


電「なのです!」


熊野「わたくしが直々に洗って差し上げますわ」


電「はわわ!?そこは恥ずかしいのです」

キャッキャウフフ

提督「・・・・・・」


97:2015/07/26(日) 21:26:40.69 ID:
提督「ずいぶん電と仲がいいんだな」


熊野「わたくし、一目見た時から電のことをお慕いしていましたわ」


熊野「そして、マリアナ海溝より深い絆で結ばれましたの」


提督「は?」


熊野「電は心も体もわたくしのものですわ」


提督「まてまてまて!」


98:2015/07/26(日) 21:31:59.31 ID:
提督「俺はショートケーキの苺は最後に取っとくタイプなんだ」


提督「だから電を残しておいたんだぞ」


提督「この狼藉、断じて許すわけには・・・」


熊野「あら電、タイが曲がっていてよ」クイッ


電「はわわ、ありがとう・・・なのです」


熊野「それと、わたくしのことはお姉さまとお呼びなさい」


電「あの・・・、あ、あのっ!・・・熊野お姉さま///」


提督「あら^~ 」


【百合END】


99:2015/07/26(日) 21:34:04.46 ID:
提督「ここでの生活にもだいぶ慣れてきたな」


熊野「田舎暮らしも悪くありませんわね」


提督「でもそろそろ潮時だな」


熊野「提督?」


提督「帰ろう。俺達の鎮守府に」


100:2015/07/26(日) 21:38:41.11 ID:
熊野「さっきから、潮時とか鎮守府とかなんのことですの?」


提督「あーあ。今の、鈴谷が聞いたらなんて言うかなぁ」


熊野「この島に、鈴谷・・・さんという方はいませんわ」


提督「熊野、冗談はそのへんに・・・」


提督「まさか鈴谷のことを覚えてないのか?」


101:2015/07/26(日) 21:42:57.59 ID:

提督「鈴谷といえばやっぱり・・・」


提督「・・・・・・!?」


提督「(なんだ?頭にもやがかかってるみたいだ)」


提督「(名前以外、何も思い出せない!!)」


提督「(そもそも、俺はいつからここにいるんだ?)」


提督「チッ・・・長居が過ぎたようだな」


102:2015/07/26(日) 21:46:07.42 ID:

提督「すぐ荷物をまとめろ!」


暁「ちょっと司令官?」


雷「こんな時間にどこへ行くのよ」


提督「島を出るんだ」


提督「今まで世話になったな」


電「・・・い・・・です」


熊野「なんですの?」


103:2015/07/26(日) 21:53:30.96 ID:
電「帰さないのです」ニタァ


雷「そうよ。私がいるじゃない」ニヤニヤ


暁「くまのんも、こっちへ来なさいよね」ガシッ


熊野「きゃぁっ!な、何をするんですの!?」


提督「走れ、熊野!」グイッ


104:2015/07/26(日) 21:54:03.86 ID:
提督「さて、誰から攻略しようか」

→ 熊野


108:2015/07/28(火) 20:03:28.38 ID:
熊野「ここは確か」


提督「俺達が響と会った場所だ」


提督「ここなら帰り方も分かると思ったんだが」


響「島の客人はみなせっかちだね」


熊野「きゃぁっ!」


響「今までだってそうだ」


109:2015/07/28(火) 20:07:29.42 ID:
提督「俺達以外に人がいたというのか?」


響「ときどきこの辺に現れるんだ」


響「そして山に登ったが最後、二度と姿を見せない」


響「ただそんな日には、決まって山が震えるんだ」


熊野「山には何がありますの?」


響「分からない」



110:2015/07/28(火) 20:11:32.86 ID:
提督「じゃあ禁足地というのは」


響「暁たちを近づけないためさ」


提督「俺は山に登る」


熊野「正気ですの?」


提督「響達のためにも、解き明かしたいんだ」


提督「この島の秘密をな」


響「私の話を信じるのかい?」



111:2015/07/28(火) 20:16:10.05 ID:
提督「響のことは・・・」


 →「信頼してるよ」

  「信頼できない」


112:2015/07/28(火) 20:16:54.63 ID:
提督「じゃあな、響」


響「山のふもとに港がある」


熊野「!」


響「朝日が昇るまでに来てほしいんだ」


提督「約束する」

・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。


113:2015/07/28(火) 20:22:50.95 ID:
熊野「ずいぶん変わった地形ですのね」


提督「ところどころ地面がえぐれてるな」


熊野「それにこの辺りだけ木々が根こそぎ折れてますわ」


提督「本当に鬼の仕業なのかもな」


熊野「やめてくださる?・・・あっ」


提督「だから足元には気をつけろって・・・!?」



114:2015/07/28(火) 20:23:18.57 ID:
提督「地面から何か突き出てるな」


熊野「金属のプレート、ですの?」


提督「見ろ」


提督「あそこにも、向こうにも生えてる」


熊野「この形、見覚えがありますわ」


提督「俺も工廠で似たようなのを見たな」


提督・熊野「・・・・・・」


熊野「提督、この島はもう・・・」


提督「・・・響のもとへ急ごう」


・・・・・・・・・。
・・・・・・。
・・・。


115:2015/07/28(火) 20:26:22.60 ID:
響「不発弾だって?」

提督「深海棲艦のものだろう」


響「山の震え・・・帰らぬ客人・・・見事だね司令官」


熊野「響も早く船に乗ってくださいまし!」


響「私はここに残るよ」




116:2015/07/28(火) 20:30:14.66 ID:
提督「バカ言え!」


熊野「残りが爆発すれば島が土砂に覆われますのよ!」


響「バカなのは承知さ」


響「でもここは私達が長年過ごしてきた、大切な島なんだ」


響「だから最後の時まで姉妹一緒に過ごしたい」


響「ダスビダーニャ、司令官」



117:2015/07/28(火) 20:33:44.00 ID:
熊野「こんなのってあんまりですわ」グスッ


提督「響の決めたことだ」


熊野「ちょっと!そんな言い方!」


提督「・・・・・・」


熊野「提督?泣いてますの?」


提督「いや、潮風が目に染みただけだ」


熊野「鈴谷に笑われますわよ」ギュッ


提督「熊野、思い出したのか」


提督「帰ろう。俺達の鎮守府に」ダキッ


【TRUE END】


118:2015/07/28(火) 20:38:30.31 ID:
熊野「帰ってきましたの?」


提督「そのようだな」


鈴谷「ちーっす!」


鈴谷「提督―、鈴谷と昼ごはんってあれ?」


鈴谷「二人とも抱き合ってナニしてるの?」


熊野「なっ///わたくし部屋に戻りますわ!」


提督「鈴谷、お前というやつは・・・」


119:2015/07/28(火) 20:41:47.64 ID:

鈴谷「ん?提督、PCゲームなんてするんだ」


提督「おい、それに触っちゃ・・・」


鈴谷「えいっ」


カチッ

カチッ カチッ


鈴谷「提督―、このディスク壊れてるよー」


提督「はぁ・・・もう言い返す気力も出ない」


120:2015/07/28(火) 20:44:30.71 ID:
鈴谷「ん?」


鈴谷「変これエクスタシー(R-18)?提督やらしー」


提督「ああああああああ!?それ、マジでダメなやつだから!」


鈴谷「もうPCに入れちゃったもんねー」


鈴谷「えいっ!」カチッ





121:2015/07/28(火) 20:45:19.56 ID:
鈴熊とヌメヌメしたい
HTMLスレで愛宕乳業の株買ってきます





SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437303348/

→→もっと艦これを読む←←