1:2015/07/29(水) 10:16:10.69 ID:
渋谷凛「あんたがいるからね、そこそこ楽しいよ」

武内P「そうですか、よかったです」

渋谷凛「それだけ?」

武内P「それだけとは?」

渋谷凛「あんたと一緒にいて楽しいって言ってるんだよ?」

武内「・・・私も楽しいですよ、これからもお仕事頑張りましょう」

渋谷凛「いや、そうじゃないくて!もっと他に言いようがあるでしょ!」

武内P「他にですか?今日も髪がきれいですね」

渋谷凛「いい天気ですねばりにどうでもいい」

武内P「困りましたね」

渋谷凛「アンタ、本当に分からないの?それともとぼけてる?」

武内P「・・・頑張ります!・・・?」

渋谷凛「そう、アンタは私より卯月のほうがいいんだ」

渋谷凛116


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438132570

4:2015/07/29(水) 10:27:38.25 ID:
武内P「そ、そんなことはありません」

渋谷凛「私の目を見て」

武内P「すみません、私の命を狙ってる獣と目を合わせるのはちょっと」

渋谷凛「ブツよ?」

武内P「すみません、これから渋谷凛プロジェクト、通称しぶりんの企画書を・・・」

渋谷凛「ふーん、そんなに私をみんなに見てもらいたいんだ」

武内P「はい、渋谷凛は私が育てたと妹に自慢したいです」

渋谷凛「そっちなんだ」

武内P「そっちとは?」

渋谷凛「シスコン」

武内P「シスコンではありません、本物の愛です」

渋谷凛「ちょっとなに言ってんの」

武内P「昔、一緒にお風呂に入ったときにプロポーズしたらOKしてくれました」

渋谷凛「それって、あんた・・・」

武内P「妹に電話すると照れて電話に出てくれません」

渋谷凛「そ、そう・・・」


6:2015/07/29(水) 10:35:49.54 ID:
武内P「だから、最近とてもつらいんです」

渋谷凛「・・・だったらさ」

武内P「一人風呂が寂しいんです」

渋谷凛「私が一緒に・・・」

武内P「新田さんに相談したら、試しに私と一緒にといってくれたので試して見ました」

渋谷凛「はっ!?」

武内P「新田さんの体はとてもバランスが整っていて、私は直視出来ませんでした」

渋谷凛「そ、そうなんだ、私だって負けないと思うよ、だから・・・」

武内P「やはり妹にはかなわないので次に諸星さんに相談しました」

渋谷凛「あんた、バカじゃないの」

武内P「巨体同士、風呂どころじゃありませんでした」

渋谷凛「だろうね」

武内P「仕方がないので、妹とやった洗いッ子しました、気持ちよかったです」

渋谷凛「もうあんたなんか知らない」

武内P「渋谷さん、何を怒っているのですか?」


7:2015/07/29(水) 10:47:10.83 ID:
渋谷凛「私、アイドル辞めるから」

武内P「そ、それは・・・本気ですか?」

渋谷凛「本気だから、もうアンタの顔なんて見たくない」

武内P「もう一度、考えてみてもらえませんか?」

渋谷凛「・・・どうして、私のことスカウトしたの?」

武内P「それは言えません」

渋谷凛「分かった、本当に辞める、引き留めても無駄だから」

武内P「そういわずに一緒に頑張っていきましょう」

渋谷凛「しつこい」

武内P「・・・一晩だけよく考えてみてください、今辞めるはもったいないです、それに・・・」

渋谷凛「妹さんに渋谷凛は私が育てたが出来なくなるからでしょ」

武内P「はい、みんなは妹のために、妹は妹のために!ハイル妹!」

渋谷凛「・・・もう妹さんをアイドルにすればいいよ」

武内P「・・・すでに765プロでアイドルやってます」

渋谷凛「え?本当に?」


9:2015/07/29(水) 10:53:18.25 ID:
渋谷凛「誰?私のライバルは誰?」

武内P「そ、それは言えません」

渋谷凛「ブツよ?」

武内P「やめてください」

渋谷凛「なら、いいなさい、誰なの?」

武内P「なぜ、そこまで私の妹のことを・・・まさか」

渋谷凛「うん、たぶんそれで当たってるよ」

武内P「・・・すみません、妹を渋谷さんの餌食には出来ません」

渋谷凛「ちょ、ちょっと何誤解してんの」

武内P「代わりに私が・・・」

渋谷凛「・・・え?いいの?本気?」

武内P「はい、妹のためです」

渋谷凛「理由は納得出来ないけど、嬉しいよ」

武内P「喜んでもらえて嬉しいです」


10:2015/07/29(水) 11:00:57.01 ID:
渋谷凛「あ、お父さん、うん、私、これからP連れて行くから」

渋谷凛「え?寿司取るの?そこまでしなくても?私の大事な人だから・・・そうだけど」

渋谷凛「うん、少し時間潰してから連れて行くから、準備しておいて」

武内P「渋谷さん?」

渋谷凛「あ、ごめん、今お父さんに電話してた」

武内P「はい、そうみたいですね。いきなりどうしたんですか?」

渋谷凛「お父さんにアンタのことを紹介するから、これから」

武内P「ご挨拶ならこの間しましたが・・・またですか?」

渋谷凛「まただよ。今度はちゃんと私をくださいってお願いするんだよ」

武内P「・・・それなら」

渋谷凛「まさか・・・」

武内P「前川さんのご両親に挨拶した時に一度しました」

渋谷凛「アンタ・・・」

武内P「大反対だった前川さんのご両親が応援してくれるようになりました」




11:2015/07/29(水) 11:08:43.53 ID:
渋谷凛「・・・決めたから」

武内P「何をですか?」

渋谷凛「あんた貯金ある?」

武内P「貯金ですか?数千万ほどキャッシュで」

渋谷凛「・・・アンタ、給料どんだけもらってるの」

武内P「一応、他のアイドルグループの曲を作詞作曲してますから、印税が定期的に・・・」

渋谷凛「アンタにそんな能力が・・・」

武内P「あと株と先物とFXを暇見て」

渋谷凛「あきれた・・・」

武内P「私の貯金はあげませんよ?」

渋谷凛「もらわなくても私のものだよ」

武内P「どういうことでしょうか?」

渋谷凛「そのうち分かるよ、それより行くところが出来たから行くよ」

武内P「今からですか?」

渋谷凛「そう、今からだよ、印鑑持ってるね?」

武内P「はい」


12:2015/07/29(水) 11:16:58.28 ID:
不動産屋「ご契約ありがとうございます」

渋谷凛「うふふ、いいマンション紹介してくれてありがと」

武内P「あの渋谷さん、なぜ私がファミリー向けマンション買ったのでしょうか?」

渋谷凛「私とアンタ、これから一緒に暮らしていくんだよ」

武内P「えっと、それは?」

渋谷凛「武内夫妻としてこれから一生一緒に生きていくの」

武内P「ちょっと待ってください」

渋谷凛「もうキャンセルは出来ないよ」

武内P「そうではありません、すでに神崎さんと同様な約束を・・・」

渋谷凛「信じられない、蘭子はまだ中学生だよ?」

武内P「知っています、神崎さんが泣きながら頼まれたものでつい・・・」

渋谷凛「ついでそんな約束するんだ」

武内P「はい、私の人生はついで突き進んで来たもので」

渋谷凛「・・・誰にも負けないんだから」


13:2015/07/29(水) 11:22:35.69 ID:
渋谷凛「マンション買ったから、次は家具を買いに行くよ」

武内P「家具ですか?」

渋谷凛「ここでいいや」

武内P「ニトリはちょっと・・・」

渋谷凛「生活が落ち着いてきたら買い直せばいいよ」


渋谷凛「そろそろうちに行くよ」

武内P「はい、ご両親に挨拶するのはいつも緊張します」

渋谷凛「アンタの両親になるんだから、早く慣れるといいね」

武内P「だと、いいんですが」

渋谷凛「大丈夫だよ」

武内P「お待たせするのは悪いのでタクシーでお伺いしましょう」

渋谷凛「うん」


14:2015/07/29(水) 11:26:06.35 ID:
渋谷母「あらあら、いらっしゃ」

武内P「お邪魔します」

渋谷母「相変わらず大きいわね」

武内P「まだまだ大きくなってますよ」

渋谷母「子供が楽しみね」

武内P「諸星さんと相談したんですが、子供が生まれたらオランダに移住しようかと相談を・・・」

渋谷凛「アンタ!」

武内P「何か?」

渋谷凛「余計なこと言わない」

武内P「そうでした三村さんから気安く好きだって言わないように言われてました」

渋谷凛「また・・・」


15:2015/07/29(水) 11:34:40.03 ID:
渋谷父「やーやーいらっしゃ、バラ食べる?」

渋谷凛「お父さん!」

渋谷父「冗談だよ、寿司が届いてるから食べよじゃないか」

渋谷凛「うん、さ、食べよう」

武内P「私がいただいてよろしいのでしょうか?」

渋谷凛「いいんだよ、遠慮しなくていいよ」

武内P「そうですか、ならいただきます・・・えっとわさび抜きで」

渋谷凛「もう手遅れだって、うちはわさび入りがデフォだよ」

武内P「そうですか・・・」

渋谷凛「落ち込まないで」

武内P「すみません」

渋谷凛「私がわさび取ってあげるからさ」

武内P「本当ですか?」

渋谷凛「アンタと一緒に食べたいからね」

渋谷父「母さん、凜がしっかりとお嫁さんしてるよ」

渋谷母「はい、お父さん」


16:2015/07/29(水) 11:42:14.08 ID:
武内P「こ、これは穴子ですね」

渋谷凛「うん、ここの穴子はおいしいよ」

武内P「ボロボロ」

渋谷凛「ちょっと、どうしたの?」

武内P「甘エビがうまい」

渋谷凛「・・・よかったね」

武内P「あ、わさび食べてます」

渋谷凛「だね、私と一緒」

武内P「はい」

渋谷凛「ねえ」

武内P「何ですか?」

渋谷凛「はい、口開けて?」

武内P「・・・アーンですね、よく緒方さんにしてもらってます、アーン」

渋谷凛「今のは聞かなかったことにするから」

武内P「渋谷さん」

渋谷凛「なに?」

武内P「今度は渋谷さんの番です」

渋谷凛「・・・アーン」


17:2015/07/29(水) 12:37:21.28 ID:
武内P「おいしいですか?」

渋谷凛「うん、おいしいよ」

武内P「これもどうぞ」

渋谷凛「うん」

武内P「お吸い物もどうぞ」

渋谷凛「それは自分で飲むから」

武内P「そうですか、島村さんは飲んでくれたのでが・・・一緒に頑張ってみませんか?」

渋谷凛「・・・分かったよ、卯月が頑張りますロボなのはアンタのせいなんだね」

武内P「さ、一気にどうぞ」

渋谷母「凜ちゃん頑張って」

渋谷父「つらいのは最初だけだ、母さんだって・・・」

渋谷母「みんなの前よ」

渋谷凛「・・・アンタのせいだからね」

武内P「頑張ってください」

渋谷凛「キャッ、ちょっと」

武内P「どうですか?」

渋谷凛「・・・あちゅい」


18:2015/07/29(水) 12:49:27.34 ID:
渋谷父「・・・とろで武内くん」

武内P「はい、なんでしょ」

渋谷父「そろそろ、本題をだね・・・」

武内P「本題ですか・・・」

渋谷母「ええ、ほら娘のことでうちに来たんでしょ?」

武内P「・・・ええ、娘さんにご両親に挨拶してほしいといわれました」

渋谷父「・・・君は娘のことをどう思っているんだね?」

渋谷凛「・・・」

武内P「大事な人です」

渋谷父「そうかわかった・・・もらってやってくれ」

武内P「はぁ、さきほどからいただいてるのですが・・・」

渋谷母「えっと、凜ちゃんなるべく人前では止めなさいね」

渋谷凛「・・・アンタ、わざと誤解されるように言ってるでしょ」

武内P「?」


19:2015/07/29(水) 12:56:23.31 ID:
渋谷父「母さんや、酒を出しなさい、祝い酒じゃ今宵は宴じゃ」

渋谷母「そうですね、ちょっとおじいちゃんおばあちゃん、親戚のみなさんもおよびしましょう」

渋谷父「いいね、いいね、飲み友も呼んじゃうぞ」

渋谷母「わたしはヨガ教室のみなさんをお呼びしますね」

渋谷凛「二人とも呼ばなくていいから」

武内P「せっかくだからみなさんをおよびしましょう」

渋谷凛「アンタどうなっても知らないからね」

武内P「せっかくだしCPのみなさんもお呼びしましょう」

渋谷凛「修羅場にする気?」

武内P「結束を固めるときです、頑張りましょう」

渋谷凛「アンタのせいでバラバラになるかもね」

武内P「それは困りますね、渋谷さん頑張りましょう」

渋谷凛「・・・頑張るどころじゃなくなると思うけどね」


20:2015/07/29(水) 13:09:38.17 ID:
武内P「みなさんアイドルは楽しいですか?」

CP一同(渋谷凛除く)「・・・・・・・・・・・・・・・・」

渋谷凛「えっと・・・みんな・・・」

武内P「みなさん」

CP「・・・・・・・・・・・」

武内P「お寿司いただきましょう、まだたくさんあります、生ものですから残してはいけません」

美波「Pの言うとおりだよ、みんな箸取って食べましょう」

武内P「新田さん、ありがとうございます」

美波「正妻として当然です」

武内P「よくわかりませんが、お願いします」

美波「それでは今晩、部屋で待ってます」

武内P「はい、頑張ります」

渋谷凛「ダメだよ、これからずっと私たちのマンションで暮らすんだから」



21:2015/07/29(水) 13:20:48.28 ID:
卯月「頑張ります!」

未央「何を!?」

卯月「えっと、子作り?」


みりあ「ねーねーきらり元気だして」

莉嘉「お姉ちゃんにいってリセットしてもらうから、元気だして」

きらり「無理だにぃ、はぴはぴになれないよ」


アーニャ「美波ファイト!」

蘭子「我が眷属が我を裏切った・・・」

アーニャ「おー蘭子・・・」


智絵理「・・・」

かな子「・・・」


みく「PちゃんがPちゃんが・・・うううう」

多田「この状況、かなりロックだぜ」


渋谷母「ねーお父さん早く孫の顔が見たいわね」

渋谷父「よっしゃ!秘伝の精力剤を酒に入れて飲ませよう」

渋谷母「アレですね!入れてきますね」

渋谷父「わははは、この花屋も安定ぞよ」


28:2015/07/29(水) 19:25:28.37 ID:
双葉杏「こんばんわ、Pいる?」

渋谷母「あらあら、ちっちゃな子が一人で、凜のお友達かしらね」

双葉杏「おばさん、ここにPいる?」

渋谷母「武内くんのことかしらね、だったらいるわよ、上がってちょうだい」

双葉杏「お邪魔します」

渋谷母「どうぞどうぞ、それにしても小さくてかわいいわね」

双葉杏「お宅の娘さんより年上なんですが」

渋谷母「あらあら、それはそれはごめんなさいね」

きらり「杏ちゃーん、うえーん」

双葉杏「きらりが泣いてる、やっぱりさっき電話で言ってたことは本当だったんだね」

きらり「そうだにぃ、Pちゃんが凜ちゃんと結婚するだにぃ、きらりどうしたらいいんだろ」

双葉杏「許さない、絶対にだ」

きらり「杏ちゃん落ち着いてだにぃ」

双葉杏「落ち着いてなんていられるか!討ち取ってくれる!」

きらり「討ち取ったら死んじゃうにぃ、それはだめだにぃ」

双葉杏「きらりのためだけじゃないんだ・・・私にも関係ある」

きらり「え?」


29:2015/07/29(水) 19:31:17.64 ID:
武内P「あ、お酒はもうそのへんで・・・」

渋谷凛「うるさい、なんでアンタはみんなに手を出してるの!私がいるじゃない!」

武内P「すみません、気がついたら夜のレッスンしてました」

渋谷凛「私はまだしてない、夜のレッスン受けてない!」

武内P「そ、それは・・・」

渋谷父「ひゅーひゅーみんなの前で夜のレッスンしちゃう?」

前川みく「それはダメにゃー!」

緒方智恵理「そうだよ、浮気はだめなんだから」

三村かな子「智恵理ちゃん、こんな時だけテンション上げちゃだめ」

島村卯月「子作り頑張ります!」

武内P「島村さんは練習を・・・」

島村卯月「はい!腰の動かし方を練習します!」

本田未央「しまぶー見損なったよ」

島村卯月「頑張ります!」


33:2015/07/29(水) 19:36:53.66 ID:
きらり「・・・杏ちゃん、それってどういうことだにぃ?」

双葉杏「Pの前でいうよ」

きらり「杏ちゃん・・・」

渋谷母「あらあら、今日はお祭りね」


武内P「いいですか、夜のレッスンというのはですね」

渋谷凜「私の部屋に行こう」

武内P「あ、ちょっと待ってください、なんで服を!」

渋谷凜「汗臭くてもいいよね?」

武内P「私は構いませんが・・・渋谷さんが」

渋谷凜「大丈夫、私は臭いフェチだから」

武内P「臭いフェチですか・・・」

渋谷凜「うん」


双葉杏「Pがいた」

武内P「双葉さんではないですか、あなたも寿司どうですか?おいしいですよ?」

双葉杏「寿司はあとでもらうよ、その前に話がある」

武内P「は・・・話ですか?」

双葉杏「そうだよ、耳の穴かっぽじって聞いてよ」

武内P「耳掃除ですか?」


35:2015/07/29(水) 19:43:10.36 ID:
双葉杏「Pの子供が出来た」

武内P「な・・・今なんて・・・」

双葉杏「Pの子供が出来た」

武内P「・・・冗談はその身長だけにしてください」

双葉杏「そのままブーメラン返すよ」

きらり「どういうことだにぃ?杏ちゃんとPちゃんがそういう関係・・・?」

武内P「はい、一度だけ双葉さんと真夜中のテストしてしまいました」

きらり「なんだにぃ、その真夜中のテストって?」

武内P「子作りテストです、双葉さんの体を心配してつい・・・」

渋谷凜「アンタ、どうするつもり?」

武内P「まずは生まれたらDNA検査をして、本当に私の子供かどうかを・・・」

多田「こいつはロックすぎるぜ」

みく「・・・みくはそれでもPちゃんのことを愛してるにゃー」

卯月「私もです!頑張ります!」



36:2015/07/29(水) 19:46:50.94 ID:
新田美波「み、みんなのリーダーとしてこの事実を受け止めて、そうだ智絵里ちゃん練習する?」

緒方智絵里「なんのですか?」

新田美波「杏ちゃんの赤ちゃんを育てる練習よ」

アナスタシア「美波落ち着いてください」

神崎蘭子「いきなり一児の母、覚悟を決めるとき」

アナスタシア「蘭子も落ち着いて」


37:2015/07/29(水) 19:52:59.53 ID:
赤城みりあ「えっとね、みりあのお腹にもPちゃんの赤ちゃんいるよ」

本田未央「じょ、冗談だよね?」

赤城みりあ「本当だよ、ここに来る前にお母さんと産婦人科行ってきたもん」

本田未央「妊娠出来るの?」

赤城みりあ「うん!痛かったけどPちゃんのために我慢した」

多田「ヘビーだぜ」

本田未央「・・・警察に通報したほうがいいのかな」

渋谷凜「未央!それだけは止めて!旦那がいきなり塀の向こう側に行くなんて堪えられない!」

本田未央「私が堪えられないよ」

武内P「それでは本田さんには私と明け方のデュエットデビューをしてもらいます」

本田未央「そんなデビューいらないから、アイドルに手を出すなんて最低だよ」

武内P「本田さん・・・」

本田未央「もう便利な女止めるから!」


38:2015/07/29(水) 20:02:12.97 ID:
城ヶ崎莉嘉「あ、お姉ちゃんから電話だ」

前川みく「嫌な予感しかしないにゃー」

渋谷凜「だね」

きらり「赤ちゃんが一杯ではぴはぴにぃ」

アナスタシア「きらり、落ち着いてください」

神崎蘭子「そう!すべてを受け入れ我が眷属の寵愛をこの手に!」

アナスタシア「蘭子は冷静になってください」

城ヶ崎莉嘉「もしもし、お姉ちゃんどうしたの?」

城ヶ崎莉嘉「うん、わかったPちゃんに代ればいんだね」

城ヶ崎莉嘉「Pちゃん、お姉ちゃんから電話だよ」

武内P「私はいません、そういうことで・・・」

渋谷凜「思い当たる節があるんだね」

武内P「はい、ついむらっと練習後のオイルマッサージをして、つい・・・すみません」

渋谷凜「ねえ、あのマンションなんだけどさ」

武内P「はい」

渋谷凜「解約して、もっと広いところにしよう」


39:2015/07/29(水) 20:04:35.60 ID:
武内P「いいのですか?気に入ってたじゃないですか」

渋谷凜「仕方がないよ、いきなり子だくさんなんだし、それにこれからも増えていきそうだしね」

武内P「渋谷さん・・・」

渋谷凜「もう凜でいいよ、それと・・・」

武内P「はい、凜・・・」

渋谷凜「私も子供がほしい」

武内P「まだ早いです、アイドル活動に支障が・・・」


41:2015/07/29(水) 20:11:06.54 ID:
渋谷凜「あんた本気で言ってるの?」

武内P「はい、本気です、それに凜はまだ未成年じゃないですか」

渋谷凜「そうだけど・・・」

武内P「あなたに手を出したら、私が逮捕されてしまいます」

渋谷凜「あんた・・・いまさらそれをいう?」

武内P「私は妹を悲しませるわけには、妹のアイドル活動の妨げになるようなことは・・・」

渋谷凜「そうだった、アンタの妹って765プロのアイドルだったね」

武内P「・・・秘密ですよ」

渋谷凜「誰なの?教えて」

武内P「それは教えられません」

渋谷凜「教えてくれないなら警察に通報するから」

武内P「・・・ここまでなんですね」

渋谷凜「いいから早く教えて」

武内P「星井美希」


42:2015/07/29(水) 20:13:55.54 ID:
渋谷凛「あのアイドルがアンタの妹なの?」

武内P「はい、妹は私が育てました」

渋谷凛「名前が違う」

武内P「はい、ついこっちのほうがかっこよさそうだったので」

渋谷凛「・・・もう驚くの止める」

武内P「よかったです」


43:2015/07/29(水) 20:22:58.86 ID:
武内P「すみません、電話が・・・」

渋谷凛「いいよ、出なよ」

前川みく「・・・すごく嫌な予感がするにゃー」

武内P「はい、はい、美希ですか、どうかしましたか?」

武内P「家に早く帰って来い?」

武内P「今日から渋谷さんと一緒に・・・はぁ、天海さんのご両親が・・・」

渋谷凛「あっちにも被害者が・・・」

前川みく「にゃーにゃーPちゃんの節操なさすぎにゃー」



44:2015/07/29(水) 20:26:18.00 ID:
ちひろ「という妄想したんですがどうですか?」

小鳥「ダメです、全然ダメです、こういうのは男x男にしないと・・・」

ちひろ「そうなんですか、内容の方は自信があるのですが」

小鳥「もう少し練ってください、勢いだけで書いてはいけません」

武内P「いました、探しましたよちひろさん」

ちひろ「どうかしましたか?」

武内P「渋谷さんのスケジュール打ち合わせをこれからしようと思うのですが」

ちひろ「分かりました。小鳥さんというわけで、また連絡しますね」

小鳥「・・・・・・・あ、はい、また」

小鳥「あの人が武内Pさん・・・」

小鳥「ブンブン!だめなんだから小鳥ぃー!」

小鳥「私には赤羽根Pさんがいるんだから!」

小鳥「我慢よ、我慢!我慢なんだからー!」

店員「あのお客様、他のお客様のご迷惑になるので叫ばないでください」

小鳥「はい、すみません」


45:2015/07/29(水) 20:34:05.28 ID:
小鳥「・・・なるほど、なるほど、あの人が武内Pさん」

小鳥「次会おうときは連絡先を聞いちゃおうかな♪」

小鳥「それともいきなり飲みに誘っちゃおうかしら」

小鳥「♪」

春香「あ、美希、小鳥さんいたよ」

美希「相変わらず独り言なの、気味悪いの」

春香「あははは」

美希「しっかりしてなの!」

終わり


48:2015/07/30(木) 03:44:27.72 ID:
1ミリも取り返しがつかない事になっててすごいわ


49:2015/07/30(木) 12:37:24.75 ID:
書きたいだけ書いた行き当たりばったり感パネェなw


51:2015/07/30(木) 19:04:10.19 ID:

妄想だからハチャメチャな展開だったのか納得




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438132570/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←