1:2015/08/01(土) 23:23:54.17 ID:

光「待たせたな、ありすちゃん!」コトッコトッ

ありす「待ってないです。何で部屋の前に机を置いて、コーヒーなんか淹れてるんですか?」

光「守秘義務があるから……悪いけど答えられない!」

ありす「通して下さい」

光「せめてあと十分! ところで、ガムシロップとミルクは幾つ入れたい?」ガサゴソ

ありす「今、話逸らしましたよね」

光「アタシは一緒にコーヒー飲みたいだけだよ?」

ありす「はぁ……もう。足止めしたいなら、付き合ってあげます」

光「ありがとう!」

ありす「というか、光さんってコーヒー淹れられるんですね」

光「自分で淹れられたらカッコいいなってさ。特訓したんだ!」

ありす「あ、わかります。━━━で、光さんはどう飲むんですか」

橘ありす37


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438439033

2:2015/08/01(土) 23:25:09.04 ID:

光(ここまでは順調。しかし、ここからが問題だ)

光(アタシがいる以上、ありすちゃんは意地を張ってブラックで飲みたがるだろう。余計なお世話かもだけど、それで苦い目に遭わせるのは嫌だ)




ありす(とか、いつもの光さんならきっと考えます。大きなお世話ですね)

ありす(かと言って強引にことを進めるんじゃ、たぶん光さんも嫌がります)

光(自分で決めるのが好きなありすちゃんだから、砂糖とかはまだ入れてない……でも、ありすちゃんにこのままブラックを飲ませたくない)

ありす(どうせコーヒーを飲むのなら……今日、私は大人なんだと証明したい)

光 ありす(ありすちゃん / 光さんをどうやって説得 / 論破しよう……!)


3:2015/08/01(土) 23:26:24.16 ID:

光「アタシはそれぞれ四つだな。甘いの好きでさ!」

光(ありすちゃんが意地を見せたいのなら、簡単な話だ。アタシが率先してミルクコーヒーを飲めばいい! そうすれば、砂糖を入れてもヘンじゃない流れになる!)

ありす(四つ!? 私、まだ六・六なのに……そうは見えないけど、一応年上だから、私より苦みに強いとでも……?)

ありす(仮にそうだとして……いえ、光さんが私にブラックじゃないのを飲ませたいのなら、砂糖を入れて恥ずかしく無い流れを作ろうとしてるんでしょうか)

ありす(……そんな気遣い、私にはもういりません。シロップ類が入る前に『気遣い無用です』と、先手を打ちましょう)

ありす(かといって直接言うのは、何だか嫌味な感じがするし、純粋に光さんの趣味の可能性も高いです。気遣ってくれてるか確認しましょう。一応)

ありす「二つで十分じゃないですか? 多すぎますよ」

光「いや、四つだな! ところで、ありすちゃんは二個なのか? すごいなぁ」

ありす「あ、いえ、そういうわけじゃ……。常識的には多いかな、と」

光「あはは、かもな?」サッーコクッ

光「……うん、美味しい!」


4:2015/08/01(土) 23:27:52.64 ID:

ありす(くっ……何だか美味しそうです……。私も喉も乾いてきたような……)

光「そうそう、コーヒーに牛乳を入れると胃に優しいらしいぞ!」

ありす「それは、そうでしょうね。脂肪が胃を守ってくれそうですし」

ありす(ここでウンチクを出して、揺さぶりを掛けてくるんですか!?)

光「ってことで、沢山あるから必要だったら使ってね!」

ありす(そして、一気に勝負をかけてくるなんて!)

ありす(ブラックが飲みたいだけなら、光さんが差し出して来るのを受け取らずに飲めばいい)

ありす(でも、それじゃ彼女の心配は無用なのだと、理論で論破したことにはなりません……)

ありす(……でも、ここで光さんが動いたのはミスです!)

ありす「お気遣いありがとうございます。でも、このまま飲んでいいですか?」

光「アタシ、ミルクコーヒーを飲んで欲しいなあ」

ありす「どうしてですか?」

光「その方がきっと美味しいからだ!」

光(遠慮が無くなった? 一気に勝負を決めに来た?)

ありす「光さんはそうかもしれないけど……今日を契機に、飲めるようになりたいんです。特訓ですよ」

光「とっても苦いよ?」

ありす「克服出来たときの感動も大きいでしょうね」

光「くっ、……わかった」

ありす(……これが私の切り札。日頃から特訓だとレッスンに過剰に励む光さんに、私のカードは返せません)


5:2015/08/01(土) 23:29:31.45 ID:

ありす「では、いただきます」

ありす(なんていうか、すてきな香りがします。オレンジみたいにフルーティーな酸味というか、それと、鼻をくすぐる焙煎臭が心地よくて、……あ、何だか飲めそうな気がします)

ありす(……いざ目の前にすると、興味と怖さが半々になって……)

ありす(……でも、すくんではいられないから!)ゴクッ

ありす「うんっ!?」

光「ありすちゃん!」

ありす「んっ、ん〜!」プルプルプルプル

ありす(この苦さはいったい!? もはや風邪薬のそれです!)

ありす(コーヒーはもともとお薬だったって話は聞いたことがあります。でも、そんなの関係無いくらい苦い!?)


6:2015/08/01(土) 23:30:41.41 ID:

光「だから言ったんだ。このコーヒー、とっても苦いんだって」

ありす「そ、それがどうして、こんな苦さに……!?」




光「このコーヒーさ……すっごく濃いめなんだ!」

ありす「そんな、シンプルな……!?」


7:2015/08/01(土) 23:31:10.52 ID:

光「最初からミルクとシロップを入れて飲むバランスだったんだ。だから聞いたんだよっ」

ありす「……くっ……」

光「……苦いままだと美味しくないかもだし、コーヒーの為にも、ミルクとか入れてくれないかな?」

ありす(そんな、ここで一気にカードを切ってくるなんて。私にはもう、打つ手が……いやしかし考えれば……う、でもこの苦さじゃ頭が……!)

光「うーん、それにしても苦くしすぎたなぁ。あと三つくらい入れちゃうか!」サッー

ありす「そんな!?」

光(これがアタシの二面作戦だ。アタシが砂糖をたっぷり入れることで、ありすちゃんがお砂糖を入れても恥ずかしくない流れを作り……一口目が防げなかった時も、アタシ以下の量なら格好がつく!)

光(……そうでなくても、普通に苦くしすぎたな! 超苦いぞ!)

ありす(そうか、光さんは私を気遣おうと思えば、いくらでもミルクとシロップを追加出来る。もともとゴーイングマイウェイな人だから、子供っぽいとかそんな対外的評価を、あまり気にしてない……だから出来る)

ありす(そして私は……一口目で、根を上げた)

ありす(……けど!)ゴクッ

光「動いた!?」


8:2015/08/01(土) 23:32:09.56 ID:

ありす(食道を通るコーヒーのトロリとした喉ごしすら、わかる……)ゴクゴクゴクゴクッ

ありす(私はコーヒーを飲めないと考えてる、光さんの思いこみを破壊するための……これが最後に残った道しるべ!)ゴクゴクゴクゴクッ!

光(やせ我慢……だって……!)

ありす「んく、んくっ……ごちそう、さまでした」プハッ

ありす「……んぅ……」モジモジ





光「……いい飲みっぷりだった。アタシの負けだ」スッ

ありす「いいえ。光さんを論破する目標が最後にどっか行っちゃったんだし、私の負けです。」スッ

ガシッ


9:2015/08/01(土) 23:32:41.17 ID:

光「ありすちゃんは試合に負けたかもだけど、勝負に勝ったんだよ。飲めるようになっただろ?」

ありす「今日が特別なだけですし、光さんがいたからここまでやれたんです。……またコーヒー、作ってもらっていいですか?」

光「へへっ、とびっきりのをご馳走するよ!」

ありす「あ、苦さは手加減してくださいね?」

光「やっぱり? ……ところで、ありすちゃん」

ありす「なんですか?」

光「シロップ直接飲んだりってする?」

ありす「いつもはしません」

光「今日は?」

ありす「……八つください」


10:2015/08/01(土) 23:34:37.75 ID:

ありす「それにしても、不思議なコーヒーでした。凄く複雑な香りがするというか……普通のコーヒー豆とは違うんじゃないですか?」

光「へへっ、当たり! 違いがわかるありすちゃんなんだな!」

ありす「そんな、これぐらい誰だってわかりますよ。とっても美味しいですから」

光「そこまで言われたら、譲ってくれたPさんもきっと喜ぶだろうなぁ。秘蔵の豆らしいし」

ありす「そうなんですか?」

光「ああ。ずいぶん高いらしく、なんでもコピルアックって言うらしいぞ!」

ありす「そうなんですか。今度調べてみますね」


11:2015/08/01(土) 23:36:55.19 ID:

ありす「さて、飲み終えたんだし、そもそもの問題に立ち戻らせてもらいますよ」

光「……な、なんの話?」ヒヤッ

ありす「何で部屋に入れさせてくれないんですか」

光「オールドホイッスルって番組、面白いよな!」

ありす「露骨に話題を逸らさないで下さい!」バンッ

机「ひっ」

光「ごめんごめん! 反省するから!」

ありす「あ……おほん。それとオールドホイッスルは漫才始めてから見てないです」

光「それもう止めてるはずだけど」

ありす「何時からですかっ!? ……ってそれより。光さんが邪魔するなら、自力で入ります」

光「後生だ、せめてあと三分!」

ありす「聞く耳持ちません。いい加減入らせてもらいます」ギィ

光「ああっ……!」




ぱんっ   ぱんっ





晴 梨沙 「「ありす、誕生日おめでとう!」」

ありす「……えっ?」


12:2015/08/01(土) 23:39:18.70 ID:

光「ごめんね晴ちゃん。せっかくの依頼を達成出来なくて……」

晴「いいって、準備はすんでたんだし」

梨沙「ほらほら、ありすは座って!」

ありす「あの、その、……これはいったい?」

晴「今日誕生日だろ?」

梨沙「ドッキリパーティーなんて子供っぽすぎるって言ったんだけどさ、晴が聞かなくって」

光「梨沙ちゃんが飾り付けに集中してくれたお陰だ!」b

梨沙「ちょ、今それ言うの!?」

晴「お陰でちょっとだけ用事が早く進んだんだぜ?」

ありす「そうでしたか。梨沙さん、ありがとうございます」

梨沙「どういたしまして♪って、何この流れ!?」

ありす「ふふっ……ほんとうに、三人とも子供っぽいんですね」

光「子供らしいことは、悪いことじゃないだろ?」

梨沙「アンタが言うの?」(身長143cm)

晴「い、いいんじゃねーか、別に?」(140cm)

ありす「何で晴さんが反応を?」(141cm)

光「言っちゃダメだった?」(140cm)


13:2015/08/01(土) 23:40:17.88 ID:

梨沙「そう言ってくれるなら……マキで準備した甲斐があるわ」

晴「ケーキの火は数字のやつにしといたからな。えっと、火、火……」

光「アタシがつけるよ! はい、離れて!」シュボッ

ありす「いつも思うんですけど、食べ物に蝋を刺すのって違和感ありませんか。すごい匂いですし」

梨沙「わからなくはないけど、まぁ飾りだし?」

ありす「蝋燭の香りは、食欲の妨げになる気がして」

晴「これがあるからバースデーケーキって感じしないか?」

光「よし、付いた。ささ、ふぅっとどうぞだ!」

ありす「あ、その前に電気を消してもらえますか」

晴「案外ロマンティックなんだな?」

梨沙「なんか以外……」

ありす「い、いけないことですか!?」

光「じゃー消すよー、さん、に、いちっ」パチン




ありす(三人のハッピー・バースデーの輪唱に囲まれながら、私は火を吹き消しました。当然部屋は真っ暗になり、照明を探そうと一悶着あったのは言うまでもありません)

ありす(……お陰で、泣いてたのには気付かれずにすんでるかもしれません……)

おわり


14:2015/08/01(土) 23:41:32.06 ID:
1日だけなら誤差かもしれない。ありす誕生日おめでとう!遅れまくりでごめんなさい!
本筋に関係無いので省略しましたが、
南条光「先生!」結城晴 的場梨沙「えっ?」と世界観を共有してます。依頼出してきます


16:2015/08/01(土) 23:48:21.69 ID:
10分間無言でコーヒー淹れるんじゃないかと思った


17:2015/08/01(土) 23:58:12.56 ID:
部屋を散らかしてしまったから怒られるのが怖く時間稼ぎしてるのかと


18:2015/08/02(日) 01:10:02.91 ID:

ほっこりするいい話だった




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438439033/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←