1:2015/07/31(金) 23:16:51.05 ID:
・俺ガイルSS
・八幡「同音異義語にご注意を」の続き

一色いろは


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438352210

2:2015/07/31(金) 23:20:44.49 ID:
放課後 



八幡(さっさと部室行くか。む?)

いろは「…………」テクテク

八幡(げ、一色か。絡まれると面倒だな。声掛けないでやりすごすか)

いろは「?」クルリ

八幡「…………」

いろは「…………」テクテク

八幡「バレなかった、か?振り向かれた時はヤバいと思ったが」

八幡(まぁ多分大丈夫だろ多分ね?多分)

八幡(さて部室行くか。どうせ誰も来ないと思うが)


×      ×      ×


八幡「うーす」

雪乃「こんにちは」

結衣「やっはろーヒッキー。……あ、あのさ」

八幡「ん、どうした?」

結衣「昨日の事なんだけど」

八幡「昨日? ああ……」

結衣「昨日は、ごめんね? あたしもよく確認しなかったせいなのに、その」

八幡「もういいって。お互い様だろ?」

結衣「でも一方的に結構いろいろ言っちゃったから、怒ってないかなーって思って」

八幡「お前が気に病むことないぞ。むしろ感謝してるくらいだし」

結衣「へ?」


6:2015/07/31(金) 23:27:34.90 ID:
八幡(ばっちり夜のオカズになりましたから。ひとつ言えるとすれば、何で消した俺!! 何が賢者だよ!! 全然賢くねーよ!! 二度と手に入らないのになんたる失態!! バーカバーカ!! 俺のバーーーカ!! )

結衣「何その変な顔? ヒッキーが気にしてないならいいんだけどね」

八幡「そうそう。気にしてない気にしてない。めっちゃ後悔してるだけだから。心の中で」

結衣「?変なの」

雪乃「……あなた、由比ヶ浜さんから送られた画像で如何わしいことをしてないでしょうね?」

八幡「…………」

雪乃「あら暑いの? 汗がすごいわよ卑猥谷くん」

八幡「おいなんだそのあだ名。初めて聞いたぞ」

雪乃「不本意ながら私が名付け親というわけね。煩悩にまみれた今のあなたにピッタリだと思うけれど」

結衣「いかがわしい? ひわい? ……ひ、ヒッキーまさか」

八幡(普段アレなくせに何でそういう単語はわかっちゃうんだよ。こんなの絶対おかしいよ)


7:2015/07/31(金) 23:29:41.18 ID:
八幡「お、俺はやってない」
(ばっちりやりました。ハイ)

雪乃「犯人は誰でもそう言うのよ」

八幡「うぐっ」

結衣「ヒッキー……」

八幡「が、画像消したことは確認しただろ。とにかく俺は……ん?」

結衣「どうしたの?」

八幡「いや電話だ」

雪乃「あなたに電話なんて、苦しい言い逃れはやめなさい」

八幡「お前も失礼なやつだな。 小町からだ。すまんちょっと外で話していいか?」

八幡(ナイスタイミングだ小町。これは礼を言わねばなるまい)

雪乃「電話なら仕方ないわね。終わったら戻って来ること」

八幡「すまん。じゃあ」ガラリ

結衣「いってらー」


8:2015/07/31(金) 23:32:12.01 ID:
数十秒後


いろは「こんにちはー」

結衣「おっ、いろはちゃんやっはろー」

雪乃「こんにちは一色さん」

いろは「あれ、先輩は今日いないんですか?」

雪乃「ついさっき外に出てしまったわ。すぐに戻ると思うけれど」

いろは「そうなんですかー。うーんどうしよっかな」

結衣「なんかヒッキーに用事あるの?」

いろは「大したことではないんですが、一応そうですね」

雪乃「ここで待ってる? お茶はいかがかしら?」

いろは「すぐ生徒会室に戻らないとなので、今日は結構です」

雪乃「そう……」

いろは「そ、そんな顔しないで下さいよー、また来ますから。それでは」ガラリ

雪乃「…………」

結衣「…………」

雪乃「嫌な予感がする」

結衣「嫌な予感? 急にどうしたの?」

雪乃「何故だか、見えない力に包まれている気がするわ」

結衣「よくわからないよゆきのん……」


×      ×      ×


10:2015/07/31(金) 23:34:47.87 ID:
いろは(また先輩に書類整理手伝って貰おうと思ったけど当てが外れたなー)

いろは「お、あれは」

八幡「…………」

いろは(先輩、だよね? 壁の陰に隠れて半分見えないけど。何してるんだろ? でもちょうどいいや)

いろは「せんぱーい。今ちょっといいですかね?」

八幡(イヤホン着用で電話中)「待て! それはダメだ。全然大丈夫じゃないぞ」

いろは「えっ?」

いろは(先輩が、わたしを拒絶した? しかもこっちを見てくれない? 軽くあしらわれることは今まであったけど、こんなの初めて)

いろは「先輩?そっち行っていいですか?」

八幡(電話中)「それはダメだって」

いろは「ダメ、ですか? じゃあこのままお話するのは……?」

八幡(電話中)「ああ、うん。何だ?」

いろは(良かった。反応はしっかりあるし、完全に拒絶されてるわけじゃないみたい)

いろは「もう、びっくりさせないで下さいよー。一瞬拒否られたのかと思っちゃったじゃないですかー」


11:2015/07/31(金) 23:37:13.30 ID:
八幡(電話中)「俺がそんなことするわけないだろ?」

いろは「ですよね。先輩ヘタレですし」

八幡(電話中)「ホントに悪気はなかったんだって」

いろは「もうそれは大丈夫ですって」
(今のうちに仕事頼んじゃおうかな?)

いろは「先輩、今日ちょっとだけ生徒会の仕事手伝って貰っていいですか?」

八幡(電話中)「いや、そういうのやめろって。俺が嫌いなの知ってるだろ?」

いろは「はい?」

八幡(電話中)「とぼけんな。嫌いって前から何度も言ってるだろ。それなのにひどくない? いじめなの?」

いろは(ウ、ウソ。そんな、ウソでしょ? 先輩嫌がってたのって、あれ本気だったってこと?)

八幡(電話中)「…………」

いろは「…………」

いろは(とにかく……謝らないと!)

いろは「せ、先輩? 怒ってます? ごめんなさい、そんなつもりじゃなかったんですよ」

八幡(電話中)「じゃあ、どういうつもりなんだよ?」

いろは「っ!」
(ヤバい、本気っぽい声だよー。さっきはそんなことなかったのに、どうして急に? と、とにかく)


14:2015/07/31(金) 23:39:43.37 ID:
いろは「せんぱ……」

八幡(電話中)「いや、悪い。元は俺のせいでもあるか」

いろは「い…………」
(もしかしてだけど。わたしを生徒会長にしたことに、まだ責任感じてるんですか?やっぱり……優しいな。って、ときめいてる場合じゃないや)

いろは「わたしのこと、今どう思ってますか?」

いろは(先輩に、嫌われたくないよ)

八幡(電話中)「ああ、お前世界で一番可愛いな」

いろは「へっ? い、今なんて言いました?」

八幡(電話中)「可愛いって、これは俺の本心だぞ?」

いろは「ふざけないで下さい! 急に言われても、そんなの、その、困ります」

八幡(電話中)「はは、照れるな照れるな」

いろは「照れてません! もう、ホントにわたしのこと何だと思ってるんですか!?」

八幡(電話中)「ああ、愛してるよ」

いろは「……え?」

八幡(電話中)「世界で一番、愛してる」

いろは「っ~~~~~~~~~///」

いろは「もう知りませんからっ!!」タッタッタ

八幡(電話中)「ああ、そういうことだから、じゃあな小町。晩飯楽しみにしてるぞ」

八幡「ふう。ようやく終わったか。さてイヤホンも取ってと」

八幡(イヤホン付けて電話すると聞き漏らしがなくて良いな。まあ、そもそも電話する機会なんてほぼないんだけどね?)


16:2015/07/31(金) 23:43:17.56 ID:
八幡「戻ったぞ」ガラリ

結衣「おかえりー。小町ちゃんなんだって?」

八幡「お前、小町に昨日のことチクッただろ」

結衣「あ、ばれた?」

八幡「やっぱりか。危うく晩飯抜きか、食卓がトマトづくしになるところだったんだからな」

結衣「ヒッキートマト嫌いなの?」

八幡「おう。前からずっと言ってんのに、すっとぼけて忘れたフリとかするんだよあいつ」

雪乃「どうやって切り抜けたのかしら?」

八幡「ああ。あいつは本気トーンの『可愛い』とか『愛してる』に弱いからな。一瞬強気に出てから優しくささやけばそれでOKだ」

結衣「…………」

雪乃「…………」

八幡「どうした? え、なにこの空気?」

雪乃「さあスケコマシ谷くん? 尋問の続きを始めましょうか」

八幡「さっきからあだ名に原型が残ってなさすぎじゃない?」

雪乃「スケコマシくん?」

八幡「もうそれは俺じゃないぞ」

結衣「…………」

八幡「由比ヶ浜?」

結衣「……女の敵」

八幡(ゴミとかヒキガエルとかごみぃちゃんはあったけれど、まさか自分がそんな不名誉な呼ばれ方をするとは思ってもいませんでした。そんな17歳の、冬の出来事でした)

×      ×      ×


18:2015/07/31(金) 23:45:31.16 ID:
一色家 いろは自室にて

いろは「…………」

『世界で一番可愛いな』

いろは「…………///」ボスン

『世界で一番、愛してる』

いろは「っ~~~~~~~~///」バタバタバタバタ

いろは「ダメだーーーーーーーーー」

いろは(今日の先輩の言葉が、頭から離れない)

『世界で一番、愛してる』

いろは「…………///」ブンブン

いろは(なんでこんな恋する乙女みたいな……恋する乙女?)


19:2015/07/31(金) 23:47:40.07 ID:
いろは「わたしって、結局どっちが好きなんだろう」

いろは(葉山先輩が好き、だったはず。でも、でも今は)




妄想世界



八幡『――世界で一番愛してる、いろは』





現実

いろは「きゃーーーーーー///」

いろは母「いろはーうるさいわよー」トントン

いろは「ご、ごめん」

いろは(はぁ。怒られちゃったし、いいことないなー。それにしても男子から言われて嬉しいセリフが、先輩で再生される。葉山先輩じゃなくて、先輩で。これは、これって……)

いろは「好きに、なっちゃったのかな?」

いろは(嫌われたくないとは思ったけど、好きって考えたことなかったなー)

いろは(なんだかんだでいつも助けてくれるし、メンドくさがりながらも仕事は出来るし。それに、わたしが生徒会長を引き受けたことにも、未だ責任感じてくれてるし)

いろは(不器用だけど、やっぱり優しい。さりげなく荷物とか持ってくれたり、デートの帰りでもわたしが見えなくなるまで見送ってくれたり……)


22:2015/07/31(金) 23:51:30.30 ID:
いろは「思えば、ずっと助けてもらってばっかり」

いろは(先輩の優しさに甘えて、なにかあると頼って。よく一緒にいたはずなのに、先輩の気持ちなんて考えてなかった。こんなの嫌われて当然だよね。でも……)


妄想世界

八幡『――いろはは、世界で一番可愛いな』(※妄想につきセリフの改変あり)






現実

いろは(あれは、どういう意味だろ? 先輩なりのフォロー? でもいきなり話が飛び過ぎな気がするけど……)

いろは「考えたって仕方ない、か」

いろは(明日、先輩と話そう。もう一度、ちゃんと向き合わないと。そうすれば、きっと……!!)

いろは「よしっ!! 頑張れわたし!!」
















比企谷家 リビング

八幡「愛してるぞ、小町。いつもありがとな」モグモグ

小町「心こもってないと響かないなーそれ。早く全部食べちゃってよ」モグモグ

八幡(ちっ流石に耐性が出来つつあるな。変化球を考えないとダメか)

八幡「……俺に毎日味噌汁作ってくれ」

小町「毎日作ってるでしょ?」

八幡「それもそうか」

小町「はぁ。小町になら何言っても大丈夫だけど、他の女の人に言っちゃダメだからね?」

八幡「何それジェラシー?」

小町「いや通報されかねないかなー?って」

八幡「安心しろ。そんな機会一生こないから」

小町「それもそうだね」

八幡・小町「HAHAHA!!」




そして、各々の夜は更けていった


×      ×      ×


23:2015/07/31(金) 23:54:40.07 ID:
奉仕部 部室

八幡「…………」ズズ

結衣「…………」ポチポチ

雪乃「…………」ペラリ

コンコン

八幡「誰か来たか」

結衣「依頼かな?」

雪乃「どうぞ。開いているわ」

いろは「失礼しまーす」

結衣「あれ、いろはちゃんやっはろー。またヒッキーに用事?」

いろは「結衣先輩こんにちはー。実はそうなんですよー」

八幡「俺に用事?」

雪乃「昨日も部室に来たのよ。その時はすれ違いになってしまったけれど」

いろは「そうなんです。昨日のことについてなんですけど……先輩、ちょっと外でお話出来ませんか?」


25:2015/07/31(金) 23:56:40.13 ID:
八幡「昨日?」

八幡(昨日って一色と話してないよな? んー、まぁいいか)

いろは「先輩?」

八幡「わかった。廊下でいいだろ?」

いろは「オッケーです。じゃあすみません借りていきますね」

雪乃「返却期限は守って頂戴ね」

いろは「了解しました!」

八幡(ナチュラルすぎる会話だけど、俺は備品じゃありません!)

八幡「じゃあすまん行ってくる」ガラリ

いろは「失礼しましたー」

結衣「いってらー」

雪乃「…………」

結衣「…………」

雪乃「嫌な予感がするわ」

結衣「また? 最近多いね」

雪乃「由比ヶ浜さん」

結衣「なに?」

雪乃「未来は、絶えず揺れ動くものよ」

結衣「もうゆきのんがわからないよ……」



×      ×      ×


26:2015/07/31(金) 23:59:20.31 ID:
いろは「さて。さっそくですが昨日のことについてお聞きします」

八幡「お、おお」

八幡(いざ来たものの、さっぱり思い出せん。え、昨日こいつとなんか接点あったっけ?)

いろは「……先輩? 忘れたとは言わせませんよ? あんなこと、しておいて」

いろは(きゃー///恥ずかしくて先輩の顔見れないよ///)

八幡「?」

八幡(俯いて表情が見えん。待て、考えろ俺。あんなこと、あんなこと、あんなこと…………。俺が昨日一色にしたこと…………。あっ、もしかしてあれか?)



八幡(昨日一色に気が付いておきながら、あえて声掛けなかったことか!!)冒頭参照



八幡(ということは、やっぱりあの時ばれてたってことか? ……やばいな。とりあえず謝っておこう)


27:2015/08/01(土) 00:01:21.10 ID:
八幡「いや、すまんな一色。言い訳っぽくなるが、そういうつもりじゃなかったというか」

いろは「えっ?」
いろは(そういうつもりじゃない? じゃあ、一体どういうつもりで、あ、愛してるなんて。確認しないと!)

いろは「じゃあ、どういうつもりであんなことを?」

八幡「それは……」

八幡(それっぽい理由でなんとかやりすごすしかないか?絡まれると面倒だったからとか言えないでしょ普通)

八幡「あれはな」

いろは「…………」ゴクリ


28:2015/08/01(土) 00:02:36.75 ID:


八幡「お前のことを、思ってのことなんだよ」

いろは「わたしのことを、想って、ですか?」


29:2015/08/01(土) 00:05:31.70 ID:
八幡「ああ」

いろは「…………」

いろは(えぇーーーーー!! わたしのことを想って、可愛いとか、世界で一番愛してるって言ったってこと?)

いろは「つ、つまり、どういうことなんですか?」

八幡「ああ、アレだ。今後の(生徒会運営の)ことを考えると、その、お前には(独り立ちが)必要だってわかって欲しくてな。だから、ああいうことになった」

八幡(いつまでも俺たちに頼ってちゃダメだぞってこった。うん、我ながら完璧な言い訳だな)

いろは「それって……」

八幡「あれが、俺なりの気持ちってことだよ」

いろは「…………」

いろは(今後のこと=わたしと先輩の将来のこと。お前が必要だってわかって欲しい=俺はお前を求めてる。だからああ言うことになった)

いろは(それはつまり……)






八幡『俺は、お前が、欲しい』






いろは(愛 の 告 白 じゃないですか)


30:2015/08/01(土) 00:07:48.11 ID:
八幡「一色どうした? 固まって」

いろは「ちょ、ちょっと待って下さい!! 返事を考える時間を下さい」

八幡「いいけど……」

八幡(なんでこんな慌ててるんだこいつ?)

いろは「…………」

いろは(やばい。心臓が超うるさい。何でこんなドキドキしてるんだろ? 先輩に告白されたから? でも、先輩は雪ノ下先輩か、結衣先輩を選ぶと思ってたのに。でも、でも、嬉しいと思ってる自分もたしかにいる)

いろは(あの時に、わたしの方を見て話してくれなかったのはもしかして照れ隠し? だったら可愛いなー。恥ずかしくて目を見れないなんてヘタレな先輩っぽいし。でも……)

いろは(それでも勇気を出して、言ってくれたんだよね? )チラッ

八幡「…………」ボー

いろは(ふふっ。ボーっとしちゃって。今何考えてるんだろ? ドキドキ、してるよね? 告白の返事待ちだし)

八幡(寒いなー。はよ部室戻りたい)ボー


31:2015/08/01(土) 00:09:52.45 ID:
いろは(先輩の勇気に、敬礼。わたしも、ちゃんと応えないと。でもその前に……)

いろは「先輩、ひとつお願いがあります。聞いてくれますか?」

八幡「……おお」

いろは(頑張れ……わたし!!)グッ

八幡(なんでこんな顔真っ赤で力んじゃってるのこの子)

いろは「昨日みたいに、言って貰えませんか?」

八幡「昨日みたいに? 何を?」

いろは「とぼけないで下さい。わたしにもう一度、『世界で一番可愛いよって』言ってくれませんか?」

いろは(真正面から、先輩の顔を見ながら、聞きたいんです)


八幡「えっ?」

いろは「えっ?」


八幡「…………」

いろは「なんですかその沈黙は? 今更恥ずかしがらなくていいじゃないですかー。じゃあ『世界で一番愛してる』って、昨日みたいに告白してください」

八幡「……いや、なに言ってるのかさっぱりだわ。そもそも昨日一回も話してなくない?」


いろは「えっ」

八幡「えっ」



八幡「…………」

いろは「…………」


ポクポクポクチーン


八幡「一色、耳貸せ」

いろは「?」

八幡「…………」ゴニョゴニョ

いろは「…………」

いろは「っ~~~~~~~///」プルプルプルプル

いろは「先輩の…………」



32:2015/08/01(土) 00:14:31.66 ID:
『バカーーーーーーーーーーーーーーーー!!』

『なんかすごいデジャヴなんだがとりあえず叫ぶのだけはやめてくれ!』

『先輩のボケナス!! シスコン!! 女ったらし!! 通報します!!』

『それだけはやめろ! そもそもの話、お前の一方的な勘違いがだな……』

『あ~~~~~~~~もう!! 一瞬でもときめいて乙女思考に陥ったわたしの時間を返してくださいよ!!』

『いや無理でしょ? 常識的に考えて』

『先輩に常識なんてあるはずないでしょ!! 時空を超えて下さい!! そしてあのやり取りを取り消して下さい!!』

『バカ言ってんじゃねぇよ……』

『ふぇーーーーーーーーーん』

『泣きたいのはこっちだっつーの……』














部室

結衣「何があったんだろうね?」

雪乃「さぁ? 放っておきましょう。ただ……」

結衣「ただ……何?」

雪乃「大したことではないの。これだけは言っておきたくて」

結衣「?」

雪乃「今日も、楽しそうで何よりだわ」ズズ




いろは「思い込みにはご注意を」

<了>


34:2015/08/01(土) 00:17:22.87 ID:

いいアンジャッシュだった


36:2015/08/01(土) 00:18:26.16 ID:
乙!

次はゆきのん?サキサキ?
次回作に期待!


37:2015/08/01(土) 00:19:50.18 ID:
乙です
テンポがいいね
次回作も期待する


38:2015/08/01(土) 00:19:50.73 ID:
乙乙
振り回される乙女いろはす最高や!


41:2015/08/01(土) 00:49:47.19 ID:
乙です

すごくニヤニヤさせてもらいました

次回作期待します




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438352210/

→→もっとやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を読む←←