1:2015/08/12(水) 17:33:38.21 ID:



P「そう、春香の実家の竹取町だっけ? あそこのご当地キャラが決まったんだってさ」

春香「竹取町は、その、まぁ、第二の故郷と言うか、いや、ちょっと、違うんですよ、そこじゃなくて」

P「あれ? 違うんだっけ?」


春香「私の実家はN町です」

P「あれ? 町? 春香の実家って村じゃなかった? 電気通ってない集落とかそんな感じの」

春香「いや、今はもうダムに沈んでる感は要らないですから、N町です」

P「あー……そうだったそうだった、車で送った事もあったもんな」

春香「で、私の町のご当地キャラが、何でしたっけ?」

P「アマミちゃんってキャラになったらしい、もうビジュアルも出てるぞ、ほれ」


春香「どれどれ…………目と口は【のヮの】ってなってて……2頭身で、裸で……リボン二つつけてて、ってコレなんですか!?」


P「アマミちゃんだが?」


春香「違いますよ!! これ、私でしょ!?」


P「アマミちゃんだしな」


春香「ちょっと、コレ、どうしてこんな事になっちゃってるんですかぁ!!」

のヮの


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439368417

2:2015/08/12(水) 17:38:15.97 ID:



P「やっぱり春香はN町の期待の象徴みたいな物だしな、仕方ないな」

春香「いや、それは嬉しいんですけど、この着ぐるみのデザインがなんというか、その悪意が……」

P「で、だ、そのアマミちゃん絡みで春香に仕事が来てる」

春香「え? もしかして……お披露目会のゲストとかですか?」

P「うん…………まぁ~~そんな感じだな、受けるか?」

春香「いや……こ、こうまでされちゃあ受けざるを得ないですよ……って言うかコレは確定なんですか?」

P「何が?」

春香「アマミちゃん」

P「もうこの通り着ぐるみも完成してるしなぁ……今から他のにはならんだろう」


春香「やだなぁ! 今後、私、自分の町でアマミちゃんに遭遇するの嫌だなぁ!!」


P「あっはっはっは、ちょっとその情景は面白いかもな」

春香「他人事だと思って……うぅ……」

P「んじゃ、快くお受けいたしますって返信しとくからな」

春香「あい……了解です……」

P「当日は伊織と俺も一緒に行くから」

春香「伊織も?」

P「春香だけじゃ回しきれないだろうからな」

春香「え? そんな大規模なイベントになるんですか?」

P「いや、だって、春香、当日は主役だしな」

春香「主役はアマミちゃんでしょ?」

P「いや、だから、春香が主役って事と同じだろ?」



春香「??????」




3:2015/08/12(水) 17:40:54.28 ID:




~~ イベント当日 ~~




チュンチュンチチチチチチ


P「いやぁ、良い天気だ!! 絶好のイベント日和だな!!」

伊織「………………ふふww」

春香「………………」


P「よし! 準備はOKか!? 春香!! いや!! アマミちゃん!!」

伊織「………………ふぷすっwwwwwwww」

春香「いや、あの……」

P「どうしたアマミちゃん」



春香「コレ、私が中に入る意味ありますかねっっっっ!!!!????」



伊織「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

P「いや、だって先方からそう言う依頼だったし」

春香「別に私じゃなくても良くないですか!? アマミちゃん完全密閉型だし!!」

伊織「似合うわよwwww春香wwwwじゃなくてアマミっっちゃwwwwぶはっwwwwwwwwwww」


春香「ちょっと!! 笑い過ぎでしょ!! 伊織!!」シュバッ!!シュビッ!!!!


伊織「やめてwwwwwwその恰好でwwwwwwそのキレの良い動きやめてwwwwwwwwww」

P「ちなみにアマミちゃんは喋れると言う設定だ、春香の声でそのまま喋ってもらいたいらしい」

春香「意味が解らない!! それ、アマミちゃんイベントの度に毎回私が必要になるじゃないですか!!」

伊織「アマミちゃんがキビキビ動きながら怒ってるwwww普通に面白いwwwwww」


春香「伊織ぃっ!!!!」シュバッ!!シュビッ!!


伊織「だからそれやめてってwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」




5:2015/08/12(水) 17:45:08.71 ID:


P「まぁまぁ、それは今後録音とかで対応してもらうとして」

春香「対応できないでしょ!! どんだけパターン作れば良いんですかぁ!!」

伊織「まぁまぁ春香、グダグダ言ってないで覚悟決めなさいよww大事な仕事のひとっぷふぇwwwwwwww」

春香「もう伊織は良いよ…………うぅ……しかもこの中暑いしぃ…………」


P「で、アマミちゃんには口癖があってだな、語尾に「ハル~」ってつけるらしい」


春香「ハル~ぅ!?」

伊織「wwwwww」


P「うん、で、基本的に「ハルハルハルハル…………」って小さくつぶやいているらしい、常時は」


春香「怖い!! 何ですかその設定!! 情緒不安定なんじゃないですか!? アマミちゃん」


P「まぁ、設定だしなぁ」


春香「しかも、ハル~ってもう、アマミちゃん何も関係ないですよね!? 春香のハルですよね!? それって」


P「まぁ、設定、だしなぁ」


伊織「ちょっと練習してみなさいよww」


春香「えっと…………こんにちハル~~!!」


P「ハル~~」

伊織「ハル~~wwwwwwってwwバカじゃないのwwwwww何そのキャラwwwwww」」

春香「くっそっ!!!! さっきから!! 伊織!! もう我慢ならない!! 首絞めてやる!! こうしてやる!!!!」グイグイグイグイ

伊織「春香、口癖」

春香「あ、首絞めてやるハル~~~~!!!!!!!!」

伊織「やめてwwwwwwwwww別の窒息死しちゃうwwwwwwwwwwwwww」




6:2015/08/12(水) 17:48:48.63 ID:



P「他は……えっと、右手の親指辺りにスイッチあるか?」


春香「指無いんですけどこのキャラ……えっと……これかな?」カチッ


ペカーーーーーー!!


伊織「目が光った!!!! 怖い!!!!」

P「交通安全マスコットも兼ねてるらしく、車のライトが目に仕込まれてる」


春香「いよいよ不気味ですよっ!!!! 夜道であったら全力で逃げるレベルですよ」ペカーーーー


伊織「ふっふっふっふwwwwwwwwww」


P「でその右手のスイッチをもう一回押すと」

春香「押すと?」カチッ


P「ハイビームになる」


伊織「あがっがっがっがwwwwwwwwwwww」


春香「首の角度次第だろうがよぉ!! こんなのぉ!!!!」ペカーーーー


P「春香、口調口調」


春香「こんなの首あげれば良いハルーーーー!!!!」ペカーーーー


伊織「死ぬっwwwwww死んじゃうwwwwwwwwww」



7:2015/08/12(水) 17:51:31.29 ID:



P「あ、あと決め台詞がある」

春香「まだ何か!?」

伊織「春香」

春香「まだ何かあるハル~~!?」

伊織「っっwwww」


P「えっと、テンションあがると「ハッシーーーー!!!!(裏声)」って叫んでリボンが回転する、身体は激しく上下動」


春香「やってられっか!!!!」バシッ!!!!


伊織「春香」



春香「やってられっかハッシーーーーーーーーー!!!!(裏声)」グルグルグルグルグングングングングン



伊織「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

P「流石春香だ!! 完璧だな!!」


春香「完全にパクリハルハルナーー!!!! 訴えられても勝てないハルナー!!!!」

伊織「寄せるなwwwwそっちにwwwwwwww」



ツヅキマシテ、N町ゴトウチキャラクタハッピョウカイヲハジメマス



P「よし! 出番だ!! 頼んだぞ二人とも!!」

伊織「先に行って盛り上げておくから、頼んだわよ? アマミちゃん?」


春香「やだハルなぁ~~……」




8:2015/08/12(水) 17:53:28.94 ID:



伊織「N町のみなさーーん!! こんにちは~~!!」


コーンニーーチハーーーー!!


伊織「にひひっ、今回司会進行を務める水瀬の伊織ちゃんで~すっ」


ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!




P『さすがだな伊織、さっきまで死ぬ程笑っていたのに』

春香『どういうテンションで会場行けば良いと思うハル~~?』

P『もう、大分キャラがしみ込んできたみたいだな、アマミちゃん』


ベシッ


P『痛っ、ごめんて、アマミちゃんごめんて』

春香『最初からテンション高い方が良いハルカネ~~……』

P『そうだな、町役場前と言うお堅いシチュにも限らず満員御礼だからな、少しくらいハメを外しても良いとは思う』

春香『……はぁ~~~~~~』

P『その辺の空気作りは伊織がどうにかしてくれるだろ』

春香『この後すぐに呼ばれるんですよね? ですハルカ~?』

P『そうだな、挨拶の次で呼ばれるはずだぞ』




伊織「皆の熱気で熱中症になっちゃいそうよ!! まったく!!」

伊織「それじゃあ? そろそろ~~?」

伊織「今日のメインイベント、いっちゃいましょうか~~!?」


ワーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!


伊織「じゃあ皆聞いてね! 水瀬伊織で『全力アイドル』!!」


アマミちゃん「違うハルーーーー!!!!」ドゲシッ!!!!


伊織「うぉっっふ」ドサッ



10:2015/08/12(水) 17:56:42.83 ID:



アマミちゃん「私の紹介ハル!!!! 何自分の曲始めちゃってるハルカーーーー!!!!」


ザワッ


アマミちゃん「あ……」

伊織「と、と言う事で~~!? N町の公式ご当地キャラ!! アマミちゃんでぇ~~っす!!!!」


アマミちゃん「あっと……よ、よろしくハルー!!!! ハッシーーーーーーッッッッ!!!!(裏声)」グルグルグルグルグングングングン!!!!


ザワザワ……


伊織「っwwよろしくね~~皆~~!! じゃあ、ここで町長から直々に挨拶があるわ」


町長「あ、ちょっと失礼? とと、思ったより、大きいね、アマミちゃん」

アマミちゃん「あ、すいませんハルー……」


町長「えーー、N町のみなさん、こんにちは、町長です」



伊織(アマミちゃん)コソッ

アマミちゃん(何ハルカ?)

伊織(口癖)

アマミちゃん(え? あ)



町長「と言うわけで、今日と言う良き日に」
アマミちゃん「ハルハルハルハルハルハルハルハルハルハル…………」


町長「このような発表を迎えられた事は」
アマミちゃん「ハルハルハルハルハルハルハルハルハルハル…………」


町長「大変よろこばし……こ」
アマミちゃん「ハルハルハルハルハルハルハルハルハルハル…………」


町長「とでして…………」
アマミちゃん「ハルハルハルハルハルハルハルハルハルハル…………」


町長「ウルサイよ!? アマミちゃん!?」
アマミちゃん「そっちが作った設定ナシナー!! あ、ハルーーーー!!」



アハハハハハハハハハ



伊織「ナシナーって言っちゃったよwwww」


P『設定って言っちゃったよ』




11:2015/08/12(水) 17:58:37.91 ID:



アマミちゃんでしたーーーーっっ!!!!



アマミちゃん「バイバイハルーーーー!!!! ハッシーーーーーー!!!!(裏声)」グルグルグルグルグングングングン



ワーーーーー!!!!



伊織「お疲れ~」

P「お疲れ様、二人とも」

アマミちゃん「暑くて死んじゃうハル」

P「このまま町内を歩きで回るイベントがあるからしっかり水分とっとくようにな」

アマミちゃん「聞いてないハルー!!!!!!」

伊織「まぁまぁ、町内ウケも良いようだから頑張りましょうよ、アマミちゃん」

アマミちゃん「なんて日だっっ!!!! ハッシーーーー!!!!」グルグルグルグルグングングングン

伊織「やめてwwwwもうこれ以上キャラ付を増やさないでwwwwww」




12:2015/08/12(水) 18:00:55.56 ID:



春香「で、その後は町で子供に蹴られるわ熱中症で倒れそうになるわで大変だったよぉ……」

伊織「このっっ!!!! とか言って子供相手に本気で殴りかかりにいってたもんねww最後の方は」

響「あはは、それは災難だったなぁ」

春香「夜は夜でさ!? 目のライトつけて交通安全って言う襷つけて交差点に立ってたんだけどさ!!」

伊織「化け物かと思ってひき殺そうと思った、とか言うトラックドライバーにねwwww」

春香「うぉおぉおおおおおって普通に逃げちゃったよ、全力ダッシュでさ? もう死ぬ所だったんだから!!!!」

伊織「首をぐりんぐりんさせながら逃げるからあちこち「うぉっ眩しいっ!!」って言ってたもんねwwww」

響「いいなぁ~~楽しそうな仕事だぞ」

春香「今の聞いてどうしてそう思うのっっ!!??」

響「いや、二人が楽しそうだしな」

春香「響ちゃんも地元の島で同じ目に合えば良いんだ……うぅ……」

響「それにしても春香にピッタリの仕事だよな~」

伊織「まさに、よ」

春香「あーーーー!! 二人ともちょっと酷くない!?」

伊織「アマミちゃんっぽく言って」


春香「二人とも酷いハルーーーー!!!!」


伊織・響「wwwwwwwwww」




13:2015/08/12(水) 18:04:19.10 ID:



P「おーい、春香、伊織、二人宛に荷物が届いているぞー」

春香「荷物?」

伊織「どこからよ?」

P「N町から、かなり大きいぞ」

春香「何だろ? お礼の品とかかな」

伊織「にしては大きくない?」

春香「えっと? …………うわっ!!!!???? 着ぐるみだ!!??」

伊織「アマミちゃんのスペアとかじゃないww? いつでもヘルプに来れるようにってwwww」

春香「マジかぁ~~~~……その気遣い要らないハルーー……って、あれ? これ、アマミちゃんじゃないよ?」

伊織「え?」

春香「目と口が【`M´】こんな感じで……あ、手紙がある」



天海春香 様
水瀬伊織 様


先日は大変お世話になりました N町の町長です
お陰様でアマミちゃんは大人気です方々のイベントにて
「あの日のようにしゃべらないのか?」
と言う意見を多く頂きます、レコーディング、お急ぎになるよう
何卒よろしくお願いいたします。

さて、話は変りますが、あのイベントにおいて
水瀬様の人気が凄まじく、わが町においてこの期を逃すべきか!
の心意気で新しいご当地キャラ「ミナセちゃん」を開発しました
つきましては完成披露会を後日行いますので、御両名に置かれましては
何卒参加の程、よろしくお願いいたします

それでは取り急ぎの御連絡で大変心苦しいのですが
何卒よろしくお願いいたします。

N町 町長




14:2015/08/12(水) 18:05:42.95 ID:




響「それでは、登場だぞ!! アマミちゃーーん!! ミナセちゃーーん!!!!」




アマミちゃん「久しぶりハルーーーー!!!! ハッシーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!(裏声)」グルグルグルグルグングングングン


ミナセちゃん「初めましてイオーーーー!!!! デッコデコーーーーーーーー!!!!!!!!!!(裏声)」ピッカーーーーッッ!!!!!!!!


アマミちゃん「今日は私の新しい仲間を紹介するハルーーーー!!!!」


ミナセちゃん「って言うか最早私、N町まったく関係ないんだけどイオーーーー!!!!」






P「何だかんだで伊織もやるもんなぁ」





15:2015/08/12(水) 18:07:06.44 ID:


【のヮの;】


【`M´;】


何だこれ……

あ、終わりです。

良いSSを読んで感化されたので書いたらざっとこんなんですよ、もう……。

ここまで読んで頂きありがとうございました。



17:2015/08/12(水) 19:14:41.42 ID:
うん…まあ(のワの)さんはわかるよ?うん…けどいおりんのが…


19:2015/08/12(水) 21:17:20.34 ID:
かなり好き


20:2015/08/13(木) 00:21:14.03 ID:
変な笑いしながら読んでた


21:2015/08/13(木) 06:39:03.92 ID:
いいコンビだよね




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439368417/

→→もっとアイドルマスターを読む←←